【拡散希望】中華民族琉球特別自治区設立を許すな!



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会」設立公告


今年1月17日にChinaの新聞に「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会設立公告」なるものが掲載されました。

それが冒頭の写真です。
(クリックすると大きくなります)

また最近、Chinaのネット上には「琉球群島之千年国家戦略」なるものが出回り、沖縄独立運動同様、勝手に盛り上がって情報の既成事実を作り上げようとしています。

そのことが、先般、坂東忠信さんのブログで紹介されました。
http://ameblo.jp/japangard/page-5.html#main

彼らの言い分は、中国語で書かれた↓のサイトにあります。
http://grass.chinaiiss.com/html/20112/9/wa446b.html

坂東さんが、これを日本語に訳してくれていますので、転載してみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~
【中華人民共和国琉球自治区の設立】
琉球群島千年の国家戦略の開始

国連は先日、ミレニアム総会を再び開催た。
我々中国も、千年の発展を考慮した問題に取り組まなければならない。

これは千年持続する経済発展の基礎である。
また安全保障は、中国が考えなくてはならない重大な問題である。

中国は琉球群島を回復しなければならない。
中華人民共和国琉球自治区を成立させなければならない。

琉球自治区


我々は、琉球自治区を建設し、中国東方の宝石とし、これを国防のための巨大な鋼鉄の長城となし、中国が太平洋に向かう前進基地としなくてはならない。

琉球自治区、それは中国の経済発展を促進し、国家の長期安定維持のための一つの大きな鍵となる要素である。

この千年計画を、中国は真面目に取り組み研究しなければならない!

琉球自治区2


1 我々は、琉球を回復し、中国千年の繁栄と安定した安全な発展の準備を十分にすることを決意する。

(1)中国は琉球の統治権を回復するにあたり、歴史と法律をもって争うことの出来ない正当性を備えている。


現在「琉球統治権の回復は、東海問題と釣魚台問題を解決する鍵となる」という文言に、琉球群島の属性を探ってみれば、

第一に中国歴代王朝の指導者には中国が琉球群島の主権を日本に渡した事実はまったくない
第二に、日本が現在法によらず中国に代わって琉球二統治権を行使している。この統治権は直ちに回復してよいものである。

それゆえ琉球群島の主権は依然として中国にある。
歴史は充分に琉球群島の主権は中国にあることを証明している。

「カイロ宣言」と「ポツダム宣言」は法律上中国が琉球の主権を具備していることを保障しており、中国は琉球に対して争う点のない主権の法的効力がある。

琉球群島の統治権は、我々は忘れることは出来ない。


(2)中国の琉球群島は戦略的地位として変えがたい重要性を持つ。

琉球群島の地理一は中国において相当の重要性がある。
琉球は東海の東にあり、中国の東大門ともいえるものである。
太平洋への出口でもある。
琉球は、中国が千年の経済発展と社会安定、国家安全の鍵となるところに存在する。

日本とアメリカの両国は琉球群島を利用して、中国を封鎖し中国を防ぐ第一の列島としている。
中国がいったん琉球群島を回復すれば、琉球群島は中国の千年発展の中で国家主権の安全の防波堤となる。

われわれは琉球を捨てることが出来ない。


(3)中国が琉球統治権を回復すれば、戦略的形成は一国の猶予も許さない緊迫性を持つ。

事の発端は日本が作り出し、侵略がその本質にある。
日本は、国は小さいながら野心は大きい。
日本はアジア人民に対し、積み重なる血の負債を負っている。
そして今に至っても謝罪を拒否している。

第二次世界大戦では日本は口先ではカイロ宣言とポツダム宣言の条件を飲んで投降したが、戦争犯罪問題はいまだに終わっていない。

日本は侵略国家としての戦争遂行賠償を行っておらず、いまだに関係条約を履行していない。
「山河は変わっても人の本性は変わらない」のだ。

日本は不法にアメリカ軍から中国に属する琉球群島の統治権を手にし、これほどの長きに渡って、琉球を中国に返そうともしない。

日本は琉球群島をジャンプ台として中国の釣魚台及びその海域を侵略占領し、琉球を基地に狂った妄言で東海中間線を引き、日本は一々中国に東海問題に口出しし、いちいち中国との東海共同開発を要求し、いちいち中国との春暁油田の開発を要求し、これによって中国への侵犯を企てている。

不法占領が釣魚島とこれを含む海域の中国東海の主権に及び、日本はあらゆる極端な手段をとっている。

政治上は積極的にわが国との抗日戦線盟約国であったアメリカに身を預け、日本の戦車にアメリカをくくりつけるようなたくらみで、軍事上は積極的に動いて、武威を振るい、非法な行いを実行している。

日本は、戦略としては侵攻が主であり、あらゆる方向に出撃している。

日本は釣魚島とその海域において、やりたい放題に縦横無尽に突き進み、中国の機器を刻々と作り出している。

これらの言動は、日本がまったくカイロ宣言やポツダム宣言を履行せず、法に沿った道の上を歩まず、自らが敗戦国であることを忘れていていることを示している。
日本に再び軍事大国への道を走る権利はない。

現在日本では、自衛隊はすでに標準の軍事組織の範囲を超えており、世界的にも正常な国家の軍事力に勝っている。
日本は、世界第三の軍事強国である。

日本の軍国主義は復活の勢いで、釣魚島にまた行こうと呼びかけ、与那国島、那覇に派兵増員し、兵力を増強している。

日本はアメリカと韓国、東南アジアの一部の国家、インドを支持し、中国包囲網戦略を実施して、一時の間波風を立て、中国に不動の圧力をかけている。

中国は悪寒と圧迫を感じずにおれようか。

中国はさらに日本外相前原誠司と東海問題回復のための折衝要求にどうして答えられるのか。

形勢は人を圧している。
琉球群島統治権回復を、我らはこれ以上先延ばしにすることは出来ない。


(4)中国は琉球統治権を回復し、時勢に乗って戦術を仕掛ける必要性がある

日本は事の発端となりながら、不法に釣魚台で法を執行し、中国漁船に衝突して、不法に中国公民を拘束し、中国の権利を今に至るまで侵害し賠償と謝罪を拒否している。

中国には何の非もなく、中国の主権と尊厳を損害したことに、中国はこれに耐え忍んでいけるのか。
中国は強力に対応しなければ後顧の憂いが耐えない。

最近中国とロシアは両国における第二次世界大戦の関係声明を発表した。
まさにこの時わが国は時勢に乗って好機を得、主権回復すべきまさにその時なのである。

チャンスを逃してはいけない、失えばもうチャンスはない。
琉球群島を回復するため、我らはもう座して待ってはいられない。


(5)中国は琉球統治権を回復し、国家戦略の主導性を増強することが出来る

中国政府はただ琉球群島統治権回復の宣言と、日本に百万の兵士を送り込むのを待つばかりである。

日本はたくさんの問題に関してすばやく口をつぐみ、あのように猛威を振るうことはないはずだ。 

中国政府はただ日本に対し明確に琉球群島の統治権回復を明確にしさえすれば、日本を主導から動かされる側に移して、中国を動かされる立場から動かす立場に帰ることが出来る。

琉球の主権と統治権はみな中国のものである以上、日本には中国と釣魚島問題について語るどんな資格があるというのか。

中国と東海中間線問題を語る資格があるというのか?
東海共同開発を語る資格があるというのか? 

中国はただ日本に琉球群島の統治権を中国に返還するよう要求すれば、日本は中国と中間線や、釣魚台、春暁油田の問題を語る基礎を失うのだ。

全ての釣魚島東海のいわゆる中間線、東海開発、春暁油田の全てに関して、国家主権の権利協議は自動的に成立しなくなり、自動的に廃止されるのだ。

ましてや、いまだ全国の人々の許可を得ていないものなどできるはずがないではないか。

中国に琉球統治権を回復したそのとき、中国が主導して日本に「日中の琉球群島返還問題に関する協定」の折衝を要求し、これによって、迅速に琉球群島を中国がとりかこんで回復する道をたどるのだ。

琉球群島統治権回復の声を、われわれは叫ばずにはいられない。


(6)中国政府が琉球群島統治権を回復すべき歴史的責任

琉球は中国の領土であり、中国には争うことのない主権がある。

日本は違法に琉球の統治権を振るい、中国は日本が統治権を中国に返還する意思を少しも見ることができない。
どうして我々は日本に無期限にこれを使用させ続けなければいけないことがあろうか。

当初の蒋委員長は十分に琉球統治権に手を付けられなかったことを後悔しているのだ。

彼のことは過去のことであるが、我々はこの後悔をさらに引きずっていけようか。 
中国人民共和国はすでに中国唯一の合法政府であるから、私たちは過去の蒋委員長の後悔を遠くに投げ捨てなければならない。

琉球統治権はすでに日本によって数十年行使されており、わが国は道理に基いて堂々とこれを回復しなければならず、子孫や後の代にこれを引き継いで、歴史を交代し、歴史的責任を果たさなければならない。

琉球統治権回復の責任は、果たさずにはいられないのだ。


(7)中国の千年経済発展と安定安全は、琉球群島の天然の防御性抜きにはありえない

沸き返るような韓国・アメリカの黄海海軍合同演習は、国民の神経を逆なでした。
韓国とアメリカの黄海海軍演習は、中国の国家安全構成に脅威を与え、アメリカの空母をグアム、那覇が航路を黄海に開いたが、これは北京天津地区に迫り、中国の心臓部を脅かし、我が軍の軍事機密を窺った。

もし中国が今後も千年の歴史の長い河の中にあり、東海、黄海に武器を携えたものどもがきて、又は空を飛び回り、波風を立て、砲火が連日聞こえる脅威の状態下にあるなら、中国はどうしてすばらしき国家を建設し、一意専心に発展していけようか。

中国は経済的に十分発展したのか。
経済は経済成果を十分に保ち続けるほど繁栄しているか。
それとも屠殺されるのを待つ超えた羊のようになってはいないだろうか。

もし琉球統治権を回復すれば、中国は琉球を建設し、経営は力を得、日本軍とアメリカ軍を東海から遠ざけ、琉球は中国の安全のための防波堤となるのだ。

もし国家が東海方面で潜在的な脅威に晒されても、中国は短時間で琉球を持って東に敵を葬り、或いは敵を攻撃することが可能である。

中国は決心する時期に来た。
琉球群島は天然の防波堤であり、私たちはこれを無視することは出来ない。


(8)琉球群島統治権を回復することは、国家の完全統一を加速し、中国の専念にわたる安全な発展を確保し、歴史の進歩において必然性を有するものである

中国の歴史は、離合集散を繰り返してきたが、分かれてはまた合流するのは歴史の必然であり、これは人の心によってそうなるものである。

台湾と琉球と、祖国である大陸の主権はすべて中国と不可分の領土にあり、台湾の国民党と大陸の共産党は過去に激烈な内戦を経てきたが、実質的には意識形態統一のための戦争であり、国民党・共産党の両党が国土分裂の意図を持って戦ったことはまったくない。

体に傷を負ったとはいえ、筋肉や骨を分断されたわけではなく、大陸と台湾の両方の国土部分は分かたれたことは無く、今に至るまでひとつの国家主権を実質的に分裂させたこともなく、これはただの歴史の冗談のようなものであったがゆえに、中国の両岸はひとつの国家の意識が当初は対立していた形になって現在に至っている。

現在意識形態は基本的に冷淡ながらお互いを兄弟と呼び合うような経済が日ごとに受け入れられるようになり、人民は分けられて管理されている。

これは両岸の属性である。
「ひとつの中国」「92年合意」はその最もよい証明である。

最近の両岸の関係は平和的で、欧州大西洋パートナーシップを実施し、経済発展と両岸人材交流をし、両岸の意識形態方面における分裂は大幅に縮小され、急速に一致に向かっているといえる。

両岸統一への歩みを加速させたことを表明したのだ。
香港とマカオは前後続いて祖国に復帰し、琉球群島の統治権の中国返還は必然的で間近であり、全国人民はまさに首を長くして待っている。

中国の完全統一はすでに遠い話ではない。

歴史はすでに証明している。
国家の統一は歴史的潮流であり、国家の統一は何者の力もこれを阻むことができない世界の趨勢である。

台湾は一万年かけても統一せねばならず、琉球は一万年かけても回復しなければならない。

中国統一は大事業であり、台湾はこれを避けることはできない。
国家の安全発展のため、琉球が欠けることがあってはならない。

~~~~~~~~~~~~

一読しておわかりいただけようと思うけれど、冷静かつ客観的にみれば、上に書いてあることは、嘘八百の扇動行為でしかないです。

けれど、そういう嘘や虚構を正義とみなして暴力をもってその嘘を強制する。
それが共産主義者というものであり中共の実態です。

こんなバカげた屁理屈で、私たちの父祖が命を賭けて守ろうとした沖縄を、易々と中共の手に渡してよいのか。

沖縄を守ろう!

私たちはそのために必要な行動をとっていきます。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

仲村覚_中華民族琉球特別自治区援助準備委員会


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

とと

No title
現在の中国の地図で南西諸島を日本領扱いとしている時点で理屈が破綻していると思いますが・・・。
韓国も対馬は韓国領といいますが、同じく韓国の地図でも日本領です。
一度、現在の紛争区域外の領土領海について再確認を取るべきでは?
公式見解としてアホな主張をしたら即座に国際社会にさらせます。
一度、正式見解を出したら国内向けに抑止力となりますので。

満寿菊

>>中国は悪寒と圧迫を感じずにおれようか。
って…逆ですよね。
日本こそ中国に対して悪寒と圧迫を感じずにはいられないです(´・ω・`)

反日天動説粉砕

(^_^;)イヤハヤ最悪だな
なんというインターネット・・・
レスをした瞬間に正義の言葉が返ってきた
この掲示板は間違いなくネ申2ch
       

  || ̄ ̄ ̄./ ̄\
  ||売国奴|o^   | 5万円で国を売る外務大臣って?
  ||___\_/
  \__⊂´   )
      (  ┳

-

似非平和主義者は中国の廻し者
もしかしたら、沖縄が中国に制圧されてしまったら、沖縄県民は邪魔もの扱いされて皆●しされるかも・・?



何故かって、言うと

「基地反対」

「平和な沖縄に基地はいらない」

って言ってる<平和主義者>が、うるさいでしょ?



それとも、基地反対って言ってる人は、中国人民軍の基地ならOKなの?


教えて下さいよ、憲法9条信者の人 (笑)

こぎつね

No title
激しく憤りを感じます
このような 態度を取る事自体
自ら侵略国家と言ってっているようなもの
中国共産党の侵略を許してはいけません

禍福はあざなえる縄の如し

No title
あれだけ尖閣で大騒ぎになったと言うのに、それでも県知事は県外移設を言い張る。

22:08の名無しさん、マスゴミにとって外国人とは2種類ある様です。「彼らの基準」で、差別しても良い外国人と差別してはならない外国人とが。

-

中国共産党の宣伝紙である沖縄の地方紙
色付きの文字中国が必死に嘘をつき続ける事は、それだけ沖縄が地理的戦略的に重要である事の裏返しでもあるのでしょう。

ですが、沖縄の地方紙は盛んに「沖縄という地理的条件云々という考えは冷戦時代の遺物だから、考えてはいけない」「基地があるから戦争になる」など、誠に馬鹿馬鹿しい社説や記事、読者投稿をほぼ毎日掲載しています。

沖縄県民を盲目にさせているのは、紛れも無く彼らメディアです。

最近は、「アメリカ軍の基地従業員に支払う賃金は、思いやり予算で賄われている。その基地従業員の中に、フィリピン人など外国国籍の人がいる事が判明した。基地従業員の規定には『国籍条項』が存在しない。外国人にまで思いやり予算から賃金を支払う事は、納得出来ない」などと主張していますが、『国籍条項』を持ち出すのなら、『朝鮮学校無償化』や『無国籍人権監視委員会』や『外国人参政権付与』は論外でしょう

にもかかわらず、沖縄の地方紙は『外国人を差別してはならない』と、二紙とも外国人参政権付与にとても積極的です

彼らはその矛盾に、気付いているのでしょうか?

えあほーす

No title
なんか
難しいブログですね

愛信

第177回国会参議院予算委員会2011年3月4日 (金)
第177回国会参議院予算委員会2011年3月4日 (金)

前原大臣 野田大臣 レンホウ大臣の政治と
カネを厳しく追求する西田昌司(自由民主党)
の質問は圧巻

2011年3月4日 予算委員会 約7時間7分
政府参考人の出席要求に関する件
参考人の出席要求に関する件
平成二十三年度一般会計予算(閣予第1号)
平成二十三年度特別会計予算(閣予第2号)
平成二十三年度政府関係機関予算(閣予第3号)
前田武志(予算委員長)
野田佳彦(財務大臣)
小坂憲次(自由民主党)
山本一太(自由民主党)
林芳正(自由民主党)
前田武志(予算委員長)
林芳正(自由民主党)
世耕弘成(自由民主党)
森まさこ(自由民主党)
西田昌司(自由民主党)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3604&mode=LIBRARY&pars=0.8222149728376433
平田健二(民主党・新緑風会)

動画は
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6_hdir.cgi

【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

前原大臣終了
前原大臣が西田議員の質問に対して在日外国人からの献金を認めた。
政治資金規制法22条の5外国人からの献金の禁止、26条2項罰則三年以下の禁固、28条公民権停止5年
前原誠二 外国人参政権賛成 在日韓国人から違法献金
他の外国人参政権賛成の議員は?

a6m5

あの国ならやりかねない
いつも拝読させて頂いております。
沖縄は明治時代に日本が清朝から奪ったとか、住民はもともと福建省、浙江省とかの出身とかメチャクチャなことを組織的に宣伝・洗脳してます。中国共産党が救いようのない嘘つきであると石平氏も著書で述べています。
自治区などにされたらウイグル、チベットのような悲劇が起きます。日本政府は冷静に挑発に乗らず毅然とした態度で言うべきことを言うべし!日米協力して絶対阻止(アーミテージさん期待してます)!しっかりしないと北海道まで取ろうとしたロシアにもつけ込まれてしまいますよ。

一有権者

No title
シナの陰謀もここまで来るともう実力行使を持って阻止しなければいけないところまで来ていると思います。

全てを日本に責任転嫁しながらこのような事をこそこそと企むシナそして日本国内の民主党や売国、反日メディア等という出鱈目な連中をなんとしても潰さなくてはいけませんね。
そのためにはやはり私達日本人が目覚めなくてはどうにもならない。

本日の国会予算委員会?にて自民党の西田議員は前原、野田、レンホウ各氏の献金について素晴らしい追求をなさっておりました。
特に前原氏の献金については明らかに憲法違反である在日韓国人からの献金をあっさり認めました。
このような連中が日本国の舵取りを行っておりこのような状況を長引かせる事は日本国の国益と日本国民の安全保障が日々危うくなるだけ。
あからさまにこのような情報が漏洩してきているのに
沖縄の人達は本当のところなんと思っているのでしょうか。?中国の属国にされてそれでいいと思っておるのでしょうか。?

共通一次世代

「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない」
【東條由布子氏記者会見 (1/2) 】(2007.7.3)
http://www.youtube.com/watch?v=AOV1OEi8W2s
【東條由布子氏記者会見 (2/2)】
http://www.youtube.com/watch?v=NcyU0pDf6vc&feature=related

=====(後半5分ほどより)=====

私は、あの最後通牒(ハル・ノート)に対して、日本人が立ち上がったことを誇りに思っています。
もしもあのハルノートを日本が受け入れたならば、日本は恐らく「真の奴隷の国」となってしまったと思います。

アジアで唯一白人の植民地とならないで孤軍奮闘を続けてきた日本は、戦わなければならなかったのです。
結果的に敗れはしましたが日本人の誇りは保たれたのです。

====================

これは安倍さんが総理だった年の記者会見で、東條氏も最初に、靖国参拝を「曖昧」にした安倍さんに対する失望感を述べています。

5年前。既に拉致事件は国民の知るところとなっていたけれど、目覚めたのはごく一部の人たちだけで、まだまだ何も変わっていなかった。

国民は結局何にも分かっていなかった。目覚めてなんかいなかった。3年後、マスコミの異常さにもあの麻生さんへのバッシングにも何の疑問も持たず何の嫌悪感も持たずマスコミに煽られ流されてしまい、民主党を圧勝させてしまった。

国民がまだまだそんな「軽い意識」であった中で、また、安倍さんへのあの異常なバッシングの中で、当時、安倍さんがブルドーザーのように突き進むことが出来ただろうかということです。

そんな中でも安倍さんは懸命に出来ることをやってきていました。マスコミに煽られた国民にまで総スカンを喰らいながら、国民がロクに見ない国会で、そして外交でも、懸命に動いていたんです。

あれから5年。

民主党政権という「売国」を国民自らが迎え入れ、尖閣事件が起こり、ロシアも本性をあらわにし始めました。

いくら「騙された」と言っても民主党政権は国民が選んだ政権。国民が反省しない限り変わらない。

でももう本当に危機が迫ってきていると感じます。
政権交代後、民主党の実態を国民は見てきました。中国がどういう国か見てきました。

私は、自民党の保守議員の頑張りを見てきて、彼らを絶対に潰してはいけないという思いから、自民党を応援してきました。そして国を動かす上で有能な議員がたくさんいる自民党のその力も認めています。マスコミは何一つ自民党を評価しません。国民はろくに知らずに自民党を悪だと決め付ける。そのことが、大事な議員を潰すことになる。

総選挙がいつになるのか分かりません。

自民党にまずは政権を取り戻して欲しい。
そして政権を取り戻した暁には、早急に意識改革をやってほしい。それはまさしく、堂々と東條氏の言葉を国民に訴えられる党になってほしということです。

先人が護ってきてくれたおかげで今の日本がある。今、日本人が「奴隷」としてではなく「人間として、日本人として生きていられるのは、先人が逃げずに戦ってくださったお陰である、その日本を守らなくてはいけない。

東條氏の言葉を堂々と「与党自民党」が訴えることは、天地がひっくり返るような出来事となると思います。でも今度こそ自民党は逃げずにこの言葉を伝えられる党になって欲しい。
これは決して戦争賛美ではないのですから。これから起こる日本の危機を乗り越えるために国民全員が持つべき意識なのですから。

民主党は「国民に擦り寄る」政治を目玉にし、票をかっさらい、政権を取っていきました。卑怯この上ない。

自民党は、「国民に真実を知らせ、一緒に意識を変えていこう」、との方向で行って欲しい。
今の議員もほとんどが戦後世代なのです。「教えてやる」ではなく、「国民と共に意識を変えていく」。

それを実行させるには私たちが後押しするしかありません。
マスコミは完全な敵です。
国を守れるのはその国の国民だけ・・。

「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない」(白洲次郎)

自民党にこの言葉を訴えましょう。訴えさせましょう。

愛信

【井上&林】安全保障放談:民主党政権下の防衛省[桜H23/2/28]
【井上&林】安全保障放談:民主党政権下の防衛省[桜H23/2/28]

防衛省事務次官"言論弾圧"通達や、1年先延
ばしになった上に実効性を欠く新防衛大綱、
ロシアも中国も明らかに強硬姿勢に転じてい
る領土問題などに言及しつつ、「シビリアン」
達の倒錯について指摘していく「安全保障放
談」を お送りします!
http://www.youtube.com/watch?v=OPfq2RUGwoY&nofeather=True
(動画)

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10_hdir.cgi

【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】
はこちらをクリックして下さい。

-

日本人国連職員の悟り
……「地球はひとつ」という理想の実現に燃えて国際公務員となるのですが、理想とはあまりにかけ離れた国際社会の現実を国連を通してまざまざと見せられ、勤務年数が長くなればなるほど、逆に愛国者になっていくらしいのです……
http://blogs.yahoo.co.jp/nobu_aidasort5694/2556088.html

-

現在の沖縄は左翼の巣窟となり、マスコミ報道を鵜呑みにする県民の多数も左翼思想に洗脳されているのだろう。彼等自身危機の最中に置かれている事も認知せず、自らを滅亡へと導いている姿を見ると呆れ果ててしまう。しかしながら彼等の祖父母、両親達は幾多の犠牲を払い本土の人達の為に戦って下さった。この先人のご恩を思うと、現在の沖縄県民が如何に愚かであっても本土は彼等を見捨てる訳にはいかないだろう。

atomu34

No title
シナのやっている事は恐ろしい事だと思うのですが・・・
幼い子が自分の欲求を満たすために、嘘をついたり、暴力を振るったりする姿を思い浮かべてしまうのは、私だけでしょうか。実に幼稚な精神構造のように思ってしまうのですが?こんな国には、子供への対応と同じように「言って聞かないのならゴツンと一発」です。たかだか一国として成り立ったのが戦後65年の幼稚な国です。それなのに仙石のように「中国様」扱いは、人間として成長していない民族に、誤解を与えます。

愛信

参議院予算委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
3月4日09:00~
参議院予算委員会審議中継を見ていますhttp://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=715&mode=LIVE&un=33b586ee4548a7834f2c4c1251eb3ebd&ch=n&pars=0.13954794612592464

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6_hdir.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


-

女系天皇への道
・民主党政権も平成皇太子夫妻を強気にさせている。
・実質は「徳仁天皇」でなく「雅子天皇」の恐怖、そして、民主党政権との戦慄の反日タッグ。
・雅子妃自らが行う狂気の陰湿・執拗な書き込みに見る紀子妃殿下への嫉妬と悠仁親王殿下への敵意
・徳仁天皇自身が「愛子を天皇に」と公式に発言したら保守派はどうするのか?
・何故diary_dailyは小和田優美子と断定したか?
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/2169313/

-

No title
……もしも、中国が尖閣に攻めて来たら、ゲイツさんはどうするだろうか?ヒラリーが日本を守るとすれば、それは口先介入だけだろう。つまり、日本は、アメリカを頼ってはいけないということだ。こういった警鐘を鳴らし続けているのは。アメリカの伊勢爺さんだけなのか? 
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-601.html

兵藤一馬

すでに沖縄では
中国批判ができないムードがあるとか。。

-

>では、アメリカは何やっているのか?
中共はアメリカの弱体化した後を狙っているのでしょう。
今の話ではなく、将来の話。

日本と違って中共は長期の戦略をもって着々と布石をうっている。
それが恐ろしい。

どうぞご自由に。

では、アメリカは何やっているのか?
沖縄には、米軍がいて、DIAやCIAの関係者も頻繁に出入りして情報の収集に当たっていると思いますが、にも関らず、沖縄が中国に占領されるような事があれば、、、それは、アメリカや国連が中国の“侵略”を公然と支持したという事でしょう。

あんがい沖縄の極左連中は、「沖縄には米軍がいるから、(悪ふざけしても)なんくるないさー♪」とか思って遊んでいるんじゃないでしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク