日心会メールマガジン



人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

メルマガ


日本の心をつたえる会では、メールマガジンを無料で配信しています。

メールマガジンは、週5回、月曜日から金曜日まで毎日配信しています。

発行部数は、現在、約42000部です。

おおむね月曜日は、オリジナル記事。
火曜日から金曜日は、ねずブロの過去のエントリーとその評釈が中心です。

下にご紹介するのは、今週月曜日(2月7日)号でご紹介した「小村寿太郎を迎えた日の丸の旗」の記事です。

~~~~~~~~~~~~~
題名:
【小村寿太郎を迎えた日の丸の旗】

本文:

明治時代の日本は、帝国主義列強の脅威の中で、いかに国家の安全と独立を守るかの時代でした。最大の脅威は、不凍港を目指して南下してくるロシアでした。

明治27年(1894)の日清戦争は、朝鮮半島をめぐり、ロシアから迫る脅威に対して、朝鮮の独立を助けたい日本と、同国を属国のままにしておきたい清国との戦争でした。

日本は、日清戦争に勝利し、下関で講和条約が締結されました。
するとその内容に関して、ロシアはフランス、ドイツを誘って干渉してきました。
「三国干渉」です。

やっとこぎ着けた講和条約に第三者が理不尽な要求を突きつけてきたのです。
しかし日本は、この三国を相手に戦争をする力もなく、要求を呑まざるを得ませんでした。
この時の日本人の悔しさを表した言葉が「臥薪嘗胆」です。

ロシアはこれに勢いづき、さらに南下政策を進め、清国から旅順と大連を租借します。
そして旅順には難攻不落の要塞と大軍港を築きます。全満州も急速にロシアの支配が進みます。

朝鮮半島全体が、ロシアの手の内に入るのが目前に迫りました。
その先は、鎌倉時代の元寇の再来です。日本は風前の灯火になりました。
日本は、危機感から必死になってロシアに抗議を重ねますが、そもそも日本を猿と蔑んでいたロシアですから、ことごとく無視されます。

ことここに至って、日本政府はロシアとの戦争を覚悟せざるを得なくなりました。

明治37年2月、日本はロシアに宣戦を布告し日露戦争が始まります。
明治のジャーナリスト黒岩涙香は、開戦の直前にこう書きました。

「この戦争は海軍、陸軍の戦いにあらず、全国民の戦いなり。」

日露戦争では、5万人近くが戦死しました。一家の大黒柱や働き手を失った家族は、その後苦難の道を歩きます。
このような国民の犠牲や死にものぐるいの戦いがあって、日本は北のロシアの脅威を取り除くことができたのです。
日露戦争は、祖国防衛戦争だったのです。

明治38年2月、満州で史上最大の陸戦といわれる奉天大会戦で、日本は大国ロシアを独力で破ります。
同年5月、これも史上最大の海戦といわれる日本海海戦で、ロシアのバルチック艦隊をパーフェクトゲームで破ります。

しかしもう日本には、戦争を続ける余力はありませんでした。
一方ロシアは、タイミングよく開通したシベリア鉄道により、続々と兵力を増強します。
どう考えても次の日本の勝利は考えられません。

講和が急がれました。
勝っている内に有利な条件で講和を結びたい、ロシアはまだまだ継戦能力がある・・・。

日本政府は、密かにアメリカのルーズベルト大統領に、大学時代の学友であった金子堅太郎を派遣して、講和の斡旋を依頼します。大統領は日本に好意的でした。
そして東部海岸のポーツマスで講和会議が開かれることになりました。

講和会議の全権大使になったのが、外相の小村寿太郎です。

政府も小村も覚悟していました。
「ロシアは満州で兵力を増強しつつある、一方日本はもう余力はない、当然講和会議で強い態度に出ることはできない、余力がもうないことなどおくびにも出さず、どこかで妥協せざるを得ない、そうなれば勝利の情報しか聞かされていない国民の怒りを買うことになろう」と。

いよいよポーツマスに出発する時が来ます。新橋駅も、横浜駅も、駅から波止場までの沿道も、歓送の群衆で溢れかえり、国旗や旭日旗が打ち振られました。

前置きが長くなりました。本題はこれからです。

明治38年7月、シアトルに到着した全権団一行は、大統領に挨拶と今後の支援を依頼するために、鉄道でニューヨークに向かいました。
その途中の出来事を、吉村昭著「ポーツマスの旗」から引用します。

**************
汽車は山林地帯に入り、小駅に停車した。
その時、随行の者が窓の外を指さした。
線路ぎわに5人の粗末なズボンとシャツを着た男が寄り集まっていた。

彼らは、日の丸が描かれている布をつけた太い枝をたてて、こちらに視線を向けている。
顔は日焼けして赤黒く、体格はたくましい男達で、足は土埃で汚れていた。

「お前たちは?」と小村は声をかけた。

彼らは口ごもっていたが、旗を持った背の高い男が、
「私達は白人に雇われている木樵(きこり)で、駅から人里離れた森林で働いております。
大臣様ご一行が通過する話を耳にし、旗をかついで夜じゅう歩き、この駅でお待ちしていました。」と、途切れがちの声で言って頭を下げた。
他の者もそれに倣った。

「旗を作ったのか」小村は言った。

「はい、ありあわせの布に染料をつけ、立ち樹の枝をはらって竿にしました。」

小村は彼らを見つめ「よく来てくれた。皆も達者で仲良く働いてくれ。」
と静かな口調で言った。

彼らは深く頭を下げてお辞儀をしたが、顔を上げた彼らの頬には、一様に涙が流れていた。肩幅の広い大柄の男は、身体を震わして嗚咽している。

機関車の鐘が鳴り、汽車が動き出した。
男たちは、小村に向かって再び姿勢を正すと頭を下げた。小村たちは、遠ざかる彼らを見つめていた。
小村の眼には、光るものが湧き、随行員たちは、しきりに眼をしばたいていた。

客室に戻った彼らは、黙しがちだった。
小村は、領事から聞いた話を思い出していた。

ある時、貧しそうな日本人労働者が領事館を訪れてきた。
領事は、帰国の船賃でも乞いに来たのかと思ったが、労働者は、ポケットから20ドル金貨1枚を出し、僅かではあるが祖国に寄付したいので送って欲しいと言った。

男は、20里以上も離れた地で鉄道工夫に雇われているが、金貨を届けるために歩いてきたのだという。

小村は、線路ぎわに立っていた5人の男の姿とともに、遠くアメリカに移民としてやってきている彼らが、祖国のことを心から気遣っていることを強く感じた。
****************

遠く祖国日本を離れ、異国のそのまた辺鄙な地域で働いていた名もなき移民の庶民も、必死の思いで祖国のことを心配し、せめて自分達でできることをと、止むに止まれぬ行動をとったのでした。

ポーツマスの講和会議は、本会議を9回重ねましたが、難航を極め、決裂寸前まで行きました。
死活を賭した息を呑むような駆け引きの状況は、「ポーツマスの旗」に詳述されています。

小村の毅然としたかつ論理的な駆け引きは見事ながら、本国の政治家の決断すべき時の決断、軍人、外交官の水も漏らさぬ一致協力振りがありました。
そして、異国の地の移民の庶民も、祖国日本の勝利への戦いに参加したのです。
正に祖国防衛の国民戦争でした。

しかし、小村の帰国を待ち受けていたものは、内情を知らない国民の、条約を不満とする、日比谷公園焼き討ち事件でした。

今、日露戦争から100年、尖閣諸島がシナの侵略にさらされています。
しかしながら、政府も国会も、何の対応への取り組みがなく、危機意識が全く見えません。
明治の先人に対して現代の日本人は、同じ日本人でありながら、国防意識も国家意識も喪失し、すっかり劣化してしまったのでしょうか。

(資料)吉村昭「ポーツマスの旗」(新潮社)、その他

~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、日心会のメールマガジンは、パソコン用と、携帯用で、様式が異なります。
携帯は、絵文字が使えるので、ちょっとカラフルで明るい構成になっています。

また、携帯電話は、docomo用、au用、softbank用、willcom用で、使える絵文字が異なるため、それぞれのキャリアに合わせて、編集をして発行しています。

お申し込みは、メールアドレスとハンドルネーム(ニックネーム)のお届けだけです。
おおむね、お申し込みの翌平日から発行しています。

よろしかったら、あなたも日心会のメールマガジン、いかがですか?

登録無料。
配信無料です。

お申し込みは↓コチラから。
 ↓ ↓ ↓
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php">http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ぷれっくす

No title
明日は、いや今日は我が家も国旗を掲揚します。

piko

いつもありがとうございます。
ねずきち様
いつも大変すばらしいブログ誠にありがとうございます。
いつも拝見して大変勉強になります。
学校で日本の近現代史をあまり教えられていないこともありますが、あまりにも日本の正しい歴史、日本人の素晴らしさを知らなかった自分を本当に恥ずかしいと思っております。メルマガでも勉強したいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

久智

天皇陛下のご健勝を お祈りいたします。
すでに 皆様ご周知の様に、来たる2月11日の紀元節に 東大医学部付属病院にて 天皇陛下のご尊体の心臓を取り巻いている冠動脈の造影検査をお受けになられるとの事。

天皇陛下のご健勝を
心から お祈りいたします。

aixin

2011/01/09 中国マネー襲来 〔狙われる北海道/土地取引の法規制を急げ〕
2011/01/09 中国マネー襲来 〔狙われる北海道/土地取引の法規制を急げ〕
北海道が外国人に買われまくっている~小野寺秀氏
の調査「新・報道2001」より北海道、大変な事になって
います・・・
この方が伝えてくれました。
小野寺秀(まさる)北海道道議会議員 自民党
http://www.youtube.com/watch?v=64954hTKb3A&nofeather=True
(動画)
詳細は【荒んでいく世界】北海道が外国人に買われ
まくっている~小野寺秀氏の調査「新・報道2001」より
をカッチとね
http://nippon-end.jugem.jp/?day=20110209

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

怪しいシナ謀略

日系人排除政策
日本人は目を覚ませ!

最近、「中国残留日本人の救済を」とか言って宣伝活動を行っている勢力があるようですが、
戦前の農村不況の頃、日本人の移民先として満洲は有望でした。
日本の政策で飛躍的に発展した王道楽土の理想境が敗戦後悲惨な状況になったのは、
すべて、ソビエト=ロシア政権と中国共産党政権の侵略政策のせいです。
それにも関わらず、正規手段により譲渡した化学兵器の破棄履行に飽きたらず、
今度は現地に居住するすべての日系人の排除までも要求する始末となりました。

いまさら「日系人だからと」いって日本に帰されても
65年以上の歳月で言葉も文化も変わってしまっているのだから
日本に生活の基盤がない本人達には迷惑でしかないしょう。
まして、生活保護の申請や、後見人の名目で
係累すら怪しいシナ人達を引き連れて来日されたのでは堪りません。

もし、こんな政策を南北アメリカ大陸に居住するドイツ人、イタリア人に対してやったらどうなるでしょうか?

関係者の猛省を要求いたします。

愛信

国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)中継を
2月9日16:00~
国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)中継を
見ています。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40772&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

菅チョクトは悪魔 TPPは日本破壊
TPPは悪魔のささやき!

菅チョクトは悪魔!

TPPは日本破壊!

ねずきち

MIMIさんへ
メルマガは、ボクのパソコンから直接送信していますので、ご心配には
およびません(^^)d

うむ

No title
これは私も同感です。

ザック

No title
日の丸を買うなら、楽天はやめましょう。

-

気になる情報
農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について 住友化学株式会社
http://www.jpubb.com/press/204095/

-

日本製 自由貿易 モンサント
■>↑もちろん日本製です。
見ていないと何を仕出かすか判らない現場からの製品は願い下げです。

■お隣の韓国は
……自由貿易に対する規制の経済的不効率性はほとんど自明なことなので、規制なきグローバル自由貿易を批判する者はだれでも、すぐに経済的無知という罪を着せられてしまう。しかし、規制なきグローバル自由貿易への経済的観点からの賛成論は社会の現実から大きくかけ離れた抽象論になる。グローバル自由貿易の制約が生産性を向上させないことは真実である。しかし、社会的混乱と人間的悲惨というコストを払って達成される生産性の極大化とは、常軌を逸した危険な社会理念である……
ジョン・グレイ「新しいグレシャムの法則」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10795034841.html

■TPPとモンサント
下の動画『モンサント社、アグリービジネスの実態』によると、インドでも遺伝 子組み換え綿花の普及で自殺に追い込まれた農家が後を立たないとのこと。 日本が外圧でこのような状況に置かれるのは許せません!
1)巨大企業モンサントの世界戦略(前編) 遺伝子組換 バイオテクノロジーhttp://video.google.co.jp/videoplay?docid=2219229390528597169#
2)巨大企業モンサントの世界戦略(後編) 遺伝子組換 バイオテクノロジーhttp://video.google.com/videoplay?docid=-6469908545096925356#
(イントロ部分は重なっているものの、2回にわたって放映されたので復習のようなもの。内容は違うので是非2本とも見て下さい)
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-687.html

愛信

北東アジアの戦力を数十年維持 米、国家軍事戦略を発表 中国の軍拡にらみ
北東アジアの戦力を数十年維持 米、国家軍事戦略を発表 中国の軍拡にらみ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110209/amr11020910580004-n1.htm
国家軍事戦略は中国に関し、経済成長が軍の近代化
を促進して権益の拡大を推し進めていくと予測し、台湾
との軍事バランスに与える影響も含め、中国軍の動向
を注視していく姿勢を示した。また、中国軍の近代化の
意図や東シナ海や南シナ海などでの強硬な領有権主
張に「懸念を持っている」と述べ、東南アジア諸国連合
(ASEAN)との関係強化に言及した。
【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

TPPは危険すぎます!

大切な日本のため!周知拡散お願いします!
産經新聞さえもが賛成意見を掲載し、テレビもこぞって持ち上げるTPP、
知れば知るほど、危険です!怪しすぎます!

農業も軍事産業も、医療システムも壊滅させられる危険性が!
保険、金融投資、司法法律、労働、サービスなど包括的な不平等条約を
結ぶ事になります。6月に加盟の是非を表明すると管さんは言ってますが、
もう時間がありません!どうか拡散、周知して下さい!


東谷暁「北澤武器輸出三原則見直し発言はTPPと関係している
http://www.youtube.com/watch?v=JxNc_jInyb4&feature=related

東谷暁「TPP...カナダ農業はNAFTAで巨大アグリ企業に乗っ取られた
http://www.youtube.com/watch?v=-ZYhG3vR8z0&feature=related

片桐勇治「TPP...米国製兵器が大量流入し日本の防衛産業は衰退」
http://www.youtube.com/watch?v=I9ol5ZspzQo&feature=related

TPPは現代のハルノートです。米韓FTAは現代の日米友好修好条約です。騙されな
いで下さい。

下の動画『モンサント社、アグリービジネスの実態』によると、インドでも遺伝
子組み換え綿花の
普及で自殺に追い込まれた農家が後を立たないとのこと。
日本が外圧でこのような状況に置かれるのは許せません!


1) http://video.google.co.jp/videoplay?docid=2219229390528597169#

2) http://video.google.com/videoplay?docid=-6469908545096925356#

((イントロ部分は重なっているものの、2回にわたって放映されたので復習のよ
うなもの。内容は違うので是非2本とも見て下さい)

 日本では、遺伝子組み換え植物に対する強い反対がありましたが、これがTPPで
自由化されるだけでなく、意図的な種の混入で、日本農家が貧困に突き落とされ
る事は必至です。
断固反対です!

二児の母

共通一次世代 さま
私も同感です。

主婦

祝祭日に国旗を掲げましょう!
管理人さん こんにちは。
コメント欄をチョットお借りします。

          ****************

一軒家用しか販売されてなかった国旗セット。
マンション用国旗セットの要望にトスパさんが応えてくれました。
取り付け可能であれば一軒家でも掲げられます。
もちろん日本製です。

     【マンション用国旗セット・Sサイズ】

 玄関扉に取り付け出来る磁石タイプの国旗セットです。
 Lサイズも只今検討中だと言う事です。
*玄関横が洋室の間取りの方も多い方と思います。
 洋室の格子に取り付け出来るタイプも只今検討して頂いてます。

 祝祭日に国旗を掲げましょう。
 今月は2月11日建国記念日
【トスパ(楽天)】
http://item.rakuten.co.jp/tospa/13160/?scid=af_ich_link_img

祝祭日に沢山の国旗が見られるよう地味ではありますが活動をしている主婦です。
どうぞ宜しくお願い致します。

管理人さん お邪魔しました。

共通一次世代

No title
毎日ねずきちさんのブログを読んでいると、無能で卑怯この上ない民主党政権がこの日本を完全に覆い、目茶苦茶にしているこの今の現実が、余りにも「日本を護ってきた先人の方々」と違うことに、ただただ「絶望感」を覚えてしまいます。

昨日の国会も見るに絶えない、聞くに絶えないものでした。

【2011.02.08(火) 衆議院 予算委員会 自民党 茂木敏充 】
http://www.youtube.com/watch?v=CMzJJ9eBmFY

先日、昨年の海上自衛隊の観艦式の模様を海自のHPので見ましたが、北澤と菅を前にして自衛隊の方々はどのような気持ちであったかと思うと本当に虚しくなってしまいます。

こんな不条理がまかり通るなんて余りにも虚しすぎます・・・。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク