特攻と日本武士道



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

特攻隊1026


笹森順造(ささもり じゅんぞう)という方がいます。

青森県弘前市のご出身の方です。
明治19(1886)年のお生まれ、で昭和51(1976)年、89歳で逝去なさいました。

早稲田大学政治経済科卒業で、コロラド州デンバー大学の大学院を卒業し、帰国後、東奥義塾高校に塾長として18年間勤務されています。

東奥義塾高校というのは、江戸時代、弘前藩の藩校だった稽古館からの伝統を受け継ぐ学校です。

昭和14(1939)年に招かれて東京・青山学院の院長となり、これを4年勤め、戦争が終わった昭和21(1946)年に、青森全県区から衆議院議員となりました。

衆議院議員を4期7年勤めたあと、昭和28年から参議院議員を3期、昭和38(1963)年に政界を引退するまで、自由民主党の代議士として両院議員総会の会長などを勤められた方です。

実は、いま日本に剣道があるのは、この方のおかげです。

笹森順造氏
笹森順造


戦後日本を統治したGHQは、日本精神の元となるものの徹底した破壊を行っています。

愛国心を持つ優秀な教師等20万人の公職追放。
日本人の魂の原典となる書籍の徹底した焚書。
学校教科書の改ざん。
相続制度や戸建て住宅の建築基準法改定による日本型大家族制度の破壊。
占領憲法の制定。
報道機関への反日偏向報道の強制等々です。

そしてそのなかのひとつに、神社への参拝の禁止、神社庁の廃止、武道場の強制閉鎖と日本武道の廃止などの政策も織り込まれました。

弘前藩に伝承される小野派一刀流剣術の第16代宗家でもあった笹森順造氏は、こうした実情を憂い、なんとかして武道を復活させようと、GHQと何度も交渉を行います。

このとき、笹森順造が放った有名な言葉が、

~~~~~~~~~~~~~
剣道は、相手に怪我をさせるとか殺すための武道ではない。

一瞬にして相手に最小限のダメージを与え、しかも自分が悪かったと悟らせる。
それが、剣道です。
~~~~~~~~~~~~~

というものです。

国井善弥師範
国井善弥1024


武術は、あくまで、人を殺し、相手を倒すための「Martial Arts(軍事格闘技)」であると信じるGHQは「なら証明してみせろ」ということになった。

このお話の続きは、当ブログの「昭和の巌流島決戦・・・国井善弥」(http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-781.html)でご紹介させていただいていますので、詳細は省略します。

ともあれ、このときの笹森順造氏の努力があったからこそ、いまや日本武道(剣道、柔道、合気道、空手)は世界に広がり、オリンピック競技にさえ採用されるものとなったのです。

今日、お話したいのは、このときの笹森順造氏の言葉、「剣道は、相手に怪我をさせるとか殺すための武道ではない。一瞬にして相手に最小限のダメージを与え、しかも自分が悪かったと悟らせる」についてです。

この言葉は、笹森氏は剣道について語っていますが、実は日本武道全部について共通する認識です。

つまり、

「武」の精神は、

「相手に怪我をさせたり殺したりするためのものではなく」

「相手に最小限のダメージを与え」て、しかも

「自分が悪かったと悟らせる

という点です。

試合には、勝敗があります。
優秀な選手でも、ときに力量、練習量の劣る相手に負けることもあるし、たいして練習もしていない選手が、たまたま偶然の幸運で相手を倒してしまうこともある。

もちろんそれでも「勝てる」ように練習はするのだけれど、これがもし実戦なら、いちどの負けは、そのまま死を意味します。二度はない。

だから日本武道は、もちろん戦いに勝つ術を学ぶのだけれど、そこでいう「戦い」は、実は「試合」そのものを意味していません。

試合に負けても、相手が自らの罪を認め、「自分が悪かった」と悟ってくれれば、それは立派に勝負に「勝った」ことになる。

昭和の宮本武蔵と呼ばれた鹿島神道の遣い手で、生涯不敗を守り通した国井善弥師範は、「日本武道の神髄は、神にも通じる万難不屈の精神を養うところにある」と述べておられます。

戦いに勝つだけなら、なにも肉弾戦で戦う必要などないのです。
離れた所から、ピストルで、ズドンとやったら、相手は死にます。

武道を習い、極めるというのは、単に試合に勝つことを目的とするのではなく、あくまで「最小限のダメージで、相手に非を悟らせる」という点にある。
非を悟らせるのですから、こちらがいい加減な人格ではダメで、だからこそ、心を鍛えなければならない。
ですから武道は「心・技・体」です。

で、何をいいたいのか、というと、実は沖縄戦における特攻隊員たちのことを書こうとしています。

沖縄戦で、米軍が洋上に浮かべた船舶は、艦艇1500隻、輸送船450隻です。
まさに、洋上を埋め尽くす大艦隊だった。

これに対して、日本側から飛びたった特攻機は、合計で約1900機です。

ここでみなさんに質問です。

基本的に戦いは、戦力を集中化した方が勝ちです。
たとえば、大多数の航空機を持って、敵艦隊を各個撃破すれば、戦いに「勝てる」可能性はおおいに高まります。
実際、戦艦大和も、少数の艦隊に大多数の敵航空部隊が襲いかかることで沈められています。

ならば、なぜ、特攻作戦に関しては、戦力の集中化と大規模特攻作戦が実施されなかったのでしょうか。

実際、特攻機は常に3~5機の少数で飛びたち、大艦隊を相手に散華されています。

どうしてですか?
なぜ、寡兵で大軍に向かったのですか?

沖縄戦は、もし破れれば、次は本土上陸を許してしまうのでしょう?
どうして1900機の特攻機を一斉に飛び立たせ、米艦隊に集中攻撃戦を挑まなかったのですか?

特攻兵に志願した方々は、とびっきり優秀な頭脳を持った、いまでいうエリートです。
その頭脳明晰なエリートたちは、なぜ寡兵をもって大兵を叩くという作戦に、納得し、命を賭されたのでしょう?

それは単に日本軍が用兵の方法を知らず、特攻兵たちがバカだったからですか?

申し上げますが、当時の日本の軍人は、参謀本部にしても特攻兵にしても、もとから心身ともに健康で、頭脳もとびきり優秀な生徒です。
その優秀な生徒を、さらに帝国日本が巨費を投じて育成したエリート中のエリートです。

彼らの書いたものを見てもわかるように、いまの大学教授クラスの人たちですら及びもつかないほどの優秀な人たちです。

そんな彼らが、なぜ、どうして3~5機という寡兵をもって、2000隻近い大軍であり、かつ強大な戦力を持つ米艦隊に、寡兵をもって「繰り返し」挑むという戦法に納得し、それに挑んだのでしょうか。

知覧特攻隊出撃(手前は撫子隊)
特攻隊出撃1024


ここで、もういちど、笹森順造氏の言葉を引用します。

~~~~~~~~~~~
日本武道は、相手に怪我をさせるとか殺すためのものではない。
一瞬にして相手に最小限のダメージを与え、しかも自分が悪かったと悟らせるためのものである。
~~~~~~~~~~~

特攻隊が、少数をもって繰り返し波状攻撃で米艦隊に長期にわたって挑み続けたのは、要するに、こういうことだったのではないかと思うのです。

現代の世界は、基本的に一部の国を除いては、それぞれの民族が独立し、白人も黄色人種も、黒人も、それぞれ自分の国で、自分たちのアイデンティティを保って暮らすことができます。

民族ごとに、言語も習慣も生き方も考え方も行動様式も違うのですから、これはとっても幸せなことです。

たとえば日本では、身内の誰かが死ねば、みんなで集まって葬儀を営み、個別に大切に葬ります。

遺体を野ざらしにして、野鳥に食べさせるようなことはしません。
しかし野鳥に食べさせることが幸福なことと考える民族にとっては、これを否定されるのはとても辛いことです。

ましてや大東亜戦争のあった時代は、ほんの一握りの国が、他の国々を植民地として収奪し、支配する時代だった。
支配される側の人々には、私有財産も、人としての生存権さえも与えられなかった。
要するに被植民地の人々というのは、家畜という扱いだった。

そんな中を、日本は悠久の大義のために立ちあがり、戦ったのです。

しかし圧倒的な敵の兵力火力の前に、戦いは絶望的なものとなりました。
そして最後の力を振り絞って戦ったのが、沖縄戦であり、特攻作戦だったのです。

もはや物資はありません。
なんとか飛行機の手配はしたけれど、飛行機を飛ばすガソリンの備蓄すら、もうほとんどない。

しかし戦争に負けらたらどうなるのか。
白人社会に侮りを受ければ、日本はおろか、一緒に戦ってくれた東亜の国々も、ぜんぶ侮りを受け、もはや植民地支配からの脱却は絶望的なものとなる。

実際に、先例はあるのです。

日本でいう幕末の頃、インドでセポイの乱という大反乱が起こっています。

この戦いでは、今度書きますが、「インドのジャンヌ・ダルク」と称されるラクシュミー・バーイーという美しい王妃が、英国軍相手に大奮戦をし、23歳の若い命を散らせるなどしていますが、結局、反乱は鎮圧され、首謀者たちは、英国軍によって大砲の先端にくくりつけられ、大砲を発射され、五体をバラバラにしてこの世を去っています。

そしてインドは、そのまま植民地統治下に置かれた。

大東亜戦争は、植民地政策を推し進める欧米列強からみれば、弱小国日本の反乱です。

もし、この戦いで日本が白旗を掲げて降参すれば、日本は間違いなく植民地とされ、ご皇室は解体せられ、欧米による植民地統治は21世紀となったいまもそのまま続いていたであろうことは、容易に想像がつきます。

もはや、戦いに勝ち目はないとわかった大東亜戦争末期において、なぜ日本は寡兵をもって米国大艦隊に身を投げる特攻作戦を、反復継続的に行ったのか。

特攻という極めて特殊な戦い方を、反復継続することによって米国民に恐怖を植え付け、日本人は侮れない、日本人は怖い、日本人を植民地になどすることはできない、という強烈なメッセージを与える。

そうすることで白人社会に、日本の植民地統治など論外というメッセージを与えることができれば、それは、植民地支配からの脱却と各民族の自立を目指す日本にとって、究極の勝利を得る道となる。

まさにそれは、日本武道の精神そのものの発露であったといえるのではないでしょうか。

そして実際に戦後、世界の被植民地は、次々と独立し、世界を支配した白人帝国主義は、完膚なきまでに打ち破られました。

試合に勝って人生を棒に振る、というケースがあります。

キムヨナのフィギアのインチキ試合は、なるほど史上最高の高得点をマークして、彼女は金メダルを手にしました。
しかし、どんなに腰ぬけとなった日本のメディアが、キムヨナのスケートを絶賛しても、世界はバカではありません。
引退を表明し、高額な報酬でフィギアのコーチに招かれることを夢見たキムヨナに、コーチに来てくださいという声は、ついにひとかけらもかからなかった。

おそらく2位だった浅田真央さんが引退宣言したら、世界中のフィギア団体からコーチのお呼びがかかり、競りによって吊りあがった彼女への支度金は、私たちの想像以上のものになることでしょう。

いくら試合に勝っても、人生を棒に振るのでは意味がありません。

欧米列強からしてみれば、いくら戦争に勝ったとしても、その戦争目的である東亜の植民地支配が根底から崩れ、植民地そのものを失ったのでは、なんのために戦ったのか、まるで意味がなくなります。

そして結局、彼らは、戦いに勝って、目的を破綻させています。

沖縄の海上を埋め尽くす米艦隊
沖縄の海上を埋め尽くす米艦隊


戦争とは、国家同士の対立する政治課題解決のための最終手段です。

ですから手段である戦闘に勝利しても、目的とする政治課題を解決できなかったのなら、それは戦争に負けたことを意味します。

逆にいえば、戦闘で負けて降伏したとしても、戦争目的を達成したのなら、それは戦争に勝ったことを意味します。

ひとりひとりの特攻隊員たちの散華されたその命のおかげで、わたしたち日本人は、そしてかつて植民地だった世界の国々は、いまこうして繁栄できている。

これは、まさに、日本が戦争目的を達成した、なによりの証です。


感謝を知ることをもって人とはいいます。

わたしたち戦後の日本人は、立派に散華されたかつての大日本帝国の英霊たちのおかげで、いまを生かされています。

わたしたち日本人は、そうした過去の事実を、もっと謙虚に受け入れ、英霊に感謝する心を取り戻す必要があると思います。

なぜなら、それが「事実」だからです。

【関連記事】
≪昭和の巌流島決戦・・・国井善弥≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-781.html

≪特攻のこと≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1022.html

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

名言集 番外編 (大空のサムライ編)


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ぺ様

No title
たなかさん、ねずきちさんは暇じゃないので私が答えます。
戦時に武装した敵に攻撃するのは合法です。残念ながら今は平時です。さらに戦時であっても私のような視力が弱くひ弱な人間は日本軍にはいれてもらえないでしょう。重ね重ね残念です。
ただ今は、情報戦という戦時といえるかもしれません。中共はそういう意味で恐ろしい敵です。半島は今も昔も真の敵(大陸)に気づかない可哀想な国です。
さて子ども達の将来を考えますと、私の命は彼らのために使えます。命は目的ではなく手段です。できることなら反日マスコミに鉄槌をくだしたい。特攻したい。本当にテロを起こしたところで、抗議の集団焼身自殺をしたところで、”ネトウヨは恐ろしいカルトだ、ネットを封鎖せよ!”という話になる。なにせ今は情報戦なので。

ねずきちさんはこの戦を立派に戦っておられる。われわれも考えましょう。われわれに何ができるか、どう戦うか。

たなか

特攻を推奨し賛美する人は自分からは特攻しませんね。特攻命令を下した源田大佐も「あなたが先に特攻してください」と言われてからはその隊には顔を出さなくなり戦後ものうのうと生きていましたね。

ねずきちさんも特攻隊が素晴らしいと思うのならなぜあなたがブログでさんざん悪とみなしている敵に特攻しないのでしょうか。あなたは散っていった特攻隊員よりも自分の命の方が価値があると思い上がっているのですか?そうでなければこれだけ特攻や玉砕を肯定しているのに未だにあなたが生きていることの説明がつきません。

是非回答願いたい

愛信

三峡ダム、水位175メートルが噴き出す難題
三峡ダム、水位175メートルが噴き出す難題
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/11/html/d46415.html

詳細は【大紀元】三峡ダム、水位175メートルが噴き出す難題をカッチとね
出鱈目な設計と手抜き工事に無計画なダム建設
で船が橋の下を通れ無くなった程の増水でダム
崩壊の危機に怯える地域住民

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

護国

No title
日本の武道は素晴らしいです。

兵隊さん、ありがとう。

見張り員

こんばんは
日本の武道、そして武士道の懐の深さを思い知りました。
こういう素晴らしい武道を持った日本・日本人に生まれ育ったことは何物にも代えがたい誇りです。
これからの日本人は今まで以上に「武士道」を心に生きて行かねばならないと思います。
考えさせられます。
素晴らしいお話をありがとうございます。

ところでねずきち様、ご体調がお悪いのですね。入院をなさるそうですがここは、神様が下さった「休暇」と思ってゆっくりご療養なさってくださいね。私たちの励みのねずきち様ですから元気でいてくださらないと困っちゃいます。
色々とご準備もあってお大変とは存じますが、くれぐれも御身お大切になさってください。

-

No title
自民党の義家先生が、次の衆議院に立候補されるそうです。


義家先生といえば、あの北教祖からも名指しで邪魔者扱いされている程、日教祖に対する追及は苛烈を極めることで有名です。

また、それに関連してか義家先生に対する誹謗中傷デマが盛んに言いたてられています。


まだまだ先の事ではありますが、中山なりあき先生や義家先生のように、わが国に絶対に必要な方の応援を考えても良いかと思います。

wktk

No title
至る所で日本人を蔑む書き込みをする人間がいます。
しかもその内容は嘘や捏造、妄想を根拠にしたトンデモないものばかりです。

一時期具合が悪くなるほど怒っていた時期がありましたが、今は考えが変わりました。
それらも日本の真実の姿を自ら学ぶ「きっかけ」になるのではないかと思うようになりました。
要は愛国心を持っている日本人は怒って、いろいろ調べ学びだすんです。

僕自身も勉強をしなかった人間ですが、怒りで変わってしまいました^^
今ではすっかり読書家です。
ありがとうございます、ホロン部の皆様ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

やっぱり

No title
皆さん今晩は。日本国の誇りである武士道が世界の国々から尊敬され評価を受ける事は後世の私達世代にも
恩恵を与えてきたのでしょうね。それと知らず我々戦後世代はその先人のくれたものを全て食い尽くすように堕落して近隣の反日国家からいいように舐められ北方領土、竹島、尖閣諸島と主権侵害、領土侵犯、不法占拠を受けてきた。
その根本にはねずきちさんの仰るさまざまな要因があった。

しかし本当に目覚めないと日本の国そのものが滅亡してしまう危機に瀕していると思います。
珍しく売国民主党政権の外相が駐露大使一時帰国を決めたらしいが、これは本来普通の国ならとっくにやっている事。
同じように中国、南北朝鮮にもがんがんやって欲しいものです。なぜ反日、反米運動はあるのに反中、反朝鮮運動は無いのでしょうね。?市民団体と称する人達は。?

ねずきち

No title
みなさま、コメントありがとうございます。

みなさまからのコメントは、出先で携帯に転送し、ほぼ、リアルタイムで、おひとりおひとりたいせつに拝読させていただいています。
ありがとうございます。


ちびっこライダーさんへ

当ブログは、転載自由です。
どうぞご利用になってください^^

ちびっこライダー

No title
こんにちはっ!!

また特攻の真実を知る事が出来ました。。。

まだまだ自分の勉強不足で情けない限りですが、知れば知るほど私達の祖先は素晴らしかったっ!!

これが日本人の根底からある強さなんでしょうねっ!!

是非、ヤフーブログにも転載させて下さいっ!!

多くの人がこの「真実」を知らないのは絶対におかしいですっ!!

日本人として誇りを持たなければっ!!

愛国一途

自主的気概を持て
■何時でも支配者は大衆を愚かで御し易い存在にしておきたいのですね

元議員キナ某の「花」は美しいメロディーではありますが、
「泣きなさい。笑いなさい」という歌詞にカルトの
マインドコントロール臭がして気分が悪くなります。

sakuya

憤怒
日本の領土侵犯、等、日本がハッキリと国際的なリーダー
を目指すという姿勢を打ち出したら、怖いと思う。。。


普段おとなしい人を怒らせると怖い・・という。。
「鈍感」いう事もあるかもしれないが・・
人の感情は、だいたい同じなのだ。
攻撃に対して、怒っていないわけではない、

かえって、我慢している分、抑圧のエネルギーは
・・それが外に出たときは、
憤怒の状態となるかもしれない・・・; ̄ロ ̄)

本来誇り高い魂!日本を小ばかにしてきた国たちは、
そうなったら覚悟すべきだ。

日本よ!いい加減に黙っていないで立て!
何を恐れるのか!


素晴らしい記事です。

40代主婦

No title
ねずきちさんのお話を読むと、いつも謙虚な気持ちになります。毎日ブログ更新を楽しみにしています。
今の私達がいるのは、先人の方々の努力のおかげ、また、日本を守り続けてくださる神々と、その神様に毎日、日本の平安をお祈りしてくださっている天皇陛下のおかげであるということを、肝に銘じ、感謝の気持ちをもって毎日生活しなければと思っています。

私が、政治に興味を持ち、そこから、愛国心が生まれ、天皇陛下を敬うようになったのは、浅田真央選手のおかげです。真央選手が大好きなのでスケートのことも色々勉強していましたが、テレビのスケートの偏向報道で、日本のマスコミがおかしいと気付いたことがきっかけです。
彼女は、どんなに酷い審査をされて結果が出なくても、一言も言い訳をせず、常に前を向き、自分の目標に向かってひたすら努力します。常に自分自身との戦いをしています。彼女の生き方を見ていると、日本の~道の精神、大和魂を感じます。自分よりもかなり年下でありながら、尊敬しています。
余談ですが、キムヨナ選手はまだ引退していなく、来年の日本での世界選手権に今のところは出るようですよ。
(また八百長で優勝か、とフィギュアファンはうんざりですが)
オリンピック金メダリストとしてのこの一年、ショーへのお招きはほとんどなかったようです。アメリカで行ったショーも観客ガラガラ、視聴率もかなり低かったみたいです。
日本でも以前はファンはいたのに、彼女にだけの異常な高点数、また、それを当たり前のこととして受け止め、おごった発言を繰り返すキムヨナ選手に嫌気がさした人が多いです。
ねづきちさんのおっしゃる通り、試合に勝つために、全てを失ってしまったようですね。

おっさん

大東亜戦争以前の日本は評価されている
大東亜戦争以前の日本はアジア各国、その他に大分評価されています。タイのプラモード氏やマレーシアのノンチック氏などの言葉があります。戦後の日本、特に今はとんでもない国と思われているのではないでしょうか。国際法で権利が保障されている領土さえ守ろうとせず、国際法を蔑にしている現状を憂えています。

共通一次世代

No title
>民主党=自民党=共に売国政党と認識せよ!

絶対に違います!

戦争という「戦い」に負けた。現実として。
7年間に及ぶ米国占領下。
いまだ敵国条項があり、安保理の常任理事国を見れば何の希望も持てない国連。

こんな中で、日本は復興しました。すごいことだと思います。
戦後日本を守ってきたのはほかでもない自民党です。

核密約があっただの、沖縄返還に密約があっただの、民主党の岡田は悦に入って「暴露」していましたが、そんなこと、誰もが「当たり前だろ」と思ったでしょう。何を今さら、です。

で、これら密約を批判するのですか?沖縄は返ってきました。日本に。戦後、とにかく平和に日本は過ごすことが出来ました。日米安保のお陰で。
こんなことも含め、自民党には国思う政治家が確かにいたと思います。

当時としては何もかもが究極の選択だったと思います。
日本を左右する、日本国民の未来を左右する、恐ろしいほどに緊張する時期を背負ったのは自民党です。

経済発展も自民党政権下です。
その中で利権に溺れた政治家達は逮捕され、自民党を出て、売国党を作りました。

社会党と連立を組んだのも、今思えば仕方が無いと思います。おたかさんブームで国民は、社民党が正義の味方のように思っていました。私もそのひとりでした。マスコミに煽られたんです。自民党なんて全部汚い政治家ばかりだと思っていました。

自民党は考えたと思います。政権から完全に離れてしまえばどうなるか、今の民主党政権を見れば分かります。

公明党との連立も。
自民党の悪いところばかりマスコミは取り上げ、まともな政策は全く取り上げない。自民党は「批判されるだけの政党」になってしまった。数が少なくなれば、連立を組まなければ自分たちの政策を実行できない。

バブルも、何もかも自民党の責任だとする国民が間違っていると思います。確かにバブルは国民自身も浮かれていたんです。

今の自民党に晩節を汚した議員も勿論います。
保守の怒りは矛先はそこにのみ向けられるべきです。
自民党は多くの議員がまともです。

民主党の議員を見てください。国会での態度を見てください。
自民の議員と全く違いますよ。いい加減で、卑劣で、汚い。

昨日も、自民の武部元幹事長が「ビデオを見ました」と言い始めただけで「わはは」と笑う民主党議員たち。何がおかしいのか。国民をなめているとしか思えません。

仙谷の答弁を見ていますか?
「立てば恫喝、座れば怒声、歩く姿は柳腰」このとおりですよ。

自民党にはちゃんとした保守がいるんです。国を託せるリーダーがいます。

自民党に叱咤激励をしてください。ただの批判はやめてください。自民党に電話してください。
自民党が頑張らないでどうする!本当に国を売るつもりか!?
おかしなことをいう議員は離党させろ!!私たちは日本を守る自民党を応援する!!頑張れ自民党!!

中国の侵略工作の中に、自民党解党があったはずです。ということは中国は自民党の議員が邪魔で仕方が無いんです。

自民党の保守議員を心から応援します。

イシコウ

No title
まったくです、何故こんなに簡単な事が分らないのか不思議でなりません、素晴しい日本人達がいて、今も日本が続いている、この事実に感謝し、後世に素晴しい日本を伝えなくてはなりません。

*******

No title
民主党=自民党=共に売国政党と認識せよ!
http://www.youtube.com/watch?v=ZDAYe1E4oi8
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク