日心会についての投稿から



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

日の丸の旗


以下の文は、日心会のミリアさんが書いてくださった文を、すこしアレンジしたものです。
ねずブロや、日心会が何を志向し、なにをしようとしているかがお分かりいただけるのではないかと思います。

~~~~~~~~~~~
題名【日心会の価値について】

日本国民の全員とは言いませんが、多くの方々が自虐史観と呼ばれるような、
「日本を好きになれない」
「日本は悪いことをした。」
という考え方に少なからず影響を受けています。

その流れの結果として、民主党政権が誕生したという観点は、あまり否定されることはないと思います。

この大雑把な前提を否定されてしまうと、話が進みませんので、細部は無視してください。
まあそういう流れは確かにあるのだろうなと受け入れていただきたいと思います。

この前提において、日本人の保守的思想や行動力に関して、
+10~-10までの得点を付けていきたいと思います。

「+10」が、
保守日本人でかつ多くの日本人にプラスの影響を与えることができる人

「-10」が、
反日で、かつ多くの日本人にマイナスの影響を与えることができる人、です。

■多くの日本人は、「-1~0」のいずれかのポジションに立っています。

自虐史観しか知らないので、「何となく日本を好きになれないなぁ」という人々が大多数です。
この大多数の「-1~0」の日本人に、「0~+1」の日本人になってもらえれば、民主党のような政権を選択する可能性は激減すると思います。
日本が良い方向に進み出します。

つまり、日心会の価値とは、「-1~0」の日本の正しい歴史認識を知らない人々に、知る機会を提供して、「0~+1」の日本人になるきっかけを作ることです。

この考えについては、会員のほぼ全員にご理解とご賛同をいただけると思います。
問題となるのが、これを実現するための「方法」です。

「-1」→「+1」への転換は、数値にすると「2」の差しかありませんが、+と-の違いがあるため向きを変えなければなりません。
ですから、本来はかなり難しい事なのです。

ところが、日心会はこの方法をすでに手にしています。
それが「ねずブロ」において実践し、実証された、
「日本人としての感動を共有する」ことであると思います。

真実の日本人の話に触れた感動によって、-1だった人が+1に変わる。
0だった人が、+1に向かって歩み出す。

そして日心会に集まった会員の皆さんは、自分が抱いた感動を、より多くの日本人につたえたいと考えています。
だから、ここは「日本の心をつたえる会」なのです。

さて、日心会の大きな価値として、「感動」をキーワードに、-1の日本人を+1の日本人に変化させていく事であるに賛同していただいたという前提で、次の話に進ませてもらいます。


■他の保守系団体との違い

多分、日本において「-1」を「+1」に変える事を主目的として、効果的な方法を実践している団体は、今のところ日心会だけかもしれません。

ここで勘違いしないでもらいたいことがあります。
日心会は他の保守系団体の活動よりも優れていると言いたいのではありません。

他の保守系団体は、「+1」を「+2,3」に、「+5」を「+7,8」へと導く活動を推進しています。
それらの全てが日本を良くしようとする活動であり、どれも大切なものである事は言うまでもありません。

しかし、日心会はこういった活動はしていません。
なぜなら、日心会の得意分野ではないからです。


■他の保守系団体との連携

日心会は、多くの保守系団体と交流があります。

理由は単純です。
「+1」になった日心会の会員が、「+2,3」を求めて活動できる場所へとスムーズに移行できるようにサポートするためです。

日心会の主目的は、「+1」の日本人をひたすら増やす事です。
それが得意なのです。
だから、それを最優先で実践すべきです。

しかし日本全体を考えた時、「+2,3」の日本人が増えた方が良いのは当然です。
ですから、日心会は、「+1」の日本人を「+2,3」の活動へとつながる橋渡しの役割を担っています。

会員に幅広く「+2,3」の場所を提供できるように、日心会は他の保守系団体との交流を深めています。

「+1」の日心会から、「+2,3」の諸団体へと橋渡しが常態化した時、日本全体の保守活動はさらに活性化していきます。


■日心会の会員には卒業があります。

日心会の会員の中で、「+2,3」の活動をしたいと考えている方は、他の保守系団体へと軸足を移してください。

「+1」の感動を共有するだけでは、物足りない、日本を良くすることはできないと考える方は、ぜひ、日心会を卒業していってください。

もちろん、卒業せずに、「-1」の日本人を「+1」の日本人に変える活動をしながら、別の団体で「+2,3」の活動をしてくださるのが理想です。
そうしてくださる事で、日心会は他の保守系団体との連携が取りやすくなるからです。


■日心会の会員に、「+2,3」の活動を要求するのはご遠慮ください。

「-1」の日本人に対する感動の共有が、日心会の主活動である事を念頭においてください。

今まで、日心会のmlなどの発言で「注意」を受けた方々は、「悪い事をしている訳ではありません」むしろ、日本のために必要な事を訴えていると言えると思います。

ですが、「-1」~「+1」の日心会の会員には、簡単に理解できて、受け入れやすいものではない事があるのです。
ですから、日心会ではご遠慮願いたいのです。

その重要な主張は、別の団体や、別の活動において実践していただきたいのです。


■まとめ

(1)「-1」の会員さんのために、日心会の会員は「感動」を共有して、「+1」の日本人になってもらいましょう。

(2)「+2,3」以上の会員さんは、「+2,3」の活動をしたい場合には、他の保守系団体で活動してください。

(3)「+2,3」以上の会員さんで、日心会を主軸に活動しようとする方は、日心会の中では、「-1」の会員さんに受け入れやすい言動をぜひお願いします。

~~~~~~~~~~~~~

以上がミリアさんの寄稿です。

-1や、0の方を、+1にする運動。
それが日本の心をつたえる会の目的であり役割である、という考え方は、日心会に関するボク自身の思いでもあります。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

暁に祈る


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

kyokujitu0125

No title
毎日読ませて頂いております。

今の世の中ネット環境のない未だ新聞、TVのみで情報を得ている方も多くいらっしゃると思います。
そんな-1や、0の方を+1にする運動。

どうすれば良いか試行錯誤しておりますが
先ずはインターネットのホームをyahooからMSNですね!




くさ猫

ねずきちブログは若葉マーク歓迎
「ハイハイ」と「+2になることなくずっと+1のまま」が若葉マーク。此処のコメンターで+2,3ではないかと思うかたがいらっしゃいますがそれらの方たちは「何処かへ」。

愛信

第177回国会参議院予算委員会
第177回国会参議院予算委員会2011年3月8日 (火)
山谷えり子(自由民主党)山林と水、国防問題、尖閣問題
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3626&mode=LIBRARY&pars=0.34440722075906316

第177回国会参議院予算委員会2011年3月7日 (月)
松あきら(公明党)子宮頸がん断種ワクチン接種を強要
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3614&mode=LIBRARY&pars=0.6465968707936723

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

また、在日が・・・
前原前大臣違法献金を追及した西田昌司議員への嫌がらせ抗議をしたかと思ったら、今度はツイッターで在日が自民党保守派への通名での献金を呼び掛けているらしい。自民党も当然こうした嫌がらせ工作には注意を払っていると思うがくれぐれも気を付けて欲しい。こんな下劣な呼び掛けをするから嫌韓流が再燃するんだよ。

Pin

納得
0~+1の表現は大変分かり易く、また実際的なことだと思います。
例えば、歴史認識で日本に非がある、日本に非がないと二論有るとすると、火のないところでも火をおこそうとするのが、-1に属する者でしょう。
0ならばさて、どちらだろうという思考でしょうし、+1であれば非はないと思うし、思いたいという思考であると思います。

その様な意味で、+方向へ日本人全体を進めて行きたいと思います。

koukenz

「反日」人権派・カルト左翼を粉砕しよう!
今晩は!
ミリア係数ー7~10ですと極左.カルトと分類出来ると思うのですが、この連中の本質を知っておく必要があると思います。”依存症の独り言”さんがとても分かりやすく左翼の本質を解説されていますので、紹介させていただきたいと思います。

“血債の思想”と歪な日本左翼
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2011/03/post-fd58.html

共産主義
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/cat6226818/index.html

共通一次世代

No title
ねずきちさんのブログを読んできて、日心会の立ち上げ前も立ち上げ後も、そのスタンスは最初から「保守の裾野を広げる」との一貫性があったと私は感じています。

>-1や、0の方を、+1にする運動。

今回の説明はとても分かり易いと思います。

私は保守派の方たちに対して、安倍さんや麻生さんを守らなかったことへの不満があって、度々反発してきましたが、それでも自分が9年前拉致事件を知って以降、掲示板などで保守派の方達がいろんなことを丁寧に教えてくださったことに本当に感謝しています。

でも、そういった中で、「核武装すべき」との意見に対して、そうあるべきだと思うようになったのはここ2、3年のことですし、中国を「シナ」と呼ぶことにはまだ慣れません。

また、マスコミへの不信、南北朝鮮に対する憤り、そして反日政治家や評論家、在日に対する怒り。
ねずきちさんのブログを読むまでは「そこまで」でした。

ねずきちブログを読むことで、ようやく・・。
恥ずかしながら、「先人に対する思い」は、「ようやく」・・・だったのです。

以前は興味が持てなかった事柄でも、何度か取り上げていただいているうちに、ふと気持ちが吸い込まれる時が来ます。

ねずきちさんがずっと継続して「日本」を伝えてくれたお陰です。

そして、自分がここまで、たどり着いたのは、拉致被害者横田めぐみさん、有本恵子さんのご両親の生き様が一番影響している・・。


昨日のテレ朝の朝の番組で見た松原仁議員の背広についていたとても大きなブルーリボン。

拉致事件を知ってから自分も通勤時のバッグに付けました。でも表側には怖くて付けられなかった。気持ちだけでもと思い、内側に付けました。今も内側につけたままです・・。その、大きなブルーリボン・・。

麻生さんは総理としてずっと毎日、小さなブルーリボンバッジをつけてくれていました。確か、麻生さんがペルーに行ったとき、ペルーの大統領もブルーリボンバッジを付けていたのを動画で見ました。

昨日の松原議員は何故、小さなブルーリボンバッジではなくて、目立つ大きなブルーリボンを付けていたのか・・。


安倍さん、麻生さんが何故保守派から叩かれたのか。しかも保守派はずっと松原や前原を評価していた。
安倍さん、麻生さんのお二人は、何を優先し、何を護るために、総理時代の自らの行動を決定していたのか。それを思うとやはり悔しさを感じずにはいられません。


今日は休みだったので、午後、参議院の予算委員会を見てみました。
ちょうど自民党の山谷えり子議員が質疑をしていました。
NHKは、勿論、中継していません。内容が内容だけに地上波では流せなかったでしょうね。

山谷氏は下記の通り、先月、質問主意書を提出しています。

『【質問主意書】中国における国防動員法に関する質問主意書
』(2011年2月10日)
http://www.yamatani-eriko.com/i-info/inf/inf.cgi?cm=2&mode=detail&year=2011&no=144

今日の質疑内容は、途中からですが、
★中国の国防動員法について。

★日教組のk教研集会で明らかになった、北教組教員の北方領土に関する授業での発言について。↓
 「国家対国家ではもう考えられない。」
 「人間の枠で考えなきゃいけない。」
 「地球市民として考えていかなきゃいけない」

★竹島に関し、韓国に対して「不法占拠だ」と言わずに「法的根拠のない形での支配」と20回にも及んで答えるのはなぜか。

★韓国が日本の教科書採択に対して内政干渉することについてどう考えているのか。

★元農相の赤松が、昨年の新年パーティーで、民団に対してお礼を述べている。問題だ。

「民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」
「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。」

★小学校の音楽の教科書では「君が代」の隣のページに「ルパン3世」が。また、アニメ声優のコメントがある。

※参考↓(日本教育再生機構HPより)
【愛媛県】八木理事長が建国記念大会で教科書問題を講演 『中学採択では「日本がもっと好きになる教科書」を』http://www.kyoiku-saisei.jp/sympo/kenkokukinentaikai.html
(教科書の内容がクリック拡大で大きく見る事が出来ます。)

※ちなみに、『日本の前途と歴史教育を考える議員の会(略称:教科書議連)』が、会長には自民党の古屋圭司衆議院議員、顧問には安倍さんが就任して再スタート。2月23日には第一回目の総会が自民党で行なわれたそうです。

山谷えり子議員のお父さんの山谷親平氏は昔ラジオのパーソナリティーをやっていて、父が、毎朝ラジオで「山谷親平のおはようにっぽん」というのを聞いていました。父は山谷さんの話が大好きでした。私も時々一緒に聞いていたのを思い出します。

自民党は頑張っています。
法治国家である日本では、売国民主党と戦う場所は「国会」です。
自民党の議員が今は日本を守る砦です。

しかし、マスコミは、当然のごとく「自民党政権には戻してはいけない」という方向で自民党を叩いています。

また、「外患誘致」にも匹敵する前原の行為が単なる「政治とカネ」「親切な焼肉のおばちゃんから貰った応援代」でしか取り上げられない。

神戸の田中実さんは、北朝鮮工作員のラーメン店店主によって拉致されたことも、札幌の焼肉屋が脱税して北朝鮮に送金してたことも言わない。

-1や、0の人たちを、+1にするために、マスコミが伝えないことを、とにかく広く広く周知させなくてはいけない。

何度も何度も粘り強く、何度も何度も「きっかけとなるロープ」を下ろす。そのロープに気がついて、自らが手繰り寄せて、「真実」を知れば、日本人は劇的に変わる。
そう思います。

おれんじ

No title
101匹目の猿の話を思い出しました。

塩味がついておいしいと海水で芋を洗って食べる猿が100匹を超えると、遠く離れた場所にいる猿が突然同じことをはじめる。何も教えられてないのに。

人間もある臨界点を超えると一つの思いが爆発的に広がるのではないでしょうか。今は10人、いや5人かもしれませんが、いずれは101人になることを信じてコツコツと地道な活動を続けることが大事なのだと思います。

いずれにしても既存マスコミの酷さや影響力の強さは問題ですね。

応援クリック。

まさ☆彡

こんばんは。
表題と関係ありませんが、投稿させてもらいます。

叔父さんが県立ガンセンターの副院長なので、今日初めて、子宮頚ガンワクチンについてメールしてみました。

内容はねずきちブログの内容の要約です。ちょっと勇気がいりましたが。

叔父さんによると医師会が推奨しており、日本医師会からの要請で300人以上の職員のワクチン無料化の署名を、叔父さん自身がとりまとめた、とのことでした。とりまとめた本人にあの内容のメールをしたので、気持ちを害されたと思われますが。

叔父さん自身は婦人科ではないので、専門の婦人科の医師の講義を聞いて、6割から7割の日本人に効果があるとの認識でした。

一人一人の医師は善意のかたまり、としてやはりトップの意識でしょうか?腐敗は頭から始まるのでしょうか?

-

護身
20年以上前の話ですが、インドネシアでは拳銃で武装した警護員(元軍警察官、日本の統治時代が少年期、知っている日本語は〝じょうとう〟のみ)が外出の際いつも同行。南米のある国では、施設の主要箇所にはRemingtonの6連発(散弾、発射時の衝撃はかなり強い)を常備、婦人の護身用から入手は簡単でした。

ミヤビ

ミリアさん、ねずきちさん、ありがとうございます♪
ミリアさんの説明に、いつも感心しております!!
たしかにー1から、ねずきちさんのブログのお陰で+1には、なれました。
多分、私は+2になることなく、ずーと+1のままだと思います。
そんな人が大多数になることが、日本を変える近道なのですね♪

これからも、私達若葉マークが迷うことのないように、ご指導下さいませ。

koukenz

No title
"暁に祈る" 好きだなぁ~!
『凛として愛』の最後のほうで大合唱しているシーンがありますよね。軍歌は合唱すると迫力あっていいですね!加藤隼戦闘隊、ラバウル海軍航空隊、軍艦行進局、海ゆかば、などなどいい曲が多いですね!
 私の友達で、左傾斜(-1)軍歌好きがいます。その彼が最近、ねずきちさんのブログを読み始めました。今度銀座の軍歌バーに一緒に行くつもりです。

-

パスカル「パンセ」
293 「なぜ私をxすのだ〔そちらが優勢なのに。私には武器がないのだ〕」
「なんですって。君は水の向こう側に住んでいるのではないか。友よ、もし君がこちら側に住んでいたとしたら、僕は人xしになるであろうし、君をこんなふうにxすのは正しくないだろう。だが、君は、向こう側に住んでいる以上、僕は勇士であり、これが正しいことなのだ」

294 彼は、その統治しようとする世界の機構を何の上に基礎づけようとするのか、各個人の気まぐれの上であろうか。なんという混乱。正義の上であろうか。彼はそれを知らない。確かに、もしもそれを知っていたのだったら、人間のあいだで最も一般的なこの格率、すなはち、各人は、自国の風習に従うべし、などというのを確立しなかったであろう。
(中略)
ある人は、正義の本質は立法者の権威であると言い、他の人は、君主の便宜であると言い、また他の人は、現在の習慣であると言うことが生じる。そしてこの最後のものが最も確かである。理性だけに従えば、それ自身正しいというようなものは何もない。すべてのものは時とともに動揺する。習慣はそれが受け入れられているという、ただそれだけの理由で、公平のすべてを形成する。これがその権威の神秘的基礎である。
(後略)
298 正義、力
正しいものに従うのは、正しいことであり、最も強いものに従うのは、必然のことである。
力のない正義は無力であり、正義のない力は圧倒的である。
力のない正義は反対される。なぜなら、悪いやつがいつもいるからである。正義のない力は非難される。したがって、正義と力とをいっしょにおかなければならない。そのためには、正しいものが強いか、強いものが正しくなければならない。
正義は論議の種になる。力は非常にはっきりしていて、論議無用である。そのために、人は正義に力を与えることができなかった。なぜなら、力が正義に反対して、それは正しくなく、正しいのは自分だといったからである。
このようにして人は、正しいものを強くできなかったので、強いものを正しいとしたのである。
(前田陽一、由木 康 訳 中公文庫)

-

日米海軍は兄弟の仲
米国海軍拘束の海賊・日本へ移送……
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-604.html

愛信

住民投票請求権」に反対する要請を行いまし
外国人にも住民投票請求権!! 

自治基本条例 意見募集 
岩手県西和賀町と埼玉県白岡町の「外国人に
も住民投票請求権」に反対する要請を行いまし
ょう
3/11〆切

■募集要項です
詳細は【荒んでいく世界】3/11〆切 外国人に
も住民投票請求権!!~岩手県西和賀町
 埼玉県白岡町を参照下さい。

http://nippon-end.jugem.jp/?day=20110308

最近、反日売国勢力が外国人地方参政権法案
に代えて住民投票法案で外国人を含む住民に
投票権を付与する作戦を展開しています。 
県政、市町村議会から外国人の投票する権利
を拡大して外国人地方参政権付与法案を実現
する反日売国勢力の企みを阻止しましょう。
そのために岩手県西和賀町と埼玉県白岡町に
「外国人にも住民投票請求権」に反対する
要請を行いましょう

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

婆めでる猫

ミリアさんのご意見に大賛成です
うちの婆さんが保守に目覚めたのは、2008年秋の国籍法改悪からですから、まだまだおでこに若葉マークをつけた初心者です。
若葉マークをつけてハイハイしているうちに、+1くらいにはなったでしょうか。
婆は物事を大雑把に捉えて簡単に考える傾向の人なので、保守の定義はと問われても、自分の生まれ育った国を守り国民が快適に生存できる状態を保つことくらいの返事しかできないと思います。
多分一生、あんな調子で大雑把保守でしょう。
会員さんでうちの婆とお会いになった方はお分かりになると思いますが、どことなく大雑把な雰囲気をかもし出していませんでしたか。

それから、若葉マークハイハイさんの前に突如立ちふさがり、「早く立つんだ、早く歩くんだ」と叱咤激励する方がいらっしゃいますが、いい迷惑です。
『這えば立て、立てば歩めの親心』などと申しますが、親心も度が過ぎると、子供は萎縮してしまいます。

ところで、赤ちゃんのハイハイは四肢の発達を促すとともに、心肺機能の向上に絶対欠かせない行動だそうです。

りん

はじめまして
はじめまして、漫画家志望のりんと申します。
貴殿のブログの内容に興味をお持ちしましてコメントさせていただきます。
…というより、今朝のメア氏の一連の発言と情けない民主党の連中に非常に不愉快な思いをしております。
私の意見はいろいろとありますが、まずはご挨拶を。

愛国者

プラス
私は先程のブログによれば間違いなくプラスの思考です。ここで質問ですが、他に信頼がおける保守系団体はどのようなものが存在しますか?教えてくれれば幸いです。

-

新幹線、鹿児島から開通した理由-初代JR九州社長“苦難”語る
2011.3.8 08:38
 九州新幹線鹿児島ルート(博多-鹿児島中央)の基本計画決定から39年。12日の全線開通という“春”を迎えるまでは長い道のりだった。博多と鹿児島を新幹線1本で結ぶために尽力したJR九州の初代社長、石井幸孝氏(78)に聞いた
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110308/biz11030808420018-n1.htm

-

中川八洋『正統の哲学 異端の哲学』「人権」「平等」「民主」の禍毒
■国民主権
自由主義の政治とは〝法による政治〟であって、「人による政治」ではない。「国民主権」とは、国民という〝人〟を絶対とするように、この「人による政治」の論理であり、未開的であり野蛮的であり文明に逆行している。

日本が迷信の「国民主権」を憲法に掲げながらかろうじて文明的な自由主義の政体とその政治社会を維持できるのは自由の淵源である天皇を立憲君主として戴くことによって「国民主権」の毒性を中和しているからである。

■「保守する精神」
国家の歴史と伝統と慣習とが大切に共有され、これに発する〝権威〟が〝敬〟されているとき、政治社会は、全体主義に堕するのを妨げられるが故に、伝統や慣習こそは自由を育み国民の自由を守る砦なのである。


過去の祖先が築きあげた伝統と慣習とを相続し守成し、「平等」と「変革」のデモクラシーに抗するその叡智における「保守する精神」が、美と崇高な倫理に裏付けられた自由の原理の淵源である。

-

↑絨毯爆撃じゃね?

愛信

参議院予算委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
3月8日10:00~
参議院予算委員会審議中継を見ています

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=717&mode=LIVE&un=5a283a17850836df7ae7b2c8f85bd01e&ch=n&pars=0.6299027193471653

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6_hdir.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。 

-

不易流行
これは有名な俳人「松尾芭蕉」の言葉ですが、これは私流の解釈として、時は流れ流れて移ろい行くのですが、変えられぬもの、変わってはならないものがあるということだと思いおります。

ねずきちさんの仰る「-1」→「+1」への転換、これが難しい。

私事で恐縮ですが、私は理系です。受験勉強中に保守系の本を読み漁っていると、二人の文系の兄から、極言すれば「そんなものは雑学だ、金にはならない」との趣旨のことを度々言われました。彼らの本箱を見てみると保守系から論難されている方々の書籍がずらりと並んでいます。私は心の中でニヤリとしました。

大坪明子

抗議デモのお知らせ
この場をおかりする無礼をお許し下さい。

日時:3月10日(木) 12:00集合開始(抗議文提出)
場所:米国大使館 http://japan.usembassy.gov/e/info/tinfo-map.html

アメリカによる史上最大の非戦闘員虐殺を許してはならない。東京大空襲をはじめ、日本主要都市を縦断爆撃した犯罪に時効はない。呼び掛け:主権回復を目指す会
 
tokyo daikuushuu 東京大空襲 2分
http://www.youtube.com/watch?v=5yJLhZescY8
(通常「東京大空襲」と言った場合、特に規模が大きかった1945年3月10日に行われた空襲を指す)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク