大川周明先生「米英東亜侵略史」(2)米国東亜政策変遷



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

米比戦争
米比戦争


昨日に引き続き、今日も大川周明先生の講話です。
当時のラジオ放送でいうと二日目の講義です。

大川周明先生といえば、戦後は右翼だとのレッテルばかりが先行し、まるで鬼畜米英を唱えた尖峰者みたいに言われるけれど、昨日の講義をお読みになられた方は、先生の態度は、決して鬼畜米英などというようなものではなく、ペリー提督にしても、実に立派な人物であったときちんと書いておられる。

その意味で、先生の姿勢は一貫しています。
すなわち、それぞれの国の伝統や文化を重んじ、真摯な態度でそれぞれの国のアイデンティティを冷静に見極めようとされる。

もっといえば、非常に冷静に、右に寄らず左に寄らず、歴史の推移を見ておられる。
ボクからみたら、むしろ大川先生を排斥した戦後日本の方が、言論封殺であり、際立った偏向があったように思えます。

さて、二日目の今日は、なぜ米国は、忽然と東亜に興味を示すようになって行ったのか、です。

=============
「米英東亜侵略史」二日目
~米国の東亜政策の変遷~

さて、19世紀前半のアメリカは、急速に領土を拡張しました。
その拡張は、植民と征服と買収との三つの方法で行われ、アメリカ合衆国の面積は、なんとわずか半世紀の間に、三倍半となっています。

領土が拡張することにより、当然、人口も増加する。
人口もまた、3倍半になっています。

この頃から、米国は東洋貿易への参加に強い関心を持ち始めます。
とりわけ無限の富を内包していると思われた「China市場」は、彼等の大いなる誘惑となっていったのです。

そして大西洋を横ぎってアフリカを回り、ペリーが通った航路と同じルートで彼らはインド洋、China海に向かいました。
その商船は、年々その数を増やしています。

このため当時の米国は、まさに造船業の黄金時代となった。
文久元(1861)年の統計によると、米国商船の総トン数は、554万トン。

ちなみに同時期の英国商船の総トン数が、590万トンです。
そして英米両国を除く世界諸国のが580万トン。

すなわち米国は、この当時、世界の商船の総トン数の3分の1の商船を保有していた。
英国と並ぶ大商船国だったのです。

そんな時期に、米国は、カリフォルニアで金山を発見します。
東部の米国人は言うまでもなく、世界中の人々が米国の太平洋沿岸に殺到して来ます。
おかげで沿岸一帯は、急激に発展します。

そしてChinese労働者で米国に渡航する者がにわかに多くなったのもこの時期であり、米国商品の対China輸出も、次第に盛況になっています。

こうなると従来のように、大西洋、インド洋を経由してChina海に至るのは非効率です。
そこで太平洋を横ぎってChinaに至る、直接航路を開く必要が出てきました。

加えて太平洋は、ニつの意味で米国人の心を惹き付けます。

ひとつは捕鯨です。
18世紀から19世紀にかけて、捕鯨は米国とロシアの、最も重要な産業のひとつでした。
ところが19世紀初頭になると、大西洋の鯨はほとんど捕り尽されてしまったのです。

同時に北太平洋におびただしい数の鯨がいることが知られたので、この方面での捕鯨船の活躍が目覚ましくなりました。

天保13(1842)には、米露両国の間に条約が結ばれて、両国が互いに領海内に入つて鯨を捕っても良いようになります。
このため米国捕鯨船が日本近海に出没するものも多くなり、1840年代には、既に1200隻に及んだといわれています。

当時、どうして彼等がそれほど捕鯨に熱心であったかというと、ロウソクの原料にする油を採るためだったのです。

その頃のヨーロッパは、植民地から搾取した富のおかげで、生活が豪奢となり、各国の宮廷や、貴族富豪は競って長夜の宴を張って、飲み、かつ踊っていたのです。
その宴会揚を、真昼のように明るくするために、数限りなくロウソクを灯した。
そのソウロクの白蝋(はくろう)が、鯨油から取れたのです。

つまり、贅沢が増せば増すほど、鯨がロウソクに化けて、ヨーロッパの金殿玉楼を照らすことになったわけです。

こうした次第で、太平洋に出漁する捕鯨船のために、暴風や難破の際の救難所または避難所が必要になり、米支直接航路のためには、中間の貯炭所、また食料補給所が必要になりました。
で、米国は日本に着目するに至ったのです。

かかる経緯から、米国における日本訪問の機が次第に熟します。
そしてついに、1850年には、米国議会がこの事を決議し、遂にペリーが日本に派遣されるに至ったのです。

このとき、米国政府がペリーに与えた訓示の要旨は、次のようなものでした。

(1)米国船舶が日本近海で難船し、または暴風を避けて日本の港湾に入った場合、日本は米国人の生命財産を保護するよう、永久的な和親条約を結ぶこと。

(2)米国船舶が燃料食糧の補給のために入港し得る港を選定すること、

(3)通商貿易のために二三の港を開かせること。

ペリーは、日米通商の下地を作つて帰国しました。

その後を受けて日米和親条約を締結したのが、ハリスです。

この条約調印のために、井伊大老の首が飛び、明治維新の機運を激成したことは申上げるまでもありません。

けれど私は、当時の談判の経緯を、仔細に書残したハリスの日記から、2~3の重要な箇処を紹介して置きます。

先づ彼は、
~~~~~~~~~~
従来幕府の役人は、日本の主権者たるミカドに対して、ややもすればこれを軽んずる傾向があったけれど、最近では盛んにミカドの絶対権を主張する。
これを見て、大勢が推移したように感じる。

私は従来、将軍が日本の君主と思っていた。
しかし今では、ミカドが名実共に主権者にして、将軍は其の仮装的統治者であるように思われ初めた。
~~~~~~~~~~
と申しています。

これはハリスの談判進行中に、日本国内に俄然として勤皇論が台頭してきたことを示すものです。

また彼は、
~~~~~~~~~~
日本という、この不思議な国の数々の中で、ミカドの如く私の判断を苦しめたものはない。~~~~~~~~~~
と書いています。

このミカドの不思議は、ひとりハリスのみのことでありません。
それは100年後の今日の米国人にとっても、依然として不思議なものです。

けれど、このたびの大東亜戦争における日本の強さの根抵を奥深く探ることによって、あるいは米国人も、はじめてこの不思議を理解するようになるかもしれません。
私は、そうなることを切に祈っています。

ペリーやハリス前の米国は、大統領ビューカナンが、1857年5月、China使節に任命されたイリアム・ピッドに与へた教書に於て、「Chinaには、米国との通商と、米国人の生命財産の保護以外には、いかなる目的をも追求しないとことを銘記せよ」と述べたし、Chinaで起こった長髪賊の乱に対しても、米国は傍観的態度を取っていました。

ペリーが画策した琉球占領計画も、ビューカナン大統領は「つまらない提案」としてしりぞけたし、これと時を同じくして、「台湾を米国の保護領とせよ」という宜教師パルケルの提案も、黙殺しています。

時の国務長官シュウォードは、将来、太平洋が世界政局の中心舞台となることを力強く主張したので、歴史家は好んで「シュウォード時代」または「シュウォード政策」という言葉を用いるけれど、実際には、当時の米国は、積極的活動を太平洋や東洋で、まるで試みてはいません。

これが1850年に至って、一旦は東亜への熱は著しく活発となるのだけれど、その後、1861年に始まる南北戦争以降、1898年のフィリピン占領までの40年聞、米国の東亜熱は、甚だ消極的でした。

この時代というのは、まだ金融資本主義が現れる前の時代で、いまだ帝国主義が確立されていない頃です。
この頃、欧米の東洋政策、わけても対China政策の領域を支配していた産業資本は、Chinaを自国製品の販売市場や原料生産地として、最大限度に利用することを目的としていました。

例えば、1868年、米国政府がロシアからアラスカを買収しましたが、米国民は政府の帝国主義的動向を激しく非難しています。
「国内に未だ耕されていない土地がおびただしくあるのに、何の必要あってかような無駄な買物をするのか。白熊でも飼うつもりか」と怒っています。

またソウル駐在の米国公使が、朝鮮に於ける宣教師と共力してアメリカ勢力をソウルに扶植しようとしたときも、米国政府はこの公使に対して、
「朝鮮の政治に干渉することは貴下の権限外である」とたしなめています。

日清戦争(1894~1895年)のときも、時の国務長官グレシャムは、
「米国は武力を行使し、またはヨーロッパ列強と提携して、この戦争に干渉する意思はもたない。米国は表面は好意的中立を守り、内実は日本にのみ好意を寄せるものである」という訓令を、ソウル駐在公使に与えています。
当時の米国は、日本の膨脹は米国の脅威とならないと考へていたのです。

そして日清戦争は、東亜政治史全体の偉大なる転回点となります。
日本に破れたChinaが、このとき初めてChina政府の無力を全面的に暴露したのです。
そして、ときあたかも。この頃に台頭してきた欧米の帝国主義が、孤立無援のChinaを略奪の対象として、激しく殺到し初めた。

これとともに米国の東洋政策も、俄然その方向を改めます。
シュウォードの太平洋制覇の理想は、只今申上げた通り、約半世紀の間、アメリカの具体的政策とはならなかったのだけれど、彼の理想は一部のアメリカ政治家によつて堅確に継承されて来たのです。

この理想は1880年代から次第に米国内に浸透しはじめてきた帝国主義と相結んで、アメリカの東亜政策も、ようやく積極性を帯びてくるようになったのです。

この新しい帝国主義の、最も勇敢な実行者は、大東亜戦争開戦時の大統領フランクリン・ルーズベルトの伯父である、セオドラ・ルーズベルトです。

米国は、1898年の米西戦争を好機として、フィリピン群島及びグアム島を獲得しました。
この戦争の当初、時の大統領マッキンレーは、
「米国は、フィリピン群島の強制的併合を行うのではない。
予の道徳的規範によれば、かくの如きは犯罪的侵略である」
と声明していたのだけれど、後には「神意」と称してフィリピン統治を米国に委任せよと要求しています。
このとき、一切の献立を行ったのが、とりもなおさず海軍長官であつたルーズベルトです。

米国は、スペインの統治に不満を持つフィリピン独立運動者を煽動し、これを援助してマニラのスペイン守備隊を攻撃させました。
このとき米国は、いろいろな約束を彼等に与えているけれど、彼らを片付けるに足る軍隊が米国本国から到着するに及んで、一切の約束を破り去っています。

要するにフィリピン独立党は、アメリカに欺かれて、その手先となつてスペイン軍と戦い、その後に彼等自身が葬り去られたわけです。

この当時、日本の民間人にはフィリピン独立運動に援助を与えた人々も多く、アメリカの悪堀なる手段を痛憤したのだけれど、日本政府は、
「如何なる国が南太平洋で日本の隣邦となるよりも、米国が隣邦となることを歓迎する」として、米国のフィリピン併合に賛意を表しています。

そして米国は、「イギリスが香港に拠る如く、我らはマニラに拠る」と公言し、フィリピンを根城として東亜問題に関与する実力を養ひはじめ、1899年には、国務長官ジョン・へーの名に於て、Chinaの門戸開放を提唱し、翌1900年には、Chinaの領土保全を提唱しています。

この二つの提唱は、当時の米国の言い分によれば、ある程度まで利他的政策であり、Chinaに同情しChinaを援助せんとする希望から出たものであるというのだけれど、それはあきらかに偽りの標榜です。

第一にへーはこの政策を提唱するにあたって、いささかもChina自身の希望や感情を顧みていません。
China政府は門戸開放に同意するかどうかの問い合わせすら、米国から受けたことがなかったのです。

へーの提唱は、Chinaに対する米国の権利を一方的に主張したもので、要するに、
1 Chinaは米国の同意なくして如何なる国にも独占権を与えてはならない。
2 Chinaは米国の同意なくして如何なる関税率を決めてはならない。
3 Chinaは米国の同意なくして他国と如何なる相互条約を結んではならない、
といふ要求です。

この時点で、ヨーロッパの列強は、米国に先んじてChinaでそれぞれの国の勢力範囲や利益範囲を確立していました。
立ち遅れたアメリカは、Chinaに対する自国の政治的・経済的発展に、すでに欧州列強という障害に直面し、これを上回る権益を得るために、Chinaに門戸開放を求めたのです。

別な言い方をすれば、Chinaが列強によつて分割統治となった揚合、後発の米国は、分け前が少ないことを知っていたので、領地確保とは別な側面からChinaにおける自国の権益を確保するしかなかったわけです。

すでにこの時点で、ロシアや英国は、武力によって領地をChina国内に確保しています。
ことにロシアは、将来も同様の手段を遂行せんとしていた。

米国は、門戸開放と領土保全とを提唱する以外、Chinaに於ける現在及び将来の帝国主義的利益を擁謹するための現実の手段をもたなかったのです。

≪大川周明先生「米英東亜侵略史」(3)≫へ続く

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

共通一次世代さん へ
反捕鯨団体のシーシェパードがハイテクボートを購入したばかりの時、私は購入資金は何処から出ているのか?誰がバックに付いて「捏造の日本人残虐説」を世界に発信させているのか?何の為に?こうする事で誰が得をするのか?などと考えを巡らしたことがあります。

相当な資金を動かせ、日本を貶めなければならない理由、動機があるのは個人ではなく国単位ならば成り立つシナ!『日本を侵略した時に自業自得だと世界中の非難をかわす』為に。

「南京大虐殺」を捏造し世界に宣伝し続けているシナの第二弾ではないかと推測しています。知能がある動物だから愛護団体だからなどの単純な理由でないことは確かでしょう。

イルカ漁の太地町の漁師さんたちは何処まで認識しているなかしら?事が起きた問題の本質を知ることで方向性が見え気苦労も軽減されると思うのですが、世界の動向日本の現状などに詳しくネットを駆使できる若い方のヘルプが必要です。相応しい方が見つかるよう祈ります。

実態を知れば、帰化人議員ら反日の在日を引きずり降ろし、ヤクザ国家にでも対等に物が言える愛国議員たちに票を入れる。に、希望が見出せ自ずと行動も起こすようになるのでは。そうなってほしいです。

愛信

東北6県の夏祭り集結=来月仙台で、観光客誘致狙う
東北6県の夏祭り集結=来月仙台で、観光客誘致狙う
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011052400891&j4

同時多発夏祭りで世界の皆が見守る被災地の意気込を見せ
てもらいたい

【世界の皆が見守る被災地の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht0.cgi

敢えてしないのは?

犬HK必死だな
たかじんのそこまで言って委員会 にケビン・メア緊急出演されました
今なら下記のアドレスでまだ見れます!

来週の『たかじんのそこまで言って委員会』には、sengoku38こと一色正春さんと、
イージス艦衝突事故で無罪となった元あたご航海長も出演されるとのことです。

◎たかじんのそこまで言って委員会 5月22日 動画
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-8739.html
内容:震災「トモダチ作戦」の真相を暴く! ケビン・メア緊急出演、沖縄に迫る不穏! 世界のリーダーはXだ!

出演:やしきたかじん、辛坊治郎、三宅久之、宮崎哲弥、桂ざこば、勝谷誠彦、田嶋陽子、村田晃嗣、森本敏、井上和彦、ケビン・メア

詐欺師とヤクザは笑顔で近づいてくる 中韓首脳の被災地訪問と会談  ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1004.html#sequel

罠にかかったケビン・メア氏、大バッシングの真相  狼魔人日記
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/6413c9402dc79f6a7b522e0492b78930

(・o・) それから犬HKが最近「マトモな番組」を流しているみたいだが

(^_^;)どうせ地デジ化させるための工作だろ?

(T_T) ほとぼり冷めたら反日左翼に戻るよね

共通一次世代

No title
昨日と今日の記事を続けて読んで、世界の歴史は自分達の都合の良いように「難癖」をつけ、正義などない行動に「正義」をこじつけて「正当化」して、今の地位を築いてきた国ばかりであるのだと改めて思います。

そういった、「偽物の正当化」「偽りの正義」に負けた歴史上の人物もまたいるのだと思いました。日本に関係する人物であれば、「日本人の素晴らしさ」を認め、親日家として母国との架け橋になろうとしてもそれをさせようとしない勢力によって潰された人物も数多くいるのだろうと想像します。

最近では、あの、「沖縄はゆすりの名人」と発言したとされる米国務省のメア日本部長もそうだったのだろうと。

昨日の記事のコメントで、「けい」さんも取り上げていらした先日22日に放送されたのNHKスペシャル「クジラと生きる」を、私も偶然見ました。

私は、「ザ・コーヴ」は見ていませんが、しかし、自分が思っていた以上に太地町の漁師さんたちの苦しみは「想像を絶するものである」ことにいまさらながら「驚愕」しました。

現代の「人権侵害」とはこういう実態こそをいうのではないか。
こんなことが許されて良いのだろうか。

シー・シェパードは、太地町の漁師さんたちに、信じられない挑発行為を繰り返す。
堪忍袋の緒が切れた漁師さんたちの怒りをここぞとばかりにカメラに収め、それを動画投稿する。

イルカ漁の「屠殺」を隠し撮りし、これもまた動画投稿し、世界中の批判に晒す。

仕事に出ようとする漁師さんお車の前に立ちはだかり、暴言の数々を浴びせる。

札束を見せながら「10万円をやるからやめろ!」と。

「写されたくないのは、恥ずべき行為と自分でも分かっているんだろう。」
「写されるのが嫌なら、イルカ殺しをやめればいい。」
「伝統や文化だとか言っても、本当は誇りなんてないんだろう。」
「みじめな奴らだ!」
「「負け犬め!」 「殺し屋!」 もっとひどい言葉がありました。
ここに書くだけでも、漁師さんたちに申し訳ない。だけど、多くの人達に知ってもらわなければいけないと思う。

隣の国には犬を食す国がある。文化が違い犬を食べる習慣などない日本では勿論のこと「犬食」など拒否する。でも、隣国に乗り込んでまでやめろとは言わない。

牛、豚、鶏・・。「高等動物でなかれば食べていい」などという「屁理屈」が通るなら、自分が子どもと一緒に昔読んだ「ポルコさまちえばなし」という絵本まである西欧の「豚はきれい好きで賢い」という感覚で「豚」を食べるのはなぜいいのか。牛だって苦しければ叫ぶだろう。

などと、「屁理屈」に懸命に答える気持ちも失せるほどに、太地町で起こっている漁師さんたちに対する現実はあまりにも、それこそ「残酷な言葉と映像の暴力である」と、怒りで一杯になります。

あれが犯罪でなくなんなのか。精神的苦痛の極限も甚だしい。日本の中で「人権侵害ダ!!」と何かと騒ぐどこかの人たちはどうしてこのことに無関心なのか。拉致被害者に対する「冷酷な反応」と全く同じだ・・・。

NHKに対しては、ここ数年、ドキュメンタリー等、何を意図して何を伝えようとしているのか疑心暗鬼になることが多く、昔好きだった「Nスペ」もほとんど見なくなっていました。

NHKの夜9時のニュースのロゴマークを昨日久しぶりに見たら、「9」という数字のマークが、どこぞの会のロゴと全く同じに見えてショックでした。

太地町の漁師さんたちとその家族、太地町の抱える「恐ろしいほどの苦悩」を伝えてくれた今回のNスペを見て、NHKよ、どうか、今回のように「日本の立場に立った番組」を作って欲しいとどれだけ思ったことか・・。

太地町の漁師さんたちを守るためにはもう太地町だけでは難しいところまで来ていると、それ程に深刻であると感じます。
しかし、今は民主党政権。マスコミは今の政権を批判するどころか逆に自民党を批判することで擁護を続ける。朝日は菅政権の続行を支持している。

売国政党は日本人が苦しんでいても動かない。

太地町の漁師さんたちが何度となく発する「我慢するんや」という言葉を今も思い出すと、胸が締め付けられる思いがする・・・。


実際問題

鬼畜米英と簡単に右を向いた保守
米国には治外法権で港区に土地を謙譲し、中国には入札すら反対していたのでは永遠に均衝を欠くことになるでしょう。

愛信

衛藤議員はこんな素晴らしい愛国系議員です。
衛藤議員はこんな素晴らしい愛国系議員です。
http://www.youtube.com/watch?v=ag8GbNkqSto&nofeather=True
(動画)
衛藤晟一
http://www.eto-seiichi.jp/
http://www.choujintairiku.com/eto/
☆総理!あなたは本当にこの国を愛していないんじゃないのか?☆この国の主権を大事にしていないんじゃないのか?
☆そんなことを思わざるを得ないんですよ。
☆言葉では大事と言うがやっていることが違う!真摯に答えてほしい!
☆仙谷総理大臣!
【関連情報】★衛藤晟一議員、外務省幹部に激怒 コップの水掛ける
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

イオン 岡田克也 在日 肛門に香水を塗る強姦韓国のDNA

被災者はエイズよりも汚い 岡田克也 イオン
エタヒニン在日の利益が最優先 被災者はエイズよりも汚い 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 強姦大国韓国のDNA イオン 岡田克也 エタヒニン在日の利益が最優先 被災者はエイズよりも汚い 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 強姦大国韓国のDNA イオン 岡田克也 エタヒニン在日の利益が最優先 被災者はエイズよりも汚い 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 強姦大国韓国のDNA イオン 岡田克也 エタヒニン在日の利益が最優先 被災者はエイズよりも汚い 岡田克也 イオン 岡田克也 在日 強姦大国韓国のDNA イオン 岡田克也

kuni

ありがとうございます。
ねずきちさん、いつも含蓄のある話で有難うございます。
なぜか、ねずきちさんのブログを読むと、天井から雨漏りがして
机やズボンをぬらすので、まとめて見るようにしているのですが、
最近ちょっと暇なので、会社で見たりしています。
隣の若者はすこし不思議そうに見ていますが、ま、年寄りの趣味だと思って勘弁してもらいます。

愛信

北朝鮮、在リビア自国民に「帰るな」
北朝鮮、在リビア自国民に「帰るな」
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2635.html

韓直人の大量な放射線避難民を発生させる為の施策や被
災地復興の熱意のなさなど、その訳はつぎの理由によるも
のかも知れない。 売国反日韓内閣の特命大臣辻元清美は
ピースボードや北朝鮮と繋がっている、東北地方震災で湯浅
誠ボランティア室長と連携して50団体を超える救援組織を
立ち上げた。 これらの活動は救援物資の隠匿のニュース
が出たが、今は何処で何をやっているのかも判らない。
 プロ市民活動家韓直人一派の企みは東北地方の被災地
域へ上記の北朝鮮棄民を入植させる事である可能性は高い。 
日本国民はこの企みを断固阻止しよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

匿名希望

中国へ土地売却阻止座り込み呼びかけ
呼び掛け:主権回復を目指す会 金子吉晴 排害社 ※雨天決行
連絡:西村(090-2756-8794)
【行動日程】

5月23日(月) 財務省  11:30 同じく   共済組合前  17:00

5月24日(火)共済組合前  08:30から終日
5月25日(水)共済組合前  08:30から終日
場所:国家公務員共済組合連合会 千代田 区九段南1-1-10 九段合同庁舎

http://www.kkr.or.jp/all/access.htm 03-3222-1841(代表)←抗議の電話を!!

以下、参考記事
25日が最終日 座り込みに参加して国を守ろう!!! http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1129.html
シナの土地買収の浜田議員の解説と参院・外交防衛委員会 http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1124.html


さやか

保守ブログ荒らしに注意呼びかけ
保守ブログ荒らしに注意呼びかけ

http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html

愛信

至急の意見提出などが必要な案件一覧
至急の意見提出などが必要な案件一覧
http://nippon-end.jugem.jp/?day=20110524

外国人専門学校生入国政策【24日〆切】外国人留学生就
職支援のための入国要件緩和 意見募集
ttp://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-192.html
中国大使館問題5/25が売却期限 引き続き拡散と反対
意見提出のご協力をお願いいたします
ttp://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-231.html
5/27「日韓図書協定」承認まであと数日 日本にとって著しく
不利な条約が締結されようとしています
ttp://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-227.html
******
民主党政府、中国人ビザ緩和政策を推進中
ttp://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-203.html
国民新党下地議員、中国人の沖縄へのノービザ入国を政府
に要請
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-184.html
沖縄県が中国人ビザなし入国を要請 反対意見提出の呼
びかけ
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-193.html

【国政に対する要請書】はこちらから送れます。
http://www.aixin.jp/ysk.cgi

以上の反日売国法案や協定は創価学会公明党が賛成に回
れば可決成立します。 
日・韓図書協定が公明党の賛成で衆議院で可決されました。 
現在参議院で審議中です。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

MERCURY

No title
私はこの本を西尾幹二氏のGHQ焚書図書開封で知り
佐藤優氏の日米開戦の真実で原文を読みました。
昔の言葉で書いてあるので非常に読みにくいのですが
それでも半分くらいは理解できそれだけでも十分に
今の教育が間違っている事は理解できます。

ちなみにこの前、氏の著書で「国体の本義を読み解く」を入手しました。
まだ読んでませんが非常に楽しみにしております。

uematu tubasa

勉強になります。
とっても勉強になります。

今後とも頑張ってください。

民主党が公務員給与の削減に乗り出した件と原発の件のエントリーをUPしました。

愛信

震災復興特別委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
5月24日9:00~
震災復興特別委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41010&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

国旗国旗の尊重は常識

反日左翼ギルド粉砕
◎橋下知事の 「国歌斉唱で起立しない教員は免職」に 大いに賛成!  菅首相 不信任案提出に デヴィの独り言/独断と偏見
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10896551828.html
橋下知事の、 「国歌斉唱で起立しない教員は免職」に 大いに賛成。
橋下知事は、 
「大阪府教育委員会が 国歌は立って歌うと 決めている以上、
公務員に個人の自由はない。 
従わない教員は、 大阪府には いらない。」と 指摘し、
「繰り返し違反すれば、 免職になるというルールを作り、
9月議会をめどに 成立を目指したい。」 と述べた。
「国歌を起立して歌う」、 こんな当たり前なことが、 
日本で行われないなんて、 信じられません! 
世界広しといえど、 国歌斉唱の際、 
起立をしない国民がいるなんて 日本だけ。
また 国旗をあげることを 躊躇する人間がいるなんて、 
とんでもないこと!
こんな当たり前のことが 問題にされること自身、
日本は もう終わりなのかと 思ってしまいます。
ましてや、 未来ある子供の教育を預かっている 教員たちが、
お手本を示さなければならない、 小・中学生の前で、
こんな非国民的なことが 許されているなんて、
信じられません!!
学校の入学式や卒業式の 国家斉唱のとき、
起立している先生と、 着席している先生を見たら、
子供達は何と思うでしょう。
国歌と国旗を 誉れに思わない日本人は、 非国民です。
国歌と国旗を 敬う心をもたない日本人は、 非国民です。
国歌と国旗に 敬虔をもたない人は 愛国心などありません。
そんな人には 自尊心もな無いのです。
最低な人間。
日の丸は、 日の本の国、 日本。
大和民族を象徴しているものです。 
素晴らしいではありませんか?
東の果てにある日本、 日の出ずる国、 日本。
だから?日の丸?をいただいているのです。
国家である 「君が代」は、 何と美しい響きでしょう。
私は、 日本の国家ほど 美しい国歌がないと思っております。
「君が代」とは 「あなたの代」という意味です。
君が代を聞くと、?凛?とします。
日本人の 心そのものではないでしょうか?

butchiyar

1万6千500年以上前からの
お人よし民族なんですね。
自分に加害の意識が無ければ、阿吽の呼吸で相手も加害の意識が零になると信じて今日も生きている。
アインシュタイン先生がおっしゃったことも肯けます。
人と人が赤心で交われば、何の障害があろうかと。

今国内で、同じ民族とは思えない別の「赤い心」の人たちが政柄を握り続けています。
お人よしだけれど、切れると怖いこの国の民がいつまで我慢しているのでしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク