遺棄化学兵器と口蹄疫



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

遺棄化学兵器処理
遺棄化学兵器処理


口蹄疫に関して、民主党政権は、宮崎県が求めた300億円の基金を拒否。
認められたのは、わずかに33億円でした。

10年前、自民党政権のときには、わずか7頭の殺処分でも100億円を用意しています。
このときは、地元選出の江藤議員、中山成彬元文科相の連携で、まさに即応体制がとられた。

今回は、民主党首脳は、30万頭もの殺処分を行わなければならない大変な事態を招いておきながら、わずか33億円の支出です。

処分された牛豚一頭あたり、わずか一万円です。
思わず、政府は国民を馬鹿にしているのか?!といいたくなります。

その一方で、民主党政権は、中国遺棄化学兵器処理に関する廃棄事業と称して、いまや日本を追い越して世界の経済大国となった中共政府に対して、なんと60兆円もの大金を渡そうとしています。

さらに尖閣領域に眠る750兆円の原油(開発に伴う経済効果1京円ともいわれている)を、領土領海ぐるみでまるごと中共政府に渡そうとしている。

この政権は、いったいどこの国の政権なのでしょうか。

記事を引用します。

~~~~~~~~~~~~~
【300億円要望かなわず 口蹄疫基金】
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000001010080003
2010年10月09日

県が口蹄疫(こうていえき)復興対策のために国に要望した300億円規模の取り崩し型基金は、要望から2カ月を経て結局、政府が8日示した復興方針で認められなかった。

方針のうち、独立行政法人に設置される取り崩し型基金33億円と、県が運用型基金を設置する際に発行する県債の利息3分の2にあたる十数億円は国の負担が確実だが、それ以外は県に負担が生じる仕組みだ。

県が当初要望した300億円規模の内訳は、畜産再生に必要な事業100億円と公共事業200億円。全額国費負担を求めたが、「取り崩し型は前例がない」ことや補助金適正化法の対象になり、使途が限定されることから、要望通りには認められなかった。

8日、国の方針を説明した永山英也・県総合政策課長は「基金で想定していた畜産の再生に擁する事業は、補助金を活用すればおおむねできる」との認識を示し、「災害対応の基金は運用型が主で、取り崩し型には例がないということだったので、前例を超えた措置をしてもらった」と強調した。

だが、要望した公共事業費はゼロ回答。代わりに「社会資本整備総合交付金」の活用が示された。それも「県が想定した西都・児湯地域の道路舗装など、小規模工事には向かない」と県関係者は明かし、主に中小企業向けの公共事業は県が独自で設ける30億円規模の基金で手当てすることになる見通しを示した。

また、運用型の基金創設では、1千億円の県債を発行するため、一時的に県債残高が1兆円を超える見通し。短期で償還されるため、財政指標に大きく響くことはない見込みだが、20億円程度と想定される運用益に対し、県債発行には金利の3分の1の県負担が生じる。

東国原英夫知事は同日、県債発行の金利負担について「県民のみなさんに負担はお願いしなきゃいけない」と述べた。また基金設置について「見通しが甘かったのでは」との指摘に対しては、「国会での論議を要望してきたから時間がかかった。次の対応のために法整備は課題になってくると思う」と述べた。 (中島健)

~~~~~~~~~~~~

これは、朝日ドットコムの記事ですが、記者の「署名入りの記事」です。

大手メディアの記事の特徴ですが、署名入りの記事の場合、比較的まともな報道がされることが多いようです。

逆に一般の署名なしの記事、つまり記者の編集する匿名記事は、相当いかがわしい偏向が見受けられます。

上記の記事に明らかな通り、民主党政権は、宮崎県が求めた口蹄疫被害地域への対策費300億円の供出を拒みました。

口蹄疫による被害は、牛豚の殺処分を受けた農家の生活を直撃したのみならず、地域の産業そのものを破壊しています。

それは考えなくてもわかることです。
30万頭もの牛豚が処分されれば、畜産農家は生活の糧を失います。

畜産関係の肉処理工場などの関連産業も打撃を受ける。
肉の物流産業も打撃を受けます。
圏内の産業が破壊されれば、みんなの収入がなくなり、買い物ができなくなるから商店街やスーパー、ストア、流通関係が全部打撃を受けます。
当然、それらに伴う雇用も破壊される。
要するに、地域の産業が完全に破壊されてしまっているのです。

口蹄疫問題がまだ冷めやらぬうちに、民主党は参院選を行いました。
宮崎県川南町では、まだ街中の道路という道路に、白い消毒剤が散布され、車の通行はウイルスを撒き散らすことになるからと、通行もまだみんなが自粛していた頃のことです。

その中で、他の政党の候補者たちは、畜産農家を気遣い、ウイルス被害の拡大をおそれて、選挙カーも走らせず、自粛して選挙を戦いました。

ところが民主党の候補者は、ガンガン選挙カーを走らせていた。
元毎日新聞の記者なのだそうです。
非常識極まりないその姿勢に、県民は、怒りを通り越して、あきれるほかなかった。

そこまでして議席を確保した民主党は、いま、日本を侮辱する国に対しては、際限なく金銭奉仕を厭わず、日本国内で本当に困っている人たちに対しては、面倒をみようとしないでいます。

33億円の国の供出というのは、殺処分された牛豚一頭につき、国は1万円しか面倒を見ないということです。

それが日本国の政治なのでしょうか。


2つ目の引用をします。

これは、内閣府大臣官房「遺棄化学兵器処理担当室」という、新聞やテレビでまるで報道されない部室のHPに記載されている事柄です。

~~~~~~~~~~~~~
【中国遺棄化学兵器処理に関する廃棄事業開始行事の実施について】
http://wwwa.cao.go.jp/acw/jigyobetsu/jigyobetsu_ido_haikijigyokaishi.html

平成22年9月1日(水)、中華人民共和国南京市郊外で、日本政府を代表し平岡秀夫内閣府副大臣が出席して、日中両国政府の国民、OPCW(化学兵器禁止機関)、国際社会に向かって、遺棄化学兵器廃棄処理事業が日中両国の永年の努力を経て、開始されるというメッセージを発することを目的として、遺棄化学兵器の廃棄事業開始行事を実施した。

廃棄事業開始行事において、平岡副大臣は、中国における遺棄化学兵器の廃棄事業の開始を宣言した上で、日本政府が廃棄事業を加速化するため努力をしている旨を述べるとともに、遺棄化学兵器処理事業の推進に対する中国側の協力及びOPCWの支援に感謝の意を表した(※)。張副部長は、中国側は引き続き廃棄事業に積極的な協力を行っていく旨を表明した。

遺棄化学兵器の廃棄事業を、ここ南京で開始することは、遺棄化学兵器処理事業が発掘・回収から廃棄という新たな段階を迎えたことを意味するものであり、日中両国にとって極めて意義深いものであるとともに、日中両国関係者の永年の努力の賜であります。

日本政府は、先月、廃棄処理事業を加速化するために中国北部に導入する廃棄処理設備の設計・製作を開始しました。

大量の遺棄化学兵器が存在するハルバ嶺においても本格的な発掘・回収に向けた準備を粛々と進めるとともに、試験廃棄処理設備の設計・製作を開始しております。

遺棄化学兵器処理事業がこれまで困難な状況においても堅実に進められてきたのも、日中関係者の努力やOPCW事務局の御理解の賜であります。

この場をお借りして、関係者の皆様に感謝と御礼を申し上げるとともに、引き続きこれまで以上の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~

これだけ読んだらなんのことかわかりにくいかもしれません。

上の文は、その遺棄事業を、
「全額日本の経費負担で行います」と宣言し、
それは、
「日中関係者の努力やOPCW事務局の御理解の賜であり」、
「関係者の皆様に感謝と御礼を申し上げ」
さらに、
「引き続きこれまで以上の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます」
と言っているわけです。

ちなみに、この遺棄兵器というのは、中共が主張するような日本製の化学兵器ではありません。
そんなものがあったら、日本軍は終戦間際のどさくさにやってきたソ連の戦車隊にダイナマイトを抱いて突撃するようなことはしていません。
あの時期に200万発も砲弾があったなら、日本は戦争に勝っている。
≪ご参考:石頭予備士官候補生の戦い≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-757.html

だから、麻生政権のとき、左寄りのアホ政治家が勝手に決めてきた日中遺棄化学兵器処理問題を終結させたのです。

ところが民主党菅政権は、麻生政権自体に決着済みとなったこの問題を再燃させた。
しかも場所は、ご丁寧なことに、南京で運用を開始するというきわめて象徴的な再開です。

そして、フジタが化学兵器処理場を探すために、社員4名を支那に視察に派遣した。

なるほど、国の下請けはフジタが行うわけですから、これから何年もかかって総額60兆円のカネが動く事業を請け負えば、フジタは儲かるかもしれない。
しかし、これはそもそもが売国行為です。
フジタも、そんな事業は請け負うべきでない。

そうして現地に出向いたフジタの社員4人が、中共政府によって、逮捕され、昨日釈放されたわけです。

日本は、支那のポチですか?

一説によれば、菅直人氏は、代表選に勝つために支那に協力を要請し、この化学兵器遺棄事業の支那の要求を呑んだとも言われています。
それが本当のことがどうかは知りませんが、どうであれ、これはすべきことではない。

先日ご紹介した通州事件で被害に遭われ、殺害された老婆の言葉が聞こえてきます。

「くやしい」
「かたきをとって」

≪通州事件を忘れるな(2)≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html

ちなみにこの手記にでてくる商人のTは、事情に通た、おそらくは中共の情報員であったようです。
だから教育のない身よりのない日本人女性を探して妻にした。

結婚の際も親せきとの連絡も絶たたせました。
その狙いは彼女を使い通州の日本軍の動向を探るためだったともいわれています。

目撃者の日本女性は恐怖のあまり帰国し、ある有名なお寺に帰依しました。
お婆さんの、読経の声が耳から離れなかったのです。

もし、この女性が支那に残留していればおそらく口封じで殺されていたでしょう。
そして、この工作員と思われるTはその後殺された可能性があります。歴史から消えている。


日本国の政治は、日本国民によって選ばれた日本国民による日本国民のための政治です。

わたしたち日本人は、昨年の衆院選、今年の参院選と、2度の大きな「選択の誤り」を犯しました。

悪事は三度続くといいます。
その三度目は、もしかしたら民主党の代表選だったかもしれません。

しかし、それももはやこれまでです。

どうかみなさん、今回の署名運動を通じて、尖閣問題だけでなく、民主党の非道も、ひとりでも多くの人に訴えてください。

相手が「まさか、ねー」などと話し半分にしか聞いてくれなくてもいいのです。
いままで情報に接していなかった人たちが、情報に接することで、その方たちの頭の中に、「疑問」が芽生えます。

それが第一ステップです。

昨日「署名用紙に書いてあることが足りない」というご指摘を下さった方がおいでになります。
おっしゃる通りです。
言いたいことは、もっともっと山ほどある。

しかし、あえて、署名用紙の文面は簡素にしたのだそうです。

その行間は、署名運動をする保守みんなで、口頭で埋める。
語る。話す。訴える。

日本人は、イナゴの群れとは違います。
ひとりひとりがちゃんと考える力を持っている。

みなさん方もそうだと思います。
上司になんと言われようと、納得できないことはしない。
一寸の虫にも五分の魂、というのが日本人です。

しかし、言われたことはちゃんと覚えているものです。
そして関心を持てば、みんな自分で調べ始める。

そうして、右をみても左を見ても、みんなが「おかしい」と気付きはじめたら、日本は変わります。

危機感を持った保守の仲間どおしが集うことは、もちろん意味があります。
同時に、その保守のみんなが、署名運動を通じて外部に向けて語ってまわったら
、それは大きな世論になります。

戦いましょう!

 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


【早い話が...】盗人に追銭、遺棄化学兵器処理事業の実態[桜H22/10/1]


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

学生

No title
連日恐ろしいニュースが流れますね・・・
自分がまだ高校生なのが悔しいです。
私はマスコミや民主党に騙されはしません。

日本の段ボール

No title
こちらの日記へのリンクを拡散に使わせていただきます。

自民党応援

No title
これは拡散せねばならないことですね。民主党を次回政権から落とさないと

川南畜産農家

ワクチン接種で牛を屠殺された者です。 一時金として 補償額の3分の1は貰えましたが、後の3分の2は まだ未定だそうです。
今年中に出ないかも知れないと、再開も出来ません!
口蹄疫は止まりましたが 復興はまだまだです!
政府の早急な対応を 切に願います!!

karzu

No title
反中デモやってる場合じゃないと思うんだけど、中国大使館取り囲む暇があったら国会や民主党本部取り囲めよ、中国非難しても政権は倒れないよ。

heartail

口蹄疫の300億円拒否し中国に60兆円!?
もう、腹が立って眠れません!!!!
しかも中国の60兆は麻生政権が支払い根拠無しと証明し拒否したにも
かかわらず!!!!
民主党は無知とか無能というレベルではなく、明らかに日本を貶めようと
している反日テロ組織です。やってること自体が憲法違反。そもそも存在
自体が憲法違反なのに、権力を剥奪できないのはなぜ?一体なぜ?????

wktk

No title
特亜人の捏造による日本侮辱工作は非常に腹立たしいことですが、そのおかげで「日本人」に目覚める日本人が増えたことは率直に嬉しいことです。

決定的な事態に陥るよりも早く、日本の国益を考える日本人が一致団結して世論を作り出していかねばなりません。

それにはまずマスコミの横暴と嘘を周知しなければなりません。
僕も周囲に対する働きかけを広げていこうと思います。
一緒に頑張りましょう!

見張り員

蒸し返しは、
民主党のような左翼政党のお家芸と見ましたね。
百害あって一利なしの蒸し返しをなぜ今するんでしょうね?私にはよくわかりませんが、まあ、そうやって国の金(われわれの税金だ!)をシナにばらまいて、国力をおとしたいんでしょう。
挙句にシナの属国ににでもなりたいんではないかと思ってしまいますが。
そうはさせるか!
日本は日本人のものだ!
金から領土まで差し出す故などありません。
しっかりしましょう日本の同志の皆さん!

データ復旧 大阪市

No title
いやー。考えさせられます

あ太郎

No title
これも元はと言えば、自民党のよくボケ遺産でしょう。キックバックのうま味を民主党が奪い取ったと考えるべきか。

愛国志民

悔恨しても遅いのです
残念ながら
現行『日本国憲法』では、権利は沢山認められていますが
義務は、勤労、納税、教育を受けさせること以外にありません。
だから、子育て手当や高速道路無料などという
無責任な政策を推進する民主党にでも
国政を任せてしまうのです。
35年ローンなどという一生涯奴隷契約をするくせに長期的な未来に対する関心を持たず
目先の利益にしか関心がない愚民と見做されている事にもっと国民は怒るべきなのですが…。

shengxin

No title
署名活動やってます。
でも、本当に一般の方は問題に気がついていません。
ある程度お年を召された男性はちょっと話を聞いてくれたら署名してもらえる方が多いのですが、若い男性、女性はかたくなに拒否、若しくは話を聞こうともしませんでした。

でも、頑張ります。
領土は自分達で守るものですものね。

az

No title
そろそろ私たち自身が政治家になって、国を変えるという事を
真剣に検討してみるべきなのかもしれませんね

元自民党衆院議員で、今年の参院選で「たちあがれ日本」から立候補した杉村太蔵は
特に政治の世界に関わりがなかったものの、自民党のサイトで候補者公募を知り応募
3度の面接で公募に合格したそうです

特別なコネやお金が必要というわけではなさそうですね

やっぱり

No title
遺棄化学兵器の件については元議員の戸井田先生と
水間氏が一生懸命戦い決着をつけて日本国民の税金が
中国に垂れ流されるのをストップしてくださったはず。

いったいナンなのだろうか民主党という売国奴の集まりは。!(怒)

なんとしても戸井田先生に国会の場へ復活していただかなければと思います。
それにしてもなぜ一度決着がついたものを蒸し返すことが出来るのか。おかしすぎるよ民主党(売国奴)!

共通一次世代

負けたら終わりじゃなくてやめたら終わりだから頑張ろう!
麻生さんは日本を守っていました。

【麻生太郎 2009年8月10日 靖国神社参拝に関して】
http://www.youtube.com/watch?v=kOGJRrGXnJs&feature=related

【靖国に弥栄(いやさか)あれ生太郎オフィシャルサイト】
http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060808.html

「麻生がほ靖国とは別に他の施設を作ると言っている」などということも流れていたと思いますが違います。麻生さんは靖国を守りたいんです。天皇陛下に参拝していただきたいんです。
上の短い動画で、朝日の記者を見る麻生さんの目を見てください。
麻生さんのHPに書かれている「靖国への思いと主張をどうか読んでください。

どれだけ英霊の皆さんの思いを大切にしたいと思っているか。わかっていただけるかと思います。

国民が「麻生嫌い」になったのはマスコミのイメージ落としに他なりません。
口が曲がってる、から始まってラーメンの値段、漢字の間違い・・。

保守派が絶大な信頼を寄せた中川さんが是非総理になってもらいたいと応援したのは誰であろう麻生さんでした。麻生、中川、この二人の頑張りを無視し、ケチを付け、潰したのは保守派も含めた国民です。
今の菅政権を見てください。
目が死んでいる総理大臣と、国会ではヤクザのような言動と振る舞いをする恫喝官房長官仙谷の顔を見てください。


【麻生首相・所信表明演説 - 1/3】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=JD7ACrS7aak

【第170回国会における麻生内閣総理大臣
所信表明演説】
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2008/09/29housin.html
==========
この言葉よ、届けと念じます。
ともすれば、元気を失いがちなお年寄り、若者、いや全国民の皆さん方のもとに。

申し上げます。日本は、強くあらねばなりません。
強い日本とは、難局に臨んで動じず、むしろこれを好機として、一層の飛躍を成し遂げる国であります。

日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇らせなくてはなりません。

日本国と日本国民の行く末に、平和と安全を。人々の暮らしに、落ち着きと希望を。
そして子どもたちの未来に、夢を。
わたしは、これらをもたらし、盤石のものとすることに本務があると深く肝に銘じ、内閣総理大臣の職務に、一身をなげうって邁進する所存であります。
 
わたしは、悲観しません。
わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。
時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。そしてわたしは、決して逃げません。
=========

こういう人が日本の総理大臣であるべきだと思います。

【TVでは流さない麻生太郎の活躍と笑顔-だいたい11月-コメ付】
http://www.youtube.com/watch?v=FWrdQySIJOs&feature=related
↑日本を守りたい人の応援歌にしたいくらいです。
負けたら終わりじゃなくて
やめたら終わりなんだよね。

私も頑張って署名活動します!

-

遺棄化学兵器でキックバックを得るのは誰か
山田洋行からフジタに移った陰で動いたのは何か

愛国猫ドン

No title
ねずきちさん
本当にそうですね。
日本国の日本人が生活に困ったり、年金でも破綻している状態で赤字国債をバンバン発行している現状の時に他国には何時までもいい時の日本のつもりで援助に 資金を多額に投入する。 愚策そのものです。 戦争終結して何年も経ても、愚かな首相が時たま現れお詫び表明するから更に更にたかられてしまう。 領海侵犯されてもトラブらないのが国益と勘違いし粛々と黙りこむ。
日本人として世界中に誇りの無い国だと 発信しているみたいです。 金も無い国家が子供手当と称し金をばら蒔く。本当に仕事も無い民が沢山自殺しているのが状態なんだけど。
もう見せ掛けの政治は結構。 検察も嘘の集団になり下がり犯罪人を自ら作る。 正義は廃れ、愚策がまかりとおる情けない国家に危機感を感じる現在です。

稲おやじ

No title
了解いたしました
署名等
私の出来るだけの事は必ずやらせていただきます
何時もありがとうございます


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク