あまりにも情けないマスコミの解散時期をめぐる身勝手な言い分



「大手マスコミ全部を敵に回した麻生首相」ってタイトルのニュースだったから、なにごとか?と思ったら・・・

官邸の“ぶら下がり記者”たちから、しつこく解散時期を聞かれる麻生首相がついにキレて、「聞いてこいと言っている上司はバカなんじゃないの。社はどこ?」と発言したってだけの記事。
言われた記者は民放テレビだったという。

記事は、そのあと、「だが、官邸詰の若い記者に解散時期を探らせるテレビ局幹部の気持ちも分かる・・・
とにかく“選挙特番”の日程を決められず、どこのテレビ局もイライラなのですよ。スポンサーを集める関係で、準備には1カ月以上必要。さらにスタジオを押さえ、ニュースキャスターや政治評論家、売れっ子ジャーナリストも早く確保しないと他局にとられてしまう。だから、投開票の日を確定したい」と続いている。

(livedoorニュース)

こないだの東国原知事の「出るのか出ないのか」記者会見の記事でも指摘したけど、これって、総理の問題発言でもなんでもなく、単にマスコミの我がままにすぎないのでは? と思います。

日本の総理にとって、解散権は、総理大臣としてのいわば伝家の宝刀。

いまの日本の政情は、輸入物品の値上げが続き、リーマンに端を発する世界的金融恐慌の危機が目の前にあり、国内の景気は不安定。。。とにかく、眼の前で解決しなければならない問題が山積みなわけで、

そうした状況下で、福田総理が辞任。

激動の日々の中に政治の空白期間が生まれ、ようやく責任者の総理大臣が決まったばかり。

この時期に、何を優先すべきかという国家的課題と、マスコミの社内での「選挙特番の日程を早く決めたい」という内輪の事情と、どっちに重さがあるのか。

そもそも解散時期が、マスコミの社内事情で決められてしまうのだとしたら、そのほうがよっぽど問題だと思うのですが。。。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

太郎ちゃんねる10月9日


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

横田さん、コメントありがとうございます。
賛成です!!w

横田

拉致問題
誰でも いいから ワシの めぐみ を北朝鮮から連れ戻してくれ
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク