義に生きる 山田方谷



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

山田方谷
山田方谷


岡山の山田方谷(やまだほうこく)のことを書いてみようと思います。

幕末の頃の備中松山藩の人で、十万両の借金にあえぐ藩財政を、わずか八年で逆に十万両の蓄財にかえてしまったという江戸時代の逸材です。

友に求めて 足らざれば 天下に求む
天下に求めて足らざれば 古人に求めよ

この言葉を遺したのが、岡山の偉人、山田方谷(やまだほうこく)です。
以前、平沼赳夫先生が、国会でこの山田方谷のお話をされたことから、一躍有名になりました。

山田方谷は幕末の頃の備中松山藩の人で、十万両の借金にあえぐ藩財政を、わずか八年で逆に十万両の蓄財にかえてしまったという江戸時代の逸材です。
後に英雄となる河井継之助は、若いころ、はるばる備中まで山田方谷を訪ね、土下座してまで、山田方谷を師と仰いでだといいます。

それだけすごい人だったから、明治維新後は、岩倉具視や大久保利通らが、山田方谷に、新政府への入閣を願っています。
けれど方谷は「二君にまみえず。二度と仕官つもりはない」と、これを頑として断り、弟子の育成に生涯を捧げました。

けれど、実は、高杉晋作の奇兵隊ですら、山田方谷の真似であったといわれています。
それだけの先見の明を持ち、さらに武人としても、戊辰戦争で岡山県の山の中の小藩ながら、家康公以来の板倉家が率いる最強の旧幕府軍(ほんとうに強かったのです)として、殿様を先頭に函館五稜郭の戦いまで、つまり最後の最後まで戦いました。

ちなみに薩長ですら、お殿様は最前線では戦っていません。
それを最後まで最前線で闘い続けたのが備中松山藩主の板倉勝清で、その傍には、常に山田方谷がいました。

備中松山藩というのは、いまの岡山県高梁市にあった藩です。山陽自動車道は岡山から岡山自動車道にわかれますが、その岡山道の、山陽道、中国道の真ん中くらいのところにあるのが高梁市です。
そこが、もとの備中松山藩です。

藩主の板倉家は、徳川家康の代からの古い名門家です。
小藩ながら、京都所司代や、幕府の老中職さえも勤める家柄で、その板倉家が、備中松山藩を知行地としたのは、将軍吉宗の時代の延享元(1744)年のことです。

実は板倉家は、高梁にきてびっくりしています。
なぜかというと、表向き石高は五万石なのに、実際には、山ばかりで平野部がほとんどなく、実収入はわずか二万石しかなかったのです。

これじゃあ話が違うと、泣き言を言えないのが、武士の辛いところで、実収入がどうあれ、5万石とされていれば、5万石相当の役務を消化しなければならないし、それだけの家臣も揃え、その俸禄をちゃんと払わなければなりません。

しかも板倉家は名門なだけに、お殿様は必然的に幕府の要職に就きます。
いまと違って、要職に就くというのは、高額の給料がもらえて豊かな生活になるのではなく、出費がいやおうなく増え、かえって生活は苦しくなる。
ですから昔は、「偉い人」というのは、「偉い」のではなくて、ほんとうは「えらい(=しんどい)人」という意味の言葉でした。

実はこうした傾向は、戦前までの日本ではむしろあたりまえのことであったといえます。
要職と富が「=」になったのは、むしろ明治以降のことです。
江戸時代は、身分の上では一番上位の武家が、お金の面では一番貧乏です。

そんなわけで藩の財政は、万年大赤字です。
もはや返すあてなどまったくない借金を、ただ毎年重ねるだけで、どうにも首が回らない。
このころの備中松山藩の財政状態を示す記録があります。
当時の藩の年間収入が7万5千両。負債が10万両。1両というのは、だいたいいまの6万円に相当しますから、板倉家の年収は45億円で、有利子負債が60億円という状況です。

そんな備中松山藩に山田方谷が生まれたのは、文化2(1805)年2月21日のことでした。
場所は、西方村(現在の岡山県高梁市中井町西方)です。

文化二年といえば、まさに江戸文化が花開いた、江戸時代の中の江戸時代だった時代です。
将軍家斉の治政で貨幣経済が世の中の中心になり、農本主義を基礎にする武家や農民は、たいへんな困窮へと向かった時期にあたります。

方谷が生まれた山田家は、もともと清和源氏の流れを汲む武家の名門なのですが、そんなご時世から、方谷が生まれるころには、農業と、菜種油の製造販売を家業とする武家兼農商家として、ようやく生計をたてていました。
つまり山田家は、武家ではあるけれど浪人中で、農家の小作(水飲み百姓)と商人を兼務して、やっと生計を立てていました。

江戸時代というと、なにやら武家がいい生活して、百姓、町人は、収奪されて苦しい生活を強いられていた、などという印象操作が戦後の日本では流行っていますけれど、そんなものははっきりいって大嘘です。
とりわけ農家は、武家に厳しく年貢を取り立てられ、生活に困った農家は繰り返し一揆や打ち壊しばかりしていたかのような印象操作が行われているけれど、現実の問題として、ご親戚に農家があるお宅なら、その家のお爺ちゃん、お婆ちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、ひもじいからといって、よその家を襲うような人たちかをちょっと考えてみれば、そんなことが大嘘だということくらい、誰でもわかります。

方谷の育った山田家もそうですが、農業をしていたといっても、それは自分の家の農地で農業をしていたわけではなくて、農家から土地を借りて農業をしています。
同じ農家でも、年貢を納めるのは、いわゆる広大な農地を持つ、大地主さんで、その大地主さんのところで、たくさんの小作農が、土地を借りて農業をしているわけです。
武家の生まれであっても、生活がたいへんなら、あたりまえのように、地主さんから土地を借りて、そこで農業をしていました。
それが江戸時代の、ごく普通のあり方です。

そんな家庭に育った方谷ですが、幼いころから、とにかく頭が良い。
寺子屋では超がつく優等生で、私塾に進学しても、そこでもとびきりの優等生です。
あまりに優秀だったため、二十歳のときには藩主板倉氏の格別のお計らいで、なんと士分に取り立てられたのみならず、藩校の筆頭教授に任命されています。

こういうところが、江戸社会のおもしろいところで、ガチガチの身分制がひかれているようでいながら、こうした大抜擢が、頻繁に行われているし、また、二十歳くらいの年齢で、どんどん責任ある役職にも就かせているわけです。
そういう意味では、年功序列の厳しい現代日本の方が、よっぽど身分固定に近いといえるかもしれません。

ちなみに、日本における身分制は、もちろん世襲制ではあるけれど、インドのカースト制のような画一的な身分差別を基礎に置くものでは、ぜんぜんありません。
身分制度は、あくまで秩序のための制度であって、会社でいえば、係長や課長といった役職と同じです。
ただそれが世襲となっているというだけで、あくまでも農家も武家も人として対等。
身分制度は、あくまで、社会秩序の維持のためのものという理解です。
なぜなら、武士は貴族とは異なり、もともとは新田の開墾百姓からスタートしています。
そういう意味では、武家も農家も、その起点は、同じところにあるのです。

藩校の教授をしていた山田方谷は、29歳のとき、貯めたお金で江戸に遊学しました。
江戸では、佐藤一斎の塾に入りました。
佐藤一斎という人は、のちに江戸の昌平坂学問所(いまの東京大学)の総長に任命される人で、当代随一の大教授だった人です。

弟子にはあの天才・佐久間象山や、絵画で有名な渡辺崋山、幕末に大活躍する横井小楠などがいます。
なかでも山田方谷は、毎日のように佐久間象山と激論を交わし、ことごとく象山を論破してしまっていたそうです。
それで、コイツはすごい奴だということになって、山田方谷はここでも名を上げています。

時がたって、嘉永2(1849)年、方谷が44歳のとき、藩主が交代して、彼は新藩主の板倉勝清から、藩の元締役(もとじめやく)への就任を要請されます。
藩の元締めというのは、藩政の一切を仕切る者ということです。
立場的には、実質藩主に相当する強権を持つ。
その強権をもって、破綻寸前の備中松山藩を救ってくれと依頼されたのです。

すごいじゃないですか!
見事、栄達!!などと考えるのは、現代人の考え方です。
これはたいへんなお役目で、逆に「その強権をもって破綻寸前の備中松山藩を救えなかった」ときには、切腹を仰せつかることになる。
喜んでいられるようなポジションではないのです。

元締めに就任した方谷は、まず書を著しました。
それが「理財論」です。
その本の中で方谷は、「義を明らかにして利を計らず」という漢の董仲舒(とうちゅうじょ)の言葉をひいて、藩政の財政改革の基本的方向を示しました。

そしてまずは、負債の整理に取り組みました。
方谷は、就任後すぐに大阪の御用商人のもとに赴き、有利子負債の利息の全額免除と、元本について五十年間の借金返済棚上げを要請したのです。
これには、大名相手の貸金をしている両替商たちが、びっくりします。
いままでの人は、ただ頭を下げてカネを貸してくれの一点張りだったのに、山田方谷は「カネを貸してくれ」ではなくて、「借りた金を払わない」と言ってきたのです。
その代わりに方谷は、単に債務を免除しろというだけではなくて、具体的な藩の財政の再建計画を提示しました。

財政再建というと、いまの政府や企業の多くがそうなのだけれど、まず語られるのは、経費の削減です。
人員を削減し、歳費をカットし、予算も縮小し、公共事業を減らす。
そういう一時的な経費削減によって、利益が出たといって喜びます。
けれどこの方式は、すぐに破綻します。

簡単な例を申し上げます。
利益を出すために、人件費を100%カットして、全社員をクビにします。
するとその年の決算は、人件費がなくなった分、巨額の利益を計上できます。
けれど、その翌年には売上がゼロになり、倒産します。
あたりまえの単純な理屈です。

人件費をゼロにしなくとも、カットとするだけで、社員のモチベーションは下がり、売上はさらに低迷します。するともっと経費を抑えなければならないという情況に追い込まれ、会社はどんどん萎縮していきます。
そして最後には、それが会社なら倒産してしまうし、国家や行政なら、財政が破たんします。

すこし考えたら、誰にでもわかることです。
絵にかいたようなバカな動きなのだけれど、現実にはこれこそが財政再建の道だと、大真面目に語る人が多いことには、ほんとうに驚かされます。
けれどこれには理由があります。

本社にいて、人員カットを言い出す本社スタッフは、自分のクビは切られないと思っているのです。
本社のエリートスタッフが、年収1000万もらっているとして、会社の売上が2割減ったなら、じゃあ、本社スタッフも、責任をとって給料を800万に落すかというと、そうはならない。
彼らは、自分の給料を翌年1100万にするために、現場の年収300万の社員二人のクビを刎ね、自分の給料だけはアップしようとするのです。
こういう馬鹿者たちが本社のエリートスタッフを気取るようになると、その会社はたいてい潰れます。

ところが山田方谷は、莫大な藩の借金を返すのに、ただ経費削減を述べたわけではありませんでした。彼は言うのです。
「政(まつりごと)で大切なことは、民を慈しみ、育てることです。それこそが大きな力である。厳しい節約や倹約だけでは、民は萎縮してしまう。」

では、どうするかというと、彼はタバコや茶、こうぞ、そうめん、菓子、高級和紙といった備中の特産品に、どれも「備中」の名を冠して、江戸で大々的にこれを販売するというのです。
しかも「備中」をブランド化するという。
これは、いまでいったら「宮崎県産」みたいなものです。

西国の藩は、藩の製品は、大阪に卸し、大坂商人に、販売を委ねていました。
ところが方谷は、これを船で直接江戸に持っていき、江戸で、大々的に売ると言うのです。
しかも売る場所は、江戸の藩屋敷だという。
問屋や流通を経由しない分、中間マージンがありませんから、その分、安く売ることができ、利幅も大きい。
商品はめずらしいものばかり。
しかも、おいしい。
その場で、食べることもできる。
なかでも備中そーめんは、後日、たいへんな大ヒット商品に育っています。
直販ですから、藩はまる儲けです。

さらに方谷は、これをさらに効率的に推進するため、藩内の体制組織を、従来の身分制にとらわれない、能力主義による会社的機構にするといいます。
この時代、そもそも大名が正直に実態の石高を商人に語ること自体が、まずなかった時代です。
その時代に、正直に藩の財政の実態を明かしたのみならず、藩の産業振興策を、しかも大阪商人たちに、あなたがたを通さずに、直売しますよ、と言い出したわけです。

こうなると、大坂商人たちは、自分たちの利権を失うわけです。
しかも借金の利息は負けろ、元本は50年払わない。
よくもまあ、そんな大胆なことを言ってのけたものです。

けれど、商いに厳しい目を持つ大阪商人たちは冷静でした。
欲をかいて備中の物産の仲買をするよりも、すでに10万両(60億円)にのぼっている貸金をしっかりと取り立てた方がいいと計算したのです。
そして、方谷の財政再建計画書をみて、完全に彼に賭けようと決めました。
大阪商人たちは、方谷の申し出通り、備中松山藩に対する支払いの50年の棚上げと、利払いの全額免除を承認したのです。

さらに方谷は、産業の育成を図りました。
何をしたかというと、備中で採れる砂鉄を使って、当時の日本人口の8割を占める農家を相手に、特殊なクワを開発して販売したのです。
これが「備中鍬(びっちゅうくわ)」です。

備中鍬というのは、三本の大きなつめを持ったフォークのような鍬(クワ)です。
それまでの鍬は、先端部分が平板です。いってみればスコップが曲がっただけの形をしています。
土を耕そうとすれば、その面積全部の重量が手や足腰にかかりますから、たいへんな負担になる。
しかも木製のクワが当時はまだまだ主流で、これはすぐに壊れてしまうという難点があったのです。
それを鉄製で、しかも爪タイプにすることで、土を掘り返すのに適した便利な形に改良したのです。
自らも農業を営む方谷ならではの発想です。

備中鍬は、なんと全国で売れに売れました。
備中鍬は、全国的な大ヒット商品となったのです。
おかげで50年棚上げしてもらった借金は、ほんの数年で、なんと元利金とも、全額完済してしまいました。
さらに8年後には、藩の財政は、完全無借金経営となり、なんと逆に10万両の蓄財まで実現してしまったのです。

そして経済的には備中松山藩は、表向き5万石の石高ながら、実質は20万石の力を持つとまで言われるようになりました。
ここまでくると、もうすごいとしか言いようがありません。
まさに成功を絵に描いたような躍進ぶりです。

ここに大切なことがあります。山田方谷がこれを実現した背景には、方谷の、「まず“義”があって、そのうえで”利”をはかる」という、明確な考え方があったということです。
小手先の技術で儲けようとしたのではないのです。
「義」というのは、己を犠牲にするという精神です。
藩だの武家だのという見栄を捨て、藩民のために、江戸藩邸を小売りのための商業施設化し、また、武家の名誉を捨ててまで、商家にも頭を下げる。
そして藩の武士たちも、虚栄を貼るのではなく、武士自らが進んで藩民のために働く。
その結果「利」が生まれる、ということです。

「利」を先にすれば、かえって「利」は遠のく。
もうすこし具体的に言うなら、日本をバカにし、命をかけて戦った先人たちを誹謗中傷するようなバカ者たちが、目先の「利」だけで政治をすれば、あっという間に日本から「利」がなくなり、日本は超のつくド貧乏国になる。
そういうことを、まず藩民に対して、明確にしたのです。

あれほど世界に誇る高い技術力をもち、世界第二位の経済大国だった日本が、この二十年、世界のGDPが二倍に成長する中で、日本だけが完全に横ばいです。
世界が二倍に成長して、日本が横ばいということは、日本経済は、この二十年で二分の一に縮小したということです。
まずは人々が安心して働け、それこそ終身雇用が実現できるような社会体制を築き上げる。
そのために、政府の規制を強化し、財政を出動させて景気に弾みをつける。

会社の利益のために、社員をリストラし、雇用を縮小したら、庶民の生活は不安定になり、個人消費は停滞し、企業はモノが売れなくなり、利益が上がらなくなり、金融機関は貸しはがしするから、会社はつぶれ、国民の生活は、みるみる壊れていってしまいます。
「利」が先で、「義」を後にするから、そうなるのです。

方谷のしたことは、それらとはまったく逆で、先に「義」優先したからこそ、巨額の「利」が生まれたのです。
簡単な話、「この国を守る」と、国が明確に決断しただけで、この国のあらゆる産業が活性化し、工業は息を吹き返し、企業秘密は厳守され、食糧自給もあがり、景気も良くなり、生産物の品質もあがり、教育レベルも向上します。
まずは「義」をたてることが、先なのです。

時代は、音をたてて変化していきます。
幕末、世の中が混沌としてくると、方谷は、藩内に農民で組織する戦闘部隊である「里正隊」をつくりました。
「里正隊」の装備は、英国式で、銃も最新式です。
方谷は、西洋の力を認め、藩政改革に積極的に組み入れたのです。
教練も、西洋式にしました。

農民兵を用いて、西洋式装備と教練を施し、新たな軍事力とする。
後年、この方谷の「里正隊」を、高杉晋作が「奇兵隊」つくりのモデルにしています。
また、山田方谷とともに佐藤一斎塾で学んだ、幕府の直参旗本の江川英龍(えがわひでたつ)も、同様に幕府内に農民兵による陸軍の創設を図っています。

こうしてさまざまな藩政改革をし、藩の立て直しをはかった、まさに天才といえる山田方谷ですが、本人は、けっして順風満帆というわけではありません。
浪人していた半農出身者でありながら、殿のおぼえめでたいことをいいことに、藩政を壟断し、武士を苦しめていると、藩内ですさまじい誹謗中傷に遭っています。

実際、方谷は、農民からの取立てを減らし、商人からの税を増やして(当然です。商人たちは藩の事業用の商品資材を運んで大儲けした)います。一方で、藩の冗費の削減のために、藩士たちの俸禄(給料)を減らしています。
城内でも、ご婦人たちにとことん節約を命じている。

これが一部の藩士たちの反感をかい、目先の欲に取りつかれた一部の御用商人たちが、アンチ方谷派の武士たちのスポンサーとなって、方谷を非難したのです。
当時の川柳や狂歌が残っています。

 やま山車(だし)(山田氏)が
     何のお役に立つものか
 勝手に孔子孟子を引き入れて
   なおこのうえに
     カラ(唐)にするのか

さらに武士たちを怒らせたのが、彼ら上級武士に、藩の辺境の地での開墾にあたらせたことです。
なんで武士が百姓などするか!と、見栄を張る武士たちからは、文句が出る。
加えて「里正隊」です。
西洋の実力を知った方谷からしてみれば、いつまでも「刀による戦い」ではないだろう、となるのだけれど、刀に固執する武士たちには通じない。
方谷は、武門の血を穢している、となる。

こうなると、方谷が、藩の物資を江戸藩邸で販売していることさえも、憎悪の対象になります。
挙句の果てが、賄賂疑惑をねつ造され、あらぬうわさまでたてられたのです。
このことはウワサだけにとどまらず、ついには藩内の過激派武士たちによって、方谷は命さえ狙われるようになっています。

実際にはどうかというと、方谷は、賄賂などまったくもらっていないし、むしろ藩から大加増の内示をいただくけれど、これも辞退しています。
もっとも辞退したはいいけれど、彼は藩内を、毎日あっちこっち移動しています。
人が動けば、それなりにカネがかかる。
おかげで家計は火の車です。

ついには方谷は、奥さんにまで逃げられています。
そしてこれがまたいけないことには、普段の方谷の服装は、全部奥さんが面倒見ていたのに、離婚後は、誰も方谷の服装をみてくれない。
方谷自身は、日ごろからほとんど服装に無頓着な人なので、真っ黒に日焼けして街道を歩く姿は、どこからみても、浮浪者の無宿人くらいにしか見えないし、威厳のカケラもない。

加えて方谷は、どういうわけか大量に水を飲む男で、いつも馬鹿でかいひょうたんを持ち歩いています。
垢と埃にまみれたヨレヨレの粗末な着物で、バカでかいひょうたんを持って、街道をあっちこっちしているわけです。
要するに、見た目、ぜんぜん立派そうではない。
どっから見ても、薄汚い浪人者でしかない。

名門板倉家の上級武士たちが、なんであんな土方の親父みたいなのの言うことを聞かなければならないんだ、という気になったとしても、何の不思議もありません。

けれど方谷は、話すと、めちゃめちゃ明るく、さわやかな男でした。
そしてこの男が、徳川第十五代将軍、徳川慶喜の「大政奉還の起草文」を書いているのです。

そして、越後長岡の河井継之助は、戊辰戦争で負傷して亡くなるとき、「備中松山に行くことがあれば方谷先生に伝えてくれ、俺は生涯、先生の教えを守ったと」と語って絶命しています。

河井継之助は、死後、明治になってから、慰霊碑を建造することになったのですが、このとき日ごろ継之助が敬愛していた山田方谷に、碑文を書いてくれと依頼が来ています。
けれど、方谷は、手紙で断っています。そのときの文面です。

 碑文を
  書くもはずかし
   死におくれ

実際には、備中松山藩は、方谷によって、軍事、教育の改革が行われ、藩内には塾十三、寺子屋六十二という、圧倒的な教育体制がひかれました。
さらにこれらの学校で優秀な成績を修めた者は、百姓、町人の区別なく、どしどし役人に抜擢しています。
さらに豊富な藩の財政をバックにした「里正隊」は、身分の別なく完全能力性によって洋式軍隊教練を受けています。
戊辰戦争では旧幕府側軍団として、藩主板倉勝清を先頭に立てて、ついには箱館まで転戦しました。
備中高梁藩は、最強の洋式軍団となったのです。

明治2(1869)年、五稜郭の函館戦争で大暴れした後、備中松山藩は官軍に降伏します。
藩主板倉勝清は、禁錮刑となり、石高も二万石に減封されました。
そして明治4年、廃藩置県によって備中松山藩は、高梁県となり、以後、深津県、小田県を経由して、岡山県に編入され、現在にいたっています。

河井継之助碑文依頼への方谷の返事は、最後まで男を貫き死んでいった愛弟子に対し、戊辰戦争後もこうして生き残っている我とわが身を恥じた方谷の心を表しています。どこまでも謙虚なのです。

方谷は、明治になってから私塾を開き、多くの人材を育てました。
そして明治10年6月、73歳でこの世を去っています。

方谷の言葉です。

 驚天動地の功業モ
 至誠側但国家ノ為ニスル公念ヨリ出デズバ
 己ノ私ヲ為久二過ギズ

(どんなすばらしい功績も、国家のための至誠と公を大事にする心から発したものでなければ、それはただの私欲にすぎない)

戦後生まれの私たちは、仕事をするのも教育を受けるのもすべては「自分のため」と教えられるようになりました。
けれど山田方谷の生涯は、公のために生きることの凄味を私たちに教えてくれているような気がします。


 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

備中の聖人 山田方谷【岡山の歴史と文化】


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
今破綻国家として迷惑掛け通しのギリシャ辺りにこういう事跡を教える術は無いものかねえ。決して損にはならない話なんだが・・・。

もっともあの辺りでは公務員や年金受給者が完全に「上級武士」の「守旧派」と化して倹約令を排撃する世界になってるんだけどね。

遠藤

No title
 国鉄の伯備線には方谷という駅があります。地名ではなく、山田方谷から名前をとったものです。方谷橋もおそらく名前を顕彰するためにつけたものでしょう。それ程山田方谷がその土地では慕われていたという証明です。

やっち

No title
山田方谷は五稜郭から江戸に主君勝静を連れ戻し隠居させ、新しい藩主を立てて松山城の開城を朝廷に伝えて、勝静と領民を救うことも成し遂げていますね。
勝静も、隠居させられたにもかかわらず、方谷を非難したりはせず、むしろ彼の領民を思っての行動を慰労していました。
「幕末でなければ、祖父の松平定信公以上の名君になれていたであろう」と、友人であった勝海舟が言っていた通り、本当に良き主君であり、良き幕臣であったのでしょう。
方谷は備中聖人と呼ばれるにふさわしい人物ですが、勝静も方谷が仕えるにふさわしい人物だったのでしょうね。

テンプラ学生

私は司馬遼太郎のファンですが、特に「峠」が好きです。
ですので、山田方谷の名前だけは知っていましたが、このような大偉人であるとは知りませんでした。
自分なりに調べてみたいと思います。

良いお話を、有り難うございました。

愛信

人民幣升値 中國民營企業面臨考驗
人民幣升値 中國民營企業面臨考驗

アメリカ大統領のオバマ氏はこの度の胡錦濤氏の
アメリカ訪問で、人民元の切り上げを引き続き要求した。
しかし中国で深刻なインフレ続いていて、中国の
民営企業にとって人民元の継続切り上げは赤字経営、
又か生産停止を意味する。

人民幣升値 中國民營企業面臨考驗http://ap.ntdtv.com/b5/20110120/video/48679.html
(動画)
全文和訳
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

思い起こそう、今だからこそあの時の衝撃を
【緊急提言】自民党は所属国会議員の出自を示せ!
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-233.html

ミミ

感動しました!!
山田方谷という方の、映画があればいいのになぁ~と思いました。

今は、私が強すぎて謙虚さがなくなり、殺伐とした世の中になっています。
もっと、義のため私を押さえ、謙虚さをとりもどさないといけないと思います。
それが、私の利益になっていくんですね。

頑張ります!!

-

国体と政体
近代国家(国民国家)樹立の礎
だから、日本は天皇という世界最高の権威を戴くことが出来るのです!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/nobu_aidasort5694/1730238.html

少女貴族

理想郷江戸
今日も為になる御話を有難うございます。

話の本筋と関係なくて申し訳ありませんが、世の中の江戸時代の捉え方はそんなに酷い物になっているのでしょうか。

私の学校の歴史の先生は江戸時代が農民ビジネスの時代だった事や江戸が世界一清潔だった事、民主主義の準備があった事などを教えてくれたため、私の江戸時代の印象は元々良く、それが当然と思っておりましたが、世間一般の見解はやはり貧農史観なのでしょうか?

農民一揆があったのは知っていますが、略奪やら強姦やら・・・聞いた事がありません。一体そんな酷い事を誰が言っているのですか?どの位の人が信じているのでしょうか?知っている方教えて下さい。

ただ、切り捨て御免の誤解が多いのは実感します。
昔私が「江戸時代に行ってみたい」と言うと、母は「切り捨て御免の時代には行きたくない」と言っておりました。母には武士が人を斬った後には厳しい裁判があるから簡単に人は斬れないと説明して分かって貰えましたが、この間は新聞のコラムにもそのように書いてあって電凸でもしようかと思いました。

それでも江戸時代からの伝統を受け継ぐ人は沢山いて、テレビにもよく出ていらっしゃいますから、情報弱者でもちゃんと見ていれば良い時代だとわかると思います。そう信じたいです。

-

No title
高梁市には方谷橋という橋があります。
もう狭くて殆ど使われてませんが
おそらくこの方が建てられたのかな?

-

【若宮健】パチンコに溺れる日本、全廃した韓国[桜H23/1/20]
射幸性などが社会問題として論じられつつも、一大産業として日本社会に深く根付いてい­るパチンコ。意外にも韓国が2006年に全廃したいきさつや、翻ってパチンコ批判がタ­ブーと化している日本の現状、業界をめぐる知られざる実態などについて、長年パチンコ­問題を追い続けてこられた若宮健氏にお聞きしていきます。
http://www.youtube.com/watch?v=byA-wh37mow&feature=youtube_gdata

ねずきち

No title
みなさん、コメントありがとうございます。
共通一次世代さん、いつもありがとうございます。

野麦峠のお話、おっしゃる通りなのです。
この件につきまして、ボクも書いてみようと思います。
その際、共通一次世代さんの文を、本文に引用させていただきますね^^

共通一次世代

No title
>なにやら百姓は、繰り返し一揆を起こして、代官所を襲って米蔵を奪い、商家を襲って金品や財物を奪って娘を強姦して暴れていたなどと、わけのわからない貧農史観が最近の日本ではまかり通っている。・・・


「百姓一揆」という言葉を歴史の授業で聞くたび、なんとなくピンとこなかったのは、このせいかなと思います。

昔、『あゝ野麦峠』という映画を見ました。大竹しのぶが主演でした。

飛騨の若い女性が過酷な労働環境の製糸工場に無理矢理行かされ、「富国強兵」のもと必死に働く。その過酷な労働のために病に侵され、工場側は冷酷に放り出すように女工を捨てる。
迎えに来た兄の背負われ野麦峠を下っていく。『ああ飛騨が見える』と言いながら、二十歳の若さで死んでいく主人公・・。

工場側の人間は全て悪、国のいわば軍国主義政策に押しつぶされた飛騨の若い女性たち。暗い、、とにかく暗い・・。これが映画のイメージです。
思えばコレも左翼的歴史史観じゃなかったのだろうかと思いネットで調べてみました。

みねさんは実在の人物で「百円工女」として優秀な働き手だったそうですが、「百円工女」というのは当時、家1軒を立てられる程の高収入を得ていた工女の事なのだそうです。確かにみねさんは若くして亡くなったので不幸でしたが、彼女は「糸取工女」になる事によって高収入を得て親孝行する事もできた。

映画での「辛くて悲しい」イメージが余りに強く、また「女工哀史」という言葉でより「悲惨な女性たち」として語られているようですが、又違う観点もあるようです。
 
【以前に岐阜新聞に出ていた記事内容『野麦峠を越えた女たち』から】(抜粋)

===============
しかし大勢の糸引きを輩出した飛騨地方では、「糸引き」が「かわいそう」の代名詞ではない。
高齢化が進み、数少なくなった糸引き経験者たちからは、惨めさどころか、糸引きであることに胸を張る証言が多い。
 
同市久々野町小屋名の岩本あきさん(93)は、大正から昭和初めにかけて、長野県の岡谷の製糸工場へ出稼ぎに行った糸引き経験者。
13歳から8年間勤め、うち3年間は野麦峠を歩いて超えた。
「家から野麦まで1日、工場までは(途中汽車に乗って)2日掛かった。着物をはぐって腰巻きして、頭は桃割れでな、わらじを履いて越したよ」

岩本さんは農家に生まれ、6人兄弟で育った。
親類の紹介で出稼ぎに行くことが決まり、最初は不安で泣いた。
仕事は厳しかったが、1年間に現金五百円を稼ぐ優秀な糸引きとして周囲から羨ましがられた。
 
農村では当時、現金収入が無く、岩本さんは家の暮らしを随分助けた。
「給料を親に渡すと、神棚に飾って喜んでいた。成績の良しあしで給料が決まるから神経使うけど、毎年綺麗な反物を貰えたし、勤続5年で鏡台を貰った。集落の同い年では、持っとる者がおらんほど高価なもんやった。今でも大事にしているよ」

同市朝日町青屋の平田やよさん(90)は、昭和初めに高山市の製糸工場を辞め、わざわざ信州へ行った。
「周りの友達が皆糸引きになって、反物を貰っていた。私もけなるうて(羨ましくて)連れて行ってくれと頼んだ。親からは反対されたけどな」

9月の故郷の祭り見たさに友達と工場を抜け出し、野麦峠を越えて帰ってきたスリル満点の冒険談もしてくれた。
「糸引きに行って良かったなー。嫁に来てからの方が貧しくてよっぽど大変。ご飯が食えんで、ササの実(野麦)を団子にして食べたよ」
時代が違うのかもしれない。
しかしこれらの証言もまた、糸引きの真実に違いない。
==============
昔と今とでは農業も含めて労働内容も違うため比較できないし、一概に生糸工場だけが厳しいというわけではなかったこと。また、女工さんは「技術者」でもあったこと。

それを考慮せず、「女工哀史」の名のもとに重労働、低賃金、奴隷的扱いをされたという事を殊更強調されるのは、やはりサヨクの歴史観は蔓延っているせいだと感じます。
今の中学生の教科書にも「野麦峠」は載っています。

思えば「日本の労働環境は昔から劣悪」というイメージが刷り込まれているように思います。
中学生の歴史教科書を見れば、いかに、その方向からの記述が多いか、いかに、弾圧された共産主義者をやたら持ち上げ共産主義礼賛で書かれているか。

民主党と癒着している官公労、自治労、日教組。これらの組合の現在の存在はこうした歴史教育の中でより強固になってしまったのだと思います。

真面目な日本人が疲れたとき、彼らは甘い言葉をかけ、「懸命に働く事など馬鹿らしい」「あなたはもっと楽になる」と暗示をかけてきた。疲れたのは社会のせいだ、国のせいだ、と洗脳する。

それが結果として菅のような「ただの扇動家」を総理にしてしまった。

二児の母さんへ
私も二児の母です。もう大学生と中学生ですが。二人とも完全に「ゆとり世代」と呼ばれる世代です。
自分が昔、マスコミに流され、社会党に投票した(自社連立政権となった)ことがこうして子供にまで影響してきました。因果応報です。
いい加減なことをすれば必ずその報いが来る、と思っています。本当に馬鹿な行動だったと思います。

元組合活動家

No title
本日も、私では知り得ない「偉人」のお話し教えていただき、ありがとうございました。無骨者の自分とて、とてもそのような方々には近づけませんが、少しでも「世のため人のため」微力を尽くす人生を歩みたいと思っております。

愛信

小沢氏拒否 さらに聴取求めるべきだ
小沢氏拒否 さらに聴取求めるべきだ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110119/stt11011903190009-n1.htm
小沢氏は裁判への影響などを理由に国会での説明
責任も果たそうとしていない。

日本人社会の破壊者、政治とかねに塗れた民主党は
嘘も100回言えば日本国民を騙し通せると言うのか、
40兆円以上の赤字国債を発行して日本の資産をくす
ねる手口は小沢一郎そのもの。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

りっけん3

今、丁度「峠」を読んでいます。
いつも読ませていただいています。
実は今丁度「峠」を読んでいますのでとても興味深く記事を読ませていただきました。
ついでに言うと少し前に「燃えよ剣」を読んでいたときに、甲賀源吾についての記事を拝見してその偶然に驚きました。
今の政治家は古人の考え方に学ぶべきですね。政策よりもむしろ心構えとして。

いっちゃん

方谷駅に行ったことあります
いつも携帯で読ませていただいています。
今日の記事は力が入っているなぁと感じました。私の携帯では全文表示できなくて残念です。

山田方谷を知ったのは小説 峠 でした。日本には教えられていない偉人が大勢いますね。

ねずきちさんの記事は全部読んでいませんが、高峰讓吉の記事がまだでしたら取り上げて頂きたいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク