1月9日は、小石川養生所ができた日



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

赤ひげ診療譚


旧暦で、享保7年12月4日というのは、新暦、つまりいまの暦では1723年1月10日にあたります。

この日、なにがあったかというと、江戸に「小石川養生所(こいしかわようじょうしょ)」ができた日です。

小石川養生所というのは、江戸の医療施設です。
治療費は全額無料です。
入院中に必要な、日用品や寝間着なども、全部支給で、全部無料です。

小石川養生所については、山本周五郎の「赤ひげ診療譚」でも有名で、映画では、赤ひげ先生を三船敏郎が演じていますので、知っている人も多いと思います。

もうれつに繁盛したしたし、ほんとうに赤ひげ先生のような奉仕的な医師も数多く輩出しています。

この小石川養生所は、八代将軍、徳川吉宗が設置を決めました。
それは、養生所がたちあがる、ちょうど一年前のことです。

吉宗が江戸市中に設置した目安箱に、小川笙船(おがわしょうせん)という当時50歳になる江戸の町医者が、投書をしたのです。

そこには、次のように記載されていた。

(1)江戸に「施薬院」を設置し、身寄りのない病人を保護すること。
(2)医療は、幕府医師が勤番で行うこと。
(3)看護人は、身寄りのない老人を用いること。
(4)維持費は、官費を用い、受診者から費用をとらぬこと。

無料で高等医療が受けられる施設として、江戸時代の小石川養生所が有名ですが、実は、小石川養生所が誕生するよりもちょうど1000年前(いまらか1280年前)に、日本には、まさに無料の医療施設があったのです。

それが「施薬院」で、天平2(730)年に、光明皇后の発願で創設され、光明皇后自らが病人の看護を行ったと伝えられている施設です。

ここでは、諸国からご皇室に献上された薬草を栽培し、庶民に無料で施した。
しかも、光明皇后自らが、患者の治療の最前線にたち、人々に慈愛を施したと伝えられています。
そしてこの施設は、奈良の都から、京都へと、なんとそののち、約300年間も、庶民の無料療養所として機能し続けた。
すごいですね。

こうした前例があるので、吉宗は、即座に江戸南町奉行大岡越前を呼び出し、具体的実現に着手させます。

そして大岡越前は、たちまちのうちに設立計画書をまとめています。
それによれば、

施設建築費=金210両
年間維持費=金289両
要員=
 医師 7名
 与力 2名
 同心10名
 女性看護婦(中間)8名

収容患者数 40名
設置場所=小石川薬園

準備万端整いました。
それで、享保7年12月4日(新暦1723年1月10日)、小石川養生所が開業したのです。

開業当初は、お上に対して、もったいないと、肝心の患者が来なかったそうです。

だから「くるしゅうない、近こう寄れ」などといっても、庶民は遠慮して来ません。

これは困ったってことになって、江戸中の木戸番の名主さんたちを養生所の見学に招待するとともに、むしろ養生所の方から積極的に、身寄りのない貧人や、看病人があっても貧しくて医療費を払えない者、行倒人や寺社奉行支配地の貧民を収容していきます。

そして医師たちが実に献身的な医療を施した。

こうした努力の積み重ねによって、小石川養生所は、江戸中期には大繁盛となり、それとともに、お上の信頼度も上がっていきます。

いま、この小石川養生所は、東京大学大学院、理学系研究科附属植物園となっており、そこには、当時使われていた井戸だけが、往年の姿をとどめています。

小石川養生所は、1000年間に現実に合った施薬院を江戸時代に再現して見せた仁術の場です。

そもそも、武士は庶民を守るものとして存在しています。
だから戦いの場では、尖頭きって戦い、命をかける。
武士は、庶民を守ることに責任を負っているのです。

そして太平の世にあっては、戦(いくさ)ではなく、病気こそが庶民の安全を脅かすものです。
ならば、武士が手伝い、医者を雇い、庶民に十分な医療が受けれるように手配する。
それは、むしろあたりまえのことである、と考えられたわけです。

光明皇后の施薬院といい、将軍吉宗の小石川養生所といい、素晴らしい取り組みだと思います。

けれど、よいこと、正しいことをしたからといって、いきなり人々が寄ってきて信用され、利用されるわけではない、ということも、このお話は示しています。

小石川養生所ができた当初は、患者さんは誰も来てくれなかったのです。

医師や同心、与力たちが、むしろ積極的に働きかけ、努力した結果、はじめて患者さんが集まり、そこで精一杯の医療を施し、苦労を重ねて、はじめて人々は、その努力を、ある意味「あたりまえのこと」として認めてくれた。

日本の保守派は、いまやマイノリティ(少数派)と言われています。
そして民主主義の世の中では、多数議席をとらなければ、日本という国がよくない方向に引きずられてしまいます。

そうならないためには、多数議席を応援する多くの庶民が、保守に目覚めることが不可欠の要因です。

つまり、保守が日本人の常識となることが大事なのです。

その常識とするためには、メディアが反日化しているいま、残された方法は、目覚めたひとりひとりが、語りに語り、つたえにつたえていくことに尽きるのではないかと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

黒澤 明(赤ひげ、椿三十朗、他) 解説:淀川長治


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

石原昌光

赤ひげ先生の名前
新出去定(にいで・きょじょう)でしたよね?確か、、
映画の中で、三船敏郎演ずる赤ひげ先生が「舌を噛みそうな名前だから」といって名乗らなかったので、興味を持ち自分で調べました。
こういう所も黒澤監督らしさかな、、、

neko

No title
なぜ、見出しは1月10日でなく1月9日なんですか?

竹島奪還

「竹島奪還」デモ行進のご案内(大阪)
「竹島奪還」デモ行進のご案内(大阪)

2月22日「竹島の日」を前に「竹島奪還」を声高に訴えたいと思います。
今さら言うまでも無く、『竹島』は日本固有の領土。そこを韓国が戦後のドサクサに紛れ上陸し、その後ド厚かましくも実効支配しています。数ヶ月前から生じている「尖閣の領有権問題」ともども、

日本国として一歩も引くことのできない極めて重要な領土問題。ご参集をお願いいたします。

開 催 日  平成22年1月30日(日)  

集  会  午後3時30分~

デモ出発     4時00分~
       ※ 大阪国際女子マラソンのため、集会、出発が当初の予定より2時間遅れます。

集会会場  大阪市西区新町北公園(厚生年金会館前)  
        ※ 地下鉄四ツ橋駅北西へ5分

経 路  ~御堂筋~韓国領事館前~難波解散(午後5時頃終了;約2キロ)

主 催  竹島を奪還する会・関西(西秀士代表)
        実行事務局 M情報 担当;藤島(090-3621-1509)

後 援  打倒民主『桜組』 外国人参政権に反対する会・関西

来 賓  梶谷萬里子(県土・竹島を守る会事務局長;島根)

お願い 
①たいへん寒くなると思います。温かい格好で。  
②プラカードは主催者で準備いたします。
③上記計画は間接、直接的に一般市民の皆さんにに対して「竹島問題」の啓蒙を目的としています。 それにふさわしくない言動、服装はご遠慮ください。また、妨害行為等に対しては『一切無視』の姿勢で行います。

マカロン

口蹄疫が朝鮮半島全域に
この年末年始に 南朝鮮行きを勧める旅行会社(TVを観ないので知りませんが)
有名なところは 前から ソーカ系(=朝鮮)と言われてましたが、ボロをだしたとこでしょうか

ツイッターでは「韓国に行き、日本に戻ったら 友達と日本各地の牧場巡りする」と書いた女がいて、今は消されてるそうですが…

前の宮崎のも、韓国菌でしたし、次回は関東圏を狙うらしいと、前からブロガーさんたちが噂されてましたし


牛や豚が生き埋めされてます
そこの地下水を飲む奴等なんか、どうでもいい!

あんな 悪魔の国は 口蹄疫のでも ペストやコレラでもいいから、破滅して欲しいです


尖閣を守る署名運動が 全国であるようです
14日~16日にかけて
私も 行きます
…あちこちのに 署名しても いいものなのかな?←するつもりですが(笑)

ねずきちさん、いつもありがとうございます

-

運鈍根とお蔭様
運鈍根
……私は「運・鈍・根」のうち、「運」を重視しません……
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen01/b_message18_06_j.html

では、何故「運」が三文字の最初に置かれているのか

おかげ様
……そのような栄枯盛衰の道理を知る故に、昔の人は「おかげ様」ということを自身に戒め、無数无量の衆生、縁あった一切の他者に対しての感謝を忘れぬようにし、もって自身に増上慢が育たぬように心身を治めてもいたのである……
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/dc4fc5ac96fda493ae3979d1a602ab83

-

破綻・再生のルール化
……日銀が設立されたのは、インフレ防止のためです。その後の経済政策は、大恐慌期を除くと基本的には「インフレ対策」であり、経済学も「対インフレ」のスタンスで高度な発展を遂げました。とはいえ、この高度の発展した「対インフレ経済学」を、デフレ期の日本に適用しようとするため、「いい加減にせい!」と言いたくなるわけです……
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10763822458.html

通りすがり

緊急告知
【緊急告知&拡散希望】チャンネル桜より緊急の呼びかけです。

民主党は13日の党大会にあたり、会場周辺での政治行動を全面封鎖するという暴挙に打って出た模様です。
これに断固対抗するため、12日に緊急の国民抗議行動を行う予定との事。

http://www.youtube.com/watch?v=YrIgu2YKQZY

時間がありません!拡散にご協力下さい!

元組合活動家

No title
たびたびのコメント、しかも今回のテーマに関係のないお話で申し訳ございませんが、私の身内(海上保安官)が六度目の(しかもよりによって年末年始!)尖閣警戒から無事帰還したとの電話が、先ほど私が留守中に家人にあったとのこと・・本当に今の政権になってから、大事な身内に危険が及んでいることを実感しております。私のコメントに最近、からかいともいえるコメントが多少あることも承知の上ですが・・それは、どこかの野蛮国家がいよいよ我が国を具体的に乗っ取ろうとした時にお答えしたいと思っておりますのでお楽しみに・・と、言ったらどこかのお馬鹿さんが答えてくれるかな・・答えたら間違いなく誰かさんは売国奴ですがね・・

愛 信

「江戸から東京へ」テキスト(教科書)案について
「江戸から東京へ」テキスト(教科書)案について
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/nihonshi.htm
東京都教育委員会は、日本人としての自覚を高める
ため、高校生に日本史を継続して学ばせることが重
要である、という基本的な考え方に基づいて、都立
高等学校における日本史の必修化を決定し、東京
都独自の日本史科目「江戸から東京へ」を開発する
こととしました。

詳細は
【教育の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj12.cgi

関連情報
【悪質な日教組、過激な大阪】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csjgsk.cgi
反日売国テレビ局・マスコミに捏造された歴史、日本
人に刷り込まれた自虐史観を払拭する為に沢山の
愛国識者のご意見投稿をお願いします。

杜若

No title
山本周五郎の作品はとても好きでした。若いころ、ほとんど読破したと思っています。

なかでも印象に残るのは「日本婦道記」ですね。
すべて、日本の婦人の生きざまについて書かれたものですが素晴らしいものがあります。
なかでも好きだったのが墨丸でしょうか。どこまでも自分を主張しない謙虚な生き方は今の自分の性格形成の一部になっているのではと思えるほどです。、、しかし実際には私は謙虚とはいえない恥ずかしさでいっぱいでもありますが、、。

上記は関係のない話でしたね。すみません。
施薬院と似たようなものに赤十字がありますね。けれども成り立ちが全然違うようですね。
赤十字の成り立ちはそもそも隔離施設が昇格したようなもので純粋に弱者救済という観点から出発したものではないようです。
日本人ていうのは単に地政学的に形成された民族とは言えないのかもしれません。
それ以上のものがあるような気がします。

元組合活動家

No title
かっては地方の医療拠点ともいえた全国に展開する市民病院が恐らく研修医制度の“改善?”による医師不足により“壊滅状態”になっております(そうでは無いという方もおられますが・)。かって私の子供達が産まれた市民病院も出産&入院ができない病院に成り下がりました。よって私の孫達は車を飛ばし、某大都市の日赤病院にお世話になるハメとなりました。現在の医療界をリードする“頭のよい方々”はこの現状をどう考えているのでしょうか?心身を鍛え、自己の「免疫力を高める」だけなら医者は無用ですが・・そうはいきませんよね?「医は仁術」の原点に立ち返ってもらいたいと祈念いたします。

猫ドン

No title
ねずきちさん
こんにちは。

江戸時代ですらそのような状態からのスタートですから、現代はあらゆ情報の氾濫・交差する時代では尚更難しですね。
人間の本能の欲が優先していますし、報道も果たして何処までが真実かも 判らない状態ですから。
歴史の真実を踏まえながら、地道に啓蒙するしかないでしょう。
何せ、教育から、政治、企業の方針総てに近く歪んでいますので、正義の定義まで歪んでいます。
只、正道・誠道だけはなんとしても守り、後世に負の遺産を廻さない様にしなければなりません。


あぅ

いい時代
現役の中堅外科医です。
この江戸時代、いや、戦前までは、無料奉仕としての医療を施す意義を感じることが出来た社会だったのでしょう。

よく、現代の赤ヒゲ先生を求める声が聞きます。
しかし、それが現実となり得るのは、受け手側に十分な度量がついた時だけですね。
個々の権利意識が異常に高い現代社会では、すこぶる困難ですが。

共通一次世代

信頼できる政治家を潰してはいけない!
政治家でも信頼出来る人がいる。

私が心からそう思えた初めての政治家が「安倍晋三」という人でした。

安倍さんを国会で3流雑誌の記事を基に誹謗中傷した民主党の「森ゆうこ」など私から見れば信頼の欠片もない政治家です。いえ、「政治家」と書くのもおぞましいと今改めて感じました。

安倍さんを叩きに叩いたマスコミの連中と、それに流され同じように咎めた国民と、あの時、味方だと思っていた「保守論客」のひとたちの思わぬ批判を今思い出しても、本当に悔しい思いで一杯になります。

「もう二度と『信頼できる政治家』を絶対に潰さないでください!!」と言いたいです。

昨日のたかじん委員会での安倍さんです。↓
後半に金美齢さんも出てきます。
安倍さんが総理をしていたとき、ずっと一貫して応援し続けていたのは金美齢さんだけだったのを思い出しました・・。


【たかじんのそこまで言って委員会 #110109 「6年目の約束 たかじん・安倍晋三 特別対談スペシャル」 - ひまわり動画】(2011年1月9日)
http://himado.in/34904
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク