仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の問責決議を歓迎する

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

桜


たくさんの励ましと退院の祝辞をいただき、心から御礼を申し上げます。
ありがとうございます。

それにしても、よくやった!と思わず喝采を叫んだのが、27日早朝までかかった、仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の問責決議の可決です。

だいたいいまの内閣、まるで学生サークルです。

頭は良いかもしれないが、世の荒波を知らず、社会に揉まれてもいず、まだまだ頭でっかちの半人足、学校内では4回生のオオモノかもしれないが、いざ社会に出れば、すぐには使い物にならない半人前が大臣をやっているようにしかみえない。

これから先輩について、必死で社会の荒波に揉まれ、結婚して子を授かり社会に対しても家族に対しても大きな責任を担いながら、日々の仕事に邁進する。

そうしたことをすっきりとした笑顔で邁進するのが、故中川昭一氏や麻生太郎元首相らです。
年齢が40歳を過ぎようが、50をすぎようが、60をすぎようが、いまのバカン内閣は、無責任な「学生内閣」でしかない。

国家というものは、その国土に住むその国の国民の集合体です。
国旗や国歌を拒否するのは、要するに国家そのものを拒否しているということです。
この国に愛情を持てないということは、この国に住むこの国の住民を愛せない連中であるということです。

それでいてのうのうと政治家や大臣やら官房長官をしているのですから、へそが茶を沸かすとはこのことを言う。

国を愛するということは、人を愛するという心です。

今日は、いくつかの手紙のご紹介です。

何も言いません。
ご一読されてみてください。

----------------------------------
二人で力を合わせて努めて来たが終に実を結ばずに終わった。
希望を持ちながらも心の一隅であんなにも畏れていた“時期を失する”ということが実現してしまったのである。

去る10日、楽しみの非を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊勅語、我が隊を直接取り巻く状況は急転した。発信は当分禁止された。点々と処を変えつつ多忙の毎日を送った。

そしていま、晴れの出撃の非を迎えたのである。便りを書きたい、書くことはうんとある。

然しそのどれもが今までのあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何ものでもないことを知る。

あなたのご両親様、兄様、姉様、妹様、弟様、みんないい人でした。

至らぬ自分にかけて下さったご親切、全く月並みの御礼の言葉では済みきれぬけれど、「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

今は、徒に過去における長い交際のあとをたどりたくない。問題は今後にあるのだから。

常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。
しかしそれとは別個に、婚約をしてあった男性として、散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

あなたの幸せを希う以外に何物もない。

徒に過去の小義に拘ること勿れ。
あなたは過去に生きるのではない。

勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと。
あなたは今後の一時一時の現実の中に生きるのだ。

穴沢は現実の世界にはもう存在しない。

極めて抽象的に流れたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面場面に活かしてくれるよう、自軍勝手な一方的な言葉ではないつもりである。
純客観的な立場に立って言うのである。

当地は既に桜も散り果てた。大好きな○葉の候が此処へは直きに訪れることだろう。
いまさら何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみたい。

1 読みたい本
  万葉、句集、道程、一点鐘、故郷

2 観たい画
  ラアフェル「聖母子像」、芳崖「悲母観音」

3 智恵子、会ひたい、話したい、無性に。

今後は明るく朗らかに。
自分も負けずに朗らかに笑って征く。

昭和20年4月12日
智恵子様

穴沢利夫少尉 福島県出身 中央大学卒
陸軍特別操縦見習士官1期
陸軍特別攻撃隊 第20振武隊
昭和20年4月12日沖縄周辺洋上にて戦死 23歳



なつかしい静ちゃん
お別れのときがきました。

兄ちゃんはいよいよ出撃します。
この手紙が届くころは、沖縄の海に散っています。

思いがけない父、母の死で、幼い静ちゃんを一人残していくのは、とても悲しいですが、ゆるしてください。

兄ちゃんのかたみとして、静ちゃんの名であずけていた郵便通帳とハンコ、これは静ちゃんが女学校に上がるとき位使ってください。

時計と軍刀も送ります。
これも木下のおじさんに頼んで、売ってお金に変えなさい。

兄ちゃんのかたみなどより、これからの静ちゃんの人生のほうが大事なのです。
もうプロペラがまわっています。
さあ、出撃です。

では兄ちゃんは征きます。

泣くなよ静ちゃん。
がんばれ。

大石清伍長 大阪府出身 飛行学校卒 戦死
※大石伍長は大阪大空襲で父を失い、つづいて重病だった母親も亡くした。小学生の妹(静恵)一人が残され、伯父の元に引き取られていった。



我が一生、ここに定まる

お父さんへ、いふことなし。
お母さんへ、ご安心ください。

決して卑怯な死に方をしないです。
お母さんの子ですもの。
それだけで僕は幸福なのです。

日本万歳、万歳、かう叫びつつ死んでいった幾多の先輩達のことを考へます。

お母さん、お母さん、お母さん、お母さん! かう叫びたい気持ちで一杯です。

何か言ってください。
一言でも十分です。

いかに冷静になって考へても、何時も何時も浮かんでくるのはご両親様の顔です。

父ちゃん! 母ちゃん! 
僕は何度でも呼びます。

お母さん、決して泣かないでください。
修が日本の飛行軍人であったことに就いて、大きな誇りを持ってください。

勇ましい爆音を立てて先輩が飛んでいきます。
ではまた。

富田 修中尉 長野県出身 日本大学卒
海軍第十三期飛行予備学生
昭和19年9月3日台湾にて殉職 23歳



西条の母上には幼時より御苦労ばかりおかけし、不孝の段、お許し下さいませ。
今回帝国勝敗の岐路に立ち、身を以って君恩に報ずる覚悟です。
武人の本懐此れにすぐることはありません。

鎌倉の御両親に於かれましては、本当に心から可愛がっていただき、その御恩に報いる事も出来ず征く事を御許し下さいませ。

本日、帝国の為、身を以って母艦に体当たりを行い、君恩に報ずる覚悟です。

皆様御体大切に。
父上様、母上様

教え子へ(第四十二期飛行学生へ)
教え子は 散れ 山桜 かくの如くに

里子殿
何もしてやる事も出来ず散り行くことは、お前に対して誠に済まぬと思って居る。
何も云わずとも、武人の妻の覚悟は十分出来て居る事と思う。
御両親に孝養を専一と心掛け生活して行く様、色々思出をたどりながら出発前に記す。

恵美ちゃん坊主も元気でやれ 行男

関 行男大尉 愛媛県出身 海軍兵学校卒
神風特別攻撃隊敷島隊
昭和19年10月25日
比島レイテ湾にて特攻戦死 23歳





戦いは日一日と激しさを加えて参りました。
父母上様、長い間お世話になりました。私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。

私は潔く死んでいきます。

今日の海の色、見事なものです。決してなげいて下さいますな。
抑々海軍航空に志した時、真っ先に許されそして激励して下さったのは、父母上様ではなかったでしょうか。

既に今日あるは覚悟の上でしょう。
私も魂のみたてとして、ただただ大空に身を捧げんとして予科練に入り、今日まで猛特訓に毎日を送ってきたのです。
今それが報いられ、日本男子として本当に男に花を咲かせるときが来たのです。

この十九年間、人生五十年に比べれば短いですが、私は実に長く感じました。
数々の思出は走馬燈の如く胸中をかけめぐります。

故郷の兎追いしあの山、小鮒釣りしあの川、皆懐かしい思出ばかりです。

しかし父母様にお別れするに当たり、もっと孝行がしたかった。
そればかりが残念です。

随分暴れ者で迷惑をおかけし、今になって後悔しております。

お身体を大切に、そればかりがお願いです。
親に甘えた事、叱られた事、皆懐かしいです。

育子、昌子の二人は私の様に母に甘えたり叱られたり出来ないかと思うとかわいそうです。

いつまでも仲良くお暮らし下さい。
私も喜んで大空に散っていきます。

平常あちこちにご無沙汰ばかりしておりますから、何卒よろしくお知らせ下さい。お願いします。

御身大切にごきげんよう。

神風特別攻撃隊 大和隊員
一飛曹 塩田 寛 18才
昭和19年10月26日 レイテ沖にて特攻戦死



謹啓 御両親様には、相変わらず御壮健にて御暮しのことと拝察致します。
小生もいらい至極元気にて軍務に精励いたしております。

今までの御無沙汰致したことをお詫び致します。
本日をもって私もふたたび特攻隊員に編成され出撃致します。
出撃の寸前の暇をみて一筆走らせています。

この世に生をうけていらい十有余年の間の御礼を申し上げます。
沖縄の敵空母にみごと体当りし、君恩に報ずる覚悟であります。

男子の本懐これにすぎるものが他にありましょうか。
護国の花と立派に散華致します。
私は二十歳をもって君子身命をささげます。

お父さん、お母さん泣かないで、決して泣いてはいやです。
ほめてやって下さい。

家内そろって何時までもいつまでも御幸福に暮して下さい。
生前の御礼を申上げます。

私の小使いが少しありますから他人に頼んで御送り致します。
何かの足しにでもして下さい。

近所の人々、親族、知人に、小学校時代の先生によろしく、妹にも......。
後はお願い致します。

では靖国へまいります。

四月六日午前十一時記す
神風特別攻撃隊第二御盾隊銀河隊
昭和20年4月7日

海軍一等飛行兵曹 松尾巧 享年20才
佐賀県出身 乙飛17期

-----------------------------

いろいろな遺書を調べているときに、あるサイトに「特攻隊員は自らの死を飾りたかったのだ」と書いているサイトがありました。

どのサイトか、あまりにも悲しくてすぐに閉じてしまったので、もうわからない。

階級闘争主義に染まりきり、血のにじむ魂の叫びを読んで、そんな風にしか考えられないバカ者が、いまこの世にいるということ自体が、けがらわしく思う。

これが戦後教育の「成果」なのでしょうか。


英霊たちへ深く深く追悼の意を表します。

↓クリックを↓
人気ブログランキング

神風特攻隊 長渕剛


~~~~~~~~~~~~
みなさまへ

本日の記事は、↓の記事をもとに、若干の原稿の稿正をしたものです。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-594.html

~~~~~~~~~~~~

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

hibikan

No title
何度もお邪魔してごめんなさい。拡散させてください。

奈良県大和郡山市で「自治基本条例の素案」に対するご意見を募集しています。締め切り12月10日。いわゆる「住民投票条例に外国人を含めるか否か、という問題」のスタートラインになる条例です。

http://hibikan.at.webry.info/201011/article_530.html

禍福はあざなえる縄の如し

民主党の功罪
ご退院おめでとうございます。これからも良い記事を読ませて頂けると幸いです。
元記事はこちらの
http://www.amaochi.com/ 11月22日のエントリーです。

以下引用です。

【民主党が行ったコトは、自民党の政策が正しかったコトの確認でしかない論】
 
・辺野古移設案が正しいという確認
・日米安保体制が正しいという確認
・ムダを削減してもバカみたいにお金は出てこないという確認
・後期高齢者医療制度は必要だという確認
・高速を無料にすることはできないという確認
・暫定税率を廃止したらとんでもなく財源が欠損するという確認
・官僚政治をぶっ潰すのではなく協調していくほうが良いという確認
・財源なく子供手当てを出すより扶養控除と児童手当を続けたほうが良かったという確認
・年金制度は簡単に一本化できないという確認
・官房機密費は機密のままのほうが都合が良いという確認
・増税なく赤字国債を減らすことはできないという確認
・エコ減税、エコポイント制度が景気回復に効果的だという確認
・夢物語みたいな政治はないのだという確認
・消費税を増税したほうが良いという確認
・八ッ場ダムはやっぱり作った方が良いと言う確認


民主党のセリフはウソだった論】
 
「無駄を排除すれば国債発行を抑えられると公約したな?あれは嘘だ。」
「高速無料にすると約束したな、あれは嘘だ。」
「高速2000円にすると言ったな、あれは嘘だ」
「公共事業削減すると言ったな、あれは嘘だ」
「民主党政権になれば最低賃金1000円と言ったな。あれはうそだ」
「議員定数の削減をするといったな?あれはウソだ。」
「普天間基地問題、11月決着と言ったな、あれは嘘だ」
「消費税は4年間議論さえしないと言ったな、あれは嘘だ」
「国内優先のためにASEM欠席と言ったな、あれは嘘だ」
「子ども手当の所得制限すると言ったな、あれは嘘だ」
「子ども手当の所得制限しないと言ったな、あれは嘘だ」
「子ども手当、来年は26000円と言ったな、あれは嘘だ」
「子ども手当は全額国庫負担と言ったな、あれは嘘だ。地方も負担しろ」
「鳩山総理は次の選挙に出馬しないと言ったな。あれは嘘だ」
「老人をいじめるな、後期高齢者医療制度を廃止すると言ったな、あれは嘘だ」
「お年寄りの負担を軽減すると言ったな、あれは嘘だ。」
「CO2の25%削減ごとき、太陽光発電を各家庭に普及させるから簡単だと言ったな。色んな意味でありゃ嘘だ」
「農家を手厚く保護すると約束したな もちろんこれも嘘だ」
「派遣を守ると言ったな、当然、嘘だ」
「郵政改革法案、今国会で成立させると言ったな、聞くまでもないが嘘だ」
「ファッション誌の撮影許可申請の虚偽記載は事務方からの示唆と言ったな、あれは嘘だ」
「衝突ビデオを国会議員に見せると言ったな、あれは嘘だ」
「中国に巡視船の修理費請求すると言ったな、あれも嘘だ」
「政権の基本は公開と説明と言ったな。あれは嘘だ。情報規制するわ」

長い引用失礼しました。が、正にその通りで、民主党の議員、支持者には「反論できるものならばしてみろ!」と言いたい。


日本酒

情けない
願わくば 御国の末の 栄行き 吾名さげすむ 人の多きを

愛信

日本を孤立させようと提議していた韓国
日本を孤立させようと提議していた韓国
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10719621050.html
日本と韓国が領有権を主張する竹島(韓国名:独島)問題
をめぐり、韓国が中国やロシアと連携を強め「日本を孤立さ
せる戦略」に乗り出す可能性が出てきた。韓国国会の「独
島領土守護対策特別委員会」(以下特別委員会)が25日
開いた全体会議で提議された。
詳細は【日本のお姉さん】日本を孤立させようと提議して
いた韓国をカッチとね
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10719621050.html

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

かほ

初めてコメントさせて頂きます。
ねずきちさま、ご退院おめでとうございます。
また、ねずきちさまの文章を読むことが出来てとても嬉しいです。民主党政権が誕生してから色々な不安を感じ、それまでは政治はニュース番組でしか接さなかった私も、自分で不安のもとを調べるようになりました。まだまだ浅識ではありますが、この一年、ネットや書籍でたくさんのことを知ることができました。ねずきちさまのblogにもそういった中で辿り着き、よくおじゃまして勉強させて頂いております。
本日記載の手紙…読んで涙が止まりませんでした。英霊の方々に深い感謝を、私へと繋がる先祖に、祖父母に、父母にも深い感謝を感じました。私は来年に結婚する予定ですが、子供ができた折には徐々にこういったことも教えていきたいなと思います。そして、日本に生まれたことを幸せに感じることのできる人に成長して欲しいです。今の私がそう感じるように。そのためにも、売国政治家の一掃をより強く願います!
彼は一年前は私が急に政治に関して発言を始めた時は少しひいていましたが、今はすっかり私と興味を共有してくれています。父母も同じで、民主党政権を危惧しています。
というか、友達(20代後半)や周囲の人達を見渡しても、今や民主党政権がいいなんて言っている人は誰もいないのですが…(支持率が10%以上あるのが不思議だとよく話しています)。
ねずきちさま、これからも勉強をさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致しますね。ただ、体調にだけは本当に留意なさってお過ごし下さい(売国政権はまともな日本人に激しいストレスを与えますから…)。
それでは。

愛信

議会の承認も無く協定に署名する売国韓内閣の犯罪を追求
議会の承認も無く協定に署名する売国韓内閣の犯罪を追求

菅総理は11月14日、韓国の李明博
大統領と会談し、宮内庁保管の朝鮮王
室儀軌(ぎき­)など図書1205冊を
韓国側に引き渡すことで合意し署名し
ました。
http://www.youtube.com/watch?v=2XoBrHDXJL0&nofeather=True
(動画)
反日売国民主党韓内閣が100年前の
朝鮮併合が無効の要求に謝罪宣言をし
て御皇室が保管している歴史文化財の
朝鮮王朝儀軌等の引渡しを強要する行
為が世界中に日本人を貶める誤った情
報を発信している。 我が国が韓国に
対し文化財を引き渡す法的義務は何ら
負っていないという大前提に鑑み参議
院で過半数を占める野党にはこの協定
を承認しないで引渡しを阻止する事を
要請しましょう。
要請は【国政に対する要請書】をカッ
チとね
http://www.aixin.jp/ysk.cgi
関連情報
【「略奪図書の引き渡しは日本が誤ち
を認めるという意味」】
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134715&servcode=A00
166 - 参 - 外交防衛委員会 - 13号
平成19年05月24日【返還の必要がない
理由】
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_list.cgi?SESSION=27233&SAVED_RID=1&MODE=1&DTOTAL=1&DMY=29544

【動画ニュース掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

k

【胡錦濤主席の仰天発言!?】
記事元は、
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

【胡錦濤主席の仰天発言!?】
「日本を植民地にする!」

 中国の最高権力者、胡錦濤国家主席は11月1日、訪仏を前に仏紙「フィガロ」のインタビューに応じ、「中国は拡張を追求しない」と覇権主義をきっぱり否定した。
 だが、中国から亡命した反体制派作家で『暴かれた中国の極秘戦略』(まどか出版)を最近上梓した袁 紅冰氏は、「胡錦濤氏は、日本を含むかつての列強を、中国の植民地にするつもりです」と断言する。

非公開のその演説の一部が、著書に紹介されている。
《歴史上、西洋列強は砲艦とアヘンをもって中国を植民地にした。現在歴史は逆転し、我々は資本主義の危機という有利な歴史的機会を捉えて、効果的な措置をとり、次第にかつての列強を社会主義中国の経済的・文化的な植民地に変えていくのである》

共通一次世代

ねずきちさん、無事退院されてよかったです。
ねずきちさん、無事退院されてよかったです。
どうか、ご無理をなさらずにご自愛ください。

【2010.11.25 衆議院予算委員会 1/4 北朝鮮が韓国を砲撃 】
http://www.youtube.com/watch?v=g79_H0R2BEI&feature=related
【2010.11.25 衆議院予算員会 2/4 官邸に一人ぼっち】
http://www.youtube.com/watch?v=H5TaYRWAiLc&feature=watch_response

25日の菅、岡崎、仙谷の答弁を聞いて腹が立って仕方がありません。
いい加減で、真摯な答弁も全く無く、勿論反省なんかするわけがありません。

菅は、民主党の国対委員長と、公邸でテレビを見ながら「大変なことになったねぇ」と話していたと。「お茶の間」か!?と言いたいです。

菅は何の責任も持たないどころか、そもそも日本人に対して、日本という国に対して、何の愛情も持っていない。

管は8年前、海保が北朝鮮工作船を撃沈した際、機銃掃射やロケット弾攻撃まで受けた海保に対し「射撃は正当防衛とはいえない!」「なぜ攻撃したのか!」と国会で机を叩きながら罵倒、刑事罰処分までも求めたそうです。

民主党を選んだ国民はこの実態を知ってもまだ自民党と変わらないなどと言えるんでしょうか。

保守派の中で谷垣さんを批判する声がありますが、もっと冷静に見ることが出来ないでしょうか。
尖閣ビデオの件で2・26事件と比較したことを批判する人が多いですが、麻生さんの田母神さん更迭の件とダブります。麻生さんも決して田母神さんの中身を非難しているのではなかった。田母神さんの「立場」を考え、それを受ける総理としての「立場」がありました。
谷垣さんもそうです。与党なら総理の立場です。重要な立場なんです。
そして、マスコミは殊更にその部分だけ強調しました。実際は谷垣さんの怒りは勿論、民主党政府に向いています。それは非常にはっきりしています。街頭演説や講演をフルで聞いても分かります。

そして自民党は難しい舵取りをしています。
自民党は「現実実行部隊」と「民主党政権批判部隊」とで頑張っていると思います。
マスコミが「政局」でばかり動いているだの、ただの批判でしかない、だの言っていますが、絶対に違います。

異常なことは批判しなければならない。
おかしな政策や行動は取り下げさせばければいけない。
そして、現実として、景気対策としての補正予算も進めなければならない。
どれだけ、舵取りが難しいか。
党首を離れたところでは安倍さんや麻生さんが頑張っています。
口蹄疫の時もそうでしたが、尖閣問題でも現地石垣に飛んで調査してます。
今回、可決された北朝鮮非難国会決議の素案は自民党が出したんです。

どうか、マスコミに流されず、国会中継を見て、自民党の頑張りを見てください。
すべてが素晴らしいなんて言いません。そんなはずあるわけ無いです。
でも、民主党よりははるかに絶対に日本を考えている党です。

いまは、自民党に頑張ってもらうしかないんです。
売国法案を阻止するためには自民党を応援するしかありません。
みなさん、叱咤激励を自民党にしましょう。
日本を守れ!!と。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク