お父さんへの千羽鶴



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

お父さんへの千羽鶴


「お父さんへの千羽鶴」という絵本があります。

ともえちゃんのお父さんは、特攻隊員です。

いよいよ出撃という日のシーンから、この絵本の物語ははじまります。

涙をこらえて見送りしてくれる人々に、笑顔で敬礼を返すお父さん。

そのお父さんの操縦席の後ろには、真っ白な千羽鶴があります。

出撃の一週間ほど前に、お父さんは実家に帰ったのです。
お父さんは、お母さんから、ともえちゃんの願いことがいっぱい書かれた千羽鶴をもらいます。

部隊に帰る日の朝、お父さんは、見送りを断って、バス停に向かいます。

お父さんは、いちどだけ、振り返ります。
死んでもみんなのことを忘れないように、もういちど見たかったからです。

日本には、もう武器も鉄も、燃料もありません。

積んでいく爆弾も、これが最後です。

でも、大切な家族を守るため、その家族の住む日本を守るためなら、
この命を爆弾にしたって構わない。

お父さんは、そう信じます。

敵艦が見えます。

いよいよ突撃です。

重たい爆弾を積んだ飛行機は、思うように飛んでくれません。

敵の対空砲火が、当たります。

機内に、千羽鶴が舞う。

お父さんは、負けるもんかと、必死に機を建てなおして、敵の空母に向かって飛びます。


続きは、是非、この絵本でご覧になってください。

きっと感じる何かがあるはずです。

先日亡くなられた、戦時中エースパイロットで元特攻隊の教官の故田形竹尾先生は、最期まで、

「こんな日本じゃダメなんだ」
「俺たちは間違ってはいない」
「みんなに伝えてくれ、元気になったらもっと伝えたいことがある」

とおっしゃられていたそうです。

あと5年もしたら、実戦体験のある元将兵の皆さんは、身近な存在でなくなってしまいます。

家族を守るために、家族の住む日本を守るために、命をかけて戦い、散華された帝国軍人さんたちの真実を、誰が語り継ぐのでしょうか。

それは、外国の人がしてくれるのでしょうか。

誰かがやってくれるのでしょうか。

わたしたちひとりひとりの日本人が、語り継がなくて、いったい誰が、その声を、その真実をつたえていくのでしょうか。

作家のときたさんは、田形先生に最後にお会いされたとき、

「ときたさんのような若い世代で、日本をまともにしてくださいよ」
と頼まれまたそうです。

「そのときは体調回復してほしい気持ちだけで、『分かりました』と答えましたが、
今考えると、あの時、心の重要文化財を受け取ったような気がします」とは、その言葉を受け取られたときたさんの弁です。

ボクは、断言したいと思うのです。

軍国主義だとか、世界征服の野望だとか、そんなことで250キロ爆弾という途方もなく重たい爆弾を積んで飛び立ち、散華された若者など、誰一人いない。

彼らは、残り少ない物資の中で、家族を守るために、家族の住む祖国を守るために、散って行かれたのです。

日本が戦ったのは、欧米列強の覇権主義に対する人類最後の抵抗です。

そして日本が立ちあがったことで、どうでしょう。
欧米列強は植民地を失い、東亜もアフリカも独立を果たし、自国の言語習慣文化風俗を取り戻しています。

日本は戦いました。
決して非道をせず、ハーグ陸戦条約を守り、一般人の虐殺も収奪もせず、人類の正義のために戦いました。

日本軍最強を誇る関東軍ですら、大東亜戦争の緒戦のもっとも装備が充実していた頃に、歩兵の基本装備である三八歩兵銃の支給は三人にひとりです。
それでも戦った。

何度でも書きます。

過去、植民地統治された国々は、人口の8~9割を失っています。
性病、虐殺、飢え、貧困が理由です。

日本はどうでしょう。
当時、8000万の日本の人口のうち、先の大戦で命を亡くされた方は、236万柱です。

辛く苦しい戦いを立派に戦いぬいてくださった方々のおかげで、私たちは今、生きているのです。

反日左翼だろうが、保守だろうが、私たちのいまの生命があるのは、散華された英霊方と、最後まで戦い抜いてくださった兵隊さんたちのおかげです。

感謝すべき相手に感謝せず、目先の欲望だけに目を光らせるのは、果たして人としてどうなのでしょうか。

著者のときたさんは、この本の原稿を持って、あちこちの出版社をまわられたのだそうです。
いまの出版社というのは、ほとんど反日左翼なんですね。

内容を知ったとたん、態度がガラリと変わった。
露骨にイヤな顔をされたそうです。
中には、こういう物語を描こうとする心根が怪しからんと、ご丁寧に1時間以上も説教してきた出版社もあったとか。

日本に実際にあった家族愛の物語です。
世界中、どこの国の人だって、読んだら涙する。
家族の愛の深さに感動する。

それが、反日左翼系である多くの出版社にとっては、イケナイコトなのです。

こんな日本、どっか間違っていませんか?

素直な心で、是非、「お父さんへの千羽鶴」を読んでみてください。

きっと、何かが心の中ではじけることと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング



静ちゃんへの手紙


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛国志民

●沖縄海軍斯ク戦ヘリ☆
■沖縄海域における日本海軍部隊の戦果[昭和20年]

●1月3~13日の間、潜水艦ソードフィッシュ:機雷により喪失。慶良間列島近海。

●3月26日、駆逐艦ハリガン:機雷又は、甲標的丙型64號の魚雷により大破喪失。162名戦死。慶良間列島近海。

●3月27日、艦隊用掃海艇スカイラーク:機雷又は、第27魚雷艇隊の攻撃により沈没。残波岬北方。

●4月4日、LCI-42砲艇:第22震洋隊の体当たりにより沈没。中城湾。
5月18日、駆逐艦ロングショー、油船[約200t]、曳船:沖根部隊の砲撃により大破処分。小禄西方沖2km。

●この他に沖縄海軍地上部隊との戦闘により、米軍将兵約5,000名[未確定]が死傷した模様です。

-

反日マンガ
○長島耕作もかなりきてます。。。

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/06/post_cff1.html

愛信

【菅改造内閣】仙谷官房長官が閣僚名簿を発表 全貌が判明
【菅改造内閣】仙谷官房長官が閣僚名簿を発表 全貌が判明

仙谷由人官房長官が17日午後に発表した菅
改造内閣の顔ぶれは次の通り。 
首相 菅直人
▽総務(民) 片山善博
▽法務・拉致問題担当 柳田稔
▽外務 前原誠司
▽財務(留) 野田佳彦
▽文部科学 高木義明 
▽厚生労働 細川律夫
▽農林水産 鹿野道彦
▽経済産業 大畠章宏
▽国土交通 馬淵澄夫
▽環境 松本龍
▽防衛(留) 北沢俊美
▽官房(留)仙谷由人 
▽国家公安・消費者・少子化対策担当 岡崎トミ子
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3977.html
▽郵政改革・金融担当(留) 自見庄三郎
▽経済財政担当 海江田万里
▽国家戦略 玄葉光一郎
▽行政刷新・公務員改革(留)蓮舫
(敬称略、民は民間、留は留任)

岡崎トミ子リンク先をカッチとね
そら恐ろしい内閣です。 テレビ局・マスコミは報道隠蔽です。
【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。



涼子

ヤタガラス様 お返事ありがとうございます
お返事ありがとうございます。
最近気付く事ですが、子供の頃に読んでいても分からなかったけれど、
大人になった今読み返すと「?」な思想的に偏った様に感じる漫画や小説って結構ある物ですよね。
トットちゃんの表紙で有名な「いわさきちひろ」も実態を知った時には驚きましたし。

また、男性誌はよくわからないのですが、女性誌には結構民主党寄りかな?等と感じさせる内容の物が結構存在します。
「婦人公論」や経済評論家の荻原さんが出ている「レタスクラブ」あたりは、最近あからさまな感じがします。

そして、私もねずきちさんが紹介してくださった本を購入し読んでみようと思います。

ヤタガラス様も お元気で

Tazukoです(ツイッター仲間です)

No title
私も聞きました!口蹄疫騒動には韓国からの研修生を受け入れた事から始まり(その頃韓国で口蹄疫が流行していたそうです)、現在韓国牛がお披露目されているのですが、全く遺伝子が同じ宮崎牛の物と解っているそうですが政府などは抗議もしないのです。韓国からの研修生の受け入れの発端は創価学会のアグラ牧場だそうです。そこから口蹄疫が発症したそうですが、アグラは世間に黙って牛を移動させて我関せずの姿勢をとっていたそうです。移動中に糞の始末をせず、水やりの後も放置に近かったから宮崎県に広がったと言われています。創価学会も韓国も恐ろしいと今更ながら実感します。

Tazukoです(ツイッター仲間です)

No title
ネズキチさんいい本を教えていただけて感謝です。
早速注文させていただきましたが、こんな小さな事でしか賛同している!頑張って下さい。という気持ちを伝えられないのが歯痒いです。これから私達世代が子供世代、孫やその次までも語り継ぐべき日本人の心だと思います。書物や記憶がまだまだ残っている今だから50代40代と目覚めて行動を起こさないといけないと実感します。まず学校教育を根本から変えないといけないとも思っています。足し算かけ算がスラスラ出来る子と足し算すら理解できない子を一つの教室で教えるやり方、競争はいけない、先祖の素晴らしい事を伝えない等、、、、男女平等でなく男子教育を再復活させるのも良いかもしれないですね(草食・・・って言葉は嫌いです)

愛国志民

古川成美「沖縄の最後」より
 夕方になると、山が鳴るんだぞ。ドロドロドロと雷のような音が洞窟まで響く。
そらっ、特攻隊がきたっ、と洞窟をとび出す。山へのぼるとなぁ、日本軍の陣地は闇に包まれているのに、海の上には真赤な雲がたなびいている。
敵の全艦隊が主砲、副砲を含めて対空砲火を射ち上げているのだ。
幾千、幾万の曳光弾が噴水のように飛び交って、艦隊の上空は火の雲を浮かべたようなんだ。
うん、その対空砲火が、ドロドロと山まで揺り動かすわけだ。
そんなすごい砲火をくぐって、しかもサーチライトの交錯にとらえられて、ポツンと白く米粒のように機体を光らせたまま、わが特攻機が飛んでいるんだ。
あっ思う間に、ボウッと炎を噴いてゆらめきながら海に落ちるものもあるし、低くまっすぐに敵艦に突っこんで、高い火柱をあげるものもある。
空半分を火の海とした曳光弾もやがてまばらになる。
大太鼓を打ち鳴らすような砲声もはたりとやむ、そのあとの静寂は、なんともいうないなあ。
やったなあ、ご苦労さんと、なかには地面に手をついて沖のほうを拝むものもある。
みんなそれに習った。
晩になると、いつも特攻機を拝みにゆく、拝みにゆくんだ。すごいもんだよ。それは…
新聞で大戦果を見せられ、如実に特攻機が突入する凄愴な場面の話を聴き、「天一號作戰」は将兵の心の中でまたはなやかな生命をよみがえらせた。
沈みきっていた心に灯がともり、誰の顔も明るくなった。頬までがつややかに見えた。…

愛信

韓国人留学生が、宮崎牛のDNAサンプルを5000本盗み、韓国で宮崎牛のDNAを持つ牛が誕生した
韓国人留学生が、宮崎牛のDNAサンプルを5000本盗み、韓国で宮崎牛のDNAを持つ牛が誕生した

【宮崎・口蹄疫】ブランド牛「宮崎牛」の種牛49頭、
口蹄疫疑いで殺処分へ 感染疑い100カ所超、殺
処分対象は8万2411頭に★4
http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/newsplus/1274003789/
ここをキーワード【韓国】で検索してみて下さい。 
恐ろしい事実が具体的に告発されています。
反日売国テレビ局やマスコミで隠蔽されている
情報です。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。



ミヤビ

注文しました!
ねずきちさん
素晴らしい本のご紹介ありがとうございます。
お友達も注文するそうです。
戦争の悲しいお話は、翌日目が腫れてしまうので敬遠していました。
逃げないで、そろそろ向き合わないといけませんね。
ちょっとずつ免疫をつけながら頑張ります!!

ヤタガラス

涼子様
美味しんぼ、そうなんですね。
時々テレビで見てたけど、グルメ番組としか思ってなかったので全然気づきませんでした。

左翼的とは知らずに見てた漫画はまだまだあるかもしれません…。

大まかに、扶桑社や小学館なら安心していいかなと思うのですが、自分の目で確かめないといけないですね。

涼子

ヤタガラス様
つ「美味しんぼ」

この超ド級の左翼漫画を忘れちゃいませんか?

アボリジニの方々を虐待し、
反日で白人優位社会であるオーストラリアを
「最も平等な国」と評したあの馬鹿漫画です。

八目山人

ケネディが上梓「特攻」
神風特攻に就いて、戦果が無かったとか犬死だとか、戦後の左翼は言っていましたね。
中川八洋さんがそうではないと書いておられました。

ケネディが真実を書いたみたいですね。(「特攻」ハート出版) 未だ読んでいませんが。

特攻による被害(アメリカ側から見て)
45年4月6日~6月22日 78日間  26隻沈没、164隻損傷。
戦争中全期間で空母36隻含む288隻が損傷。その内34隻が撃沈される。
それは、日本連合艦隊の合計の戦果より、神風特攻合計の戦果の方が大きいと紹介されている。

http://mp-j.jp/modules/d3blog/details.php?bid=176

ヤタガラス

ちょうど探してました!
つい最近、知ったのですが左翼的な思想の児童書が結構あるんですね。

代表的なのは、「裸足のゲン」「ぐりとぐら」…。

宮崎アニメも作者がそっち向きだし、ディズニーは創価の息がかかっているようで、買うのをやめました。

日本人として誇り、家族の絆、こんなテーマの児童書をちょうど探していました。
これからも更新を楽しみにしています。

猫のひげ

No title
家族解体から始まって国家解体、日本の中国属国化がサヨクの目指すところですから、家族愛の話はジェンダーフリーを掲げるような連中の最も憎むべきものなのですよね。

大手出版社でまともなのは新潮社、徳間書店など極一部であり、児童書中心の出版社はそんなものなんでしょうか。

この本はワシも靖国神社の売店で見たような気がします。日本は政治、マスコミ、教育など全てサヨクに乗っ取られていますが、特に教育は早期に取り戻さないとサヨクの再々生産が止まりません。
 

イシコウ

No title
絶対本買います。
私も祖父まご会というものに参加させて頂き、先人のお話を家族で聞きに行きます、将兵さん達が、どのような思いで戦ったのか、銃後の人たちもどんな気持ちで国を支えたのか、この辺りのお話を世の中に広く伝えないと、所謂自虐史観から抜け出せず、いい様に日本を掻き回されてしまいます、我々日本人の手で、キチンと先人の思いを今に伝え、未来につなげて行かなければと思います。

見張り員

英霊顕彰
英霊顕彰はその国の礎になった方たちへの当然の行為です。それもしないできない国家国民ではあってはなりませんね。
そういう意味では現政権はまさに「非国民」政権です。英霊に感謝のできない政治家は即刻止めてほしいものです。

「お父さんへの千羽鶴」は、靖国神社の売店にもあったと思いますので23日に参拝しますので買ってきます!

拡散を!

図書館に置く本も狙われています。監視する意味でご協力を!
こんにちは!

図書館に置く本も狙われています。監視する意味でご協力を!

《公立図書館の正常化へ心強い指針に敬意を表します!!》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

~~一部転載~~

船橋市以外には、「従軍慰安婦意見書」を採択した、宝塚市や札幌市など20都市をターゲットにすると、いろいろな問題蔵書があると思われます。)


そして、質問にはこの2つだけはお願いいたします。

【実例】

1) A書とB書の蔵書数が極端に違うのはなぜか、その客観的理由を教えてください。


2) A書とB書を購入してから、半年間の貸出数を教えてください。(貸出数が少ない本が、極端に蔵書数が多い場合は、税金を恣意的に浪費していると批判できます。また、それらをインターネット上に公開することも大事です。)


以上の質問以外も、皆様方がお気づきになったことを、どんどん質問してください。そのときの質問先は、図書館ではなく各自治体の首長に直結している質問コーナーにすることが大事です。

「竹島の千鳥」さんや情報を提供していただいた「四日市の市民」さんの地道な活動が、全国の図書館の正常化に必要なことですので、継続的に実施していただければ、確実に結果が出てくると思われます。

宜しくお願いいたします。



■今回、中国が国をあげて大騒ぎしていますので、尖閣問題も臨時国会に地図を持ち込み、野党の議員に質問してもらいます。

中国社会科学院の歩平所長は分かっていることと思っていますが。このまま大嘘を繰り返すと、「詐欺大国」の汚名が世界中に喧伝されることになるが、覚悟はできているのでしょうね。


■覚醒されていらっしゃる皆様、第11管区海上保安庁への激励メールと総理官邸に抗議のメールを宜しくお願いいたします。

アドレスは水間条項さんをご覧ください!

共通一次世代

No title
長男、次男、共に小学3年生の時に国語の教科書に載っていた絵本です。

【ちいちゃんのかげおくり】
http://kenkyu.mukogawa-u.ac.jp/kyouiku/soturon1998/kinshi/

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク