石巻の「青い目のおなご先生」



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

石巻の「青い目のおなご先生」


3月22日、宮城県は、東北地方太平洋沖地震と津波による被害で、「米国人教員の死亡を確認した」と発表しました。

AFPは「今回の震災で米国人の死亡が確認されたのは初めて」と報じました。

死亡したのは、宮城県石巻市で英語を教えていたテイラー・アンダーソン(Taylor Anderson)さん(24)です。

地震後、自転車に乗っていたところを津波に流されたとみられています。

彼女は、津波警報がけたたましく鳴る中、教え子すべての子供たちを親に引き渡すまで、津波の恐怖から逃げなかったのです。

タイラー・アンダーソンさんは、2008年に来日し、石巻市の小・中学校で英語を教えていました。

地震が起きた時、彼女と一緒にいた小学校の関係者によると、彼女は児童たちを親に引き渡すまで学校に待機し、最後の子供を親御さんに引き渡してから、自転車に乗って高台に避難しようとしてたのだそうです。

そして途中で津波に巻き込まれた。

事態を知った石巻市は、アメリカ・バージニア州に暮らすテイラーさんの両親と連絡を取ります。

そして23日、父親のアンディーさんたちが急きょ来日した。
そしてその日、彼女の死亡が確認された。

現場付近を訪れて花を手向けた父親のアンディーさんは、
「津波が想像を超えるものだったことがよく分かりました。
娘が仕事をしていた場所を見ることができて良かった。
祈り、支援してくださった人びとに感謝します。
多くの人びとの祈りと支援によって、わたしたちはこの危機を乗り越えることができました。
これからも、行方不明の方々のために、それに日本の人々のために祈ってください」と語りました。

このあとご両親は、彼女が教えていた市内の中学校を訪問、学校での様子を聞いたり、アンダーソンさんが作った折り鶴を受け取ったりした。

ご両親は、彼女が使っていたポットや鍋、それに衣服を、日本の人々に寄贈されるそうです。

そしてご両親は、余震が続き、福島原発危機がいまだ去ることのない日本の復興を支援するための義捐金活動を始めると言う。

「それは、テイラーが望んでいたことだからです。
彼女は、自分が魅せられた日本で、自分の望んだ世界に住んでいたと思います。
彼女なら、この美しい日本が復興することを何より願っているはずです。
私たちは、彼女の名にかけて、日本が元に戻るように働きかけていきたいと思います」
と姉のジュリアさんは話しています。

「娘の死に方は、彼女の人生観を象徴しています。
娘は人に対して深い思いやりを持った温かい性格です。
彼女が、この世で行なった最期の行いは人を救うことでした。
それは何より、彼女の人柄を物語っています。
タイラーは、生徒たちから、大好きな先生として慕われていたようです。私は、娘を誇りに思っています」
と母親のジーンさんは、テレビの取材に答えました。

タイラー・アンダーソンさんは、今回の震災の外国人被災者のうち、安否確認が取れた最初の外国人です。

「未曾有の大震災。亡骸(なきがら)を確認できただけでも幸運」というのは、ご遺族にとってあまりにも残酷な仕打ちです。e

果たして、「どうか、安らかに眠ってください」という、お決まりの言葉で、その御霊を鎮めることができるのでしょうか。

少なくとも、私たち日本人は、自分の命も顧みず、多くの日本の子供の命を救ったタイラー・アンダーソンさんの名前は忘れることはないでしょう。
三陸の紺碧の海の町に「青い目のおなご先生」先生がいたことを。
そこには、「二十四の瞳」のような風景があったのかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~
以上の記事は、AOLnewsのエントリーを参考に書かせていただきました。
www.aolnews.com/2011/03/23/taylor-anderson-us-teacher-killed-in-japan-earthquake-touched/

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

Taylor Andersonさん ありがとう RIP


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

12-23

No title
杉原千畝 
外務省がビザ発行を禁止したというは事実だと思います。

当時、日本では天皇陛下の下、「八紘一宇」全ての者は平等であるとされていたため、
ユダヤを特別排除する事はなく、
発行していたのですが、
同盟国ドイツのクレームにより外務省が停止したようです。

発給したビザは、当初の方針から無効ではなく、
ドイツも日本も雲行きが怪しくなり、それどころではなくなったというのが事実ではないでしょうか。

日本がユダヤ人に好意的なのは遠くの国であまり接点がないのと
ユダヤの害が見えない、あるいは「虐殺かわいそう」だけで、
日露戦争の外債の話は
知らない人の方が多いと思います。

杉原は、(なかなかできない事ですが)人間として当たり前の事をしただけで。
今の役人や政治家ががあまりにも情けなく思う

特に民主党。

でも、この国をここまでしたのは自民党

役人ども。

原子力保安院をつぶせれば(役人減らせば)
民主も少しはましだと思うがどうせ無理でしょ

管。消えろ。
石破さんがいいなぁ

でも自民党はもひとつです。

在日が原発を恐れて国外退去しましたが、行きっぱなしで戻らないことを節に願う。私も願う。

「ひゅうが」活躍したかな。

アメリカGJ

ノブリス☆オブリージュ
<カーター元大統領の、決死隊的原子炉修復チーム、@カナダ1952年>

最近の日本関連記事はおかしなものの多いエコノミスト雑誌だけれど、今週号の記事では福島原発に関連して、ジミー・カーター
元大統領が若い時期(原子力潜水艦の士官であった頃)23人のチームと共に、カナダにあった軍の核燃料濃縮設備の事故の際に、
高い放射線のもとで緊急修復作業(一人当たり現場作業は90秒まで)を行った故事を書いている。

http://www.economist.com/blogs/banyan/2011/04/japans_nuclear_clean-up
o(^-^)o☆アメリカGJ☆\(^0^)/\(^0^)/

≡☆≡トモダチ作戦が終息したら沖縄で盛大に感謝するゾ≡☆≡

一直線

被災地の者です。
彼女の行動は素晴らしいものです。これは、被災地に居た人にしか、わからないでしょう。あの状況ですから。
学校側の責任みたいな事を書いてらっしゃる方がいますが、それは違うと思います。
あの地震を体感したら、そんな言葉出ません。
私が住んでる場所は、被災地から約20km離れていたため、津波の被害は免れました。
私は、震災後、3度ほど支援物資配達をしましたが、とにかく現地は悲惨です。もう、涙しか出ません。
ここに書く事では無いでしょうが、少し書かせて貰います。
ミンス安住は、被災地石巻出身です。なのにあいつは、1度も地元に戻って来ません。
ばばあトミコは、頼みもしない韓国からの水や物資を受け取り、恩着せがましい事言ってるようです。
地元の政治家は、全く目立った行動をしてません。
誰も自分でトラックを走らせ物資を届けたなど皆無。
それこそ梅沢トミオさん、杉良太郎さんの方がよっぽど素晴らしい。
こともあろうに、辻本、連4は全く役立たず。
一体、この国はどうなってしまったんでしょうか?
もう末期だと思います。
福島のいわき市の話も、呆れて何も言えません・・。
もう、日本は、落ちるとこまで落ちるかもです。
福島原発も、TVの内容などほんの1部。事実は、かなり悲惨な事になってます。
全ては国の、政治家の責任です。東電もですが。
長々書いて、失礼しました。
とにかく、一刻も早く、被災者を救ってください。
それだけです・・・・。

屯田兵

17歳、一人だけど泣かない 妹葬り、残る家族6人不明
 東日本大震災で宮城県気仙沼市の高校三年、三浦美咲さん(17)は両親と二人の妹ら七人の家族を失った。一家で残ったのは自分だけ。市内の親戚宅で生活しながら、思い出の物を探しにがれきと化した家に通う。悲しみの底から三週間余り。「前を向こう」と自分に言い聞かせている。 (佐藤夏樹)
 三月十一日の震災発生時、美咲さんは市内のショッピングセンターにいて難を逃れた。揺れが来て津波に襲われるまでの短い間、携帯電話で母の美江子さん(41)とメールを交わした。「(自分は)大丈夫」と送ると、「どこにいたの?」と返ってきた。ショッピングセンターにいたことを伝えた。それきりになった。
 両親と二人の妹、祖父母と曽祖母の家族全員が津波にのまれたらしいと聞かされた。自分がおかしくなるぐらい泣いた。叔母(47)の家に身を寄せた。数日後、中三の妹美穂さんが遺体で見つかった。残る六人は安否が分からない。
 自宅に行ったが、跡形もない。周りの家も木くずになっていた。母と妹と一緒に滑り台で遊んでいる写真が見つかった。昨年、家族で牧場に行った時の一枚だ。
 両親の婚約指輪、妹のランドセルもあった。母のブレスレットは手首に巻いた。涙が込み上げる。思い出がよみがえる。
 父芳弘さん(43)はイチゴ農家。「家を継いでくれ」とよく言われた。管理栄養士になる夢があり、渋った。「妹が跡取りになればいい」。手伝いを頼まれても断った。「お父さん、ごめん」と今、謝る。
 母は料理が上手だ。でも、照れくさくて「おいしい」と言えなかった。「素直に伝えれば良かった」と悔やむ。最後のメールは消さないでいる。
 六歳の妹美輝ちゃんは、美咲さんに懐いてそばを離れなかった。「みーちゃん」と呼ぶ声が今も聞こえる。
 二つ違いの美穂さんとはささいなことでけんかした。「受験生なんだから勉強しなさい」と叱ることもあった。自分と同じ高校を受けた。被災後に合格発表があった。後輩になっていた。
 美穂さんを二十一日に火葬した。翌日に中学校の卒業式があった。代理で卒業証書を受け取った。
 叔母さんは温かくしてくれる。友達は励ましの言葉を掛けてくれる。カレンダーは四月になった。

 「もう泣きません。家族に顔向けできないから」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011040490133256.html

-

No title
胸が潰れそうに痛いです。
言葉になりません。

bunkataisi

テイラーの冥福を祈ります。
テイラーさんは子供を預かっている教師の立場から、先ず親に子供を返さなければとの思いが先に走ってしまったのですね。
本当は子供と共に少しでも早く高台に避難する事に気付けば命をなくすことは無かったでしょう。

全体の被害者中で小中学生の比率が非常に少なく思いますが、この記事を見るまで教育界では災害から子供を守る事が広く徹底されていたからだと思っていました。
しかし、テイラーさんの場合のように子供と共に津波から逃げるのを後回しにして親に引き渡す事を優先した小学校が有った事を知り、災害時の対応方法は現場での判断が優先されていたと分かりました。
多くの小中学校では先ず子供を絶対安全な所へ避難させる事を優先し、正しい判断をした模範的な先生が多かったから子供たちの犠牲が少なかったと言う事がわかりました。

子供を預かっている責任より、子供の命を大切に行動していれば後に悔いを残す事は無かったでしょう。

津波の恐ろしさをよく理解できないテイラーさんは可哀想な犠牲者の一人です。

通行人

No title
573 :Trader@Live! :sage :2011/04/03(日) 10:52:40.65 ID:1/DDkb9s
おまいら、大変だ!この原発爆発のドサクサに奴らがこんなことをしてるぞ!大至急拡散頼む!

請願名「外国人住民基本法の制定に関する請願」の情報 項目 内容
国会回次 177 新件番号 314 請願件名 外国人住民基本法の制定に関する請願
受理件数(計) 1件 署名者通数(計) 1,662名 付託委員会 法務委員会

請願名「国籍選択制度の廃止に関する請願」の情報 項目 内容
国会回次 177 新件番号 44 請願件名 国籍選択制度の廃止に関する請願
受理件数(計) 5件 署名者通数(計) 412名 付託委員会 法務委員会

請願名「成人の重国籍容認に関する請願」の情報 項目 内容
国会回次 177 新件番号 46 請願件名 成人の重国籍容認に関する請願
受理件数(計) 5件 署名者通数(計) 395名 付託委員会 法務委員会

おかさん

No title
●統一地方選挙

 統一標語
 「気を付けよう、その無所属は民主かも!」

 ※「民主党=落選」というのが常態になって来ています。
  そこで、本当は民主党でありながら、無所属という
  通名(詐欺・ゴマカシの名前)で立候補する者が
  増えています。気を付けましょう!

 ※管理人さんへ
  統一地方選挙の本格的開始に伴い、しつこいようですが
  何回も投稿させて頂きます。すみません。

-

【書評】
【書評】
『土屋たかゆきのわが闘争』土屋たかゆき著
2011.4.3 07:36

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110403/bks11040307370003-n1.htm

「土屋たかゆきのわが闘争」
 著者は現職の都議会議員。民主党から立候補し、現在4期目。ところが、民主党が政権をとった平成21年、国の形態や家族の在り方を変更しかねない同党の重要政策がマニフェストに記載されていないことを指摘したところ、いきなり党から除名されてしまった。

 著者は言う。「民主党には、国民を欺く裏マニフェストがある」と。それら7つの裏マニフェストが暴かれる。

 民主党議員としての経験から、同党がいかに全体主義的で、左翼革命的で、危険な政党であるかを実証的に明らかにしていく。と同時に日教組問題、拉致問題、歴史認識問題などで闘い続ける姿がつづられる。日本に勇気を与える一冊だ。(展転社・1890円)

コピペ拡散しましょう

No title
公明党、日本青年社、新風など危ない団体が
災害時に被災者を助けるのは誰も文句は言えないのにつけこんで
援助して自分の団体への支持を広げようとします。
援助自体は確かに感謝すべきなのですが
創価学会や右翼には、間違っても関わらないように
注意しましょう

良い記事は拡散し隊

復興、オールジャパン:危機到来で国民団結は大変よいことだ。ただ「監督がアホだから野球やれない」という選手がいた。「指導者なき国民は無力」とマキャベッリも記している。指導者が大問題になってきた。この大事業は誰でもやれるものではない。
 
汚染水、海に流出:高濃度の水が地震で壊れた溝から流れ出している。野菜の次は魚である。漁業関係者は心配しているだろう。消費者は正確なデータで行動することが必要だ。国民はいやでも原子力の勉強の時代に入った。中学から教えることだ。汚水の海洋投棄は遠洋でやれば天文学的な海水で希釈されるので問題はない。
 
産経抄:自粛ムードであるが、俳優の杉良太郎が夫人とともに大規模な被害者支援をしている。長年続けている人なので本物だ。偉い。被災者でも家を失った人は、長期戦なので体育館に非難してもしょうがない。旅館を借り上げて住まわせたらどうか。観光地は閑古鳥が鳴いているというから、一石二鳥ではないか。国民の資産の有効活用である。

主張:自衛隊に感謝:即刻、日本軍に戻すことだ。いい加減な「自衛隊」と言う名前にはすでに油断がある。国民だましでもある。危機はいつでも襲ってくる。戦後の反軍主義の悪習はおわりだ。馬鹿だった。反日を煽ってきたマスコミ記者は徴兵訓練を受けさせる。全国民が価値観を愛国主義に正すのだ。
 
中学校教科書:中学教科書の検定が発表された。しかし民族主義史観が欠けている。いまだに占領下の傀儡歴史観だ。これでは立派な国民を育てることはできない。キズものにされてしまう。作り直しだ。時代遅れの傀儡歴史観は止めるだけでなく積極的に禁止する時代が来た。利敵売国教育は厳禁だ。
 
自衛隊の災害復旧縮小:自衛隊の最大の使命は外敵からの国土防衛だ。いまも米軍がいなければ中共、南北朝鮮、ロシアが攻撃してきているはずだ。災害復旧もできない。そこで自衛隊は緊急対応をしたら本業に立ち返り国土を守る。あとは国民がやればよい。大卒の未就職者を組織して国土復興に当たらせるのが良い。
 
政府の作業員被ばく治療対策に不備:本人の造血幹細胞を採取しておけば異常が起きた時の治療に有効という。しかし原子力委員会は不要としていた。これは殺人未遂になる犯罪だ。費用も2兆円の子供手当とは比べ物にならない。危険な作業に当たる恩人を虐待するとは許せない内閣だ。
 
首相の被災地視察:現場主義、上滑り:これだけの大被害をみて菅は驚いたのではないか。現地の状況はテレビや新聞とはちがう、恐ろしい迫力があるからだ。それにしてもまだ子供名義で外国人に国民の貴重な金を渡すとは。エセ子供手当の詐欺などやっている状況ではないだろう。津波のゴミと一緒に菅内閣を廃棄しなければ、日本の復興は始まらない。
 
大連立:莫大な復興予算を狙って、自民党の古手が蠕動を始めた。所詮同床異夢だから混乱を増し、復興を遅らせるだけである。人心を一新するために総選挙だ。
 
民主党員の隠蔽工作:国民の間に高まる怨嗟の声に民主党員は国民に分からないように着るものの偽装まで始めた。呆れた政党だ。早く追放だ。
 
東電、機能不全:東電には原子炉の専門知識はない。ユーザーにすぎないからだ。だから原子炉の障害も業者任せである。国民には元請けとしての責任があるが、実力はない。だから東電にあれこれ言ってもわからない。時間は過ぎる。交代要員が数千人も必要な以上、自衛隊が一元管理して復旧に当たるしかない。自衛隊を増員すべきである。
 
日曜経済講座:田村秀男:このままでは第三次災害:米国人から、日本政府に非常事態認識がないと批判されたという。ボンヤリしているのだ。日本政府に危機管理能力がないことも明らかになってきた。技術面でも原発大事故の経験がない。この混乱が、経済に大きな打撃を与え始めた。経済にたいする大津波だ。今度の災害の回復は日本軍の再建から国民の意識転換にまで及ぶ。単純に金では解決できない大問題になってきた。
 
日曜日に書く:佐々木 類:米軍に感謝。これは大きい。今度の災害で如何に日本が弱い国であるか、わかったと思う。危機を想定しないで暮らしてきたのだ。呆れるばかりである。
国際社会はつば競り合いの世界だ。失敗を反省する時間はない。滅ぼされてしまう。国連など無力だ。その間を守ってくれたのが米軍だ。かけがえがない。もう日本は自立しなければいけない。日本軍を再建し、徴兵訓練を再開する。反日利敵報道やデモは断固鎮圧する。日本の愛国独立が日米関係を良くし、日中朝露関係も良くする。日本が弱いことが悪いのだ。

「がんばれ産経新聞」より転載

トリ

No title
参考になるブログをみつけました。
福島の復興を願っています。
 福島原発事故
 武田 邦彦(中部大学)先生のブログです。

あなたの感想を知りたい

この人しかいない!
大惨事、国がひっくり返るんじゃないかと言われるくらいの国難に面している日本。こんな状況下での国のリーダーに尤も相応しい人はと、考えた ”麻生 太郎” この人だ! わたし個人の感想です。

こういう時だからこそ麻生さんの手腕が発揮できる。(カップラーメンの値段のときは駄目)
西村眞悟、中山成彬、その他自民の本物保守が一丸となって。

世の中うまくいかにもんだ。いや、流れが変わる可能性もありえますね。

在日が原発を恐れて国外退去しましたが、行きっぱなしで戻らないことを節に願う。

ROM専

No title
今回の震災でこのような話はいろいろ聞きます。防災庁舎で最後まで避難のアナウンスを続けて津波に流された方、住民避難を呼びかけに行って津波に飲まれ車の中でマイクを握りしめた姿で発見された消防団員、他にもこのような方々が居たそうです。
死の恐怖を前にして自分よりも他人のことを想える強く優しい方々です。できればこのような形でなく生還してその行いを賞賛されてほしかったです。

ショック
上から読んで二人の意外な意見を聞いて、正直驚きました。

atom34さん、共通一次世代さん、禍福はあざなえる縄の如しさん、の意見を読んで救われました。

事が起きた時、初めて知らなかった人間性(本性)がでる。見本?

aixin

この国日本を救えるのは自民党しかありません。 投票をお願いします。
この国日本を救えるのは自民党しかありません。 投票をお願いします。

皆で力をあわせて愛国系議員を応援しよう、この町から
反日売国系議員を叩きだそう。 通名を使い日本人の振り
をしている外国国籍の議員は確り【区別】して注意しよう。
http://www.aixin.jp/axbbs/image/mst.gif
(画像)
【有権者の皆様へお願い】は必ずお読み下さい。
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/chsk.cgi

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ゴッピー

この場をおかりしますm(_ _)m

禍福はあざなえる縄の如し

No title
外野は好きな事言えるんだよね。学校の責任云々する人達に聞きたいが、あなた達は現場に居合わせたのか。

現場の状況を見た上で学校側が出来る事、すべき事をやらなかったのなら非難されてしかるべき。だが、それを自分の目で確かめたのか、確かめた上で責任を追及しているのか。

安全地帯からしたり顔で責任追及、まるで・・・やめておこうか。

共通一次世代

No title
簡単に校長先生たちを非難するなんて私にはできません。

状況もはっきりしていないのに・・。
また、校長先生や他の先生たちも、まずは「子どもたちの命が第一」と動かれているはずです。

ただでさえ「あの時こうしていれば・・」と自責の念に駆られかねない現場の被災地の方達に対して、遠くから野次馬気取りでさらに「責任がある!」などとよく言えるものだと思います。ひどすぎますよ・・・。

atomu34

No title
タイラー・アンダーソンさん本当に有難うございます。
私達日本人は貴方のことを決しれ忘れず、あなたの大好きでいてくれた日本を日本人の手で再建していけたらと思います。そして貴方のように日本を本当に愛してくださるアメリカ人の方々が沢山日本を訪れてくださる事を願います。今回米軍の方々にも、ご支援いただきまして、本当に日本国民は感謝しております。
万石浦小学校の校長先生はじめ、関係者の方も津波のあった日はそれぞれの職務に従事されていた事と思います。皆が混乱している中での対応です、誰を責める事もできません。
タイラー・アンダーソンさんのご冥福をお祈りいたします。

けん

No title
昨日のNHKでも中国の次に取りあげていましたが、TEXASさんに同意します。
学校に留まっていれば、よかったとおもいます。
学校の責任ダス!

nanasi

No title
<カーター元大統領の、決死隊的原子炉修復チーム、@カナダ1952年>

最近の日本関連記事はおかしなものの多いエコノミスト雑誌だけれど、今週号の記事では福島原発に関連して、ジミー・カーター
元大統領が若い時期(原子力潜水艦の士官であった頃)23人のチームと共に、カナダにあった軍の核燃料濃縮設備の事故の際に、
高い放射線のもとで緊急修復作業(一人当たり現場作業は90秒まで)を行った故事を書いている。

ttp://www.economist.com/blogs/banyan/2011/04/japans_nuclear_clean-up
The reactor in Chalk River, Canada, about 180 kilometres (110 miles) from Ottawa, was used to enrich plutonium for
America's atomic bombs. On December 12th 1952 it exploded, flooding the reactor building’s basement with millions of
litres of radioactive water. Lieutenant Carter, a nuclear specialist on the Seawolf submarine programme, and his men were
among the few people with the security clearance to enter a reactor. From Schenectady, New York, they rode the train up
and got straight to work.
"The radiation intensity meant that each person could spend only about ninety seconds at the hot core location," wrote
Mr Carter in "Why Not the Best?", an autobiography published in 1975 when he was campaigning for the presidency.

この修復作業は成功し、カーター元大統領と23人のチームに健康被害は発生しなかった。当局は数ヶ月にわたって、この作業チームの
尿の放射線を検査するとか追跡調査をしたという。

カーター元大統領は50年以上前の、危険な緊急作業にもかかわらず、現在83歳で健康なので、今回の福島原発の作業に当たる方々が
同じように健康に問題のないことを願うばかり。

TEXAS

No title
万石浦小学校の責任者、校長先生や教頭はどうしていたのでしょうか。

テイラーさんは、英語になっている「ツナミ」を実感的に理解できなかったのでは。
こんな時、上司が最後迄彼女と一緒にいるべきだったのではないでしょうか。
それなら、彼女は助かっていたかもしれません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク