天長節に思う



人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

天長節一般参賀


今日は、天長節です。
皇居におきまして、一般参賀が行われます。
私たちは、日心会有志のメンバーとともに、一般参賀にでかけてきます。

天長節というのは、別名「天皇誕生日」です。
在位中の今上天皇のご生誕を祝う日です。

天長節の「天長」は、老子の「天長地久」から引用された言葉で、日本では、唐の風習にならい、宝亀6(775)年の光仁天皇の時代から祝儀が行われるようになりました。
つまり、日本においては、すでに1235年間、欠かさず続けられてきた伝統行事、ということになります。

この佳日に、つまらないことを書くな、とお叱りを受けそうですが、どうしても書かせていただきます。

GHQが、歴史と伝統あるこの佳き日に、敢えて、昭和23(1948)年、A級戦犯とされた7名の烈士の処刑を行ったという事実です。
この非道に対する悔しさは、日本人なら忘れてはならないと、ボクは思います。

亡くなられた方と、その罪状は以下の通りです。
判決を一瞥しただけで、これが判決といえないシロモノであることは明白です。

■東條英機(陸軍、第四〇代内閣総理大臣)ハワイの軍港・真珠湾を攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪。
(それなら原爆投下や都市部への無差別空襲は戦犯ではないの?)

■板垣征四郎(陸軍、陸相(第一次近衛内閣・平沼内閣、満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長)中国侵略・米国に対する平和の罪
(平和政権である汪兆銘政権をないがしろにし、毛沢東の八路軍と結託した蒋介石に武器弾薬を裏から与え、支那を戦乱の渦に叩き込んだ米国には罪はない?)

■木村兵太郎(陸軍、ビルマ方面軍司令官、陸軍次官(東條内閣))英国に対する戦争開始の罪
(戦場になったのは、英国ではなくビルマなど東亜諸国です。そこを侵略し支配下に置いていた英国を追い出したのは日本ですが?)

■土肥原賢二(陸軍、奉天特務機関長、第一二方面軍司令官)中国侵略の罪
(支那への日本軍の駐屯は、各国と足並みを揃えたいまでいうなら国連PKOのような形での駐屯です。それが侵略というなら、当時支那に派兵していたすべての国が罪となるはず)

■武藤章(陸軍、第一四方面軍参謀長(フィリピン))一部捕虜虐待の罪
(日本自体がたいへんな食糧不足な中で、ゴボウを糧食に出したことが、木の根のような粗末な食い物を出したという裁判は、誰がどう見ても異常なのでは?)

■松井石根(陸軍、中支那方面軍司令官)捕虜及び一般人に対する国際法違反
(実際の戦記を調べて見ると、松井大将ほどハーグ陸戦条約を遵守した大将は、世界に類例がないのでは?)

■広田弘毅(第三二代内閣総理大臣)近衛内閣外相として支那での残虐行為を止めなかった不作為の責任
(それなら日本人に対して戦前戦後になされた不条理は誰がどう裁くのか?)

この戦争で、戦勝国は米国を中心とした連合国、敗者は日本を中心とした連合国でした。

歴史をどう見るかは別として、ひとついえることは、大東亜戦争において、連合国の中心として、米国が果たした役割は大きいということです。

そして戦後、米国はこの戦争を「自由と民主主義の勝利」と宣伝してきたけれど、大東亜戦争を結果からみれば、戦後にスターリン・ソ連の大進出を許し、彼らに億とも呼ばれる人々の虐殺を許してしまっています。
そういう眼で見ると、必ずしもこの戦争の勝利者は米国を中心とした連合国にあるとはいえません。

いまにして思えば、この戦争のはじまる前に、もし、米国が蒋介石を支援せず、す早く仲裁に入っていたらどうなっていたか。
日蒋が戦えば、得をするのは共産陣営だということは、当時共和党のフーバー元大統領などは明確に指摘していたことです。

にもかかわらず、ルーズベルトは共産主義の危険性が判らず、日本を憎み、ソ連のスターリンと仲良くし過ぎた。

結果ルーズベルトは、資本主義国家同士の闘争を狙ったスターリン戦略に、まんまとしてやられ、115億ドルもの巨額な戦費を騙し取られたあげく、多くの米国人の生命の犠牲をもたらした。

一方、大東亜戦争のあと、共産主義陣営は大躍進し、周辺国への大侵略をすることになる。

結果からみれば、米国は何のために戦争したのか、わかりません。

東亜における植民地はぜんぶ失ってしまったし、共産主義との冷戦を招き、さらには共産主義国内での大量虐殺を放置するこになり、さらに昨今では、国土を支那人たちに蹂躙され始めている。

もっといえば、GHQとして日本を7年間占領統治したけれど、これについても国際法上の違法行為のオンパレードです。

そもそも占領統治にあたっては、軍はその国の法律、習慣、宗教等を尊重しなければならないのであって、こともあろうに憲法まで押しつけ、東京裁判までひらいて、事後法によって裁くなどという違法行為を世界の前でひけらかしてしまった。

この瞬間に、米国という国家は、法を遵守する国家ではなく、ご都合主義的に方を改竄する国家であるということを世界に向けて宣言し、国家としての信用を失ってしまった。

さらにいえば、日本が戦前アジアにおいて果たした役割を、戦後、米国は丸抱えにし、しかも植民地にすることすらできず、ただいたずらに東亜の経済発展のために奉仕し続けるという選択しかできなくなってしまった。

そのために米国が支払ったコストが、どれだけ高いものについているか、もし、日本を支援していれば、そのコストは、すべて日本が負担していたであろうと考えれば、米国は、ある意味、非常にバカなことをやったということにしかなりません。

いづれにせよ、東京裁判というものが、戦勝国によってなされた壮大な茶番であったとことは、もういい加減、日本人の常識として定着すべきことと思います。

ただ申し上げたいのは、だからといって、ボクは米国等を恨むとか、いつまでもそのことをグズグズと責任追及するとかいうのは、よくないことだと思ってもいます。

過去のひとつの時代に、未来に禍根を残す大きな過ちをなした。
そのことを冷静に受け止め、未来にむけてその分を取り返せるように、精一杯生きて、よりよい未来の建設に寄与することこそが肝要なのだろうと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

東京裁判~世紀の茶番劇


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

歩三・安藤大尉

No title
アメリカへの恨みは、絶対忘れてはならない。
いつか、「奴ら」に復讐をしてやる。
9・11の時は、喝采をした。
ざまぁみろ!「空襲」の怖さが少しは分かったか?
その後も続く、ターリーバーンによるテロ。
ビン・ラーディン氏も「アメリカによる原爆」を批難している。
自爆車両がアメリカ軍の基地に突入するたび、私は思う。
日本の真の友は、中東にあるのだ!と。

まあ

喜寿
私も本日は神社庁で行われた祝賀会に参加して参りました。新年のお祝いには是非、玄関に国旗をと思っております。

杜若

No title
先日アメリカの日本に対する警戒感が薄れてきたと書きました。
でも、核兵器を民間人に使用しないというのはごく当たり前のことであって、日本人がそういった報復をすることはあり得ないとは彼らには思いもよらないのでしょう。

日本でも戦時中、核兵器の開発を陛下に具申したことがあったとどこかで最近読みましたが、一言のもとに拒否されたそうですよね。日本が大量破壊兵器を使用することを由としないお気持ちが伝わります。

アメリカ人の中には未だに原爆投下の正当性を主張してやまない人たちが多いらしいですね。けれどもこの世論はいずれ必ず逆転します。アメリカという国は歴史も浅いけれどもその寿命もどうなんでしょう?
私は長く続く国になるとは思えません。いずれ分裂の憂き目にあうのではと思います。
まあ、中国よりは長持ちするとは思いますが、、。(この部分は私の私情が9割含まれています。)

もし仮にアメリカという国家が長続きするにしても先行き人類史上、民間人を核兵器で大虐殺した歴史は消しようがありません。子孫に永久に重荷を担わせる結果となるでしょう。

ここ数百年の歴史をみると、人類は確実に民主主義、人権尊重、人種差別撤廃の方向に進んでいます。
これはまぎれもない事実であって、これには人知の及ばない力が作用しているように思われます。

この間の中国のノーベル平和賞への妨害工作が世界中に非難されたのも、こういった世界的潮流に水を差す行為だからというのがもっぱらです。
現在の中国を中心とする国際情勢は言ってみれば済んだ水に泥水を混ぜたような状況でしょう。
今世界は中国関連で混沌としています。しかしその汚れた水もいずれ澄んだものになっていくのではと思います。
民主化の波に一度乗ったものはもう引き返せません。

しかし、そんな中で日本の現政権は進んでその濁り水をこの国に持ち込もうとしています。
中国人にも人並みに人間として生活する権利はあります。
けれどもだからと言ってこの日本がその汚濁にまきこまれることは避けねばなりません。これは自分勝手というよりはこの国がこの近代で果たしてきた歴史を見たときに、これからの世界を主導する原動力になる力を弱めないための必然的な対処といわねばなりません。

こういったように現在の日本は非常に重大な局面に立っています。この局面に民主党のような骨のない政党にまかせるのは非常に危険といわざるを得ません。

今、日本人は一人ひとりがそういった歴史的転換点にいることを自覚し、この国の重要性を認識していかねばならないではないでしょうか。

-

No title
今日は天皇誕生日である。

自分の住む街を自転車で走ったが、日の丸を掲げている
民家や商店は一つもなかった。
クリスマスの飾り付けをしている民家や商店はあるにもかかわらず。

別に日本は多神教の国だからクリスマスを祝って悪いとは思わないが、
自国の君主の誕生日を祝う人がいないのに、
クリスマスを祝うのはやはり狂っている。

マカロン

お疲れ様でした
いいお天気で、さすが 天皇陛下の御誕生の日ですね

風が強かったけど、帰りは(厚着してたので)暑かったです

天皇陛下万歳!!


聞けて(私も言いました)大変 嬉しかったです!

やはり 日本人と日本国には 天皇、皇族方々 がぴったりしますね

もっと 前から 行ってれば…とだけ 大後悔しました…

マンション住まいなので、窓ガラスにも 日の丸 貼りました!(笑)


明日からも 一日本国民として 誇りを持って、頑張るぞ!

皆様も、ねずきちさんも お疲れ様でした

これからも よろしくお願いします

togyo

天皇誕生日、おめでとうございます。
知りながらも辛い記事です。陛下の心の傷は、私たちの心の傷です。
この良き日を祝って、日心会有志の皆様方が参賀いただけること感謝いたします。
そして私からも一言、お祝い申し上げます。

天皇陛下、77歳のお誕生日、おめでとうございます。
今上天皇におかれましては、くれぐれもご自愛のほど願うばかりです。

ma-c

No title
天皇陛下万歳。


この記事の所に書くのはいい気がしないのですが、
南朝鮮系学校や北鮮系の朝鮮学校などは今日や「昭和の日」に休みを取るんでしょうかね。
今日だともう冬休みに入ってるんでしょうか。ほとんどが法律で言う「学校」に当たらない朝鮮学校にも冬休みが?

また、民団や総連も同様に思います。

-

天皇陛下万歳
天皇陛下万歳。本日、喜寿を迎えられましたことを心よりお祝い申し上げます。
ところでA級戦犯など、アメリカ側から見たアメリカに都合の良い出鱈目な言い分です。日本の為に必死に戦って下さった先人に対して後輩である日本人の中に外国人と一緒になってA級戦犯などと呼ぶ日本人が居ることは非常に残念です。先人の恩を仇で返す馬鹿者共は本当に日本人なのか?

愛国ネットワーク

天皇陛下万歳
 ∧ ∧   ∧ ∧   ∧ ∧ 
( ・ω・∩ ( ・д・∩ ( ・∀・∩ おめでとうございます
o 天 ノ  o 長 ノ o 節 ノ 天長節3兄弟があらわれた!
O_ ノ  O_ ノ  O_ ノ 
  (ノ      (ノ      (ノ  

和崎楽遊。

祝日。
大切な史実に感謝いたします。

優兎

もういい加減、日本人の常識として...
本当にその通りですね。でも、ねずきちさんたちのおかげで、気付いている人は確実に増えてきていると思いますよ。

服部 充良

No title
遺骨の眠る殉難七国士廟のある三ヶ根山は愛知県蒲郡市にあります。私は仕事で周辺を行き来することが多く、三ヶ根山を仰いでは、今の日本国の現状をお詫びするとともに、必ずやまともな日本国を築く決意を奮い立たせております。

元組合活動家

No title
さきの大戦の考察につき同意いたします。しかしながら自国民兵士に多大な犠牲者を出してしまった以上、“勝者としての報復”は神ならぬ人間のなせる悲しい性(サガ)・・といって、いわれなき戦犯として処刑された多くの方々には今の私達皆が「皆様は断じてて戦犯ではなかった!皆様の無念さは必ずや我が国を立派に立て直すことでお許し願いますm(、、)m」と天に向かって申し上げるしかありません。米国のかっての罪は罪!ですが問題は現在の悪人どもにいかに対処するか、それが最優先と思っています。

和田

天皇誕生日をお祝い申し上げます。
すめらみこといやさか!!

ネオトウジョウ

初めましてネオトウジョウです。
朝早くからの更新お疲れ様です。

友人の紹介でいつもブログを拝見させてもらっています
いつも感銘を受けるのですが今日の記事は特に感極まり涙ながらに読ませていただきました。

いつも素晴らしい記事をありがとうございます

ちなみに今日は天長節なのでお仕事は休みにして一般参賀の中継を見て過ごすのですが
いつか国民全員がそんな風に今日という日をお祝いできる日が来たらなと思っています。

いつかは私も皇居で一般参賀を見たいです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク