やまと新聞のHPに「美しい日本の良い話」というコーナーができました



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

美しい日本の良い話


やまと新聞のHPに、
===========
■美しい日本の良い話■
===========
というコーナーができました。

やまと新聞のHPのURLは、
http://www.yamatopress.com/
で、このページの右肩のところに、そのコーナーがあります。

美しい日本の良い話コーナーのURLは、
http://www.yamatopress.com/beautifuljapanstory/
です。

是非一度ご覧ください。

このコーナーは、ねずブロの過去のエントリーからの抜粋です。
すでに記事をお読みになられている方も多いかと思いますが、さすがはプロの新聞社がデザインしたページだけあって、実にきれいにできあがっています。

いま、掲載されている記事は、

◆航空戦艦「伊勢」と「日向」の物語
◆石巻の「青い目のおなご先生」
◆世界に誇る縄文文化
◆緑の連隊長
◆小麦のお話
◆大豆と満州のお話
◆セントルイスブルース
◆あんぱん誕生

の8話です。

『航空戦艦「伊勢」と「日向」の物語』のお話は、日本海軍最後の主砲を発射して息絶えた伊勢と日向という、日本神話に登場する地名を冠した戦艦の物語をモチーフに、そこから日本がなぜ大東亜戦争にいたざるを得なかったのか。
大正デモクラシーとはいったい何だったのかを、再考してみた記事です。

『石巻の「青い目のおなご先生』のお話は、このたびの東日本大震災でお亡くなりになった米国人英語教師をモチーフに、日本の心を描いてみた記事です。

『世界に誇る縄文文化』は、これはボクの大好きなお話です。
縄文時代というと、なにやら鹿の毛皮を着て石斧を持って髭もじゃらな原始人が、エッホ、エッホとやっているようなイメージを思い浮かべる人が多いし、実際、縄文時代の貝塚遺跡のようなところに行ってみると、そのような絵が書いてあるところが多いです。

ところが、実際の縄文人たちは、なんと現代社会でも立派に通用する布製の実にきれいな衣装を身にまとっていた。
しかも、女たちは美しい装飾品で身を飾り、男たちは、なんと「武器を持たない」文化をそこで形成していた、というお話です。

現代考古学会の学者さんたちには、頭から火を噴くような激怒を買いそうなお話ですが、実は、考古学的に年代を追っていくと、実は日本の縄文社会というのは、実に世界に誇る文化を持っていた、世界最古の文明であったかもしれないという姿が見えてくる。
そんなお話です。

『緑の連隊長』も実話で、戦時中、大陸で戦った吉松喜三大佐が、大陸のハゲ山に植林をしてまわったというお話から、日本と言う国の緑を大切にする植林文化の国を描いています。

『小麦のお話』は、私たちの生活に密着した食物である小麦、世界の三大穀物として、どこの国も国家が管理統制している小麦が、実は、日本で開発された小麦であり、その小麦がGHQによって米国に持ち去られ、世界に普及することで、世界の多くの人が飢えから救われるようになった、というお話です。

戦時中頃のChinaの人口は5億人です。いまではそれが15億人に増えている。
それも、小麦が大増産されるようになった結果です。

もしかすると八百万の神々が、日本を敗戦に導いたのも、もしかしたらこの小麦がきっかけだったかもしれない。

『大豆と満州のお話』は、これは近代史を考える上で、絶対に知っておくべき物語だと思っています。
満州の、たとえば新京(いまの長春)とか、ハルピンとかいうと、戦前は東洋のパリとも称される美しく発展した街でした。
その町は、無理やり作られた街でもなんでもなく、満州で大豆が大増産されることで、この大豆を運ぶために満鉄がぐんぐん延長され、その集荷のターミナル駅となった街が、第発展したということでもあるのです。

満州は、一年の半分は、凍土といって、地面までカチンカチンに凍ってしまうところです。
そして大地は、果てしなく続く荒地だった。
日本は、その満州の荒地に大豆を持ちこみます。
実は、大豆などマメ科の植物は、荒地でも生育できるという特徴があるのです。
その大豆が大増産されることで、満州の荒地は、みるみるうちに緑の大地に変わっていきます。

考えてみてください。
満州の凍土ですら、世界の一大穀倉地帯に変えることができたのです。
これを、もっと温暖な中国大陸でやったらどうなるでしょう。

そのことにもっとも触手を動かしたのが、実は米国だった。
大豆と満州を通じて、左巻きに偏向した教科書などでは絶対に語られない真実の歴史が見えてきます。

『セントルイスブルース』のお話は、なにもブルースのお話ではありません。
南北戦争とはいったい何のための戦争であったのか、南北戦争はなぜ行われたのか、というお話です。

映画「風とともに去りぬ」では、そのラストシーンで、スカーレット・オハラが「私はこの大地とともに生きていく」という名セリフがあります。

この稿では、南北戦争と日本の明治維新の関係、そして人類の文化は、大別すると「武器を持って奪う文化」と、「労働を通じて作る文化」に大別されるといえるのではないかという問題提起をしたお話です。

「あんぱん誕生」の物語は、日本人なら誰でも知っている「アンパン」は、実は中のアンコだけでなく、パンそのものも、和風仕立になっているというお話です。
あんぱんの普及には、なんと山岡鉄舟や、明治天皇まで登場する。
是非、ご一読いただき、誰かとあんぱんを食べる機会があったら、是非、ハナシのネタにしていただきたいお話です。

やまと新聞では、このページに、まだまだ記事を追加いただけるとのことです。

みなさんも、やまと新聞を応援していただけるとうれしいです。

なお、やまと新聞は、もっか会員募集中です。
会費は、月500円です。

まだやまと新聞の会員になっておいで出ない方は、この機会にぜひどうぞ。
いまなら、伝統あるやまと新聞のバッチがもれなくもらえます^^b

やまと新聞会員申込みページ
http://www.yamatopress.com/c/6/11/2874/

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

もう時間がない。戦おう!


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

水樹

★自衛隊は武力行使で竹島を奪回せよ!
そして近代史の自虐史観よりも重要なのは、古代 朝鮮半島内にあった日本領 任那を日本史上に奪還すること!
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=265

竹島問題どうすべき? 投票開催中

愛信

竹島問題を巡る韓国の動向
竹島問題を巡る韓国の動向
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/b0aa356aa42c2184e5677746d8df1bf1

【関連情報】【南朝鮮が滅亡に向かって進んでいる】
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2011/04/post-232d.html

クーデターの発生政情不安で混乱する世界情勢に便乗して韓国
が竹島の領有権を公然と主張して来た、反日売国民主党韓政権
や反日売国テレビ局・マスコミはニュースを隠蔽して日本国民へ
詳細を報道しない。 
領土、財産、生命を略奪されて黙っている者は世界中から笑わ
れる哀れな存在となる。 
1億2000万日本国民の尊厳を守る為に行動を起こそう。

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

マカロン

朝一に花うさぎさんで涙
ぼやきくっくりさん元らしいですが、天皇皇后両陛下の 震災直後おとりになられた行動がとても素晴らしい!

戦争に負けたことも、自らの責任として、幼い胸にずっとしまわれて、今まで日本国を 日本国民を見守ってきて下さった御心に 涙涙です


ネット社会になって、カスマスゴミがあえて流さない「天皇両陛下の素晴らしさを改めて感じる事」を知れて良かったし、天皇陛下が御座します日本国に、日本国民として生まれたことに 深く感謝します


ねずきちさん、いつもありがとうございます
本当に、悪口では、日本国民の心は動きませんね
日本国は素晴らしい!

今日から3日間、パチンコ屋節電署名が渋谷駅前であるそうです
有楽町時には休みだったので行きましたが、今日は体調がすぐれず明日から仕事が続くので行かないことにしました
お時間のある方は ぜひ 署名 してください
病院に少しでも電力を送ろうというのが趣旨です

禍福はあざなえる縄の如し

No title
エントリーの主旨から外れるかも知れませんが、若い日の思い出の一つです。

一ヶ月ばかりですが、アメリカでホームステイをしていました。ある日、お世話になっていたホストファミリーの御主人の甥っこさんの大学へ、学生によるバスケットボールの試合観戦に連れて行って貰いました。

試合前の事です、ほぼ満席の会場はざわついていました。しかし、アメリカ国歌の序奏が始まった途端、ざわめきは収まり殆んどの人が立ち上がり、会場で大合唱となりました。

当時の私は、集団で歌うのは何となく恥ずしいと思っていました・・・その割には学校行事では君が代も校歌も歌っていましたが。

また自分の国も、戦後の姿しか知りませんでしたから見ず知らずの人が集まった会場で誰かが合図するでもなく、一斉に国歌を歌う姿を見て、そりゃこんな国と戦争したのなら負けるわな、と思ったのです。

私は教師に、アメリカは個人主義の国で、他人同士が連帯する事はないと教えられてきたのですが、その時嘘を教えられた事に気が付きました。平時にはそうでも、危機に際しては強い絆を持てるのでしょうね。でなければ、国の象徴である国歌を歌えないでしょう。

日本もかつてはそんな国だったのでしょう、日本のそんな美しさが取り戻せる事を期待します。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク