私財をなげうって工事を完成 玉川兄弟

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

玉川兄弟
玉川兄弟


先日「江戸の水道井戸」という記事で、玉川上水のことを少し書きました。
そこで今日は、玉川上水の開削の指揮をとった玉川兄弟のことを書いてみたいと思います。

まえの記事にも書きましたが、江戸は昔は広大な湿地で、海が近く、井戸を掘っても良質な水が採れません。
そこで、江戸時代の初期には、小石川上水が引かれ、また神田上水、赤坂のため池などが、江戸市民の水として利用されていました。

ところが、4代将軍徳川家綱の代の頃になると、江戸の人口が増え、水不足が大きな問題となりました。
そこで江戸の西を流れる多摩川から江戸市中に水を引いてはどうかという案がもちあがる。

このとき幕府の老中たちは、「上水道沿いに江戸へ敵が侵入してきたらどうするのか。上水などを作れば城の堅牢性は失われてしまう」と、こぞってこの計画に反対したのだそうです。

現代人の感覚では「何をバカな」と思うかもしれませんが、江戸城が開かれたころは、江戸城はまさに軍事都市で、江戸日本橋を起点とする東海道、日光街道、甲州街道、東北道、常磐道などの街道も、江戸市中では複雑に折れ曲がり、敵が一直線に攻めてこれないように工夫を凝らしてあります。
おかげで、いまでも都心部に至るには、道路が複雑で、はじめて車で乗り入れる人など、道路標識があっても、地図かナビがないと、道に迷ってしまいます。

街道にさえ、それだけの工夫があったのですから、江戸の西側から城内まで、一直線に水道を引くという案に、もともと武人をもってなる江戸の老中たちが反対したのにも、うなづけます。

これに対し、玉川上水を断固作るべしと唱えたのが、将軍の補佐役であった保科正之です。

彼は、老中たちを前に、
「一国一城を守る小城においては堅固であることが大事です。
しかし、豊臣家が大阪城で滅んで以降、天下の江戸城に敵が攻め入る事はもはや考えにくく、またその天下とは民があってこそのものです。
城は万民の利便と安居を第一に考えた上に存在するべきかと存じます」と説いた。

まさに正論です。
江戸幕府の要人たちの偉いところは、こうした保科正之の論にたいし、自らの不明を恥じ、素直に従ったところです。

意見は言う。
諫言するときは、腹を斬る覚悟でもの申す。
けれど、目上の者のジャッジには、己を殺してでも従う。
それが武家社会の掟(おきて)というものです。

昨今では、学校の先生が生徒に注意しても、生徒には生徒の考えがあるなどと、未熟者が擁護されがちです。
「そんなの関係ねえ」は、漫才だけにしてもらいたいものです。

さて、保科正之の英断によって、玉川上水は開削されることになりました。
幕府は、これを江戸町奉行の神尾備前守元勝(かみおびぜんのかみもとかつ)に命じます。
そして神尾備前守は、町方で土建屋を営む庄右衛門と、人足あっせんを営む清右衛門の二人の兄弟に、上水道の水筋の調査を命じます。

兄弟は、各地を調査してまわり、羽村から多摩川の水を引くのが最も妥当との結論に達した。
理由は、羽村からなら江戸まで通水するための高低差が得られること、多摩川が大きく蛇行して対岸とぶつかるので、ちょうどうまく取水口に向かって水が流れ込む地形であったことからと、いわれています。

兄弟は羽村から江戸への導水計画を立てると、実地測量した結果を絵図面・書付けに起こし、評定所に提出しました。

絵図面によれば、上水は多摩川の水を羽村で取り、四谷の大木戸まで素堀(すぼり)というむき出しの堀で導水する。
そこから、地下にもぐって地中を石の樋(とい)で通して江戸の町に分けるというものです。
羽村から四谷の大木戸までは、約48kmの距離です。

提出された絵図面・書付けを、老中の阿部豊後守忠秋、松平伊豆守信綱、寺社奉行安藤右京亮重長、松平出雲守勝隆、勘定奉行曽根源左衛門吉次、伊丹蔵人勝長等が検討します。

さらに牧野織部、八木勘十郎、伊奈半十郎忠治の三名が実地調査に派遣され、庄右衛門・清右衛門兄弟が案内役となって6日間の調査を行います。

そして承応元(1652)年12月25日、幕府の評定所において、松平伊豆守信綱を玉川上水工事の総奉行に、伊奈半十郎忠治を水道奉行に、庄右衛門・清右衛門兄弟に工事の請負を任じ、工事費として兄弟に6千両を下げ渡しました。

松平伊豆守といえば、三代将軍徳川家光と四代将軍家綱に仕え、「知恵伊豆」と称された人です。知恵伊豆は、知恵出ず(いず)に掛けたあだ名です。
工事の総責任者である水道奉行となった伊奈半十郎は、治水・利水の土木技術「関東流」の始祖である伊奈忠次の嫡子にあたります。

こうして承応2(1653)年4月4日、玉川上水開削工事がスタートします。

羽村から都内にかけては、いまでこそ東京の一大ベットタウンで人口の密集地ですが、当時はこのたりはうっそうとした原野です。農家すらない。
だから相当遠隔地からも、人足達が集められます。

立川市内を流れる玉川上水
立川市内を流れる玉川上水


工事は、その原野を切り開いて行われます。

しかも、羽村の取水口と江戸の標高差は、わずか92メートルしかありません。
そこに水が淀まないように通すためには、100メートルにつき、21cm~22cm高さを下げるといった正確な測量が必要です。
そのため工事は、日が落ちてからも提灯の明かりを頼りに、毎日測量が続けられたといいます。

それでも府中八幡宮下付近で水が淀んでしまい、工事ルートの見直しを余儀なくされ、さらに福生市熊川のあとりでは、水がしみ込んでしまう土(水喰土)層にあたってしまい、ここでもせっかく掘った水道のルート変更が必要になる。

こうした二度におよぶ工事ルートの変更によって、庄右衛門・清右衛門兄弟は、幕府から下賜された工事費の6千両を、高井戸付近で使い果たしてしまう。

庄右衛門・清右衛門兄弟は工事資金の追加を申し出るのだけれど、幕府からのお達しは「工事が完成し、通水に成功するまで自らの費用で掘削するように」という厳しいものです。

やむなく兄弟は、自己資金二千両と、所有の家屋敷3ヵ所を売り払った千両で、虎ノ門までの掘削を続ける。

いまのお金でいったら、1億8000万円の自腹です。
ここにも江戸日本の心意気が見え隠れする。
たとえ工事資金が底をついたとしても、やると決めたことはやる。
なぜならそれが人の道だからです。

平成にはいってから、日本の高度成長が停まり、多くの建設業者が倒産しました。
けれど日本国内には、建設途中で放置された物件というのは、めったに見ることがありません。

昨今のChinaなどを旅行してみるとわかるのですが、工事途中で放置された現場が、そこここで目につきます。
ところが日本では、そうした現場は、まず見かけません。

もちろん工事には保証会社がついているということもありますが、多くの工事現場では、施主や請負建設業者が倒産しても、現場の人夫さんたちは、もうお金がもらえないとわかっていても、請け負った仕事は最後まできちんとやって現場を後にしています。
ゼニカネの問題じゃない。
やると決めたことはやる。
それが古くからの日本の流儀です。

一方、幕府の公金支出は、いろいろな関係部署の了解のもとに行われています。
工事途中で資金がなくなったからといって、迂闊に工事金など出てきません。
昨今では、これも、工事途中での追い金として、普通に供出されたりするようですが、江戸日本の思考では、6千両なら6千両とお上と約束して出されたお金です。

足りないから出してくれとは、お上との約束を守らなかったことになる。
約束は守るのが人の道です。
だからこそ庄右衛門・清右衛門兄弟は、自腹を切って工事を遂行しています。

こうして玉川上水は、約半年で羽村~四谷大木戸間を開通し、承応2(1653)年11月には、ついに全路が開通し、翌承応3(1654)年6月から、晴れて江戸市中への通水が開始されます。

そして庄右衛門・清右衛門兄弟は、玉川姓を名乗ることを許され、永代玉川水元役を命じられます。
晴れて二人は、武士になったわけです。

ところで水元役というのは、水を利用する武家や町人から水上修復料銀(水道使用料)を取り立て、上水の保守管理を行うというお役目です。
兄弟は、幕府より年200石の扶持米(給料)をいただくけれど、その扶持米の中から、玉川上水全域の保守管理と、水道料金の取り立て費用を全部捻出しなければなりません。

200石というと、いまのお金で1200万円くらいですが、取り立てた水道料金は、全部幕府の収入となるので、兄弟は、あくまで200石の扶持の中から、必要なすべての経費をねん出しなければなりません。

こうした状態が、約4年続くのですが、もとより工事竣工のために、私財を使い果たしています。
しかも、4年間も赤字続きです。
これではどうにもならないと、兄弟は、取り立てた費用の一部を、経費として兄弟の取り分としてもらえるよう、幕府にはたらきかけます。

そして、万治2(1659)年、幕府から玉川兄弟に、徴収した水道使用料を、彼らの経費(収入)として良いとの許可が降ります。

この水道使用料収入が、年400両ほどで、経費はおおむねその半分以下です。
ようやく兄弟は、工事期間中の赤字を補てんできるようになる。

それから3年ほど経った寛文年間(1661~1673)になると、町奉行に渡辺大隅守が就任します。
その渡辺大隅守のもとに、玉川兄弟が取り立てている修繕料料の半分の額で水元役を勤めたいという者が現れます。

大隅守は、願い出てきたその者に水元役を立てる意向でしたが、兄弟がこのままお役目を続行したいと願い出たため、当分の間はこれまでの3分の2の修復料で勤めるよう言い渡しました。

これは幕府の上層部に水元役交替の通達をすでにしてしまっていたための暫定対策でしたが、そのうち渡辺大隅守が町奉行を辞任したため、3分の2の修復料はそのまま据え置かれてしまう。

玉川兄弟の収入は、こうして確保できたわけですが、二人はその後もつましい生活を続け、上水の維持管理に誠実を尽くします。

そして、玉川上水が完成して90年が経った元文4(1739)年の、三代目玉川庄右衛門と二代目玉川清右衛門の頃のことです。

玉川家に、おかしな噂がたちはじめます。
武家や町人から賄賂を受け取り、賄賂の額によって分水の加減を調整しているというのです。

訴えを受けて町奉行が調査したところ、兄の庄右衛門が諸大名宅に出入りして付け届けをしていた事実はあったものの、賄賂を要求したという事実はないことが判明します。
けれど肝心の水元役としての義務に怠慢であったことが露見してしまう。

内容は、
(1)兄弟の生活が分をわきまえていない贅沢なものである。
(2)羽村堰や水門の修復工事はおろか定期的な見回りさえも怠っている。
(3)川をさらうために必要な道具類の管理がされていない。
(4)出水時に人手を出すことを渋り、河川の水底に堆積した砂利や砂の回収・除去がはかどっていない。
というものです。

これらが原因で江戸への給水が不足する事態が生じ、この点では職務怠慢の責任は免れません。

奉行所の裁定は、兄の庄右衛門は江戸所払い(江戸から追放)、弟の清右衛門にも、相応の処分が与えられ、両家の永代水元役の職も解かれてしまいます。

私費を投じての大事業の成功は、当時の江戸町民の間でも、美談として大いに脚光を浴び、一時は英雄ともてはやされた玉川兄弟なのだけれど、末孫の代になって、慢心と贅沢の病に取りつかれ、職をおろそかにしてしまっていたわけです。

後の玉川家が水元役を罷免されたにせよ、初代の玉川兄弟の功績がゆらぐというものではありません。

東京羽村には、玉川兄弟の像が建てられ、また二人の菩提寺である台東区の聖徳寺にある兄弟の墓碑には、明治政府から追贈られた「従五位」の文字が刻まれています。

最後になりますが、上水のお話がでたついでに、日本の川について、すこし述べておきたいと思います。

日本では、ひとむかし前までは、相当大きな川から、小さな小川まで、上流から河口付近まで、どこも清く、美しい川でした。
東京の墨田川や神田川など、いまでこそまるでドブ川ですが、ここも戦前までは、夏は子供が泳げるくらいきれいな川だった。

これは、そもそも日本の川が、急峻な山岳に発する急流で、平野部でもかなりの速度で流れていることによります。
実際、一級河川となっている大きな川の河口付近でも、川の水が流れていることが、目で見てちゃんとわかる。

私たち日本人からすれば、このことは、ごくあたりまえのことにすぎないのだけれど、それがあたりまえの光景なのは、実は日本の特徴でもあります。

たとえば、お隣の韓国にある洛東江は、上流・下流の高低差が少ないため、川の水はまったく流れているようにみえません。
中国の揚子江も同様で、川というより、まるで湖です。
ヨーロッパでも、河川の水は、たいてい鏡のように動かない。
水は、淀めば汚れます。
ですから世界の川の多くは、黒や茶色に濁っている。

日本の川が、綺麗な水を流したのは、まさに山あり谷あり、河川ありという、日本の地形的な特質によっているものです。
そうした川は、実は世界的にみると、決して多くはない。
 
玉川兄弟の築いた玉川上水について、江戸に引き込んだ水は、地中の石樋に流すと、上で書きましたが、これも高低差の少ない玉川上水の水を、最後に地中に深く潜らせることで高低差を付けて、水の勢いを増す工夫とみることができます。

日本人は、流れる水をとっても大切にしてきた。
このことを、戦後の私たちは、もういちど考え直してみるべきときがきているように思います。

◆参照
国土交通省関東整備局「多摩川の名脇役」

◆関連記事
≪日本の水を守ろう≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-958.html
≪江戸の水道井戸≫
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1233.html

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

Spring玉川上水

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

春風

ありがとうございました。
玉川兄弟のご紹介ありがとうございました。

日本の水の恵みにも改めて感謝です。
守って後世に伝えてゆかねばなりませんね。

ジャギ様

理合いを理解していた人々
 江戸のベストセラーは小説でも暴露本でもなく、和算の戯解説本だったそうです。
 ピラミッドの造営もそうですが、グランドデザインを描いた人の完成図を、末端の人間も理解して各持ち場の測量と施工を手抜きをせず成し遂げなくては、土木機械もない当時の状況では「大事業」は無理だったと思われます。

 開墾当時の江戸は「険阻な土地」「風土病」「災害多発地帯」という三拍子揃った「極地」でした。
 勿論ここに入植した人々は、生粋の「関東人」ではなく、戦争難民、相続権の無い庶子、大陸からの流れ者、失業した土建屋たちでした。
 全てを投げ打って既得権の無い土地で、生業を興す彼らも1~2年以内に、確固たる居場所を確立しなければのたれ死ぬ運命でした。
 失敗の許されない生活は、多くの理合い習得させ、人を結び、言葉をつないできたのでしょう。

 此度の震災は、はからずとも日本国内に「極地」を生み出してしまいました。日本の海浜地帯は津波により不動産価値はおろか生命・財産も守れない土地であること、46か所の原発は戦争はおろか災害にも耐えられないことを全国民に露呈しました。
 私たちも江戸人の気概を持って、新しい理合いを学び団結してこの国難に立ち向かわなければなりません。

KEN

大至急拡散!抗議文送信のお願い!
5月2日の建設通信新聞、また浜田和幸参議院議員のブログにおきまして、東京都港区の国家公務員共済組合連合会所有の5677平方メートルの土地が、外務省のお膳立てにより一般競争入札で、中国大使館が60億円強で落札した旨を知り、大変驚きました。

そこで、【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、
★緊急★文例:「東京都内の一等地を中国大使館へ売却したことへの抗議文」 *利用、改変可*
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-264.html

抗議文を送信中です。

東京のど真ん中に中国の治外法権の領土ができてしまいます。軍事基地をも作ることができます。

また、尖閣諸島に関しても、中国は日本人の所有者に対して40億円ほどで売ってほしいと打診してきました。
所有者が断ったことは言うまでもありません。
尖閣諸島周辺の海底には600兆円近い海底資源が眠っているといわれます。
それを見越して、40億円で買いたたこうとするのが中国式交渉術。

5/11の 国会大包囲!の時に、このことを訴えてください!

大至急、拡散と抗議文を送信して頂きますよう、
伏してお願い申し上げます。

愛信

ガンバレトウホク号、駆け上る…上げ馬神事
ガンバレトウホク号、駆け上る…上げ馬神事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110505-OYT1T00259.htm?from=navlp

詰めかけた観客から歓声が上がった。
成功したのは、この1頭だけだった。

神のご加護が有ったのでしょうね、武者姿の若者にも馬にも。
詳細は
【被災者応援情報の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht1.cgi

マカロン

偉大なる先人の努力により今 在る
過去の先人様や、英霊様たちの 努力により、今の私達が 在る事を思えば、自然と頭が下がります

ちなみに、今度の日曜は 母の日です

一番 身近な御先祖さまに感謝しましょう

来月は 父の日もあります

私は 職場近くのデパートで、商品を送ってしまいますが、親や祖父母はいつも「(あなたが)元気でいてくれれば、一番ありがたいこと」と言ってくれてました

御先祖さまたちの 深い愛に、感謝です

天皇陛下から始まる 日本人の血が流れている私達は、人を思いやれる「心」と、醜いものを憎む「清廉潔白」さを持ち、「恥」を知って生きる(だから バカな事はしない、出来ない)事が出来る民族だと思います

私は、日本人は素晴らしい と思います

ねずきちさん、UP、ありがとうございます
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク