いまと似ている通州事件前夜

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

人民解放軍


実は、昨日の記事を書いたのが、4日ほど前です。
その後、事態は急速に悪化しました。

民主党政府はついに支那の恫喝の前に逮捕した支那人船長まで返還し、一方、支那にある戦前戦後の爆弾除去のために支那の要請を受けて滞在していた日本人技術者4人が支那政府によって逮捕拘留されました。

民主党政府は、一方で支那の恫喝に屈しながら、一方で支那による逮捕については、干渉しないと表明しています。

昨日、通州事件の経緯を書きました。

この件については、30日頃、詳細なレポートをお送りすることを予定していますが、通州事件前夜までの状況と、いまの状況は、実は非常に酷似しています。

当時は、はじめ、中共(当時は八路軍)の工作に悪乗りした朝鮮人たちが、侮日の情報を撒き散らしていたのです。

この時点では、悪者=朝鮮人です。
要するに支那人は、まだ後ろに隠れている。

その頃の日本は、性善説で悪口に抵抗せず、こちらがしっかりしていれば、そのうち彼らの誤解も解けるだろう、差別はいけない、五族協和だ、普通に正々堂々としていれば、そのうちきっとわかる日が来る、なんてタカをくくっています。

しかし、そうした朝鮮人による宣伝が、だんだん圧倒的多数の人口を持つ支那人たちにも飛び火し、多くの支那人たちが日本人=収奪者=悪人と考えるようになります。

そして、日本人居留民に対して、一部で支那人たちによる露骨な嫌がらせや乱暴がはじまる。

それでも日本人は、のんびりしています。
通州市内では、日本人をターゲットにした軽度の暴力が頻発しますが、日本人はそれをあくまで「個別の事件」と考え、何の危機感も持たず、多くの居留民たちは、そのまま通州に残留していたのです。

当時、通州には、約1000名の日本の軍隊が滞在し、日本軍による指導をうけた3000人の支那人による保安隊がありました。

1000人対3000人だけれど、それでも軍事バランス的には、日本が支那人を圧倒していたのです。

ところが、他で紛争が起こり、日本軍が通州にわずか110名の手勢を残して一時移動します。

110名というのは、屈強な陸兵ばかりではありません。
ほとんどは後方任務にあたる事務方だった。

このタイミング、すなわち、軍事バランスが崩れたタイミングで、支那の保安隊が寝返ります。

なんと、武装した3000名で、わずか110名の日本軍を夜襲したのです。

いくら日本軍が強いと言っても、なんの準備もない留守部隊を急襲されたらひとたまりもありません。

そして支那の保安隊と少数の日本兵が闘っている隙に、支那人の学生たちが日本人居留民380名を襲い、260名を惨殺します。

日本人居留民の家は、一軒残らず襲撃された。

以下は、女性の読者の方には、衝撃が強すぎるかもしれないけれど、そのままを掲載します。これが歴史の事実です。

■虐殺現場を目撃した萱島高氏の東京裁判での証言
----------------------------------
旭軒(飲食店)では40から17~8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。

商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった。
-----------------------------------


■通州救援の第2連隊歩兵隊長代理を務めた桂鎮雄証人の供述
----------------------------------
近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。
足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。

本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥(は)がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。

陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。

帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。

女中部屋に女中らしき日本婦人の4つの死体があり、全部もがいて死んだようだった。

折り重なって死んでいたが、1名だけは局部を露出し上向きになっていた。

帳場配膳室では男1人、女2人が横倒れ、或(ある)いはうつ伏し或いは上向いて死んでおり、闘った跡は明瞭で、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。

女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。

1年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。

その裏の日本人の家では親子2人が惨殺されていた。

子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。

南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた。
--------------------------------

近水楼を襲撃したのは武装した黒服の学生団です。

彼らは女中数名を惨殺、残る10数名の男女従業員・宿泊客に対して金品を強奪した後、全員を麻縄で数珠つなぎにして銃殺場に引き出し、処刑した。


■支那駐屯歩兵第2連隊小隊長桜井文雄証人
---------------------------------
守備隊の東門を出ると、ほとんど数間間隔に居留民男女の惨殺死体が横たわっており、一同悲憤の極みに達した。

「日本人はいないか?」と連呼しながら各戸毎に調査していくと、鼻に牛の如く針金を通された子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等の死体がそこここのゴミばこの中や壕の中から続々出てきた。

ある飲食店では一家ことごとく首と両手を切断され惨殺されていた。

婦人という婦人は14、5歳以上はことごとく強姦されており、全く見るに忍びなかった。

旭軒では7、8名の女は全部裸体にされ強姦刺殺されており、陰部にほうきを押し込んである者、口中に土砂をつめてある者、腹を縦に断ち割ってある者など、見るに耐えなかった。

東門近くの池には、首を縄で縛り、両手を合わせてそれに8番鉄線を貫き通し、一家6人数珠つなぎにして引き回された形跡歴然たる死体があった。

池の水が血で赤く染まっていたのを目撃した。
----------------------------------

実に悪鬼も目をそむける酷たらしい所業です。

これら、頭部切り落とし、眼球えぐり、胸腹部断ち割り、内臓引き出し、陰部突刺などは、シナ人特有の日清戦争以来の、お決まりの惨殺パターンです。

婦女への強姦については、銃剣等で突き刺して殺害した後に、屍姦されたものも多かったといいます。

これが、通州事件のあらましです。

通州事件は、日中の軍事バランスが崩れたときに起こりました。
問題は、軍事バランスなのです。

現代に話を戻します。

20年前、日本の自衛隊と支那の人民解放軍は、その装備、兵力のいずれをとっても、圧倒的に日本側が強かった。

ところが日本のバブルが崩壊し、政治が支那の工作によって左傾化し、平成8年には社会党の村山富一などという反日主義者が内閣総理大臣に就任したりするようになると、なぜか阪神淡路に震災が起こります。

そして、自国の震災ですら、満足に軍を出動させず、米軍の出動まで拒むという情けない姿を、日本はさらけ出した。

そうした中で、中共は日本からしゃぶれるだけしゃぶり、日本の民間経済の富を「政治的に」支那に移動させ、日本から移動した富を利用して支那の国軍の年間予算を毎年2桁成長させて軍事力を強化します。

そしていまや支那は世界第2位の経済大国となり、ハイテク装備された支那人民解放軍は、もはや自衛隊の装備にあと一歩のところまで迫る勢いとなっています。

これで、支那海軍がいま造船中の空母3隻が来年にも就航すると、完全に軍事バランスは、支那に軍配があがるものとなります。

あとは、日本と米国の軍事同盟を破棄させればよい。
あるいは破棄にいたらなくても、日本の平和ボケが進み、日本が自衛隊を使う可能性がないという状況になれば、あくまで米国は「日本が自らの意思で戦ったときにのみ、日米安保に従って日本を守る」という原則に従い、軍事行動を起こさない。

そりゃあそうです。日本政府が自国の領土や国民を守るために闘おうとしないのに、どうしてアメリカ人が血を流さなければならないのですか?
なんだかんだと学者やマスコミは理屈を並べますが、これはただの常識問題です。

日本と支那の軍事バランスが崩れ、日本軍がもはや支那に敵わないという状況に至れば、そのあとに支那が行うことは、通州事件が証明しています。

支那軍が日本の自衛隊を引きつけている間に、日本国内にいる支那人学生(実は人民解放軍の兵士)たち1600万人が、日本国内で暴動を起こす。

日本政府の建物は、数時間で人民解放軍の管理するところとなり、治安維持能力を失った日本の大都市では、支那人による略奪、暴行、強姦、残虐なリンチが嵐のように巻き起こる。

本土ですら、こうした危険があるのです。

まして、沖縄がどうなるのか。

もはや一刻の猶予もありません。

なんとしても、民主党政権を打倒し、真正保守による愛国政権を誕生させなければ、日本人に未来はない。

そしてそのためには、わずかばかりの保守に目覚めた人たちが結集するだけでなく、圧倒的多数の日本人に目を覚ましてもらわなくてはならない。

身近な人たちに、軍事バランスと支那の危険性を、しっかりと説いて行く必要があります。

保守人口を増やすのです。


今日は、薄汚い支那のことを書きました。

明日は、すこし美しい話を書きます。
三浦襄さんとおっしゃる、素晴らしい日本人のお話です。

↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

上空から見た尖閣諸島!押し寄せる支那の密漁船


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

三船小仏

No title
>即刻現GHQ憲法を停止し、新憲法を発布すべし!
但し応急措置的に憲法9条と関連する条項のみ変更でも構わない。
同時に自衛隊を正規国軍に編成すべし!
国家を防衛するために早急に決断すべきと考える。


全く、その通りと思います。共産主義者に知らず知らずに乗っ取りかけらている日本を気付かない平和呆けした日本人で占められています。

日教組が悪い、日教組に破防法を適用せよ!と私は訴えています。

chica

次の一手
今回の中国人船長の釈放について、中国からみれば、

日本無血占領への道が開かれた第一歩と受け止められているように思います。

船長は英雄になり、また、次も行くと言っています。

今回で味をしめた中国は、次は、島の占領のために手を打ってくるのではないでしょうか。


海上保安庁の巡視船が、中国の漁船護衛艦によって砲撃され、

場合によっては撃沈される事態すら、想定できます。

中国の次の一手を、政権は、経済界は、国民は、想定してるのでしょうか?

手取川

民主党を選んだ責任は?
今回の不祥事は日本の政治に、ある意味輝かしい一ページを残す事になる。 これは間違いない。  
 そもそも沖縄の地検ごときに外交問題に口出す権限などあるはずがない。 地検の処分を了とした、なんて言う言葉を発する大臣の脳みそは腐っているのか。  批判をするのはいいけど、ではどうすればよかったのか? 誰も言ってはいない。 ビデオをすぐに公開して世界に訴えるのが最善ではなかったのか? 岡田幹事長はビデオが公開されたら中国の漁船のあからさまな行為が分かるので問題になるから、なんて分けがわからんいい訳してたけど。 地検にしても事前に公開したら批判があるので裁判まで公開しないと言っていた。 アホそのものではないか。 しかし前回の選挙で、そんなあほな民主党を選んだのは他ならぬ私たちなのだ。 無論このブログに投稿している人達、私も含めて、誰も民主党に入れなかったであろうが、 国民の大部分が支持したのだ。今回の不祥事は自ら招いたことに他ならない。 政治に理想を求めるのは大いに賛成であるが、所詮、今の自分たちに相応しい内閣しか出来ないのだ。 
麻生内閣の時だったか、核の保有についての議論をしようとした途端、中国や朝鮮の顔色が変わったではないか。 彼らは正直、日本が怖いのだ。 韓国にしても似たようなもので、散々反日の行動をした挙句、振りあげた拳の落とし所がないので、こっそりと日本になんとかしてくれと云った話がある。  そもそも民主党そのものが、左翼くずれとか、自民の左派とか、いわば落ちこぼれの集まりにすぎない。 彼らには他人を批判するしか能が無いことは最初から分かっていたことではなかったのか。 彼らに責任があると云う事は、すなわち私たち自身にも責任があるのではないか。
 

iza snowdrop

核発電 原子力兵器 原子力防衛
核発電とは言いません。発電は原子力です。日本はたくさんの恩恵に与っています。

兵器だけは核兵器と言いますが・・・これからは原子力兵器と呼んではいけないのでしょうか?

nuclear 核も atomic 原子力も同じ事を指していると思うのですが・・・違いますか?

『原子力防衛』ってイイ感じだと思います。

ぷれっくす

日本の内堀が埋まった
軍備を持たない日本だからこそ強い態度を示し、日本の法と言葉の重みを伝えるべきだった。

交戦権を持たない日本が自らの言葉を裏切ったらどうなるか。

処分保留のもつ意味の重さを本当に理解している人は少ない。
事態は深刻です。

特攻兵の孫

日本青年社が尖閣諸島に乗り込むらしいですね。
http://www.seinensya.org/undo/ryodo/senkakushoto/100924again.htm

素浪人

兎にも角にも、核武装が先決だ。
国体の復旧なども当然望まれるが、可及的に優先して実現せねばならないのが、核武装なのである。アメリカには、腹蔵なく日本の方針を述べ、理解を得る様にすれば良い。要は、日本の手持ちの選択肢・カードを、少しでも多くもつことで、豚どもと対等以上に渡り合え、ということだ。今のミンス政権では到底無理だから、総選挙を待つしかない。

核兵器と言えども、日本にとって専守防衛兵器なのだから、『自衛隊』が保有することになっても現状との齟齬はあるまい。腐れ憲法の下でも問題ないはずだ。何てったって、思いっきり違憲の軍隊が存在する国だ。非核何たらという子供ルールを、ためらいなく踏みつぶしさえすれば良い。

obasan

黒幕は仙谷由人
本日、青山繁晴さんの解説が紹介されていました。
やはり船長釈放の黒幕は仙谷官房長官.。

「私的憂国の書」さんより
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-327.html

エデュ

インターエデュに自称日本人の反日母あらわれる
1863283】 投稿者: 島国根性 (ID:SPdyRolBK.g)10年 09月 26日 21:23
中国にだけ頭を下げろとは言っていません。
ただ、昔から中国には(帝国主義の前までは)文化を学ばせてもらった大先輩なのです。
これは否定のしようがないのでは?
その後、西洋文化を学んできたのが日本でしょう。
そして、一時は隆盛を極めたのものの、太平洋戦争でしっかり鉄槌を食らった。
原爆で亡くなった方には申し訳ないが、そのおかげで一からスタートできた。
中国はユーラシア大陸の端にあり東洋文明の端、アメリカはヨーロッパとは大西洋を挟んで西洋文明の端、そのクロスポイントが日本です。
日本は、東西文化の合流点であるので、他の主権国家にはない特殊な国際的な役割が、地勢的にも、歴史的にもあるのです。
それを基本に、その人的パワーと技術的なコピーと発展が上手、さらに四季おりおりの世界に誇る料理もあり、人さえ有能ならば、世界で戦える素材は十分にあると思いませんか?
日本は、世界に色々世話になっています。
日本は、独自なところを売りしていくのは良いですが、やはり世界のあちこちにその文化・経済・政治形成に借りがあるのは事実なのですよ。
それを素直に認めて、頭を下げて、「あの件についてはお世話になりました、これ我々が考えたものですが(日本文化)・・・ご恩返しに・・・」とやれば、日本はたちまち世界で評価される国なると私は思います。

護国

No title
俺の親友は、「中国と今、国交断絶したら確実に日本経済が傾き日本はだめになる!それに俺は中国を悪と思っていない。」と言っていた。

俺より頭がいいのだが、南京虐殺はあったとか言ってるし、日本軍も悪いことをしてきたとかいってる・・・俺の意見
聞く耳持たないし、あーいえばこうゆう状態です。
日本の危機を全く理解してない。説得は無理ですorz

縄文人

No title
私も最近の日本政府の対応が、戦前と同じく思え危惧しています。
正しい歴史教育を受けられない一般の日本国民が気づかないのはまだしも、政治家が迂闊にも同じ轍を踏んでいる事が、私には許せません。
他国に蹂躙されるくらいなら、国内で血が流れてでも、修正しなければならないのでしょうが・・・。

トリ

党首が集まって円卓会議を
民主党では、何もできない。
党首が集まって円卓会議をひらき、大切な事柄を話し合う。
私もそれが一番いいと思う。



愛国志民

弱気に出れば侮られる
こうなったらもう●手持ちのカード切れよ●

・二国間援助で日本が一番援助してきた中国ODA累計 3兆2000億円
 そもそもODA大綱は 「開発途上国における民主化の促進、基本的人権及び自由の保障状況に十分注意を払う」 だろうが
・小沢がでしゃばって決めた黄砂対策費撤廃 1兆7500億円
・麻生が終了させたのに民主で復活した遺棄化学兵器処理事業 今後60兆円
・アジア開発銀行経由の中国援助1500億

情弱の俺がちょっと調べただけでもこれだけあるじゃん。中止しろよ、バカ菅

あ太郎

No title
きたるべき「第二次日清戦争」の兆しだね。

それとも保守は「no war」か。

わさび漬け

No title
カッパキ大将さん

>なんだか国家運営が町場の冴えない零細企業並に落ちたのかと、嘆息の今日この頃であります。<

なにをおっしゃいます。 零細企業経営者の方が数段上です。

>歴史の例に倣って「敵の敵は友」の単純原則に従い、早急にロシア・ウルグイ自治区・インドへのサプライズアプローチを行うべきと考えます<

民主党の中に こんな戦略を考えられる器はおりません。

彼らには町場の零細企業さえまともに経営できやしません。

>これが政治家のやる事か! <

まったく 同意です。 あきれるやら情けないやら・・・

>人権・民主主義・平和etc・・・・ これらの価値は普遍的なものではありません。国家という装置があっての、あくまでも人々が安心して暮らせる為の手段の一部であって、それぞれの国毎に異なると考えるのが普通です。<

お近くならばぜひ一献かたむけたいほどのコメントでした。 

カッパキ大将

ぬるい空気
拝啓 ねずきち様
初めてお便りさせていただきます。市井の企業(小規模)経営に携わる、齢56にならんとする爺の皮を被った青年であります。
訳あって今居る会社の経営に携わってはや3年、いまさらながら自分は実業の世界(といっても小さな)では、まだまだイケルゼと一人悦に入っている、チョットお目出度い男であります。
ねずきち様のサイトは、そのような私にとって安らぎの里と言っても過言ではないと付け加えさせていただきます。

さて怠慢右翼(弊社の社員曰く:本人は健全保守を自認)の私でありますが、さすがに昨今の状況は、目を覆わんばかりの情けない状況に、思わず投稿してしまった次第であります。
シナリオの答えを持たずに、スタンドプレーの為に声を張り上げてみたら、逆切れされておたつく善良で良識アル僕の図。しかも今回の尖閣問題は、シナの意図とシナリオが明快に見えるだけに、怠慢右翼の私ですら危機感を新たにした次第です。

これが政治家のやる事か!
これじゃうちの社長と一緒。なんだか国家運営が町場の冴えない零細企業並に落ちたのかと、嘆息の今日この頃であります。

もともと民主党の「生活第一」のキャッチフレーズに、当初より、「市井のことは放っといてくれ」と一人突っ込んでいた私でありますが、冴えない零細企業のお親父は、空虚な大所高所のお話を開陳するが、足元の経営はおぼつかないの図が大方でありますが、この政権は、本来大所高所のマクロを司るべきところを、ミクロの市井の経済に囚われの身になって、責任を放棄しているとしか考えられません。
今回の問題に限っていえば、最終的には局地的な戦闘行為もある前提で、諸般準備を整え(勿論密かにですが)
それを回避しつつ、歴史の例に倣って「敵の敵は友」の単純原則に従い、早急にロシア・ウルグイ自治区・インドへのサプライズアプローチを行うべきと考えます。内容はシコタマ溜め込んだドルを盾にした経済援助、お叱りを受ける事を覚悟に言えば、北方領土を売り渡してでも(勿論ブラフを咬ませておくことは肝要)この尖閣問題を対処する決意がなければならないと考えております。
またこの尖閣問題に関連して発生した、フジタの社員の拘束問題ですが、即化学兵器処理問題破棄を表明すべきでしょう。このような時こそクソメディアの大好きな人権をたてにとって表明すれば済む事です。メディアががたがた言ってきたら、人権を盾に恫喝すればよいのです。
ことは国家の存亡に関わることです。

人権・民主主義・平和etc・・・・ これらの価値は普遍的なものではありません。国家という装置があっての、あくまでも人々が安心して暮らせる為の手段の一部であって、それぞれの国毎に異なると考えるのが普通です。
グローバルスタンダードなる新たな白豪主義などクソ食らえではありますが、それでも彼らはルールに縛られているのが救いなのです。朝鮮はルールを無視するが、シナに至ってはルールそのものが存在しない。あるのは2者ともに肥大化した自意識だけです。そこには他者との関係性は皆無と考えれば、いまの状況は理解できるのではないのでしょうか。(*この理解とは心情的な理解ではありませんよ!)

イライラする今日この頃・・・

乱筆乱文御免候     敬具

おっさん

日本人よ目を覚ませ
ブログ主さんが仰る通り、状況は良く似ていると思っています。政治家だけでなく、NHKを筆頭にマスコミが完全にシナ共産党に制御されているからどうにもなりません。一般の国民は早く目を覚まさなければ手遅れでしょう。朝日新聞を読んでいればインテリだという認識の人が多いのでこれがガンです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク