身を犠牲にしてレントゲン撮影に革命をもたらした林信雄医学博士



人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

林信雄医学博士
林信雄博士


レントゲン写真といえば、いまや医療に欠かせないものです。

発明したのは、ドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen)で、彼はこの発明によって明治34(1901)年、第一回ノーベル物理学賞を受賞しています。孔子賞とかいうインチキ賞ではなくて、ちゃんとした賞です(笑)

初期の頃のレントゲンは、骨を写し取るのが精いっぱいでした。
しかし、骨折などの外科治療に欠かせないものとして、あっという間に世界中に技術が普及します。

そのレントゲンは、いまでは、人体を輪切りにして撮影するCTスキャンにまで進化し、さらにその輪切り像は、3D処理された立体像にまでなっているのだそうです。

各段の進歩ということができようかと思います。

しかし、こうした進歩は、一朝一夕にできたものではありません。

とりわけ、レントゲンというものは、放射線を照射して撮影するものです。
その研究者の多くが、被爆し、命を失っています。

なかでも、レントゲンを用いて内臓臓器や血管など、骨以外の人体各部を撮影できるように技術開発したのは、日本人の医学博士林信雄先生です。

林博士は、当時まだ骨の撮影しかできなかったレントゲンで、胸部や、消化管、胆のう、心臓などの内臓臓器そのものや、臓器の病状の撮影、あるいはレントゲンで用いる放射線を利用した治療、放射線生物学などへとレントゲン技術の幅広い応用を可能にするという偉業を成し遂げました。

そのおかげで、どれだけ多くの人の命が救われるようになったか。

ちなみに、レントゲン撮影といえば、いまでは「息をとめて~~、ハイッ、終わりました」と、一瞬で済みます。

これも撮影機材やフイルムの技術開発が進んだからで、林博士が研究していた当時は、撮影時間は、指で一分、胸部で三分、頭がい骨内部では十分もかかったのだそうです。

レントゲンというのは放射線を扱う撮影です。
放射線を出す物質が、放射能です。

要するに、撮影時間が長いということは、逆にいえばそれだけ長時間、被爆するわけで、林博士は、X線の障害によって、両手の全指を失い、つづいて左腕を切断し、さらには内臓まで癌に侵され、それでもなお研究を続け、今日のレントゲン技術の基礎を築き上げ、亡くなられました。

しかもこの頃の林博士は、自らも身障者となったことから、身障者の施設や身障者用の各種介護用具の開発に巨額の献金をされていて、まるで自らの生活を省みることがなかったといいます。

それだけじゃなく、林先生が病院に出勤のため、バス停に向かうと、そこここで市民の方から声をかけられ、先生がそのおひとりおひとりに詳しく応対なさるので、気がつくと病院に到着するのが毎日遅刻になっていたそうです。

病院では、この時間のことを林時間と呼んで、むしろ暖かく受け入れていたとか。

そうして林先生がお亡くなりになったとき、告別式にはなんと二千人もの参列者が並ばれたといいます。

先生のお人柄がしのばれます。

林信雄博士は、明治30年、山形県鶴岡市のお生まれです。

荘内中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)を卒業し、千葉医学専門学校(現千葉大学医学部)を卒業し、県立千葉病院に勤務したのが大正8(1919)年のことです。

その後、千葉医科大学講師を経て、昭和5(1930)年に33歳で学位を得、昭和8(1933)年に、横須賀市立横須賀病院内科医長兼放射線科医長に就任した。

ちなみに、横須賀病院には、始め、院長として迎えられるはずだったのだそうです。
ところが市側の人事の手違いで、院長の席が空かない。
仕方がないので、当面、医長でお願いします、となった。

普通なら約束が違う!と激怒されるところです。
関係者は戦々恐々だった。
ところが、当の林先生は、どこ吹く風でまるで淡々とされていたそうです。

当時のお医者さんというのは、めちゃくちゃ給料が良かった。
横須賀市立病院に就任時、林先生の年俸は4千円だったそうです。
昭和8年といえば、米1俵(60kg)が10円80銭だった時代ですから(いまは1万4000円くらい)どれだけの高給取りだったかがわかります。

普通なら、これだけの高給をもらったら、豪壮な邸宅に住み、お手伝いさんを何人も於いて、高級車に乗り、華やかな貴族のような生活をするものです。

ところが、林先生は、もらった給料のほとんどを横須賀市民や身障者への社会奉仕に寄付してしまう。
おかげで、横須賀に引っ越して以来、背広の一着も新調していません。

住んでいる家も、柱の骨組みが弛んで、戸を締めても風の通る隙間がある。
廊下の敷板や戸の木目は浮き上がって隆起し、床や畳には起伏があった。

それでも、そもそもそういうことにまるで頓着しない。
そんなことより、自分の体が放射線で蝕まれていてもなお、ひとりでも多くの人の命を救うために、博士は研究と医療に没頭していたのです。

戦前というのは、この手の人が非常に多く出ていますね。
おそらく、いまの日本と戦前の日本との最大の違いは、いまの日本では、価値観が金銭的なものにあまりにも偏っている、ということなのだろうと思います。

とにもかくにも、価値=金でしかない。
そしてその傾向は、平成にはいってから、いっそう顕著になってきているけれど、皮肉なことに日本人の価値観が銭金に偏れば偏るほど、世の中は不景気になり、見通しすらたたない暗黒に飲み込まれて行っています。

大切なことは、お金じゃなく、別なところにある。
そんな価値観を、もう一度日本は見直すべきじゃないかと思います。

だいたい「儲かりさえすれば何やったっていい」という感性は、支那人や朝鮮人のお家芸です。日本的価値観じゃない。

林博士の死後、博士を敬慕する市民の感謝のこころはいっそう燃えあがり、横須賀市では博士の功績をたたえる記念事業として、社会福祉機関、マザース-ホーム、並びに点字図書館が創設されたのだそうです。

さらに、林博士の郷里では、その篤行をたたえて「林博士記念文庫」が創設された。

ひとりの人間の偉大な精神は、多くの人を動かし、新しい時代を築く。

林博士の肉体はほろびましたが、ボクたちは、お医者さんに行けば、必ずといっていいくら、レントゲンやCT撮影をします。

そうした技術は、自らの腕や手指を失ってまで、レントゲン撮影の研究に打ち込んでくださった林博士がいてくれたから、のことです。

林博士の偉業は、こうして世界中の人々を支えている。

死して名を残す、というのは、こういうことなのではないかと思うのです。

一代限りで、自分ひとりが贅沢できたら、子や孫たちの時代なんてどうなったっていい・・・そんなわがままがまかり通る時代です。

ひらたく言ったら、時代が傾いている。斜めになっている。
そして斜めになっているところからみたら、まっすぐなものが歪んでみえる。
それがいまの日本なのだろうと思います。

眼を覚ましたボクたちが、みんなで力をあわせて、毎日ほんのちょっぴりでかまわないから、まっすぐな人を増やしていく。

そうすることで、一日も早く日本を生まれ変わらせなければならないと思います。
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

大東亜戦争【不屈の武士道精神】


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ことぶき

がんばれ日本!
今のご時世、話題は政治に偏りがちですが、時たま偉大な日本人の偉功を紹介して下さるねずきちブログが大好きです。
自分は日本人として何が出来るのか考えつつ、今後もねずきちさんや日本の為に行動する方々を応援します。

ミノル

応援しています!
保守系ブログへのサイバー攻撃が頻発していますね。

「博〇の独り言」へアクセス出来ない状態が続いてます。

ねずきちさんや博〇は、先人達(名もなき英霊から偉人まで)を尊敬して止まない私の支えであります。

日本国が真の独立国へ甦るまで、微力ではありますが、応援します!

くれぐれもご自愛下さい。

愛信

「鎮魂 硫黄島」 ~硫黄島で散った勇士たちの霊に捧ぐ
「鎮魂 硫黄島」 ~硫黄島で散った勇士たちの霊に捧ぐ
http://www.youtube.com/watch?v=TDJNRltGLt4&nofeather=True
(動画)
エィガ一刀両断 「硫黄島からの手紙」
「鎮魂 硫黄島」 ~硫黄島で散った勇士たちの霊に捧ぐ~1・・・~8
詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

EMS機器のPerfect4000Hot

これからも
「日本の心」を伝えるために頑張って下さい。
ひそかに応援しています。

えむえむ

拝金教徒の増殖はおそろしい
大切なことは、お金じゃなく、別なところにある。>
そのとおりだと思います。私もブログを書きながら「拝金」の考察をしましたが、日本と世界の諸悪の根源に拝金思想が蔓延しています。現代の暮らしでは「お金」は必須のアイテム・手段なのですが、かなり多くの人々が《財を得る》ことを人生の《最優先の目的・欲求》にしている事態はおぞましいこと。「自己の財(の欲求)」よりも上位に、「(家族や地域、会社、国などの)所属集団全体の幸福」や「愛」「思いやり」をもつのが、《社会的存在としてのまっとうな人間》だと思います。

ke-go

No title
『戦前というのは、この手の人が非常に多く出ていますね。
おそらく、いまの日本と戦前の日本との最大の違いは、いまの日本では、価値観が金銭的なものにあまりにも偏っている、ということなのだろうと思います。』

ねずきちさんのこのお考えに強く同意したいです。

この林先生のように立派にはなれなくても、こんな生き方をしたいと強く憧れます。戦前の偉い人たちに憧れます。

今はレントゲンも立派な機械になりました。モニターで体の中が一枚一枚皮を剥いでいくように観察できるようになりました。さほど苦労や血のにじむような努力などしなくても機器があれば体の中が見れるようになりました。お金は要りますが、金があればそんな機器を購入できる時代になりました。

科学技術全般に言えることですが、こういった戦前の偉人たちにもっともっと感謝しながら生きたいと強く思いました。

マカロン

ありがとうございます
体が弱く 人一倍(百倍位)レントゲン 撮ってますが、尊い命をもってして、今の 医療技術があり、私も 助けられてきたのですね

有難いことです

確かに 今の日本は 物質世界になってます

マスゴミの垂れ流しCMで、くだらない物質が、まるで宝物のように流れてる

昔は 精神世界だった
次元が違うのですね

人間 中身が大切

薄っぺらな輩が 多すぎる

大体、そっくりさん とかの 番組や その人物は何なんでしょうね?
ヒトまで コピーです(笑)


偉大な方たちの コピーは さすがに 作れない国がありますね(笑)

正春

★左翼の子供向け番組への本格参入はヤッターマンから
ヤメタイ国の女王だコロン    (邪馬台国)
マンジュとスシ王だコロン    (安寿と厨子王)
くらい山のひよ若丸だコロン   (比叡山の牛若丸)
泣き虫鉢かぶり姫だコロン    (鉢かづき姫)
あっぱれトマトコケルだコロン  (ヤマトタケル)
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=211

butchiyar

No title
千葉在住者です。
またひとつ郷土の誇りを教えていただきました。
いまだに東北地方の出身者は「我慢強い」・「根性がある」などのお話を聞く機会が多いのですが、根性どころか人としての据わりどころが違うのですね。
私も斯くありたいと日々生きています。

楽仙堂

東京都の“漫画”条例改正案、議会で可決
スレ違い失礼いたします。よもやの今日の可決でした。

http://news24.jp/articles/2010/12/15/07172439.html
《東京都の“漫画”条例改正案、議会で可決
< 2010年12月15日 15:19 >ブックマーク
 悪質な性描写のある漫画やアニメを18歳未満に販売することなどを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案が15日午後、東京都議会で賛成多数で可決された。
 改正案は15日午後2時前に採決が行われ、自民、公明、民主の賛成多数で可決された。改正案は「強姦など刑罰法規にふれる性行為や近親相姦(そうかん)などを不当に賛美・誇張した」漫画やアニメなどを成人コーナーに区分陳列するほか、18歳未満に販売しないよう書店などに求めるもの。しかし、反発も強く、「角川書店」など大手出版社10社が、来年3月に行われる東京都主催の東京国際アニメフェアへの不参加を表明している。
 条例は来年7月までに施行される見通し。》

とりあえず、ご報告まで。

-

No title
こんな偉人がいたんですね。
子供のころ学校でもこういう人の話を聞きたかったです。
ところで、一点気になったのですが、年俸4000円ですか?
お米の金額での対比で見ると給料がめちゃくちゃ良いというほどではない気が。。

愛信

住民投票、一転実施へ=市議会リコール、署名審査で-名古屋市
住民投票、一転実施へ=市議会リコール、署名審査で-名古屋市

名古屋市選挙管理委員会は15日、河村たかし市長主
導の市議会解散請求(リコール)のため提出され無効と
判定された署名について、16区中12区で最終審査を
終え、1万2492人分を有効と認めると発表した。
これにより、有効署名数が市議会解散の賛否を問う
住民投票の必要数(36万5795人)を上回り、政令指
定都市として初の住民投票実施が事実上決まった。
関連情報
【大量の無効票】第21回参議院議員選挙山梨選挙区
民主党輿石 東に関する件
無効票を精査すれば今回と同様に判定は逆転して
民主党輿石 東の落選となるだろう。
民主党議員が支配している選挙管理委員会の不正行
為を摘発しよう。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

トリ

No title
昔の日本人は偉い。

イーペックスルームランナーズ

No title
大東亜戦争の動画かっこよすぎですね。でも恐らく北朝鮮でもこんな感じで同じような内容が放送されているかも…

愛信

2010年12月11日(土) アジアに自由と平和を!in 香川県高松市
2010年12月11日(土) アジアに自由と平和を!in 香川県高松市
http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/12/20101211-in-9d7.html
本日香川県で行われた「2010年12月11日(土) アジア
に自由と平和を!in 高松」は風雨の厳しい条件の中、
約300人が集まって声を上げてくださったようです。
皆様、ご苦労様でした。
http://www.youtube.com/watch?v=V9I8xTtlXh0&nofeather=True
(動画)

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク