ススキとセイタカアワダチソウのお話

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ


だいたいこの時期になると、ボクが決まって、誰彼なくお話してしまうのが、実は、この「ススキとセイタカアワダチソウのお話」です。

このお話は、以前にもいちど掲載させていただいたことがあるのですが、今回、手直しの上、再掲させていただきます。

どうしても好きなお話なのです^^;


セイタカアワダチソウというのは、北アメリカ原産の帰化植物です。

河原や空き地などに群生して生え、先端に毒々しい山吹色の花をつけます。
高さは1~2.5メートルほどで、よく肥えた土地だと4メートル近い背丈になることもあります。

もともと、日本の秋といえば、ススキ、彼岸花に、コスモス(秋桜)など、中間色系のやさしい色合いの花が主流です。

考えてみてください。
あれほど真っ黄色に群生する植物でありながら、万葉集や江戸期の風物詩には、セイタカアワダチソウは一切登場しない。

要するにこの植物、北米原産で、先の大戦以降、米軍の持ちこんだ輸入物資にまぎれて渡来したのです。

そして、急速に全国に普及し、大繁殖した。

おかげで、日本に古くからある、空き地の秋の草花たちが、一時はとことん駆逐されてしまっています。

数年前までは、秋になるとススキが群生し、コスモスがやさしい色合いの花を咲かせていた空き地に、このセイタカアワダチソウが、2~3本、生えたなあと思ったら、翌年には空き地のあちこちで群生がはじまり、数年後には、その空き地は、すっかりセイタカアワダチソウに占領されてしまう。

おかげで、窓から見えたコスモスも、可憐な彼岸花も、ぜんぶいなくなって、野原はセイタカアワダチソウの毒々しい黄色の密生だけが目立つようになる。
これが日本全国で起こった。

セイタカアワダチソウは、いままでいた日本古来の植物を全部駆逐し、まるでそこが自分たちだけの住む世界のように変えてしまった。

それだけじゃありません。
セイタカアワダチソウは、地下50センチくらいまで、深々と丈夫な根を張るのだけれど、そこから毒素を分泌するのです。

毒素は、他の植物を枯らすだけでなく、土の中にいるモグラやミミズなど、土地を豊かにしてくれる動物や昆虫たちまでも駆逐してしまう。

日本古来の草花たちは、みんなこれにヤラレて、生えなくなってしまったのです。

そしてセイタカアワダチソウは、先端に付けた密集した黄色い花から、大量の種子を四方八方に飛ばします。

季節がかわって、ようやくセイタカアワダチソウの地上部分が枯れたと思っても、奴らは、地下の根茎から新らしい芽を湯水のように出しながら越冬する。

翌年になると、その地下茎の芽から続々と発芽し、空き地を我が物顔に占拠するのです。

とにかく、このセイタカアワダチソウには、郷に入って郷に従おうとか、他の草花との共生を図ろうなどという意思が、カケラもない。

自己中と図々しさと我がままのカタマリのようなヤツラなのです。

おかげで、関東以西から九州にては、秋ともなれば、すっかりセイタカアワダチソウに野原を占拠されてしまった。
秋の七草なんて中間色系のやさしい風情はどこへやら、日本全国、空き地という空き地がセイタカアワダチソウに侵略されてしまったのです。

そして、もはや日本の野原は、完全にセイタカアワダチソウが牛耳ったかのようにさえ見えた。

セイタカアワダチソウの繁殖のおかげで、空き地に咲いていた秋の風物詩の萩(はぎ)、桔梗(ききょう)、なでしこ、葛(くず)、藤袴(ふじばかま)、女郎花(おみなえし)、コスモス(秋桜)なども、みんないなくなってしまったかにみえた。

ところが、です。

このセイタカアワダチソウの圧倒的な侵略に対して、グッと立ち上がった日本純正の植物があります。

ススキです。

ススキ
ススキ1018


ススキは、漢字で書くと「芒」とか「薄」と書きます。
「カヤ」とか「オバナ」とも呼ばれます。
ご存知の通り、先端にボォっとした穂をつける秋の草花です。

根がしっかりしているので、困らせられることも多いけど、とにかく人間と仲良しで、穂も茎も全部、人に利用されます。

もともと、ススキはイネ科の植物なのです。

未成熟な穂は昔は食用にされたものだし、ススキの穂はそのまま家畜の飼料になりました。

いまでも東京の雑司ヶ谷の鬼子母神では、ススキの穂で編んだミミズク細工が民芸品として売られています。

昔の農家といえば、茅葺屋根(かやぶきやね)が多く見られたものですが、この「茅」というのは、ススキやチガヤ(ススキの一種)のことをいいます。
つまり、ススキは屋根になる。

ちなみに、屋根を藁(ワラ)で葺(ふ)くとワラブキ屋根、草で葺くとクサブキ屋根と呼びます。

こうしたことから、昔は、集落の近くには、かならずと言っていいくらい、定期的にススキを刈り取るためのススキの繁殖地が置かれました。
そして、そういうところが、茅場(かやば)と呼ばれた。

そうなんです。
いま、東京証券取引所がある東京の茅場町(かやばちょう)は、まさに昔、ススキの繁殖地だったところなのです。

ススキは、株が大きくなるのに時間がかかります。
けれど、次第にしっかりとした根(株)を張って群生する。
そして人々の家の屋根となって、人々の暮らしを守る。

さらにね、ススキが空き地を埋め尽くすようになって何年か経つと、地味が肥えるのです。そうすると、そこにアカマツなどの先駆者的な樹木が生えてくる。

そうです。
ススキは群生後、長い年月をかけて、その地をしっかりとした樹木の生える森林へと変化させてくれるのです。

すこし余計なことを書くと、空き地には、いろいろな雑草が生え、最初草原のようになります。
そして植物の大系上、最後に群生するのが、実はススキなのです。

そしてススキが群生して何年か経つと、そこにアカマツなどの樹木が生えるようなる。

原野が草原となり、やがて森になるのです。

東京の茅場に、証券取引所を作った人たちは、まさに、ススキの株が、時間をかけて着実に育ち、そして人々の暮らしを支えながら、土地そのものをしっかりとした幹を持つ森に変えてくれる。

そういうススキの生態を、証券への思いに託して、ススキの繁殖地だった茅場町に証券取引所を作ったのです。

セイタカアワダチソウは、自分だけが群生し、密生し、地下に毒素を撒き散らして他の植物を追いやります。
そして、自分たちが密生するだけで、花も幹も根も、人々の生活には何の役にも立たない。

要するに、彼らは、他の動植物すべてに対して、敵対的なのです。
日本的「共生」や「和」の精神なんてカケラもない。

なでしこ
なでしこ1018


ところがです。
ここは日本です。
天はしっかりと見ている。

セイタカアワダチソウは、我が物顔に群生した。
そして自分たちだけの繁栄のために、地味の肥料成分までみんな吸い上げてた。
土地を枯らした。
そのために、彼ら自身が生きるための栄養分まで欠如させてしまったのです。

それだけじゃありません。
セイタカアワダチソウたちが、自らが分泌した毒素(アレロパシー)の影響で、彼ら自身まで被害を被るようになった。

おかげで、一時はあれほどの興勢を誇ったセイタカアワダチソウが、最近では自滅をはじめました。

その痩せた土壌で、それまでじっと耐えていた日本古来のススキが、野原でふたたび勢いを取り戻し始めたのです。

ススキは、セイタカアワダリソウが枯らした土地にふたたび栄養素を与え、毒素を消化し、土地にふたたび栄養素を与えます。
草影に、少しずつではあるけれど、おみなえしや、なでしこなどが戻ってきた。
モグラやミミズも帰ってきた。

一時は、自己中で排他的なセイタカアワダチソウに奪われたかに見えた空き地が、いまふたたびススキやなでしこなどの共生型の草花のものに戻ってきたのです。

ここまで来るのに、何年もかかった。
でも、着実にセイタカアワダチソウは、自滅をはじめ、日本古来の草花が、美し花を咲かせるようになってきた。


いまもまだ、排他的なセイタカアワダチソウの群生は、そこここでみられます。

けれども、彼らは、排他的であるがゆえに、一時的には興隆を誇っても、結局は自滅していく。

そしてもとからある日本の草花が、友を呼び、様々な美しい花を野原に咲かせてくれる。
日本の古来種が、いま、ふたたび野山にもどりつつあるのです。

なんだか、こうした植物たちの戦いは、日本という国そのものを見ているような気にさせられます。

いまこれをお読みのあなたが、もし、セイタカアワダチソウの群生する中に、ほんの少々のススキを見かけたら、遠くからでもいい、ぜひ「がんばれよ」と声をかけてあげてください。

ススキは、私たち日本人の仲間なのですから。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

秋の七草


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

日本という国の底力を感じさせてくれるお話で非常に勇気づけられます。ありがとうございます。

かげろう

読んでいて・・・
少し涙が出ました。

良い話をありがとうござます。

うっかりかさご

七草考
 ねずきちさま

 何時も読ませていただいております。
 ひとつだけ気になることがございますので、お知らせしておきます。

 秋の七草の写真の冒頭に、白いふさふさとした穂をあげる、ススキに似た草と、赤い穂を挙げて咲く穂は日本古来のススキではなく、パンパス・グラスといわれる外来種で園芸種です。もちろん七草にはカウントされておりません。

 とても生命力あふれる草で、生花にもよく使用されております。とても美しいのですが、あまりにデカイ顔をして繁殖しますのでちょっと微妙です。これがススキと同じ効果を持つのならいいのですが・・・。

 わが家の周辺もセイタカアワダチソウで大変です。いずれ自滅していくのでしょうが、休耕田に密林のように繁茂しています。
 近頃、滅多に見られなくなりましたが、日本の山野にアキノキリンソウという親戚筋の花があります。たかだか30~40センチくらいです。昨年、旅行先の上杉謙信の居城あとに細々と咲いているのを見ました。

 ねずきちさまのブログで、実に多くの史実には載せられていない事実を知りました。 これからもしっかり読ませていただきます。有難うございました。

名無し

セイタカアワダチソウ
ーススキとセイタカアワダチソウのお話ーブログ感謝。
 今回、お蔭様でセイタカアワダチソウの習性を初めて学びました。家の前のプロムナードの縁止めにつつじの寄植があり、犬の散歩道にもなっていますが、近所の家も高齢化で除草が大変になりました。我が家ではこの雑草に混じって今年始めて黄色い麒麟草のような花が4~5本咲き、背の高い美しい淡紫花から少し離れ、楚々とした補色で素敵です、大切にしました。朝、ねずきちさんのブログを読ませて頂き、その内、抜かなければと思い乍ら、ゴミを出しに門を出ますと(最近この辺は、共産党や創価学会が多くなり電磁波攻撃も恐ろしく、引越者や高齢化で大分町が変り、一寸厭だなーと警戒心をもちました)
丁度、誰かが家の前で写真を撮っていました。セイタカアワダチソウ(のは既に抜かれ)方に向ってカメラで写していました。我が家ではないので安心し、ゴミ捨ての帰りによく見ると、セイタカアワダチソウがきちんと抜かれ、小さな根を揃えて歩道の横にソット置いてあり、嬉しくて胸にジーンとなりました。  少しはなれたところに真面目そうな若者数人が話しておりました(後で県の人でした)。早このブログを読んで下さったのか、這いずるような日本社会で、誰かが陰で良いことをして下さった優しさに川と天に感謝しました。
 二日後に県の草刈人が手早く草刈機械で刈って下さいました。(この時にも大きな音がするので電磁波攻撃をされているのではないかと警戒しました)お隣では2ヶ月も雑草に手をこまねいていて私も少し抜きかけましたがそれど頃ではありませんころでした。今、県に電話をしているとのことでした。それでこの全貌が見えてきました(私も近年猜疑心が強くなり反省をしています。)
 そういえば我が家のベランダで鉢花にセイタカアワダチソウが生えると土が固まり枯れる傾向にありました。月下美人も根が深く生えてき可哀想です。他のプランター1個も枯れ不思議でした。セイタカアワダチソウと原因が解り、感謝いたします。万葉集にも出てくる花かと思いました。近くの線路脇もこの黄色い花が減りました。そういえば車窓からススキと一緒に生えている線路脇もありました。

No title
ススキのお話ありがとうございます。がんばろう日本!雅子様も皇太子様の愛情と日本国民の応援でお元気になられ、お二人でご公務に廻られることを祈っています。

悲しみの収穫

日本の原風景
パンパスグラスはイタダケナイ

No title
良いお話ありがとうございました。
子供のころ、ススキの原で日が暮れるまで鬼ごっこをしたのを思い出しました。ススキの葉っぱって皮膚がスパッと切れるんですよね。もうあっちこっち血だらけで遊んでましたよ。

会社員

No title
ねずきち 様
 今回のエントリー、せいだかあわだちそうの自滅の行く末に思わず、日本の総本家,皇室の姿を重ねてしまいました。 皇室を荒らし続ける 小和田雅子 並びにその家族の
近い将来の自滅を見る日が近いような、、そんな気がしてきました。

無名

日ノ本の国の強かさ
今回のススキのお話、とっても感動しました。
と、同時にやはり日本は神々に守られている
土地であると実感です。

日本は、どんな侵略者の邪な野望に、一時
染められようとも、必ず跳ね除けることができる
強かで柔軟な世界であると確信しております。

今現在は、戦勝国の占領政策と特アの毒にやられて
いますが、
必ずやそれらを浄化し、真の姿の日本が復活すると
信じております。

素浪人

外来生物を入らせるな
セイタカアワダチソウとは侵入の仕方は違うが、外来生物、特に小動物・昆虫などの輸入を原則禁止すべきだ。少し前に問題が表面化したが、外国産のクワガタが屋外に逃げ、在来種のクワガタと交雑してしまっている。この他、カミツキガメや、アライグマ、ハクビシン、ブラックバス類、ブルーギル、アルゼンチンアリ、などなど、枚挙にいとまが無い。

日本人は、外国産の動物を珍しがって簡単に輸入し、販売さえやっている。このセンス・危機感の無さは、危険な外来種の人間(特に特亜人)に対してと同様、何としても改めなければならず、排外主義にならねばならない。

-

推敲の一首
月出でて  涼風(すずかぜ)そよぐ

白銀(しろがね)の

すすき輝く  秋の宵口



月出でて  すすき輝く

白銀(しろがね)の

涼風(すずかぜ)そよぐ  秋の宵口

ぷるぷる

特亜ニュース
2010年10月25日
中国人が日本人殺して心臓取り出す  愛媛

西条市明屋敷の独居男性殺害事件で、殺人容疑で逮捕された中国籍の元実習生孔祥猛(コン・シャンモン)容疑者(28)が、三並清さん(64)を殺害後に三並さん方を物色した可能性が高いことが19日、県警特別捜査本部による血痕のDNA鑑定などで分かった。

被害者方の実況見分などで預貯金など無くなった物はないかどうか資産関係の捜査もしており、強盗殺人容疑や窃盗容疑の可能性も視野に捜査を進めている。

捜査関係者らへの取材で、遺体発見時に三並さんの心臓が取り出されていたことも判明。特捜本部は孔容疑者が
強い殺意を持っていたとの見方を強めている。

編集元:中国人が日本人殺して心臓取り出す 愛媛
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1287992896/

 マスコミには出ませんね。

パキラ

すすきといえば
私が一番好きなススキの風景は
富士山の麓の平原に群生するススキです。
もう少し寒くなった時期に、青く澄んだ空
富士山・・そして風にたなびくススキ。
文章にしただけでも美しいけれど、
実物は日本美そのものです。
もし近隣にお住まいの方がいらしたら
是非その光景を楽しみにドライブしてみては?

そういえばセイタカアワダチソウってアレルギーの
原因でもありますね(汗)

保守駅長

全国ネットで真実を伝えた石原都知事
10月24日放送のフジテレビ「新報道2001」の番組で、石原慎太郎東京都知事は尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視艇が中国漁船に激突された事件について、仄聞(そくぶん=聞き伝え)としながらも衝撃的な話を暴露、ビデオ公開の必要性を説いた。以下、当該発言部分の書き起こし。

◆石原氏の発言:情報というのはね、必ずどっかから漏れてくる。…(略)…
政府の関係者からね、「仄聞ですが」と聞きましたが、日本の巡視艇の乗員がなんかの弾みに落ちたのを、中国の漁船(の乗組員が)銛で突いてるんだって。
それはねぇ、仄聞ですがっつったけど数人の人から聞いた。それはねぇ、やっぱりその実態ってのは私たち知る必要があるし、公開すべきだと思うし、それがやっぱりこの問題に対しての正当な日本人の世論ってのを作っていくと思いますよ。
今の政府ってのは自民党も民主党もみんなもう世論調査を気にして、ピリピリピリピリしてね、世論なるいい加減なるものにおもねっているんだけど、私はね、とにかく尖閣で漁船が向こうから突っ込んできて、しかも航路妨害し弾みに落ちた。(そして)例えば日本の要するに乗組員を銛で突いたなんつったら、魚じゃないんだから、マグロじゃないんだから。
ま、嘘かほんとか分かりませんが、その噂が伝われば伝わるほど両国にとって良いことではないんだから、公開したらいい。それ(ビデオ)はあるんだから。あなた方メディアはしっかりしなさいよ。

http://newsplus.jp/~mcqueen/uploader/src/up0610.jpg

ソース:
http://www.youtube.com/watch?v=Q1p1JeHzimw ※2分15秒辺りから。

-

No title
ススキのお話 有り難うございました。
ススキ 頑張ってるんだ。
すごく嬉しいお話でした。

kazu4502

No title
いやいや、貴殿の文章で久しぶりに感動しました。
感謝感激です。これからも日本の素晴らしいところをアピールしていきましょう。日本は我々の祖国、大切な祖国です。
身勝手な個人主義からみんなが助け合う地域社会をもう一度取り戻そう。

sheltem

政治団体についてまとめてみました (^^ )

政治団体について少しまとめてみました。↓ (^^ )

http://ariradne.web.fc2.com/wiki/group.html

護国

No title
いいお話ありがとうございました。

天守閣

日本の神話 どれだけ知ってますか?
ススキの季節感、歌にもよくなってます。

そして日本の神話

イザナギとイザナミ
あまのいわと
ヤマタノオロチ
いなばの白うさぎ
海幸彦と山幸彦
ヤマトタケル



日本神話の絵本について ~ 子供たちに日本と天皇へ愛着を持たせましょう
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=182

たまりん

No title
ススキとセイダカアワダチソウの関係と
日本人と外国人との関係を思いました。
日本、がんばろうという、勇気をいただきました。

憂国子

私のふるさとも・・・
 昔、セイタカアワダチソウの群生で、痩せた土地で、
友人の家に行くのに、この草の中の集落でした。
今は住宅地となり、発展しまいたが、逆に空いたスペース
は、住民が挙って菜園などを楽しんでおります。

ススキも元気になりましたよ。

さだまさしさんの曲・・・天までとどけ♪にも癒されました。
ありがとうございます。

楽仙堂

No title
おはようございます。

良い動画ですね。さだまさしの曲ではないですか。

mqgunoria

No title
ねずきちさん、おはよう御座います。
何時も、楽しみに読ませて頂いております。
今日も元気を貰いました。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

ヤタガラス

ススキのお話、ありがとうございます!

私は都内在住ですが緑の多い区なのでススキはよく見かけます。ススキを見るたびに力が湧いてきそうです。
秋が来る度に子供達に話そうと思います。


さて、今朝の日経流通新聞(日経MJ)に、「韓流」中高生とありました。

新大久保は原宿化して10代の女の子が集まっており、韓流ファッションが流行りそう…だとか。

流行らせようとして載せた記事なのかどうか、現地に行かないので私はわからないです。…何より怖いですし。

韓国って強姦大国で、日本でも元韓国人達が通名で強姦事件をたくさん起こしてますよね。

有名な事件の早大のスーパーフリーも和田は帰化人で被害者は450人~。その他でも被害者は数十人とか数百人とか規模が大きいです。
強姦された女性は非行化して風俗に走るか、男性不振になり…。

そんな危険性も知らずに無防備な女子中高生達。

反抗期だろうけど、何とか伝えないといけないですね。

韓国の実態を小冊子にして現地で配るとか…何か方法はないでしょうか?

みかん

勇気づけられました
私は園芸大好き人間で植物には興味があります。こんど野草をよく観察してみようと思います。
確かにセイタカアワダチソウは見かけるけど減ってる気がします。

特定外来生物や植物は、人間にもたとえられて怖いと思ってました。

確か桜の害虫アメリカシロヒトリも当初は天敵なしだったけど、今では鳥が食べるそうです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク