塹壕で母は生まれた

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

ひめゆり橋を渡る沖縄県営軽便鉄道前に並んだ女学生
ひめゆり橋を渡る沖縄県営軽便鉄道前に並んだ女学生


11月3日の今日は、明治大帝の御誕生日です。

さて近年になって、戦後じっと黙って戦時中のことを黙して語らずにいた方々が、すこしずつ当時の実際の状況を語ってくださる機会が増えてきました。

沖縄戦においても、多くの人に知られていない逸話が、数限りなく発掘されてきています。

以下にご紹介するのは、軍事評論家の佐藤守さんが、後輩から聞いたお話を、ご自身のブログに発表されたものです。

ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~
【塹壕で母は生まれた】
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20101023

先日後輩から、目頭が熱くなるエピソード記事のコピーが届いた。
少し長くなるが今日はこれをご紹介しておきたいと思う。

フリーパーソナリティ、ルポライターの富永麻子さんが、沖縄の海自第5航空群で話されたものが、朝雲新聞に「塹壕で母は生まれた」という題で掲載されたものである。

・・・・・・

私の祖母の話です。
太平洋戦争末期の沖縄戦の最中、祖母は那覇市首里の儀保に住んでいました。

夫が兵隊に行った後、彼女は懐妊していることを知りました。
しかし、その頃(アメリカ軍の攻撃で)首里方面が危険だといわれ、逃げねばならなくなり、彼女は首里から南部へ逃げることとなりました。

日に日にお腹が大きくなり、初産であったので不安だったそうです。

首里から南部の糸満市磨文仁まで逃げたのですが、たどり着いた防空壕の中はもういっぱいで、中に入れてもらえませんでした。
懇願しても、妊婦が防空壕内で産気づき、大声でも出されたら困るということでした。

そのとき祖母は「もうだめかもしれない」と思ったそうです。

野外をさまよっているとやがて陣痛が来ました。
産気づいた祖母はその場にしゃがみこみ、「父ちゃん、ごめんね・・・」とつぶやいたそうです。
戦地にいる祖父はまだ妻のお腹の中の赤ちゃんの存在も知りません。

地面にうずくまったまま、本当に自分はお腹の赤ちゃんと一緒に死んでしまうのだと思った時、ある一人の日本兵が塹壕を開けてくれ、「ここに入りなさい」と言ってくれたそうです。

そこは兵士が隠れる塹壕で、とても狭く横たわるスペースなどはなく、立ったまま入るような状況でした。

彼女は戦争の中でも子供を生む覚悟をしていたので、自分でハサミや消毒液を持っていました。
そこで塹壕の中で立ったまま私の母を出産し、自分でハサミを使ってヘソの緒を切ったそうです。

しかし、そこは戦場です。
兵士がこもる塹壕に赤子を抱いた女がずっといられるわけはありません。

周りを見れば拳銃や弾薬もおかれたままで、「早くここを出なければ・・・」と思ったそうです。
そこで急いで自分が着ていたオーバーで赤ん坊をくるみ、外に出ました。

そこで驚いたのは、そこには武器を構えた日本兵がいて、彼女の周りを警戒していました。

その日本兵の方が祖母のいる塹壕を守ってくれていたのです。

その兵士は赤ん坊を見て、「無事に生めてよかった」と言ってくれたそうです。
続いて兵士は言いました。

「こんな戦争の状況下で、もう一生出会うことはないだろう。
 だから、せめてこの子の名前を呼んでからお別れしたい。
この子に名前をつけてもらえないだろうか」

それで彼女は「この戦争が早く終わってほしいから、日本が勝って戦争が終わるように『勝子』と名づけます」と答えました。

すると兵士は首を振り、
「この戦争は確実に負ける。
 『勝子』ではいけない。
この戦争からこの子が生き延びて平和な世の中で暮していけるように、平和の二文字から和を取って『和子』と名づけなさい」といってくれたそうです。

それを聞いて、彼女は泣きながら
「ありがとうございます。おっしゃるとおり『和子』と名付けます」と答えました。

日本兵は生まれたばかりの赤ん坊の頭をなでながら、
「和子ちゃん、生きなさい!」と力強く言ってくれたそうです。

それが母の誕生日、6月3日のことでした。

日本軍司令官が自決し沖縄戦が終わるのは、それからわずか20日後のことでした。

その後、彼女は米軍の捕虜となり結果として赤ん坊とともに生き延びることができたのです。

おそらく祖母を塹壕に入れてくれた日本兵がいなければ母は生まれず、私も産まれてくることはありませんでした。

沖縄では、住民が日本兵に苦しい目に遭わされたといういろいろな話が残っています。
でも、それは何より戦争が悪いのです。

いま、自分があるのは祖母を塹壕に迎え入れてくれた日本兵がいてくれたおかげだと、私は心から感謝しています。

だからこそ、私は母が戦中の塹壕で生まれた話を少しでも多くの方に伝えていきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~

近時の沖縄の反日扇動家たちは、とにかく「日本軍は残虐だった」「米軍は親切だった」、だから「沖縄は日本から独立しなければならない」などと宣伝しています。

しかし、ふつうの常識ある頭で、ちょっと考えれば誰にでもわかることなのです。

沖縄には、11万6400名の日本兵がいたのです。

戦時徴用された一部を除いて、多くは志願兵です。
進んでお国のために、自らの身を捧げようと志願した人たちです。

身を捧げるというのは、「死」覚悟するということです。

そして「お国」というは、親兄弟であり、親戚であり、妻であり、恋人であり、友人であり、お世話になった様々な身の回りの人たちの集合体です。
自分自身をめぐる様々な人たちを守るために、身を捧げようとした人たちです。

そういう気持というのは、人を貶めたり、扇動したりするような下卑た意識の中からは、絶対に生まれません。

むしろ、人にたいするやさしさがあるからこそ、自分から進んで命を捧げようと志願する。

そういう人たちが「残虐な人たち」となりえるのでしょうか。

沖縄からみたら、本土の人たちは「ヤマトンチュウ」と呼ばれます。
その「ヤマトンチュウ」は、今日も数多くの観光客となって沖縄を訪れています。

最近は、支那や韓国からも数多くの観光客が来ていますし、米軍の関係者もたくさんいます。

その中で「ヤマトンチュウ」は、特別残虐ですか?
非常識ですか?
身勝手ですか?
我がままですか?

沖縄戦では、日本の軍人は、10人のうち8人までが死んでいます。
おそらく、上の文の和子さんの出産を警護された兵隊さんも、親兄弟や妻子を残して、沖縄の地で散華されたことでしょう。

そういう方々を、嘘までついて貶め、辱めようとする人々の方が、ボクにはよっぽど残酷で無慈悲な人に思えるのですが、みなさんはいかがでしょうか。

↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

日本陸軍


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

いい話ですね。
感動いたしました。
しかし、和子って名前つけた日本兵は、機転きいてるなあ。

通りすがりさんへ
>今、家族や大切な人のために自分の命を投げ出せる日本人はどれくらいいるのだろうか。

むやみやたらに「誰かの為に死 ねるか?」を考えるのではなく、まずは自分が生きてこそ「誰の為になれるか?自分には何ができるか?できそうか?」を考えて下さい。
やろうと思えば色んな事があります。
シナ語や他の外国語を覚えて日本の為になる情報を発信する、周囲の人々との絆をより深 める努力をする、
口頭での情報の拡散等。
大切なモノはいつの時代もとても単純で、そして目立ちません。
日本人はその事を他のどの国よりも知っている人が多い国です。
今からでも全く遅くはありません。
各々が生き抜く為に一歩ずつ前に出ましょう。

nyaa

沖縄の本土復帰運動
反日サヨクの人たちは、沖縄の本土復帰運動を意図的に無かったことにしています。
「日本軍は悪で、残虐で、沖縄の人々は日本を恨んでいる」のに不都合だからです。
アメリカ軍は沖縄を琉球国として独立させようとしたけれど、当の沖縄から、日本への本土復帰運動が巻き起こったんです。これは歴史的事実です。

通りすがり

今、家族や大切な人のために自分の命を投げ出せる日本人はどれくらいいるのだろうか。自分は覚悟はあるつもり…だけど、"その時"になった時の自分に、正直自信が持てない。

20代、男

-

No title
拡散!【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】
 10月29日の法務委員会において人権擁護法案の早期提出を柳田法務大臣が言明しています。

 何度も述べていますが「人権擁護」の名称に惑わされてはいけません。

 動画の城内議員の質問を聞いていただければよくわかりますが、我々一般人の感覚からすればありえない屁理屈を「差別・人権侵害」と言い換えて、容易に攻撃できてしまう恐ろしい法案です。
 こんなものが成立してしまったら、「差別・人権侵害」認定が怖くて言いたいことを全く言えなくなってしまいます!

 この法案は本当に危険なのです。拙速な国会への提出は絶対に許してはいけません

nejibana

はじめまして!
心うたれる記事をありがとうございました。
素晴らしい兵隊さんですね。また このような実話を話された富永麻子さんに感謝です。

中川昭一氏の訃報からマスコミの報道の仕方がおかしいと気付かされ、不慣れなパソコンを開くようになりました。
ねずきちさんの中川氏の昨年の記事、最近 拝見しましたが、ローマの会見のとき中川氏は酩酊していないとはっきり記事にされていて驚きました。嵌められたとは 当時の国民はほとんど思わず、泥酔会見と思わされていましたから。中川氏の胸中はいかばかりだったかといまでも辛いです。氏が警告された通り 危なくなっている日本・・・
年を重ねるばかりの無力なものですが、せめてこのような素晴らしいブログを読ませていただき、皇室をいただく日本が毅然とした国であり続けるよう願うばかりです。

猫ドン

No title
死が目前に迫っている状況での日本軍兵士の心温まるお話しです。
負けを悟りながら民間人を救われた日本軍兵士。

史実をねじ曲げても 残酷さを煽る、左勢力。
左勢力集団の人間達も、御国を守ろうとし英霊になられた方々のお陰で存在でき ているんだ。
何故、感謝の心をもてないんだ。

日本国が存在できているから左活動も主張もできるんだ。
史実の捏造を信じて 崇高な日本国を粗末にする行為を許せない。

本当に、涙無しでは 読めないお話しでした。
英霊に感謝。
天皇陛下を尊ぶ心を 失ってはいけないです。

愛国者

極左仙谷に天誅を!!
ねずきちさん、いつもいい話ありがとうございます。
毎日拝見させて頂いております。


実は自分の母の名前も 和子 

是非この話を教えてあげようと思います!!

日本万歳!!!!

愛信

ノーベル賞の鈴木氏や根岸氏ら、皇居で文化勲章親授式
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/101103/imp1011031323001-n1.htm


文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿「松の間」
で行われた。今年の受章者は、ノーベル化学賞の
受賞が決まった有機合成化学の鈴木章さん
(80)と根岸英一さん(75)、原子核物理
学・学術振興の有馬朗人(あきと)さん
(80)、建築の安藤忠雄さん(69)、演劇の
蜷川幸雄さん(75)、服飾デザインの三宅一
(いっ)生(せい)=本名・三宅一(かず)生
(なる)=さん(72)、日本中世史の脇田晴子
さん(76)の7人で、天皇陛下が直接、勲章を
授与された。

【御皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi

嗚呼大東亜聖戦

<推薦の辞>
   敵性国家中共を知るために

獨協大学名誉教授 昭和史研究所代表 中村 燦

 日本は三つの敵性国家と隣り合って近現代を生き抜いてきた。ロシア・朝鮮・中国だ。
これらの国に潜在する対日敵性はいつ顕在化してもおかしくないのだが、現在その危険が最も大きいのが中国(中共)だ。
 世界を瞠目させている、その異常な軍拡の狙うものは何か。最終的には米国の打倒、世界の征服である。
そのためには太平洋を制覇しなければならず、先ず西太平洋を支配するためには台湾・沖縄・日本を併合せねばならない。
その恐るべき侵略計画の実態を、この本は教えてくれる。
 著者の鳴霞さんは私の尊敬する中国人の一人だ。常に第一級の資料によって、中共の敵性と危険を日本人に警告してくれるジャーナリストだ。
その鳴霞さんが、中共が日本を仮装敵国としていること、中共空軍が沖縄奇襲攻撃の演習をしていること、
そして驚くべし中共とロシアが対日戦略の密約まで結んでいるという事実まで、最新の資料で暴露したのがこの本だ。
 冷戦時代、中共とソ連の間には不信と対立があった。
いま、共産中国と、ソ連復興を目指すが如きロシアが、対日軍事同盟を結んでいる事実を本書は明かす。
この二大敵性国家による日本侵略作戦が発動された暁、日本はそれにいかに対処できるのか。
恥も外聞もない武力信奉国の中共が、明日にでも対日侵攻を開始しないという保証はなく、
そのような万一の極限状況に対して我が国はいかなる対策と準備をしておくべきなのか。
「彼を知り己を知る者は百戦してあやうからず」という。
本書は敵を知るには最新最適の必読書である。
国政国防担当者、有識論者は広く江湖に読まれることを期待して推薦の辞に代える次第である。

【月刊「中国」主幹 ジャーナリスト 鳴霞・著 「中国人民解放軍の正体」2010年3月刊より】

    ∧__∧
    ( *T∀)  憂国の士らしい絶筆だな!
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"

-

卑劣なNHK!!
Youtubeが削除した尖閣侵略糾弾デモの動画
デモ隊はNHKのすぐ横を粛々と行進しています。
この削除は、NHKが報道しなかったことと関連性があるのか。
【再投稿動画】
http://www.youtube.com/watch?v=JBbA8own-HM
友人が撮影した動画です。元版は利用規約で削除されました。オリジナルですので、勝手¬に削除されたら抗議します。これは許可をとっています。
--------------------------------------------
10.2中国の尖閣侵略糾弾デモin渋谷 Anti-China rally in Shibuya Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=qOXSBNJ-6GM
--------------------------------------------

-

テレビの大罪
沖縄の地方紙は、いつもいつも自虐史観にまみれていて、ひどいものです。

旧日本軍や在日アメリカ軍の悪口は、これでもかこれでもかと、ほぼ毎日のように掲載されています。


一方、

不思議な事に、中国やロシアの悪口はあまり言わないし、言っても単発的で、すぐに元のスタンスに戻ってしまいます。



かの中国漁船事件について、その新聞はわざわざ中国人の知識人とやらにインタビューして記事にしていました。


内容は、推して知るべし、です。

インタビューした記者がさりげなく「尖閣諸島をめぐる領土問題は・・・・」と言っていて、ああこうやって「嘘も百回」「領土問題へと既成事実化」する手口があるのか、と思いました。


最近ではテレビで北方領土の問題と意図的に絡めて、「どちらも領土問題です」などという、誤った発言が見られます。


知らない人が見たら、本当にどちらも領土問題だと誤認してしまいそうで、とても危ない事だと心配しています。

一読者

No title
ずいぶん前、多分30年以上前。
何かの本を読んでいた時、そこに、日本兵は日本人を守ったことがなかったと書いてありました。一応ちゃんとした本だったと思います。
まだガキだった僕は、長いこと、それを信じていました。ちゃんとした本に、そう書いてあっただから。多分朝日新聞がらみの本だったと思います。

今考えてみると、あんな頃から、今のこのひどい状況に至る道は始まっていたんですね。
全部、それはウソだった。
自分がウソと思えるようになったのは、その後、中国人や、韓国人と直接話す機会を得てからです。その人達が何かしたわけではないのですが、そのメンタリティの違いに、あれ?なんかおかしいと思うようになったのです。

もういい加減、日本人全体が気がついて欲しい。

それから、アメリカのことを弁護するためではないですが、アメリカを非難するのは簡単ですが、アメリカなら非難できると言う状況も、もっと疑った方がいいですよ。ここで、非難しているアメリカの状況は、アメリカ人の中でも非難している人がいるのです。それが出来る国がアメリカで、だから日本人がアメリカを非難しても、在特会のように逮捕されないのです。

例えば、僕らが、こうやってブログを通して意見を交わしている、このやり方も、多くはアメリカ発祥です。こういう文化は特アからは間違っても生まれません。パソコンを世に出し、インターネットを解放し、その上で発言するための仕組みを考案した。多くはアメリカ起源です。

繰り返しますがアメリカを弁護しているのではなく、物事は、複雑で多面的だということです。その多様性を許さないものこそ、僕らの本当の敵だと思います。

ヤタガラス

亡き祖父の話もさせてください
既に他界しているので詳しくは書けませんが…


祖父は農家で家畜の扱いも出来たので、食料を運ぶ部隊の隊長を任されました。

敵に見つかるといけないから、馬が鳴いて暴れたら谷に落としたこともあったそうです。

前線の兵士でさえ武器が不足してるのです。ましてや後方支援部隊の武器なんて…。

そうすることでしか隊員の命を守ることが出来なかった。家畜を育てる苦労を知ってる祖父は、仕方ないとしても辛かったと思います。

ある時、祖父の所にシナの幼い兄弟が物ごいに来ました。

祖父は貴重な食料を分け、二度と来るなと何度も言ったが、行く宛がないのか着いてきました。

その後、巻き添えにしたくない祖父は何とかして兄弟と離れたのだそうですが、その後、どうしているのか…と酔っ払う度にその話をして心配してました。


…少し前まで私は、祖父が隊長だったから隊員達は祖父のしたことを非難しなかったのだと思っていました。

でも最近になって改めて歴史を学び旧日本軍の話を聞くと、民間人を大切にする意識が当たり前のように全隊員にあったからじゃないかと思うようになりました。


そんな祖父は年老いても毎日日記を書き、新聞2紙と国会中継を欠かさずチェックして、民主党は変だと常に言ってました。

政権交代の後に亡くなったので、もしかしたら向こうで日本を心配しているかもしれません。

孫一同、葬式で号泣するくらいみんなに尊敬され愛されてた祖父。

ねずきちさんの旧日本軍のお話を読むと、祖父だけがではなくたくさんの誇れる人々が日本にいて守ってくれてたんだなと感謝の気持ちで一杯になります。


駄文、失礼しました。

これからも祖父の戦友達のお話を楽しみにしています。

-

尖閣諸島のデモ集会 で、1,500人が結集いていた
【沖縄】尖閣諸島を守れ!緊急デモ集会 1,500人が結集
2010年10月3日、
沖縄県において「尖閣諸島を守れ!緊急デモ集会」〔尖閣諸島を¬守ろう実行委員会主催(代表)〕を開催し、沖縄県庁前広場に1,500名が結集しました。
デモ行進の様子をお届けいたします。
http://www.youtube.com/watch?v=2ET7JhdVRy4&feature=related

愛国あるのみ

嗚呼[s:20779]尖閣水軍隊
嗚呼、尖閣水軍隊

 賞 詞

昭和二十年春沖縄作戦近迫し敵機及敵潜水艦の跳梁愈々激しく先島群島-台湾間の航行遮断せられ軍民需物資の補給杜絶するや
兵団は長川少尉を長とする水軍隊を編成し沈没又は座礁せる船舶を引上げ 之を改修して輸送路の打開を企図せり
水軍隊は隊長以下協力一致昼夜兼行して船舶の引上に或は改修に勉め敵機敵潜の来襲時期及航路等を具に検討して
尖閣列島附近を迂回する航路を創案し、第一、第三、第五千早丸の三隻の発動機船を指揮し以て此の危険海面の突破を敢行せり
而して敵機に遭遇すること数度に及ぶも隊長の果敢なる陣頭指揮下卓越せる航法並に隊員の鉄石の団結と敢闘精神により
巧に之を回避し以て此の重大任務を完遂し当兵団の作戦に大なる貢献をなせり
然り而して此水軍隊の行動は任務を有する他部隊に刺激を与え台湾-石垣-宮古島間の活発なる運航となり
軍の戦力増強に寄与すること至大なるに至り其武功真に抜群なり
よってここに賞詞を与う

昭和二十年七月三十日
        独立混成第四十五旅団長 陸軍少将 宮崎 武之

尖閣列島は大日本帝国最後の生命線でした。

terag3

「こういうブログの手法も良いですね」
ねずきちさん、はじめまして。
今までときどき覗いていまして、何時もそのたびに思うのはこれぞ真の日本人の発言であると感じ入っておりました。
このたび初めてコメント欄に書き込ませて頂きます。
この「塹壕で母は生まれた」というのは、あの軍事評論家、佐藤守氏のブログに発表されたものを紹介されたということですが、このような他人のブログで良いと思ったものを自分のブログで紹介するというのもとても良いことだと思いました。
というのはいろいろなブログを渡り歩くのも結構大変で、たまたま覗いたブログに他の人のブログの紹介が有ると、そうかと言うことでその人のブログに確認に行くことが出来るからです。
それからまた良い話と言うものは拡散していけば、ひとりでも多くの良識派を生むことが出来ると思うからです。
本日は良い話をお紹介頂き有難うございました。

見張り員

おはようございます
明治節のこの日、素晴らしいお話を拝読できました。
よく沖縄では「日本軍は残虐」とか聞きますが絶対そんなことはない!
確信いたしました。
本当に残虐なのは、妊婦を壕に入れてくれなかった最初の壕の人たちでそれが「沖縄の人間」であったというのも十分考えられます。
現実に、沖縄の人なのに同じ沖縄県民から「入るな、あっちいけ」と言われたという話もきいていますから。
心やさしい日本軍の兵隊さんはその後どうなさったのでしょう。亡くなられたのでしょうか。しかし、仮に亡くなられたとしてもその時名前を付けた「和子」さんを守ってくださったのでしょうね。
そしてその命がさらに引き継がれていったわけで、本当に素晴らしいお話だと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載について

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク