日本を取り戻せ

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

戦艦長門
戦艦長門


これはどっかで書いておかなければならないことなので、今日書いておきます。

大東亜戦争のあと、日本は戦時賠償金として韓国に有償で3億ドル、無償で2億ドルを支払っています。
ひとくちに計5億ドルというけれど、昭和40(1965)年当時の韓国の国家予算は、3.5億ドルです。
なんと、国家予算の1.4倍の経済援助を得たのです。

そのお金で、韓国は「漢口の奇跡」と呼ばれる経済発展を遂げた。

これはいまの日本で言ったら、国家予算93兆円の1.4倍、すなわち130兆円の現生をどっかの国からいただくようなものです。

ちなみに1兆円という金額は、これをお読みいただいているあなたが、毎日小遣いとして1年365日、休みなく100万円を使い続けても、遣いきるまでに2740年もかかる、とんでもない金額です。

その130倍のお金をもらう。
アフリカの超貧乏国が、一夜にして世界最先端の経済大国の仲間入りできてしまうほどの大金をもらって、それで経済成長ができたとしても、何の自慢にもならない。
自分の努力が足りないからです。

ついてに言うと、Chinaには、日本は、計3兆円を支払っています。
これも「改革開放30年の奇跡」と呼ばれる経済の大成長を生んでいます。
そして、Chinaが日本を抜いて世界の経済大国になったと自画自賛している今でさえ、日本政府は、まるでバカのようにChinaにお金を払っている。

おかげでChinaは、金が余り、その日本円で、日本の土地や水源地まで買い漁りだした。
とんでもない話です。

韓国の経済成長も、Chinaの経済成長も「奇跡」だなんてとんでもない話です。
働かずに、政治で、日本からカネをふんだくった。
それだけの話です。

ついでにいうと、旧ソ連。
5カ年計画とか、10カ年計画とかの計画経済で、国民はたいして働きもしないのに、インフラが次々と整備され、経済成長を遂げたかのごとく吹聴されていたけれど、終戦後に、ソ連の都市インフラが整備されたのは、シベリアに抑留された日本人の働きと、日本人が満州に築いた建造物やら工業施設を、まるごとソ連に移植しただけのことでしかない。

ただ同然で働き者の日本人を使い、インフラを整備させ、それでソ連では人々は働かなくてもこんなに都市が整備されています!などと吹聴した。
それを真に受けて、ソ連は素晴らしい国などと本気で慕っていた学者や評論家、政治家が日本にいたということ自体、後世から見ればとんだお笑い草です。

終戦当時、日本は皇居まで焼けるほどの焼け野原でした。
都市インフラは崩壊し、経済は総崩れとなり、企業は倒産し、食べるものさえなかった。

そんな時代に、日本は、必死の努力をして立ち上がり、経済の復興を遂げ、世界第2位の経済大国にまで上り詰めています。

なるほど終戦直後の貧しい時代に、アメリカから食糧支援をいただいたり、新幹線をひくときも、予算が足らずに、世界銀行から借款したりもしているけれど、そうして成長できたのは、他の誰でもない、日本人の努力によるものです。

日本の政治は、戦後しばらくの間はGHQによって、その後は、GHQに媚びを売った売国奴たちによって、牛耳られてきました。

それでも日本が昭和後期に高度成長を遂げることができたのは、明確な国家観を持った戦前の教育を受けてきた民間と、優秀な官僚が、愛する家族のために、必死になってこの国を支えてきたに他なりません。

ところが、世が、昭和から平成になると、国家観を持たない戦後世代が社会の中核となっていきます。世代交代です。

その結果がどうなったかというと、日本は「長引く不況」から脱皮できず、日本経済は沈滞化し、何をやっても鳴かず飛ばず。長引く不況は、いまだに出口さえ見えていません。

ボクたちが子供のころは、鉄腕アトムやスーパージェッターに代表されるように、未来は光り輝く時代だった。
けれどいまの子供たちにとって、未来はいったいどういう時代かといえば、不透明で先行きの見えない、古い言葉でいえば「無明」でしかない。

先日、秩父の酒造メーカーを訪ねたときのことです。
その会社は、当代で7代目になる老舗なのだけれど、初代の遺訓が立派な筆字で掲げてありました。

そこには、「陰徳を積み、子々孫々の繁栄を」の文字がありました。

誰も見ていなくたって、しっかりと仕事をする。

酒造メーカーというのは、たいへんな仕事で、新米が収穫されると、それから半年間、杜氏たちは、休みなく毎日働きます。
土日祝祭日はありません。
なぜなら、酒には土日の休日はないからです。
暦が休みだからと、ほったらかしにしたら、酒が全部ダメになってしまう。

だから杜氏たちは、住み込みで、休みなく働きます。
もちろん、1日の中に、休憩時間はふんだんにある。そうでなければ体が持たない。
けれど、午前4時から午後いっぱいまで、働きづめに働く。
そして酒ができると、次の半年間は、コメ作りのために田舎に帰って行きます。

かつて、日本人は働きすぎるから、休日を増やそうと週休二日制が導入されました。
それはそれでいいけれど、肝心の、陰徳を積み、天下国家のために自らを鍛え、律するという肝心の部分が、いまの日本からは失われています。

それでいて、いまだに韓国や中共に、カネを出そうとする。
大バカ者とは、そういう者を言います。

日本を取り戻すということは、日本の心を取り戻し、日本人が日本人としての国家観を取り戻すことでもあろうかと思います。

このたびの大震災では、自衛隊や警察、消防のみなさんは、災害復興のため、まさに世を日に継いで働いて来られた。

私たちは、日本人として、生き方そのものを見直し、同時に国家についての認識も、あらためるべきときにきた、そのように思います。

菅は、原発を停める前に、総理でいることを止めよ!
そう思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

がんばろう、日本。がんばろう、東北


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

12-23

No title
管はクビで当然だが。

韓国に多額のお金を渡したのって
自民党じゃないの?

自民党は 石破さんと西村さんだけでいいよ。

石原(おやじ)のパチンコ屋の明かりの問題については
いつの間にか、消えちゃいました。

自販機の電気のことだけになっちゃいました。

石原!がんばりが足らん

それにしても在日パワーが強すぎるのか
マスゴミの弱腰がひどいのか

せめてココ見てる人ぐらいはパチンコ行かないでよね。

在日を肥らせないこと。

焼肉は自宅で食え。

重荷の店とかは無視(あえて漢字)してよね

あそこのキムチはおいしい、などと言わず
自分で作れ。

簡単なことだ。やつらを肥らせるな!



-

生産年齢人口(15歳 - 64歳)が減り続ける限り、景気が回復しても日本の衰退に歯止めはかからない。

ありがとう

日本の近代史
残念ながら、日本の近代史は、狂った妄想に取りつかれたキ〇ガイが国家をミスリードし、外国勢力に国富を好き放題に巻き上げられながら、国民の生活も滅茶苦茶にして、結局、すべてを失う。そしてまたゼロから再出発して大成功した後、またキチ〇イが・・・・・というパターンの繰り返しです。歴史は繰り返すと言いますが、どうやら我々は、再び、滅びの時を迎えているようです。

某さん

No title
実は日本は戦前にも中国に貢いでおります。
そうして敵に塩を送りまくって寝首をかかれるのです。
 そういう歴史を繰り返して、日本は貢いで馬鹿にされる
のです。


http://ww1.m78.com/topix-2/nishihara.html
【西原借款】
内容は現金供与1億4500万円、武器供与3208万円、合計1億7708万円である。これがいかに巨額であるかは、日清戦争の賠償金が2億3000万円であることからわかる。

内訳は

①臨時軍事費特別会計5000万円余・・・武器供与(3208万円)が中心
②大蔵省預金部(交通銀行借款)2000万円
③興業銀行・朝鮮銀行・台湾銀行1億円・・・電話・鉄道借款

であって、①は参戦借款ともいわれ、じっさいに参戦軍(3個師団/辺防軍)編成に使われた。武器供与とは国有財産である武器を、参戦軍に引き渡したものだが、役所の単年度会計のため、各武器に帳簿価格はなく実態は不明である。

イシコウ

No title
特亜3国は害しか及ぼさないと私は思います。
あと、ロシアも、アメリカはジャイアンだし・・・

今の日本の中枢にいる人のほとんどが自己中で拝金主義の国家観ゼロ?と思う事が多いかな、お国のため=軍国主義とか、勤勉、真面目=没個性とか全員平等、生徒も先生もなんて、意味の判らない日教組教育なんかも、悪です、他人を労わる優しさと、理不尽な事に屈さぬ心を持った侍になりたいものです。

禍福はあざなえる縄の如し

No title
以前一度掲載したのですが、改めて紹介します。

http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html

>韓国の評論家 金満哲の言葉

「同胞韓国人は嘘つきばかりである。
私はそのことが恥かしく、情けない。
「韓国は独力で近代化を成し遂げた」だって?
馬鹿を云うな。韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。馬鹿馬鹿しい。
同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。
ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本に憧れ、日本人になろうとしたのだ。

「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。
誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。

「漢河(ハンガン)の奇蹟」だって!笑わせる。
日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。
これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろう。

「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。
一体、併合前の朝鮮半島のどこに「文化」なるものがあったのか。
併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。
現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。

虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。
このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。

これが恥でなくてなんであろうかー以上引用終わり

戦艦長門、美しいです。背の高い艦橋は戦闘では不利だそうですが構造美とでも言いましょうか。

大和と武蔵が最高機密であったため、多くの国民にとっては戦後まで長門が最大の戦艦であったそうですが、どうなんでしょうね。

uematu tubasa

ねずきちさん頑張ってください!!!!!!
自衛隊によるクーデターが発生してもおかしくない危機的状況に突入しつつありますね。

私も反逆する武士というブログで民主政権打倒のために頑張っていきたいと思います。

まずは健全な国家観と歴史観を取り戻すことから始まると思います。

あ太郎

長門は?
大和・武蔵ができるまでは、日本最大の戦艦は長門と陸奥でした。

長門は大戦を生き抜き、最後は原爆の標的艦として数奇な運命をたどりました。

一有権者

No title
鳩山氏のような人物はもう中国から帰ってこなくても良い。馬鹿+馬鹿=やっぱり馬鹿
全く其の通りです。

危ない

黄砂汚染を忘れるな
(重要)黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs)

現在大陸から飛散する黄砂の季節である。
校外のドライブでは相当視界が悪くなるほどであった。
黄砂には放射性物質が含まれている。
福島原発の水蒸気爆発等による放射性物質の一時的な飛散は、日本国内の地域によっては
チェルノブイリ発の放射性物質が我が国に届いた程度はあったであろう。(しかしその程度だ。)
ところで現在、黄砂の季節である。
すでに現在、国内で福島原発からの被曝よりも、黄砂からの放射線被曝の方が多い地域があるのではないか。
鳩山氏が以下のような情報を知らないことはなかろう。
彼はそれでも確信犯として、チャイナに原発事故で迷惑をかけたと習近平に謝罪したのだろう。
さすが「日本列島は日本人だけのものではない」と言っただけのことはある。
もしかしたら国民を裏切っているという意識のかけらすらなく、
「日本列島は早く日本人のものでなくなった方がよい、日本以外の誰かのものであるべきだ。多分チャイナの。」
と心のどこかで、いつか受けたマインドコントロールによって、密かにそう思っているのではないかと私は疑う。
それよりも更に私が将来に危惧するのは、この鳩山氏の謝罪を言質として、現在自らの核実験による放射能で汚染されまくっている
シナ本土の土壌について、間違いなくそれは日本の福島原発による汚染だと嘘を言わないはずがないと私は思うのである。
鳩山氏の謝罪を正式に誰かが打ち消し、これまでに我が国に降り注いだ黄砂に含まれる放射性物質がどれほどのものか
シナ政府に突きつけておくべきである。
そうしないと、遠からず、シナ共産党と連動した国内左派によって書かれる子供たちの教科書に、
「我が国は、地震と津波によって引き起こされた原発事故によって、世界の人々に放射能をまき散らすという大変な迷惑をかけました。」
とまた一方的な自虐史観を広める教科書が出現する事になる。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク