楠木正成



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

楠木正成


楠木正成(くすのき まさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての河内の武将です。
鎌倉幕府に抵抗し、最後まで勤王をつらぬいたことから、明治以降「大楠公」(だいなんこう)と称されました。

楠木正成の出自は、まるで謎です。
日本史上、非常に有名でありながら、これほど出自が謎に包まれた人物はほかにいない。

楠木正成が、確かな実像として捉えられるのは、元弘元年の挙兵から建武3年の湊川での自刃までのわずか6年ほどの間の物語です。

楠木正成は、もともとは河内一帯を中心に、水銀などを流通させていた豪族のようです。この水銀の利権をめぐって幕府と対立したことがきっかけ、という説もあるようですが、真偽は不明です。

時は、鎌倉時代末期です。

元寇から半世紀が経ち、幕府にはもう与える恩賞の余地はない。幕府の権威も失墜し、執権の北条高時は、政治への興味をなくし遊興三昧の日々を送っていた。

民は重税に苦しみ、世の秩序も乱れに乱れていたといいます。

元弘元(1331)年、みかねた後醍醐天皇は、幕府打倒を目指して京都で挙兵します。

しかし、世が乱れているとはいえ、まだまだ幕府軍事力は強大です。
世の武家や豪族たちは、世の中の乱れを憂いながらも、倒幕となると恐れをなした。

「世の中をなんとかしたい」

あせる後醍醐天皇のもとに、駆けつけた数少ない武将の中にいたのが、当時37歳の楠木正成です。

後醍醐天皇は、楠木正成に質問します。

「勝てる見込みはあるのか?」

正成は答えます。

「武芸に勝る関東武士に正攻法で挑んでも勝ち目はありません。しかし知謀を尽くし策略をめぐらせば勝機は生じます」

そうはいっても正成の兵力はわずかに500余騎です。
これに対し幕府は、数万の大軍を差し向けた。

鎧兜に身を包み、きちんと重武装した幕府軍に対し、正成軍の将兵は、まるで野武士の集団です。
兜なんてありません。
上半身が裸の者も多いです。

粗末な山城を見た幕府軍の武将は

「こんな急ごしらえの城など片手に乗せて放り投げてしまえるではないか。せめて1日でも持ちこたえてくれねば恩賞に預かれぬぞ!」と声を荒げます。

幕府兵は、総員総攻撃を敢行します。
兵が攻撃を始め、城の斜面を昇り始めます。

ところが、兵が斜面を埋めた瞬間・・・・
ドドンという音とともに、突然、城の外壁が崩れ出します。
幕府兵の頭上に、岩や大木が地響きをあげて転がってきた。

1対1で戦うことを名誉とする鎌倉武士と異なり、武勲にこだわらない地侍たちは集団での奇襲作戦を行ったのです。

この初戦だけで、幕府側は700名も兵を失ってしまいます。

そして、楠木正成軍は、藁人形であざむく、熱湯をかける、熱した糞尿を頭からかける(まさに焼け糞をかけた)など、奇策に奇策を重ね、幕府軍を翻弄した。

やむなく幕府軍は、力押しをやめて、いったん兵を引き、城を包囲して持久戦に持ち込みます。

山城にとどまる正成軍の食料は、20日で底をついてしまう。

このままでは、飢え死にするほかない、となったそのとき、京で後醍醐天皇が捕らえられたと急報が入ります。

正成は城に火を放ち、火災の混乱に乗じて抜け道から脱出し、行方をくらまします。
猛烈な火災に、鎌倉幕府側の武将たちは、誰もが「正成は武士の伝統に従って炎の中で自刃した」と考えます。
そして、
「敵ながら立派な最期だった」と言い合う。

このように従来の価値観で動かず、舌を出してさっさと逃げているところが、型に収まらない正成の正成たる由縁で、後世、特に江戸期に楠木正成は大人気となります。

ここまでが、有名な「赤坂城の戦い」です。


翌元弘2(1332)年、赤坂城の攻防戦から1年が経った頃、再挙兵の仕込みを完璧に仕上た正成が姿を現します。天下の大悪党ここに現る!という感じだったようです。

これに対し北条氏は、幕府最強とされる先鋭部隊を差し向けた。

楠木正成側の兵力は、このとき幕府精鋭部隊の4倍です。
臣下は「一気に踏み潰しましょう」と正成に進言します。

しかし正成は、
「良将は戦わずして勝つ」と提案を退け、謎の撤退をしてしまう。

幕府の精鋭部隊はもぬけの殻になった天王寺をなんなく占領します。

ところが夜になると、天王寺は何万という“かがり火”に包囲されます。
兵士達は緊張で一睡も出来ないまま朝を迎える。

しかし夜が明けても正成軍に動く気配はありません。
そして次の夜になると再び無数のかがり火が周囲を包囲します。

「いつになれば正成の大軍は総攻撃を始めるのか…」

4日目、精神的&肉体的に疲労の極致に達した幕府兵は、ついに天王寺から撤退します。

実は、このかがり火は「幻の大軍」で、正成が近隣の農民5000人に協力してもらい、火を焚いただけのものだったのです。

正成軍は一人の戦死者を出すこともなく勝利した。


翌元弘3(1333)年2月。

幕府は8万騎の大征伐軍を編成し、目の上のタンコブの正成追討を図ります。
迎え撃つ楠木正成の軍団は、わずか千人です。

楠木正成は、山奥の千早城(いまの大阪府南河内郡千早赤阪村千早の辺り)に篭城します。

幕府軍はこれを包囲したものの、正成の奇策を警戒するあまり近づくことが出来ない。
やばい相手には、やはり2年前の赤坂城と同様、兵糧攻めが一番と、千早城を取り囲みます。

ところが・・・・

今回は勝手が違います。

なまじ8万もの大軍であるがゆえに、先に餓えたのは、包囲している幕府軍だったのです。

正成の作戦は、目の前の大軍と戦わずに、その補給部隊を近隣の農民達と連携して叩き、敵の食糧を断つという、
「千早城そのものが囮(おとり)」
という前代未聞のものだったのです。

山中で飢餓に陥った幕府兵に対し、抜け道から城内へどんどん食糧が運び込まれていた正成軍は、3ヶ月が経ってもピンピンしていた。

やがて幕府軍からは数百人単位で撤退する部隊が続出し、戦線は総崩れになりますた。(千早城の戦い)

8万の幕府軍がたった千人の正成軍に敗北した事実は、すぐに諸国へと伝わります。

「幕府軍、恐れるに足らず」
これまで幕府の軍事力を恐れて従っていた各地の豪族が次々と蜂起し始めます。

ついには幕府内部からも、足利尊氏、新田義貞などの源氏直流の大物豪族たちが公然と反旗を翻し出した。

足利尊氏は、京都の幕軍を倒し、新田義貞は、鎌倉に攻め入って北条高時を討ち取ってしまう。


ちなみに楠木正成は、赤坂城の戦い、千早城の戦いの後日、敵・味方の区別なく、戦没者を弔うための供養塔(五輪塔)を建立しています。
高僧を招いて法要もとり行なっている。

この供養塔で、彼は“敵”という文字を使っていません。
代わりに「寄手(攻撃側)」という文字を使っています。
そして、寄手塚の塚を、味方の塚よりひとまわり大きくした。

味方の勝利におぼれ、敵のことなどいっこうに顧みない戦国武将が多い中で、こうした楠木正成の誠実な人柄は、際立っています。
この供養塔は、現在も千早赤阪村営の墓地に残っています。

楠木正成は、同年6月、隠岐へ流されていた後醍醐天皇を迎えにあがり、都への凱旋の先陣を務めます。

翌建武元(1334)年。

後醍醐天皇は朝廷政治を復活させ、建武の新政をスタートします。
楠木正成は、土豪出身でありながら、河内・和泉の守護に任命される。

ところがこのとき後醍醐天皇は、天皇主導の下で戦のない世の中を築こうという理想のもとに、恩賞の比重を公家に高く置き、武士は低くします。

また、早急に財政基盤を強固にする必要があるとして、庶民に対しては鎌倉幕府よりも重い年貢や労役を課している。

その結果、諸国の武士の反発を呼び、建武2(1335)年11月、足利尊氏が武家政権復活をうたって鎌倉で挙兵します。

京へ攻め上った尊氏軍を、楠木正成、新田義貞、北畠顕家ら天皇方の武将が迎え撃つ。
尊氏軍は大敗を期し、九州へと敗走します。

しかし楠木正成は、この勝利を単純に喜ばなかったといいます。
なぜなら、逃げていく尊氏軍に、天皇方から多くの武士が加わり、一緒に去っていったからです。

「天皇方の武士までが、ここまで尊氏を慕っている・・・」

新政権から人々の心が離反した現実を痛感した正成は、戦場から戻ると朝廷に向かい、後醍醐天皇に、涙ながらに進言します。

「どうか尊氏と和睦して下さい」

ところが公家達に、正成の誠意が通じない。

「なぜ勝利した我らが、尊氏めに和睦を求めねばごじゃらぬのか。
正成は不思議なことを申すものよの」

正成は、公家たちに嘲笑され、罵倒されます。


建武3(1336)年4月。

いったん九州に疎開した後、多くの武士、民衆の支持を得た尊氏が大軍を率いて北上を開始します。

後醍醐天皇は「湊川で新田軍と合流し尊氏を討伐せよ」と正成に命じます。
湊川というのは、いまの神戸です。


“討伐”といっても、今や尊氏側の方が大軍勢です。

正面からぶつかっては勝てるものではありません。

楠木正成は、

「私は河内に帰って兵を集め淀の河口を塞ぎ敵の水軍を足留めします。
帝は比叡山に移ってください。
京の都に尊氏軍を誘い込んだ後、北から新田軍、南から我が軍が敵を挟み撃ちすれば勝利できましょう」と進言します。


これに対し公家たちは「帝が都から離れると朝廷の権威が落ちる」と反対し、案を却下する。
有事と平時の区別がつかなかったのです。
失意の中、楠木正成は、湊川に向かって出陣します。

このときすでに天皇の求心力は無きに等しかった。
尊氏軍3万5千に対し、正成軍はたったの700です。
戦力差は何と50倍です。

正成は決戦前に遺書とも思える手紙を後醍醐天皇に書きます。

-----------------------------
この戦いで我が軍は間違いなく敗れるでしょう。
かつて幕府軍と戦った時は多くの地侍が集まりました。
民の心は天皇と通じていたのです。
しかしこの度は、一族、地侍、誰もこの正成に従いません。
正成、存命無益なり・・・
------------------------------

彼はこの書状を受け取った天皇が、目を開いて現実を直視するように心から祈ります。


5月25日。

湊川で両軍は激突します。
海岸に陣をひいた新田軍は、海と陸から挟まれ、あっという間に総崩れとなった。

そのため正成に合流できなかったばかりか、足利軍に加わる兵までいる始末。

最早、戦力の差は歴然としています。
誰もが、即座に勝敗がつくと思われた。

しかし足利尊氏は、正成軍に対し戦力を小出しにするだけで、なかなか総攻撃に移らない。

尊氏にしてみれば、今でこそ両者は戦っているけれど、3年前は北条氏打倒を誓って奮戦した同じ仲間です。
楠木正成ほどの男を失うのは、いかにしても惜しい。惜しすぎる。

足利尊氏は、何とかして正成の命を助けようと、正成へ再三降伏勧告をします。

しかし、正成軍は鬼気迫る突撃を繰り返します。
このままでは自軍の損失も増える一方です。

尊氏はついに一斉攻撃を命じます。


6時間後・・・・

正成は生き残った72名の部下と民家へ入ると、死出の念仏を唱えて家屋に火を放ち全員が自刃します。
正成は弟・正季と短刀を持って向かい合い、互いに相手の腹を刺しちがえています。

享年42歳だった。

このとき正成が、弟正季ら、生き残った一族郎党と誓い合った言葉としていまに伝えられているのが「七生報国」(しちしょうほうこく)です。
旧字体では“七生報國”と書きます。

最期をさとった正成が、弟正季に「何か願いはあるか」と問いかけたとき、正季は

「七生まで人間に生れて朝敵を滅ぼしたい」と答えたのだそうです。

そして正成は、「いつかこの本懐を達せん」と誓った。


正成の首は、一時京都六条河原に晒されたけれど、死を惜しんだ足利尊氏の特別の配慮で、彼の首は故郷の親族へ丁重に送り届けられたといいます。

尊氏側の記録(『梅松論』)には、敵将・正成の死が次のように書かれています。

「誠に賢才武略の勇士とはこの様な者を申すべきと、敵も味方も惜しまぬ人ぞなかりける」


尊氏没後、室町幕府は、北朝の正当性を強調するために、足利軍と戦った正成を『逆賊』として扱います。

正成は、死後300年近くも、朝敵の汚名を着せられたままとなったのです。
たとえ胸中で正成の人徳に共鳴していても、朝廷政治より武士による支配の優秀さを説く武家社会の中で、後醍醐天皇の為に殉じた正成を礼賛することはタブーとされたのです。


その楠木正成を、再び世に出したのが、水戸黄門で有名な、水戸光圀です。

光圀は、元禄5(1692)年、大日本史を編纂中、水田の中にあった小さな塚に正成の偉業を称え建立し、“嗚呼忠臣楠子之墓”と自書した墓碑を建立しています。

ちなみに工事の監督を指揮したのは“助さん”こと佐々介三郎です。

光圀は、

「逆賊であろうと主君に忠誠を捧げた人間の鑑であり、全ての武士は正成の精神を見習うべし」と、正成の名誉回復に努めました。

墓の傍らには水戸光圀像もあります。


たとえ逆賊の汚名を着ても、主君に忠義を捧げつくす。

楠木正成は、大東亜戦争を戦い抜いた若き日本軍の将兵に「皇国の最大の英雄」と慕われ、

「七生報国」は、「忠君愛国」「滅私奉公」とともに、旧日本軍日本人の精神として受け継がれました。

人間魚雷「回天」出撃の際には、正成の軍旗に記されていた文字「非理法権天」と書いたのぼりが掲げられ、その本体には楠木一族が用いていた紋所の「菊水」が描かれました。

「非理法権天」というのは、”非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」という意味です。

つまり、天命のままに動き、人は天に逆らうことはできない。だから人は天道に従って行動すべきである、というものです。


人を思いやり、和をもって貴しとなす日本という国の文化や伝統、誇り。
たとえ相手が自分より数十倍上回る敵であっても、勇猛果敢に戦いに臨む精神。
そしてその誇りと精神を守るために「七生報国」を合言葉に大切な命を捧げられた246万の英霊たち。

私たち現代を生きる日本人は、そうした先人たちの心に恥じない日本を、後世のために残して行かなければならないと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

≪16日から20にまで5日間、多忙で更新ができないため、本日のエントリーは、過去記事から転載させていただいています。≫

日本人とシナ人(中国人)の違い


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

かえる

いつも、楽しく勉強させていただいています!
近所に湊川神社があり、年に何度か参拝する
のですが、入口付近に水戸光國公(平櫛田中作)の
像があり、何故なんだろう?と不思議に思っていました。
謎が解けて、スッキリしました。

乾坤一擲

真田信繁
『非理法権天』
この五文字だけで全ての理を表現してしまえると言う、とてつもない浅くも深い言葉ですね。
感銘を受けました。
歴史は多数ね本を持っていて、とても好きなのですが、楠木正成だけは何故だかあまり学ばなかったので、とても勉強になりました。
そして、劣勢な湊川の戦いぶりを読んだ瞬間に、私が畏敬している『真田信繁』の最初~最期までの戦いをパッ!!と思い浮かびました。
劣勢から鬼神の如く戦う気概は歴史に残る、正に乾坤一擲の戦いですね。

-

ご参考までに
ここに橋下の本音が出ている。
 一見下らない事を書くけれども、この発想は実はシャクレを始めとするY興業のスクールで教えてるんだ。めちゃくちゃやったら面白いんじゃ、もっと面白くしろとね
http://ameblo.jp/troussier100/entry-10807514359.html

wktk

No title
七生報国を誓い合ったくだりには感動を禁じえません。
七生報国は好きな言葉の一つです。

是非とも西郷さんの話も取り上げてもらいたです。
僕が一番好きな言葉は
「人を相手にせず天を相手にせよ
天を相手にして己を尽くし 人を咎めず
わが誠の足らざるを尋ぬべし」です。

nanashi

狙われた最上川の源流

ハルブル

No title
はじめまして。
いろいろな良いお話を紹介してくださって、ありがとうございます。
冒頭の写真は皇居外苑ですね。
地方在住なので皇居も湊川神社・千早赤阪に行ったことはないのですが、一度行きたいとおもっております。

-

財政
■『財政破綻リスクに関する質問主意書(提出者 城内実)
城内先生が素晴らしい質問趣意書をご提出されましたので、ご紹介……
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10806079853.html

■西田昌司の目覚めよ!日本人
いいかげんに目覚めよ!「無駄をなくして減税」で残ったは借金の山だ!
http://www.choujintairiku.com/mezame015.html

ななし

No title
楠木正成の名誉を取り戻した水戸光圀の運動は不思議ですね
というかもっと一般に、光圀が創めた尊王思想、水戸学なるものは、
世界に類を見ない日本独特な考え方のように思えます
光圀はいわば幕府側の、天皇とは独立して日本を支配している体制の側の人間です。
その彼がなぜ尊王などする必要性があるのか。
なんとも奇妙に思えます。
これは同時に、日本における天皇の存在が他国における王とか教皇とは全く異質なものであることを示しています。

-

勤王
現在の民主党には勤王の志士と呼べる人物は残念ながら見当たりません。次期総理に前原氏の名前が一番多く挙がっているようですが、八ツ場ダムでも尖閣諸島でも威勢のいい事を言いましたが、言いっ放しで自分の言葉に対する責任は一切取っていません。もし彼が総理になったら自分の言葉がもたらす結果も考えずに発言して他国との無用な緊張状態を生み出すのではないかと懸念します。言うべきことを毅然として言う、その裏には言葉に対する責任を持つ覚悟がある。この覚悟が総理になる人には必要だと思います。

黒ユリ

No title
初めまして。この前の戦争の詳しい記事などいつもお疲れ様です。知らなかったエピソードなど勉強になっています。
国のために尽くした人を祀る日本の神社。この楠木正成を建武中興の功績でご祭神としているのが湊川神社ですね。戦中派の亡父(大正一ケタ生れ)は尋常小学校の時、足利尊氏は悪者のように教えられて…などとよく言っていたものです。
戦後生まれの私なんかは楠木正成の方は「負けた人」みたいな教えられ方だった気がします。
「勝った方が正しい」観だったら、隣の国と同じになりますよね。

日本歴史の真心

やむにやまれぬ大和魂
■ブログ反日勢力を斬るさんが『何かのために sengoku38の告白』の本を
紹介されています!
◎止むに止まれぬ大和魂

民主党政権がいよいよ終わりの始まりを告げる中、良書が刊行された。
朝日新聞にはびた一文も払いたくないので最初は本書を買うつもりはさらさら無かった。
しかし、著者の出版記念を兼ねた外国人特派員の記者会見を見て、一色氏が想像した通りの人物だったので買う気になった。
朝日新聞に儲けさせるのは癪だが、一色氏に少しでも印税が入ればいいと考え直したからである。◎

◎「何かのために sengoku38の告白」  反日勢力を斬る(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/37065392.html

止むに止まれぬ大和魂

民主党政権がいよいよ終わりの始まりを告げる中、良書が刊行された。
朝日新聞にはびた一文も払いたくないので最初は本書を買うつもりはさらさら無かった。
しかし、著者の出版記念を兼ねた外国人特派員の記者会見を見て、一色氏が想像した通りの人物だったので買う気になった。
朝日新聞に儲けさせるのは癪だが、一色氏に少しでも印税が入ればいいと考え直したからである。

著者の略歴によれば、商船専門高等専門学校を卒業後、民間の商船会社に就職。国際航路のタンカーに乗船した後、民間金融業、広告業を経て30歳で海上保安庁に中途採用された。国際捜査官として活躍し退職までに長官表彰3回、本部長表彰4回の表彰を受けている。
事件発生後、本人は船長に次ぐ有能な人材であったと噂されていたが、事実だった。

「はじめに」で自分の行為で迷惑を受けた人達に謝罪し、応援してくれた人に謝意を述べている。
著書の巻頭が「お詫び」から始まるのは稀有なことであり、本書は随所に関係者への謝罪の言葉が出てくる。

本人を突き動かしたのは危機感であった。

「日本は、今、まさに四面楚歌なのである。しかも日本一国だけが、いわゆる平和憲法なるもので手足を縛られ、国防費を削減し、逆に回りの国はどんどん軍備を拡張しているのである。アメリカとていつまで日本の味方でいてくれる保障はないのである。もはや日本を見限っているかもしれない」

和田

『大楠公』の…
勇戦に応援クリック!!

共通一次世代

楠公さん
「楠公さん」の生誕地、千早赤阪村。いいところですよ。
私は大阪と奈良の境にある金剛山に若い頃よく登山に行ってたんですが、その登山口が千早赤阪村にあるんです。みかん狩りも出来ますよ。私は訪れたことがないのですが、棚田百選にも選ばれた「下赤坂の棚田」が千早赤阪中学校のすぐそばにあるそうです。↓

【下赤坂の棚田:QPONの高画質写真展示ツール】
http://kiden9173.web.fc2.com/akasaka.html

千早赤阪という地名もとても好きです。で、何年か前、千早赤阪村が他市と合併するとかいうのを何かで見て、名前がなくなってしまうのかなぁと残念に思っていましたが、今もちゃんと「大阪唯一の村」として残っているので本当に嬉しい限りです。

大阪、神戸と道路を走っていると「楠公さん」ゆかりのところを見つけます。湊川神社は勿論ですが、芦屋にもたしか「楠公園」という道路標識があって、そこも楠公さんゆかりの場所だったと思います。

「楠公さん」・・・神戸や大阪で聞かれる、親しみをこめたこの呼び名。いいですねぇ。

愛信

日債銀粉飾事件で差し戻し審始まる
日債銀粉飾事件で差し戻し審始まる

日債銀の1998年3月期決算で、旧大蔵省が新たに示
した厳格な不良債権処理基準ではなく、従来の基準を
用いたことが当時の会計慣行に反していたかが争点。

イカサマ小泉ー竹中経済改革の金融行政でアメリカの
新しい規準BISの厳守を理由に銀行経営危機に国内
資金の投入を止めて長銀、日債銀、りそな、足銀、
無数の会社を潰した。最高裁の判決で
長銀(現新生銀行)の旧経営陣の無罪判決の意味す
る事は重大である。新しい資産評価規準に従わない
事で粉飾決済と見なし、赤字であるのに配当した事
の違法性を理由に一時国有化して7兆9000億円の
税金を添えてハゲタカ外資に贈呈した日本国政府の
犯罪行為、この事件の最高裁の判決が、新しい基準
に従う必要はなく旧経営陣の違法性は認められない
故に無罪、国が旧長銀の経営を偽装した、
ならば一時国有化を強行した国を国家賠償請求で
告訴しよう。 
一時国有化第二号の日債銀(現あおぞら銀行)は4月
8日付で米系ファンド、サーベラスが買収、一時国有
化第三号の足銀は7月1日付けで野村グループに譲
渡された。 長銀(現新生銀行)の所有者米投資ファ
ンドのJCフラワーズから7兆9000億円と新生銀行を
奪回しよう。 さもなければこの国の人々の「信」は
回復できない。

【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi
【足銀国有化の見直しのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク