沖縄防衛決戦!



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

沖縄戦0910


沖縄防衛決戦!

元鎌倉市議伊藤玲子先生からのご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~
<自由と平和のための国防決起大会 第2弾>
   ★挙国一致で守りぬけ★

 『沖 縄 防 衛 決 戦』

~安保闘争の工作機関紙 沖縄二大紙にだまされるな~

と題して、下記のとおり集会があります。


  記

日付 平成22年9月20日(月)
開場 12:00
開演 13:00

場所 沖縄県立武道館
   那覇市奥武山町52
   TEL 098-858-2700

主催 沖縄県民自由と平和のための国防決起大会実行委員会

【メッセージ】

中国共産党は日本の属国化を着々と進めており、その最重要ターゲットが沖縄です。
今、中共の沖縄侵略を阻止するために緊急行動を起こす必要があります。

そして、沖縄で暗躍している左翼勢力と戦うためには、全国の愛国者のエネルギーを沖縄へ結集し、一体となって戦わなければなりません。

ここに挙国一致の『沖縄防衛決戦』の決起集会を開催いたします」


【プログラム】

第一部 シンポジウム(13:00~15:00)
 ◎ 登壇者調整中(乞うご期待!)

第二部 マスコミ正常化行進(15:30~16:30)
 ◎ 作戦計画中


※協賛団体募集!※

都合の付く方は、一人でも多く参加しましょう。
伊藤先生の熱意を共有いたしましょう。

特に九州、沖縄方面の方でお時間がおありの方は、ぜひご参加下しますようご案内申し上げます。

★問い合わせ先
運営事務局 仲村雅己
E-mail masami.nakamura7@gmail.com

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

大東亜戦争 ひめゆり部隊 沖縄戦


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛国志民

菊水一號作戰
あの戦艦大和が出撃した4月6日、
白昼に堂々と日本軍戦闘機が米軍上陸地点に進入し、
弾薬集積所を機銃掃射して、これを吹き飛ばすという痛快な戦果も挙げております。
ノルマンディ上陸地点を機銃掃射したのが
僅か2機のドイツ戦闘機でしかなかったのと比べると
日本軍の反攻は何たる壮挙でありましょう。

愛国志民

嗚呼、菊水一号作戦
■伊藤正徳『帝国陸軍の最後4』より
 菊水作戦は、正成の名を冒涜するものではなかった。
身を捨てて国を救う赤誠において、忠臣の先祖をはずかしめることなく、その「菊水作戦」の呼称もまたたんなる忠臣ぶりの宣伝ではなくして、現実に体当たりを中心戦法とする湊川決死のいくさであった。
「菊水一号作戦」が発令されたのは、20年4月6日の正午であった。
海軍の第一制空隊(戦闘機30)は列島線を南下して敵の戦闘機をつりあげ、その機に乗じて、第二、第三、第四の制空隊100機は沖縄に直行、一時的にその上空を制した。
また陸軍の戦闘機40は喜界島の上空に進出して、特攻機群の進路を開き、第一号作戦の基礎を築いた。
一方に陸軍の司偵(司令部偵察機の略称)3機は、遠く沖縄の東方洋上に進出し、紙テープに錫箔を貼付したものを散布して敵の偵察網を欺瞞することに成功した。
この多量の錫箔テープの空中散布は、それがレーダーに映る影はまさしく飛行機の大群であるかに判断されるので、
米国ははじめみごとにごまかされ、日本空軍が大挙して南大東島方面から来襲したものと判断して、迎撃戦闘機の主力を南東方に飛ばせてしまったのだ。
その間隙を縫うてわが特攻機は西寄りに進航し、全軍が沖縄西方海上の敵艦船群の頭上にせまった。
海軍の特攻機106、陸軍の特攻機90、台湾友軍(第一航艦船と飛行第八師団)の特攻機30が、はじめて大規模なる体当たり攻撃を敢行したのであった。
敵艦隊の熾烈なる防御砲火と、体当たり爆破の噴煙は海面を暗黒色におおったその中から、ひらめく紅焔と騒音の交錯に海面を修羅のちまたと化し、首里山の沖縄軍司令部の監視隊は一時はなにものをも見失ったほどであった。
この戦果は、その第三十二軍の陸上観測報告と、誘導隊の帰還報告とを総合し、それを割引して、撃沈破約40ないし50隻と判断された…。
■空母「ハンコック」特攻被害状況~4月7日、1212、輪形陣上空の雲の上から日本機が現れた。
初め「バンカーヒル」に向かった日本機は、「ハンコック」の方に向きを変え、激しく撃ち上げられる対空弾幕をものともせず、
「ハンコック」の艦首を右から左に横切ると550ポンド爆弾を投弾後、飛行甲板に体当たりし、とんぼ返りしながら後部に待機する飛行機群に突入、爆発した。
艦首部第45肋材と艦尾の2ヵ所で燃え上がり、破壊された駐機航空機から洩れたガソリン火災特有の黒煙が全艦を覆った。
27名戦死、35名行方不明、17名負傷、20名が海上に吹き飛ばされたが、救助された。【死者72名、負傷者82名という資料もあり】
■菊水一号作戦における米艦船死傷者の合計は、戦死466名、戦傷566名という。[モリソンの太平洋海戦史]

猛虎の友

No title
沖縄独立を策す勢力が永田町に跳梁跋扈と報道されていましたが、恐ろしい事ですね。
近隣二カ国が承認すれば、独立できるとか。

 

No title
>博士のなんとか誰も読まない世迷言なんかいらない

さっそく登場のようで。
ご苦労様です本当に。

よろずや

No title
博士のなんとか誰も読まない世迷言なんかいらない

unknown_protcol

「博士の独り言」 様がランキングから消えた件に関して。
zipangu様>
ご安心を。
「博士の独り言」ブログ様は、自らの意思で
9月10日付をもってブログランキングから撤退しただけだそうで御座います。

証拠となる記事へのリンクを張らさていただきます。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3771.html

なお、当然のようにサイトも存続・継続しているので、今後はインターネットエクスプローラーの「★:お気に入り」への登録などをなさっておくのが宜しいかと。

もち

ブログが消えた?
突然失礼します。
ネットをさまよって遊んでいる通りすがりの者ですが、
今日ふと、時々見ていたブログにアクセス出来なくなっている事に気付きました。

「SAVE NIPPON!基本、憂国ママのブログ」ryo1978さん、です。

最近もチラッと見ましたが、閉鎖するような雰囲気ではありませんでした。

言論統制なのでしょうか。

私は思想的にあまりこだわりが無いのですが、何かの権力によってアクセス自体ができなくなったとすれば恐ろしい事だと思います。

怖いです。
私は怖がりなのでビビって何も出来ませんが、
見聞きする情報は誰が・どんな意図で発信しているのかを、注意深く見守って行こうと思います。

たまにフラッと遊びに来ます。

愛信

4週連続で週末に脳死判定
4週連続で週末に脳死判定
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100911/bdy1009111841004-n1.htm
市立札幌病院に入院中の男性が11日、法的に脳死
と判定され、これで4週連続で週末に脳死判定が行
われた。

中国、死刑減少で臓器売買増える 仲介者が巨額の
利益
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050601000968.html
国籍法で腎臓移植する。臓器売買が商売繁盛!
http://www.youtube.com/watch?v=Ac4ehEcCox8&feature=player_embedded
(動画)
国籍法の改悪で誰でも日本人になれる法改正が行
われた。この時に外人の子供を買い取り自分の子供
にして育てる事が認められた、親子関係のDNA判定
の必要は無く、意図的にDNA判定義務が排除された。
その後に臓器移植法の改正がなされ、親の同意が
有れば脳死判定された子供の臓器を摘出して販売
(提供)して良いように変更された。
今日、本人の意思の確認されないままで臓器移植が
大量に行われ始めた、国籍法の改悪で子供の臓器
販売が麻薬販売に代わり闇組織の新たな資金源と
成る。
インターネット上にある関連情報が徹底的に削除さ
れている、しかし【臓器移植法改正案関係の掲示板】
に残された記事を参考にして臓器闇取引の実情を知っ
てください。

【臓器移植法改正案関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj11.cgi
【臓器移植法改正案タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

zipangu

昨日までランキング2位だった博士の独り言のブログが消えた。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
言論封鎖の恐ろしい現実。

たか

20日の大会参加します
これまで「沖縄県民自由と平和のための国防決起大会実行委員会」主催の集会には、その日に限って他用が入ってしまいなかなか参加できませんでしたが、20日の大会には、参加させていただきます。登壇者の方も錚々たるメンバーとなっておりますので、今から楽しみにしております。

敢闘軍

THE GREEN HORNETS
●昭和20年4月6日、戦艦大和の菊水特攻隊に呼応して海軍航空隊の大攻勢「菊水一號作戰」と
陸軍飛行隊による「第一次航空総攻撃」が実施され合計524機が出撃した。
よく『大和艦隊に航空護衛がなくて惨敗した』と訳知り顔で言う「識者」がいるが、
実は大和艦隊こそが米第5艦隊空母部隊と艦上機群を北方に引き寄せるための囮の役目を担っていたのである。
大和出撃に加えて特攻機の大群が押し寄せて来たのだから、さしもの米艦隊も防戦に目も回る程の忙しさであった。
米艦隊の護衛戦闘機群は何とか特攻機を撃墜しようと奮闘したものの、
約200機が沖縄海域に突入し、うち61機が米艦艇に命中または至近に墜落して大損害を与えた。
この戦闘で米海軍は駆逐艦2、掃海駆逐艦1、戦車揚陸艦1、そして地上軍のための給弾艦2を失い、
如何に物量を誇った米軍とはいえ、この損害により上陸後の戦闘に支障をきたすこととなった。
さらに空母ハンコック、護衛空母サンハーシント、戦艦メリーランド以下27隻もの艦艇が翌日までに損害を受けており、
日本軍による『最大の神風ディ』に恐怖に包まれた米兵らは、
特攻機を『THE GREEN HORNETS』と呼んで震え上がったという。
そう、この名前こそが、あのブルース・リー出演のTVドラマの題名の由来である。
そして、米艦艇の乗員たちがあまりにも特攻隊の事を話題にするため、
ニミッツ太平洋艦隊司令長官は配下の将兵が特攻隊について語り合うのを半年間禁止した程であった。

Tazukoです(ツイッター仲間です)

No title
ねずきちさん私の考え方は間違っているのかもしれませんが、ひめゆり部隊にしても沖縄戦での日本兵の良き行いを何故語らないのか、名前は忘れましたが、一軍曹が本部への電文に沖縄民間人もかく戦えりととか、日本兵が民間人を巻き添えにしたくないから壕から外に出したとか色々な話があるのに悲惨さや言われた事に対する反論しかないのがおかしいと感じるのです。まして沖縄のひとは見捨てられた等を言っておられますが本国も同じく空襲や原爆の被害も多々あって正直沖縄までというう感はあったのではないでしょうか?戦艦大和も沖縄を守るため出港しても別の意味で特攻していたのに何も感じず現在は批判ばかりでやるせない気分です。まして戦後の沖縄本島には周りは立ち退かされ米軍基地がハッキリとあるのにわざわざ住民が側へ建物を建てた事が今回の問題になっている事で、沖縄県知事が離すべきと主張して住民の建物を建ててなかったら今日の問題も大きくなる事はなかったのでは、それを政府の押し付けのように表現し給付金を多額に貰っていて今更政府が決定・・・・馬鹿な事言わないでよ!って気持ちですし、まして沖縄県民は基地がある事で生計をたてている人が多いから無くしたいとは本気で考えていないと言う事も解ったら、社民党や民主党に利用するなと腹がたつし、い、今更解った顔して利用するなと言いたいです。

共通一次世代

反日のインチキ、キチガイぶりを広めよう!
【ひめゆり記憶、多くの人に 元学徒が戦争体験講話 (琉球新報2009年8月2日)】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-132706-storytopic-1.html
(一部抜粋)======
 宮良さんは「生徒を戦場に送り込んで死なせてしまったと悔やむ先生の姿を64年たった今も忘れることができない」と声を震わせた。
 捕虜になった後、収容所に多くの人がいるのを見た時「わたしのいた壕が投降を呼び掛けられた時、素直に投降していればもっと多くの命が助かったはずだ。そう思うと悔しくてたまらない」と語った。「『国のためなら命は捨てるものだ』という教育は二度としてはならない。どんなことがあっても死んではいけない。どんな困難な中でも生き残らなければいけない」と締めくくった。
(以上)=======

『国のためなら命は捨てるものだ』と、
『命を捨ててでも守らなければならないものがある。』

この二つは受け取り方が全く変わってくるとと思います。
「語り部」と呼ばれるひめゆりの生き残りの方達は、この言葉の「レトリック」というか「言い回し」の違いを自ら確認することなく、その体験を反日に利用されていると感じます。

反日は言葉を巧みに利用します。「平和」「人権」「命の尊さ」・・。
誰もが、「そんなことはわかってる!!」と言いたくなるような全く「反論」が出来ないような言葉の羅列。

でも反日のいう「平和」という言葉は「みんないい人」が前提です。「人権」は「自己責任」があってこその言葉。「命の尊さ」は状況によって捕らえ方が違ってくる。鳩山の言うような「地球の命」ならまず肉食はアウトです。弱肉強食の野生動物の世界もアウトでしょうね。こうして書くのものもバカバカしいくらいです。無差別殺人犯の命の尊さなんてまともな人ならば誰も感じません。すべては理想だけ。『現実』は全く見せていない。
鳩山は「命!!!」「友愛!!!」といいながら、肉を食べ、海兵隊の抑止力を認め、菅直人から裏切られ、怒っている。目茶苦茶です。破綻してます。

反日は、デモをするとき、是非、次のような言葉も加えてデモをして欲しい。


『狂気の無差別殺人者集団が踏み込んできたときは、人間としての尊厳を目茶苦茶にされようが、辱めを受けようが、受容しましょう!!命が大事です!!そして彼らにも尊い命があります。抵抗してはいけません!!』

『自分の家族がそのような危険な状態にさらされたときも、自分の命を投げうってでも家族を守ることなどせず、まずは、自分の命乞いをしましょう。とにかく自分の命が大切です!!』

私たちはこうした彼らの「インチキかつキチガイぶり」を逆に訴えていかないといけないと思います。

沖縄は本当に危機が迫っていると恐怖を感じます。↓


【緊急拡散依頼】JSN■中国民間保釣連合会 日本政府が船長を無条件釈放しない場合、上陸し反撃を宣言 (ブログ:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク)
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/f7ffd9b7e6bff5faaac00ac48e923049
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク