マグロとシーレーン防衛



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

マグロ刺身


お刺身の定番といえば、やっぱり、マグロ。
お寿司の定番も、やっぱりマグロです。

マグロは、すっかり日本人の定番食になっているといえます。

ちなみに、一般に私たちがマグロと呼んでいるのは、

本マグロ(クロマグロ)
インドマグロ(ミナミマグロ)
メバチマグロ
キハダマグロ
ビンチョウマグロ

の5種類です。

マグロは、種類によって、生息地が異なります。

本マグロは、主に北半球に生息しています。
マグロの中の最高級品で、「海のダイヤモンド」とも呼ばれています。
体長は3メートル、体重も400Kg以上になります。

インドマグロ(ミナミマグロ)は、アフリカの南端や、インド洋の南極より、オーストラリアの南側などに生息しています。
大きいものになると、体長2メートル、体重200Kgくらいになります。
本マグロに次ぐ高級品とされています。

メバチマグロは、ブラジルの沖合や、南アメリカのペルーの沖合などに生息しています。
体重は、150kgくらいに成長します。
特に関東から東北にかけては、刺身といえば、マバチマグロがもっとも消費されています。

キハダマグロは、体重100Kgくらいで、ソマリア沖、インドネシアの南側の海、太平洋のガラパゴス近海などに生息します。
体の表面が黄色みを帯びているから「黄肌」と呼ばれています。
赤身が多く、名古屋以西では、刺身の赤身といえば、キハダが使われていることが多いです。

ビンチョウマグロは、マグロの中では最も小型のマグロで、体長は1メートルくらい、体重も40kgくらいです。
日本の太平洋側、小笠原諸島の近郊で漁獲されます。
主に缶詰の原料として使用されますが、最近では脂身の部分が、ビントロとして回転寿司で人気で、ボクも大好物です。

ところでこのマグロ、世界全体の年間漁獲高は約200万トンです。
このうち、50~60万トンが、日本で消費されています。

そして日本で消費されるマグロの約半分が、海外からの輸入品です。
日本はマグロを、常時世界60~70か国からの輸入に頼っています。

世界中から輸入されるマグロは、すべて海路で日本にやってきます。
その海路のことを「シーレーン」といいます。
マグロだけじゃない、日本が輸入するすべての物資は、この「シーレーン」を通ってやってくる。

簡単に言ったら、「シーレーン」というのは、国内の物流の中核を担う幹線道路です。
平時であろうと有事であるとにかかわらず、絶対にこの「シーレーン」を確保しておかないと、日本人は生活できない。
日本人の衣食住のすべてが、この「シーレーン」の確保にかかっていると言っても過言ではないのです。

もし、他国によってこの「シーレーン」を軍事的に封鎖されたら、日本国内のほとんどの企業活動は停止し、自動車は動かず、物流も停止、食事はおろか、トイレットペーパーすら確保できなくなる。

考えたくはないけれど、それは、多くの日本人が餓死してしまう、という事態をも惹起します。

国政の最大の役割は、日本人の生命と財産と生活の安全を守るということです。
我々日本人は、そのためにこそ税金を払っている。

しかるに、現在の日本国政府は、まるでその責任意識がない、というのはいったいどうしたことなのでしょうか。

「シーレーン」について、西村眞悟先生が、自身のブログ「眞吾の時事通信」の1月25日の記事で触れられていましたので、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~
【西村眞悟の時事通信】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=590

中国は、西から、インド洋の覇権を握ろうとしている。
そして、マラッカ海峡から東の南シナ海を「中国の海」として完全に制圧しようとしている。
さらに、東シナ海と西太平洋、つまり、我が国の周辺海域における覇権獲得を目指している。

中国は、西におけるこの戦略を実現するために、インドを牽制する必要があり、その為にパキスタンに核とミサイルを供与した。
また、東においてはアメリカと日本を念頭に置いて、朝鮮半島の北朝鮮を管理下に置いて核とミサイルを容認している。

このように、経済で自信をつけた中国は、インド洋から東シナ海にかけて攻勢を強めている。

従って、我が国は、この中国の覇権に対抗する国際的枠組みの一員であるという自覚を持たねばならない。
さらに、当然のことであるが、インド洋や南シナ海の事態を東シナ海に連動するものとして注意を怠ってはならないのだ。

しかるに、鳩山そして菅内閣には、この国際的視野が欠落している。

そもそも昨年九月の中国の尖閣における攻勢を呼び込んだのは誰か。
それは、中国の我が国から離れたところで為されている国際的な動きに対する我が国の無関心である。

我が国のシーレーンは、インド洋を経て中東までつながっているからシーレーンなのである。

従って、シーレーンが、東シナ海で扼されても、インド洋や南シナ海で扼されても等しく我が国存立に対する脅威となりうる。

しかるに、我が国政治と総理の頭にはシーレーン防衛の発想がない。
今朝、「空母、持たなあかんで」と私に言った人にはその発想がある。

我が国の「防衛白書」を見ると、中国海軍の行動に関して、台湾以北の「東シナ海」におけるものは図示されている。
しかし、それ以南は説明がない。

つまり、「防衛白書」に、シーレーン防衛の発想がないのである。

そこで、中国の西方における動きを見る。

中国は、パキスタンに対する核とミサイルの援助、さらにミャンマーへの露骨な南下によりインド洋制圧に乗り出している。

そして、南シナ海の島々・島嶼を武力制圧して、そこを「俺様の海じゃ」と言い始めた。つまり、南シナ海は中国様の許可がなければ航行できない海だと言ったのである。

国際社会は、これを黙ってみていたのか。

無関心なのは、鳩山・菅政権だけだ。

ASEAN諸国とアメリカは重大な脅威であると対抗する姿勢を示し始めた。

昨年四月、アメリカのゲーツ国防長官は、シンガポールで、
「アメリカはアジアに帰ってきた」と演説し、

七月にはクリントン国務長官がハノイで、
「南シナ海の航行の自由は、アメリカの国益だ」と演説し、中国の「南シナ海は俺様の海」という覇権を否定したのである。
 
この時、我が国政府は如何に反応すべきであったのか。

我が国のシーレーンの問題としてアメリカ以上に、「南シナ海の航行の自由は日本の国益だ」と確認してアメリカとの共同歩調を表明すべきであった。

しかし、ゲーツ演説の時は、頭空っぽの「友愛の海」の馬鹿が我が国の首相。

クリントン演説の時には、訳の分からん最小不幸社会を提唱する左翼が我が国の首相。

共に、全く反応しなかった。

この我が国の無能内閣総理大臣の無反応を観察していた中国共産党は、牧場は招く、という歌の文句のように、これはチャンスだ「尖閣は招くよ」、「菅の無能は招くよ」とばかり、九月、尖閣に攻勢をかけてきたのだ。

さらに、日本の総理の無能ぶりを観察していたのは中国ばかりではなく、ロシアだ。

管総理と内閣の、尖閣における中国への屈服を見て、ロシアのメドベージェフが、「よし、俺もやる」と択捉島に侵入してきた。

この中国とロシアの連動は、「火事場泥棒」の連鎖である。
歴史を振り返れば、中国とロシアは、「火事場泥棒のプロ国家」である。

そして、この度の中国とロシアの行動は、鳩山と菅という無能の首相が招いた泥棒行為であるといえる。

その菅という総理が、昨日、己の無能が中国とロシアから「火事場」扱いされているのに、それと知らずに、抽象的な演説を国会でしていたという次第であった。

この者に、これ以上、無内容な演説を続けさせれば、さらに如何なる「火事場泥棒」を呼び込むか分からない。もう演説させるべきではない。

~~~~~~~~~~~~

西村眞悟先生のおっしゃる通りだと思います。

ついこの間は、日本全国が、大規模な雪害にやられました。
これにたいして、民主党政府はいったい何をしたのでしょうか。

いま、鹿児島・宮崎では、大規模な火山の噴火で、現実に被災地を産んでいます。
これにたいして、民主党政府はいったい何をしているのでしょうか。

政界内部の権力闘争ごっこに明け暮れ、肝心の日本国民の生命や財産の安全の確保を考えることのできない政府など、無用の存在です。

それができない閣僚や議員なら、悪いけれど国政の場から全員追放すべきです。



もうひとつ、当日の眞悟先生の記事からです。

~~~~~~~~~~~~~~
共にビラを配ってくれていた同志が言った。

「やっぱり、中国人は異常ですよ。
僕の子供(小学生)に中国人の同級生がいる。
その中国人といたときに、息子のズボンのポケットから五〇〇円玉がでてきた」

それからの彼の息子と中国人の同級生との会話は次の通り。

「あれ、五〇〇円でてきた、何で入っていたんやろ」
「その五〇〇円、僕のもんや」
「なんでや」
「自転車の修繕に五〇〇円いるからや」
「おまえは、アホか」


中国人は、中国共産党のトップから日本にいる小学生の人民まで、同じだ。
従って、日本人の対応も、この友人の息子のように同じでなければならない。

「尖閣は、中国のものや」と言ってきたら、
「おまえは、アホか」 で片付ける。

それ以外の説明はいらない。
あとは、獲りに来たらやっつけるだけだ。

~~~~~~~~~~~~~~

そんな中国人たちに、参政権を与えようなどという思考は、いったいどこからくるのか、まるで理解に苦しみます。

外国人参政権、絶対反対です。!!

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

尖閣諸島海域での中国工作船による日本国海上保安庁巡視船への体当たり事件への海上自衛隊のバックアップ作戦のシミュレーションイメージ


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ケッセルリング

No title
我空軍の田母神軍司令官閣下の申す通り、核武装すればほぼ解決します。

-

No title
やや一般論になりますが、シーレーン防衛にはシーレーン付近の国家との友好関係も大切かと。

裏を返せば、友好関係を築けないような国家の近海を通過することは、一定のリスクを伴う事でもあります。

そのリスクを回避するには、もちろん話し合いも必要ですが、最終的には抑止力が決め手となりましょう。

なっちゃん

素朴な疑問
ねずきちさん。こんばんは。今日も1日お疲れさまでした。
シーレーン・・すごく大切なものだと理解出来ましたが、相変わらず、素朴な疑問が浮かびました。
なんで民主党の議員て(一応今は政権与党ですが)
あんなにアホなんでしょうね?
日本の領土、領海、国民の命、暮らし、国益…何もかも守る気がない(怒)
このままでは本当に世界地図から日本が消えそうで怖いです(泣)
でも、負けたと泣くのは早いです。
さくらさんや共通一次代さんの言うように、負けません。
絶対に退きません。
絶対に諦めません。
明日から暖かくなりますね。雪が降った地域の方は事故やケガに気をつけて下さいね。では、おやすみなさい。

北男

議員選ぶのは、臣民です。
民主党左翼が与党のですが
民主党議員を選択したのは、臣民です。
私は、現与党は最悪政権を思っていますが、
現実に、我が国の政権与党は、「左翼」です。
でも、自由民主党が政権与党になっても
劇的に変わることは無いでしょう。
つまり、私たち臣民が変わるしかないのです。
民主主義・国民国家が良いとするならば。
皆さん、民主主義のどこが、すばらしいのですか?
愚民が増えると、亡国ですよ。

楽仙堂

インド洋給油
インド洋での自衛隊の給油従業の中止のあとを引き継いだのが中国です。あそこで給油することは実は日本のシーレーンを守るという意味もあったのです。
 
インド洋給油の費用は800億円でした。代わりに参加することになったアフガンは武装地帯で治安も悪い。その支援費用は5000億円となります。

二児の母

No title
ねずきちさん、毎日ありがとうございます。

本当に管以下民主党の人達、腹がたちます!
共通一次世代さん、おっしゃる通りです。

愛信

【小沢氏強制起訴】小沢氏の対応見守ると岡田氏
【小沢氏強制起訴】小沢氏の対応見守ると岡田氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110131/stt11013116260013-n1.htm
民主党の岡田克也幹事長は31日午後の記者会見
で、強制起訴された小沢一郎元代表の進退問題に
ついて「対応は本人が自ら判断するべきだ。

【産経新聞号外】小沢氏を強制起訴(PDF)
http://sankei.jp.msn.com/pdf/2011/01/110131ozawa.pdf
【関連情報】
小沢の悪事マスコミ隠蔽
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozw.cgi
小沢の悪事政治経済
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozws.cgi

政治とカネ、陳情窓口一本化で国家予算の支配を企
む小沢一郎は民主党国会議員に有らずば国会議員
にあらずと日本国民の声を切り捨てる

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

共通一次世代

No title
菅の「最小不幸社会」という言葉を聞くたび、私は、まるで「日本人はとにかく不幸になれ!」と言われているように感じ、腹が立って仕方がありません。

「最小不幸社会」・・・。
日本語の係り受けから観れば、「最小」が「不幸」にかかる場合も考えられますが、通常、どちらかと言えば、
「最小」は「社会」にかかる。
「不幸」も「社会」にかかる。

よって【「最小不幸」な「社会」】よりも、【「最小」の「不幸社会」】として耳からも目からも残るのです。

「最小」などちっちゃく聞こえます。大きく響くのは「不幸社会」という言葉です。

そもそも前向きであるべき国家的スローガンに「不幸」の文字を普通入れますか?
はっきり言ってあり得ないと思います。

「2番じゃダメなんですか!?」と同じです。

国民の「意識の向上」を低下させる言葉ばかり民主党は囁く。

菅といい、橋下大阪府知事といい、「地域主権」などの言葉を用いて、あたかも「自由闊達で新しい日本社会」を国民に想像させていますが、彼らはそういう美名で覆いながら、非常に危険な「革命」をしようとしている。
かれらは煽動家です。この煽動家に振り回されると如何に恐ろしい結果を生むか。
彼らの進む方向は「国の解体」です。

この二人の言葉からは「安心感」など微塵も感じることが出来ません。

民主党が目指しているのは兎にも角にも「革命」です。「改革」ではありません。「革命」は危険です。「国家の体制」がガラっと変わるのです。それは共産主義、独裁主義への道筋です。

国民には毎日「不幸」という言葉と「カネ」をバラ撒き、やる気を失わせ、最後は自分たちの意のままに操る。

これに加えて、拉致事件実行犯の逃亡の幇助をしたも同然の政治家が総理大臣に据えられていることこそが、日本国民の最大の不幸であり、また、日本国民にとってこれほどの不条理はないと断言できます。

このような人間を「総理大臣」と呼ばなければならない私たち国民は本当に不幸でしかありません。

愛信

第177回国会衆議院予算委員会
第177回国会衆議院予算委員会を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40763&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

日本にはなぜ国家戦略がないのか
果たすべき役割を全く分かっていない国家戦略室2011.01.31(Mon)樋口 譲次
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5321

農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について
http://www.jpubb.com/press/204095/
米倉弘昌 - Wikipedia

和田

『お前はアホか』と…
言うには『力の裏付け』が不可欠です。
日本国は日米安保体制を維持しつつ、防衛力の整備・拡充に取り組まねばなりません。
当面は『原子力潜水艦』の導入が急がれます。
日本よ永遠なれ!!

ミミ

お寿司ブーム
今朝の番組で、世界でお寿司ブームが来ているとありました。
世界中から、寿司職人になってチャンスを掴みたい人が、日本の寿司学校に勉強に来ています。
2ヶ月で100万という高額の学費です。
また、築地から新鮮なお寿司の魚を外国に輸出しています。
日本のシーレーンは、最早世界のシーレーンかもしれません!!

アニメも日本食もアイドル、おたくすら、日本は発信地で注目の的です♪

お米もお肉もお水も、日本は世界一!!

世界のためにも、日本はしっかりしなければいけませんね。

イシコウ

No title
たかじんの委員会に西村先生が出てらして、500円がポケットから出てきた話をしたら、ゲストの中国人の切れること!あぁ、やっぱり中国人か、インテリでも金持ちでも一緒だな、の印象でした。
我が国は、一刻も早く憲法を改正し、自主独立の真の主権国家にならねば・・と思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク