日本人の一致協力が成功の要 ジョージ・アチソン



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

ジョージ・アチソン
ジョージ・アチソン


ジョージ・アチソン・ジュニア(George Atcheson Jr)という人がいます。
明治29(1896)年、米国コロラドの生まれです。

大正9(1920)年に米、国務省に入り、外交官として主に極東関連の事案を担当し、大東亜戦争終戦まもない昭和20(1945)年9月7日、マッカーサーの政治顧問として、国務省から日本に派遣されてきています。

アチソンは、昭和21(1946)年には、GHQの外交局長、対日理事会議長に就任する。

彼は当時、連合国という軍事政権によって一種の戒厳令がひかれた日本において、連合国が日本を統治する上で必要な、日本人が守るべき最高法規としての「THE CONSTITUTION OF JAPAN」を起草する。

24カ月間の日本勤務を経たアチソンは、公務のために米国へ帰投します。
そしてその途中の昭和22(1947)年8月15日、ハワイ、オアフ島西100キロの地点で、搭乗していた飛行機が墜落し、急逝した。

そのアチソンが、亡くなる少し前に書き残した一文があります。
原文はもちろん英文なのですが、これを上井義雄さんという方が、邦訳されています。

題は、「日本占領22カ月を顧みて」となっています。

この文の前段は、旧大日本帝国憲法時代の日本が、新たに提供された日本国憲法によって、数々のメリットを与えられたのだ、と自画自賛の言葉が並んでいます。

そしてアチソンは、GHQの施した数々の政策により、
~~~~~~~~~~~
敗戦による利益は、損失よりはるかに多いといわない日本人はないであろう。
~~~~~~~~~~~
と述べています。

アチソンの文は、前段から中段まで、GHQ政策が、日本人にいかに利益をもたらすかの自画自賛です。

ところが文の後段になると、すこし「おかしなこと」が書かれています。

引用します。

~~~~~~~~~~~
日本国民が、ドイツ、ポーランド、その他大多数のヨーロッパ大陸国家よりも、多くの食料、衣料、住宅、および光熱を持っていることは、一般には知られていない。

この事実は、もちろん日本現在の経済的窮状を減ずることにはならず、この窮状は、将来、ある期間はつづくであろう。

しかし私は、転換期はすでに到達していると信ずる。

(中略)

道はなお、険しく長いであろう。
成功の要は、すべての日本人・・・今日国民を代表する経済当局者ならびに、工場、銀行、商店、農場など、あらゆる分野に働く人々・・・が一致協力することである。
~~~~~~~~~~~

戦争当時の日本は、なるほど台湾、朝鮮半島を領有し、満州も間接統治していました。
けれど、歴史を振り返れば明らかな通り、台湾、朝鮮、満州へは、当時の帝国政府は、これら三国のインフラ整備のために、巨額の財政出動をしていました。

帝国政府は、外地にいる650万人もの日本の将兵や軍属たちの食料や衣料、住居設備などの一切を、現地徴発でなく、日本の内地から送付で賄っていました。

ものすごく簡略化して図式化するならば、当時の帝国日本は、台湾、朝鮮、満州の面倒をみながら、さらに外地にいる日本人将兵の衣食住をまかなっていた。

これはものすごいことです。

考えてみると、戦後の日本政府は、外地のことを一切考えず、国富をまるごと内地の復興に充てたわけです。

そして最後は、日本は「すべての日本人が一致協力すること」が、日本の成功の要であるとくくっている。

つまり、前段、中段で、GHQのもたらした個人主義や個人の自由をさんざん礼讃しておきながら、最後は、「すべての日本人が一致協力する」という、国本主義であったかつての帝国日本の体制を認める発言をしています。

22カ月間、日本にいて、日本解体を主導してきたアチソンは、結局のところ日本の日本的思考そのものの精神を容認し、それこそが日本の「成功の要」と説いている。

明日、当ブログで、このアチソンの文を全文、掲載します。

ご自分の目でよくご覧になっていただきたいと思います。

戦後日本は、まさにアチソンの文の前段と中段を是として、国家を築いてきました。

けれど日本の復興と成長は、そうした政治体制によってもたらされたものではなく、日本に古くからある精神と、その精神を根本とする民間活力によって、もたらされたものです。

そして日本人が、完全に戦後体制に染まったとき、日本の成長は停滞し、凋落がはじまっています。

いま、日本は、アチソンの文の後段部分、すなわち、「すべての日本人・・・今日国民を代表する経済当局者ならびに、工場、銀行、商店、農場など、あらゆる分野に働く人々・・・が一致協力」する、かつての日本をとりもどすことこそ、災害復興だけでなく、未来にわたる日本の繁栄をもたらすことに、気付くべきときにきた。

そう思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

父よあなたは強かった


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ガエモン

A級戦犯を無罪にしてくれた
この国内法のおかげでA級戦犯は救われました。

感謝すべき憲法でもあるのですよ。

ガエモン

真の国益
在日・シナと比較してたら米国の思うつぼ。

米国は日本が近隣諸国と仲良くなることで国益を失うのですよ。

某さん

自民党・復興案
自民党は復興提言を出しております。

これを参考にすれば、復興会議などは
開かなくても大丈夫でしょう。


こちらが第一提言
http://www.jimin.jp/jimin/info/jyouhou/061.pdf

第二提言
http://www.jimin.jp/jimin/info/jyouhou/066.pdf

愛信

日中韓会談成功へ緊密協力確認 杉山局長、福島事故も議題
日中韓会談成功へ緊密協力確認 杉山局長、福島事故も議題
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110511/kor11051117570000-n1.htm

関連情報
詳しくはこちらをご覧ください⇒新藤義孝公式ウェブサイト
http://www.shindo.gr.jp/2010/11/211.php
新藤義孝「これで承認ができるか!問題だらけの
日韓図書協定」
http://www.youtube.com/watch?v=RWG1wr1mt1I&nofeather=True
(動画)
【国政に対する要請書】を送信しよう。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi
日・韓図書協定(176国会条5)
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscsgk.cgi

5月21日の韓国大統領訪日に合わせて、政府は菅首相が
朝鮮王朝儀軌を直接引き渡す方向で調整に入りました。
参議院で創価学会公明党が賛成に回る見込みで、この
場合には、この協定日・韓図書協定(176国会条5)は可決さ
れて朝鮮王朝儀軌が直接引き渡される結果になります。

日本国民1億2000万人の総力を結集して、反対の声を届
けて協定の成立と関連図書の引渡しを断固阻止しましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

かるひん

No title
あんな意味わからん憲法押し付けといてよく日本人のためにやったなんて自画自賛したね
両議員で2/3とらんといかんから一生枷になるわ

格言

中国・ロシアを日本の敵にさせた米国
GHQが在日特権を考えたことはもう公然の事実ですが、見事に保守の目を在日に向けさせたのですから米国はさすが老獪ですね。

愛信

5.11(木)国会大包囲! 日本復興の第一歩は菅民主党内閣打倒! 国民行動&国民大集会 中継を見ています。
5.11(木)国会大包囲! 日本復興の第一歩は菅民主党内閣打倒! 国民行動&国民大集会 中継を見ています。
http://www.ch-sakura.jp/1428.html
ニコ生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv49105203

平成23年5月11日(木)
13時00分 国会大包囲!国民行動
17時00分 国民大集会

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


マスゴミ報道を疑え

真実を調べれば明白なのだ
狼魔人日記さんが「集団自決、沖縄タイムスのデタラメ記事」と
題して書かれています!
◎集団自決、沖縄タイムスのデタラメ記事  狼魔人日記
2011-05-11 08:38:21
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925
沖縄タイムスは一昨日から二日連続の連載企画「『集団自決』訴訟 検証と課題」と題する「識者」による論文を掲載している。
内容はとるに足らない陳腐なものなのでスルー使用かと思ったが、昨日の俵義文・子どもと教科書全国ネット21事務局長氏の
「国の検定撤回を」と題する文には冒頭から明らかな間違いを堂々と既述し、
一般県民を誤誘導させる恐れがあるので指摘しておく。
俵氏は、冒頭で4月21日の最高裁判断を次のように記している。
<これ(最高裁判断・引用者注)によって、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」が日本軍(皇軍)の強制によるという歴史事実を認めた
2008年10月31日の大阪高裁の控訴審判決が確定した>(沖縄タイムス5月10日)
先ず指摘しておきたいのは、集団自決に軍の強制が有ったかどうかを争う裁判で、集団自決という用語に強制集団死と自分に都合のよいレッテル貼りをしている。
 これは左翼の常套手段なのでここではこれには立ち入らない。 
だが最高裁が確定した大阪高裁で「集団自決が日本軍(皇軍)の強制によるという歴史事実を認めた」という既述は真っ赤な嘘であり、
同判決文の何処を探してもそのような文言はない。
何度も繰り返してきたが被告側は、大阪高裁で軍の命令や強制を証明することはできず、梅澤赤松両隊長の名誉は事実上回復されている。
沖縄2紙が派手な見出しで、あたかも軍命があったかのように印象操作するのはいつもの手法で特に驚かないが、
今回のように識者の写真入の署名入り記事で、このような明らかなでたらめ記事を掲載するというのは沖縄タイムスの劣化が日に日に加速しているのか、
それともは盟友である琉球新報が提訴されたことでよっぽど焦っているのだろうか。
第一審、第二審を通じて、皮肉にも被告側のバイブルとなっていた『鉄の暴風』や『沖縄ノート』の内容がでたらめであることが暴露された。

おばさん

菅内閣は本質的にバカです。
菅や民主党議員はいろんな策略を考え実行しているのでしょうが・・・・・・その策略が上手くいこうと、そうでなかろうと、本質的にバカなのです。争いごとのない平和な日本で暮らす事が出来る幸せを享受しながら、それをありがたい事とも思わないで日本を壊そうとする。人間として最低なバカです。

愛信

当直2士官にきょう判決=漁船側【あたご】の航跡など焦点-イージス艦衝突事故・横浜地裁
当直2士官にきょう判決=漁船側【あたご】の航跡など焦点-イージス艦衝突事故・横浜地裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011051100053

【関連情報】「検索条件」に【あたご】を入力して「投稿/検索」をカッチとね。
【あたご案件】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csatg.cgi

事故当時に反日売国テレビ局・マスコミによる捏造報道、偽装
報道で当時の首相の福田総理が千葉の漁師宅に謝罪に行か
された。他の4艘の漁船は危険を回避しているので、あたごに
衝突した清徳丸は重大な過失を犯している。
操舵室と乗組員が行方不明になっているのは重大な過失が
自動操縦で故意による事実を隠蔽する為である。 
この航跡からも故意による衝突事故であることは明白。

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

谷 豊

No title
★ 菅はバカではない!
 良く「バカ菅」とか「スッカラ菅」とか
 馬鹿にしているようですが、決して
 そうではありません。

 権力にしがみつく能力、感、行動力は
 スゴイ物があります。

 浜岡原発全面停止で、見事に世論を
 ひっくり返してしまいました。

 「油断してはいけない」
 この政権を倒すためには、慎重に、計画的に、
 そして時には「果敢」に行動しなければいけ
 ません。
 油断すると、また、ひっくり返されてしまい
 ます。

優兎

5/21 朝鮮王朝儀軌引き渡し予定
ねずきちさん、おはようございます。
日本を客観的に見ていた人物だからこそ、日本の強さの秘密がより印象的だったのでしょうね。

記事と関係ない話題で失礼ですが、実は「朝鮮王朝儀軌」の引渡しが李大統領が来日する21日に迫っています。

王朝儀軌、韓国大統領来日時に首相が引き渡しへ http://bit.ly/lfiiYW

しかしこれは日本の外交に大きな汚点を残すともいわれている愚挙であり、このまま見過ごすわけにはいかないと感じています。
あと十日ほどしかありませんが、お時間許す方は日本の主権が軽んじられるような愚行が行われないよう反対の声をあげていただきたいのです。

【緊急拡散】 朝鮮王朝儀軌 5/21の李大統領の来日時に菅首相が引き渡す方向で調整 来日前に国会承認予定
抗議先と意見例 詳細など⇒ http://t.co/bkeEJjd 
参考動画⇒http://bit.ly/iMNAFC

お忙しいところ大変お手数ですが、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク