「感動」を、語り、つたえる



人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

ラーメン


今日は、ちょっと短く、要点だけをお話しておきたいと思います。

日本の心をつたえる会は、日本や日本人に関する様々な良い話等を、語り、伝えようとする団体です。

特別に、なにかすごい話術とか、知識とか、保守系の理論とかを語ろうとかいうのではありません。

自分が得た「感動」を、語り、つたえていこうという運動です。

美味しいラーメン屋さんのたとえは、以前にもしたことがありますが、食べて美味しいと感じたラーメン屋さんについて、

「あの店、美味しかったよ♪」と伝える。

「ほほう、何系の味?」

「うん、豚骨醤油でね、いやあ、焼き豚なんて最高だったよ。麺もおつゆも美味くてさ」

「そーなんだ。じゃ今度行ってみようかな」

「それ、絶対、オススメ^^」

自分ではそのお店のような美味しいラーメンを作ることができなくても、食べることと、美味しかったと人に話すことなら、誰でもできます。

いくらテレビや、学校で、あのお店のラーメンは美味い!!と報道したり教育したりしても、いっときは行列のできるラーメン屋さんになるかもしれないけれど、美味しくなければ、結局はわずかの間に店には閑古鳥が鳴きます。

学校で、歴史の授業が面白くない。学校自体が面白くない・・・
あたりまえです。
自虐史観に洗脳された教師が、生徒に嘘を教えれば、やっぱり面白くない。
農民一揆では、打ちこわしがあって商店を襲ったり、代官所が襲われたりしたんだ、と学校で教えても、農業やってる親戚の爺ちゃんや婆ちゃんの様子をみて、えっと、あの人たちがウチコワシ? 
子供たちは言葉にはできなくても、やっぱりおかしいことは、本能でおかしいと感じる。

日教組の教師が、いくら日の丸は血の丸だ、軍国主義の象徴だと教えても、生徒たちはサッカーのアジア杯で日本が優勝すれば、日の丸を掲げて大喜びします。

テレビで、凶悪犯の犯人について、いくら日本人名で報道しても、誰も自分たちと同じ若者とは思えないし思わない。
であるとき、在日だとバレると、ああ、なるほどと、みんな納得してしまう。
そんなものです。
ストンと落ちる。

いくら教育の現場を押さえ、メディアを占領しても、日本人のDNAというものは、そうそう簡単に騙せるものではないと思うのです。

いっときそれらしいムードを作っても、そんなものはすぐにネタバレし、人々は関心を失ってしまう。

民主党は、国民の生活が第一と謳いあげて、衆院で圧倒的多数の議席を得たけれど、昨今の地方選挙では、民主党が獲得できる票と議席数は、共産党以下です。
日本人はバカではないのです。

そして、さっきのラーメン屋のたとえです。
メディアでいくら宣伝しても、マズイ店はやっぱりまずい。

けれども美味しい店は、口コミで広がり、いつまでも行列ができるラーメン屋となります。
ほんものしか生き残れないのです。
あたりまえのことです。

メディアや、学校教育現場に、いくら反日左翼が入り込み、嘘八百を並び立てても、そりゃあ、いっときはそれらしいブームを作り出すことができたとしても、長続きはしない。

そしてメディアや学校での反日教育に対抗できる、あるいは、私たち自身が自分でできる対抗手段が、口コミ、という方法だろうと思うのです。

先日、ある日心会の会員の方から、メールをいただきました。

彼は、若い世代の人たちと日々交流を持っているのですが、その彼が、若い人たちに日本や日本人について、いろいろな話をしたところ、結構反応があったのが、例えば、

◆皇室の世界的評価(最古最長)
 陛下の世界的序列最高位
 (みんな知りませんでした)、

◆国旗
(フランスが買いに来た、パラオの国旗の由来など)、

◆君が代
(世界国家コンクール優勝、世界の国歌の歌詞を言うと平和なものだとわかる、昔は庶民の祝いの唄でもあった)

◆靖国神社の歴史・祀ってある方々
(大東亜戦争だけの神社だと思っている)、

◆神道・日本仏教の精神
(浄明正直・人のせいにしないで自心を顧みる・自利利他など)、etc.

そして彼は、まず上記のような手掛かりを言って、後は自分で調べろという、まかせる手法が一番良かった感じがする、とのことでした。

いかがですか?
みなさんも日本人の覚醒のために、そんなお話を身近な方にしてみませんか?

遠回りにみえるかもしれないけれど、日本が日本を失わないために、ボクは、絶対にそういう運動が必要だと思っています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

世界最強の天皇陛下
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
時折来てはいつも勇気を頂いています。
ねずきちさんの語られた話は実際に実感があり、納得と同時に勉強になります。
私も多分反日教育を受けていたと思います。学校の社会は退屈だったし、歴史の授業も覚えていません。最近はゲームを通じてという不真面目な理由で戦国時代に強くなりましたが、時代小説を読んでいても腑に落ちない違和感を感じてばかりいて、通説というものは所詮後世の人間が作り上げた偽物に過ぎないということがわかってきたところです。
とにかく落ちてこない感覚です。自分の感覚に馴染まない。あれはきっと偽物の情報だったのだと思います。
日本人が桜を自然に好きになるように、水を飲むように、すっと心に馴染むものが日本で、やっぱり自分は日本人なんだなと思いました。
また勉強させていただきにまいります。
お体を大切に。

-

No title
確かにいくら旨いと宣伝しても、まずいラーメン屋は流行りません。
マスゴミの皆さんへ。
寒流(笑)

古血継人

No title
ねずきちさん、かなりお久しぶりです。お元気そうですね。

これからの日本を背負い護る、今の子供たちに日本の真実の歴史を教えてあげられるのは、ねずきちさんはじめ、ここにおられる皆さんのような方だと思います。

口伝えでも、一人でも多くの大人たちや子供たちに伝われば良いと思います。
僕なんかは、口下手でも心の熱で伝えます(笑)
ねずきちさんの仰るように、僕が感じる「戦争で、フィリピンで散った僕のじいちゃんの想い」を人に伝えるだけです。

ねずきちさん、少し前にこんなことがありました。
小学生の娘には、小さな頃から「パパのじいちゃんは、南の方の島で、飛行機で死んじゃったんだよ。だから、パパもママも今いるんだよ^^ パパとママが居るのは、じいちゃんのおかげ、パパもママも居なかったら、貴女も居ないよね?パパのじいちゃんってすごいね^^」と言って、神風の動画なども共に見せてきました。僕に似て(笑)日の丸が大好きな娘なのですが、ある日、こんなことを聞かれました。

「パパって戦争好きなんだよね~^^」

ハッとしました。子供にしてみると、そんな受け取られ方をしていたのか、と、反省して、そういうことではない事をきちんと教えました。
神風の動画などを見ると、目が潤んでくる僕ですが、娘も「パパ、じいちゃん可愛そうだから泣いてるの?」と、真顔で聞いてきていたので、てっきり分かってもらえているものだと思っていました(汗)
もっとも、娘はまだ低学年なので、誤解されても仕方ないですが、今回、娘には教えられました。

人に伝えるって、難しいかもしれません。純粋な子供に教えるよりも、変な癖(洗脳された)がある大人だと余計にですよね。

ところで、少しこの場をお借りします。

なづもも様

初めまして。「お気づき」になられたことを、大変嬉しく思います。どうか、次世代後世にお伝え下さい。
そして、「日本は戦争に負けた」という洗脳からも覚醒し、立派な日本の歴史を後世に伝えて下さい。
弱肉強食の時代でも、農耕民族の日本がなぜ生き残れたのか。そして、なぜ、わたし達が今生きているのか。


ねずきちさん、お体、大切に!

-

権力に溺れる民主党の本質
……自民党は、実によく「権力の怖さ」を識っていた、その行使について抑制していた。それはこの一年間の政治の動きを見ていれば、誰にも明らかなことである。

民主党は、自民党が世の中を作った、権力を自在に行使して強権的に世を変えていった、そう信じているからこそ、「今度は自分達の番だ」とばかりに自由奔放に振る舞って、権力に酔い痴れているのである。自民党が作った世の中を変えるには、二倍三倍とより強力に権力を振るうべきだ、と自分勝手に考えているのである。愚者に権力を与えると、必ずこのような悲惨な結果に終わる。

長く存在したものには、それなりに意味がある。個人の知恵では決して乗り越えられない「深み」がある。複雑怪奇に絡み合った結び目を、実に自然に解きほぐす底力を持っている。百年、千年の歴史の力が、人間の無力を補ってくれるのである。

それを「私なら簡単に解決出来る」と主張するのが、左翼の発想である。何百年に一人出るか出ないかという天才と自らを一致させ、「私ならそれが出来る」と自惚れるのが、彼等の特徴なのである……

http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-385.html

-

歴史
歴史の見方や、文學の傳承の學びの上で、近來の實證主義は、事實を描く如く思はれて、うそいつはりの偏向世界に安心する方法となつてゐるのである。

第一義の問題は、實證できる時も、できない時もある。このできないとしてあきらめるのが、歴史の學びの初志である。それは創造とか、永遠とかいふものにつながるのである。實證的な方法を全く否定するといふのではない、それはそれとして必要だが、すべてではない。

保田與重郎「日本浪漫派の時代」わが「日本文學」

-

国民主権
まさに忘れられた賢哲ベルジャーエフの以下の言葉は金言であり、自由のない「民主党」を選んでしまった国民主権のデモクラシーの危険性を日本人に警告している。

 「国民主権のなかでは、国民は滅亡する。国民主権は、人間主権である。人間主権はその限度を知らない。そして人間の自由と権利を侵犯する。」
http://oncon.seesaa.net/article/135909022.html

-

民主党は不滅である
……「騙されたい人」がいる限り、小沢は何度でも甦る。「小沢的なるもの」の否定とは、民主党の存在そのものの否定である。そんなことを民主党議員が出来る筈がない……

……先ずは、如何に日本が素晴らしい国であるか、如何に我々が恵まれた生活を送っているか、そのことから再確認していこう。誰にも不満はある。しかし、小さな不満を煽り、制御不能なまでに増幅させて利用しようとする人間に対してこそ、その憤りを爆発させるべきなのである。「他人の不幸で商売する奴は出て行け!」と追い返すべきなのである。
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-383.html

愛信

択捉、国後両島の駐留部隊の装備近代化 露国防相のが北方領土訪問
択捉、国後両島の駐留部隊の装備近代化 露国防相のが北方領土訪問
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110204/erp11020422440014-n1.htm
昨年11月のメドベージェフ大統領の訪問以来、ロシア
では閣僚の北方領土視察が相次いでいる。

【関連情報】
柴山昌彦(自由民主党・無所属の会)  16時 23分  38分
中盤の枝野内閣官房長官に関する部分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40764&media_type=wb&lang=j&spkid=19621&time=07:29:52.1

日本人社会の破壊を企む破壊者が政治、経済、軍事
の多方面を侵略している。
侵略者を手引きしているのが反日売国民主党に創価
学会公明党が支配した捏造報道、虚偽報道を繰り返
している反日売国テレビ局・マスコミ

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

あ太郎

No title
変電所で火災? モノレールが止まった? 
うーん・・・・最近なんだか発電所や変電所の火災が頻発するなぁ。

ちょっとおかしくないか?

butchiyar

No title
今日の朝、受験生の娘が「井伊直弼ださい。殺されても仕様がないじゃん」とノタマッタので、
「じゃあ、圧倒的軍事力のアメリカとの不平等条約は彼のせいなの?白旗の意味を書いた文章を送りつけた上で、どういう交渉がお前ならできた?」と言うと、
「良くやった直弼」「良くやった陸奥」と改心しました。

誰のせいではなく、直近の親やその親がスルーしてきた「近代的なもの」が澱んでの今があります。
自省は日本人特有の美徳ではありますが、そうではなく異質なものに「ノー」と少なくとも身内には言える日本人になりましょう。
それが御先祖に対する、英霊に対する、日本をいい国に創り上げた先代へのせめてもの罪滅ぼしだと思います。

aixin

小沢元代表らを告発=市民団体、規正法違反容疑で-大阪
小沢元代表らを告発=市民団体、規正法違反容疑で-大阪
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011020400641
関連情報
【迂回献金疑惑 民主・樽床衆院議員を告発】
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-01-19/2011011915_01_1.html
果てしなく広がる「政治とカネ」の疑惑、地域有権者に
対する背任犯罪行為を隠蔽してきた反日売国テレビ
局・マスコミを糾弾しよう。 
この国を愛する愛国保守の日本人有権者は立ちあ
がれ。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

なづもも

No title
ねずきちさんのブログに出会うまでは、日本人でありながら日本の歴史や、日本人が世界で行った良いことをまるで知りませんでした。 第二次世界大戦での敗戦により、日本が悪者になったことぐらいしか、私は歴史を知りませんでした。 知らないのではなく、本当は自分が目をそむけていたのかもしれません。 自分の暗い過去を思い出したくない、そんな気持ちになるように教育されていたのかもしれません。
でも今は、日本人であることが誇りに思えるようになってきました。 このブログに出会って3か月くらいですが、本当に良き出会いを得たと感じています。 毎日の更新はとても大変なことだと思います。 もし朝パソコンを開いて更新がされてなくても、読み返したい記事がここには沢山あります。 体調には十分気をつけて、これからもすばらしい話を聞かせてください。 

共通一次世代

No title
>日本人は賢くないだけなのです。
???何故「賢くない」?「少し足りない」?こんな言い方します?
日本人は「馬鹿」で「ノータリン」だ、と言われてるようにしか聞こえません。

日本人は「ずる賢くない」。欠点として言えば「狡猾さが足りない」と言えばいいのではないでしょうか。

この数日、あの京都ウトロ地区の土地の一部を韓国政府が購入しただの、北方領土開発に韓国企業が名乗りを挙げただのの記事を続けざまに見て、ますます気が滅入りました。

ますます、と感じるのは、先のサッカーアジアカップ決勝で、心の底から喜ぶことが出来なかったからだと思います。いつもなら何度も勝利の瞬間をリプレイして見るのですが、今回はその気持が湧きませんでした。

何度も裏切られたら、さすがに簡単には戻れません。
日韓ワールドカップの時に韓国と共催ということで、当時何のわだかまりもなく、マスコミの「韓国も応援しよう!」の呼びかけに乗って日の丸と韓国の旗の両方を作って小学生だった子どもたちと一緒にテレビの前で応援していました。でも、韓国の汚いプレーや審判買収にうんざりし、それでも何一つ非難しないどころか「もっと韓国を応援しろ!」と煽るマスコミの異常さにやっと目が覚めました。

奈良に住んでいたとき、近鉄電車のホームで時々見かけたチマチョゴリの制服も可愛いなぁと思っていたくらいでしたから、拉致事件を知ったときは勿論のこと、チマチョゴリ切り裂き事件の「ねつ造」も「驚愕」でした。そこまでするか、と。
隣国として仲良くしようという気持ちがあったのに、ことごとく裏切ってきたのは「向こう」です。

竹島、尖閣、拉致問題。
領土と国家主権を脅かす中国、韓国、北朝鮮は確実に「敵国」であると見なさなければいけないと思います。スポーツや文化は出来る限り政治色を排除したい気持ちがあります。しかし、今回の李選手の帰化→日本代表が何故ここまでわだかまりを残すのかといえば、やっぱり韓国、北朝鮮が「敵国」だからです。チョン・テセ選手も昨年のワールドカップで北朝鮮の代表になった在日です。北に忠誠を尽くす。ミサイルを日本に向けている国への忠誠です。

李選手がブラジル人ならここまでわだかまりはなかった。

この「敵国」の人たちの日本への帰化を先ず完全にストップしてほしい。
そしてすでに帰化した人に対しては毎年、厳しいチェックをすべきだと考えます。
日本の内部からの崩壊を防ぐために「敵国人の帰化禁止」を決めるべきだと思います。

李選手については、TVを見る限り好青年との印象を受けました。お父さんにも特に悪い印象は持たなかった。個人的に付き合えば良い人なのだろうと思います。でも、彼らは真の祖国をそう簡単には捨てられないだろうと思います。帰化に親族が反対したのもある意味理解できます。

日本代表の中に「敵国」の帰化人が増えたとき、日本人はそれを認めることが出来るのか?
帰化したからもう日本人。だから日本代表に何人入っても平気、で済むでしょうか・・。

敵国でないブラジル人でも多数になれば考えてしまいます。ましてや敵国。
そう考えると、「李選手」という「サッカー選手」を認めることが出来ても、また好青年であったとしても、「日本代表」としては受け入れられない、というのが本音です。

日本人として気持ちも含めて素直に受け入れるためには「信頼」が最も必要です。
改めて思うのは曖昧な目的での帰化は絶対にさせるべきではないと思います。スポーツ選手に於いては、「代表に選ばれなかったら帰化をしなかったのかどうか」これをはっきりさせるべき。「損得」で国籍を選ぶことは許されない。ということだと思います。

今まで、日本人は国籍を簡単に考えすぎてきたと思います。関西のお笑い芸人「ハイヒール」の「モモコ」が、何年か前、わざわざハワイで出産をし、アメリカ国籍と日本国籍のどちらかを子供が将来選べるようにしてあげたい、などと言っていたのを思い出しました。彼女はアメリカ国籍が「かっこいい」と。それだけなんです。愛国心もへったくれもないんです。

国籍というものはやはり簡単に考えてはいけない。とてつもなく重いものだと改めて思います。


昨日、仕事帰りに見た携帯のニュースでコメントランキング1位になっていたのが『「北朝鮮拉致事件の被害者が帰国した2002年に北朝鮮バッシングが起こり、チマチョゴリを着た在日の女子高生を日本人が集団で殺害、それに対する復讐で日本人を皆殺しにする」というストーリーの映画「アジアの純真」が国際映画祭に・・』という記事でした。

主演女優は奇しくも在日。監督と脚本家は日本名でしたが、連中が生粋の日本人だかどうかはわからない。
こんな映画が公開されるなんて許せますか?

国を守るためには、頑として通さなければならないことが出てくると思います。日本国籍のスパイ、日本人のスパイを作らないことです。

法律としてはっきり「敵国」であるために帰化は認めないとすることで、国民にも国籍というものがどれほどに大切なものであるかをを認識させることが出来ると思います。

今、有事が起これば、日本はスパイだらけになるのは明らかです。

在日は差別だのなんだのといいますが、それは日本人が言うセリフ。母国に居ながら、汚い「嘘」と「捏造」と「暴力」によって土地を取られ、血税を毟り取られ、マスコミという伝達手段まで乗っ取られて情報を操られ、日本人としての誇りを母国に居ながら傷つけられてきたんです。

日本人が在日に迫害されてきたんです。

-

No title
ここはもう封鎖された掲示板ですが在日の考え方を知るには有効だと思いますよ

http://www.han.org/hanboard/c-board.cgi?cmd=tre;id=

-

闇の「港湾法改正案」考
国際化の名を借りた「トロイの木馬」型事案・・・
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-4140.html

-

情報操作
大相撲叩きは、マスコミの情報操作である。

民主叩きから、目をそらす為のマスコミ洗脳である。

日本の国技潰しのマスコミの情報操作である。異常である。

-

外国人留学生アクティビティ特区
愛知県では外国人留学生アクティビティ特区という外国人留学生の就職を推進しようとする構想が有ります。様々な面で外国人留学生(特に中国人留学生だと思いますが)を優遇するふざけた構想です。日本人学生が就職難に喘ぐ中、外国人を優遇する政策とは愛知県は何を考えているのか?

因みにエジプトも親米政権が長い間、自国民を虫けらの様に扱い、外国人を優遇する政策を行ってきた事が現在の大混乱の要因の一つに成っているようです。エジプト出身のタレント、フィフイさんのブログにエジプト問題に関する彼女の見方が記事として有ります。

kumi

今度靖国神社にいってみます
下に例として揚げられているのも知らないことが多かったです。
日心会のページを今度見てみます。ありがとうございます。

一番下の動画を見てたら、
ガンバレ日本の集会で、会場の人たちが歌う君が代をきいて、
なぜかわからないけど涙が出てしまった時と同じ感覚になりました。

今までは、戦争=悪=考えない と条件反射をしてました。
知らず知らずの内に洗脳されていたのかな、と最近思います。

愛信

2月4日衆議院予算委員会審議中継を見ています
第177回国会予算委員会
2月4日衆議院予算委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40768&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

hinomaru

日本人は賢くないだけなのです。
 日本人は素晴らしいが、他国に利用されても、文句一つ言いません。立派です。そして、少し足りないようです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク