中越沖地震で分かった日本人の美徳



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

柏崎刈羽原発
柏崎刈羽原発


日心会のMLからです。

~~~~~~~~~~~
高山正之著『偉人リンカーンは奴隷好き』新潮社の引用です。

----------------
【中越沖地震で分かった日本人の美徳】

中越沖地震把連休のさなかの七月十六日に起きた。
M6.8。

震源からわずか20キロほどの東電柏崎刈羽原発の揺れは半端ではなかった。

原子炉は危ない。

揺れを感知すると自動的に炉を止める仕組みをもつ。

例えば制御棒の挿入。

原子炉はウランに中性子をぶつけて分裂させ、その際に出る熱エネルギーで発電する。
制御棒はその中性子を吸着する。
中性子がなくなれば炉は止まる。

しかしこの日の地震は想定の六倍のおおきさだった。
炉の運転停止どころでなく予想を超えた不具合の発生もあり得た。

4号機の制御室にいた当直班長、入沢善孝はまず部下に机のしたにもぐるように指示した。

その部屋からは原子炉容器が見下ろせる。
左手の燃料棒貯蔵プールには満々と水が湛えられている。

水は危険なα線やβ線を通さない。
すぐれた遮蔽材だから使用済みを含め燃料棒は真水のプールで保管される。 泳ぎたければ泳いでもまったく危なくない。

ただ今日は様子が違った。
激しい揺れで水面がうねり、岸壁に寄せる波のようにしぶきを跳ね上げていた。
底が抜けたら大ごとだ。

揺れが収まったとき、制御室の計器は緊急停止装置が作動し、炉が正しく停止したことを示していた。

緊急装置も機能を保ち、プールの水もゆっくりと静けさを取り戻していた。 


原子炉制御は「止める」「冷やす」ともう一つ「閉じ込める」がある。
高放射性物質が詰まる炉を外界と完全に遮断することだ。

これも正しく作用したが、問題が残った。
運転中だから高温の蒸気が炉心から発電タービンに送られていた。
それが遮断された。

ということは炉心内のパイプには280度の高圧蒸気が残っている。
それを抜くのには長時間の慎重な作業が必要だった。

入沢は部下に言った。
「悪いが、自宅に電話をしないでくれ」

揺れは凄かった。
耐震性に万全を期した原発の外では路面に亀裂が走り、陥没もあった。
それで変電室のボヤも起きた。

備えのない民家はもっと深刻な事態が予想された。
実際、後の調査では社員の家31戸が全壊し、82戸が半壊していた。

家だけでなく家族の安否もある。
それを今は考えるなという班長の言葉に全員が頷いた。

お粗末なソ連や米国とは違う。
俺たちの職場から世間様に迷惑をかけるような粗相は出さないという思いからだろう。

汗みどろの時間が過ぎて圧は見事に抜けた。
2号機も同じ状況だったが、これも夜勤明けの社員や駆けつけた非番社員の協力で正常値に戻った。

一段落した三日目、部下の1人が帰宅したいと班長に伺いを立てた。
もちろんいいが、なぜだ。

『自宅の取り壊しがあるので』と部下は答えた。

家庭より原発の安全性を優先させた責任感を日本機械学会が表彰した。
少なくとも福知山線の事故現場から逃げ出したJR職員とは雲泥の差がある。 
しかし地震発生から密着取材した朝日新聞はこの話をネグった。

代わりに、泳いでも平気な燃料プールの水がバケツで何杯か排水口から日本海に流れ出て「日本海が汚染された」という大嘘を書き並べた。

びっくりした国際原子力機関が調査にきて汚染水流出を否定した上で、七段階の事故評価を「0」つまり安全上の問題はまったくなかったとした。

しかし朝日は「調査団はなお長期間の点検が必要だと言った」ともっと大嘘をついて、原発の運転に待ったをかけた。

このデマで東電は火力発電に頼ることになり、排出CO2が増えた。
朝日はその分、中国から排出権を買えと勧める。

その一方で朝日の立てた風評被害の尻拭いに東電は三十億円を支払った。
こんなごろつき新聞をほかに知らない。

朝日は先日の社説で、
「自然エネルギー利用を拡大して原発をやめろ」と書いた。


馬鹿に教えてやる。

ガボンのオクロには天然の原子炉がある。
あれも立派な自然エネルギーなのだ。
------------------

東電は、朝日新聞に損害賠償請求できるはずです。
まさに、ゴキブリ新聞。

~~~~~~~~~~~

このエントリーに対するコメントも一緒に掲載させていただきます。

【Tさん】
よく「マスコミは腐っている」という表現を使う人がいますが、私はそんなレベルはとっくの昔に越えていると考えます。 

特に朝日新聞は明らかな「売国新聞」であり、社員は共産主義者で打倒天皇制を望んでいるのでしょう。

つまり皇国日本の完全崩壊こそが彼らの最終目標となのだ、と思っています。


【Kさん】
Tさん、御紹介ありがとうございます。

要約を見ただけでも、朝日新聞が東電に与えた被害の大きさを知ることができますね。

勿論30億円の被害だけでなく、その原因となった風評被害は日本における原発設置に対する大きな足かせとなっています。

またその他の記事では、南京大虐殺、朝鮮人従軍慰安婦などこの新聞の所為でどれだけ多くの企業日本人が被害をこうむって来たかを考えると恐ろしくなります。

自然エネルギーを利用することは、環境保護に良いように見えてもそれは物事の一面しか見て居ない者の戯言に過ぎません。

自然エネルギー利用で発電できる電力量はたかが知れています、ためしに朝日新聞社が新聞の印刷所を全て自然エネルギーにしてから御意見を承りたいものです。

【Sさん】
新しい戦争・侵略の形だねぇ。

《三戦》

・情報戦
・法律戦
・心理戦

例えば、
中国側の戦略としては、まずはメディアと教育を抑え、"情報戦"で敵国の国民(日本人)を痴呆・洗脳し、中国に有利な政治家(民主党)の議員を選挙で有利にに、"法律戦"を有利にする。

国の舵取りを議員経由で掌握し、資源外交(レアメタル等)により"心理戦"で勝利するってな、感じでね。

これに対抗できる戦略を考えないと……日本人負けちゃう的な??(苦笑)

今の侵略の仕方
・三戦
・人工侵略
まずは↑だと思う。

で、最終手段はドンパチ??的なね。

朝日新聞とかその作戦に乗ってんじゃあないの??

最悪だけどねぇ…

~~~~~~~~~~~~~

みなさんは、どう思われますか?

「新聞は、単に事実の報道にとどまらず、是非善悪を、高い次元、高い道義をもって判断し、善なるものはこれを宣揚し、悪なるものはこれを糾弾して世論を喚起する」

という言葉は、明治のはじめにやまと新聞を創刊した福地源一郎の言葉です。

朝日新聞に、新聞を語る資格なし!と、ボクは思います。

みなさんは、いかがお思いですか?

 ↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

もう時間がない。戦おう!





日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

花うさぎ

改めて良い話しですね。
この話は私も一昨年の四月に直接聞いて、ブログで簡単に紹介しました。

高山正之が語る「日本の力」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/998763/

さすがに話よりも文章の法が良くまとまっていますね。当時、高山氏が意外と原発の事情に詳しいので驚いた記憶があります。

与作

No title
日本に帰化した李選手について、激しく非難している人がいますが、その人たちの李さんに対する要求のレベルが大変高いのに驚きます。
同じ要求を日本人に対しておこなった場合、その要求に答えられる人がどれだけいるでしょうか?
またそのような厳しい批判をしている人自体が、その要求に応えられないのではないかと思います。

垂逸

国籍
ブラジル、台湾の方の日本への帰化と、日本人(や、韓国人、中国本土人)の外国への帰化は同じ基準では語れません。
ブラジル、台湾の場合、他国に帰化しても原国籍を失わないのです。これはアメリカも同じです。国内法がそうなっている国の国民は、他国に帰化することをあまりためらいません。
ブラジルの場合はそもそも国籍離脱が出来ません。政府が便宜上国籍離脱証明というものを発行するそうですが、その証明書は本人の国籍に関して何の効力も持たないそうです。

しかし、日本(や、韓国、中国本土)の法律では、他国に帰化した場合原国籍を失ってしまいます。アメリカに永住している日本人の多くはこの規定のために帰化することをためらいます。韓国、中国人にもそういう人は多いです。

このあたりを考えると、日本で生まれたとはいえ韓国籍を維持していた李選手が日本に帰化するためにはブラジル人が日本に帰化するよりもずっと大きな決意が必要だったはずです。

-

あらゆる運動にサヨクが侵入している。これを「細胞」と言う。
今日のつっちー (土屋たかゆき先生)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/enter.html

-----------------------------------------
雑誌「正論」に『甦る「革命は警察から」と言う歴史」
2011.02.01

http://cgi.www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=4

-

八目山人さんへ
そうですね。
また、山本七平が『常識の研究』の中の「情報の提供者」という文章の中で、日本の新聞は言論で社会を動かそうという意識が強いため、冷静に社会の動きを見る目を求めても無理であると言っています。
世論を誘導することに熱中する余り事実を軽視する新聞人は、読者を欺くばかりか自らも事実を見失って現実感覚を失っていくのです。

ヘル・ベイツ

東電は朝日を訴えるべきでしたね。

元組合活動家

No title
たびたび済みません、私も原発には反対論者としてコメントいたします。いくら科学技術が発達したからといって「人工太陽」をコントロールすることは不可能です。現在の原発は「たまたまコントロールできる状態」にあるのを現場の優秀な技術者らが必死にだましだまし稼働させているのが現状なのです。原発が従来の火力発電と同クラスに安全ならば東京都のど真ん中に建てればよいのです。それができないから地域の過疎化し、疲弊した場所につけいって建てている・・それこそが科学技術の限界なのです。同様に原子力空母、原子力潜水艦なるものも、気違い科学者のあみだした産物と言わぬばなりません。原子力は核兵器のみに活用すべきであり、核兵器こそが我が国を気違いシナから守る抑止力!それ以外に使い用は無いのです!とんでもないエネルギーをちょびちょび小出しに使える平和利用できるシロモノではないのです!私の勤務する某教育機関ではとっくに放棄したシロモノですよ!

与作

No title
原子力発電推進と、日本の国体を守ることとはまた別の話だと思います。
過渡的なエネルギー源として認めますが、野放図に拡大していくことには反対です。

-

No title
インターネットと記録媒体の発達のおかげで、ねずきちさんのような有志による真実の情報の拡散と蓄積ができるという素晴らしい時代になりました。

インターネットの活用という点での日本人の民度が上がれば、十分マスゴミの捏造と戦えるようになるのだと思います。

やっぱり画像や動画が証拠として残せるのが大きいですね。
これも科学の発展による恩恵です。
感謝します。

ricoh

No title
原子力発電所の事故後の職員の対応を語るならそれは結構なことです。しかし、原子力発電を語るならもっと言葉が必要です。ガボンのオクロ云々は短絡過ぎます。それを馬鹿に教えてやるなどとあなたはどれほどエライのですか。
朝日は原子力を批判することによって何かの利益があるのでしょう。あんな社説は論評にも値しない。
アメリカのインディアンの末裔は原子力の火力を悪魔の力とした。それは人類が制御できないものだからだ。それでも技術者魂は「絶対安全」なエネルギーとして挑戦する。そして、それに様々な利権も絡む。それならそれでよしとしよう。それらの世界でやってくれ。つまり、電力を大量に消費する都市の真ん中に造ってくれ。そうすれば長い送電線も不要。補償金も不要。そのぶん、都市生活者の電力料金を格安にせよ。リスクと隣り合わせの代償に豊かな都市生活をおくれるようにせよ。
だから、地方の疲弊した寒村に原発をもちこんで地域社会を分断するな。
上関を見よ。「保守派」が放置している間に、地域が完全に「金」によって分断された。保守派の政治家よ、祝島へ行け。万葉の時代の神の島だ。島民はその「文化、伝統」を守るため孤高に戦っている。原発よりも大切な物を守っている。広島市の電力をまかなうために核の危険を地方の寒村にさらしてもいいのか。広島の「反核平和」なんてうそっぱちじゃないか。サヨクのイデオロギーに墜ちているじゃないか。
 祝島を見届けた上で、原発を語って欲しい。原発推進論者は都市に誘致しろ。廃棄物も都市に埋めろ。なにもおかしいことじゃない。まっとうな日本人ならそうするだろう。
保守なら、「原発利権」に利用されるのはもうやめにしろ。

元組合活動家

No title
身内に海上保安官、さらに従弟親子に海上自衛官を抱える立場上、本来ならばシーレーンをテーマとする昨日コメントすべきでしたが、実は我が家のパソコンは病弱な孫の世話のために家族ごと舞い戻ってきた長男夫婦家族と共用状態にあります。よって時折、コメント出来なくなることをお許し願います。さて、マスコミが煽り、時の政権を揺るがすことは私の記憶では1960安保のころからと存じます。では、当時の「革新的と称するインテリ」は何を理想としていたのでしょうか?元組合活動家の私の経験から言わせてもらえば社会主義&共産主義こそが人類にとってのユートピア!・・それしか有りません。その社会主義&共産主義とは何なのか!?恐るべきシナの犬に成り下がった共産党員幹部らによる恐怖国家しか有りません!私は断固として地域の強面親父として彼らを「脅し」続けます。卑怯者連中はとりあえず、私の見える場所ではおとなしくしているようです。武道は軍備と直結しております、老骨にむち打ち頑張るのみです。

ななし

No title
そうですね、これは一種の戦争なんだと割り切るべきです。
しかもこれは単に日本人という一国民を守る戦いというより、
人間の尊厳をかけた戦いともいえます。
敵は日本人の正直さ、人を信じる心につけ入ってきます。
朝日新聞だって、その情報を信じて購読料を払ってくれる日本人がいるからこそ、
給料をもらい生きていられるのではないですか。
結局、正直者は馬鹿をみて利用され、滅ぼされるだけの運命なのでしょうか?
人は騙したほうが勝ちなのでしょうか?

そうはならない。
決してそうはならないことを、我々日本人は毅然と示さなくてはなりません。

22

日本蔑視はいろいろな所で
リンカーンは通貨発行権を得る為に独立戦争をした。

韓国気象庁が日本人向けに同国内の天気予報を伝えるインターネットのサイトのアドレス(URL)の中に、 日本人を蔑視する「jap」(ジャップ)の文字が含まれていることが31日分かった。URLで日本を表す際は 「jp」になるのが通例。韓国政府が管理するサイトだけに波紋を呼びそうだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110131/dms1101311201004-n1.htm

愛信

第177回国会予算委員会
第177回国会予算委員会

開会日 : 2011年1月31日 (月)
会議名 : 予算委員会
収録時間 : 3時間 12分
案件(議題順):平成23年度総予算
中井洽(予算委員長)  13時 47分  01分
野田佳彦(財務大臣)  13時 48分  06分
馬淵澄夫(民主党・無所属クラブ)  13時 54分  1時間 30分
山口壯(民主党・無所属クラブ)  15時 24分  59分
下地幹郎(国民新党・新党日本)  16時 23分  31分

45兆円もの赤字国債を発行して日本の財政状態を
破綻させて経済的に混乱させることが反日売国政
党民主党の共産革命を推進する作戦と思われる。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛国者

椿発言
朝日系統は極左という事は明らかな事です。断固糾弾すべき。昨日の報道ステーションでも在日李選手をゲストに呼びそれはそれは絶賛の嵐。

八目山人

福地源一郎は間違っている
福地源一郎は 「単に事実の報道にとどまらず、是非善悪を、高い次元、高い道義をもって判断し、善なるものはこれを宣揚し、悪なるものはこれを糾弾して世論を喚起する」と言ったといいます。

朝日新聞はこれを実践しているのではないでしょうか。
朝日は朝日なりに、高い道義で判断し、原子力発電や天皇制は悪と判断し、これを糾弾しているのだと思います。(当然嘘、捏造はいけませんが。しかしテレ朝が所沢の茶葉に、ダイオキシンがさも野菜に入っているかのような報道をした時、産経出身でジャーナリズム論が専門の青木彰氏が、テレビで「重要な事を伝えるためには少しぐらい嘘を言っても良い」といって、久米宏を擁護していました。そんなもんですかね~。)

新聞は、あくまで事実を報道するのが一番良い新聞だと思います。

私は大勢の識者と話をしましたが、全員次のことについて誤解していました。本当のことは知りませんでした。それは識者といわれる人でも情報源はテレビや新聞だからです。
             記
①雪印乳業食中毒事件 ②熊本ハンセン病者宿泊拒否事件 ③C型肝炎発生の経緯 ④後期高齢者医療保険の問題 ⑤年金の問題 ⑥モンテンルパ事件の真相 その他いろいろ

愛信

2011年2月1日の審議中継衆議院予算委員会審議中継を見ています
2011年2月1日の審議中継衆議院予算委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40764&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

鳩頭を砕く閉鎖的な時代の日本の記録-ツュンベリーの江戸参府随行記
 ツンベルク日本紀行(駿南社刊異国叢書昭和三年初版)の訳者である山田珠樹氏は久しく泰西の図書に親しみ、欧州への旅を重ねられた結果、かえって古い日本を知りたいという欲求にかられ、日本の古い本を読まれたがどうしてもしっくりしなかった。それが1775年に来日したスウェーデン人(身分はオランダ使節の医官)ツュンベリーの旅行記を読んで、

 「初めて自分の血のなかに流れている、日本人の姿を掴むことが出来たような気がした。誠にお恥ずかしい話ながら、私はこれを読みながら、死んだ祖父にでもめぐり合ったような気がしてきて、思わず目頭が熱くなったこともある」という……
http://oncon.seesaa.net/article/132571153.html

-

日教組の平和教育は「戦争のもう一つの様相」
 日教組の平和教育は、皮肉なことに、民間防衛225~272ページにある「戦争のもう一つの様相」そのものである……
http://oncon.seesaa.net/article/183472431.html

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク