帝国日本を語り継げ



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

帝国日本


すこし前の記事になりますが、西村眞悟先生の時事通信ブログに掲載された記事をご紹介します。

とても大切なことが書かれています。

~~~~~~~~~~~~~~
【帝国陸軍将校の帰天】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=559

陸軍士官学校第五十六期生、終戦時、陸軍歩兵大尉米田政次郎氏が天に帰られ、十月十八日お別れした。

堺市中区東山のご出身、享年八十八歳。

米田氏は、最後まで帝国陸軍将校としての意識を堅持されて生き抜かれた。

その姿勢は背筋を伸ばし毅然としたものであった。
若い頃から、軍人として鍛えた人は違うなー、と何時も感銘を受けた。

米田氏と初めて会ったのは、十年以上前に東京の議員会館に時勢を憂うるお手紙を頂き、返事を書いてお伺いした時だった。

その後、中国共産党が、中国大陸に日本軍が七十万発の毒ガス弾を地中に埋めたまま放置していると主張し、時の村山総理と河野外務大臣のコンビが、全て日本の費用で処理すると約束する事態が起こった。

そのとき、米田政次郎氏は、日本陸軍の支那派遣軍が保有していた砲弾数を指摘し、日本軍が毒ガス弾を七十万発も保有していたはずがないと説明された。

支那に派遣された日本陸軍の保有砲弾は、一個師団一会戦で四千五百発である、と氏は説明されたのである。

私は、この事実を指摘していただいただけで、中国共産党の言う、日本軍が七十万発の毒ガス弾を保有していたというのが嘘だと分かった。

日本軍は、もっとも増強された時でも、通常の砲弾を七十万発は保有していない。
ましてや、一個師団四千五百発の限られた砲弾数の内に毒ガス弾を保有するゆとりなどなかったのではないか。

仮に、各師団が保有弾数の一パーセントの毒ガス弾を保有していたとして、一個師団四十五発の毒ガス弾の保有となる。
その毒ガス弾が中共の言うように総数七十万発になるならば、この七十万発の百倍の通常砲弾を保有する日本陸軍の火力を以ってすれば、我が軍はモスクワまで制圧し得たほどの戦力を保持していたことになる。

各家庭から金目のものを供出させ、寺の鐘や各地の銅像を鋳つぶして砲弾や大砲を作っていた日本に、そのような膨大な数の砲弾を保有できるはずがない。

米田政次郎氏から、このことを聴いたとき、子供の頃に南京攻略戦に従軍した方から聴いたことを思いだした。
それは、日本軍は、撃った弾の薬莢を拾って前進するように指示されていたということだ。
金属の欠乏に悩む日本軍は、薬莢を拾いながら戦っていたのだった。

貧しい軍隊だったのだなー、と子供心に思った。

現在の自衛隊も、演習の時、撃った弾の薬莢を一つも違わず回収しているという。
このことを知ったとき、昔も今も、伝統は一貫している、と思う。

その自衛隊と時に合同演習をするアメリカ軍は、アホみたいにむやみに撃ちまくって薬莢の山を放置して動きまわる。これも昔から一貫しているらしい。

そこで、その昔も今も物量豊かなアメリカ軍が、三ヶ月以上にわたって「鉄の暴風雨」と言われる膨大な砲弾の雨を降らした沖縄戦で何発の砲弾を撃ち込んできたのか。

それは、六万発である。
それでも六万発である。

日本軍は、中国戦線において連日砲弾を撃ちまくる会戦は、一度もしていない。
多くは、追えば逃げ、引けば押してくる敵の姿が見えないゲリラ戦である。
このような相手に対して使えもしない毒ガス弾を七十万発も持って移動するような馬鹿な軍隊がどこにあるのか。

以上のように、中国共産党の嘘を見抜けず、言われるままに、中国共産党が埋めた各国の毒ガス弾を一兆円以上の金を使って処理しているのが今の日本である。

この嘘を、たった一言で指摘していただいたのが、米田政次郎さんだった。
軍事常識のない政治家が決める方策では、国策を誤るのだ。米田さんが、私にそれを教えてくださったのだ。

その他、米田さんの言はれたことで印象に残ったことを一つ付け加えておく。

特に、天安門事件以降の中国が、朝から晩まで、日本軍から受けた被害を言いつのるので、米田さんは、ある日言った。
「それほど、あることないこと、過去を持ち出すのならば、支那が俺から奪った家伝の刀、備前長船を返せ」

・・・また、残り少ない軍人としての雰囲気を湛えた方が天に帰られた。
心から、ご冥福を祈り、また、その心意気、受け継がせていただきます、とつぶやきながら、十八日昼、棺をお見送りした。

また、思い返すと、つくづく自分は不明だったと思う。

二十世紀の我が国の歩み、大東亜戦争という未曾有の経験を直接体験してきた方からの貴重な教訓を聴くことなくむざむざ過ごしてしまった、としきりに思う。

私は、昭和四十年代前半に二十歳を迎えている。
振り返れば、そのときにもっと「しっかり」しておれば、生きた歴史の教訓に接することができたのにと思う。

しかし、私の昭和四十年代は、何をしていたのか、ぼーっとしていた。山をうろついたり、ただ流れ去った。

後に、ああそうだったのか、あのときまだ生きておられたのか、
話を聞こうと思えば聞けたのか、と振り返った方々は、例えば次の方々だった。

明治三十五年(一九〇二年)の八甲田山雪中行軍に参加した青森第五連隊二一〇名の内、生き残った十一名のなかの最後の人である小原忠三郎さんが、九十一歳で亡くなったのは、昭和四十五年。

ジャワの第十六軍司令官そしてラバウルの第八方面軍司令官今村均大将は、昭和四十三年に亡くなっている。

今村大将は、戦犯容疑を受けた部下に変わって自ら戦犯として服役し、日本国内ではなく現地マヌス島での服役を申し立てた将軍である。

また、海軍の猛将でありGHQに対しても一歩も引かなかったラバウル方面海軍最高指揮官の草鹿任一中将は、昭和四十七年まで健在だった。

さらに、沖縄戦でもっともアメリカ軍を悩ましたまことに優秀な参謀八原博通大佐は、昭和五十六年に亡くなられている。

その他、言い出せばきりがない。
不明な私は、政治に最も必要な民族の経験に基づく伝承を聞き逃していた。

しかしながら、まことにありがたいことに、米田政次郎さんから、具体的なお教えを頂くことができた。

氏を通じてかいま見ることができた大東亜戦争における軍人としての日本人の姿、生涯、忘れ得ない。

~~~~~~~~~~~~~~

昭和49(1974)年3月9日、小野田寛郎さんがジャングルの中から出て来られたとき、長年のジャングル暮らしの中でさえ、色あせない帝国軍人の毅然とした様子に、慄然とする思いをいだかれた方も多かったのではないかと思います。

小野田寛郎さん
小野田寛郎02


こういう人たちが、私たち今を生きる日本人の、ほんのわずか前の先輩たちにいたのです。

下にある写真は、長崎に原爆が落とされた際に、火葬場に来ていた小学生の写真です。
足は真っ黒に焼けただれ、はだしで、小さな子供を背負っています。

彼は、亡くなった幼い兄弟を背中に負って、何キロもある道を歩き、火葬場の脇に立っていた。

焼き場の炎を食い入るように見つめる少年の唇には、血がにじんでいます。

少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいた。

ちいさくても強いサムライ


子供だって、こうして立派に生きていたのが日本人です。

西村先生は、謙遜して「生涯忘れない」と書いておられるけれど、生涯どころか、私たち日本人が、未来永劫、決して忘れてはならない歴史が、そこある。

「戦争を知らない子供たち」「反戦・平和」と浮かれていた私たちは、この国を守るために毅然として苦しい中を闘って来られた先人たちに感謝することもなく、その先人達が、国土の復興のためにそれこそ爪に火を灯すようにして努力された日々を思うこともなく、ただ平和に浮かれ、日々を惰性に流されてきた。

そしていつのまにか、国家とすらいえない卑劣なヤカラに、いまこの国を盗られそうになっています。

みんなの力で、この日本を取り返しましょう。

それが、気付いた私たち日本人の、ひとりひとりの使命なのではないか、とボクは思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

真実はどこに


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ネットより

所得税
総合特区制度での外国人の所得税免除?ふざけんな!

-

No title
麻生さんのツイッターはこちらです。
麻生さんのHPから辿りましたのでこちらが本物でしょう。
http://twitter.com/taro_aso_

楽仙堂

水間条項・中国遺棄科学兵器問題
http://mizumajyoukou.jp/?Mizuma/Scoop/06
クリックしていただければ、各雑誌に載った記事が閲覧できます。

-

No title
しかし、史実としての正確な数値を後世に残さなければならないのに。シナと左翼の政治工作で時間を空費して、正確な数値を後世に残せないのは残念。今となっては調査は困難だろう。年々増える犠牲者数、なぜ冷戦が終わってから強制連行や従軍慰安婦の話が出てくる?当時も疑問を感じたが、インターネットの発達がなければはっきりとした答えを知らないままだったねえ。マスコミを利用した捏造は罪が大きい、この後遺症はあと何十年か残る。

プク

No title
シナ・朝鮮には、「神」が居りません。絶滅しています。
「神」は私物ではなく公共物で、信心することで、公の観念が習慣づけられますが、「神無国」では公が存在できません。まして、先祖崇拝だけの儒教は私物信仰なので尚更「公」は育ちようがありません。孔子は論語で「鬼神を語らず」と言っています。幾ら論語で道徳律を説いても「公意識」を結び付かねば単なる処世術に過ぎません。神在国の日本が神無国と友好できる筈がないのです。神無国に神が発明されて慣習化するまでは。以上

jk

オードリー 春日
現在発売中の『ダ・ヴィンチ 12月号』
の表紙を見ましたか?お笑い芸人オードリーの春日 が、
膝の上になんと・・・『戦争論』を乗せています。

ダヴィンチ HP
http://web-davinci.jp/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=37&Itemid=64

ゴー宣道場HP
https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=250&comment_flag=1&block_id=13#_13

teru

中国大陸での戦争
当時、中国、アメリカは爆弾にインペリットガスを仕込んで日本軍に使用していたのは事実です。

teru

姜尚中と柳美里
■私小説と自伝的小説は、何処が、どう違うのか?

姜尚中と柳美里は、同じように「在日二世」でありながらも、その文学に立ち向かう姿勢は大きく隔たっ ている。柳美里には、私小説が、「私との闘い」「現実との闘い」として自覚されているが、姜尚中には、それがない。
山崎行太郎ブログ 2010・10/31付け
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/


福沢諭吉は私情、私徳にこだわり過ぎる儒学者を腐儒者と批判した。
聖徳太子は十七条の憲法に「私事ありては必ず恨みことあり」。

儒教圏の韓国、朝鮮は私情が強く、こだわる生き方から「恨の文化」が形成された。
日本という大いなる和魂(にぎみたま)、大和魂とは別の文化圏であろう。

あしなが

民主党が子ども園で欲しいのはカネと利権と洗脳教育!
新たな利権確保と公務員優遇の詐欺政党 民主党

幼児期から左翼教育! 売国政権下で、危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=189

愛信

re:麻生さんのTWITTERは変ですね
2chの細工が関係していました。
排除しておきました。
失礼しました。 愛信

稲おやじ

No title
麻生さんのTWITTERは変ですね
精査して下さい

ノーマジーン

平城遷都1300年祭記念祝典について
ねずきちさま、こんにちは。
いつも拝見しています。

奈良県で行われた「平城遷都1300年祭記念祝典」に
天皇皇后両陛下をお迎えした時のことを
やまと新聞で読みました。
司会者から「会場の皆様は、お座りのままでお願いします」というアナウンスがあり、
国会議員たちも、腰を浮かせかけながら戸惑ったものの、心の中で非礼をお詫び申し上げつつ、
着席のまま両陛下をお迎えしたとのこと。
国歌斉唱の時には最前列に座っていた宮内省の記者
数名は歌いもせず、足を組んでだらしない姿勢であったこと等を知り、
怒りが込み上げてきました。

司会者はNHKのアナウンサー「三宅民夫」です。
抗議をしておきました↓ 座ったままお迎えしたのは協議した結果だそうですよ。
奈良県 平城遷都1300年祭 0742-23-2010

共通一次世代

No title
テレビでの、佐々淳行氏、恵隆之介氏、石原都知事らの話の内容も含め、ネットで見られる詳細なコメントが余りにも内容がリアルであり、また名前まで出ているので、海保の方から犠牲が出ているのはほぼ間違いがないのではないかと私は思っています。

もし、事が本当ならば、海保の方々は中国船長釈放の時、どれほど悔しかったことだろうか・・・。
こんなことがあっていいのでしょうか・・・。

国を守るどころか国を中国に売り飛ばす鳩山、菅政権を誕生させたのは、ほかでもない、マスコミに煽られ、愚かな選択によって民主党に票を入れた国民です。

昨日TVタックルで出演していた安倍さんと麻生さんを潰したのも、ほかでもない国民です。(保守も含めて)

そして、命がけで日本を愛し日本の海を守る海保の方たちをこんな目に合わせたのも国民です。

国民が反省しない限り、日本は元に戻れない。

今回、中国の犯罪を隠蔽し、日本国民の命を蔑ろにし、国民を裏切った仙谷や菅はもとより、国会での尖閣ビデオ問題で国民の気持ちを逆なでするような、嘲り笑いをしていた民主党の糸川、あちは、川内など、全ての民主党の議員に天罰が下ることを望みます・・・。

義挙人

No title
小さいけど、大きな侍、、、、、、読んで、、、、涙が止まりませんでした。

愛信

「日本の誠意ある措置」と評価 韓国、シャトル外交に弾み
「日本の誠意ある措置」と評価 韓国、シャトル外交に弾み
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/101108/kor1011082315004-n1.htm
韓国の李明博政権は8日、日韓が「朝鮮王室儀
軌」など朝鮮半島由来の文化財計1205冊の韓
国への引き渡しで原則合意した・・・

売国反日民主党政権が日本を貶める日韓併合の
謝罪宣言を行い、その上に御皇室に対して保有す
る歴史文化財の引渡しを強要する売国反日韓直人
政権は即刻解散させよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメント2

ごめん
>コメント1さん
あなたのコメント読み直しました、私の読み間違いでした
ごめんなさい

え?
>コメント1
頭大丈夫か…?それとも、ガチ工作員?

-

No title
毒ガス砲弾の事もそうだが、私が子供の頃、日中戦争の犠牲者数は1800万とか言われていたんだよ、それが本多勝一の中国の旅が出た頃に2000万、1990年代に3800万に増え、今世紀に入って4000万を越え、数年前についに6000万に増えた。で最近は2000万と言っているんだが、
中国人は生き返ったり死んだりしているのか?
こうなると終戦直後の連合軍の調査結果の150万が正しいのではないかとね。連合軍側は戦争の正統性を主張する動機があるので、日中戦争の犠牲者の数を低めに見積もる理由がまったくないからね。
むしろ中国側が非常識な数値を出してくれた事を感謝すべきでしょう、残留毒ガズ砲弾が7000発だと、もしかするとあり得るかもしれないからね。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク