命に代えて・・・福井文右衛門



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

今も当時のまま残る文右衛門水路
今も当時のまま残る文右衛門水路


福井文右衛門(ふくいぶんえもん)のことを書いてみようと思います。

福井文右衛門は、藤堂高吉(とうどう たかよし)の家臣です。

藤堂高吉というのは江戸時代前期の武将で、秀吉の朝鮮征伐のときに加藤清正らと並んで武功をたてた藤堂高虎の跡取りとして養子となった人で、もともとは丹羽長秀の三男です。

ところが高虎に実子高次が生まれたため疎んじられ、さらに家中でささいな騒動を起こして蟄居処分となってしまいます。

その後、慶長11(1606)年、高吉は許されて江戸城の普請を務めます。
そしてこの功績で高吉は、藤堂高虎が治めていた伊予今治の城代に任じられます。

慶長19(1614)年、大坂夏の陣で、徳川方の武将として参戦し、長宗我部盛親隊を相手に奮戦し、武功をたてる。
寛永13(1636)年に、伊賀国の名張に移封され、名張藤堂家1万5千石の祖となっています。

福井文右衛門は、こうして高吉が名張に移封されたとき、伊勢領の出間村(現、松阪市出間村)のあたり一帯を治める代官に任ぜられます。



当時の出間村は、土地は肥沃(ひよく)です。
けれど水路がなく、農業は天水にたよるほかなかったのです。

こうなると日照り続きの年は米を採ることができません。
だから農民はどの家もオカラ飯を食べて暮らしていた。

代官就任にあたり、村々を視察してまわった文右衛門は、そのことを知ります。

なんとかしなければならない。

いろいろ調べた結果、出間村のあたりは、櫛田川の流域にあたるのだけど、土地が川面より高いということがわかります。

水を引くためには、下機殿(しもはたでん)の東の方から真っすぐに水路を掘る以外にない。

けれど、下機殿は、伊勢神宮の御神域です。
草木一本動かすことはできない。

慶安3(1650)年5月20日、福井文右衛門は、夕方、出間村の村人たちを全員集め、
「下機殿から東へ真っすぐに水路を掘れ」と命じます。

驚きあわてた村人は「それはなりません」とためらいます。

けれど、代官の福井文右衛門は、堂々と笑顔で、
「だいじょうぶだ。村人たちには決して難儀はかけない。おまえたちは安心して工事を実行すればよろしい」と、重ねて水路工事を村人たちに厳命します。

そして村人たちは、一夜のうちに水路を掘り上げる。



明け方、ようやく水路は完成し、水がせきを切って流れ出します。
水がなく、貧しかった村が、豊富な水に支えられる豊かな村へと出発した瞬間です。

村人たちの歓声が上がります。

ところが、先ほどまで工事の監督と励ましのために笑顔で一緒にいてくれた福井代官の姿が見えない。

何をおいても、お代官に知らせなくてはと、村人たちは代官所向かいます。

するとそこには、代官福井文左衛門の割腹して果てた姿があった。

たとえ、村人たちのためとはいえ、神域を侵すのは重罪です。
本来なら、罰(ばつ)は藩主にまで及ぶ。

福井文右衛門は、その責任を腹を切ることで一身に負い、自害したのです。

近くには文右衛門の遺書がありました。

そこには、

「今朝、流したあの水は、この文右衛門が命に替えて出間村へ贈ったものである。孫子(まごこ)の代まで末長く豊作とならんことを」と書かれていた。



事件から360年経った今でも、出間村の人々は、文右衛門の命日に、欠かさず村人一同で供養の法要をしています。

そしてまた伊勢神宮も、下機殿の東の隅(すみ)に、大きな顕彰碑(けんしょうひ)を建ててくれた。

文右衛門は、いまも立派に出間村に生きています。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

三重県-恵利原の水穴


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

くりっく

いかん涙が湧き出てきた
さりぐなく地下鉄車内で読んでいたら、思わず涙が湧き出てきました。現代社会腹を切るまではしないにしても、似たような上司に巡り会ってみたいものです、自分がそのような心を持った人間になれるよう一人一人が心がけられるような日本社会になって欲しいものです。

愛信

【【禁聞】中共官後代多持「雙國籍」】
【【禁聞】中共官後代多持「雙國籍」】

大陸では中共の高級幹部とその配偶者や子女達を海外へ移民させる。 
多くはグリーン・カードを持っている。 彼等は二代目を外国に行か
せて金メッキをするだけでなく、次世代に二重国籍を持たせる。 
権力を利用して国内では彼等に大金を吸い上げさせている。 
従って中共官僚の次世代は外の世界から「中国海外腐敗グループ」と
言われている。

【禁聞】中共官後代多持「雙國籍」
http://ap.ntdtv.com/b5/20110215/video/51414.html
(動画)

全文和訳は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

うろこ

因幡の白兎
ねずきちさん、いつもお疲れ様です。

スレ違いなんですが、先日ねずきちさんが書いておられた大国主のみことの「因幡の白兎」をNHK教育で、本日放送していました。ちょっと嬉しかったので書かせていただきました。
このような番組が増えることを願います。

和田

使命を果たした…
お代官様への『お焼香』として『応援クリック!!』。

志士

TPPは亡国
TPPの様な亡国政策は直ぐ止めさせるべきだ。このブログの様に苦労して開墾した日本の農地も荒廃し郵政350兆円農協290兆円がアメリカの意のままに食い荒らされ、日本国民の生存権を脅かす恐るべき売国協定ではないか。TPPには農業以外に隠された部分もあるのだ。

愛信

不法滞在者通報で報奨金5万円
不法滞在者通報で報奨金5万円
http://blog.goo.ne.jp/renmin/e/5ecb8e69d9e318e07d3e4e92e339ab43
諏訪市で不法に滞在していた韓国人と中国人の男女
3人が、諏訪警察署に摘発されました。

出入国管理及び難民認定法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26SE319.html
【関連情報】
[入国管理局情報受付]
http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/index.html

【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
【人権擁護法案反対タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ミミ

文右衛門さん、ありがとうございます。

素晴らしいお話でした。

こういう方を、たくさん輩出できる日本に、再びなって欲しいです。

まずは、自分からですね♪

愛信

第177回国会決算委員会
第177回国会決算委員会
2月15日10:00~
衆議院予算委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40776&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク