ラージャ・ダト・ノンチック元上院議員の言葉



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

亡くなられた名越二荒之助(なごしふたらのすけ)先生が、親しくされていた方に、マレーシア上院議員のラージャ・ダト・ノンチック氏という方がおいでになります。

氏は戦時中「南方留学生」として来日し、宮崎の高等農林学校や、陸軍士官学校、東京帝国大学等でも学ばれました。

そして会う度ごとに氏が強調していたことが、次の点であったそうです。

~~~~~~~~~~~~
世界史の中で、大東亜戦争くらい「正しい戦争」はなかった。
アジアから、欧米勢力を追い払う戦争のどこに間違いがあるというのか。
間違いがあるとするなら、日本人がこの理想を否定することである。
ユダヤ民族は二千年の亡国の中にあっても、民族の理想を失わなかった。
大東亜戦争は今も継続していることを忘れないでほしい。
~~~~~~~~~~~~~

このノンチック元上院議員の言葉は、とても大切なことを含んでいます。
それは、「まだ大東亜戦争は続いている」ということです。


そもそも厳密にいえば、武器を手にしてドンパチやることは、戦闘であって戦争そのものではありません。
だから大東亜戦争は、日本では昭和20年8月15日が終戦記念日だけれど、それはあくまでも戦闘を終わらせた記念日であって、大東亜戦争が終わった日ではない。

9月2日は、日本が、東京湾の戦艦ミズーリ号上でポツダム宣言に調印した日だけれど、これは日本軍が降伏した日であって、大東亜戦争が終結した日ではありません。

では、大東亜戦争の終結はいつの時点だったかというと、国際条約上は、昭和27年4月28日の、サンフランシスコ平和条約発行の日ということになっています。
いちおう法的には、このサンフランシスコ条約で、日本と連合国間の戦争状態は終結したことになっている。

いいかえれば、それまで戦争はずっと継続していたわけです。

昭和20年で日本軍は解散となっていますし、日米の戦闘も昭和20年には終わっているのです。
けれども、昭和27年までは、すくなくとも大東亜戦争は法的に継続していたし、実質的にも継続していた。

つまり何がいいたいのかというと、戦争というものは、ドンパチやるだけが戦争ではなく、占領統治して相手国を腑抜けにするのも立派な戦争である、ということです。

そもそも戦争とは何かといえば、国家がその政治目的を達成するための究極の手段です。

つまり戦争には目的があるわけで、その目的の正邪こそが、正しい戦争か、そうでないかを決定する要因です。

そして日本が明治以降、戦い続け、最終的に行った戦争が、まさに大東亜戦争だった。

この項で、ボクはノンチック元上院議員の「まだ大東亜戦争は続いている」ということを、言おうとしています。

ではその続いている戦争とは何かといえば、狭義には、アジアから欧米勢力を追い払う戦いだった。

そして広義には、優位な武器をもって他国や特定の人種ごと支配し収奪するという人類が過去何千年も続けてきた不法や非道の文化と、武器よりもスキやクワを持って働き強い者も弱い者も一体となって収奪ではなく、働くことに意義と喜びを見出す文化の戦い、

あるいは、特定の施政者(たとえば支那共産党や、北朝鮮の金体制)のような無法者が政治と称して国民を収奪し支配し、人の命を粗末にして人を殺し奪う文化と、人々が至誠の道を歩み、人民もまた自らを戒め徳に向って生きるという文化の戦い。

特定の施政者だけが利を得、無法の限りを尽くす文化と、万民すべてが安らかで、天下万国すべてが平穏で無事な状態を目指す文化との戦い。

もっと簡単に図式化していえば、「暴力主義」対「労働主義」の戦い。

武器を手にしさえすれば、欲しい者がなんでも手に入る。
そういうバカが人々を支配し、人々を殺し、収奪して王侯貴族のような豪奢な生活をする。その一方で、多くの民衆が、不幸のどん底に追い落とされる、という文化。

これに対し、日本は縄文時代の昔から、人々は武器を持たず、武器より働くことに高い価値を見出して生きてきた、そういう文化。

世界中、どこの国に行っても、暴力をもって収奪する者と、収奪される民衆が存在します。
いいかえれば、世界中どこでも、人類の戦いは、ずっとこの2つの戦いの繰り返しの歴史であったといえるかもしれません。

そしてすくなくともこの5千年から1万年の間、暴力を振るう者が、戦いに勝利を得てきた。
だんだんとその規模が大きくなり、ついには国や民族ごと支配し収奪するようになったのが、欧米による植民地政策です。

そしてアジアの片隅にあった日本一国が、世界を支配した列強とがっぷりよつに組んで戦い、ついには、満身創痍となって倒れながらも、アジアから欧米を追い出し、植民地政策そのものを崩壊させた。

しかし同時に、そのアジアの中に、特ア三国という、欧米が行った収奪体制を、国内体制として組んでしまったおバカな国が出た。

特ア三国では、政権をとった一部の者たちが、国民を殺し、なぶり、収奪し、自分たちだけが贅沢の限りを尽くした。

その特ア三国が、欧米に残る一部の暴力主義者たちと組んで、日本を「暴力主義」によって支配しようとたくらんでいて、大東亜戦争のあと左傾化し、解体された日本を、暴力によって支配しようとたくらんでいる、というのが、いまの状況なのではないかと思うのです。

そう考えると、実におもしろいことに気付くもので、それはなにかというと、反日左翼が問題にしていること、反日左翼が抵抗すること、特ア三国が嫌がることをすることが、実は、日本が日本人だけでなく、世界の人々の福祉と健康とご長寿と繁栄を築く石杖になることである、ということです。

簡単な話、彼らは日本が自衛隊を国軍にすることや、日本が核武装することに極端に抵抗する。
また日本の閣僚が靖国を参拝することにも、極端に抵抗する。

正義の神々が、神々の神軍を持ったら、そりゃあ悪鬼どもにとっては迷惑なはなしです。だから抵抗する。骨抜きにしようとする。

日本が軍事力を強化し、世界の悪を懲らしめるという姿勢を見せたら、いったい誰が困るのでしょうか。

すくなくとも、日本人は困らない。
困らないどころが、ただでさえ就職難の時代にあって、国が軍という大量雇用を生んでくれるのですから(仙谷は自衛隊の人員削減などを発表しているが狂気としかいいようがない)、多くの人は助かる。

日本の閣僚が靖国を参拝して、いったい誰が困るのでしょうか。
戦争でお亡くなりになった英霊たちに対し、追悼の意を捧げることは、世界の常識です。日本の閣僚がそれをやったとして、誰がどう困るのでしょうか。


戦後、GHQ(=連合国)は、人種ごと差別することを是とした欧米列強に抵抗した日本に対して、復讐の意思を持って徹底的に日本的精神の解体を押し付けました。

しかし、日本は悠久の大義のために戦った。

そう考えれば、日本は、いまこそ堂々と日本を取り戻す。
ただそれだけのことをするだけで、世界は本当に大切なものを取り返すことになる。

そして、もし日本が目覚めないなら、支那の覇権主義が日本を支配下におさめるよな辞退を私たち現代日本人が招いたのなら、それは人類そのものに対して、取り返しのつかない犯罪を、私たち現代日本人が犯したことになる。

そう思います。

最後に、ラジャー・ダト・ノンチック氏の言葉です。

~~~~~~~~~~~
かつて日本人は清らかで美しかった。
かつて日本人は親切でこころ豊かだった。
アジアの国の誰にでも自分のことのように一生懸命つくしてくれた。

何千万人もの人のなかには少しは 変な人もいたしおこりんぼや、わがままな人もいた。自分の考えを おしつけていばってばかりいる人だっていなかったわけじゃない。

でもその頃の日本人はそんな少しのいやなことや不愉快さを越えて、おおらかでまじめで希望に満ちて明るかった。

戦後の日本人は自分たち日本人のことを悪者だと思い込まされた。

学校も ジャーナリズムもそうだとしか教えなかったから、まじめに自分たちの父祖や先輩は悪いことばかりした、残酷無情なひどい人たちだったと思っているようだ。

だからアジアの国に行ったら、ひたすらペコペコあやまって、私たちはそんなことはいたしませんと言えばよいと思っている。

そのくせ 経済力がついてきて技術が向上してくると自分の国や自分までがえらいと思うようになってきて、うわべや口先では済まなかった悪かったと言いながら、ひとりよがりの自分本位のえらそうな態度をする。

そんな今の日本人が心配だ。

本当にどうなっちまったんだろう日本人は。
そんなはずじゃなかったのに。

本当の日本人を知っているわたしたちは、今はいつも歯がゆくてくやしい思いがする。

自分のことや自分の会社の利益ばかり考えてこせこせと身勝手な行動ばかりしているヒョロヒョロの日本人はこれが本当の日本人なのだろうか。
自分たちだけで集まっては、自分たちだけの楽しみやぜいたくにふけりながら、自分がお世話になって住んでいる自分の会社が仕事をしているその国と国民のことをさげすんだ眼で見たりバカにしたりする。
 
こんなひとたちと本当に仲良くしてゆけるだろうか。
どうして、どうして日本人はこんなになってしまったんだ。

~~~~~~~~~~~

日本人が立ち直るのは、いまです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本人よありがとう (マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック)


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

さいとう

質問です
ノンチック氏は現在もご健在でしょうか?

wktk

No title
最近のコメントの質の高さは凄いと思います。
本当に勉強になることばかりです。

ねずきちさんとともに、私達読者も成長しているのだなと感激しています。
ねずきちさんと読者の皆さんの祖国日本への愛国心を感じて思わず書きました。
日本の未来を素晴らしいものにしよう!と懸命に生きる私達、日本人が存在する限り、日本は絶対に大丈夫です。
お互い、できることを通じて日本の繁栄・平和のために頑張りましょう!

元組合活動家

No title
我が国武道の原点はおもに武士達による“血みどろの戦い”から生まれたことは紛れもない事実です。よって“敵を倒すテクニック”は“武術”と称されました。しかし世の中は安泰でなくては成りません。よって抜き身の刃は鞘に収められ、心身ともに“腹のすわった者”を養成するため“武道”への追求が始まったと考えられます。・・なんていいかげんな推論ですが・・そもそも私の知る“神様みたいに強い方々”はペーパーなぞ残さないのです。その方が居るだけで、その方の周囲、地域は“平和”なのです。・・まさに国軍による“抑止力”そのものなのです。その伝統がまさにかっての日本軍の体質であった・・というのは本ブログで分かりやすく紹介され・・同時に、それゆえに“卑怯者戦法”に破れ、現在の体たらくに繋がっていることも分かりました。今日の事態、先の大戦の物量的に圧倒的不利な状況での“決死の覚悟”は必要ありません。シナも北朝鮮も、国内に異常な爆弾を抱えつつ軍事力のみに頼っての“暴発・脅し”をかけております、(そうしなければ彼らはいずれ滅びるからです)我が国に“裏切り者”さえいなければ堂々とこちらから逆に“脅し”返しても大丈夫・・と思っています・・そう“裏切り者”さえいなければですよ!!

元組合活動家

No title
ビデオを流出させた海上保安官はじめ、さまざまな海保関係者の“処分”が下されました。そもそもが売国民主政権でなければ発生しなかった国辱事件です。口先だけの“毅然たるポーズ”は誰でもできます・・が、野蛮・凶暴国家を相手に“なめるな!”という“脅し”は本当に腹のすわった政治家でなくてはできません、・・よってカンもセンゴクも不合格!外に弱く内の国民にだけ威張り散らすどうしょうもない国家の穀潰しです!私の身内が安心してシナ海兵を蹴散らすことができるよう、一刻も早く穀潰しらを粛正いたしましょう!!

大東亜聖戦は終わらない

「戦勝国は日本だった」あとがき
太平洋戦争の勝者は日本と戦後独立したアジア各国です。
何故なら戦争目的を達成したのは白人国家ではなくて、旧大日本帝国(日本、朝鮮、台湾、ミクロネシア)と独立したアジア各国だからなのです。

日本人は誰も戦勝国は日本だったなんて思っていません。それが最大の問題なのです。
勝者(日本)が自分は敗者だと思い込み、敗者(連合国)が自分は勝者だと思い込んでいます。
この歴史観の捩れというか、ボタンの掛け違いが戦後様々な軋轢を起こしています。
歴史も科学と同じで、科学的結果を捩じ曲げれば、その後の科学的論理展開は矛盾だらけになってしまいます。

ガリレオは『それでも地球は廻っている』と言ったそうだし、
『地球上ではリンゴは樹から落ちずに、空を昇って行く』とニュートン力学とは正反対の規定をすれば、その後の力学研究は頓挫してしまうでしょう。
これと同じ科学的捩じ曲げが戦後の日本の歴史評価でなされているのです。すなわち、泥棒(侵略国家=白人国家)を善とし、泥棒を追い出した者(旧大日本帝国)を悪とする評価です。
このような逆転した評価を長年にわたって続けていけば、多くの矛盾が噴出するのは当然なのです。

もしも、日本が中国や韓国の言う「日本の戦争責任」を取るとして、戦前への原状回復を行う、すなわち、
マレーシア、ミャンマー、インドに英国を戻し、ベトナムにフランスを戻し、インドネシアにオランダを、フィリンピンにアメリカを戻したとしましょう。
そんなことを現地の人が歓迎するはずありませんし、一番困るのは中国共産党でしょう。

このように単純な論理的仮定を行うだけでも、中国、韓国の日本に対する「戦争責任論」は破綻するのです。
韓国に至っては大日本帝国の一部として、共に戦った訳ですから、自ら戦争責任を取らなくてはいけないことになります。
おまけにベトナム戦争ではアメリカと一緒になってベトナム人を大量に殺戮している訳ですから、そちらの戦争責任も取ってもらおうではありませんか。
中国にはベトナム懲罰戦争の責任も取ってもらいましょう。

さて、次に最も重要なことを書き示します。
本編のタイトルを「戦勝国は日本だった」と設定しましたが、あえてタイトルとせざるを得なかった理由、それは私達日本人がその事実を知らな過ぎるということなのです。
そして「自分達が太平洋戦争の実質的勝利者である」という意識をまったく持たずにいるため、異常なほどに卑屈となり、その妙なる卑屈さが外国人を疑心暗鬼に陥らせるのです。
また、中国などのように白人国家と一緒になって、アジア虐めをやっていた国からの非難に対して断固たる反論もできずにいるのです。

アジアを白人列強から解放したのは私達の父、そして祖父の世代なのです。
この歴史的事実に私達日本人が誇りと自信を持たなければ、外政内政共に混乱が続くことになります。
「戦勝国は日本だった」この歴史的事実を私達日本人は心に刻み生きていきましょう。

平成十八年三月              安濃豊

この発想はなかった!と思いませんか?
その通り!と思った方は、安濃先生のブログへ行ってランキングのクリックをお願いします。 

-

中国が韓国に賠償要求 黄海衝突事件
記事と無関係ですみません。


中国が韓国に賠償要求 黄海衝突事件

2010.12.21 18:53

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101221/chn1012211857002-n1.htm

-

No title
日本の良い所の一つに、西洋のキリスト教的帝国主義や中国の中華思想的儒教など、他の文化から「良い部分だけ」学びとり、悪い部分は真似しない基本的道徳資質がありますね。

八目山人

画像について
ねずきちさんへ
最初に出てくる画像は、マハティール首相ではありませんか。
ノンチックさんとは少し違うように見えますが。
私の思い違いなら良いのですが。

-

No title
今の若者は覇気が無くなったと言われます。
他人を蹴落として貶めてのし上がっていくのが覇気とというのなら、
私は覇気などいらない。
草食系?結構じゃないですか。人から奪わず、和をもって貴しとなす。
日本人の本来の心ではないでしょうか?
若者が戦後の洗脳から覚めてきた証拠ではないでしょうか

えむえむ

「本当の日本人」
 ラジャーさんのいう「本当の日本人」というのは、《1万年以上続いている日本文明の価値観を受け継いでいる日本人》ということでしょうね。短く「伝統的日本人」と言い換えます。ねずきちさん流にいえば「正義の日本人」かな。
 確かに、私が記憶している50年間を思い起こすと、《伝統的で正義感の強い日本人》は相当の割合で減っていると思います。
 ~明治維新後、日本は、世界中を支配していた西欧キリスト教文明の「帝国主義」を見習って行動した。しかし、日本の「植民地(占領地)経営」は、西欧肉食主義の《収奪》とは違って、日本流の《育成》が加わっていた。そこに日本文明の伝統が生きていた。その事実(歴史)をアメリカ支配勢力とポチ日本人が徹底して改竄・隠ぺいしてきたのは間違いない。(その点では自民党主流も社会党も日教組も同罪!)~
 気づいた日本人が心を合わせて、歴史をきっちりと見直して、日本文明と日本人を立て直しましょう。

猫ドン

No title
日本の誇り今何処
誠道廃れて民落とす
最期を献花に散る時
廓清の剣いざ取らん。


日本は亜細亜諸国を植民地から解放してきましたが、大平洋戦争で破れて 戦勝国に裁かれました。 勝ち組に負け組が裁かれ たらどうなるか?
そうですね、好きなように理由をつけて一方通行の判定が下ります。
真実も歴史も変えられてしまいます。
そして、負け組は勝ち組に従属させられます。
日本国が正にその姿です。

本来日本に感謝しなければならないお隣りの国々
が手の平を返し、己の国が日本人に対して残虐行為・略奪・屠殺をしてきた事を隠し、己の被害者意識だけを誇張して一方通行で主張し、賠償と謝罪を求める続けています。
世界中が知っている戦争までの経緯や事実をも平気で変えてしまい、更には日本人に対して思想をも変えてしまいました。

左思想の主張・権利が蔓延し、政治家・企業までも日本人を日本人ともまともな扱いもせずに、
富と権力の奪い合いを繰り返し、勝ち組・負け組なる言葉を平気で使い、道徳心も正道も無くし
国民に平和・安心を与える事なぞ忘れてしまっていまいまたした。

思想による国民のコントロールとは恐ろしい形の見えない武器です。

マカロン

続きです
こんな連中に 日本国を 乗っ取られては いけません!

血を流さなくても、戦いに勝つ方法は 有ります


在日の通名使用を 廃止!(今、鹿児島だかの 逃亡中犯人顔が もろ 在日で、当然のごとく日本人名前で、昨夜 ポスター前で 怒ってました)


博士氏がblogで 言ってるように、国民代表者=議員連中の DNA を調べ、公表する

国民には 背番号などという どーでもいいものより、遺伝子を調べ、それを登録制にすればいい

それが 差別だ 区別だ と騒ぐ連中は 遺伝子を調べられたら 困る事があるだけなので、「在日ですか?」と聞いてあげればいい

外形で 区別できないから、そうするだけ

嫌なら 自国名を名乗り、自国語をしゃべりなさい と言うだけです

ナリスマシ人間を のさばらせない為に!

皆様、頑張って、日本国を 護りましょう!

長々と、申し訳ありません

ありがとうございました
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク