陛下のお言葉

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

天皇皇后両陛下


今年、3月11日に東日本大震災は起こりました。

そして3月16日、陛下からのメッセージをいただいたのは、みなさまご承知おきのとおりです。
陛下のお声を、我が国の言葉で「玉音」といいます。

それでは、みなさんに質問です。

陛下より、全国民に向けて玉音でお言葉を賜ったのは、これまでに何回あるでしょうか?

日本のご皇室は、2700年の古い歴史を持っています。
その歴史上、ときの陛下は、度々お言葉を発せられていますが、それらはほぼすべてが、特定の聴衆に向けてのものです。

たとえば、国会の開会式、あるいは国体の開幕式などで、陛下から都度都度お言葉を賜りますが、それらはすべて、その会場に集った人に向けてのものです。

陛下が「全国民」に向けて、直接お言葉を発せられたのは・・・・。

ひとつは、昭和20年8月15日の終戦の詔勅です。
「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」という、あのラジオ放送です。

では、もうひとつは?

我が国の史上2回目の玉音放送が、実は、3月16日の陛下からのメッセージです。
これはたいへんなこと、と言わざるを得ません。

今上陛下からのメッセージについては、3月17日の弊ブログでも、その全文をご紹介させていただきましたが、震災から3カ月が経ったいま、もういちど、あのときの陛下の玉音放送を、読んでみたいと思います。

~~~~~~~~~~~
【陛下のおことば】
(宮内庁HPより転載)

この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。

地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。
一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。

また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。
その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。

そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。

今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。

これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。

被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

~~~~~~~~~~

太字、下線は、ボクが勝手にひかせていただきました。

まず、最初の「事態の更なる悪化が回避されること」。

陛下は、原発の状況を深く憂慮されたうえで、関係者の尽力によって、事態がこれ以上悪化しないように、とおおせられている。

「事態がこれ以上悪化しないように」です。

ところが、いまの菅内閣のもとでの対策本部とは名ばかりで、現地に足を運ぼうともせず、まるでマッチポンプのように、事態を大変だたいへんだと騒ぐばかりです。

そしてついには津波の時点では何の被害もなかった高炉まで異常事態が飛び火し、そのうえ懸命に作業にあたる職員にはカップラーメン以外には食事の補充もせず、現場の警備もほったらかしで、他国のスパイがいくらでもはいりこめる状況を作りだしています。

加えて風評被害です。いまのままでは、東日本の農業は壊滅してしまう。
いまの政府は、もはや日本の政府とはいえない体たらくです。

事態はどんどん悪くなっている。
それはなぜかといえば、無能なリーダーが、復興対策の総責任者となっているからです。
だからこそ内閣不信任案を突き付けたのに、民主党内の前総理が現総理に易々とたぶらかされて、無能集団を率いる無能リーダーが災害対策にあたるという事態が、いまだに続いています。

とんでもないことです。

そして次に、「自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。」です。

陛下のお口から「自衛隊」というお言葉が出たのは、戦後65年にして、これがはじめてのことです。
しかも全国民に向けての玉音放送において、陛下は明確に自衛隊に「感謝し、労をねぎらいたい」とおっしゃられています。

ボクは、このことを、陛下のこのお言葉の、その瞬間に、自衛隊の存在さえも否定している現日本国憲法が、否定されたものと、解します。
日本は、早急に現憲法の無効取消を宣言し、あらためて国体の正規を取り戻すべきであると思います。

実は、最近発売された本で、堺屋太一の「第三の敗戦」という本があります。
ボクは堺屋太一の著書が好きで、また氏の歴史観などにもおおいに共感する者なのですが、この本における堺屋氏の主張には、真っ向から否定的に思っています。

この本で堺屋氏は、「復古主義に陥ってはならない。新しい知価社会の構築を」と説いているのですが、これは違うと思う。

日本の良いところ、日本の素晴らしさを、あらためて再認識するところに、これかの日本の出発点がある、と思うからです。
「新しい知価社会」というけれど、それが天壌無窮の神勅を受けた日本の否定を意味するなら、それは間違いのもとです。
日頃、温故知新を説く堺屋氏にしては、少々、主張が飛びすぎていると思っています。

およそ、学者や評論家、あるいは左翼系政治家などが、常日頃陥りやすい陥穽が、過去の否定、いいかえれば否定主義です。

過去を全否定し、新しい時代を築こうと言う。
それが間違いなのです。

過去、現在、未来は、一本の糸で間違いなく「繋がっている」ものです。
であれば、過去の良いところを学び、現在の問題点を探り、その上で新たな時代を築く。
否定主義ではなく、肯定主義でなければ、復活も復興もない。
ボクはそう信じています。

そして3つ目。
日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示している」ことに対して、海外では驚きの声が上がっている、という点です。

世界中、どこの都市でも、地震や津波が起これば、そのあとに必ず起こるのが「暴動」です。
商店は襲われ、陳列品は奪われ、支援食糧までもが盗難に遭う。
それが世界では、「あたりまえ」の出来事です。

問題はここなのです。

ニューヨークでも、ロサンゼルスでも、メキシコシティでも、上海でも、平時の姿は、どこの都市も同じようなものです。

着飾った女性たち、道行くビジネスマン、行き交う車、買い物する人々。
世界中、どこも、平時の都会というのは、似たようなものです。

ところが、一朝、事あると、その様子は一変する。
にこやかに買い物していた客たちは、突然暴徒となり、女性たちは襲われ、ビジネスマンは現金を奪われ、行き交う車は暴徒に囲まれてひっくり返され、炎上させられる。

ところが日本では、これだけの災害が起こりながら、市民は実に秩序ある行動をとり、しかも被災地以外の全国から、義捐金や支援物資が、次々と被災地に運ばれた。

いままで、義捐金や寄付など、一円だってしたことのなかったような人たちまでも、東日本大震災の被災地の人々のためにと、みんなが寄付金を出し合った。

戦後生まれの我々は、教育勅語は学校で教わっていません。
けれど、まさに、教育勅語に流れている精神は、日本人の心の奥底に、間違いなく存在している。
「一旦緩急アレハ 義勇公ニ奉シ」
まさに、その精神です。

教育勅語は、古くからある日本精神を、そのまま文章にしただけだ、といわれています。
このことは教育勅語の末尾にも書いてある。
「斯ノ道ハ
 實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ
 子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
 之ヲ古今ニ通シテ謬ラス
 之ヲ中外ニ施シテ悖ラス」
というのが、それです。

口語訳すると、
「かかる道は、祖先の遺訓であり、私達子孫の守らなければならないものです。
この教えは古今を通じて変わらぬ正しい道であり、日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道です」と書いてある。

つまり、古代から続く、日本人としてのあたりまえの生き方、考え方だ、ということです。

これはひらたくいえば、いったん事が起こった時に、「公に奉ずることをまず考える」か、「自分の利益をまず考えるか」の違いともいえます。

自分さえよければいいと思えば、略奪や暴動に走る。
日本人は、公に奉ずることを優先するから、まず何よりも秩序を重んじる。

これが、日本人の日本人たる凄みであり、世界が絶賛するところなのではないかと思います。

日本は、秩序を重んじる国です。
戦前の日本は、高い精神性を持った国でした。
戦後の日本は、高い経済性を持った国でした。
次の日本は、その高い精神性と高い経済性を高次元で両立させた、秩序正しく笑顔あふれる日本なのではなかろうかと思います。

そのために、私たちひとりひとりが、いまできることからする。
できることから行動を開始する。

陛下の玉音放送を真摯に受け止め、私たちがあらためて私たちの日本を取り戻すためには、何よりも日本を信じる心が大切なのかもしれません。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

天皇陛下からのビデオメッセージ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

和亭笑次郎

有り難いお話ですね。

畏れ多くも、陛下の大御心を賜った今、我が国祖法を遵守し、国體の精華を発揚し、義勇公に報じ、祖国の為に一致団結して、天壌無窮の神勅を否定した日本国憲法を無効とし、これを阻む全ての者を、粉砕しなければなりません!

この國は天照大御神様の御子が治める國。
臣民たる民が主権を曰うなどは逆賊。

御皇室の祖法皇室典範を、逆賊の手から奪い返す。

臣民の義務ですね。

湯たんぽ

先輩からの言葉
放射能が30年で半分になるセシウムを摂取しても、100日で人体から排出される、という記述について気になったので、補足させて頂きます。

放射性セシウムが体内にある100日のうちに、細胞の遺伝子が破壊される危険があります。具体的には正常な細胞が癌細胞へと変異します。

また、妊娠されている方や乳幼児は、細胞分裂が盛んなため、細胞が変異する確立が高いので、危険性が増します。
40代以下の方は要注意。40代以上の方も年間100ミリシーベルトも放射線を浴びるのは心配です。
結果は10年後でないと表れないので、あえて「心配」という表現にとどめます。

私は過去に、原子力研究所や福島第一原発で仕事をしたことがあるのですが、現在、お付き合いのあるエンジニアリング会社の社長の話を紹介します。

「原発の仕事はしない方がいい。」「私は船乗りだったけど、休暇の時に福島第一原発でアルバイトしていたんだよ。」「自分は短期間アルバイトして、また船に乗っていたから大丈夫だったんだけど、原発の作業に専従していた仲間は、皆、癌になって亡くなってしまったんだ。」

これは、事故後の話ではなく、原発が普通に稼動していた時の話です。
私も原発の定期点検中、格納容器に入り、データ取りなどをしましたが、放射性物質である燃料棒を抜いた状態でも、高い放射線量を警告する携帯アラームが鳴り響きました。
しかし、これは1台70万円もする携帯アラームを持たせてもらえるという恵まれた環境だったから知り得たことなのかもしれません。

コメントの中で「24時間365日を戸外で過ごして100ミリシーベルト被爆するのだから、実際の被爆はもっと少ない。」というご意見を拝見しました。

それはそれとして、私は許容値を20ミリシーベルトと、高く設定されている原子力技術者でしたが、0.07ミリシーベルト被爆したところ、「おまえ、(そんなに被爆したら)もう仕事できなくなるぞ。」と先輩から言われたものです。

この0.07ミリシーベルトという放射線量は、4日間の仕事での合計なので、1日当たり0.0175ミリシーベルト。
それでも先輩から注意されたのです。

いたずらに不安をあおるつもりはありませんが、ひとつの事実としてお話させて頂きます。

陛下が危惧してくださった「事態の更なる悪化を回避」するために身を挺して健闘していらっしゃる原発事故復旧に尽力されている方々に感謝申し上げます。

多額の費用が掛かってしまいますが、くれぐれも、作業後10年間は、すべてのがん検診を毎年、お受けくださいますように。

イシコウ

No title
日本は、日の丸、君が代、天皇陛下で決まり!

天皇陛下万歳!!

マカロン

今更ながらに
天皇陛下の素晴らしさ、自衛隊の活動に、胸打たれます

自衛隊の、その存在の有り難さ
日本国、日本国民の為に 命を懸ける方たちの素晴らしさに、頭が下がります

バカソーリのせいで、命を懸けている人たちは、満足に眠れず、食べれず、本当に命懸けで「赤の他人(特亜人も居る)」の為に働いている

こんな素晴らしい組織は 世界中探してもないと思います

米や他国でも戦争になって雇われ軍人にする時は、高い年収などで「釣る」んですから

ホリエモンがフジ買収しようとして、マスコミからバッシングされ「金で人の心が買えると思ってますか!」と嘘つきマスゴミ言葉は、今となれば虚しいだけです

金で「卑しい人の心」は買えます
だからマスゴミ(在日売国奴)は買われ、支配された


日本国民の心は買えません
日本国民の自尊心も買えません


嫌韓、反中、世界に広がってます

一有権者

No title
天皇陛下のお言葉を見て聞いて本当に心が休まると同時に何故か涙がでていました。

この日本という国に生まれてよかったと。

でも今の日本国の行く末を考えると非常に不安であると思いますし、なにより日本人でありながら日本を嫌いで日本国を壊そうとする人達が政治や大きな影響を持つマスメディアに多く携わっている事は危険が大きすぎます。
ましてやいつの間にか元外国人や外国人から献金を受けているような人物が大臣や総理の座に座っているようでは本当に危ない。

NHKもかつての戦争に関する番組は米英や日本軍の鬼畜ぶりを報道するが、朝鮮、中国の日本人に対する虐殺鬼畜を報道しない。これらの日本人に対する非道を隠蔽し日本ばかりが悪いといった報道を続ける。

NHKがスペシャル番組報道において台湾人の方達を含む多数の人達から訴訟を起されたのも事実。

事実を公正中立に報道しないマスコミは日本に必要ない。抗議すべきはどんどん行動するしか庶民にはもう手立てが無いのかもしれません。

愛信

専門家 東電の工程表に二つの問題
専門家 東電の工程表に二つの問題

http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jap/environment/2011-04-21/504804506556.html
(動画)
反日売国民主党政権とその仲間達の反日売国テレビ局・
マスコミが隠蔽して報道しない東電の工程表の問題点。 
韓直人首相や東電は信用出来ないのです。 時間が経て
ば経つほど日本の汚染は進行して全ての安全が破壊され
てい行くのです。 放射性物質で周辺海域を永遠に汚染し
続けて日本の環境の安全安心を破壊する詐欺師達の騙
しの犯罪手口を阻止して、早急に本当に安心できる確実
な対策を実施するように要請しよう。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

unknown_protcol

玉音放送といえば。
玉音放送といえば、
貴サイトと同様メディアパトロールジャパンお勧めブログに挙げられている

「私的憂国の書」様の記事によりますと、

http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-596.html

「実は阪神・淡路大震災の時にも玉音放送を流される予定だったが、マスゴミメディアが寄って集って潰した」
そうです。

既知の事でしたらご容赦を。

共通一次世代

誰が国民のために動いているか。
天皇陛下のメッセージ、改めてお聞きして、何か胸にこみ上げるものを感じました。同時に心が落ち着く感じがしました。


被災地の状況を見ていると、昨年の宮崎の口蹄疫をどうしても思い出します。
自民党の江藤拓議員が懸命に動き、政府与党に訴えていたことも思い出します。↓下記は江藤議員の言葉です。

「10年前の口蹄疫のとき、親父(江藤隆美氏)は鬼の形相で対策に取り組みました。日本の畜産農家を守ろうと必死に戦った。当時、我々は、口蹄疫について今よりも知らなかったのです。それでも、親父も自民党も10年前の感染で対策のノウハウを蓄積しました。それを今度は民主党に提供してでも、一緒に口蹄疫を防ぎたいとの思いで申し入れをしました」

今、小野寺五典議員をはじめ、被災地の自民党議員も懸命に動いています。彼らに共通することは被災地への思いが見えることです。当然ですが。

新潟地震当時、山古志村の村長で、家畜の移動を進めた長島忠美氏も、今、自民党の議員として、被災地のために動いています。

口蹄疫の時の江藤議員や、同じく宮崎県の自民党議員、古川禎久議員、松下新平議員もそうでした。

でも民主党は、宮崎の悲鳴を無視し、マスコミも民主の無策を隠蔽するために無視しました。

あの時、ネットでは、「宮崎が大変なことになっている」と拡散に努めました。でも、マスコミの力には遠く及ばなかった。
あの時、マスコミが、いかに民主党が無策で、責任逃れ、責任転嫁の政党であるか、いかに心のない政党であるかをちゃんと報道し、全うな批判をしていれば、また、どこの議員が懸命に動いていたかを公平に報道し全うな評価をしていれば、そしてそれによって国民が真実を知ることができていれば、「解散総選挙」があったかも知れない・・。
今の悲惨な状況がまだ救われていたかも知れない・・。そう思うと、悔しくてたまりません。

マスコミに一つでもまともなところがありさえすれば・・・。

一ヶ月前になりますが、江藤議員の予算委員会での質疑です。↓
是非、ご覧頂きたいと思います。議事録もありますので、そちらも是非読んで頂ければと思います。

昨年本当に苦しまれた宮崎の畜産家の方々の、東北の被災地への思いも伝わってきます。
だれもかれもが民主党とマスコミの犠牲者です。
そして、「政治家は誰がやっても同じだ」「民主も自民も同じだ」などと、今だに思っている国民にこそ江藤議員の質疑を見て欲しいです。

【5.16 衆議院予算委員会集中審議 江藤拓議員(自民)の質問 ‐ ニコニコ動画】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14471184

【自民党衆議院議員 江藤拓 オフィシャルサイト】
★『2011年5月16日 衆議院予算委員会議事録(PDF版)』枠のところをくりっくしてください。
http://eto-taku.jp/seimukann/newpage5.html

愛信

会期延長なし、国会機能停止
自民・大島副総裁「こんな首相は見たことがない!」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110621/stt11062119330014-n1.htm

【関連情報】
会議の案内
平成23年06月22日(水)
本会議      議場 10:00
内閣委員会   31委 11:00
総務委員会   41委 11:00
法務委員会   23委 11:00
以下省略
全委員会同時開催
http://online.sangiin.go.jp/cgi-bin/yotei.cgi

会期延長なし、国会機能停止
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

グリーンマメ

風評被害
廃業を決断された、農家の方のブログです。
http://ameblo.jp/noukanomuko/entry-10926646707.html
長いですが、読んでみてください。
何が風評を生み出しているか、参考になると思います。

愛信

10分頃からKBS(韓国テレビ)の仮設住宅受注1兆ウオン
開会日 : 2011年6月21日(火)
会議名 : 総務委員会
収録時間 : 約2時間17分
案件(議題順):
政府参考人の出席要求に関する件現下の厳しい経済
状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るため
の地方税法等の一部を改正する法律案(閣法第83号)

片山さつき(自由民主党)http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5612&mode=LIBRARY&pars=0.9064791339893157
10分頃からKBS(韓国テレビ)の仮設住宅受注1兆ウオン
に関する件の真偽を質す。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

多峰鋭太

地道に証明している方はいらっしゃいます
バカにつけるクスリ希望様

一応医療従事者で、その立場で書きます。

低線量率放射線に関してはその昔の「ほねつぎ」の皆さんが非常に線量の高いX線を照射して厚紙のようなものに映して検査をしておりました。今の所あれで骨癌や白血病が発生した例は確認できておりません。

水俣病と違うのは放射性物質が現状、何をやっても時間の経過以外その性質が変わらないものであることです。

下記のブログで紹介された高田教授のことはご存知でしょうが、ここで紹介されたのは食事でセシュウムを摂取して百日でゼロになった例です。その百日でどんな影響があったかは今後の確認事項としても、少なくとも食事に関しては排出される期間は非常に短い。

一番怖いのはタバコのタールが生理的に処理できない(排泄できない)様に吸い込むことがまずは問題。ここの影響に関しては『安全』を唱える皆さんが証明していない部分ではあります。

結局の所「怖い怖い」だけでは何も解決できないので、地道な検証作業が必要なことだけは明らか。きっと日本人の粘り強い研究が、世界を安心させると信じてはおりますが。

http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/1865/
一部抜粋です。

今、外部被曝より内部被曝が怖いと、わからないままに不安になっている方もいますが高田教授ご自身は、外国での被爆地調査の時におもいきり高濃度のセシウムに汚染されたキノコ料理を村人に出されて、たくさん食べられました。そのセシウムは、半減期が30年だったのですが、高田教授は、自ら人体実験したわけです。

その結果、なんと、100日で完全にセシウムはなくなったのです。半減期30年のセシウムでも 体内では100日で排出されてゼロになるということです。環境、そして人体の自浄作用においては、半減期の数値はまったく違うものであるということです。

今の、避難地域についての 基準値というのもおおざっぱすぎる計算であり、危険だと信じるに値しないもの。
たとえば、飯館村で、一時間あたり20マイクロシーベルトだとしましょう。

積算すると、一日で480マイクロシーベルト3カ月居続けた積算被ばく量は100ミリシーベルトだーーーーーとか大騒ぎしてますがこれは、戸外で24時間過ごして、それを三か月続けた数値でしょ。

だいたい、放射線があるよという地域で、住民が普通に生活して24時間 ぶっ続けで寝ないで 戸外に立ってるという状況なんてありえないでしょう。

<抜粋終り>

バカにつけるクスリ希望

No title
福島県、北関東の農作物の放射能汚染は、
憂慮すべき問題だと、
理解出来ないのですね。

放射能が安全だという根拠を、
明確に示すべきでしょう。

水俣と同じ流れだと気が付かないのですかね。
10年後、ご自分の間違いに気付いて下さい。

僅かな数の学者の宗教に近い思い込みに、
子供達の安全性を任せていられないのですがね。

愛_信

人権侵害救済法案提出へ
人権侵害救済法案提出へ
http://www.youtube.com/watch?v=NU_CRQTYTCw&nofeather=True
(動画)

【関連情報】
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi

反日売国勢力による日本人社会の破壊活動は自公政権
の時にも、民主党政権に成っても大変不安な情勢が続い
ています。 この両方に共通している政治勢力が公明党
です、日本国民の安全安心を守るためには愛国系国会
議員を応援しましょう。 反日売国系議員達の政党民主
党の明らかな売国政策に反対すると同様に公明党議員
の排除が必要です。
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

heartail

No title
教育勅語がなぜ戦後、私たちの教育から抜かされたのかはきちんと追究して調べておかねばと思います。
そして、嘘で塗り固められた「南京大虐殺」「慰安婦問題」や日本侵略説が掲載された教科書で教え込まれた国民は、文科省や教育委員会、学校を訴えて然るべきではないでしょうか?
水間政憲氏が、真実を証明する資料集「南京の実相」など出版されています。これからは、今までの教育が間違っていたことを教科書に明記し、日教組は解体、政府は全国民に真実を広報する義務があります。

-

過ぎたるは・・・
天皇陛下は教育勅語の復活などお望みではないように思われます。
古今東西、冷静さを失った行動で得られるものは少ないものです。

おばさん

明治生まれの祖母の教え
私の祖母は明治生まれです。
その祖母から小学生の頃よく言われたのは、「嘘はつかない」「人のふり見て我がふり直せ」「人を呪わば穴二つ」「人には親切に」など、きっと学校でも教わっていたのでしょうけれども、不思議と祖母から言われた事だけが頭の中に残ってます。
そして、これもよく祖母が言っていたことですが「お天道様に顔向けできない事はしない」。50歳を過ぎても祖母の教えを堅く守って生きております!!・・・・?
日本人は昔から一般の人達が、こうやって自分を戒めながら生きてきたのでしょうね。


愛信

民主党執行部 1・2年生議員に総額2億円の再選準備金配る
民主党執行部 1・2年生議員に総額2億円の再選準備金配る
http://www.news-postseven.com/archives/20110621_23622.html

金と政治に塗れた腐敗しきった民主党の実体を多くの
人々に知らせよう。インターネットと無縁な人々には置
きビラやニュース記事を印刷した物をコピーして配布。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
PS:
【朝鮮儀軌引き渡し協定国会承認】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscsgk.cgi
【有権者の皆様へお願い】は必ずお読み下さい。http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/chsk.cgi

多峰鋭太

現憲法と天皇陛下
日曜日に友人と憲法の話になりました。

憲法改正は衆参2/3ずつ必要だが、憲法の否決は過半数で済む。
そうなれば帝国憲法に戻るか、イギリスの様な非成文憲法に
なるだけで、皇室典範のみが国の在り方を決めることになる。

と、話すとある女性は「戦前に戻るのですか?」と眉を顰められました。・

この反応は予想通りだったので「では帝国憲法にはお詳しいのですか?
と尋ねるとこれまた予想通り全く知らない。

つまり戦前に対するバイアスが掛かった情報がご自身の情報の基礎になっている
ことを指摘すると随分と納得されていました。

帝国憲法の問題点は、どこかの時点で陸海の大臣が現役の中将か
大将に限ることを認めたことで、軍の自己目的化止められなくなって
しまったことが、開戦当初の目標である早期講和に繋げられなかった
一番の原因と私は思います、と話すとこれも認めていただけたようです。

この女性、歴女で独学でCPAを取得するような才女ですから、
自身の認識の誤植に気付くのも非常に早い。

ついでに非成文憲法ですが、ルールが無くなったら無秩序になる
国民ではないことは、先の震災が証明しました。
痛ましいことですがこれも国民の財産として考えるなら、
成文憲法が無くなっても無秩序な国家運営には、中心に天皇陛下が
いらっしゃる限り成り得ない国であることは証明されてしまいました。

また、本年初頭、共通の友人がインディアナ州に転勤したのですが、
これまた、皇室に無関心だったのに、周囲に
「両陛下の正式なお写真は何処に行けば購入できるのか?」を、
しきりに訊いて来るようになりました。

この事実がこの女性の認識を一変させたようです。

余談ですが、自分なりに調べてみたところ、
地元の放送局のメディアセンター(映像サービス)の
皇室担当者によれば、両陛下は正式なお写真を残したがらない
とのことで、昭和天皇陛下のような、どこのお宅にもあったような
写真は無いそうです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク