公正な日本を取り戻そう



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

徳島県教組


在特会の「徳島県教組募金ネコババ事件への抗議」行動に関して、参加のメンバーのうち7名が逮捕されました。

徳島県教組募金ネコババ事件」というのは、あしなが育英会を通じて遺児の救済を行うとして集められた寄付金を、徳島教組が上部団体の連合へ上納し、さらにそこからキックバックを受けていたという事件です。

さらに徳島県教組は、そのキックバックされたお金を朝鮮学校に垂れ流していた。

誰がどうみても、これは不正です。
人の善意を踏みにじる募金ネコババ行為です。





このような不正が、これまで徳島で大手をふってまかり通っていた。

これに対して「許さないぞ」と抗議の声をあげたのが、在特会です。

ところが、不正を糾弾したら、その糾弾したほうが逮捕拘留された。
不正をした側には、なんのお咎めもなし。

これはいったいどういうことでしょうか。

日本の警察、日本の法律は、いったいだれのために、何のためにあるのでしょうか。
こんなことがまかりとおって良いのでしょうか。

国と正義を守るために戦おうとする若者たちを、私たちは守ることはできないのでしょうか。
ボクは全面的に在特会を支援していく所存です。

この件について、在特会桜井会長より、ステートメントが出ていますので、転載します。

~~~~~~~~~~~~~~~
◆徳島事件について

徳島県教組による「募金ネコババ事件」 への抗議に関連して、9月8日(水)早朝より抗議活動に参加されていた7名が逮捕されました。

あしなが育英会を通じて遺児の救済を行うとして集められた寄付金を、日教組は上部団体である連合へ上納し、さらにそこからキックバックを受けていました。

徳島県教組はキックバックされたお金を朝鮮学校に垂れ流しており、人の善意を踏みにじる募金ネコババ行為に対し彼らは抗議の声をあげたのです。

その抗議活動において逮捕者が複数でたことは誠にもって遺憾と言わざるを得ません。
京都事件に続いてのことであり、多くの方にご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

在特会は社会の不正義に対して声を上げた彼らを全面的に支持して参ります。

法務関連およびご家族へのサポートもこれまでどおり続けていく所存です。

徳島県における支援体制も現地の支持者の方を通じて整いつつあります。

これまでの多くの皆さまから寄せられてきた寄付金は、弁護士費用、逮捕者ご家族への支援に使わせていただいております。

一日も早い保釈請求への準備に備え、今後も皆さまからのご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。

朝鮮総連、朝鮮学校、日教組……社会の巨悪に一市民団体が立ち向かっていくことの難しさを痛感しているところですが、それでも在特会は絶対に歩みをとめることはありません。

これまでタブー視され放置されてきた社会の癌を日本から取り除くため、全国の会員の皆さまと協力して「行動する保守運動」 を展開して参りたいと思います。

平成22年9月9日(木)
在特会会長 桜井誠

【徳島事件 支援組織の協力者募集】
現在、徳島県在住の在特会会員中島氏が中心となって、逮捕者7名の支援体制を固めつつありますが、
大都市圏から離れており人手不足が否めない状況となっています。
徳島県在住の在特会会員、または現地でご協力いただける方は、下記中島氏のメールアドレスまでご一報ください。
中島氏メールアドレス
tokusima-nakajima@docomo.ne.jp

【寄付受付口座】
<ゆうちょ銀行・郵便局からの振込>
名前 ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ
記号 10150
番号 68361341

<他金融機関からの振込>
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 018
預金種目 普通(または貯蓄)
店名 〇一八 店(ゼロイチハチ店)
口座番号 6836134
名前 ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ

【寄付クレジット決済】
http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

【特別会員登録口座】
<ゆうちょ銀行・郵便局からの振込>
記号:10110
番号:51136961
口座名称:
(漢字)在日特権を許さない市民の会
(カナ)ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ

<他金融機関からの振込>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店名:〇一八(ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通
口座番号:5113696

※特別会員の詳細はこちらをご覧ください
http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=372

~~~~~~~~~~~~~~~
 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


桜井誠_日教組募金サギ



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

09/14(火) 20:47

No title
それから、昔は左翼や在日も力ずくで自分たちの主張を通そうとしたけど、そういうのは日本社会で必ずしも受け入れられなかったでしょう?
そこで彼らは方針転換して弱者を偽装するようになった。
そしてそれが今のところうまく行っている。
判官びいきというか、日本人はそういう国民性だから。

保守の方々にも、その辺のやり方を研究して欲しいわけです。

-

No title
>#sSHoJftA
志は良いのですが、やり方は変えるべきです。
向こうは保守を悪者に仕立てたくてしかたないわけだから、このままでは飛んで火に入る夏の虫になってしまいます。
左翼活動家と同じ手を使うべきですよ。
女性と子供を前面に立てて、あくまでもこちらこそが弱者であり虐げられている側であることを強調するのです。

これ↑書いたのは私です。
2010/09/13(月) 22:48 さんは無関係。

自分と意見が異なると工作員認定ですか。
まあ頑張ってください。

-

No title
>これこそ本筋に関係ない気がするので、お返事は控えたいと思います。


確かに本筋には関係ありませんね。
失礼しました。

少々くどくなってしまいますが、在特会の件は、我々が周囲の人たちに本当の事を拡散しないと、彼らは正しいにもかかわらず悪意ある報道によって「悪者」に仕立てあげられかねません。

先の世界大戦における日本も、もうすぐ一周忌を迎える故・中川昭一先生も、ある意味で悪意の報道の犠牲になったといえます。

きれいごとと仰るかも知れませんけど、もう、そんな不条理を繰り返させたくないのですよ。

あと、一点だけ提案ですが、ネット以外の場で拡散する時は、「在特会」というと何の事やら分からない方が多いと思います。
それで、長いのですが「在日特権を許さない市民の会」と言うようにした方が良いと思います。


民主党の下らない代表選も終わり、中国の尖閣諸島への野心の事もありますので、今後拡散する案件も増えてくるでしょうが、頑張りましょう。


では、これにて。

ぷれっくす

拙いコメント読んでいただき、ありがとうございます。
>ぷれっくすさんの仰る「本筋と関係ないところで互いの対立を煽る名無しさん」とは、どの名無しさんの事でしょうか?

これこそ本筋に関係ない気がするので、お返事は控えたいと思います。
なんてねv-8

同意いただきありがとうございす。

「在特会ってアブなくね?」
「ヤバすぎ(笑)、でも言ってる事は筋通ってねぇ?」

てくらいのノリじゃ無いと入っていけないのが大多数なんですよねぇ。
困ったものです。

-

2010/09/13(月) 22:48の続き
》2010/09/10(金) 09:55 | URL | 名無しさん<
>これをちゃんと入れなきゃ


そのコメントは私ではありません。

 

No title
>在特会

志は良いのですが、やり方は変えるべきです。
向こうは保守を悪者に仕立てたくてしかたないわけだから、このままでは飛んで火に入る夏の虫になってしまいます。
左翼活動家と同じ手を使うべきですよ。
女性と子供を前面に立てて、あくまでもこちらこそが弱者であり虐げられている側であることを強調するのです。

2010/09/10(金) 09:55 | URL | 名無しさん<


これをちゃんと入れなきゃ

-

2010/09/12(日) 02:15の続き
お伺いします。
ぷれっくすさんの仰る「本筋と関係ないところで互いの対立を煽る名無しさん」とは、どの名無しさんの事でしょうか?


私の本スレでの発言は、以下の通りです。

>2010/09/11(土) 01:29
>2010/09/11(土) 22:22
>2010/09/11(土) 22:44
>2010/09/12(日) 02:15

いかがでしょう?在特会批判などしていないでしょう?


ついでに言えば私は、ぷれっくすさんが2010/09/11(土) 21:53で仰った内容にほぼ賛同します。

在特会だけが頑張っても、大多数の一般国民がその事に興味を持たずに、知らされもしなかったら、あるいは誤った情報をメディアから伝えられたら、彼らの決死の活動はなかなか活きて来ないのではないかと、危惧を抱いています。

 

No title
最初は在特会の行動を非難・否定していたはずなのに、いつの間にか「誰もがそれを出来る分けではない」という話にしてますね。
ご託はいいから、さっさと何かしろよ、という話です。


ぷれっくすさんが言ってるように、対立をあおってるのでしょうかね。
と書くと「そういう風に疑われてもしかたありませんが」とか言い出すのがパターンですが。
さて、何を言い出すのやら

ぷれっくす

国を思う心は一つ
国の中枢を乗っ取られて一年にもなるのに、未だ日本が国の体裁を保っているのは神風が吹きまくっているからなのでしょう。

見えないところで、大勢の名も知れぬ正義の人が頑張っているのだと思います。
私たちが今こうしていられるのは奇跡的なことだと思うのです。
今は日本を思う気持ちから出た行動ならどんなものであれ、ありがたい時期です。

そんな中、本筋と関係ないところで互いの対立を煽る名無しさんって、ひょっとして?
こういうの中国の工作の典型でしたね。

-

2010/09/11(土) 22:44の続き
>言ってる事はごもっともだが、在特会のやり方に文句言うような輩が言っても説得力がない。



どうやら別人と勘違いされたようですね。
まあ、名無しですから仕方ありませんか…

私の考えはですね、みんながみんな在特会の抗議メンバーのように最前線で頑張れる訳ではない、という前提で話しています。


みなさん、それぞれの生活もあれば仕事もあります。

(「それを言うなら在特会のメンバーも同じだ」という意見もあるかと思いますが、その考えは「押し付け」であり、保守活動とは強制されて行動する類のものではありません。
ですから私の案も、決して強制ではなく、単なる提案です。)

生活の中で、割と容易に出来る活動があれば、やらないよりましで、むしろ容易に出来る分大勢の方が手軽に実行に移せます。
それに、無理をせずに容易に出来る方が継続しやすいという一面もあるでしょう。

ちょっと上手い表現が思いつきませんが、「数は力」「手数を増やす」という考えに近いと思います。



ここに書き込みをされる方々も、昔は反日サヨクの実態などほとんど知らなかった時代があったはず。

何かのきっかけで、知り始め、調べ始め、今日に至っているはず。

ある程度知っている我々が、未だ知らない周囲の人たちに「知るきっかけ」を提供する事は、決して無駄ではないはず。

これが、今の段階の私の考えです。

-

No title
>在特会の方々の勇気ある行動と不屈の精神を、我々がうまく後方支援出来れば、きっと彼らも心強いはず。

>彼らを孤立させてはいけません。


言ってる事はごもっともだが、在特会のやり方に文句言うような輩が言っても説得力がない。

本気で言ってるなら、まずは言ってる本人ががんばってもらわないと。


それとも、この名無しさんは、在特会のやり方に反対してた人とは別人なのだろか

-

2010/09/11(土) 22:22の続き
言い忘れましたが、今回の中国漁船不法侵入事件について、前原・岡田大臣は、弱腰ながらも彼らにしては上出来な対応をしているとの報道もあります。

もし、この事を周囲の人から指摘された時は、「でも、前原さんも岡田さんも、在日中国人に選挙権を上げようとしてるんだよ。おかしいよね?」などと切り返せば良いと思います。

-

周囲の人を味方に付けましょう
最初に在特会の話からそれますが、最近の中国漁船の不法振りは目に余るものがあります。

そして、中国政府も「尖閣諸島は中国の領土だ」などと妄言を吐いていて、これら不法漁船の後押しを止めません。
むしろ、順番が逆で、中国政府の意向を受けて漁船が我が国領海に侵入していると言った方が正確かも知れませんが。

このような「目に見える脅威」は、例えばテレビしか見ないような人でも「脅威」として認識しやすいはずですので、そういう「分かりやすい脅威」から説明した方が、周囲の賛同を得やすいと考えられます。

そうやってこちらの言い分に対する支持を得られれば、次第に「在日特権など、マスゴミが隠している事」を説明していけば、最終的に保守派の味方となってくれるでしょう。

いろんな意味で戦う時、周囲が敵だらけの場合と、周囲に理解者が多い場合と、どちらが有利でしょう?

在特会の方々の勇気ある行動と不屈の精神を、我々がうまく後方支援出来れば、きっと彼らも心強いはず。

彼らを孤立させてはいけません。

ぷれっくす

刀は、峰と刃両方無いと切れない
私は在特会が極右だとは全然思っていないのですが、彼ら以上に過激な団体が出てくるまでは中道右派と認められる事は無いと思っています。

「よーめん親衛隊」や「コリアンジャパニーズ調査委員会」などはそうなる可能性を十分に秘めてると思いますが、そういった集団が台頭してくるまでは極右として叩かれるのは仕方が無い。
むしろ、そう有るべきと在特会の方々も覚悟してやっているのではないかと思います。

「手段には賛成しかねるが、言わんとすることは大いに賛成する」くらいの人が多数派を占めるのは悪いことではないと思います。
左側の人達との溝を埋める人が居ないと、彼らは本当に孤立してしまうと思うんですよ。

過激派も穏健派も居ないとこの先戦えないと思うのです。

あいつ等は極端すぎる、あいつ等はぬるすぎると互いに批判するのもよいでしょう。
それぞれが出来ることをやればいい。
今は少しでも幅を広げ、気付いた人が自分に合った入り口を見つけられるよう、どこからでも入ってくれるようにするのが大切だと思います。

今の保守陣営は圧倒的な劣勢なのですから。

 

No title
>中国韓国的な金切り声をあげる抗議ではなく、低い声で粛々と正論を述べる、 そんな戦い方もあると思います。]


綺麗事さんがおられるようで。

楠公忠烈

No title
度々申し訳ありません。「私も立派に戦い散華した帝國海軍軍人である祖父を血を受け継いでいます」ですが、正しくは「私も、立派に戦い散華した帝國海軍軍人である祖父の血を受け継いでいます」です。ねずきちさんのブログをご拝読する度に、英霊となった祖父たちや他の英霊の方々に申し訳なく自分自身が恥ずかしくなります。

楠公忠烈

No title
しかし,最近、このブログはウソじゃないかと思うことがあります。
だって、それほど立派な日本人がいるなら、何で、こうなった今も、
平気で、のんびりしているのですか?
たまたまききましたさんコメントですが、このような状況になっても「平気で、のんびりしている」日本人が多いのは、敗戦のショックや敗戦後の洗脳教育が相当影響しているのではないかと思います。「日本人は駄目になった」というのは事実ではないでしょうか。自分自身や私の両親、無くなった祖母を冷静に観察すると、「日本人の劣化」を痛いほど感じ取れます。しかし、敗戦後の日本人も戦前の日本人も「日本人」であることには変わりありません。私も立派に戦い散華した帝國海軍軍人である祖父を血を受け継いでいます。愚かで駄目な私ですが、毎日少しでも進歩し皇国のためになれるような人間になれるよう努力します。

わさび漬け

No title
ヴぁンパイアさん

「それも、罵声やプラカードなどではありません。 此方は機動隊に囲まれ自由に身動き出来ない状態で有るのに関わらず、 アヤツらはフリーで動いて居ます。 爆竹を投げ、デモ隊に突っ込んでくるのです。 そんな相手に「優しく、言葉を選んで」などとは不可能です。」

知っていますよ。 ここのブログ主であるねずきちさんは 在特会を支持してます。 個人ではあなたたちのデモに参加しているゆるゆるもかなりいるのです。ですから下記の言い方にはご一考いただきたいと思います。

「いまや、何処どこのホールを借りて『日本国は我々の国だぁ』などと言う段階では無いと思います。
誰ぞが言っておりました「語る団体ではなく『行動する団体』」でなければならない、のです。 」

気持ちは理解できますが、現実は違います。 まずは「保守は少数派」と認識してください。 現状、圧倒的に少ないのです。戦術・戦略を考えましょう。 彼らは政権を取り、マスコミを支配したのです。

相変わらず国民の政治意識は「お花畑」状態です。民主党は民主主義を標榜する党だとほとんどが思っているのですから。

このような現状では>ホールを借りて『日本国は我々の国だぁ』<をやるのもまだ「行動する保守」のうち、なのです。

一番行動派保守である在特会が全国で約1万名。実質1回のデモに参加する会員さんは何人おりますか? 1割いきますか?

それでも会員さんはどんどん増えてるようですが、やはり、一般人に売国民主党の危うさを訴える団体も絶対必要なのですよ。
自衛隊で言えば広報センターのような、「保守」を説明し、納得させることの出来る団体がなくて どうして政治無関心派をいきなり行動する保守にできますか? 

車でいえば両輪です。デモを指揮し大いに反日勢力を糾弾する団体があり、かたやその正当性を一般人に説明し保守の裾野を広げていく団体もある。 いずれにしろ2万や3万人では話にならないのです。 民主党を政権から引き摺り下ろすにはケタが違うでしょう?!

「自分も日本が好きだ!」「日本を守らなければ!」と覚醒してから在特会のデモに参加できるまでにはハードルがあるのです。

そういう状況にある保守を切り捨てたらこの勝負勝てません。 なぜならその手法は「左翼の手法」だからです。

保守の先鋭部隊であると思うなら、そのぐらいの度量を持っていただきたい。

桜井会長は充分にその度量をお持ちの方ですよ。

-

2010/09/10(金) 22:16とは別の名無しです
あの…民主党の反日振りにしても、在特会の奮闘にしても、みなさん、現実の生活の場で周囲の人達に広めて支持を固めていますか?

ネット上の保守と言っても様々なスタンスがありますが、各々がまず自身の家族に広めて支持を固めると、味方が一気に何倍にも膨れます。

余力のある方は職場の同僚や友人にも根気よく説明し、支持を得れば、もっと味方が増えます。

「草の根」というのは、こういう事を指すのではありませんか?

今までテレビに騙されていた人達が、保守側の味方になる事こそ、敵は恐れているはずです。

こちらとしては、敵に妨害されにくい方法で戦う事も考える必要があり、逆に言えば敵に利用される事を極力避ける方法についてもアイデアを出し合う事が大切かと思います。

きっと、日心会が、その中心になるのではないかと、勝手に思っています。

みなさん、まずは在特会の奮闘と不当逮捕の事を、家族や同僚、友人に広めていきましょうよ。

楽仙堂

No title
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100309/plt1003091617002-n2.htm
【民主党を支援する日教組の暗部】善意の寄付でマネーロンダリングか
《 昨年5月の山教組定期大会で“子どもの学び保障救援カンパ”が全会一致で採択され、翌月、日教組が全国で行うカンパになった。主に、あしなが育英会奨学金に寄付するとされたが、集まった約1億7000万円から、あしなが育英会に寄付されたのは7000万円だけ。残りは連合に寄付され、連合から日教組へ助成金として交付されたというのである。(一部引用)》
ヤンキー先生の指摘です。
 
 在特会の問題は、周知活動して一般人に知っていただくしかないんでしょうね。時間はかかるでしょうが。そうそう、日教組の問題も。

-

No title
話がかみ合っていないようです。

在特会を左翼だとか「やりすぎ」だと言ってる人はここにはいません。
やり方を考えたほうが良いというのは、「悪者に仕立てあげられないように上手くやってください」ということです。
ジャギ様さんのおっしゃるように証拠として映像を取っておくというのも良いアイディアだと思います。
リアルタイムで流していただければ、マスコミは捏造のしようがなくなります。

ジャギ様

No title
 幕末の志士たちの最大の悩みは日々刹那の局面で、「後世に恥じない行動がとれるか」この一点につきます。
 そのためには、常に確度の高い情報が得られる場所に身を置く努力もするし、気骨折れそうな局面に備えて心身を練磨します。
 先日の武道の話に通じるものがあり、在特会の行動は称賛されこそ非難を受ける筋合いはありません。

 されど、法の正義だけに身を委ねられない時代であることも肝に銘じなければ、敵の巨大さに散華するだけです。
 今回の経験を踏まえ、とにかく敵の前に立つときは遠隔地にサポーターを配し、極力音声・映像記録を残す努力をすべきです。
 ネット社会で先行流出すれば、直接証拠にはならなくても裁判員の心証や認識を大幅に変える可能性があります。

ヴぁンパイア

お集まりの「ゆるゆる保守」の皆様へ
「在特会は行き過ぎだ」
「方法を誤った」
「アレでは極右や極左と変わらん」
「ことばを選んで言えばよかった」
「体裁が過激で暴力的だ」などなど。

一利有ります。それはその通り認めます。
しかし、相手はあらゆる団体や企業や行政にまで入り込み、
徒党を組んで我々を排除し解体しようとしています。
官憲も全くあてにはならないことが今回はっきりしました。
勿論、法治国家ですから法の枠内で行動しなければならないのは当然です。

彼らは、情報弱者の自虐感の日本人が、事なかれ主義でヘーワヘーワと題目を唱えている間に
取り返しの付かないほどに浸食して来ました。
もはや、本来の日本国は解体滅亡寸前だと感じています。
従って、65年掛けて侵略されたのだから、元に戻すには65年くらい必要…。
などとは言って居られないと思います。
いまや、何処どこのホールを借りて『日本国は我々の国だぁ』などと言う段階では無いと思います。
誰ぞが言っておりました「語る団体ではなく『行動する団体』」でなければならない、のです。
私も在特会のデモには何度も参加しました。そのデモは勿論妨害行動に逢います。
それも、罵声やプラカードなどではありません。
此方は機動隊に囲まれ自由に身動き出来ない状態で有るのに関わらず、
アヤツらはフリーで動いて居ます。
爆竹を投げ、デモ隊に突っ込んでくるのです。
そんな相手に「優しく、言葉を選んで」などとは不可能です。
ついつい、対抗する段階にまで気概と気合いが挙がってしまうのです。
勿論、アヤツらは「その部分だけ撮影」して公表します。これも常套手段です。
その点については確かに失敗でしたが…。
すぎやまこういち先生がよく言っておられますが、
すでに「日本軍と反日軍」の闘いなのだ、という気概を持たなければ敗北します。

兎に角、私は数十年後の日本人に「あの時代の彼らが日本を崩壊させたのだ」
と言われたくはありません。今後も過激と言われようが進んで参加します。

という状況ですので、ここに居られる「ゆるゆる保守」の皆さんも、
在特会が過激に見えても思考から「排除」しないで頂きたく思います。

長々失礼しました。

韓国人による、もうひとつの都市公園法違反
住所不定 韓国人
無許可で公園に「道場」=自称武道家を逮捕―大阪府警

時事通信 9月9日(木)16時34分配信
 大阪府箕面市が管理する都市公園の敷地内に勝手に小屋を建設したとして、府警生活環境課などは9日、都市公園法違反容疑で、住所不定、韓国籍で自称武道家の金長守容疑者(60)=公務執行妨害罪で起訴=を逮捕した。同課によると、「事実無根だ」と否認しているという。
 逮捕容疑は2009年9月~今年6月、箕面市が管理する同市粟生外院にある「皿池公園」の敷地に、市の許可を得ずに小屋を建設した疑い。
 周辺住民らによると、金容疑者は「金風山」などと名乗り、約8年前から公園で寝起きしていたという。小屋を「道場」や「寺子屋」と呼び、有料で座禅や拳法の教室を開いたり、子どもたちに紙芝居を見せ「親に500円もらってこい」などと現金を要求したりしていた。
 市は何度撤去しても建て直すため、金容疑者を告発。同容疑者は箕面署で市の対応への不満を訴え、応対した署員の首を絞めたとして、現行犯逮捕、起訴されていた。 

わさび漬け

No title
2010/09/10(金) 17:24 | URL | 名無しさん

危機感がひしひしと伝わって参ります。

>土地は領土なのである。国土なのである。
そのあり方は日本の安全保障と密接につながっている。
だが、多くの日本人は土地を商品とみなし、それ以上の意識は持とうとしない。
この能天気と言っていいあり方は、国境問題をなおざりにして本気で取り組もう としない政治の防衛意識の低さがもたらしたもの、と言わなければならない。 <

これは自民党の議員も同じです。 無策の策なら誰でもできる。

>何しろ民主党政権は外国人地方参政権付与の意図を持つ政権である。 そんなことは望むべくもないだろう。 <

その通りです。 ならば自民党の議員は指を銜えてるだけなのか? 冗談じゃない! 廃案覚悟でいいから法案を提出すべきでしょう。 どんどん日本を護る為の法案を出すのです。 大騒ぎすればいい。

少なくとも能天気な国民にどんな方法でもいいから知らせなくてはダメでしょう!!

名無しさん にお願いがあります。 いくら顔の見えないネットだからといっても「ハンドルネーム」には意味があります。 あなたに無くても「読み手」には必要です。

数多ある「名無しさん」のHNではこれだけの事を書いていても区別しにくいのです。 ネットでも戸籍を持ってくれませんか?




-

日本人に対する言論弾圧と竹島
YAHOOに投稿しましたが、すべて削除されました。
韓国や在日に都合の悪い真実はかくして潰されるのが現在の日本の状況です。
どうか是非ご覧になってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ 土地は国土、安全保障の土台である ★
渡部昇一書下ろしニュースレター  平成22年9月3日

 領土は国益を端的に表現するものである。
だが、菅首相の所信表明はもっぱら財政問題などに費やされ、北方4島も竹島も
尖閣諸島もちられとも聞かれなかった。領土問題など、なきが如きである。
だが、ちょっと見ただけでも日本はこれだけの国境問題を抱え、北方4島は
ロシアに占領されたまま、竹島は韓国の実効支配を受けて日本は巡視船さえ
近づけず、尖閣諸島附近には中国の進出が著しい、という状況なのである。
手を拱(こまね)いているわけにはいかない。

 竹島の例を見れば、この島に韓国の影響が及んだ歴史的痕跡はまったくない。
江戸時代、山陰地方の漁民が鳥取藩に願い出て竹島界隈を漁場とすることを
認められた、といったように、日本にまつわる話ばかりである。
昔から竹島は日本の領土と意識されていた、ということである。
そして1905年、日本は竹島が日本の領土であることを閣議決定し、
島根県に編入した。このとき、韓国からは何の文句も出なかった。
これはどう転んでも竹島は日本の領土である。


 では、韓国は竹島占拠をどう理由づけているか。
日露戦争のときに日本が竹島を占領したから、それを奪い返したのだ。
国民に向かってはそう説明しているからである。
すでに1905年に日本は竹島の領有を確定しているのである。
そこをロシアが占領したというならともかく、そのような事実はまったくない
のに、日本が自国領の竹島を占領するわけがないではないか。
事実は1952年に時の韓国大統領李承晩が一方的に海上にラインを引き、
その中にあった竹島の領有を宣言、占領。
李承晩ラインが1965年、日韓基本条約により廃止されてからも
不法占拠が現在まで続いているのである。
占領したのは韓国のほうなのだ。
だが、偽りの歴史であれ何であれ、それを少しでも信じたら、
その方向に一気に流れて疑わないのが、どうも韓国の国民性のようである。
竹島も日本が占領したのを奪い返した、と多くが信じて疑っていない。

 もっとも、竹島領有に何の根拠もないことは、韓国自らがよく承知しているのだ。
日本はこの問題を国際司法裁判所に提訴し、そこで解決を図ろうとしている。
しかし、勝ち目がないことを知っている韓国は応じない。
一方が応じなければ裁判が開けないシステムになっているのが国際司法裁判所である。
解決の糸口が見いだせないはずである。
韓国が国際司法裁判所に出て来ない理由として言っていることは、はるかな昔
と言っていい戦前、国際司法裁判所は阿片戦争が合法だとという判定を出した
ことがあるので、そういう裁判所に委ねることはできない、というのである。
笑止千万というほかない。


 しかし、笑止千万というだけでは済まされない。


 大して報道されることもなかったが、国立国会図書館で貴重な古地図の一部が
何者かによつて切り取られるということがあった。
これは日韓併合以前に韓国人が韓国で出版した韓国地図の本である。
切り取られたのは竹島を含む部分である。
また、神田の古本屋街ではある種の古地図が、店側の言い値で飛ぶように売れる、
という現象が起こっている。
いずれも竹島が記載されている古地図である。その意図は容易に推測できる。
竹島が日本の領土である証拠を少しでも消そうということである。
この神経に障るような動きは、逆に竹島不法占拠を事実化し、
合法化してしまおうという韓国の本気度を示すものにほかならない。
これに対抗して問題を解決するには、日本にもそれに勝る本気度が
なくてはならない。だが、民主党政権にはその気配さえ感じられない。


 ことは竹島だけではない。
16世紀だかに描かれたという古地図に対馬がコリアの領土として描かれていた、
というニュースがあった。これに韓国が飛びついた。
ハンナラ党の議員を中心に、対馬は韓国領だという声が起こっているのである。
対馬は古代から日本であることは紛れもない。前方後円墳がある。
古代から中世にかけて大陸との交易の中継基地として栄えている。
元寇の役では蒙古・朝鮮の5万の大軍を引き受けて宗助国以下百名に満たない
武士が奮戦、玉砕を遂げている。倭寇の基地にもなっている。
江戸時代、対馬は朝鮮通信使を迎える日本側の玄関口も務めている。
対馬が一貫して日本だったことは紛れもない。1枚の古地図にどう描かれて
いたかは知らないが、この事実はひっくり返せるものではない。
だが事実がどうだろうと、
何がなんでもひっくり返してしまおうとするのが韓国である。


 最近の対馬は人口流出が止まらず、過疎化に直面している。
だが、それを埋め合わせるように韓国人の観光客が溢れている。
長崎県が短期滞在型の査証取得手続きを簡単にしたといったことも
呼び水になって、桓公ブームになっているのだ。
観光で潤えば雇用も生まれるだろうし、結構なことである。
だが、それだけでは終わらない。
これに伴って、韓国人が対馬の土地を次々と買っているのだ。
その状態は、まさに買い漁っているというのがぴつたりである。
対馬には自衛隊基地がある。その基地を一望できる土地も
韓国人に買い占められているという事実がある。


 このような状態に民主党政権が法制化を狙っている
永住外国人地方参政権付与を重ねてみれば、問題の真相ははっきりする。
日本の法律では住民登録した場所で選挙権が与えられる。
そして、住民票は簡単に移すことができる。
コリア団体の指示で在日がこぞって対馬に住民票を移したら、対馬の行政を
牛耳るのは容易で、事実上、韓国が対馬を乗っ取るという状況ができてしまう。
対馬が竹島化してしまう可能性は否定できないのだ。


 外国人の土地買占めは対馬に限らない。本土でも盛んに行われている。
そして、本土では韓国人よりも中国人のほうが主役だ。

 山梨県の山林を売ったという地主の談話を読んだことがある。
かねてから自分の持ち山わ売りたいと思っていたが、
景気の低迷で買い主がさっぱり現れなかった。
そこに不動産業者が中国人を連れてきて、思っていた以上の値段で買ってくれた。
よかった、と地主は喜んでいる。
そこにはことの意味を感じている気配も危機意識もまつたくない。

 これは山梨県だけの話ではない。
全国で中国人がしきりに山林を買っているのだ。
目覚しい成長ぶりを見せる中国だが、そのアキレス腱の一つは水不足である。
中国人が日本の山林を買い漁るのは、将来に備えて水資源を確保するための
一環だと言われているが、あながち否定できることではない。


 そればかりではない。
たとえば、北海道のリゾート地の広大な土地が中国資本によって買い占められ、
家が建てられている、という事実がある。
それを買うのは中国人である。そういうケースがあちこちに見られる。
こうして一種の治外法権的な場所が各所に広がりつつあるのだ。

 過日、私は●●●に行った。そこで見たのは、空き家となった多数の別送である。
あちらにもこちらにもそれは大変な数で、むしろ人が住んでいるところは少なく、
ゴーストタウンといっていいようなところもあった。
多くはバブル期に建てられたが、バブル崩壊ととともに維持が難しくなり、
といって売るにも買い手がなく、多くが放置された状態になっているのだという。
当然価格の値下がりは激しく、かつての10分の1である。
いまのところ、中国資本の目が本格的に向いている気配はないが、
ここに中国が焦点を向けたらどういうことになるか。

 
 土地は領土なのである。国土なのである。
そのあり方は日本の安全保障と密接につながっている。
だが、多くの日本人は土地を商品とみなし、それ以上の意識は持とうとしない。
この能天気と言っていいあり方は、国境問題をなおざりにして本気で取り組もう
としない政治の防衛意識の低さがもたらしたもの、と言わなければならない。

 今の日本は土地取引についてはまつたくの手放しである。
少なくとも外国人が関わる土地取引については、相手を審査するなど、
何らかの法的な網を被せる必要がある。
それが防衛であり、安全保障というものだ。
私は、日本の土地を買おうという外国人の本国の土地に関する法律と
まったく同じく対応するようにするのがいいのではないか、と思う。
たとえば、中国は土地は国家のもので個人が自由に売買することができないし、
外国人が買うことももちろんできない。
日本人は中国の土地を買うことはできないのだ。
だから、中国人も日本の土地を買うことはできない、ということで対応するのだ。

 しかし、何しろ民主党政権は外国人地方参政権付与の意図を持つ政権である。
そんなことは望むべくもないだろう。
このままではますます日本が危ない。

.

ワン太

愛国者ですが・・・
マスコミの報道した、「在特会自らが撮影したビデオ」などを見れば、在特会は完全に街宣右翼、同和と同様に見えます。
これでは完全にしてやられています。行動方針を改めるべきではありませんか?
工作員やなりすましも多いと思います。メンバーは大丈夫ですか?
水島さんの貴重な時間とエネルギーを奪う「よしのり」の作戦は巧妙です。相手にしてはいけません。

ちび・むぎ・みみ・はな

日本の未来について
在特会の活動には感謝しております.
さて, 日本の未来について悲観的なコメントが散見
されますが, 私は事態は良い方向に向かうであろうと
考えています. 一つには, 若い人達の中に日本と皇室
に対する関心が高まっていること. 例えば, 皇居における
記帳や靖國参拝などを見ても, 特に年寄りが多いと言う
ことはなく, 老若男女幅広くおります. そして, 一つには
団塊の世代が権力を握っているのもあと5年ほどであろう
と思われることです. 団塊の世代は最大の人口勢力を誇り
戦後のGHQの洗脳にもっとも強く染まった層です.
統計を見ても, この層が最も強い政治への関心を持ち, 高い
投票率を持っており, 民主党はこの層の支持により政権を
取ったものと思われます. 団塊の世代が現役から引退する
につれ, 社会的な影響力も少なくなり, 相対的に若い世代の
発言力が高まります. この動きを加速させる唯一の方策は
若い世代の社会への関心を高め, この世代の投票率を上げる
ことだと思います. (守川友義「若者は, 選挙に行かないせい
で, ...」の最初の30ページほどに統計データがあります.)

たまたまきました

No title
ぼくも在特会は、全く正しいと思います。

でも、この場所だからあえて書きます。
どんな方法をとるにせよ、日本人が誇りある国を求めるなら、必ず、どこかで、何らかの形で、内戦は避けられません。今回の逮捕は、その最初のケースです。よほどの奇跡がないかぎり、穏やかに決着することはないでしょう。

もちろん内戦と行っても、言論によるものかもしれませんが、それであっても、犠牲者は出るでしょう。
相手は、チベットやウイグルのように、日本人を殲滅するのが目的ですからね。
正直、どう覚悟を決めるか、悩んでいます。

ながた

私は在特会が「過激」「やりすぎ」とは全く思えません。街宣する時は場所の使用許可を取り、警察の指示に従い、暴力行為もありません。
そして主張は1つも間違っていない。
徳島での抗議活動の動画を見ました。
ニュースはどこも「不法侵入」「勝手に押し入り」等書いてありましたが、どう見ても、1階の受付の男性がニヤニヤ笑いながら2階に行くように指示してました。
末端の何も知らない事務員女性に怒号を浴びせたようなニュアンスで書かれてもいましたが、抗議を受けていたのは朝鮮学校に金を垂れ流した張本人でした。

公共の公園を不法占拠した側や募金詐欺をした側が野放しで、抗議した側が逮捕なんて、言論弾圧が思ったより進んでいることに震撼とさせられました。
これを他人事のように流してしまってはいけない気がします。

-

No title
>既存のマスメディアには頼らない方向で活動したほうがいい

今のところネットは有力なツールですね。
ただ最近、規制や妨害が盛んに行われているようです。

-

No title
左翼の強みは同じ思想をもつものをマスメディア、教育界、財界に忍び込ませ、
戦後65年という長い間地道に連携して反日活動を続けてきたことです。
これは今の保守派の人々には無い強みです。
今から真似しても65年かかります。
やはり、既存のマスメディアには頼らない方向で活動したほうがいいた思います。
頼れば弱みを握られ、利用されてしまう恐れがあるからです。
中国韓国的な金切り声をあげる抗議ではなく、低い声で粛々と正論を述べる、
そんな戦い方もあると思います。

ムーミンママ

専業主婦の出現が抜群の家庭安定をもたらした!
サザエさん、ちびまる子ちゃん、ムーミン、ピングー・・・
お母さんが家庭を守る、世界共通の理想的な家族イメージ

長期で見る日本の離婚率推移
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=160

たまたまきました

名無しさんへ
僕が書いたのは、名無しさんへの反論ではなく、これを機会に、暴力的背景を書いておくべきだろうと思ったまでです。名無しさんの意図は了解しました。それについては同感します。

ただ、在特会の人たちも、そのあたりは、かなり考えていると思います。会員でない、僕が、それについて、これ以上書くのは遠慮しますけど。

しかし外部の人間と言っても、僕は在特会も、このブログも、応援する考えです。ですから、まずは現状をこの機会に書き留めておくのも無駄じゃないと考えるのです。

つまり、日本人は暴力によって屈服させられ、こうやって屈服したままでは、殲滅もあり得る状況だと言うことです。

それを前にした時、実際に行動を起こした彼らは、立派だと、本当に思います。






-

続き
ではどうしろと?ということになりますが、ネットで地道に本当のことを知らせたり、テレビ局のスポンサーや政治家の事務所に抗議・意見を送るしかないと思います。
時間はかかるし、簡単に今の状況は覆らないでしょう(嫌な話をしてすみません)。

政治もマスコミも取られてしまったのが痛いです。
この先、数十年、活動を続ける覚悟が必要です。
外省人支配下の台湾、ソ連支配下の東欧の例を見ても、半世紀、市民は我慢を強いられました。

なんとかすぐに主権を回復するいい方法があれば、それに越したことはないのですが、今のところ私には思い浮かびません。
その辺は、みんなで知恵を集めていければと思います。

-

名無しです
たまたまきましたさん、私は何も見逃していませんよ。
左翼の手口はよーっく知ってます。
マスコミのカメラの前では善良な弱者のフリをして影で嫌がらせのメールを送ってきたり、暴力を振るったり。

でもこちらが公衆の面前で強面に振舞えば、事情を知らない人は「怖そうな人たちが弱いものいじめをして騒いでいる」と思うだけです。
そしてマスコミはそのように仕立て上げたくて仕方ないのです。

少し前に、コーヴの上映反対をする人の姿がNHKで報道されてましたが、どう見ても「意図的に」暴力団っぽい風貌の人が反対している姿をずーっと流していました。

保守系デモを呼びかける時も、主催者側は「特攻服のように、その場にふさわしくない格好での参加はおやめください」と書かれていることが多いので、本当はよくご存知のはずなんです。



たまたまきました

名無しさんへ
決して、しつこくお邪魔したいわけではないのですが、今日は、もう一つ、書かせて下さい。

名無しさん
という方への意見です。決してこれも、非難のつもりではありません。でも、意見を書きたく思います。

在特会のやり方を主旨は良くても、やり方がまずいという意見は以前からあると思います。確かに、未熟な面があるのかもしれません。でも、そういう意見は、大きな前提を見逃しています。

彼らサヨクのの抗議活動は、テレビや新聞でやらないだけで、その恐ろしさは在特会どころではありません。
過去においてテロ事件を何度も起こしており、現在、穏やかな顔を見せていたとしても、その本質は、今も疑わしいものです。殺されたという人たちの噂は今も絶えません。
カルト関係への抗議活動をしている人たちの間では決して電車のホームで先頭に立ってはいけないと、今も言われています。

テレビでは、そういう場面は決して報道せず、子供を出すなどの穏やかな面だけ協力して報道します。しかしテレビでやらないだけで、その実際は、在特会の抗議方法どころではない恐ろしさです。一般市民では、とても対抗できません。こうやって、書いていても、恐ろしく思います。
つまり、子供を出して多くの人の共感を募っているのではなく、それはあくまで報道用の見せかけで、背景に強烈な暴力を持って、僕ら日本人を屈服させているのです。

彼ら在特会などの方々が相手をしているのは、そういう連中です。

しかも、今回の件ではっきりしたのは、警察も弁護士も、日本人の味方は一切しないという事実です。

この事実の前に立って、状況を考えるべきだと思います。

たまたまきました

No title
×講義→○抗議

何度もすみません。

-

在特会
志は良いのですが、やり方は変えるべきです。
向こうは保守を悪者に仕立てたくてしかたないわけだから、このままでは飛んで火に入る夏の虫になってしまいます。
左翼活動家と同じ手を使うべきですよ。
女性と子供を前面に立てて、あくまでもこちらこそが弱者であり虐げられている側であることを強調するのです。

たまたまきました

No title
コメントに誤字がありました。
×毛、間に合わないかもしれませんね。 →○もう、間に合わないかもしれませんね。

すみませんでした。

このブログを読んで、本当に励まされてきました。

しかし,最近、このブログはウソじゃないかと思うことがあります。
だって、それほど立派な日本人がいるなら、何で、こうなった今も、
平気で、のんびりしているのですか?

在特会の逮捕は、ここは、すでに日本ではないと言うことを証明したことと同じです。
このブログに書かれている日本人は一種のファンタジーであって、現実の日本は、国民を平気で不当逮捕し、それに、識者、政治家、誰1人、講義しない。そういう国ではないかと思います。

でも、これからも応援しますが、本当に、いつまで、このブログは存在出来るのでしょうか?


たまたまきました

No title
今回の在特会の逮捕は、日本消滅のためのシナリオの一貫なのは間違いないと思います。
在特会はまともな事を言っているので、早い段階でつぶすつもりなのでしょう。多くの日本人も、その本質を知らず、在特会を見殺しにすることでしょう。解体は、あと数年単位のところまで来ているのかもしれません。
小沢が首相になれば一挙に加速化することと思います。毛、間に合わないかもしれませんね。

ところで日心会に興味を持ち、会員になるかどうか、検討のためにHPを見たら、小林よしのり氏と強く連帯して、保守のふりをしながら皇室解体を目指している高森明勅氏が講師になって勉強会をするとのこと。
これをみて、入る気を無くしました。

ご用心めされよ。

産経新聞が国税にやられる
どうも、民団や総連や外国人参政権を猛烈に批判すると、やられてしまうようです。

国税は嫌がらせで産経新聞に入ったのか?
http://www.nikaidou.com/archives/5460#more-5460
産経新聞が国税当局の税務調査を受けている。普通の調査ならいいが、社員の住宅ローンの借り換えの書類だせとか、めちゃくちゃなことをいっているらしい。そんなやり方があるかよ。いくらなんでもふざけてないか?財務省の指示か?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク