王将 坂田三吉と関根金次郎



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

村田秀雄王将


♪吹けば飛ぶよな 将棋の駒に
 賭けた命を 笑わばわらえ
 うまれ浪速の 八百八橋
 月も知ってる 俺らの意気地

♪あの手この手の 試案を胸に
 やぶれ長屋で 今年も暮れた
 愚痴も言わずに 女房の小春
 つくる笑顔が いじらしい

♪明日は東京に 出て行くからは
 何が何でも勝たねばならぬ
 空に灯がつく 通天閣に
 おれの闘志が また燃える

ご存知、村田秀雄の「王将」です。

この歌は、昭和36(1961)年11月の発売で、西條八十作詞、船村徹作曲で、翌昭和37年には、第4回、日本レコード大賞特別賞を受賞しています。

歌のモデルになっているのが、大阪府堺市堺区協和町出身の将棋棋士、坂田三吉(さかたさんきち)です。

もう有名人なので、詳しくは申しませんが、舞台の大本あらすじで、非常にコンパクトにまとまっているものがありましたので、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/8483/ousyou.htm

路地の将棋打ち、坂口三吉(板尾)。三度の飯よりも将棋が好きで商売ほったらかし、高利貸しからの借金で首も回らない。

巷で強い将棋打ちと誉め称えられ天狗になっていた三吉、ある日新聞社主催の将棋大会に出場、関根八段(荒川)と対局する事になる。

だが激しい攻防の末、千日手によって惜敗。将棋の道に専念したいが女房子供にこれ以上苦労をかけられない、かくなるうえは離縁だと宣言するが、近所の人々の取りなしで思いとどまる。

しょせんは素人将棋、有段者に勝てるわけもない。
もう将棋にのめり込むのはやめ、すっぱり忘れた方がいい。

親友のうどん屋・新吉(宮藤)に説得され、一度は将棋盤を捨てる三吉だったが、格子戸から路上に投影される方眼を将棋盤に見立て、通行人を駒にして手を考え続ける。

病弱な女房・小春(片桐)の献身的な内助と悔しさをバネに精進した三吉は、八年の月日を経て七段となり、ついに関根八段との再戦で初の勝利をおさめる。

後援者や彼に肩入れする新聞記者たちに囲まれ勝利の美酒に酔いしれる三吉に、しかし、娘の玉江(西牟田)は不機嫌に言う。

「お父ちゃんが勝ったんやない。関根さんが負けてくれはったんや。
みんな、あの銀で形勢逆転したって言うけど、うそや。
あの一手はヤケの一手や。
お父ちゃんの将棋は品がない。
勝つことばっかり考えて、いい将棋さしになることを忘れてる。」

痛い所を衝かれ、腹を立てる三吉。
だが夜更け、ひとりで将棋盤に向かう彼の姿を小春は見つける。

娘の言葉に目を覚まし、初心に返った三吉は弟子取りをやめ、ようやく豊かになった生活も捨て、さらに将棋の道を精進したいと話す。

すべての苦労をほほえみながら受けとめる小春。
小春に体を揉んでもらいながら、
「わしが死ぬまで生きていてくれ」と言う三吉……。

坂田三吉
坂田三吉


さらに八年後。関根の名人襲名のパーティー会場に、ひっそりと足を運んだ三吉の姿があった。

子宮ガンで危篤の小春をおいて、関根のお祝いに駆けつけたのだった。

関根の好敵手として常にたたえられ、今や東の関根、西の坂田と当代随一の差し手を争う三吉。

下馬評に反して名人襲名を逃したものの、世の中では三吉に「関西名人」の称号を与えようという運動が起こっていた。

だが、三吉の心の中からは以前の名声を追い求める気持ちは失せていた。
華やかな席を嫌い、控えの間で淡々と関根に祝いの言葉を伝える三吉。
関根もまた三吉の虚心に打たれる。

互いをたたえあい、自らを謙遜する東西の名人。

騒々しすぎる周囲から遠ざかり、心から楽しむために二人だけで将棋をさしたいと語る二人。

そこに飛び込んできた、大阪からの電話。
息子のヨシオからだった。

とうとう小春が息を引き取ったのだ。

最期に「あんまりアホな将棋さしなはんな」と言い残して……。

三吉に涙はなかった。
ただ、「小春に聞かせてやるから、受話器耳に当ててやれ」とヨシオに命じ、受話器に向かって念仏を唱え始めるのだった。

かなたにいる妻の耳に向かい、三吉はいつまでも南無妙法蓮華経を唱え続けるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~
関根金次郎と坂田三吉の対局
関根金次郎と坂田三吉の対決


これはもちろん舞台の筋書きなので、多分に誇張があるのだけれど、それでも、いまも坂田三吉の人物的魅力は、多くの人の心をとらえて離しません。

たとえ勉強ができなくとも、たとえ字が書けなくても、たとえ貧しくても、男一匹、これと決めた道にとことん賭けて行く。

食堂のメニューが読めないため、一緒に行った付き人に読んでもらって食事を注文したり、記録係だった大山康晴が算用数字で考慮時間を記録しているのを見て、「英語で記録しているのか」と聞いてみたり。

ある日、字が書けないことを知った相手には、三吉は自分の頭を指さして「ここに将棋が一杯入ってまんねん。」とおどけたりもしたといいます。

書道家北野千里は、
「ほんまの先生は真率という言葉がありますやろ。あの通りですわ。ちょっと変わったとこはあったけど、素直で生地のまま、それはもう何のまじり気もない、あんな人がよう将棋させるなと思うような、純粋でええ人でした。」と語っています。

坂田の弟子といえば、藤内金吾に星田啓三で、孫弟子には内藤國雄、谷川浩司などが出ています。
それだけ三吉が魅力ある人物であったということであろうかと思います。

一方、映画や芝居の中で坂田三吉の好敵手として描かれる関根金次郎名人は、慶応4(1868)年の生まれで、出身地は、いまでいう千葉県関宿町です。

関宿というところは、橋幸男の名曲「潮来傘」にも謡われたところで、利根川と江戸川がちょうど分岐するところにある町です。

利根川は、別名を坂東太郎と呼ばれ、昔はしょっちゅう氾濫しては関東平野を洪水で水浸しにしていたのですが、これではせっかく徳川さんが江戸城を築城しても、嵐が来たらひとたまりもありません。

徳川さんは、嵐の度に流れを変える旧・利根川を、広くて大きな堤防のある新しい川に流し、利根川の水路を霞ヶ浦から銚子方面に流してしまいます。
そして、大都市である江戸に水をひくために、新たに築いた利根川から新らしく支流として江戸川を築いた。

いまでも、利根川や江戸川を見に行くと、ものすごく広くて、遠くの方はかすんで見えないくらい広大な河川と立派な堤防を見てとることができますが、こんな壮大な建築物を、なんと江戸時代初期にぜんぶ人力でこしらえてしまったのだからたいしたものです。

そして、利根川から江戸川が分岐するところに、川の番所として、関宿城を築城し、ここに直参旗本を配して、関東平野の治水を守らせます。

関宿から出た有名人といえば、他に鈴木貫太郎がいますが、そんな治水城下町から、関根金次郎は出ています。

関根金次郎


関根金次郎は、340年続いた世襲制および修身名人制を廃止して、選手権制による実力名人制を制定したほか、現在の日本将棋連盟の前身である日本将棋大成会を興して、こんにちの将棋界興隆の基礎を築いています。

治水の要である関宿で生まれ育つことで、世の中の大きな仕組みそのものの変革を行うことで、後世の人々の安寧を願う、そんな気風が自然と身についていたのかもしれません。

関根名人が、実際に修身名人制を廃止したのは、大正10(1921)年に、第十三世名人となったあとのことですが、彼は相当若い頃からこうした理想に燃えていたようで、だから彼は全国を行脚して、地方の名棋士たちと交流を持ち、彼らの育成に努めています。

坂田三吉が、関根名人と出会ったのも、関根名人がこうして全国で将棋好きな人々と交わろうと開催した将棋大会でのことで、このことがご縁となって、坂田三吉という未曽有の天才棋士が西の横綱として誕生することになる。

関根名人は、将棋だけじゃなく、武道の達人でもあったのだけれど、弟子に対してはいつもやさしく、小手先の勝敗にも、まるでこだわらなかったといいます。

関根名人の最後の弟子である五十嵐豊一は、
「奨励会でなかなか昇段できなくて、成績を報告しに行く時にいつ田舎に帰れ、と言われるかとびくびくしていたけど、関根先生はどんな時でも、顔色一つ変えずに『負けろ負けろ』と励ましてくれて、小遣いをくれたりした」と述懐しています。

関根名人は、340年続いた歴史や伝統があまりにも大きくドンとのしかかっている将棋界を、たったひとりで大変革してしまわれた方です。

それを考えれば、戦後の反日左翼の歴史などというものは、たかだか65年しかない。

日本を守ろうと目覚めた多くの志士たちが団結し、たがいに励まし合ってひとつに結束したとき、日本は変わる。
必ず変わる。

とかく腹の立つことが多い昨今の世相ですが、腹を立てているばかりでは、なにも変わりません。
ただのぼやきや愚痴になってしまう。

ひとりひとりが、自分でできる範囲で、ほんのちょっぴりでもいいから、具体的に日本をとりもどすための行動をおこす。

ほんのちょっぴりが千人集まったら千倍の力です。
百万人集まったら、百万倍の力です。

理想に燃えて、ひとつの方向に走り出したとき、世の中は動く。世の中は変わります。

戦いましょう。
日本を守るために!

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

坂田三吉の半生記「王将」1948 阪東妻三郎 水戸光子


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

遠藤

No title
 坂田三吉師匠が字が読めなかったというのをここで初めて知りました。
 映画俳優の浪花千恵子が小学校中退で難しい漢字が読めず、映画の台本をもらったら、小学生の娘が読み仮名を振っていたということを聞いたことがあります。漢字の読めなかった彼女ですが、台詞を間違えてNGを出したことは一度もなかったそうです。仕事に対する情熱のなせる技でしょうか。

元組合活動家

No title
すみません、いささか興奮し、先のコメントに若干の誤字があること、ご容赦願いますm(、、)m

元組合活動家

No title
ついでに身内から聞いた情報を提供いたします。現在進行中の日米合同演習は、その前実施された米韓演習の実に“六倍の規模!”で展開されておりますが、私の期待した東シナ海(尖閣の危機!)を想定・・とも聞いていましたが、残念ながら東シナ海には“姿の見えぬ潜水艦部隊の演習”に終始し、傍若無人なシナ(もう中国とは言ってはなりません、中国と言っているのはお人よしの日本だけです!)を牽制するには何の効果もありません!シナは軍事費にものをいわせ、我が国・海保巡視船に対抗できる「武装監視船」を続々と健造し、尖閣を実行支配しようとしています。とりあえずは今の海保巡視船にシナ・ロシアと同等の“発砲許可の範囲の拡大”を与えるべきと・・身内のことを思えば切望するばかりですが・・売国民主政権は絶対そんなことはしないでしょうね・・大量の海上保安官の殉職者を生み出す事態をまねいてもも・・マスゴミも知らん顔するのでしょうね・・・小泉前総理に対する誹謗中傷するコメント書き込んだ方、いらっしゃいますが・・では、どちらが我が国にトータルして役立つことしていますか?今の民主がよいのですか?・・東シナ海の最前線に必死の出動を繰り返す防人=海保のこと・・少しは考えていますか?身内は“平時は海保、有事になったら海保は海上自衛隊の傘下になる”と期待し、海上保安官になりました。その期待が“本物”であればよいのですが・・・

元組合活動家

No title
無骨者の“武道オタク”の私には、ねずきちさんには失礼ですが、将棋の話題から我が国を憂うる話しにもっていく真意は分かりかねます。そもそも、私は将棋も囲碁も麻雀も・・つまり、座り込んで知的勝負をする“趣味”はないのです。ましてや私から見るとその進化系とも解釈できるゲームソフトも、昨今の子供達の体力低下をまねいた“悪質玩具”としてうつっていますが・・。・・と、言っては元も子もないので、将棋・囲碁もしない立場から、これらの趣味を肯定的にとらえてみれば・・古来からの日本人の“風流”に通じるのかなとも思っています。人間、願わくば風流に人生の全てをすごせればそれにこしたことはありません。過激に“かくあるべきだ!”と主張し、頑張るのは大切なことですが、それだけでは生身の体はもちません。勝負は粘り強く継続し、最後には必ず勝たねば成りません。“風流”はそのためのカンフル剤ということでしょうね・・

マカロン

いつも素敵な話をありがとうございます
日本人の戦いって、基本 いつも 一対一 ですよね

将棋も 碁 も 柔道や相撲、剣道…

また 独りの闘いをもある

禅や書道、お茶や華道も また、職人技なども突き進めれば、己との闘いだと思います

極めることが、日本人の力

いつも 毅然とし、気高くありましょう!

そして、在日外国人を蹴散らしましょう!

多数に無勢なんかは 恥 の文化を持つ日本って、素晴らしいと思います

数でしか勝てない奴等は、己らが《ちっぽけ》だと自覚があるんでしょう(笑)

私たちの 魂 までは 誰も 汚す事は 出来ない



ねずきちさん、お体には十分気をつけてくださいね

愛信

平成22年12月10日(金)19時10分~石垣市議尖閣上陸!中山石垣市長緊急電話インタビュー中継を見ています。
平成22年12月10日(金)19時10分~石垣市議尖閣上陸!中山石垣市長緊急電話インタビュー中継を見ています。 http://www.ch-sakura.jp/1428.html
【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


愛信

新唐人スペシャル【世事関心】世紀の激戦 朝鮮攻略
新唐人スペシャル【世事関心】世紀の激戦 朝鮮攻略
不穏な動きが続く朝鮮半島。太平洋西部での争いの背
後に、大国の対立の影。朝鮮半島で起こりうる軍事変化
に、どう向き合うべきなのでしょうか。南北朝鮮の軍事力、
諸説入り乱れる米韓の対北作戦計画「5027」とは?もし
戦争が勃発したら、中国政府はどんな反応を見せるので
しょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=Brbl6l5ar5k&nofeather=True
(動画)
新唐人スペシャル【世事関心】世紀の激戦 朝鮮攻略1/2
新唐人スペシャル【世事関心】世紀の激戦 朝鮮攻略2/2
【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信

振興銀破綻、金融庁が検証委設置 竹中元金融相の責任追求へ
振興銀破綻、金融庁が検証委設置 竹中元金融相の責任追求へ
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101210/fnc1012101238012-n1.htm
自見金融相は、平成16年4月に開業した振興銀の創業
メンバーだった木村剛被告(検査忌避による銀行法違反
で起訴)に加え、設立当時の金融相だった竹中平蔵氏
が、「中心的役割を演じていて、責任は重い」などと批判。

小泉-竹中イカサマ金融政策で一時国有化銀行第一号
の長銀再建のため投入された公的資金は最終的に約
7兆9000億円。巨額の税金を付けて外資ハゲタカ売軍
団に譲渡されたこの銀行(現新生銀行)はソフトバンクを
迂回して、2月4日付で米投資ファンドのJCフラワーズ
に買収TOB)された。一時国有化第二号の日債銀
(現あおぞら銀行)は4月8日付で米系ファンド、サーベ
ラスが買収、一時国有化第三号の足銀は7月1日付け
で野村グループに譲渡された。
これが売国奴小泉ー竹中が推進した、日本国民に痛み
を伴うイカサマ経済改革です。
リーマンショック偽装経済事件で証拠隠滅をしたハゲタ
カ外資の倒産を偽装していたAIG社は公的資金を全額
返済して再び復活しています。

【郵政民営化のイカサマ】
http://www.aixin.jp/ysmss.cgi
「乗っ取り屋」の手口は足銀国有化と同じです。
【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi

てんてん

私も同じです。
おはようございます。
私も、先に書かれた方と同じ主婦です。
同じ心をもっていらっしゃることを知り、朝から嬉しく思いました。

食べ物でも衣類でも、国産のモノを買う。
無ければ「国産のモノを買いたいんです。お店に是非置いてください。」と意思表示をする。
子どもにも「高くても日本のモノを買うんだよ。日本の国を大事にするんだよ。」と教える。
祭日には国旗を揚げる。



出来ることは小さいことかもしれませんが、まずは一歩から、ですよね。コツコツと日本を大事にする教育を続けていきたいと思います。

最近、近所に右翼街宣車が走ります。日の丸を出すことによって「あの家は右翼よ」と、誤解されるのではないか、と不安に思うこともありますが、そこは毅然と続けたいと思います。

朝から、お仲間を発見し、嬉しい1日になりそうです。
ねずきち様、素敵な御縁を有り難うぞんじます。

No title
おはようございます。
専業主婦です。
わたしのにほんを取り戻す活動は
「食品では外国産を絶対にかわない」
「あらゆる日常品も国産があれば国産を買う」
子供もすっかり日本に生まれてよかったと信じています。
「安全な食べ物は日本ににしかない」と申してました。まだ6歳というのもあり私の影響をもろに受けています。「日本人は日本人が作ったものを買うんだよ。そうすると皆が幸せになるんだよ」と教えています。今の時代こういう教え方は右翼と言われ学校で浮いてしまうかもと心配ではありますが、事実中国の農場は日本人の感覚からすれば相当汚いようですし農薬も日本向けとなれば何を使うかわかりません。同じ感覚(衛生、安心、安全、信用の高い概念)を持つ人がつくったものしか信用できない。よいと思えるものは同じ感覚をもつ日本人がつくるそういう感覚もわが子に生活を通して伝えたいと思って言います。
地味ですが生活をとおして日本を守ります。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク