江原啓之さんのスピリチュアメッセージもよいけれど、やっぱ自分の人生、努力も必要では?(笑)



職場が大混乱!「スピリチュアルにすがる女」「胡散臭がる男」
(lovedoorニュース)


テレビ朝日の「オーラの泉」からブームに火がついたスピリチュアリズム。

ブームの中心となっているのが江原啓之氏。彼に傾倒する女性は非常に多く、「エハラー」などとも呼ばれているのだそうです。

だけど、記事にあるような、

思いつめた表情の女性部下から「この仕事は私の天職ではありません。辞めたいんです」と言われた中田堅司課長さんと、部下の女性との会話・・・

「だって、まだ中途入社してから1年経っていないよ。少なくとも4、5年は頑張らないと、仕事は身につかないんじゃないか? だいたい天職に就ける人間なんて、そういるもんじゃない。みんな与えられた場で頑張っているうちに、少しずつプロになっていくんだ」

「天職は誰にでもあります。魂を喜ばせるためにする仕事が『天職』なんですよ。生きる糧を得るための仕事は『適職』にすぎません。私はこれまで4回、転職しましたが、結局天職に出会うことはできなかった。きっとどこかにあるはずなんです」

(*-゛-)ウーン・・
これはちょっといただけないかも^^;

非科学的っていわれるかもなのですが、「前世」「霊」「オーラ」の存在は、ボクも“ある”って思ってます^^b

実際、ごく稀に「前世」の記憶を持って生まれてくる人もいるっていうし、

もし、前世があるなら、「霊」の存在もあったっておかしくはない。

「オーラ」は、どうやるのかまでは知りませんが、最近は写真でも撮れるのだそうで(オーラジャパン)、以前、たまたま近所の住宅展示場に、その会社の人が来てて、写真をとってもらったこともあります^^;

そういうものが「ない」と決めつけるよりも、「あるかもしれない」って思う方が、なんだか楽しいって思うんです^^

ただ同時に、前世やオーラや、守護霊で、自分の人生がすべて決まるとしたなら、いったい何のために生きてるの??ってことになるのではないかとも思います。

「魂を喜ばせるためにする仕事が『天職』。生きる糧を得るための仕事は『適職』にすぎない」
というけど、魂の喜びにしたって、なにをもって「喜ぶ」かは、魂の程度にもよると思うのです。

自分の魂を磨くのは、自分しかできない。

より高次の魂となるには、たぶん、現実の生活の中で、自分なりに努力するしかないんじゃないかとも思います。

だって、誰の人生でもない。自分の人生なのですから・・・^^

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

マイナス思考の友人について


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

神倉宙さんコメントありがとうございます。
「幼稚園や保育園時代に先生や親から学ぶ様な当たり前のことを出来る範囲で頑張ること」
ボクもそこしかないのかなぁ~って思っています^^b

神倉宙

私も生きていく目的の基本は魂を磨くことだと思っていますが、それは基本であって全てだとは思っていません(^_^)
また、天職につくことが魂を磨くことになるとも思っていません♪
天職につくというのは、社会に対してその人が一番いい形で貢献できる仕事だと思っていますし、天職は探しまわるものではなく、魂を磨く努力をしていれば自然と向こうからやってくるものだと思っています。
そして、その魂を磨くとはとても当たり前のこと、人に親切にする、意地悪をしない、人を騙さない、欲に溺れない、弱気者を助けるなどなど、こういった幼稚園や保育園時代に先生や親から学ぶ様な当たり前のことを出来る範囲で頑張ることであって、修行に行ったり、その手のセミナーに通ったりしなくても日常生活の中で出来ることだと思っています。
ということで、応援ポチしていきますね♪

ねずきち

yuhitaさん、コメントありがとうございます。
ですよね~~
江原さん、そんなこと言いそうにない^^

mentanpinさん、コメントありがとうございます。
自分に嘘つかないように努力することって、だいじですよね~~^^

もじゃもじゃのっぽさん、コメントありがとうございます。
自我と魂の同一性、うまい言い方ですね~~^^ 賛成です^^v

玉さぶさんコメントありがとうございます。
こちらからも、またうかがいまぁす^^

moharizaさんコメントありがとうございます。
「江原啓之さんの云っていることは、過激でなく、人を喜ばすことを云っていると思いますが、私は、「前世やオーラや、守護霊」を云う人間の言説は信用しないことにしています。 」
同感です。
そういう目に見えないものを利用して、カネ儲けをたくらむアンポンタンも世の中には数多くいるわけで、そんなのにだまされたらたいへん><;;
てか、むしろ人を信じやすい素直なタイプの人が、そうしたアンポンタンに騙されちゃうような気がします。そういうのって、許せないなぁ

mohariza

自らの道は、他に頼らず、自ら、切り開くべき
江原啓之さんの云っていることは、過激でなく、人を喜ばすことを云っていると思いますが、私は、「前世やオーラや、守護霊」を云う人間の言説は信用しないことにしています。

ねずきちさんの云われるように、「自分の人生がすべて決まるとしたなら、いったい何のために生きてるの??」と思うからです。

人間は、自らの道は、他に頼らず、自ら、切り開くべきと思います。

とは、云っても、人間、不安になることはあり、全て、自分で処置できる訳で無く、
「人の忠告」、「励まし」には、率直に耳を傾ける必要はあると思いますが…。

哲学的(?)な見地での「前世やオーラや、守護霊」は、全面否定している訳ではありませんが…、
あまりにも、それに頼りきり、ある人の言葉によって、その人の人生を左右されることは、あってはならないと思います。

玉さぶ

応援きましたぁ
ねずきちさんこんばんわぁ。
玉さぶです。応援しにきましましたぁ。
ぽちっ♪

もじゃもじゃのっぽ

こんちわ^^
その女性の理屈は、魂が喜べば私も嬉しい、という事なんでしょうかね?
どうして自我と魂の同一性に気づかないんでしょうw
魂の喜怒哀楽が自分の判断(感想)なら別に切り分ける事無いと思うのですがね。
でも、自分の気持ちを魂の主張と置き換えて説明すれば結構言いたい事言えるかもしれませんね。
あ、霊と宇宙人と前世は信じていますw

mentanpin

賛同です
 オーラは私も信じますが、それに全てを委ねる生き方には疑問を感じます。自分に嘘つかないように努力することが大事ですね。ねずきちさんの記事はいつも読んで共感します。

yuhita

すごいですね。
こんにちは^^

「オーラ」を好きで見てますが、そういう事を上司に言っちゃえるってスゴイ。江原さん擁護ってわけじゃないですけど、一言も「天職」に就けよなんて言ってないのになぁ。不思議です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク