不思議な入社試験



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

かあさんの歌


以下は、5月16日(月)に、日心会メルマガで配信した記事です。
原稿は、日心会Uさんからいただいたものです。
何かを感じていただけたら幸いです。

~~~~~~~~~~~
題名:
「不思議な入社試験」

本文:
どんな企業でも、お客様への「感謝」というのは当たり前のことのように言われています。
「有難うございます」も、ぶっきらぼうではなく、心が込められていなければなりません。
そのような本当の意味で心から感謝をしている、そんな社員教育が出来ている企業がどれくらいあるでしょうか?

ある会社の社長さんは、自社の社員を見ていて、次のようなことに気づかされたそうです。
「一生懸命に社員教育で規則やノウハウばかり教えているけれども、社員の心が豊かにならないと形だけになる、本当にお客様に喜んでもらえないし、組織は活性化しないのでは・・・。

理屈だけでは人は動かない、“本当の感謝とは何か?”を社員に実体験させてこそ、お客様に心から感謝できる社員が育つのではないか・・・。」

このことに気づいた社長さんは、毎年の入社試験の最後に、学生に次の2つの質問をするようにしたそうです。

まず、学生に向って尋ねます。
「あなたは、お母さんの肩たたきをしたことがありますか?」
この問いに、ほとんどの学生は「はい」と答えるそうです。

次に、
「あなたは、お母さんの足を洗ってあげたことありますか?」
これにはほとんどの学生が「いいえ」と答えるそうです。

「それでは、3日間差し上げますので、その間に、お母さんの足を洗って報告に来てください。それで入社試験は終わりです」

学生達は、「そんなことで入社できるのなら」と、ほくそ笑みながら会社を後にするそうです。

ところが家に帰って、実際にやろうとすると、母親に言い出すことが、なかなかできません。
ある学生は、2日間、母親の後をそわそわとついてまわり、母親から「おまえ、どうしたの、気でも狂ったの、何かおかしいねぇ?」と聞かれてしまいました。

ついに息子は思い切って話します。
「いや、あの~、お母さんの足を洗いたいんだけど」
それに対し母親は言います。
「なんだい?気持ち悪いねぇ。」

こうしてその学生は、ようやく母親を縁側に連れて行き、たらいにお湯を汲み入れました。
そして、お母さんの足を洗おうとして、お母さんの足を持ち上げた瞬間・・・。

母親の足の裏が、あまりにも荒れてひび割れているのを手で感じて絶句します。
その学生ははじめて気がついたのです。そして胸が一杯になりました。
「うちは、お父さんが早いうちに死んでしまって、お母さんが死に物ぐるいで働いて、自分と兄貴を養ってくれた。この荒れた足は、自分達のために働き続けてくれた足なんだ。」

そして思わず小さな声でひとこと言うのが精一杯でした。
「お母さん、長生きしてくれよな」

それまで、息子の「柄にもない親孝行」を冷やかしていた母親は、「ありがとう」と言ったまま黙り込んでしまいました。
息子は足を洗い続けます。
その手の上にポトリ、ポトリと落ちてくるものがありました。母親の涙でした。

学生は、母親の顔を見上げることができなくなって、「お母さん、ありがとう」と言って部屋に引きこもったそうです。

そして翌日、会社に報告に行きました。
「私はこんなに素晴らしい教育を受けたのは初めてです。社長、本当にありがとうございました。」

社長は言いました。
「君は一人で大人になったんじゃない。両親をはじめ、いろいろな人に支えられて大人になったんだ。
これからも、自分一人の力だけで一人前になるのではないんだよ。
私自身も、お客様やスタッフや、いろいろな人達との出会いの中で、一人前の社会人にならせていただいたんだよ。」

(資料)矢島実「涙と感動が幸運を呼ぶ」(ごま書房新社)

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

◆日本の心をつたえる会、メルマガ会員募集中♪◆

登録費用も月々の費用も全部無料です。
手続き簡単。メアドとHNでの申請だけです。
登録解除も簡単です。

メルマガ会員の皆様には、月曜日から金曜日まで、平日の夕方、一日一通のメルマガが配信されます。

 ↓お申込みはコチラ↓
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php


※【携帯で接続の皆様へ】
┗━┛…………………………

日心会ML等に携帯からお申込みや閲覧をご希望の方へのご連絡です。

せっかくお申込みをいただき、当会からお返事をさしあげても、携帯の≪迷惑メールフィルタ≫によって当会からのメールが届かない、というケースが頻発しています。

お手数ですが、日心会メルマガ申込の際、次のドメインが受信が可能になるように、あらかじめご自身で携帯への設定をお願いします。

【ドメイン】
@nippon-kokoro.com

かあさんの歌(My Dear Old Mom's Song)倍賞千恵子


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

たまき

荒らし注意
保守ブログ荒らしに注意してください。

http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html

ゆいにゃん

あわわTwT
勤務途中、電車待ちで目が

つい涙出ちゃいました。
良いお話しありがとうございます!さっそく仕事場の学生さんに話してみます。

(和の心)

KEN

緊急拡散・送信のお願い!松本外務大臣への辞任要求!
お世話になります。

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、
★契約期限間近につき緊急★ 中国大使館への土地売却問題:害務大臣、辞めちゃえば?で、世論を喚起する作戦!
 文例:「外国政府にいくらでも土地を売る、文字通りの『売国奴』松本外務大臣への辞任要求文 *利用・改変可*
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-274.html
を送信しています。

一通でも多く文例を送信して頂いて、一言でも構いませんので、
メール・Faxと電凸をして頂きますよう、
伏してお願い申し上げます。

Takeshi

本当の感謝とはを考えさせられました。
このお話、大変染み入るものがありました。
お母様が苦労をしながらも、そんなことは子供の為だぁ。と思って、
やっているにもかかわらず、子供は露ともそんな苦労を知らずに育つ。
そして、この入社試験。これは、本当に親の苦労をわからせる為に、
必要であり、また充分過ぎるぐらい、親への感謝への気持ちを募らせる
ことの出来る。とても心温まる、いいお話でした。
私なんかは、足何てと自分の足でさえ綺麗にしておかないと気が済まな
いのですが、子供に洗ってもらうというのは、私には子供も居ないし、
まだ親心というのも芽生えていないので、とても計り知れませんが、
この入社試験によって、何人の本物の感謝というのを知ったのか?
それを知りたくなりました。感動しました。ありがとうございます。

愛信

平田オリザ参与、汚染水放出は「米政府の要請」 政府否定
平田オリザ参与、汚染水放出は「米政府の要請」 政府否定
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110518/plc11051813100009-n1.htm

反日売国韓内閣の参与に捏造革命劇の筋書きを考
える劇作家が居た。 年越し派遣村の筋書き、東北
地方太平洋沖地震の担当政務官辻元清美、救援隊
ボランティア室長湯浅誠など演技、福島原発1号炉の
視察や放射線汚染水の海洋投棄及びイカサマ災害
復興劇の計画停電や計画避難の演出を行っていた
のだろう。 情報データの隠蔽も彼の指示なのかも知
れない。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信

燃料電池二輪車の実験開始 日本初、北九州市でスズキ
燃料電池二輪車の実験開始 日本初、北九州市でスズキ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011051701000915.html

新日鉄では廃ガスの有効利用、水素(H2)は余った電力で水
を電気分解して製造できるので、ただで尽きる事の無いエネ
ルギーを手に入れた、この燃料電池の技術革新は人類史上
に刻まれる偉大な業績である。

【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ke-go

No title
久しぶりに泣きそうになりました。
もちろん堪えましたが。
母親ネタは、ずしんときますね。

farr

No title
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://saiyamono.blog.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク