絵具(えのぐ)と戦争



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

絵具と戦争表紙


ひさびさに、夢中になって一気に読了した本があります。

読みやすくて、絵も豊富。
感動的な内容でありながら、文体は非常に冷静で客観的。
一級の資料でもあり、戦前の心が伝わってくる温かみがある。
そしてとても勉強になる。

それが今日、ご紹介する溝口郁夫先生の書かれた「絵具(えのぐ)と戦争-従軍画家たちと戦争画の軌跡-」です。(冒頭の写真)

この本は、先の大東亜戦争時に各前線で書かれた様々な名画を写真入りで紹介し、それに付帯する解説や、当時の画家たちの従軍記の抜粋を並行させながら、先の戦争の全体像まで描いた本です。

ここで紹介されている絵画は、いわゆる戦意高揚のために意図的に書かれたというものではなく、画家が自らの意思で、最前線に行き、自分の自由な視点で書きつづった絵です。

そしてこの本で紹介されている絵画のほとんどすべては、GHQによって没収されている。

なかにはバターンの行軍に関するものもあります。
あの「死の行軍」といわれ、本間軍司令官はその責任を問われて死刑の憂き目に遭っている、行軍です。

この本では、向井潤吉著「比島従軍記 南十星下」を題材に、バターン半島での戦闘状況や行軍時の状況まで、詳しく描いています。
ここにはボクも知らなかった事実が、図、写真、絵画つきで詳しく紹介されている。

この本のあとがきに、中国戦線の従軍にはじまり、フィリピンの場他^んで向井潤吉と行動をともにし、さらにインパールで困難な戦線を踏破して、戦闘を身近に体験し、兵士たちと苦労をともにした火野葦平が、GHQの尋問に答えたときの文章が載っています。

あとがきなので、ちょっと引用してみます。

~~~~~~~~~~~~~~
軍閥は日本国民を駆り立てるためと、侵略戦争をごまかすために、大東亜共栄圏建設というスローガンを掲げていたが、それを君はどう思っていましたか?


私はそれが軍閥のつくりだしたものかどうかは知りません。やはり馬鹿だったのでしょう。
しかし、大東亜共栄圏の建設ということは、正直に申しまして、私の胸にもひとつの灯を転じていたことは疑うことができません。

私は戦争を好みませんし、おたがい同士殺しあう戦争を、どうして人間はするのか、ほんとうに悲しいことに思います。
しかし、戦争がはじまってみると、なんとしても祖国の勝利を願わずにはいられない。

しかしやはり、これが明瞭に侵略戦争で、理不尽きわまりないものであるという自覚があれば、戦う気持ちが鈍ったにちがいありません。

しかし、この戦争は日本が窮地に追い込まれて、やむなくたちあがったものだという自覚がありましたし、アジア民族の解放、団結という理想への戦いでもあるという自覚もあって、私は勇気を出して戦いました。

私たちアジア人種が、白色人種の帝国主義の下に征服されていた歴史は明瞭であります。
その支配下から抜け出て、アジア人はアジア人の国を作り、アジア人同士、手をつながなく名はならぬと、私は信じていました。

言葉が過ぎたらお許し願いますが、アジアの諸国がすべて西洋諸国の領土、ないしは植民地となっていましたことは、私が説明するまでもないことでしょう。

私は、フィリピン、ビルマ、インパール作戦などに参りましたが、そのときいつでも私の心にはフィリピン人やビルマ人、インド人に対する親愛の情があり、フィリピンでは敵はアメリカ、ビルマでは敵はイギリス、米英の征服下からフィリピン人、ビルマ人を解放するのだという気持ちがありました。

それで大東亜共栄圏という思想は、私にとっては空念仏ではありませんでした。
それで私は、現地ではフィリピン人やビルマ人、Chineseなどと努めて仲良くし、アジア人同士のつながりをしっかりとたしかめあいたいと念願しました。

おそらく私がお人好しの馬鹿だったのでしょう。
軍閥の魂胆や野望などを看破する眼力がなく、自己陶酔におちいっていて、墓穴を掘ったのでしょう。

しかし、私は私なりに戦争に協力したことを後悔しません。
敗北したことは残念でありましたが、私の気持ちは、勝敗にかかわらず、いまも変わっておりません。
(火野葦平著「革命前夜」)

~~~~~~~~~~~~~~

この火野葦平氏の文書を読んで思うのは、氏は、自らの戦争体験について、それを軍閥のせい、国のせい、士官のせいなど、人の「せい」にしていない、ということです。

戦争を、自分のこととしてとらえ、自分の意思で協力し、自分の意思で戦い、自らの正義を尽くしたと述べています。

なるほど、アスチンがいうように、戦時中の国家予算は、8割以上が戦争に遣われたのかもしれません。
けれど、当時、ほとんどの日本人は、みんな、勝とう、負けまいと、全力を尽くして戦った。
単に召集令状が来たから、上から命令されたから、誰かに何かを言われたからといった被害者意識じゃありません。
祖国を愛し、アジアを愛し、争いのない平和な社会を築きたい、その一心で戦った。

そんな兵士たちの様子を写真や絵にしたものが、戦後、焚書にあい、焼かれ、捨てられてしまった。

溝口郁夫さんは、それを丁寧に発掘し、今回の出版にいたったものです。

資料としても一級の価値のある本だと思います。

おススメです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

トラ

朝鮮、シナ人は敵です、特に帰化議員!
外国人でも戦争が起きたら国のために任務に当たる。
先の大戦、日本では自ら『国の為に』と立ち上がった大勢の志願兵がいました。
此処までは余り違いはないのですが、途中から日本は『欧米列強からアジアを開放する!』と舵を切ります、悲惨な環境に置かれたアジア人たちの苦悩を目の辺りにして『助けてあげたい』という一途な思いで戦いに挑んだ。

無私は宝の宝庫、だから日本軍は強かった!

戦争が起きたら国の為に兵役に就く、これに対しての観念は世界共通です。しかしながら、他民族が苦しんでいるから、解放の為に日本軍自ら命を懸けて、または日本国民が憤怒し使命を感じる、、、、、となると世界広しと云えども日本、歴史が語る日本人くらいなものでしょう。

高貴な精神の持ち主、日本人は稀有な民族なんですよ!

各国にも必ず何人かはいますが、国の民族単位となると存在していないと言えるでしょう。だから分かり合うことは不可能に近いんだと云うことを認識し肝に銘じないと間違いを犯す基になります。

世界は腹黒く、現代はより複雑怪奇!

何が起きようと怯まずに生きていく覚悟が必要です!!

ネット

No title
それにしてもねずきち氏は悪質なコメントは削除しないし、人間性が腐ってるね。

愛国市民

/(・o・)玉砕の島々
時期 場所 日米戦力 米軍死傷者数 死傷率

43/11/20-11/23 マキン 350vs6500 死傷約250 4%
43/11/21-11/23 タラワ 2600vs35000 死傷約3200 9%
44/01/30-02/06 クウェゼリン 8000vs41000 死傷約2000 5%
44/02/17-02/18 エニウェトク 2800vs10000 死傷約1000 10%

44/06/15-07/09 サイパン 30000vs66000 死傷16600 25%
44/07/21-08/10 グアム 18500vs55000 死傷10000 18%
44/07/24-08/01 テニアン 8500vs54000 死傷1900 3.5%
44/09/15-11/25 ペリリュー 11000vs28500 死傷9800 34%
44/09/17-10/19 アンガウル 1400vs21000 死傷2500 12%

アメリカ史の英雄デビー・クロケットの末裔?
テキサス親父氏が来日されていますが、
日本軍将兵の勇戦敢闘ぶりは
実際に戦ったアメリカ軍人が
一番よく知っています。

ネット

No title
一番上のコメントは削除するべきでしょう。

オバン

北海道新聞を愁う
今日の北海道新聞に青木隆直(論説委員)の「隣国との絆 深める機に」が載っていました。「東北大震災には、米国など世界各国・地域からも救助隊や義援金など多くの支援金や協力がよせられた。とりわけ、隣人である韓中両国、台湾からの募金や励ましが目に付いた。」
との書き出しで始まっています。中国が日本の保守層を取り込もうとしている様ですが、最後まで読んで感じた事は、明らかに日本侵略の片棒を担いでいると言うことです。駐札幌韓国総領事が「日本人の韓国人を見る目が変わってきた。一段低く見る視線がなくなってきた。それを韓国人が分かってきた」とのことですが、日本人は意味もなく低く見ていたわけではないのです。自国の利益になるならどんな嘘もつく、その精神構造を軽蔑しているのです。「民主主義、貿易立国、人権感覚、文化・・・多くの面で日韓は似通っている。さまざまな分野で協力、補完関係を築いていく事が双方にとって大きなプラスになる。」・・・・ふざけんじゃねー!!こんな事しか書けないんなら、論説委員辞めちまえ!(品が悪くてすみません)


-

No title
戦争画といえば、GHQに没収された作品の多くが
東京国立近代美術館に無限貸与という形で返還・収蔵されて
いるのですが、あまり公開されていないのですよね。

以前にいくつかの作品を見たことがあるのですが、
当時の第一線の画家が持てる力を全て注ぎ込んでいるだけに、
単なるプロパガンダに終わらず立派な芸術作品に昇華していました。
(特に、藤田嗣治のアッツ島とサイパンの玉砕の絵は、
何度見ても心を動かされます。)

常設で展示するのはスペース的に難しいのでしょうが、
せめて年に1回(終戦の時期くらいとかに)は、展示して
欲しいところです。

岡田克也  肛門に香水を塗る完全主義者  岡田克也 肛門に香

東北の被災者はエイズよりも汚いと認識する岡田克也
東北の被災者はエイズよりも汚いと認識する岡田克也
差別主義者  岡田克也  完全防護で被災者と握手 

東北の被災者よりもエタヒニン在日韓国人の利益が最優先の変態議員 岡田克也

岡田かつやTALK=ABOUT 竹島は韓国領
 岡田かつやTALK=ABOUT 偽装韓国食材知的財産盗用家電大量販売で大儲け イーゥオン
 岡田かつやTALK=ABOUT 強姦殺人の在日韓国人の人権が最優先 異常者 岡田克也
 岡田かつやTALK=ABOUT 韓国人売春婦にリッチな生活を 岡田克也
 岡田かつやTALK=ABOUT 強姦大国のDNA 韓国に憬れる変態岡田家
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク