自衛隊に感謝!



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

自衛隊災害救助活動


以下は「草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN」で紹介されたものの引用です。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-3410.html

~~~~~~~~~~~~
【日本に生まれ、自衛官の娘に生まれて良かったです】
~お父さんを誇りに思います~
 初めて敬語でメールを送ってきた娘

────────────
一体どこから来るのか
自衛隊員の半端ではない使命感
(3.22)桜林美佐
────────────

「自分が行きます!」

全ての隊員が口を揃えた。
福島第一原発に放水をするため、陸上自衛隊のヘリコプター「CH-47」が出動することになった時のことだ。

「任せろ、これくらい大したことはないさ」
「今、無理しなくてどうする」

被曝覚悟の作戦にもかかわらず、そんな声があちこちから聞こえてくる。

同原発では、3月14日に3号機で放水作業中に水素爆発が起き、4名のけが人も出た。
その中には、中央特殊武器防護隊長もいた。
事故に遭った隊員は後送されるのが通常だが、隊長は下がることを強く拒んだという。

「あの、温和なアイツがそんなことを・・・」

同期の幹部自衛官が絶句した。
とても、そんな無理をするタイプに見えなかったが、何が彼にそう言わせたのだろうか。


────────────
車座になって涙を流す隊員たち
────────────

原発への放水作業だけではない、被災現場での救援でも厳しい状況は同様だ。
氷点下の気温の中で作業を続けるが、燃料を使うわけにはいかないと、暖をとることもない。

持っていた隊員用の携帯糧食を、迷うことなく被災者に渡す隊員ばかりだという。
空腹の中で作業を終え、ドロドロになった戦闘服を脱ぎ、翌日、またその同じ服を着て出ていく。
それは「昨日の記憶を背負いながら行く」ことでもある。

目を瞑ると、目の当たりにした遺体の残像が浮かんでくる。
それは阪神・淡路大震災の時も同じだった。

当時、若かった隊員が、現在は曹長などリーダーになっており、その経験からか、誰が命令したわけでもなく、夜は5~6人の作業部隊が車座になるのだという。

つらかった光景、ひどく悲しかったことなど、黙々と作業をし続けたその日の全てのことを声を出して吐き出し、そして泣く。
やがて、明日も任務を精一杯やろうと誓い合って、一日を終えるのである。

東北の隊員は、全国から派遣されている部隊を気遣い、申し訳ないという気持ちと、自分たちは、一層頑張らねばならないという思いがある。

しかし、彼らは被災者でもある。
家族や肉親を失っていたり、今なお、愛する人が行方不明となっている隊員も多い。

遺体を発見した時に、
「自分の家族では」
という思いが頭をよぎっても、任務に私情は挟めない。

「今、行かなければ一生、後悔する」

救援活動の中心となる隊員は、19歳から25歳くらいの若者ばかりである。
中には地元で知られる「ワル」だったり、不良グループのリーダーをしていたような隊員もいる。

それを40~50代の、いわば「オヤジ」たちベテランが支えている。

「人生経験も未熟で感受性豊かな世代が、人の生き死にを目の前にして、まして肉親の所在も分からないままなのに、感情を抑え続けて、心が折れないはずがありません。
彼らは制服を脱げば普通の若者です。
気持ちを打ち明ける時間をつくることは、大事なんです」

収容した全ての遺体に手を合わせ、遺体安置所まで運ぶことが自衛隊の任務だ。
彼らは安置所に入り、自分の家族を探すことはできない。

入り口で、運び込んだ遺体の冥福を祈り、また現場に戻っていく。

また、多くの隊員が妻や子を残して出動している。
残された家族はさぞかし心細いだろうが、
「この国難に弱音は吐けない」と、気丈に家を守っている。

自衛官の死亡・行方不明者は計3名。

空自・松島基地の隊員1名が死亡し、
陸自・多賀城駐屯地(第22普通科連隊)所属の陸曹の死亡が確認された。

行方不明の隊員もいる。
最後まで避難誘導し、津波に飲み込まれるのを住民が見ている。

仲間や家族の死に直面しても、今日も活動は続いている。
すでに生存可能な時期を過ぎ、遺体を安置所に運ぶことが続くが、担架なども不足しているため、おぶって運んでいるという。

予備自衛官も投入されることになった。

「今、行かなければ一生、後悔する」と言う息子に、母親は、
「家のことは私たちがなんとかするから」と言って送り出したという話も聞いた。

阪神・淡路大震災を経験した自衛官は言う。

「日頃、いろいろと問題を起こすヤツもいますが、国難にあたってはすさまじい使命感でやっています。
かつて、この国を守るために特攻隊で散華したのも若者たちでしたが、今、被災地で活動している彼らに重なります。
彼らと同じ制服を着ていることを誇りに思います」


────────────
初めて敬語でメールを送ってきた娘
────────────

地震発生以来、東京・市ヶ谷の防衛省では、陸海空の自衛官が戦闘服姿になり、臨戦態勢でそれぞれの任務に当たっている。
多くが一度も帰宅していない。

労をねぎらうと、
「現場はもっと大変ですから」と言い、すぐにでも現場に行き、共に活動したいと口を揃える。

19階建ての庁舎では、節電のために皆さんが階段を上り下りする姿が目立つ。
慌しくすれ違った叩き上げのベテラン自衛官が、ふと立ち止まり、振り返って言った。

「そういえば、娘から初めて敬語でメールが来ましたよ」
とちょっと恥ずかしそうに言った。

その内容は、
「日本に生まれ、自衛官の娘に生まれて良かったです。
お父さんを誇りに思います」
とのことであった。

「明日から、現場に行ってきますよ」
そう言って、すぐに階段を駆け上がっていった。

復興に向けて、自衛隊の戦いはまだまだ続く。

↓自衛隊の活動を誇りに思う方、クリックを↓
人気ブログランキング

【東日本大震災】自衛隊と民心、不適切な政府対応[桜H23/3/21]


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
いつかこの救助活動が収拾ついたときに
「お疲れ様でした」と「有難う御座いました」を
何千何万、それ以上の人達の声で伝えてあげたい

そんな思いがした

koukenz

自衛隊の活躍!!!
(参照:「救援する側の倫理」日本文化チャンネル桜代表 水島 総)

三月二十二日から二十三日に、宮城県南部の海岸地帯山元町に救援物資を届けて来た。 前回は福島県の原発から四十キロ圏内付近の老人ホームを中心に救援物資を届けたが、今回はこれで二回目になる。

山元町は人口約一万六千人の町で、その約三分の一の住民の安否が未だ分からない。巨大な津波によって、海岸線付近の住居は土台を残して大部分が消失している。大地震の後の津波警報が発せられたが、これでは直ぐに逃げても間に合わなかったろう。

津波の泥水が引いていない海岸地帯は、瓦礫と破壊された家屋の木片の塊が延々と続いていて、目を覆うばかりの惨状である。常磐線坂元駅も完全に破壊され、ホームの左右にある鉄道レールがホームの端で線路から陸側に大きく折り曲げられて捻じ切られ、もう一方のレールは、百数十メートル離れた場所で発見された。

そんな凄まじい状況の中で出会うのは、自衛隊の人々がほとんどだった。この付近に駐留、展開しているのは、愛知県から来た陸上自衛隊第十師団である。

彼等は瓦礫を片付け、御遺体を捜索し、それを収容する。泥流と流出物で埋まった道路を整備し、車が通れるようにする。小中学校を中心に集まっている避難民の食事、給水、医療、風呂の世話等で、文字通り、不眠不休態勢で救援活動に励んでいる。

同時に、迷彩色の野戦服姿の自衛隊が来たという安心感で、人々の人心安定にも貢献している。

私たちは山元町の山元中学(避難民約二百五十人)、山下中学(避難民約六百三十人)に救援物資を届けたが、そこの炊き出しサービスを受けている住民から、第十師団の隊員達について、驚くべき話を聞いた。

朝と夕に二回、避難所の人々に自衛隊は温かい御飯と豚汁などの食事を提供している。

温かな食事は身体を温めるだけではなく、心も温めることが出来る。皆さん大変、喜び、感謝している。素晴らしい事だ。

しかし、食事を提供する側の自衛隊員たちは何を食べているのか。私は自衛隊員たちも同じような食事をしているものとぼんやり考えていた。

事実は全く違った。

自衛隊員たちは冷たい軍用糧食の缶詰や乾パン等を食べていたのだ。温かいものはまず、被災された人々へというボランティア精神が見事に貫かれていたのである。

風呂のサービスもやっと始まったが、愛知県の師団らしく、二つの風呂のテント入口には「尾張の湯 男湯」といったのれんが掛けられている。この風呂のサービスも被災住民最優先で、十日以上風呂に入れなかった人々が口々に「生き返りました」と、心底から言っているのが分かる。

自衛隊員たちは風呂にも入らず、連日、泥まみれ汗まみれで、黙々と働き続けている。

風呂テントの前にいた若い女性隊員は、多くの国民の為に活動出来て喜んでおりますと、笑顔で健気に話してくれた。

被災された家族を持つ自衛隊員も多いと聞く。それでも彼等は「任務」として、救援活動に励んでくれている。自衛隊の救援活動は、もちろん自衛隊員としての「仕事」であるが、それだけでこのような辛く困難な救援活動を続けられるわけがない。何よりも国民の生命と生活を守ろうとする使命感と誇りが彼等の気持ちを支えている。

マスコミもやっと自衛隊の活躍をしぶしぶ報道し始めたが、それでも反自衛隊姿勢の本質は変わっていない。)

福島で食料不足が起きています

あれからかなり日が経っているのに
最初の10:32 名無しさんのコメントは的をえています。

東電からは腐臭がします、今後の展開は如何に。


先ずは被災地の方々に食料、暖房、ガソリンの供給が十分に届くことを願っています。祈ってください。

愛国

60年後の真実
共通一次世代様

私の父の中学の同級生は戦中に転校して北朝鮮でソ連軍の進攻に遭遇しました。
命からがら山に逃げたのですが、捕まってしまいました。
そして、町に戻ってみるとそこには無数の日本人の無残な死体が。
彼は17歳でしたが、僅かな食料のために、ソ連軍に片付けを命じられたそうです。
以来、60年間誰にもこのことは語らず、父が訪問して泊まった際に
初めてこの真実を打ち明けたそうです。
こうしたトラウマを背負っている方々は、まだ沢山おられます。

禍福はあざなえる縄の如し

No title
>東京電力社員より仕手筋に入った情報によると、2号機は炉心の損傷があり、3号機の燃料棒が外部に飛散している可能性があるとのことです

低俗週刊誌みたいだ。

一番初めの学者がどうのこうの言うのもそうだが、質の低いコメントが増えている気がする。

-

人間の建設
岡潔、小林秀雄
世界的天才数学者とあの小林秀雄による史上最強の雑談。酒の味から、アインシュタインまで。

有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、ドストエフスキー、ゴッホ、非ユークリッド幾何学、三角関数、プラトン、理性……主題は激しく転回する。そして、その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。日本史上最も知的な雑談といえるだろう。
http://www.shinchosha.co.jp/book/100708/
※本文にはないのですが、編集者に依るとかなり激しいやり取りがあったそうです。

愛信

第177回国会予算委員会公聴会中継2011年3月23日 (水)
第177回国会予算委員会公聴会中継2011年3月23日 (水)
開会日 : 2011年3月23日 (水)
会議名 : 予算委員会公聴会
収録時間 : 約4時間59分
案件(議題順):
平成二十三年度一般会計予算(閣予第1号)
平成二十三年度特別会計予算(閣予第2号)
平成二十三年度政府関係機関予算(閣予第3号)
前田武志(予算委員長)
菊池英博(公述人 日本金融財政研究所所長)
藤井聡(公述人 京都大学教授)
岩淵勝好(公述人 東北福祉大学教授)
川上義博(民主党・新緑風会)
福岡資麿(自由民主党)
加藤修一(公明党)
桜内文城(みんなの党)
大門実紀史(日本共産党)
片山虎之助(たちあがれ日本・新党改革)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3780&mode=LIBRARY&pars=0.025290489516587855
吉田忠智(社会民主党・護憲連合)
前田武志(予算委員長)
孫崎享(公述人 元外務省国際情報局長・元防衛大学校教授)
森本敏(公述人 拓殖大学海外事情研究所長・同大学院教授)
酒井啓子(公述人 東京外国語大学大学院総合国際学教授)
森ゆうこ(民主党・新緑風会)
塚田一郎(自由民主党)
石川博崇(公明党)
小野次郎(みんなの党)
井上哲士(日本共産党)
片山虎之助(たちあがれ日本・新党改革)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3791&mode=LIBRARY&pars=0.85529089587836
山内徳信(社会民主党・護憲連合)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
控訴人日本国民1億2000万人の損害賠償請求訴訟を起
こそう被告人は東電

-

学者
hideKoba_bot 小林秀雄 botcast
いまの学者は、確信したことなんか一言も書きません。学説は書きますよ、知識は書きますよ、しかし私は人間として、人生をこう渡っているということを書いている学者は実にまれなのです。(人間の建設)

マカロン

AERAが謝罪…朝日系列
空気 読めない AERA = 朝日

朝日は 珊瑚礁に 「K Y」と書き、珊瑚を傷付け、あろうことか それを 日本国民のせいにした = 捏造

あ、いきなり 停電始まった…(笑)

K Y = 空気読めない と 世間に騒がせたのは、この珊瑚礁事件をうやむやにしたかったから だとか?
(自称 右翼さんの 某ブログより)

…ロクなこと 考えないな サヨク思想は…

真っ暗なので、蝋燭さがしてきます(笑)

日本人

復旧作業に当たって下さっている皆様に最敬礼
日頃尊敬するねずきち様ですが、今回ばかりはちょっとタイトルに違和感を感じます:
災害発生以来、自衛隊の皆様は自ら、そして家族の状況を顧みず、過酷な任務について下さっています。限界を遥かに超えた仕事をして下さっています。「自衛隊のみなさん、頑張れ!!」という言葉はもう口から出せません。ただただ感謝するのみです。
自衛隊、消防、警察、東電関係者(消えてしまって出てこない会長と社長を除く)、支援・復旧に当たって下さっている皆様にはただただ感謝し、早く休息を取れる状態、家族の元に戻れる状態になることを祈ります。この献身的な皆様のお陰で、日本は必ず復活します。必ず復活させて恩返しをしたいものです。

koukenz

No title
ねずきちさん、ありがとうございます。
 私は25年前まで、気仙沼から二戸にかけて仕事のテリトリーでした。冬はとてつもないくらいの寒さです。空気が乾燥するので寒さが一段と骨身にしみるのです。自衛隊救援隊は生存者を発見すると、まず自分の水と食料を躊躇いもなく差し出します。その日の自分の食料はないのです。
 自衛隊をはじめ海外の救援隊、警察、消防の皆さんは、寝袋ひとつで夜を過ごしていると思います。特に、台湾の救助隊などの暖かい地域からの応援の方々は、凍傷との戦いだったのではと思います。米国は自衛隊と共に、救援活動を継続するとの事で誠にありがたいことです。本当にありがとうございます。
今後も自衛隊の活躍を記事にしてほしいと思います。お願いします。

和田

力を合わせて困難を乗り越えよう!!
現在私の長男も陸上自衛官として福島県いわき市内で救援活動に励んでいるそうですが被災地各県の皆様には力を合わせて困難を乗り越えて頂きたいと思います。
私も少額ではありますが日本赤十字社に義援金を送らせて頂きました。
また後日、送金したいと思います。
失礼致しました。
今日も『応援クリック!!』

日本人

No title
現在の日本に焦躁を感じている皆さん、日本を愛する心ある方々、日本の一寸先は亡国だと感じている人達と共に闘いたい。
現政権の無能無責任極まりない体質は暴露された。
国民の生命財産を守るどころか巧妙に被害の拡大を意図し行動している。
この構図は宮崎の口蹄疫と同じ構図だ。
現政権は自己の意思で動いてはいない。中狂に管理されている傀儡政権だ。
中国の支援先発隊5人を日本側は副大臣2人を持って向かい入れるとは基地外の所業だ。
海江田の行動は主権がどこにあるかを日本人に知らしめた。
日本の主権は政府にはない。当然、国民にも無いということだ。
今の政府をコントロールしているのは中狂である。

東日本大震災は戦後の体制が無駄で無意味なものではなかったのか、という疑問を私たちに投げかけた。そして、一端有事があれば自衛隊、警察、消防隊、米国海兵隊がいなければどうにもならないことが確認された。
米国がいなければ、日本は中露朝鮮に3分割されていて不思議はない。

ブログを通して日本の置かれている現状が分かったという人の意見も聞き出した折り、
政府は「コンピュータ監視法」日本版「凶暴罪」を閣議決定した。
時間がないのだ。
各ブログは色々な情報を与えてくれる。
では亡国の危機、有史以来最大の国難を前に私たちは何をしたらよいのか。
答えは戦前の体制への回帰である。
世界中が白人に植民地化される中、日本は唯一と言っても良いほど独立を保っていた国だ。
その統治システムを見直し、復活させるべき時が来たのだ。
「自虐史観からの脱却」「一国平和主義からの脱却」「戦後レジームからの脱却」
色々脱却するところは多いが、やるべき事とその答えは出ている。
共に闘いましょう。
そして、是非このブログを広めて欲しい。日本人としての行動指針が書かれている。
がんばれ産経新聞http://pub.ne.jp/surugasankei/ by駿河山人

共通一次世代

被災地の現実。
昨日の参院予算委員会での自民党、福島県出身の森雅子参院議員の質疑からです。↓

【H23/03/22 参院予算委・森まさこ(自)【頑張れ東北、福島を救え!】】
http://www.youtube.com/watch?v=XWfKnnOfdPs&feature=player_embedded

11:40ごろより~
=============
私、南相馬市に行きまして、20km内についての状況を聞いて参りました。ここは立ち入り禁止の地域でございます。

ここには行方不明者の方々、また、ご遺体がたくさんあるわけでございますが、立ち入り禁止でございますので、今、自衛隊の方々が捜索をしてくださっています。

自衛隊の方々がご遺体を見つけても、それを運ぶことまでは自衛隊の方々の任務には入っておりませんので、そこに旗を立てて戻ってきます。

そして警察にお知らせをいたします。しかし警察は基本的に20kmの中には入りません。
ですから今日も冷たい雨が降る中、ご遺体は雨ざらしになっている状態でございます。

それをわかっているご家族の方が目を盗んで20km以内に入っていく訳でございます。
そしてそこから警察に電話すると、警察が防護服を着てやっと遺体を引き取りに来てくれます。

遺体安置所でそういうお話を伺いました。
どうか20km以内のご遺体の収容についても、政府の支援を厚くしていただけますようにお願いしたい。
==============


その他、南相馬市やいわき市の一部の「原発から20~30キロ圏内」の「屋内退避地域」にタンクローリー車が来ない為に、ガソリンが入って来ず、住民が全く動けない、勿論物資も届かない、非常に厳しい状態であることも伝えていました。

「ボランティア」などでは当然対応できない、このような「非常事態」は政府が動かなければどうしようもない。これが現実です。



森雅子議員に続いて、同じく自民党で被災地宮城県出身の階(たかがい)美恵子参院議員が、元看護師としての視点から、避難所での医療体制、保育体制等について現状報告と提言をされていました。↓(参議院TVより)

=========
心のケアのことですが・・、
今も尚、我が子の遺体が木にぶら下がったまま、水の中には自分の家族の遺体が浮いたまま、どうすることも出来ず回収することも出来ずただただ見守っている・・、こういう惨状が今も続いています。

その中で一昨日、思春期の子どもが吐き気と頭痛で病院で受診したんだけれども、理由を聞くと、この災害復旧のボランティアをしていた。どんな仕事をしていたかというと、遺体回収だったというんですね。未成年の子供たちに「ボランティアをしたい」という、そういう意欲があって、その協力を求めるときには、やはりその業務内容についてもしっかりと心遣いしていただきたいと思います。

福知山線の脱線事故でもありました。
救護にあたった人たちが後々フラッシュバックですごく悩むんです。こういったところの対応が必要な段階にも来ています。

==========


これが被災地の現実です。マスコミの「復興キャンペーン」などまだ早いのです。

-

政治家も是非、出自を明示してくれ。言うこととやることが全く違う。やらないマニフェストなど無意味だし詐欺罪に相当する。

-

利益相反
TVで「直ちには人体に影響はない」と言っている大学教授達は自らの”利益相反”を明示するべき。

●本人またはその2親等以内の親族が個人として何らかの報酬を得た企業・団体
●本人の所属部門と何らかの産学連携活動を行っている企業・団体

東電から”対策費”を貰っている大学教授は、そのことを自ら明らかにし、中立でないことを断ってから意見を言うべきだ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク