教育に捧げた生涯 井口阿くり



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

井口阿くり
井口阿くり


左翼の人たちは、日本では女性は蔑視されているとか差別されている、あるいは女性の地位が低いなどというけれど、本当にそうなのでしょうか。

井口阿くり(いのくちあくり)という女性がいます。
秋田県出身の女性で、東京女子師範学校を卒業し、日本にスエーデン式体操を普及させ、さらに皇女二人の体操教育を担当された方です。
国費で米国に留学し、ヨーロッパへも視察に出ている。
日本女子体育の母と呼ばれている女性です。

このブログで紹介した大山捨松、津田梅子、杉本鉞子、松本英子、石井筆子、黒沢登幾など、すぐれた才能があれば、男女を問わずその才能を開花させ、社会に役立つ立派な存在として活躍の場が与えられるのは、古今を問わず日本社会の美風です。

そこで今日は、井口阿くりのご紹介をしてみようと思います。

~~~~~~~~~~~
井口阿くりは、明治3(1870)年、秋田県秋田市南通亀ノ町の生まれです。
このあたりは江戸時代は久保田藩と呼ばれ、代々佐竹氏が藩主を勤めていた藩です。
ちなみに佐竹氏は、室町時代以来の常陸守護の家柄で、清和源氏を祖とし、甲斐の武田家と同族にあたります。
もともとは茨城県常陸太田市にあったのですが、関ヶ原の戦いで中立としたために秋田に国替えになった。

江戸時代は文教事業に熱心に取り組み、幕末には尊王攘夷派が形成されています。

戊辰戦争では、東北諸藩が幕軍側につく中で、官軍側として錦の御旗を守って戦っています。

せっかくなのでもう少し申し上げると、江戸時代には「久保田藩」であったものがなぜ「秋田県」になったかというと、もともとこのあたりの地方の古来よりの呼称が「秋田」で、「久保田」は300年来の呼称とはいえ、一小村の俗称に過ぎないということで、佐竹藩側から明治4(1871)年に、明治政府に藩名変更の願書を提出しています。

あえて藩名を久保田から秋田に改めた背景としては、戊辰戦争で幕軍に付いた鹿角郡や岩城町などが県内に統合されたことから、昨日の敵味方が力を合わせて、これからは古くからの由緒ある秋田を守って行こう、との意図が込められたといわれています。

さて、話が脱線しましたが、その久保田藩で勤王派の傑士として活躍したのが、井口糺(いぐちただす)で、その子として生まれたのが、本日ご紹介する井口阿くりです。

阿くりは、8歳から児玉女学院に通い、11歳で秋田女子師範学校に入学しています。

12歳のとき、明治天皇が秋田に巡幸されます。
このとき阿くりは、陛下の前で手芸をおめにかけています。
このとき姉も御前講義をしています。
姉妹そろって優秀だったようです。

秋田女子師範学校を卒業した阿くりは、15歳で、母校・児玉女学院の教師になります。
当時は、こういうことがよくあったのです。
優秀な生徒は、飛び級があったし、未成年でも教師になることがある。

こうした教育制度は、いまでもヨーロッパやアメリカなどではあたりまえに行われていることです。

学校を「教育をするという目的をもったところ」と考えれば、むしろ飛び切り優秀な生徒が、ボクなどのようなボンクラ生徒と、単に「生まれた年が同じ」というだけの理由で、無理やり同じ教室にいることのほうが異常なことです。
学校は親が仕事をしている間、子を預ける保育園ではないのです。

さて、教師となった阿くりですが、明治18(1885)年、教育制度が変わると、阿くりはさらに高い教育を目指して、秋田師範学校女子教員養成部高等師範科に入学します。
15歳で先生になり、17歳で生徒になったわけです。

明治21(1888)年に、同校を卒業した阿くりは、同級生の茂木チヱと共に秋田県知事から特撰生として高等師範学校女子部に無試験で入学を許されます。

この茂木チヱという女性が、またとびきり優秀な女性で、常に井口阿くりと学年順位で1・2を争い、卒業時には茂木チヱが首席をとったといわれています。

明治25(1892)年高等師範学校を卒業した二人は、阿くりが女子高等師範学校附属小学校訓導、茂木チヱが秋田県尋常師範学校助教諭兼訓導に就職しています。

明治30(1897)年、教師をしていた阿くりのもとに、井上馨侯爵が訪れます。
山口県で開校される私立毛利高等女学校(現・山口県立山口中央高等学校)に、教頭として奉職してほしいというのです。
なにせ侯爵からの直接の依頼です。
阿くりは、いちもにもなくこれを承諾する。

毛利高等女学校は、開校当時、阿くりより年長の男性教職員が十数名、生徒数が30余名、全寮制の女学校です。
そこで阿くりは、教職員の監督と教師、さらに寄宿舎の舎監として生徒の生活全般にも責任を負います。

この毛利高等女学校の初代校長は、東京帝国大学を卒業後、山口県参事官を務めていた上山満之進(うえやまみつのしん)です。
彼はその後、農商務省山林局長、熊本県知事経て、第二次大隈内閣の農商務次官となり、第11代台湾総督に就任し、昭和金融恐慌下の台湾銀行問題の収拾に奔走した方です。これまたすごい人物です。

一方、阿くりがそれまで教員を勤めていた秋田県尋常師範学校では、この年、高嶺秀夫を学校長に迎えています。

高嶺秀夫という人は、会津藩主松平容保の小姓だった人で、容保とともに会津若松城で戦い、その後慶應大学に学び、次いで文部省からの依頼で、師範学科の調査のために渡米した経験を持つ人物です。

高嶺は、米国に留学中に女子体育に高い関心を持ち、これを日本で実現できる人物を探していた。

その高嶺が目を付けたのが井口阿くりで、彼は、山口で教鞭を執っている阿くりを、ぜひ日本女子の体育教育実現のために、米国に留学させたいと文部省に働きかけます。

そうして明治32(1899)年5月、阿くりは、文部省より教育学研究のために3年間の米国留学を命じられます。

この年の9月に、マサチューセッツ州のスミス大学に入学した阿くりは、そこで生理学と体育学を専攻する。

まだアジア人が黄色い猿と呼ばれた時代です。
けれど、阿くりがよほど優秀だったのでしょう。
翌年9月には、スミス大学の体育部長センダ・ベレンソン教授の勧めで、ボストン体操師範学校に転校します。

センダ・ベレンソン教授というのは、スエーデン王立中央体操学校に学んだ最初の米国人女性です。
そのベレンソン教授が、米国でスエーデン体操の教育を最初に行った人である、ボストン体操師範学校のエイミー・モーリス・ホーマンズ校長に阿くりを推薦してくれたのです。

これにより、井口阿くりは、全米で最も高いレベルで女子体操、医術体操、運動理論、解剖学、生物学、競争運動術、体育実地法、心理学、教育学を学ぶことができた。

ちなみに、いま流行のエステティック・ダンスや、バスケット・ボールは、このときの教育から、井口阿くりが日本に持ち帰り、普及したものです。
最近ではバスケット・ボールは、マンガ「スラムダンク」の影響で、大流行だけれど、もともと日本では、女子スポーツとして最初普及したものだというのは、実におもしろいことだと思います。

さて阿くりは、ボストン師範大学でスウェーデン体操だけでなく、ドイツ体操やフランス体操、イギリス体操からも各種長所を取り込み、独自の科学的な根拠に基づく体育理論を構築し、明治35(1902)年、同大学を、なんと首席で卒業します。

卒業した阿くりは、同年9月から11月まで、米国東部の主要都市を巡廻し、ヨーロッパを経由して明治36(1903)年、日本に帰国した。

これだけの成果をあげて帰ってきた阿くりです。
故郷に帰った阿くりを、秋田県尋常師範学校校長の高嶺秀夫がすぐに同校に採用する。
採用しただけでなく、高嶺校長は、同校内に「国語体育専修科」を新設し、そこの責任者に阿くりを据えてしまう。

その阿くりは、秋田にいながら、なんと帝国教育会に強い影響力を発し、全国の女子体育教育の基礎を作り上げてしまう。

井口阿くりが、明治36(1903)年に「教育広報」に掲載した講演内容をみると、

「教育の真の目的は精神・身体両方の発達」にあり、
「体操には身体修練のみならず他の教科には持ち得ない精神教育上の価値」があり、
「体育は、忍耐・勤勉・快活という心を養成」し、
「特に日本の女子は従順・貞節という点では比類ないが、快活・決断力に乏しいため体操遊戯によって修養すべき」であって、
「女子を特別扱い」せず、
「女教師の奮起によって女生徒を教育し、日本の立派な国民をつくること」と記されています。

また、明治39(1906)年には、阿くりは女子学生に対し上衣をセーラー式、下衣を膝下までのブルマースとする体操服を推奨しています。
形はかわったけれど、いまでも男子児童の体操服と違い、女子児童には黒または濃紺等のパンツが着用されているのは、明治の女性、井口阿くりの影響が現代になお、とどまっていることによる。

井口阿くりが考案した運動服を着けて
スウェーデン体操に励む、
東京女子高等師範学校の学生たち
スウェーデン体操


さて、こうしていちやく時の人となった阿くりですが、どこの社会でも、いつの時代でも、男女の差なく起こるのが、目立つ人への誹謗中傷です。
とになくあることないこと、本来ならぜんぜんつながらない事実と事実をつなぎ合わせて、まったく別な悪意ある印象操作を行おうとする。

この年、日露戦争で兄を失い、悲しみに沈む阿くりに、こうした誹謗中傷をするヤカラというのは、情け容赦なく、阿くりに対する誹謗中傷をしつこくくりひろげます。

けれど阿くりにしてみれば、自ら決めた女子体操の普及です。
彼女は、そうした中傷を一切無視して、普及活動にまい進する。

ところが、です。
明治42(1909)年になって、永井道明と言う人が女子高等師範学校の教授に就任した。

この永井という人物は、スエーデンで、本場スエーデン体操を学んだ男です。
いわば「本場仕込み」です。

これに対して阿くりは、米国で、スエーデン体操を学んだ人です。
いわば本格対亜流の戦いみたいになって、阿くりの立場は急速に悪化する。

やむなく阿くりは、明治44(1911)年に高等師範学校を自主退職します。

ちなみに永井は、後輩の女性である二階堂トクヨを弟子としてかわいがります。
翌年には彼女を海外渡航までさせた。
女子体操の普及には、女子教師の存在が不可欠です。
永井は、阿くりに負けない女体操教師を誕生させようとしたのでしょう。

ところが阿くりを亜流と説いた永井は、やはり本場の体操を学んで帰国した二階堂トクヨからみたら、なんのことはない、まさに亜流そのものでしかなかった。
謙虚に真剣に学んだ阿くりの方が、はるかに本物だった。

結局、二階堂トクヨと永井は確執を起こし、永井は以後の日本体操教育界に何の貢献もなく終わってしまった。

およそ人の悪口というものは、言っている本人自身のことであることが多い。
なぜなら人は自分の料簡の範囲でしか、他人をみることができないからです。
永井は、阿くりを亜流だと言った。
けれど、言っている永井自身が誰よりも自分が亜流でしかないことをわかっていた。本物なら批判の必要などない。我が道を進めばよいのです。

阿りくは、高等師範学校を退職し、9歳年下の藤田積造と結婚します。

そして、サンフランシスコ、台湾、日本、ロンドンと生活の拠点を変え、大正14(1925)年4月、関東大震災後に、55歳で東京高等実習女学校(現・青蘭学院)の再建のために、校長に招かれます。

そして昭和6(1931)年、61歳で学校からの帰宅途中に脳溢血で逝去する。
死のその瞬間まで、阿くりは、生涯を教育に捧げたのです。

男性であると女性であるとを問わず、才能次第でどこまでも強くたくましく生きることができた時代、そんな時代を、教育に命を捧げて奮闘した女性がいた。

その井口阿くりのおかげで、いま私たちはバスケットボールや、女子児童の体操服などを得ています。

体操服で汗を流す女子児童がいたら、その体育の服装は、井口阿くりが日本での女子児童への体育の普及を図ろうと考案したものが、いまに伝わっている。

そんなことを思ってみるのもいいかもしれません。

↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

興味のある人に
外国語(特に英語)の女言葉及び男言葉について
(1)http://mohariza6.exblog.jp/13660945/
(2)http://mohariza6.exblog.jp/13662436/
(3)http://mohariza6.exblog.jp/13662912/

奈々氏

間違いですよ
通名は、在日韓国人のみに許されたものではありません。
国籍にかかわらず外国人登録するばあい、本名にカッコつきで記述できます。アメリカ人のJohn Doe氏が、日本で外国人登録した場合、カタカナでジョンドーと通称名を登録できるわけです。たとえばこの人が山田さんと結婚して山田ドーという通称名を登録することも出来ます(国際結婚の場合、戸籍上は別姓になりますからこの方の正式な名前はあくまでJohn Doeさんです)。
もう少し詳しく調べてから書きましょうよ。

一家に一冊

パチンコ利権撲滅
アマゾンの和書ストアでお奨め商品を見つけました:
現職警官「裏金」内部告発
http://www.amazon.co.jp/dp/4062153599/ref=mem_taf_books_a

-

No title
前原さんにはビックリ!です。
在日韓国人に、献金して貰って参政権を約束していたそうです。
反日国家で竹島不法占領している国なのに・・!
外務大臣は日本国民の代表として外交が仕事でしょう。
お金を貰ったら弱みになりますから外交なんて出来っこないです。
国民への背信行為で辞任だけじゃ変だと思います。
明らかに売国(金銭授受で国民固有の権利を売る)をしたのです。
罪にならないのはおかしいです。
皆さまはどの様に思いますか?

ななし

No title
恥ずかしながら、井口阿くりの名は今ここで初めて教えていただきました。
とても面白いお話ありがとうごさいました。

ところで平等を謳い文句にしてる日本のサヨクは
なぜか強烈に白人崇拝・日本蔑視ですよね。
根は差別主義者なんでしょう。
日本人を貶めたい外人や自虐主義者お決まりの日本像が
「男尊女卑社会で虐げられる日本人女性」ですが、
すでに明治のはじめに日本政府の要人がこれだけ真剣に
日本の女性たちのことを考えていた事実に驚かされます

-

構図「製造業vs.農業」の目くらまし効果
……さて、アメリカからの構造改革要求は、89年の日米構造協議、93年からは日米包括経済協議、そして94年からは「年次改革要望書」へと姿を変え、延々と続いてきました。年次改革要望書は09年以降に掲載されなくなり(オープンにされなくなり)、あれれ?と思っていたら、今度はTPP及び「日米経済調和対話」という名前でアメリカの構造改革要求が始まったわけです
(中略)
変に勘違いする人がいるので書きますが、これは別にアメリカの陰謀何ちゃらではなく、単純に同国の雇用改善を目的とした「戦略」の一つです。だいたい、オバマ大統領が自ら一般教書演説で、貿易協定の目的(雇用! 雇用! 雇用!)を述べているわけですから、陰謀も何もあったものではありません。
このアメリカの戦略にのるかどうかは、あくまで日本側の問題というわけです……
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10823092743.html

-

【紀元節記念講演】荒谷卓:日本の禊祓[桜H23/3/7]
初代神武天皇が詔を発せられ、橿原の地に都を開き、即位された日として定められた「建国記念の日」(2月11日)にあたり、東京・星陵会館で行われた式典・記念講演の模様をお送りします。
http://www.nicovideo.jp/watch/1299465420

愛信

この国日本を守る愛国保守派の重鎮西田昌司
西田昌司「前原大臣辞任!統治能力を失った菅政権」

この国日本を守る愛国保守派の重鎮西田昌司
参議院議員を守り貫こう。
2011.03.07 【番組出演】3月7日(月)17:30
~「京プラス(+)」(KBS京都テレビ)への出演は
なくなりました
2011.03.07 Showyou ビデオレターを追加し
ました
2011.03.05 Showyou動画を更新しました

詳細は参議院議員 西田昌司先生ホームペー
ジをカッチとね
http://www.showyou.jp/
【お知らせ】
西田昌司 京都政経パーティーのご案内
日時:平成23年3月19日(土)
     11時30分開会
会場:京都国際ホテル  2階会費:20,0
00円
お申込・お問い合わせは西田昌司事務所
 075-661-6100 まで

http://www.youtube.com/watch?v=mw_aK9pO8Es&nofeather=True
(動画)

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

マカロン

男は男らしく、女は女らしく
家政科卒業してますが、裁縫は苦手
料理は好きですが、得意ではない…私です(笑)

男性は コックや料理人になりますが、普通の家庭料理は作らない と言います

オカマ男等がTVにドッと出てから、料理人モドキ男が増え、料理の出来ない女 を取り上げる番組やドラマが増えました

日本女性を侮蔑するのは 「左翼」だけです

コンビニなどで 簡単に口に入る食物
簡単に作れる食物モドキ品物

勝手に掃除する掃除機
放り込めば 乾燥までする洗濯機

手を変え 品を変え、人間堕落機械が増えていく世界…

スローフード が流行りかけると、狂牛病やら鳥インフルやらで大騒ぎで立ち消え…

TVの垂れ流し情報に 振り回されない
自らの意思で選ぶ 強い心を 持ちましょう

昔の人たちは、他人のせいにしてこなかった
悪いのは 自分
と全て 背負ってきた

私達の日本国は 強く 優しい 日本国民の方々の上に 成り立っている

その 尊く清い魂を 汚してはなりません

御先祖さま、英霊さまたちに、感謝を…

男は男らしく、女は女らしく…

六本松

★日の丸が脳天に突き刺さったハタ坊
1966年放送、おそ松くんの人気キャラ ハタ坊とその家族の頭には、日の丸が突き刺さっている
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=239

-

海上自衛隊のちょっといい話
「日本の提督はたまたま船にいました。彼は言いました。『女王陛下にキスされて光栄でした』
http://andreagritti.blog112.fc2.com/blog-entry-1125.html

-

前原在日献金を告発した西田昌司議員の事務所に抗議殺到
 事務所には抗議が殺到しているという西田氏。
「調べるのに苦労したが勇気がいる。私の家族、その周りで何かあったらすべて関係があると思っているからな」
と話した。今後も彼から目が離せない。
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-989.html

terag3

若干15歳で教師になれた女性がいたとは!
昔の女性は凄かったのですね、それも武家の女性だったからでしょう。武家の女性としての伝統的な家庭教育が徹底されていたからでしょう。

勿論、その女性たちは将来、武家の奥方として主人の留守宅を守るために文武両道に優れ、高貴なお姫さまで無い限りは、いわゆる花嫁修業として料理、洗濯、針仕事などもこなしていたのでしょうね。ただしそれらの実務については使用人たちにやらせていたのでしょうが・・・・

それに引き換え現代日本の状態は如何でしょうか?先日テレビで見たのは、若い女性、大学生たちに街角で「しらすおろし」の作り方をやらせてみる番組が有りましたが、その結果を見て呆れてしまいました。

大学に行ける学力が有っても家庭科の知識がまったく無いというのは男女の別なく大きな問題ではないかと感じました。

この井口阿くりさんと言う方は、その点に関しては、どうだったのかと少し気になっています。

共通一次世代

No title
>およそ人の悪口というものは、言っている本人自身のことであることが多い。

今朝、テレ朝の番組で、必死で「在日の方が献金して何が悪い!」と叫んでいた鳥越や、「国民の生活のためにもとにかく予算関連法案を通すべきだ!政治は妥協が必要だ!」と叫ぶ松原仁議員を見ていて、「なんて恥知らずな連中だ」と心の中で叫びました。

鳥越はいまさら言うまでもないですが、松原仁は、ブルーリボンの小さなバッジではなく、これみよがしに大きなブルーリボンを付けていたので余計に白々しく感じました。

松原は保守を騙してきたことからも罪は大きいと思います。

-

女性の教養
女性の教養に資するものとして、万葉集、源氏物語、枕草子、和泉式部日記、更科日記、百人一首、女大学などなど。飛躍して恐縮です。

atomu34

女性蔑視
日本では女性蔑視があると思っている方は、育ってきた家庭がそうだったのでしょうか?日本の家庭は男は外で働く、女性は家庭をしっかり守る。私は男女共同〇〇?などと最近盛んに言われますが、ちょっと違うと思います。
私の育ってきた家庭は、家庭の中で一番権限があるのは祖母であり、母でした。でも祖父や父をちゃんと立てていました。要するに男の人を上手にコントロールしていたのでしょうね。

愛信

参議院予算委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
3月7日09:00~
参議院予算委員会審議中継を見ています

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=716&mode=LIVE&un=0061223117bf3875a13d2e9d7129335b&ch=n&pars=0.5230824642546366

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6_hdir.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク