尋常小學修身書



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

修身書一巻二十


以下は、日心会メルマガで5月30日に配信した記事です。
原稿は、日心会Uさんからいただいたものです。

~~~~~~~~~~~
【尋常小學修身書】

この度の大震災では、世界から、日本人は非常事態にもかかわらず規律を守る、相互に助け合う、苦難に耐えるなどの声が寄せられました。
戦後の日教組による反日教育・自虐教育にもかかわらず、わが国の歴史・伝統・文化で育まれた日本人としてのDNAが、残っていることが分かりました。

明治23年来日し、島根県松江中学に英語教師として赴任したラフカディオ・ハーンこと小泉八雲は、日記に記します。

「授業中の子供達の行儀作法は完璧というほかない。私語は全くない。」

しかし今、小学校では、子供達が教室を徘徊し、授業が成り立たない学級崩壊が話題になっています。

戦時中の昭和18年、元フランスの駐日大使で詩人のポール・クローデルは、
「世界の中で、滅んで欲しくない民族がある。それは日本人だ。なぜなら彼等は高貴だ」と述べました。

しかし昨年、自分を産み育ててくれた親の弔いもせず放置し、その年金を搾取していた事例が各地で発覚しました。石原東京都知事は嘆きます。

「多くの日本人の芯における堕落をこれほど象徴した事例を私は知らない。」

戦後の昭和23年、新しい教育基本法、学校教育法が施行されましたが、かって最も重んじられた「修身教育」がなくなりました。
GHQの指令によります。

続いて衆参両院で教育勅語の失効決議がなされ、明治維新以降、国力の源泉として重視してきた国民教育の理念は、完全に葬り去られました。

修身教育・道徳教育のない学校教育が、すでに60年以上続いているのです。
日本人の芯が崩壊したとはむべなるかなと言うべきです。

ここでどのような修身教育が行われてきたか、尋常小學修身書を振り返ってみたいと思います。

明治22年、大日本帝国憲法公布、23年、帝国議会開設、そして教育勅語が発布されました。引き続き小学校教則大綱において、修身教育が規定され、検定修身教科書が作られます。

明治37年には、国定修身教科書に引き継がれました。
その後、昭和20年まで、4回大幅な改定が行われ、時代に合わせて、ノウハウの蓄積が図られてきました。

明治37年の最初の修身教科書の編纂方針は次のようなものでした。

*~*~*~*~*~*~*
◆教育勅語の趣旨にもとづき、児童の徳性を涵養し、道徳の指導を実践し、健全なる国民として必須の道徳を授ける。

◆具体的な例話として、日本歴史上の人物だけではなく、外国人の例話も加える。
*~*~*~*~*~*~*

その内容は一言で言うと、「尊敬すべき人格とは何か」、「優れた人格とは何か」というものを具体的に示した「物語」の集大成です。
古今東西の偉人・賢人の具体的なエピソードをつづった「物語」の宝庫なのです。

子供達は、正直、努力、忍耐、勤勉、勇気などの徳目に関して、「~をせよ」とか、「~をするな」という抽象的なものではなく、具体的な人物像を通じて、血の通った形で、道徳を学びました。

そして共通の人物像を介することにより、親と子が、兄弟姉妹が、夫婦が、職場の同僚が、共通の理解を行い、国民としての共通の価値観を産んだのです。

大正7年の第3期改定では、国定教科書の画一化を避けるために、教材を広く国民から募集しています。
応募は219名から878件にも達しました。

このように国民の意見を求める手法もとられたのでした。
また、いつの時期でも常に議会の中で周到な議論を経て編纂されていました。

ここで具体的に徳目と例話の事例をいくつか見てみたいと思います。

********************
●素直な心を持つ(正直・誠実・良心・信義)
 ・ジョージワシントン(アメリカの初代大統領)
 ・加藤清正(戦国武将)

●自分を慎む(謙遜・質素・倹約・寛容・報恩)
 ・貝原益軒(江戸時代、医者)
 ・上杉鷹山(江戸時代、米沢藩主)

●礼儀正しく
 ・伊藤東涯(江戸時代、学者)

●自分の行いを律する(自己規律)
 ・渋沢栄一(明治時代、企業家)

●夢を持つ(志を立てる・進取の精神)
 ・野口英世(黄熱病の研究)
 ・ジェンナー(種痘法の発明)

●一生懸命に働く(勉学・仕事・勤勉・努力)
 ・二宮金次郎(幕末、農業改革者)
 ・リンカーン(奴隷解放した米国大統領)

●つらさを乗り越える(忍耐・辛抱・克己)
 ・コロンブス(アメリカ大陸発見者)
 ・前野良沢(江戸時代、医者)

●困難に立ち向かう(勇気)
 ・高田屋嘉兵衛(江戸時代、海運業者)
 ・木村重成(豊臣秀頼の家来)

●やるべき事を成し遂げる(責任・忠孝)
 ・広瀬武夫(日露戦争の軍神)
 ・佐久間勉(潜水艇の艇長)

●ルールを守る
 ・松平定信(江戸幕府の幕政改革者)
 ・ソクラテス(ギリシャの哲学者)

●家族を尊ぶ(夫婦・親子・兄弟・祖先)
 ・渡辺崋山(江戸時代、文人)
 ・吉田松陰(幕末、忠君愛国者)

●友達を大切にする(友情)
 ・新井白石(江戸時代、学者)

●思いやりの心を持つ(同情・博愛) 
 ・ナイチンゲール(白衣の天使)
 ・宮古島の人々(外国難破船の救助)

●力を合わせる(協力)
 ・毛利元就(戦国大名)
 ・筑後川の堰(江戸時代、水利工事)

●みんなのために(公益)
 ・中江藤樹(江戸時代、近江聖人)
 ・ベンジャミン・フランクリン(米国、避雷針の発明者)

日本人は規律正しいという海外からの評価がありました。規律に関する小学3年生向けの事例を示します。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽

松平定信は、ばくふの重い役人でありました。
ある年、地方に見回りに出かけた時、ある関所を通りました。
その時、定信は何の気なしに、笠をかぶったまま通り抜けようとしました。

すると関所の役人が
「関所のきそくですから、笠をお取り下さい。」
と言って、ちゅういしました。

定信はそれを聞いて、
「なるほど、そうだった。」
と言って、すぐに笠をとって通りました。

その日やどに着いてから、定信は、その土地の上役の者に、
「きょう、笠をかぶったまま関所を通ろうとしたのは、まことに自分のふこころえであった。それをちゅういしてくれた役人に、あつくおれいを伝えてもらいたい。」
と言って、ていねいにあいさつしました。

△△△△△△△△△

外国人の例話も多いのです。
昭和9年と言えば日米関係が良好とは言えなかった時期の第4期改定で、アメリカ合衆国の建国に大功をたてたベンジャミン・フランクリンの生涯を取りあげています。

戦前の修身が、決して戦後左翼が喧伝する軍国主義の道具ではなかったことが分かるというものです。

1960年代から70年代にかけて、アメリカでは自由放任や個性重視の教育が行われ。結果として学校は規律を失い、校内暴力、麻薬・アルコールの乱用、十代の妊娠などが蔓延しました。

「何とかしなければアメリカの将来はない。」
時のレーガン大統領は就任早々から、教育改革に取り組み、「日本に学べ」と教育視察団を日本に派遣します。

学んだもの、それは戦前の修身だったのです。
そして教育改革は成功しました。

時の教育庁長官ウィリアム・ベネットは後年、「道徳読本」を表し、ベストセラーになります。

その内容は、自己規律、思いやり、責任、友情、仕事、勉学、勇気、忍耐、正直などの徳目について、古今東西の偉人・賢人の逸話をまとめたものです。
アメリカ版「修身書」と言えます。

わが国は、子供達の道徳教育問題について、すでに解決策も方法論も持っているのです。
私達日本人は、一体何を恐れて修身・道徳教育への取り組みに逡巡しているのでしょうか。

(資料)宮坂宥洪監修「修身全資料集成」(四季社)
八木秀次監修「尋常小學修身書」(小学館文庫)

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

◆日本の心をつたえる会、メルマガ会員募集中♪◆

登録費用も月々の費用も全部無料です。
手続き簡単。メアドとHNでの申請だけです。
登録解除も簡単です。

メルマガ会員の皆様には、月曜日から金曜日まで、平日の夕方、一日一通のメルマガが配信されます。

 ↓お申込みはコチラ↓
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php


※【携帯で接続の皆様へ】
┗━┛…………………………

日心会ML等に携帯からお申込みや閲覧をご希望の方へのご連絡です。

せっかくお申込みをいただき、当会からお返事をさしあげても、携帯の≪迷惑メールフィルタ≫によって当会からのメールが届かない、というケースが頻発しています。

お手数ですが、日心会メルマガ申込の際、次のドメインが受信が可能になるように、あらかじめご自身で携帯への設定をお願いします。

【ドメイン】
@nippon-kokoro.com

日本がアジアに残した功績 FLASH


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛国日本!反日撲滅!

No title
おはようございます。

>>ねずさん

お忙しい中、ご回答有難うございます。気長に待ちたいと思います。

ねず

愛国日本!反日撲滅!さんへ
ねずです。
日心会メルマガですが、メルマガ送信用のパソコンがクラッシュしていて、現在復旧作業中です。
もうしばらくお待ち下さい。
なんとか送信ができるようにします。

愛国日本!反日撲滅!

No title
私用での質問をさせて頂きます。

今月8日19:37分にパソコンから日心会メルマガ会員への登録を現在コメント欄で使用中の名前で行いましたが、登録確認の自動返信のメールが届いただけで、その後は特にメールなどは届いていません。

この記事の後半にある、平日夕方に一日一通配信というのは今でも行われているのでしょうか。

私のパソコンの設定の不具合かもしれませんが、記事内の携帯電話での問題も関係なさそうですし、迷惑メールフォルダにもそれらしいものは届いていないので、どなたかお分かりになる方がいらっしゃるようでしたら教えていただけると幸いです。

いくつか可能性は考えていますが、どれも私個人では解決し難いので、登録後の自動返信以降の流れを教えていただけるだけでも参考になります。お時間の有る方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

iza snowdrop

修身の評価は甲乙丙丁?
i-265道徳の教科化の話からこちらにやってきました。

ご存じの方がいらっしゃたら教えてください。

戦前の小学校・国民学校の教科であった「修身」ですが、

①甲乙丙で評定がついたのでしょうか?
②その評定は相対評価で甲は7%とか乙は24%とか決まっていたのでしょうか。それとも絶対評価だったのでしょうか?

戦前教育を受けた父母の話から、普段の生活態度で絶対評価でついたように感じるのですが、教員への信頼が大きかったし、学校の成績が人生と直接関係ない国民が大多数だったので悪い評価を貰っても、親たちもそんなに気にしなかったように感じるのですが・・・修身の評定ってどうなっていたんでしょう?

わかりますでしょうか…

共通一次世代様
熱いが故に、周りが見えなくなると、工作員の手先(走狗)としてブログ潰しに加担することになりますよ。
「熟知者」なる者こそ、ブログ荒らしの張本人です。
関わり合いにならないことです。

共通一次世代

No title
ミーさんへ

多くの主婦ブログの方が頑張っておられます。私も陰ながら応援しています。
目覚めた方達は誰もが何とかしなければという思いでいっぱいだと思います。

マスコミに負けないように頑張りましう。


熟知者さんへ
同じ方向であることが分かり嬉しいです。いい方向へ向かいたいですね。

ミー

共通一次世代さま
全く同意いたします。
保守同士の足の引っ張り合いや、汚い言葉の投げ捨て、などは思いやりの心でなんとでもまとめていかれると思います。
弱い立場の主婦層の方のブログ、思いを守っていけたらいいですね…
脅迫まがいの誹謗中傷は、耐えられませんし許せません。

保守が自由に発言できる環境が守られるのは、難しいです。

これからも共通一次世代さんを応援しております。

共通一次世代

No title
妄言さん、
こちらこそすみませんでした。

熟知者さん、
有難うございます。お気持ちはとても良くわかりました。
他の政治ブログの状況は存じあげております。

拉致事件を知って、ネットでの掲示板でいろいろ教えて頂いてた頃、在日の醜いコメントが延々と続いていたことを思い出します。これほどまでに汚い言葉を書く人が世の中にはいるのだ、と、驚きました。それだけ異常でした。

しかし、それは今も続けられていました。普通の主婦の方がやっておられたブログが彼らによって潰されました。

コメント欄での恐ろしいほどの嫌がらせ。いえ、嫌がらせでは済まない、脅迫です。当事者でなくても異常さを見ることは出来ました。
あまりに執拗に続く脅迫に、大丈夫だろうかと私も心配していた矢先でした。

彼らは一般の人達に受け入れられやすい主婦ブログを先ずターゲットにした。卑怯この上ないと思います。

しかし同時に、保守は何をしていたかといえば、保守は味方を潰していた。民主党政権を絶対に阻止しなければならないときに、あろうことか安倍さん、麻生さんまで攻撃した。それが現実としてあった。

それを今、利用されているんですよ。敵に。

今、潰さなければいけないのは、マスコミであり、民主党政権であり、中国、韓国、北朝鮮です。

朝ズバはもう毎日、「被災地の味方」ヅラしたみのもんたや毎日新聞の与良正男が、民主党の勝手な政局をまるで「自民党が全て悪い」ように洗脳し続けています。

今日はうつみ宮土理がお昼の番組で狂ったように「自民批判」をしていました。民主党議員がスタジオから先に居なくなってから猛烈に始めました。「政治家批判」ではないのです。完全にあれは「自民批判」です。徹底的にです。

昼番組は久しぶりでしたが、正直あれほどうつみ宮土理が酷いことになっているとは思っていませんでしたが、あれをただ「ババアがうるさいだけ」と思っていてはいけない。
主婦層は完全にやられてますよ。マスコミに。私は他のそういったブログも見るので分かります。決して「左翼」ではない人があれと同じ感情を持っているんです。「民主党だけが悪いのではない」これは民主党延命に繋がります。

被災地も同じです。

今日の二宮尊徳の記事の方へ書きましたが、「胸中の温気」。大事です。
マスコミにどっぷりはまった主婦層に目覚めてもらわなくちゃいけないと思います。
それには、男性諸氏に向かって言うような論理だけではは通用しないんです。
主婦層は「感情」です。「嫌悪感」も含まれます。
男性は「論破できた」と喜ぶ。それでは主婦層はダメなんです。
男性は「スルー」と言いながら、「汚物」をそのままにしておく。チョンだのなんだの汚い言葉で罵倒してすっきりしている。でもコメント欄はそれによってますます汚くなる。
そんなモノを見て、主婦層は「怖いところだ」と思い、「こんな汚い言葉ばかり溢れるようなブログは信用できない」となる。ねずきちさんの記事の中身が良くてもです。

上にも書いた主婦の方のブログが潰されたことは本当にショックでした。
他の主婦ブログも同じ目に合うかも知れません。というか潰されたであろうブログは他にもあります。

とにかく今の日本は本当に異常です。

それでも、正当な方法で民主党政権を潰すしかありません。それには自民党の力がどうしても必要です。国会で戦うしかないんです。

保守ブログにお願いしたいです。「国会議員は誰がやっても同じ」という今の「マスコミの洗脳への対策」を考えるべきです。例えばどうしても自民党の議員を批判したいのなら、それを書くときは必ず「日々頑張っている他のまともな自民党議員、有能な自民党議員の足を引っ張るな!」と添えるなどです。

マスコミはとにかく自民党を潰す気でいます。それは同時に自民党が日本を守る砦であることを証明してます。

色々と話が飛んでしまい申し訳ありません。

どこの保守ブログも執拗な嫌がらせで大変だと思います。でもあくまで汚い言葉や馬鹿にした言葉は避けるべきだと。大変なのは十分承知です。私が気にかけるのは、何らかの形で初めてねずきちさんのブログを訪れた人たちを「引く」気持ちにさせないことです。偉そうに申し訳ありません。

花うさぎ

移転しました。
・お知らせ  いつもありがとうございます。エントリーと違う書き込み、失礼致します。

ブログ「花うさぎの世界は腹黒い」はIZAの容量がいっぱいとなりましたので移転しました。

・ 旧 「花うさぎの世界は腹黒い」   
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/

・新 「花うさぎの世界は腹黒い」2 
http://hanausagi2.iza.ne.jp/blog/

お手数ですが、ブックマークやリンク、RSSを貼って下さっている方は、新しいアドレスに変更をお願い致します。今後ともよろしくお願いいたします。(花うさぎ)

妄言

共通一次世代さん
私のコメントは「熟知者」さんの暴論に対してです。
熟知者さんは「零」さんを工作員と言っています。(零=SHINという表現により)
誤解がありましたら、申し訳ございません。

共通一次世代

No title
>素人工作員の嘘が見抜けずして、大手と言われる新聞メディアの『嘘』を信じるのを誰が責められようか???

私に対してのようですね。
「まともに相手する、しない」をあまり考えたことはありません。
ただ私は、偶然ねずきちさんのブログを訪れた人が「間違った認識」や「余計な迷い」を起こさせるようなコメントがあると、それを「小さいうちに芽を摘んでおきたい」と思っています。

私は政治ブログでいうところの「ちゃんとした保守派」ではありません。今までなんどもケチられてきましたし、安倍さん、麻生さんを保守派がバッシングした時も、私は言わば、そういった人達から見れば保守派とは言いがたい立場側でしたので。

保守派から見たら未熟かも知れませんが、自分の方向は「普通の人たちが目覚めるために何とかしたい」というのがメインです。保守同士での論を楽しんでいるわけではありません。

自分でさえ、毎日のマスコミの「誘導番組」を見ていると、思わずそれに惑わされることがあります。特に自民党関連は。

マスコミは巧いです。「自民党はこんなにもロクな政党ではない」と絶えず導きます。

自分自身、結構マスコミの報道で揺らぐのです。
それだけ、罠は大きい。

そしてネットでもそれが増えてきている。マスコミ報道を断ち切ることは出来ませんが、ネットでは絶ち切ることは出来ます。

工作員か何かは分かりませんが、間違った方向へ導きかねないものにはストップをかけたい。そういう思いです。

スルーしていたら、その意見は偶然でも人の目に触れそのまま簡単に浸透してしまいます。絶対に否定はしておかなければいけないという思いです。

今、ネットではツイッターもあります。あっという間に拡がります。それを防ぐには「即座の否定」が一番です。

それから、工作員と判らないような保守を馬鹿にするのなら、私は保守派に認められなくても別に構いません。
馬鹿にしたコメントは私は大嫌いです。
妄言さんの言い方なら受け入れます。


妄言

じゅくちしゃ様
ご指摘ありがとうございます。

noga

hierarchy
我が国の序列体制の美しさは、教育勅語の中で語られている。

我が臣民は忠と孝の道をもって万民が心を一つにし、世々にわたってその美をなしていきましたが、これこそわが国体の誉れであり、教育の根源もまたその中にあります。
(我カ臣民克ク忠ニ克孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス: ワがシンミン ヨくチュウに ヨくコウに オクチョウココロをイツにして ヨヨソのビをナせるは コれワがコクタイのセイカにして キョウイクのエンゲン マタジツにココにソンす )


忠:  主君に専心つくそうとするまごころ。
孝:  よく父母に仕える。父母を大切にする。
国体:  主権のありかたにより区別される国家の形態


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

妄言

根拠ない論理
横やりの中傷は、スルーが基本です。
相手にするのを止めましょう。

護国

No title
これらを、早く教育現場に導入しないと。

でもすばらしいですね!私もこんな教育を受けたかったです。

共通一次世代

No title
>原発支持者

誰に向かっていっているのか分かりませんが・・。
原発を続ける=原発支持、原発推進者だと非難するところが非常に偏っていると思います。

現時点で、原発の代替ももちろん同時進行で考えていかなければならないと、まともな人なら思っているでしょう。
それには、科学の力も必要です。火力は資源も必要です。
どれもこれもお金が必要です。もちろん政治力も必要です。

昨日のTVタックルの最後のほうで、大竹まことに「当面原発はどうするのか」という問に自民党も石原幹事長は「原子力の安全を高めていく」」と。それに対して大竹は「推進していくんですか?」と。幹事長は「推進ではない」といったところでCMにに入ってしまった。

はっきり言って意図的です。

経済も含め現実を見据えて政治をしなければけない政治家の真面目な意見だと私は思います。
簡単に「脱原発」と言える無責任な政治家よりずっとよいと私は思います。

昨日は被災地の方が現地から番組に参加していたようですね。私は最後の方しか見ていなかったので、どういう状態だったのか分かりませんが、石原氏は最後まで神妙な面持ちでした。原口はべらべらしゃべっていましたが。

あの番組の最後に、芸人が鳩山のモノマネで「皆さん、どうもすみません」と笑いながら言ってました。
被災地の方々を現地でテレビ前に呼んでいながらこのお笑いで終了。こんな感覚なんですよ、マスコミは。所詮は「バラエティー」なのだと思いました。政治家の戦うところはこんなトコロじゃないと思いました。

原口のようなテレビの前だけの口先だけの政治家が国会議員に当選することがやっぱり間違っているんです。
「鳩山さんはいい人ですよ」と笑って話す原口に国会議員を即座にやめてほしいと思ったのは私だけではないと思います。

マスコミに振り回され、やれ「原発推進派だ」とレッテルを張り、全否定する連中にはもううんざりです。マスコミも民主党もとにかく全面に出すのは「自民」=「原発推進」=「利権」。全否定。

いま、全く信用ならない民主党政権であることが本当に悔しい。

共通一次世代

No title
今のマスコミによって形成された「国民的思考」というのは、反日亡国装置粉砕さんが仰ってることが具体例の一つだと思います。

日本の優秀な人材を潰すこと。

これに尽きると思います。
マスコミの官僚叩きは、国家のために働くなら「給料なんぞ貰ってないでボランティアで働け!」「給料もらうなんて卑しいぞ!」と国民に思わせるところまで(刷り込みが酷い状態です。
「給料をもらうことさえ悪である」という刷り込みです。

国家を担う人たちを国民が蔑み、あんな職業には就きたくないと思わせる。

マスコミは、あぶく銭で潤っている人たちではなく真っ当に仕事をし報酬をもらう人たちに対し、国民が「憎しみ」を向けるように仕向けてきたんです。

優秀な人材を排除して、自分たちの好き勝手に「政治主導」をする民主党は「亡国政権」でしかありません。自民党政権が何一つ評価されないのも当然です。邪魔でしかないからです。


毛沢東の「粛清」と同じ。共産主義です。

でも、中国と違うのは「軍拡」をしないことです。国家を守る自衛隊に対しても、「殺人集団」と言って来たのです。
当然でしょう。中国の属国になろうとしているのですから。
自分たちは「日本省」のトップとなり、「安泰」出来ますし。

軍は人民解放軍が駐留するのですから、当然自衛隊は不要どころか、邪魔でしかありません。
民主党の「慕う」軍は「人民解放軍」です。

民主党の政権で国力はどんどん削がれていってしまう。

ネットで知らせるべきはこういったことと、あとは、マスコミに「悪のイメージ」を刷り込まれた優秀な人達、日本国を本当に支えてくれる人たちに対するこのイメージを払拭させることだと思います。

日頃から、ねずきちさんのブログのコメント欄で自民党を評価すべきと書いてきましたが、私も自民党の全ての議員さんを信頼しているわけではありません。でも、ただただマスコミのゼロどころかマイナス10にも20にもなる自民党の悪のイメージ刷り込みによって潰されるのは、優秀で国を託すことが出来る多くの政治家であり、、彼らが居なくなることは多大な損失である以上、なんとしてもそれを阻止しなければならないと考えます。

何をしても「自民党が悪い」となってしまう今の状況は本当に異常です。国民はまっとうな判断ができないでいるんです。だから、せめてネットで伝えていかなくてはいけないと思います。

多くの国家公務員の頑張りもそうです。国民が見放したら、彼らが潰れてしまいますし、それは国民が自分で自分の首を締めていることだと気が付かないといけないと思います。

愛_信

絶望した中国人が、­暴力で中国共産党に挑み始めた
絶望した中国人が、­暴力で中国共産党に挑み始めた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14676231
(動画)
北京に挑戦 絶望テロ主義者
 【新唐人日本2011年6月6日付ニュース】
中国では最近、連続爆破事件など不穏な動きが続いて
います。 これについてフランスの日刊紙"フィガロ"は、
絶望した中国人が、暴力で中央政府に挑み始めたと
指摘しました。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

真価を問う時代

昔の人は偉い!
今の政治家(特に現政党、現国政執行部)に、己の信条としての道徳観、モラル、政治理念、政治信条を語れる人がおるだろうか。
おるというのであれば、かつての政治家?(偉人)のように書籍の一冊でも出して、その心の真を国民に見せて(問うて)欲しい。
…はぁ、、、出来るとは思わないが。

No title
日本人の堕落といえば、経済第一主義で小さな子供たちに被爆させておいても、天として恥じない原発支持者だと思う。原発支持者のなんたる頑迷さ、なんたる古い考えに固執する者たち。
使用済み核燃料の処理方法さえ見つからず、膨大なる核廃棄物の処理は未来の子孫に任せるという堕落ぶりだ。
未来には処理方法も見つかるだろうという、当てのない見通しで無責任にもほどがある。
原発支持者どもの人間としての堕落ぶりは、学級崩壊の子供の比ではない。
子供は大人の反映だ。原発に固執する大人の反映といっても過言ではないと思う。

反日亡国装置粉砕

国の為が仇になるとは?
【君が代裁判】 裁判官 「他国の国旗・国歌に敬意もつ国際常識を身につけるため、まず自国の国歌・国旗に敬意持つべき」

■ 日本人しかなれない『国家』公務員叩きは危険 な風潮です■

現代の日本は『国家』公務員のみが叩かれるという風潮があるが、これは日本にとって非常に危険。
この風潮が続けば確実に日本は衰退する。
在日外国人でもなりうる『地方』公務員(市役所・役場★教員★など)はなぜ叩かれないのか。
マス○ミや工作員等に流されないようにしなければならない。
○国家公務員→日本人しかなれない。国の中枢に関わる高度な仕事。
●地方公務員→在日外国人でもなれる自治体が多い。一日中パソコンの前や窓口でのんびり
○国家公務員→全国に約50万人
●地方公務員→全国に約330万人
○国家公務員→平均年収590万円
●地方公務員→平均年収770万円
○国家公務員→日本のために夜遅くまで頑張り、サービス残業の嵐
●地方公務員→定時帰宅(まれに残業)
国家公務員(霞ヶ関省庁・裁判所・外交官・海上保安官・自衛隊など)と地方公務員(市役所・役場★教員★など)は分けて考えなければならない。

日本のために過労死寸前まで働く国家公務員。ぬるま湯の地方公務員とは雲泥の差。
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070101000924.html
http://www.47news.jp/CN/200707/CN2007071801000398.html

★★★教員は地方公務員です★★★

(・o・)国立大学の独立行政法人化は反日亡国装置化工作員養成化です!

テレビが悪い

今 流されているテレビは害にしかなりません

家庭からテレビをなくそう
静かな時間と会話のある読書をし暖かい家庭を作ってください

愛_信

反日売国勢力に損傷された日本民族のDNAで将来もたらされる災い。
反日売国勢力に損傷された日本民族のDNAで将来もたらされる災い。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65740110.html

チェルノブイリ小児病棟~5年目の報告~でご確認下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=G8oJ9IG_JUg&nofeather=True
(動画)

チェルノブイリ小児病棟_01 ~5年目の報告~
チェルノブイリ小児病棟_02 ~5年目の報告~
チェルノブイリ小児病棟_03 ~5年目の報告~
チェルノブイリ小児病棟_04 ~5年目の報告~
チェルノブイリ小児病棟_05 ~5年目の報告~

受診小児100人中、甲状腺疾患62人…ドキュメンタリ
「チェルノブイリ小児病棟~5年目の報告~

反日売国テレビ局・マスコミが報道隠蔽する東北地方太
平洋沖地震及び福島原発爆発の真相を認識しましょう。
テレビ局の報道しない自由はありません。 
公共の電波を使用する免許局が事実を取材に行かない、
真実を報道しない、批評をしない事は犯罪であり、
日本国民、視聴者に対する背任行為であり、視聴者の
信用を失う行為である。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

愛信

1号機、地震5時間後に圧力容器破損…保安院
1号機、地震5時間後に圧力容器破損…保安院

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110606-OYT1T00798.htm

原発爆発後に国会の質疑で回答された報告内容による
と、地震翌日早朝の韓直人総理の1号炉視察の目的や
]ベント命令などの報告が全く出鱈目で劇作家の演出に
よる筋書き通りに実施された虚構の事故対策だった事が
判る。 
事実は地震5時間後に圧力容器破損でベントも不可能
であった。 水素爆発の原因が外部から流入した水素
ガスによるものとか嘘ははっきりしている。 
1号炉の爆発の模様を撮影した映像から左右に噴出す
爆風は1号炉に爆薬を仕掛けて爆破した証拠となる。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
簡約版はこちらをカッチとね

ps:
『高齢者は半島人に好意を持たない人が多いのに』詳細は【置きビラ】の掲示板をカッチとね
http://www35.atwiki.jp/kolia?cmd=upload&act=open&pageid=218&file=1248876572.pdf
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク