【拡散希望】是非読んで下さい!被災地で頑張る自衛官達の記事です



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

自衛隊災害救助


「自分は被曝2世」…1人原発へ
「無理はせんけん。させんけん」
★桜林美佐「東日本大震災と自衛隊」
2011.05.12

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110512/dms1105121135001-n1.htm

自衛隊消防隊による原発への放水作業が始まったが、水量は決して満足なものではなかった。そこで3月18日、東京消防庁ハイパーレスキュー隊が投入された。

ところが、準備に手間取り放水ができない。

「消防隊は下がれ!自衛隊が出ろ!」

焦りのあまり政府の対策本部から怒号が飛ぶ。しかし、防衛省幹部は、今、彼らを下げて自衛隊が代わることによる効果や、かかる時間を考慮すると、即断は慎むべきと考えた。

それに、せっかく来てくれた彼らの誇りを傷つけることは避けたい。決断は現場に預けるように懇願した。

じりじりと1時間が過ぎたその時だった。ハイパーレスキューの消防車から水が噴き出した。

「やった!」

自衛隊とハイパーレスキュー隊員は、涙ながらに固い握手を交わした。

彼らが去った後も、自衛隊消防隊の活動は続き、むしろ、厳しい要請が向けられるようになった。

午前の放水を終え、原発から20キロ離れたJヴィレッジに、やっと戻ったとき、再度出動を求められたことがあった。

放水にあたる一連の作業は手間がかかる。まず消防車にタングステンシートを張り詰めるなどの準備を行い、Jヴィレッジから原発までは、地震による悪路のため1時間かかる。

2時間の放水をし、戻ってから全員が放射線量の計測をする全行程で、約8時間は見込まなければならない。その頃には皆、疲労困憊していた。

「まだ、線量も計ってないのに、行けねーよ!」

若い隊員は思わず叫び、周囲の者も騒ぎ始めた。

その時、その場の指揮官が立ち上がったと思うと、防護服を着込んで出ていった。1人原発に向かったのだ。

自ら4号機の前で線量を計り、安全を確認した後に帰ってきたトップの姿を見て、もう誰にも迷いはなかった。

「オレたちも行こう」

自ら示した命懸けの姿に納得したのだ。

「指揮官は男らしいな、きっと九州男児だな」

海自隊員が何気なく言った言葉に、1人の陸自隊員はハッとした。かつて、「自分は長崎出身の被曝2世だ」と教えてくれたことを思い出したのだ。誰より放射能の恐ろしさを知っているはずだ。

そんな思いが伝わったのだろうか、指揮官は独り言のように言った。

「大丈夫だ。無理はせんけん。させんけん」

数日前まで名前も知らなかった隊員たちが、心を一つにした瞬間だった。



■さくらばやし・みさ1970年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作後、ジャーナリストに。防衛・安全保障問題を取材・執筆。震災後、防衛省に加え、被災地を何度も取材した。著書に「海をひらく-知られざる掃海部隊」「誰も語らなかった防衛産業」(並木書房)、「終わらないラブレター-祖父母たちが語る『もうひとつの戦争体験』」(PHP研究所)など。

~~~~~~~~~~~~~~~~

原発所長は涙ポロポロ…自衛隊幹部「最後は我々が必ず」
2011.05.16
★桜林美佐「東日本大震災と自衛隊」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110516/dms1105161141000-n1.htm

福島第1原発対処をめぐって、陸上自衛隊隊員の間では、ちょっとしたモメ事が起きた。

「ダメです班長!」

通常、消防車は3人で乗り込むが、いざ突っ込むことになったとき、被曝量を最小限にするために2人で突入することになったのだ。

「オレが行く」という班長に、あとの若い2人が語気を強めて言った。

「独身者の自分たちが行きます。何かあったら奥さんに合わせる顔がありません!」

新婚の班長に対し、初めて意見具申した。

「独身は将来があるんだから行くな」

そう家族持ちが言えば、「家族持ちこそ、守るべき人がいるんだから行っちゃいけない」と反論する。そんなやり取りが繰り返された。

そのうちに、「もう希望をとるのはやめてください。『行け』と言ってください」と多くの隊員が言い出した。

海上自衛隊では「年寄りが行こう。若い連中は未来がある」と、40歳過ぎが集合した。

実は、1991年の4月、海自の掃海部隊がペルシャ湾に派遣され、これが自衛隊初の海外での活動となったが、その際、危険な機雷の見張り任務を進んで請け負ったのは、当時40代以上のベテランたちだった。「年寄りに任せろ」は、その時のセリフだ。

あれから20年、当時の「若い連中」が自称「年寄り」になった今、歴史は繰り返されている。

しかし、海自らしく、洋上での出来事ならともかく、まさか原発に突っ込んでいくことになるとは、想像だにしなかっただろうが…。

震災3日後に爆発事故が起きたことは、確かにショックだった。しかし、その後、自衛隊幹部は、現場責任者である東京電力の所長を訪ねている。

「『安全です』と言いながら事故を起こしてしまった」と、所長は深々と頭を下げたが、投げかけられた言葉に耳を疑った。

「大丈夫です。もう隊長も復帰しました。最後はわれわれが必ず助けます」

責められ、罵倒される覚悟だった所長の目からぽろぽろと涙がこぼれた。

支え合わなければ、この国難を乗り越えることはできない。街から灯りが消えたが、東電関係者の心の内も暗闇に違いない。そんな中では「人の真心」だけが唯一の灯だ。批判されながらも、命令一下、現場で汗を流してきた自衛官には、それがよく分かっていた。

自衛隊消防隊などはすでに帰隊している。しかし、今も福島では自衛隊による除染作業など、必死の活動が続いている。

~~~~~~~~~~~~~~~

理屈を超越した「勇気」と「決断」強く優しい戦士たち
★桜林美佐「東日本大震災と自衛隊」
2011.04.18
連載:誰かのために


「もう、やめた方がいいですよ」

陸自隊員がひたすら水中捜索をするところに通りかかった警察官が、傍にいた防衛省職員に声をかけた。

水死したご遺体は、しばらく水面に浮かんだ後すぐに沈み、1週間ほどたつと炭酸ガスがたまって再浮上するが、やがてまた沈む。その後は浮かんでくることがない。
すでに、その時期になっていたことから、見かねた警察官が忠告したのだ。

中隊長にそのことを告げると、
「分かっているんです。
分かってはいるんですが、どうしてもやめられないんです。
合理的でないと言われれば反論はできません。
でも、どうしても…。私の判断は間違っているんでしょうか?」と言う。

効果の上がらない作業に従事させることが是か非か。長い沈黙の後、

「そのまま作業を続けてください」と答えた。

ある学校を通りかかった小隊が、先生から、「どうしても金庫に閉まった成績表を引き上げたいんです」と頼まれた。
子供が行方不明のままの親御さんに、せめてもの形見にしてあげたいという。

泥沼の中から金庫を取り出すのは至難の業だったが、小隊全員でなんとか地上へ。
そこに視察中の上官が通りかかった。
小隊長が慌てて、
「すみませんでした。今後は捜索に集中しますので、今回だけは見逃してください」と懇願したところ、「素晴らしいことだ」と逆に褒められたという。

厳密に言えば「非効率」「ルール違反」なのだろう。
しかし、人の大事にする物を自分も大事にする心は理屈を超越する。
それを決断し、また、見逃す勇気が彼らにはある。

無理だと誰もが思っても、むなしい時間だと知っていても、人々は毎日、同じ場所に来て行方不明の家族を探す。
その側で懸命に活動する自衛官の姿が、どんなに支えになっているだろうか。

「俺、自衛隊に入る」

ポツリと小学生が言った。なぜ?と聞くと、次のようなことだった。

津波にのまれた父親が帰って来るのではないかと毎日、ずっと海を見つめていたところ、若い自衛官に声を掛けられた。理由を話すと、その自衛官は何も言わずに肩に手を置いて、しばらくの間、一緒に海を見てくれたのだという。

震災の悲しみを乗り越えたとき、彼らの姿はもう被災地にはないかもしれない。
しかし、強く優しい戦士たちの物語は日本人の心に刻まれるだろう。

震災から1カ月。この春もまた、自衛隊の新隊員教育が始まった。
~~~~~~~~~~~~~~~~

引用以上

いくら過酷な訓練をしているとは言っても、自衛官の皆さんも同じ人間です。

肉体的にも精神的にも辛い作業をする自衛官の皆さんの、苦悩、困難は如何ばかりかと思いますが、責任感、使命感、優しさ、謙虚さでそれらを表に出さず、黙々となすべき事をされる隊員の皆さんは、私たちの誇りであり、ヒーローです。

ありがたくって、感謝せずにはいられません。
全ての記事を、目をうるうるしながら読みました。

宰相不幸社会(最小不幸社会ではありません)の今の日本に、こんなに素晴らしい自衛隊がいてくれたことが救いです。


他の記事は↓こちらから見られます。

誰かのために
http://www.zakzak.co.jp/society/rensai/society-r15491.htm

記事一覧
原発所長は涙ポロポロ…自衛隊幹部「最後は我々が必ず」5.16
無口なる勇士の活動、世に知られない「努力や功績」5.13
「自分は被曝2世」…1人原発へ「無理はせんけん。させんけん」5.12
「何で、父ちゃんなの?」任務恨まず、士気は旺盛5.11
福島の熾烈な戦い「隊長が最初に突っ込んだんだ、オレたちも」5.10
自衛隊員に迫る桜林美佐さん連載「誰かのために」第2部スタート5.6
何ができるかのか…“繊細”な分析は厳しい訓練の賜物5.6
理屈を超越した「勇気」と「決断」強く優しい戦士たち4.18
募る自責の念「もっとキツいことを」「もっとやらねば」4.15
代わりのいない重圧“涙”の全力陰のヒーロー「業務隊」4.14
奮闘する女性自衛官「ひと時でも心和んでもらうこと」4.13
「諦めるな!1人でも多く救い出そう」4.12
想定外の要望でも「何とか」後方支援部隊の奔走4.11
「試練は乗り越えるためにある」復旧作業する隊員たち4.8
部屋は他部隊に譲り、食料は住民に滑走路使えず「できる…4.7
復興へ…全員の心が一つになった「滑走路を1日でも早く」4.6
「危ない!引き返せ」サイレンにかき消される声4.5
「これは訓練ではない」4.4
ハートを届けることも任務4.1
車両の裏に隠れて食事3.31
子供たちの前で涙見せられぬ寒さと恐怖と不安3.30
自分の事を後に回し「ありがとう」しか出てこない3.30

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すべて隊員さんの熱く優しい思いが伝わる記事ばかりです。
自衛官の皆さん、本当にありがとう・・・・。


↑以上は、日心会MLでKさんから教えていただいたものを転載させていただきました。

↓クリックを↓
人気ブログランキング

自衛隊・災害救助・東日本大震災 3.11 wmv


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

tuka

一人息子
一人息子が30歳で、陸自隊員です。
現座は愛媛におり年に一度しか帰宅しません。
結婚相手も一般会社に比べれば見つかる可能性は低そうです。

本当に自衛隊には頭が下がります。
自衛隊を違法だとのたまわっている議員や左翼たちには、
早く歳を取って潰れて欲しいものです。。。

ゆーさくパパ

No title
 涙が出ました
良い話ありがとうございました

一直線

被災地情報
現状、復興活動がさちってきています。
まず、瓦礫撤去が全くと言って良いほど進んでません。
自衛隊の方々は本当に素晴らしいと思います。
被災者の方々から、何度も自衛隊の方々の活躍を聞いています。
最近、被災地のCMでは、またパチンコのCMが始まってます。しかし、モラルってもんがないのでしょうか??
呆れて物も言えません。
瓦礫撤去や、仮設住宅設置に、被災者を積極的に雇っていないようです。何でも、例えば宮城なんですが、県内が被災した場合、今回のように、業者も被災すると、工事や作業が進まなくなるからという理由のようです。
瓦礫撤去に、もっと人を、臨時職員を増員し、きちんと日当を払い、少しでも早く復興するような動きは出来ないのでしょうか?地元には、安住やトミコいますが、あいつらは何をやってるのか、全くわかりません。意見を投げても無視満塁。宮城の復興はしばらくかかると思われます。

トラネコ

自衛隊は日本の誇りです!
いやあ、素晴らしいお話です。私も目がウルウルで読ませて頂きました。まだまだ日本人も捨てたもんじゃないです、日本人に生まれてよかったと思います。それにしても沖縄でも自衛隊は災害復旧や、不発弾処理、救急搬送などで活躍していますが、マスゴミはその活躍を報道しないか、しても短い放送やベタ記事です。挙句は石垣島の反戦馬鹿のような、罵詈雑言で自衛隊員をののしるクズがいます。左翼というのは表向きは「反戦平和、人権擁護、民主主義・・・」という美辞麗句の裏側は、非情、冷血で人の心を持たない人種なんですね。

侍ジャパン

No title
 涙が出ます・・・・・

愛信

政府、ハーグ条約加盟を決定 窓口は外務省に
政府、ハーグ条約加盟を決定 窓口は外務省に
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110519/plc11051910250011-n1.htm

【関連情報】
「女性差別撤廃条約議定書批准審議」、国連を使って夫婦別
姓、人権擁護法や外国人参政権等を推進すべく、女子差別
撤廃条約選択議定書を批准させようと、 左派勢力が自民党
に働きかけています。
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj0.cgi

日本人社会の破壊者が次々と打ち出す施策ハーグ条約加盟、
反日売国テレビ局・マスコミは報道を隠蔽・捏造して日本国
民に問題点を知らせない。 1億2000万人の日本国民の
総力を結集して日本のお国柄を破壊するこれらの法案の成
立、批准に断固反対しよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
5月19日13:00~本会議審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40995&live=yes&media_type=wb
(動画)

和田

心を一つにして…
私の長男も現在福島県いわき市近辺にて活動しておりますが自衛隊、警察、消防、市役所、県庁それぞれがお互いを尊重して『異体同心』で復興に向けて頑張って貰いたいです…。
今日も感謝の『応援クリック』!!
あと先日のコメントの訂正になりますが25日開催予定のパチンコ講演会の会場は池袋公会堂ではなく、『豊島公会堂』が正式名称との事でした。(私も足を運びます…)
失礼致しました。

優兎

ありがとう
私には想像もつかないであろう環境の中で活動されている自衛隊の皆さんには、心から敬意を表したいと思います。
本当にありがとう。

皆さんご存知かもしれませんが、陸上自衛隊の応援メッセージ受け付けをしているのでリンクを貼らせていただきます。

防衛省・陸上自衛隊 | 活動中の隊員へのメッセージ受付
メールフォーム・詳細など⇒http://tinyurl.com/4cn8m2l 

海上自衛隊の災害派遣は規模が小さいため、ホームページ上ではメッセージを受け付けていませんが、こちらのメールアドレスが意見受け付け用になっていたので、宛先はこちらで間違いないと思います。
⇒ mso-cadv@inet.msdf.mod.go.jp
海上自衛隊に対するご意見・ご質問について http://bit.ly/jpSQwN

それから記事と関係ない話題ですみませんが、中国大使館の港区土地取得が大きな問題となっていて、23日(必着)まで反対の署名を受け付けています。
お時間ある方はこちらもご協力お願いいたします。

【緊急のお願い】 港区中国大使館問題 土地売却中止を求める署名にご協力ください(5/23必着;25日が契約締結期限)
http://bit.ly/juVN26

久智

日本の誇り 有り難い現代の防人
おはようございます。
どのお話も まさに込み上げるものがあります。
陸上自衛隊の精神を著す言葉に「率先垂範」があった事を思いだしました。 連日の自衛隊の皆様 一人一人の様々なご健勝を心から祈念 感謝する国民の一人として、日ごろの家族 同僚 友人の語らいのなかで、ご紹介頂いたお話を伝えます。
大変 有難うございます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク