マイセンのスープ皿

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

マイセンのスープ皿
マイセンのスープ皿


上の写真の絵皿は、1730年頃ドイツで作られたマイセンのスープ皿です。
ホンモノです。
国宝級の扱いを受けている逸品です。

マイセン磁器は、ごく最近の作品でも、絵皿付きのコーヒーカップ1個で30万円以上します。
女房と自分の分でセットでそろえたら、それだけで70万円が飛んでしまう。

まして写真にあるような300年前の初期の頃の作品ともなると、もはや値段のつけようがない。何千万とか億の世界です。

要するにマイセン磁器というのは、ヨーロッパ磁器の最高峰なのです。

マイセンは、ドイツ東部のザクセン州のドレスデンの近くにあるエルベ河沿いの小さな城下町です。

お城の名前は、アルブレヒト城といいます。

このお城で、フリードリヒ・アウグスト2世(Friedrich August II.)が、錬金術師だったヨハン・フリードリッヒ・ベトガーに、磁器の開発を命じたのです。

アウグスト2世
アウグスト2世


そしてベトガーが磁器焼に成功したのが、日本では江戸時代中期にあたる1709年です。

そして翌1710年には、「王立マイセン磁器製作所」がアルブレヒト城内に設立され、本格的なマイセン磁器の生産が始まった。

アウグスト2世という王様は、神聖ローマ帝国ポーランド王を兼ねた強王です。
ザクセン選帝侯とも呼ばれています。

アウグスト2世が生きた時代というのは、東インド会社から運ばれる中国や日本の磁器が、王侯貴族の憧憬の的となった時代でした。

東インド会社というのは、アジア地域との貿易の独占権を与えられた会社です。
世界初の株式会社でもあります。
後にイギリスがこの東インド会社を支配するようになりますが、アウグスト2世の当時は、まだオランダが権利を独占していました。

東インド会社は、初期の頃には、支那の景徳鎮(けいとくちん)の磁器を買付けて、ヨーロッパ各地で販売していました。

ところが、正保元(1644)年に明が滅び、清が誕生するという戦乱のなかで、支那の磁器生産が困難になってしまいます。
需要は大きいのです。
東インド会社は、中国以外の磁器を探します。

そして日本の磁器に目を付けた。

そもそも「やきもの」というのは、素地の状態や焼成温度などによって土器、陶器、磁器などに分けられます。

「陶器」は「土もの」です。陶土を原料とする。
益子焼や薩摩焼、美濃焼などが、これにあたります。

「磁器」は「石もの」です。陶石を原料とします。
陶器よりも高温で焼くかれるので、かなり硬くなり、素地が透き通った真っ白になります。
有田焼、伊万里焼、砥部焼などがこれにあたります。

実は、豊臣秀吉の朝鮮出兵のとき、朝鮮の「陶工」が日本へ連れてこられたのです。
そして唐津や薩摩などで「陶器」の窯が開かれています。

ところが、江戸時代の初期になって、佐賀県の有田町の周辺で陶石が発見された。

で、有田に「磁器」窯が開かれて、日本最初の磁器が作られたのです。

支那では明代に、磁器に色や絵を付けたものが大流行します。

そこで、支那の色絵の技術を聞いた佐賀の酒井田柿右衛門が工夫を重ねて、色を付けることに成功したのが、色彩豊かな有田焼となった。

18世紀に作られた有田焼
18世紀に作られた有田焼


有田焼は、積み出しが伊万里(いまり)港からされたので、「伊万里焼き」とも呼ばれます。

作品には、製造時期や様式などによって、初期伊万里、古九谷様式、柿右衛門様式、金襴手(きんらんで)などがある。

さらに、献上用の極上品のみを焼いたものが、鍋島藩の藩窯のものが「鍋島様式」、天皇に納めたものを「禁裏様式」などと呼びなわわしています。

江戸時代の後期に、全国各地で「磁器」の生産が始まるまでは、有田が日本国内で唯一「磁器」を生産するところだったのです。

当時、鎖国していた日本は、オランダとだけ通商をしています。
そしてオランダ東インド会社は、この日本の有田焼に目を付けた。

有田焼は、万治2(1659)年から、本格的な輸出がはじまります。
そして有田焼は、ヨーロッパに紹介されて大人気となる。

有田焼は、ヨーロッパの王侯貴族たちに「白い黄金」と呼ばれ、彼らは有田焼を手に入れるために、わざわざアムステルダムまで人を派遣して、日本から入る船を待機させたたりした事実が記録されています。

おかげで、佐賀からヨーロッパに渡った「磁器」は、約100年の間になんと120万個以上。
記録に残っていない磁器を含めれると、実際にはその2~3倍の有田焼がヨーロッパに持ち込まれています。

有田焼の絵柄が、支那の磁器と似ているという人がいます。
しかしそれは違います。
余白や間を活かして、花鳥風月を華麗に明るく可憐に描く手法は、日本独自のスタイルです。

有田焼のなかでも、とくに柿右衛門様式の磁器は、ヨーロッパで大センセーションを起こします。

当時ヨーロッパで知られていた東洋磁器の中で、柿右衛門様式の有田焼は、最も高価で最も魅力的なものとされた。

柿右衛門様式
柿右衛門様式


ヨーロッパ貴族たちは、自身の邸宅を有田焼きで飾ることを最高のステイタスとするようになります。

柿右衛門様式の有田焼は、ベルリンのシャルロッテンブルク宮殿、ロンドンのハンプトンコート宮殿やバッキンガム宮殿などを筆頭に、欧州各地の王宮や城を彩った。

なかでもとりわけ有田焼のコレクションに熱心だったのが、冒頭のアウグスト2世(1670~1733)です。

彼は熱烈に東洋磁器を愛し、ドレスデンのツヴィンガー城に、柿右衛門を含む膨大な数の東洋磁器を集める。
享保7(1722)年には、「日本宮」という磁器の収集館まで建設しているほどです。

エルベ川側から見た日本宮
エルベ川側から見た日本宮


そしてアウグスト2世は、コレクションするだけでなく、自らも日本の有田焼に似た磁器を作りたいと考えた。
で、錬金術師のベトガーに、マイセンで磁器の開発に取り組ませたわけです。

なんとアウグスト2世は、開発した磁器の技法が城外に洩れないようにと、ベトガーをアルブレヒト城内に幽閉してしまう。

おかげでベドガーは、廃人同様となり、マイセン窯誕生のわずか9年後に、37歳で亡くなってしまいます。
なんか、城外に愛する人がいて、その人と逢えなくなったことがつらくて廃人になったというお話もあるようですが、そのあたりの詳しいことは知りません。

いずれにせよ、絶対的な王権を用いてまで門外不出にした、それほどまでにアウグスト2世は、有田焼にこだわった、ということです。

ちなみに、冒頭のマイセン焼きの絵皿ですが、よく見ると(写真が小さいのでわかりにくいかもしれませんが)中央の木から、なぜか竹が生え、その竹からも太い枝が出て、先っちょにバラのような花が咲いています。

あたりまえのことですが、木から竹は生えないし、竹に樹木のような枝はつかない。バラのような花が咲くこともありません。

竹という植物は、もともとイネ科の植物で、アジアの熱帯から温帯に分布している植物です。ヨーロッパにはありません。

当然、マイセンの職人さんたちは、当時、竹の実物を見ることはなかったでしょうし、見たことのない植物は正確に描けないから、ありえない絵柄ができあがる。

要するに、初期の頃のマイセン磁器は、日本の有田焼の模倣からスタートした、ということです。

アウグスト2世の磁器への情熱は、単に「日本の有田焼のような美しい磁器を作りたい」という憧れだけでなく、当時のヨーロッパで熱狂的な高値で売買される磁器を、自らの手で作り上げれば、莫大な富が手に入るという考えにも裏打ちされます。

こうした思考は、自然とヨーロッパの貴族社会に伝播します。
列国の王侯貴族や事業家も、自分で磁器を作れば、莫大な富が手に入ると考えるようになり、ヨーロッパ全土で磁器生産への熱意が高まる。
 
有田焼の模倣品は、イギリスのチェルシー窯、ボウ窯、フランスのシャンティー窯など、次々と欧州各国に広がりました。

現在、ロイヤルコペンハーゲン(デンマーク)は、特に日本で人気のある磁器メーカーなのだけれど、藍色の唐草模様を付けたブルーフルーテッドシリーズは、どうみても有田焼の模様です。

ブルーフルーテッドシリーズ
ブルーフルーテッドシリーズ


ヨーロッパにおける有田焼の技法は、いまでは、あまりに大規模に模倣されたために、その起源が日本にあることすら忘れられてしまっているほです。
それだけ、日本の文化がヨーロッパ磁器に大きな影響を及ぼしたということです。

陶器や磁器は、総称して陶磁器と呼ばれます。
そして陶磁器の最初のカタチは、もちろん土器です。
そしてその土器は、日本では世界最古、1万6500年前の土器が、青森県大平山元1遺跡から出土しています。

日本人と陶磁器は、とっても仲良しだったのです。

土器も陶器も磁器も、総じてどれも壊れやすいものです。
明代に興隆を誇った明磁器が、下火になってしまったのも、結局は明から清への戦乱が原因でした。

日本で、華麗な陶磁器が好まれ、人々の生活の中で育まれたのも、日本人が平和を愛する民だからといえるかもしれません。

そしてもちろん、有田焼には、ご皇室御用達や将軍家御用達の品もあったけれど、大切なことは、それが庶民が日常生活で使う陶磁器として発展した、ということです。

有田焼がヨーロッパで絶賛された背景には、もちろん白い磁器の美しさもあるけれど、そこに描かれた絵柄が、なにより決して権威主義的でなく、明るく可憐だったことが挙げられます。

そして、明るくて笑いが絶えず、可憐で思いやりを持った人々の生活というのは、きっと日本文化の特徴でもあろうかと思います。

そしてそういう日本文化が熟成された背景には、決して偉ぶることのない天皇という存在が、日本にあったからといえるのではないかとボクは思います。

それにしても日本て、すごいですね。

↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

マイセンとラリック美術館, アルビノーニ オーボエ協奏曲ト短調


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無し

欧米人は日本と中国を区別できない
ニュージーランドの先端にインバーカーギルという都市があります。
観光案内所に隣接した小さな博物館でひどい光景を見ました。
中国の庶民の暮らしを描いた絵が載っているさして技巧を凝らした
大したことのない絵皿の解説が日本製となっている。
素晴らしい有田焼の花鳥風月を題材にした花瓶の解説を読むと中国製。
英語があまり出来ないながらも、文芸員を読んで間違っていると伝えました。
しかし解説書を直す気はないようで、
「私たちには日本と中国の区別は付かない」といわれました。
小さな博物館には、地元の子供たちも社会見学にくるのです。
あきれてものが言えませんでしたが、
「あなたたちが日本と中国の区別が付かない人間を作り出しているのです。
」といってやれば良かった。
日本文化が大好きな私は、中国と一緒に文化財が扱われる事なんて耐えられません。
でもそのような気持ちも分からないようでした。
キウイ(ニュージーランド人)はオージー(オーストラリア人)と
間違われる事を極端に嫌うのに、です。

ママ

すみません
先ほどのコピペ、
今調べてみたところ有名なガゼネタのようです。
( ̄^ ̄゜υ)゛
残念です。
大変失礼しました。
紛らわしいのでよければ消してください…

ママ

ソースがなくてすみません
コピペです。

670 :可愛い奥様:2010/10/22(金) 19:55:44 ID:cTTejQa+0
9月からロシアで暮らしているものです。
今週号のロシアの新聞「アルグメント イ ファクト」(論拠と事実)に面白い記事が載ってたので、拙い訳ですけど紹介しますね。
もし、スレ違いなら指摘してください。

『南京でのジェノサイドは共産国家陣営による作り物だった!!』
ソ連邦崩壊後、様々なソ連時代の公文書が日の目を見ていることは読者の皆さんも良くご存知であろう。さて先日、ウラジオストークで開催された極東地区歴史学会で「南京ジェノサイド」に関する面白い公文書が紹介された。
(中略)
「南京ジェノサイド」の証拠として中国が挙げている写真の一部が、ウラジオストーク市近郊の都市トルストゥイ・フイにあった「ソ連人民芸術局極東撮影所」で撮影されたことを示す公文書が発見された。この公文書を発見したのは、ロシア科学アカデミー極東戦史研究所のアーラヤ・ピズダ氏である。ピズダ氏の発見した文書によれば、「南京ジェノサイド」の証拠として中国政府が公表している写真の一部は上記の撮影所で撮影されたもので、ブリヤード人やシベリアのマイノリティーなど日本人そっくりの人を日本兵役で出演させ、「中国人にひどいことをする日本人」という構図の写真を撮ったそうである。この研究所の副所長で日本海の向こう岸にある町新潟の大学で教鞭をとったこともある親日家のイヴァン・ドラチョク氏は「冷戦時代は西側陣営に失点を与えるためにこういうおかしな協力もソ中間で行われていたようだ。しかし、今はそんな時代ではないし中国に協力する謂れもない。また、これに関心のある日本の歴史家の皆さんを是非お助けしたいと思う」と語った。

このあとに詳細が載っていますが、全部訳す元気ないのでごめんなさい。
それと(中略)のところには、いわゆる「南京虐殺」についての中国側の公式見解が書かれてますが、皆さんご存知でしょうから略しました。

四谷太郎

No title
 中国では、すでに有田焼の商標が登録されていて、本家日本の有田焼は使えないそうです。
また、中国人が、銀座のマツモトキヨシで漢方薬を買うそうです。中国製は化学薬品が混ぜられているという。

いっちゃん

ライデンの日本博物館を思い出しました
オランダにもデルフト焼がありますね。
ライデンの日本博物館で江戸時代の優れた日本の文化を垣間見たのを思い出しました。
外国で日本の良さを再認識することありますね。

L . A .

日本潰しは、今に始まった事ではない
日本では16世紀の戦国時代から庶民に対しての「おふれ」が立て看板で掲示されたていた。当時来日した宣教師達が一様に驚いているのが、日本人の教養と識字率の高さである。
また1543年(天文12年)に、ポルトガル人宣教師が2挺の鉄砲を日本人に与えたところ、40年後にはその鉄砲を遥かに凌ぐ高性能の物を量産する事に成功し。1583年(天正11年)にポルトガル人が戻って来ると既にヨーロッパの鉄砲の総数を越える数を所持していた。

ルイス・フロイス、ポルトガル人、宣教師、1563年(永禄6年)来日
日本製の鉄砲の性能と品質を世界最高と評した。

18世紀、識字率がロンドンで20%程度、パリが10%未満の時、江戸が70%以上だったと言われている。19世紀半ば欧米では識字率が世界最高と思われていたイギリスで男性25%程度、女性ほぼ0%の時、日本は男性40%、女性25%、江戸においては武士100%、男性79%、女性21%だった。
明治になり福沢諭吉は「通俗国権論」で幕末の日本の識字率は世界一であると誇っている。考えてみれば世界最初の小説は日本の「源氏物語」1001年(長保3年)である。

19世紀後半、ヨーロッパにおいて日本の美術はジャポニズムといって一大ブームを巻き起こした。ゴッホ、ゴーギャン、ベルナールらに依って西洋化されたり、アールヌーボー、アールデコという新種のアートが生まれるきっかけとなったりした。
日本をこのまま放置しておくと世界中の人々が日本の文化の影響を受けてしまう、日本人を尊敬するようになってしまうということで、こういった影響を阻止するため「陰の政府」に依る世界的な数々のディスインフォメーション(日本の地位を貶め、辱める宣伝)が、当時から行なわれている。
「彼ら」は、ジャポニズムに対抗してヨーロッパ全土で、日本は未開の野蛮な国で、人食い人種すら居るという情報操作を行ったので(中国には確かに食人の歴史はあるが)、人々は、日本は野蛮人の国で、文化があるのは東京のようなごく限られた地域だけだと思い込んでいた。
デマの流布には合成、捏造写真も多用された。戦前、人が犬を棒で虐待する写真(実は、中国の写真だった)を使い、日本人は野蛮だからと日本に犬を輸出させまいとしたのもその一例である。
当時の、フランスの教科書には、日本という文化の貧しい国にはおよそ料理などと呼べるものは存在せず、ただ粗末な野菜、米を煮炊きしたものを食すのみであると記されていた。
アメリカでは、勤勉な日系人が成功する事を妬み、いろいろ難癖をつけて人権を剥奪し、遂には1924年(大正13年)に「排日移民制限法」を制定して、日本人のアメリカへの移民を禁止した。

現在は、南京大虐殺、慰安婦問題や、捕鯨問題等で因縁をつけ、日本の品位を落とそうと試みている。鯨は可愛いから食べてはいけないのだそうだ、牛や豚は可愛くないということらしい。 
2008年(平成20年)度の国際世論調査を見ても、「世界に良い影響を与えている国」英国BBC放送による34ヶ国対象、「世界人権デー、子供の環境調査」NGOセーブ・ザ・チルドレンによる137ヶ国対象、「ブロードバンドの質の国際ランキング調査」英オックスフォード大学院による41ヶ国対象、「世界で最も好ましい観光客」世界最大のオンライン旅行会社、エクスペディアによる全世界対象の10項目中、4項目、その他「世界で最も創業の古い老舗が多い国」等、どれも軒並み日本の1位が続く中で、「環境意識・行動調査」米国ナショナルジオグラフィック協会と、国際世論調査機関グローブスキャンによる14ヶ国中日本11位、などが突然出て来る。
これは日本人が、魚介類を多く食べることを理由に大きく減点したためであるが。徹底したリサイクルごみの分別や環境保護の為の新技術開発など、日本人の環境意識、また保護への貢献度が高いことは良く知られておりこの調査結果はあまりにも作為的である。また、対象国数を少なくして、全体で日本の順位が低い印象を与えようとしていることが窺える、国際何々という組織ははほとんど皆「彼ら」の息がかかっているのだ。まともに考えれば、日本はとっくの昔に国際連合の常任理事国になっていて当然である。

-

No title
恐ろしいことがおきています。
外国人参政権は「常設型住民投票権」と名を変え、
着々と、各市の条例を通過中です。
「日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民が、 市議会への投票権を持つ」というものです。
「常設型住民投票権」を調べてみてください。

外国人参政権の形を変えた売国法案「常設型住民投票条例」が続々と成立してる。

愛国一途

後に続くを信ず
■24日、特攻勇士慰霊祭に参列

 10月24日の昼前に大阪護國神社拝殿前、向かって右側に建立されている
「特攻勇士」の前で、顕彰慰霊祭があり、顕彰会の主たるメンバーである偕行会
(陸軍士官学校出身者の集まり)、ご遺族、関係団体の他に陸上自衛隊第三師団
の他、海上自衛隊、航空自衛隊の幹部約100が集まって開催された。めっきりと
爽やかな秋風が吹く中でのお祭りは、先の大戦の終盤になって、わが身の若い生
命を擲った特攻隊員をじっくり偲ぶに当たって、心染みわたるものがあった。

 66年前の10月25日は関大尉をはじめとして特攻隊員達がフィリピンのマバラ
カット基地を飛び立った忘れることができない日である。

 顕彰会では昨年4月「特攻勇士の像」を大阪護國神社に奉納する運動を開始
し、同年10月24日に竣功除幕式を行い、「奉納する会」を解散、像の維持及び慰
霊・顕彰を目的とする「特攻勇士顕彰会」を設立、以後の継続的慰霊祭に向けて
の活動をスタートしている。

しかし僅かに1年余りの期間で、像を建立するまでは携わった方々はいろいろ
な御苦労があったのではないかと思う。同時に瞬く間に300を越える個人、団体
が協賛のお願いに応えて下さったことに、今日でも特攻勇士の至純の心によって
この国が守られていることを知っている方が多いことに感動する。

 日本会議大阪も夏から顕彰会の理事として、会議に参加させて協力しているこ
ともあり、運営委員長とともに小生も参列させて頂いた。

とくにお祭りの後の陸自第三師団音楽隊による記念演奏はよく統制がとれ、参列
者がリズムをとりながら感懐に浸っていることがわかった。

 参列者の方々は皆、お元気そうであるが、80歳を超えた方が多いようにお見受
けし、これから像を維持していくこと、お祭りを継続していくことの大変さを思
い、本会も少しでも若い世代への懸け橋となる役割を持っていければと思っている。

///////////////////////////////////

日本会議大阪のホームページ
http://osaka.nipponkaigi.com/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク