大人が子どもに見せてはいけないと思う態度・行動ランキング







「子は親を映す鏡」ということわざがあるように、子どもは両親をはじめとした周りの大人たちの言葉や行動を手本に成長します。

子どもの汚い言葉遣いやルールに反した行動を注意した時に、

「大人だってやってたじゃん!」と反論されたら、返す言葉がない(笑)

1位の《ゴミのポイ捨て》・・・まぁ、そうでしょうな(汗)

2位の《お礼や感謝の言葉を述べない》は、ようするに、

「ありがとう」と「いただきます」

ある中学校で、生徒の母親から
「給食費を払っているのだから『いただきます』を言う必要はない」
という要望が出たという新聞への投書が話題を集めたことがありました。

身近なところでも、「どうして給食費を払わないのですか」という学校側の知るもんに対し、

「だって注文してませんわ」と答えた母親がいて、騒然となったという話を聞いたことがあります。

「いただきます」は、眼の前の食べ物を与えてくれた動植物、農家の方、流通の方、そして作ってくれた人などへの感謝の言葉です。

人は、ひとりでいきているわけじゃない。

目の前にあるお味噌汁ひとつをとったって、大豆の栽培農家、、具ザイの栽培農家、ワカメ漁のおばちゃんたち、味噌工場で働く人々、味噌を入れるための包材屋さん、市場のおじさんたち、流通トラックの運ちゃん、問屋さん、スーパーのおばちゃん・・・・などなど、実にいろいろの人の手を経て、いま、眼の前の一杯のお味噌汁になっている。

そうした人々の支えによって、自分が、そのお味噌汁をおいしくいただくことができる。
そこへの感謝の意を「いただきます」の言葉であらわします。

その昔、武家では、大名や将軍様といえども、食事のときは正座して食べたといいます。

士農工商という身分制度はあっても、人口の9割が農家であった時代に、統治者である武家は、庶民への感謝の心を、三度の食事のときに、あらためて自己に言い聞かせる。そんな意味があったのだといいます。

ついでに言うと、隣の人に粗相がないよう、脇をしめて食べた。
両肘をはってごはんを食べるのは、お行儀が悪い(笑)

人は心で生きるもの。三度の食事にも感謝の心を忘れず、その感謝の心で民を統治する。そうでなければ施政者としての資格がない・・・そう考えられていたのです。

昔の日本人は、他人へ感謝の気持ちを持たないものは、恩をわきまえず、恥を知らない、そういう人を、恩知らず、恥知らず、といってさげすみました。

恩知らず、恥知らず、孝知らずは、礼を知らず、忠がなく、義がなく、正しい行いを忘れ(廉)、人を信じることができない。その八つの恥をしらない者を、「忘八者」といい、彼らは「人でない」とされた。

どういう人が忘八者かというと、遊郭の番人たち。
女性を、心を持った人としてではなく、肉体だけの女性器として扱うことを仕事とする彼らは、最早、人ではない・・・そう定義づけられたのだそうです。

どこかの国は「恨」の文化なのだそうですが、日本は「感謝」の文化です。

すべての自然の恵み、人々の努力に、常に感謝の心をもって接する。それが日本人の心なのだということができようかと思います。

すくなくとも、「給食費を払っているのだから『いただきます』を言う必要はない」などと、カネを払えばそれでいい、なんて考え方には、ねずきちはあきれてものもいえないのですが・・・・

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

ありがとう
ちょっぴり感動するお話です^^


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

コロ助さんコメントありがとうございます。
背中・・・だいじですね~~^^

コロ助

よい大人めざし
こんにちはいつも
見させてもらっています^^
確かに子供は大人を見て育ちますからね
子供のためにいい見本になれるように
頑張りたいものです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク