民主党政権に教育は任せられない!



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

木村太郎衆議院議員
木村太郎衆議院議員


以下にご紹介するのは、自由民主党、清和会所属の衆議院議員、木村太郎氏が、去る4月26日に、内閣総理大臣菅直人に対して行った「質問主意書」と、その回答です。

内容は、やまと新聞から転載させていただきました。
http://www.yamatopress.com/c/10/13/3905/

ボクの書簡は、末尾に書かせていただきます。
いまの政府が、どのようなものなのか、ご一読いただければおわかりいただけるのではないかと思います。

なお、実際には、質問があり、これに対する内閣の回答があるのですが、わかりやすくするため、回答を、あえて質問それぞれのところに「青字」で挿入しました。

~~~~~~~~~
【質問主意書(1)】
平成二十三年四月二十六日提出
答弁第一四八号
「教員の不祥事に関する質問主意書」
提出者 木村太郎

─◆◇─────────
教員の不祥事に関する質問
─◆◇─────────

文部科学省が47都道府県と18政令指定都市を合わせて、65教育委員会を通じて調査したところ、全国の公立小、中、高校と特別支援学校で、平成21年度に猥褻行為で処分された教員は138人。

そのうち、
 懲戒免職100人、
 停職   24人、
 減給    9人
 戒告    5人
 訓告・諭旨免職15人
であることがわかった。

各教育委員会からは、これといった効果的な防止策がなく頭を痛めているが、教員の資質もさることながら、今一度教育の原点に立ち返ることが肝要である。

教育は国家百年の計である。

平成18年、自公政権時の発足後間もない安倍内閣が、教育基本法改正を直ちに実行した。
豊かな人間性と創造性を育むため、先達が営々と築いてきた美しい自然、文化、伝統を後世に伝承していくことが教育の使命であり、私たちが百年後に、あの時がまさにターニングポイントだったと感謝されるような時代を築かなくてはならないと考えたからである。

当時「いじめ問題」が新聞に踊っていたが、今回は教育者の無節操な素行の問題に直面している。

「徳を成し材を達するには、師恩友益多きに居る。故に君子は交遊を慎む」とは、
幕末の教育者吉田松陰が士規七則を著したうちのひとつであるが、今や時代の変遷とともに万事その血脈が薄れ、今日における教育者の気概に翳りが見られるようになったものと推察される。

従って次の事項について質問する。

一、今回文部科学省が行った調査は何のために、またその懲戒処分の条件、基準はどのように設定したのか、明確に示されたい。


二、一に関連し、今回行った調査で、懲戒処分のそれぞれにおける年齢別の数、また教職員組合の教員の比率を示されたい。更に、その結果に対してどのように分析しているのか、菅内閣の見解如何。


三、一~二に関連し、今回の「猥褻行為による処分」以外、例えば、暴力、金銭等における不祥事対象での調査は行われたのか示されたい。


四、一~三に関連し、各教育委員会が、これまで不祥事を撲滅するために、どのような対策を講じているのか具体的に示されたい。


五、一~四に関連し、不公平、不道徳な「子ども手当」「高校授業料無償化」を行った前後での調査結果はどのようになっているのか示されたい。


六、一~五に関連し、止まらない不祥事の背景として、「モラルの低下」「仕事量の増加によるストレス」が指摘されているが、どのように捉えているのか、菅内閣の見解如何。


七、一~六に関連し、全国の私立小、中、高校では、同様の調査での結果がどのようになっているのか示されたい。


八、一~七に関連し、今回の数字は氷山の一角とする声もあるが、国として今後、教員の不祥事を防止するため、どのうような対策を講じていこうとしているのか、菅内閣の具体的な見解如何。


九、一~八に関連し、各教育委員会からは、個人の資質の問題とする声もあるが、強ちそうとも言い切れず、そのような資質を有する者を採用する側の責任も大いにあると考える。菅内閣の見解如何。右質問する。

********************
政府の回答(閣議決定)
********************

平成二十三年五月十日受領
答弁第一四八号
内閣衆質一七七第一四八号
平成二十三年五月十日
内閣総理大臣 菅 直人

衆議院議員木村太郎君提出の不祥事に関する質問に対する答弁書

〈一及び三について〉

教育職員に係る懲戒処分等の状況に関する調査(以下「懲戒処分等調査」という。)は、各教育委員会における教育職員の含む規律の確保に資するために文部科学省において毎年実施しているものである。

調査対象としている懲戒処分は、都道府県及び政令指定都市の教育委員会が、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)、各教育委員会が定めた懲戒処分の基準などに基づき、教育職員に対して行った全ての懲戒処分であり、その件数については、「わいせつ行為等」のほか、「交通事故」、「体罰」、「公費の不正執行又は手当等の不正受給」、「障害、暴行等及び刑法違反」、「金銭、異性問題等の非行」等の処分事由ごとに統計を取っている。

〈二について〉

懲戒処分等調査においては「わいせつ行為等」に係る懲戒処分の被処分者についてのみ年齢段階別の統計をとっているところ、平成21年度では20歳代が26人、30歳代が34人、40歳代が47人、50歳以上が31人となっており、40歳代の被処分者数が最も多くなっている。
被処分者が職員団体の構成員であるかについては調査していない。

〈四、六及び八について〉

教員職員の不祥事の背景について、一部の教育委員会からは、教員職員の規範意識の欠如等があると聞いている。
教育委員会においては、教育職員の不祥事を防止するため、
懲戒処分の基準を策定して、これを教育職員に周知する事により非違行為の抑止を計るほか、
不祥事防止に係る啓発資料を作成して教育職員に配付するすること、
服務規律の確保のための教育職員向けの研修を実施する事などの措置を講じているところであり、
文部科学省としては、今後とも、各教育委員会において、こうした措置を講じることにより、教育職員の服務規律の確保が図られるよう、指導の徹底を図ってまいりたい。

〈五について〉

平成22年度における教育職員に係る懲戒処分の状況については、文部科学省において今後調査することとしており、現時点で把握していない。

〈七について〉

お尋ねのような私立学校を対象とした調査は実施していない。

〈九について〉

公立学校(大学を除く。)の教員採用については、教員の任命権者である教育委員会の判断において適切に行われるべきものであるが、文部科学省としては、各教育委員会において優秀な教員が採用されるよう、教員の採用選考に当たり、人物評価を重視し、教員としての適格性を有する人材の確保に努めること等を促しているところである。

~~~~~~~~~~~

ねずきちより。

ひとことで申し上げて、まるで回答になっていない、というのが、正直な感想です。

教育問題は、かつては「校内暴力」でした。
それが陰湿な「いじめ」問題となり、
昨今では、生徒ではなく、教師による「わいせつ行為」、「公費の不正執行又は手当等の不正受給」、「障害、暴行等及び刑法違反」、「金銭、異性問題等の非行」等が問題となっているわけです。

いったいこの国はどうなっているんだ、というのが、多くの方々の所感でもあろうかと思います。

そして、これにたいする政府の回答が、「懲戒処分の基準を策定」、「不祥事防止に係る啓発資料作成」、「規律の確保のための教育職員向け研修の実施」だという。

左巻きの頭脳からは、そんな案しか出てこないのかと、実に暗澹とした気持にさせられます。

規則や決まりを詳細に作れば、それですべてが万事うまくいくと思っている。
だから左巻きは、馬鹿なのです。

会社だってそうです。
規則や決まりを詳細に作ったら、営業成績があがるか、といえば、答えはNOです。

根本が抜けているのです。
教育における根本とは何か。
それが「教育勅語」です。

その精神を徹底的に叩きこむ。
そのうえで、不埒な振舞いを行う者は、生徒であれ教師であれ、厳罰をもって処する。

そういう根本をどこかに置き忘れたまま、小手先の規則や決まりでコトが解決すると思ったら、大間違いです。

だいたい国旗に対して敬意を払わず、国家斉唱すらできない、教えない、やらせない、巨費をするような大馬鹿者を、教師になどしておくというところからして大きな間違いをしている。

その大間違いを放置しておいて、対処療法的に、これはイケナイ、あれはイケナイなどとやったところで、何の成果もないのです。
校内暴力が、陰湿なイジメにかわったのも、そのせいです。

国を愛し、国民としての誇りと自覚を持ち、教師なら未来の日本を担う子供たちに無限の責任をもってあたる。

そういう根本姿勢があってはじめて、教育はなりたつし、イヤなことでも、やりたいことでも「我慢する」という精神が養われるのです。

ボクはそう思います。

それにしても、いま、中山成彬先生が衆議院にいてくれたら・・・
まったくもって、歯がゆいばかりです。

いまの民主党政権なぞに日本人の教育を委ねることなどできないと思う方
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

大切なもの ~子供のための教育勅語~


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ビキ

真・国家観
いつも意義深く、拝読しています。

私達、現日本人に必要なものは、右でも左でもなく、日本人が本来持ち合わせている信条に基づく、国家観だと存じます。

ねづきちさんのブログは、その日本人の信条を思い出すために、とても役立つものと感謝致します。

日教組

日教組反対
国歌も拒絶する菅と民主党も大嫌い

弥生兎

いじめ世代が先生になった
昨今の教師の不祥事も、また家庭が虐待が増えたのも、根っこは同じことです。
かつて学校でいじめをやっていた人たちが先生になり、また親になったということです。
80年代の大手マスコミ(A新聞など)は、新聞記事に、
「いじめられる側に問題がある」という趣旨の記事を書き、
いじめる側の士気を大いに煽ったりしたものです。
つまり、今から30年前の左翼は、いじめを擁護していたのです。

その一方で、いじめを受けていた人のその後というのは殆ど報道されません。
いじめを受けた人の多くは、いわば精神に傷を負ってしまい、正常な社会参加ができなくなったりします。
そのため不登校やひきこもりになった人も多いのですが、
世間はまだまだそういう人たちに対して冷たい目を向けているのが現実です。
やっと最近では朝日新聞が、そうした「高齢引きこもり」について記事にしたりしています。
http://www.asahi.com/special/kozoku/TKY201101040348.html

沖縄決戦

反日亡国装置マスゴミ
1945年1月~5月の間、米海軍艦艇、船舶を恐怖に陥れたのは

特攻機による空からの攻撃だけではなかった。

実動約300隻ほどの日本海軍の震洋と陸軍のマルレは

普通車サイズ僅か1500kgのモーターボートであったが

ルソン島と沖縄の戦闘で善戦をしていた。

約30回の出撃により、約50隻の米水上目標に対して損害を与えており、

米海軍艦艇は夜間も厳戒態勢を余儀なくされ、近海に投錨して休む事さえもできなかった。

(・o・)これを「“戦果“はほとんどなかった」とうそぶく、大学教授は冷血動物である。

本当に

>マスコミも言わないニッポン防衛事情
>第三国の方々が女性の指を切って指輪を盗んだり、口をこじ開けて金歯を盗む事件が横行。

福島原発で「放置された犠牲者の遺体」西村眞悟氏のブログ 、同じ内容の話に憤怒し「チャンコロ、チョン」と罵倒した人を「下品だ」と蔑んだとコメントを投稿した人がいた。

そして上の文を書いた「小島一朗」という方は「日本に来て震災で亡くなった遺体から指輪を盗む為簡単に抜けないので指を切り取った」 こんな残酷な蛮行を尽した輩を鬼畜と呼ぶなら分かるが、「第三国の方々(敬称)」と言っている。

人を集めて説教をする立場にいる人の変な風、
盲目に立派な先生のお話を聞けたと喜ぶ変な風。

ひと事ではありません。おかしいです、本当に。

ミノル

と思い、踏ん張れるのです。


もし、自虐史観でなく、真実の近現代史で育っていたら、違う自分になっていただろうか、と時々考えます。


今必要な教育は、道徳と、真実の近現代史と、しっかりした国家観です。


思いつくままに書いてしまい、すみません。

乱文をお許しください。

ミノル

共通一次世代さんの座談会のコメントを読んで、20年前の我が身を思い出しました。


ある年の正月(18歳位の時)、親戚が集まって祝っている最中に、私は言い放ちました。


「北朝鮮が核攻撃してきても、日本は戦争放棄をうたっているのだし、反撃せずに反戦平和を貫くべきだと思う。戦争する位なら、みんな死んだほうがいい!」


親戚のおじさん、おばさん、左寄りの両親も「ミノル、それは違うよ」などと諭してくれましたが、小6の時に憲法前文を暗唱させられたり、自虐史観どっぷりで育った私は、「この人達のほうがおかしい」と思っていました。


それから10年後位に、あるきっかけでGHQの呪縛から解き放たれた訳ですが、なぜすんなりと史実を受け入れられたのか、を考えますと、「戦争中に日本兵がした残虐行為、戦争好きな軍国主義日本」と、「道徳の本に出てくる日本人、まわりにいる普通のじいさん達の優しさと時々見せる威厳」との違和感を心底では感じていたのだと思います。


英霊の方々を身近に感じるようになってからは、自分自身踏ん張りがきくようになりました。嫌な事や逃げ出したくなる時に「こんな情けない事では、私達の為に散華された英霊に申し訳ないな」

日本精神が好き

No title
ねずきちさんにお礼がしたくてコメントします。私には小学生の2人の女の子がいます。子供たちに教育勅語を教えたいと考えていたのですが、原文のままでは分かりにくく、小学生でもわかるようにしてある資料を探していましたが、ユー・チューブの映像がとてもわかりやすく、うってつけです。さっそく子供たちに教えます。今子供へ教えなければならないことは、教育勅語にある道徳観であり、日本の誇れる歴史であると考えています。

共通一次世代

No title
【「国防なんて日本には不要!」座談会←日本を滅ぼしたいんですか?】
http://www.youtube.com/watch?v=2HahQT74WMg&feature=related
出演者は、永六輔、松崎菊也、辛淑玉、石坂啓、中山千夏。

=======
殺されても殺さない。
相手がどんな暴力を振るっても自分は暴力を振るわない。
自衛権をやめる
=======

この人達は、目の前で自分の子どもが殺されかけていても、子供を守るために相手を殴ることさえ愚かなことだと言っているのと同じです。
何もしないまま、我が子が死んでいくのを見ろ,
と言っているのです。
笑いながら・・・。

彼らの主張と同じ日教組の教えのもとで、いじめがなくなるわけがありません。
彼らの座談会は最初から最後まで、日本と日本人を「嘲笑」し続ける。
靖国で不戦を誓い、かつ、愛する国の人達を守るためには戦うことを厭わないという思いを「矛盾している」と爆笑する。

「私は平和主義論者だ」と言って、陰湿ないじめを受けている子どもを守ろうとしない教師を誰が望むでしょうか。

そしてこのような人間が、いざ今度は親の立場となったとき、まともな教師に対して理不尽な主張を無理強いしてくる。それは彼らの「正義」は「自己」のみを守るためのものだからだと思います。子供でさえ、自己保身のために利用する連中だからです。


先日、菅直人が参加した講演会・・・。↓

【エネシフ・ナウ!「ごきげん菅総理」2011.06.15-3】
http://www.youtube.com/watch?v=tRQVqsVbFY4&NR=1

目の前にある喫緊の政策よりも力を入れる菅直人。
見ている私たち国民は呆然とするしかありません。これが今の総理大臣なんて・・・。

宮崎一区の選挙区情勢

No title
>それにしても、いま、中山成彬先生が衆議院にいてくれたら・・・
>まったくもって、歯がゆいばかりです。


中山成彬先生の宮崎一区には、自民党も対立候補を立てているそうです。

このままでは保守の共倒れになってしまいます。


なんとか、保守統一候補として中山成彬先生お一人に絞れないものでしょうか?


ジミー・ヘンダー

No title
木村太郎議員は所謂パチンコ議員です。この件とは関係ありませんが、私はパチンコ議員を信用しません。

愛信

官邸の避難民を騙す、官邸の虚偽、捏造情報が暴露されています。
第177回国会審議中継
6月17日13:00~
東日本大震災復興特別委員会審議中継を見ています,
官邸の避難民を騙す、官邸の虚偽、捏造情報が暴露されています。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=955&mode=LIVE&un=b60121339a0ae38e60b44fd0fc78a376&ch=n&pars=0.3178547767878593

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
簡約版はこちらをカッチとね

素浪人

No title
日教組とその支党に関しては、自民党時代から放置さてて来た問題であって、民主政権がお粗末とは言え、戦後体制が解消されていない点にこそ原因があると考えます。つまり、残念ながら日本人全体の総意とも言えると思います。

尖閣・沖縄を守れ!

マスコミも言わないニッポン防衛事情
尖閣・沖縄を守れ!マスコミも言わない

ニッポン防衛事情
  

2011 年 6 月 16 日 小島 一郎氏、ブログ転載
http://kojima-ichiro.net/2868.html

『海の武士道』の著者で元海上自衛官の
恵隆之介拓殖大学客員教授を幸福実現TVにお招きして、

「マスコミも言わないニッポン防衛事情」を開催しました。
ご覧いただきました皆さん、ありがとうございます。

動画

http://www.ustream.tv/recorded/15415999#utm_campaign=unknown&utm_source=15415999&utm_medium=social

宗派、党はを超えて、ニッポンを守り抜きたいという
恵先生の本気さ溢れるTVとなりました。

恵先生の後輩の方からの電話では、
東日本大震災の復興でご遺体を捜し、見つけ、
マーキングしていくと・・・・・

その後から、第三国の方々が女性の指を切って
指輪を盗んだり、口をこじ開けて金歯を盗む事件が横行。

アジア系第三国人も、自衛隊に警察権がないことを知って
いるので、自衛隊に対しては警戒もせずに、
遺体からの泥棒が行われているということがあります。




ビックリです。

マスコミでは、これは「デマ」として片づけられていますが、




自衛隊が有事で活躍できる体制になっていないために
起きている悲劇です。

大震災のような危機低状況の中では、有事法制を
整える必要があります。

6月17日に華人ネットワークで尖閣諸島に上陸する
情報があります。

まるで、その日程に合わせるかのように、
中国海軍艦艇11隻が沖縄本島と宮古島間を通過し、
太平洋で軍事訓練をしています。

それに警戒して、自衛隊の駆逐艦も沖縄に集まり、
体制を整えています。

さらに、米軍空母が横須賀から沖縄に出港しました。

そのため、米軍の抑止力によって、尖閣上陸の危機は回避された
という最新情報を提供してくださいました。

このような情報も、もっと感謝と共に、マスコミは
ウォッチして国民に発信するべきです。

また、大東亜戦争の時に、若者として出兵し、
尊い命を国に捧げた若者のそのマインドが、米軍・英軍の
教科書に載っている事実を教えていただきました。

人間魚雷として突撃し、死ぬ間際まで、作戦の反省点、
改善点、仲間への思いを綴った壁をGHQが見つけた時、
泣いたそうです。その精神性に感動したからです。

その事実は、米軍・英軍の教科書に載せられ、
軍人はこの若き日本人に学べと教えられています。

これを学校で教え、マスコミでも定期的に伝えたら、
日本人として生まれたことに誇りを持てるようになるでしょう。


最後に、憲法改正や有事法制を整えることも大切ですが、
宗派、党派を超えて、大義のために捧げる人生を送る人間に
なっていくことが何よりも大事だということを
恵先生と分かち合うことが出来ました。

尖閣・沖縄を守り、日本の未来を繁栄させてまいりましょう!



小島一郎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お知らせ1

本日17日


沖縄返還協定締結四十周年記念「日本を守り抜く!国民集会」

~日本固有の領土である沖縄・尖閣を守ろう!~

日時・場所・詳細

 日時:2011年6月17日(金) 12:00開場/13:30開演~
 場所:日比谷野外音楽堂

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


明日18日・・・・

お知らせ2


6月18日(土)シンポジウム「震災復興から国防対策へ」セミナー

http://kojima-ichiro.net/2824.html

恵隆之介拓殖大学客員教授(元海上自衛官、『海の武士道』著者)

場所:小岩アーバンプラザ

時間:13:00~

入場料:無料



主催は保守の方々ですが、
賛同し幸福実現党はデモに合流です

和田

いじめられている子供達へ…。
『いじめ』というのは多数が『数の力』を笠に一人の子供を追い詰める物ですがいじめる側の人間というのは実は一人では何も出来やしない『根性なし』なのです…。←今風にいうと『ヘタレ』(苦笑)
いじめられる側の子供がなぜいじめられるのかというと理由のひとつには『ビクビク・オドオド』しているというのもあります…。
現在いじめられている子供達は毎日地獄の様な日々を送っていると思いますが、そこから抜け出す為に『武道』を習う事を勧めたいと思います。
真の意味で『強い人』はいじめなどという『くだらない』事はしません。
柔道でも空手でも構いませんからやってはみませんか?
一回きりのこの人生、どうせなら明るい楽しくたくましく生きましょう!!
どんな事があろうともご両親だけはあなたの味方です。
遠慮なく打ち明けてください!!

『いじめ』になんか負けるな!!

失礼しました。

猫のひげ

No title
確かに、世の中全体が変です。今や自己チュウ、やモンスターペアレントがそこいら中にうじゃうじゃ居ます。
atomu34さんご指摘のごとく、空き缶総理を始めとする日本国民全体の問題ではあります。教育者だけに問題があるわけではない。

ブログ主様は、それを承知のうえでこのスレを立てたと考えます。いまさら非常識の塊のような大人たちを教育し直すことは極めて困難です。せめてマスメディアが普通の方向性を持っていればともかく、現状は株主とスポンサー、広告代理店Dによるものか、左巻きの親南北朝鮮、親シナに向かって悪くなる一方です。

だから成人はともかく、せめて子供たちにまともな教育を与えなければ、という切羽詰った危機的な状況に対するご意見なのだと思うのです。

戦前のものを全て全否定するGHQの政策や、政治的な意図から歴史を発明・捏造する隣人たちから日本を守る、今はぎりぎりのところまできているのではないですか??

-

ホットスポット4地点を指定、福島県南相馬と伊達、政府が避難を支援
ホットスポット4地点を指定、福島県南相馬と伊達、政府が避難を支援
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110617/plc11061702000002-n1.htm

放射性物質による汚染濃度の高い地点がある処がある。 
韓内閣はその原因理由に付いて言及していない。 
仮に原発3号炉の爆発によるのなら20Kmも離れた
場所に降り注ぐ汚染物質は空中に舞う塵埃となって
均一に降り注ぐ、従って韓内閣の発表は捏造情報であ
る事は明白。 地域住民を追い出すための策略犯罪行為
の証拠を掴み反日売国政府を糾弾しよう。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
簡約版はこちらをカッチとね

atomu34

世の中全体が変です
教師のセクハラについて一言。
モンスターペアレントの中には自分の憂さ晴らしの為に「子供がセクハラを受けた」と言っている方を知っています。あちらこちらに訴えて自分を正当化しようとしている。
確かに一握りの変な教師もいますが、世論に便乗して一生懸命がんばって生きてきた教師の人生を土足で踏みつけるような親がいるのも事実です。やはり教師ばかりではなく、大人自体の質が低下しているのではないでしょうか。
わが国の総理大臣はじめ国民の倫理観の欠如の改善が必要だと思うのですが?

一有権者

No title
私が知っている事のついて言えば他者から配慮をうけてもまともに挨拶さえできないものが校長職についているのを知っています。電話一本掛けて御礼さえいえないような者です。教育というより礼儀しつけができていないものが教育をするなどチャンチャラおかしい。

これでどうやって日本の未来を担う子供達を教育できるのかと。?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク