夏目漱石と日本人的生き方

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

半藤一利氏
半藤一利氏


「日本文化による国際貢献を考える研究会」という組織があります。
参議院議員中山恭子先生が主催する会なのですが、この第11回の研究会で、作家、随筆家の半藤一利氏が「夏目漱石の『坊ちゃん』を読む」という演題で講演をされました。

このときのお話が、中山恭子先生の「国政報告、第13号」に掲載されましたので、今日はそのお話をご紹介してみようと思います。

~~~~~~~~~~~
1 博士号の辞退

明治44年に、文部省は漱石に文学博士号を出しました。

漱石は「文学博士なんていらない」と、文部省と激しくやりあいました。
「文学博士夏目漱石殿」との手紙が届くと、漱石は「俺じゃない」といって返すんです。
断固として「自分は文学博士ではない」とがんばった訳です。
後に、「自分はあくまで、ただの夏目某という人間でありたい」と説明しているようです。

実に、漱石らしくて気に入っている話で、この博士号の辞退という問題は、漱石らしいところが一番出ていると思います。

2 「坊ちゃん」の文明批評

「坊ちゃん」は、漱石が愛媛県の松山中学校の英語の先生をしたときのことが書かれているというのが定評ですが、実はそうではないということをお話します。

「坊ちゃん」は、明治39年3月17日から一週間で書き上げたと思われています。
3月13日に漱石は、11章からなる「我が輩は猫である」の10章を書き終えています。

そのまま続けて11章を書かないで、突然思いついたように、17日から「坊ちゃん」を書き出したのです。

このとき漱石は、東京帝国大学の英文科の講師をしており、その年の2月の入学試験で、試験委員を命ぜられます。
漱石はそれを断ったんです。

「問題を作っているのは教授会じゃないか。問題も作っていない連中に、後から採点しろと言ったって駄目だ」といって、突っぱねたらしいんです。
教授会は驚きまして、大騒動となる。
間に入った人がいろいろやったんですが、漱石は頑としてきかなかった。

翌年、漱石は講師をやめちゃいます。
みずからの意思で、みずからの前途を断ち切った。
凄い闘争を行った訳です。

とつおいつ考えているうちに、突然、東京大学の馬鹿馬鹿しさ、この御役人風、御大名風になっている大学の中味を書いてやろうと思ったに違いない。
赤い表紙の帝国大学という本を小脇にかかえて、琥珀のパイプをプカプカしながら、金鎖を胸につけた赤シャツは、松山にはいません。東大にいた。

こういう先生をたくさん書いて、ばれないように全部、松山中学にした。
漱石は、東大に対する文明批評として「坊ちゃん」を書いたのだろうと、私は思います。

3 宿直制度

「坊ちゃん」のなかで、文明批評のひとつとして宿直という話が出てきます。
坊ちゃんが日曜日なのに宿直を命ぜられまして、「こんな退屈なことはやってられない」と、今の道後温泉に行く。
途中、狸校長と出会って「宿直が外なんか歩いて良かったのかな」と狸が嫌みを言うんです。
この言葉つき、また東大の先生的なんですね。

漱石が、なぜ「坊ちゃん」の中に書いたかといえば、明治31年3月に長野県上田の小学校で火事が起き、校長先生は、御真影も教育勅語の謄本も灰になったと思って、翌日、責任をとって腹を切って死んだという事件が起きた。
これが当時の新聞に「校長の本文を尽くした見事な死」と英雄的に扱われました。

漱石は、宿直の非条理を考えた。
紙一枚のために、人間の命が粗末にされる。馬鹿馬鹿しいことではないか、という文明批評の目で、書いているのです。
漱石が、この御真影とか教育勅語を否定したという意味ではございません。

4 日露戦争後の日本

明治の人は、自分たちの仕事が、かならず公のためになるんだ、私のためだけではないんだ、みんな確信していたと思います。
漱石もそうだったと思います。

いい時代であった明治が、実は日露戦争が終わった後に、ガタガタとなるんです。
日露戦争後、日本は学歴偏重社会に、金権主義的に、享楽主義的になった。
この3つの傾向に乗り遅れた人達は、虚無的になり、社会主義的傾向になった。

もうひとついけなかったのが、戦争の真実を隠したんです。
ロシアには確かに海軍は勝ったんですが、陸軍は勝ったわけじゃないんです。
この「やっと勝った」という事実を隠したんです。

日露戦争後に、すべてをちゃんと明らかにしとけば、もう少し日本人は違ったんじゃないかと思います。
漱石はそれをみていた訳ですよ。

5 現代を書いている。

漱石は明治41年の「三四郎」の中で、「こんな状態じゃ日本は滅びるよ」と言っているんです。
いまの日本も、学歴偏重、金権尊重、享楽的な人たちばかり。
そう考えると、漱石の小説は現代を書いているといえるかと思います。

ただ修善寺で血を吐いてからのあとの小説、「こころ」とか「行人」とかは、漱石は人間の心の中の悪の方に目を向けましたので、文明の批評はなくなります。

従いまして、明治の時代を知るための漱石としては、「門」までの小説がよろしいわけです。
~~~~~~~~~~~
(引用ここまで)

漱石といえば、好きな「草枕」の一説に以下の文章があります。
~~~~~~~~~~
山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。

智(ち)に働けば角(かど)が立つ。
情(じょう)に棹(さお)させば流される。
意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。
とかくに人の世は住みにくい。

住みにくさが高(こう)じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟(さと)った時、詩が生れて、画(え)が出来る。

人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣(りょうどな)りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、束(つか)の間(ま)の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
~~~~~~~~~~

「自分はあくまで、ただの夏目某でありたい」と『文学博士号」を蹴っ飛ばした漱石は、肩書きや名誉、あるいは学歴、経済力などではなく、「人である」ということを追求し続けた人であったかと思います。

そして人の一生とは、地位や名誉、あるいは金力を得ることが価値のあることなのではなくて、そのつかの間の命を、何にどう使い、人としての本来の価値を生きるかにこそ、価値があると考えたのではないかと思うのです。

地位も、名誉も、経済力も、しょせんは人と人との間によこたわる相対的なものでしかないです。
たとえばルーピーや、バカンは、優秀な大学を出、総理となり、莫大な経済力も手に入れました。
けれど、ああいう人間になりたいと思う日本人は、すくなくとも本来の日本人としての魂を持つ人ならば、まず、いないのではないか。

昭和初期に、日本の大臣級の人達が乗っていた運転手付きの車は、当時としては破格の値段がするものだったし、大金持ちか国家の最高権力者くらいしか乗ることなどできなかったクルマです。
けれど、そのクルマの性能や社内の広さは、いま、おばちゃん達が乗っている軽自動車以下でしかない。
いま、ものすごい贅沢品と思われている物でも、あと数十年したら、それってただの一般庶民なら誰もが普通に手にしているようなものになっているか、あるいは何の価値もないものになっている可能性すらあります。

たいせつなことは、「越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、くつろげて、つかの間の命を、束の間でも住みよくすること」。
そのために、わたしたちひとりひとりが、自分でできることから、すること。し続けることが、大切なのではないかと思うのです。

半藤先生のおっしゃる通り、漱石は、数多くの著作を通じて、まさに身を以てそれを訴え続けた作家と言えるのではないか。
だからこそ漱石の文学は、現代になお、燦然と輝くものとなっているのではないかと思うのです。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

大岡昇平も参加! 半藤一利が振り返る歴史的座談会


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

至高

長期政権への道
菅直人首相が掲げた重要政策が一様に滞っている。首相の退陣表明を受け、各省庁も動くに
動けない状況。首相の関心が、東日本大震災の復興やエネルギー政策に限定されていることも影響
しているようだ。

 「関係国の情報収集に努める一方で、東日本大震災や原子力発電所事故によって被害を受けている
農漁業者の心情にも配慮しつつ、総合的な検討をしている状況だ」。枝野幸男官房長官は1日の
記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の検討状況を聞かれ、苦しい説明に終始した。

 また、東日本大震災への対応強化に向け、閣僚枠を3人増員する内閣法改正案の成立を優先するため
として、2009年衆院選で民主党公約の目玉だった政治主導確立のための関連法案を取り下げた。
もっとも、閣僚増員も野党の反対に加え、首相の進退をめぐる政局の混乱で実現されず、首相は
6月27日、現行の17人枠の中で閣僚を一部交代させた。

 首相が「政治生命を懸ける」としていた税と社会保障の一体改革では、10年代半ばまでに消費税率
を10%に引き上げることを柱とする政府・与党案を決定した。しかし、民主党内の根強い異論を
踏まえ、増税時期は「15年度までに」から後退。与野党協議についても野党は「退陣する菅首相の
下ではできない」としており、開始のめどは極めて不透明だ。

 「早晩代わる政権には、政策の方向性を決められない」。菅政権の弱体化を見透かすように、官僚の
反応は冷ややかだ。ただ、こうした批判にかかわらず、首相は再生可能エネルギー促進法案の成立に
強い意欲を示す。「官邸はエネルギー政策しか興味がない」。政府筋はあきれたようにこう語った。

▽時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011070300084




国民の関心が原発にしか向いてないことを反映してるんだよ。

だから、後、二年は政権にしがみつき、任期終了直前に、原発推進か反対かの解散選挙をやって、もし勝てば、小泉政権を抜く長期政権を確立できるかもしれませんね。

サラリーマン

No title
バリバリ左翼の 半藤一利 を取り上げて、夏目漱石分析に同調している本日の、管理人さんどうしましたか?
 物の見方があまりにも浅くありませんか?

酒井法子 覚せい剤事件の時にも?を感じましたが、

管理人さんが左翼思想家とは思っていませんが、今日はやはり
疑問深しです。

愛信

(速報)コクサッキーウイルスA6型(CA6)による手足口病の流行―島根県
(速報)コクサッキーウイルスA6型(CA6)による手足口病の流行―島根県
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3773.html

第23週には東部地区で警報レベルの5.0以上の報告
患者数となり、西部でも患者の増加が認められる
(図)。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/graph/pf37731.gif

【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
【新型ウイルスタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

シナが沖縄に駐留する

日本が沈没します
今日の日経紙に目立たない記事がありますが、その内容は結構深刻な
ものがあります。中国が日本のモノ作り技術を、周到な国家戦略に基づいて
奪おうとするものです。
 今日の報道は、「昭和電工がハイブリッド車モーターの磁石原料となる
高性能合金の生産を中国に移管する」というものです。中国政府は、レア
アースの輸出規制を使って、そうせざるを得ないように昭電を追い込んだ
ようです。
記事は、「今後、他の原料メーカーも追随を迫られる可能性がある」と書いて
います。目立ちませんが、こうした原材料や高性能部品は日本の生命線です。
 そういえば昨年大騒ぎになった、家電製品に組み込まれた「ブラックボックス」
(暗号)を中国政府に公開しないと,生産や輸入を認めない、として問題になった
件は、その後どうなったのでしょうか?結局、押し切られたのでしょうね。
 新幹線技術の“横領”は分かり易い事例ですが、液晶や薄型テレビ、太陽光
発電パネル、LEDなど日本企業が10年~20年かけて開発した技術が、実用化
されるといとも簡単に中国や韓国に追いつかれています。技術を盗まれていると
しか思えません。
 国家が諜報機関を持たず、監視や取締りが全くなされていません。勿論、罰則
もありません。大学や研究機関などは何の警戒感もなく、“留学生”を受け入れたり、
学術交流をし、最先端技術を中国人民解放軍の現役将校に渡したりします。
(例えば、レーザー光線の研究では、アメリカに指摘されてやっと気づく有様です)。
 こうして、日本が膨大な冨を盗まれるだけでなく、国家を危うくしているのですが、
そのことに危機感を抱かない政治家やマスコミは一体どうなっているんでしょうか。

(・o・)夏目漱石は千円札になっている位、体制的ですね。

(^_^;) 五千円の一葉女史の方が、シナの脅威を自覚していたけどね!

愛信

焦点/自衛隊一部撤収/被災地、感謝の声/最大10万人の命支える
焦点/自衛隊一部撤収/被災地、感謝の声/最大10万人の命支える
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20110701_01.htm

被災地の方々に勇気と自信を与えてくれてありがとう。

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
半藤一利は反体制ぶった言説を売り物にしている
左寄りの作家だと思っていましたが、どうなんでしょう。

八目山人

漱石や三島は同類それに比べて安倍さんは良い
共通一次世代さんありがとうございます。左翼の本質を100%理解されておられるのは、貴女しか居られないと思っていましたのでうれしいです。
私も何十年前には、漱石が日露戦争後に書いた「日本は滅びる」とか、三島由紀夫の「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、裕福な、抜け目がない、或る経済大国が極東の一角に残るのであろう」というのを評価していましたが、所詮物書きは観念論でしかないという結論に至りました。
三島には自衛隊へ行って決起せよと叫んで自決するのでは無く、ノーベル賞を取って、その名声を利用してテレビに出まくって、日本の問題点を力説してほしかったです。

安倍さんは良いですね。
復興のための法律が成立していないのは自民党が邪魔をしているのではなく、民主党が国会に提出していないからだ。生活再建支援法に基づくお金の支給は、政治主導の名の下に、審査する人が12人しかいなくて遅々として進まないからだ。東京書籍の教科書には、自衛隊の事は4行しか書いてなく、しかもそのうちの2行は違憲の疑いが有るとの説明だ。
これら全て具体的な指摘には感心させられます。
テレビにはいつも山本一太が出て何かごにょごにょ言っていますが、民主をグーの音も出ないようにやっつけると言う勢いが感じられません。
左翼がいつもやる様に質問には答えず、具体的に現政権のとんでもない胡散臭さを言い続ける人は出してもらえないのでしょうか。

マカロン

漱石は好きではない作家
どれも チラッと読むだけで興味が失せる作家(一つも買った事が無く、親も持って無かった)
名作といわれてるが、感性は人それぞれ
私には、合わなかったようです

朝日新聞に入社したのも、その感性が導いた事か…

漱石の最期、綺麗な作り話みたいなのが残ってるのも、何だかなあ、と…

失礼致しました


暑くなりました
体調を崩しやすくなってますから、お気をつけてください

垂逸

永久機関
>海水から水素(H2)ガスを取り出し化学的に反応させると純水が生成される。

エネルギーを使わずに海水から水素を取り出せれば良いのですが、そうは行きません。
たとえば海水を電気エネルギーを使って分解して、水素を取り出し、それを燃焼させてエネルギーを取りだした場合、海水を分解する電気エネルギーの方が、水素を燃やす(もしくは燃料電池にして使う)場合のエネルギーよりも大きいのですよ。つまり合計では電力が必要になるのです。

合計で電力が余るのであれば、ずっと昔に誰かがやっています。

Stratcaster

No title
半藤一利などの左翼的歴史家を持ち上げているのには少々がっかりです。
日露戦争で陸軍はちゃんと勝ってない、など意味不明です。
この人はノモンハンも日本が駄目だったように言う人ですから信用できません。
日露戦争までの日本人はエラかった、と言うのは司馬遼太郎と同じですね。

今日のエントリーは内容は良いですが半藤某はいけません。

色付きの文字

共通一次世代

No title
>漱石が今生きていたら絶対サヨクに成っていたと思います。

八目山人さん、私も、そうかも知れないな、と思いました。
今の時代なら、ものすごく「利用」されていたでしょうね、マスコミに。

「文化人」は「政治」という超現実的な世界に首を突っ込むととんでもないことになるとつくづく思います。

理想的な世界を心のなかに描くことや、それをまた、現実の世界で生きて行く中で「噛み砕いて反映させる」ことは自分たちには出来ますが、政治という超現実的なものを背負う政治家にはそれに加えて、現実と向き合い、自分の理想とするものを折りあわせ、国民を納得させるという、恐ろしく厳しい作業があると思います。
すべての人達が納得でき、全ての人達が救われる政策などあり得ないから、どこかで妥協しなくちゃいけない。現実に「法」は「線引き」をしなければ、いくらでもザル法となり、あくどい人間が得をし、はびこってしまうことにもなりかねない。

それをフォローするのも結局「人」であるけれど、それを手抜きしたらどうなるか。社保庁が起こしてしまった年金問題はそういうことだと思います。

ひとりひとりの声を聞いても全てに答えることなんて絶対に出来ない。そんな事をすれば法治国家が崩れる。感情だけで法が出来上がっていたらそれは人治主義にも繋がる。

マスコミのみのもんたなどを見ていると、毎日ああしろこうしろと焚きつけまくっています。さも被災地の味方のごとく感情的にだけで言葉を発しています。
そして早い段階での膨大な政策提言や、政府与党が動かないために議員立法を出している自民党に対して、「何もしていない」とか「邪魔ばかりしている」などと勝手なことを言い放っています。

震災の現実を丁寧に捉え、それを政策に反映させるという当然政治家としてなすべき行為をやってきた自民党に対して、こんないい加減な態度を公のテレビで垂れ流すことが許されていいのかと思います。

みのもんたは自称文化人。
そして、理想だけを追い求め、現実を見ない。毎日動く現実に並行するように動いてるのは自民党の議員であり、与党民主党ではない。

文化人の得意技は「現実逃避」であり、政治家と相反する位置にあることを国民は理解するべきだと思います。

【‪安倍晋三・元総理11.6.30①民主党に政府を任せていいのか!?シンポジウム】
http://www.youtube.com/watch?v=JeAV3C_NjQ0&feature=player_embedded#at=360

八目山人

漱石も所詮物書き
漱石は日露戦争勃発の2年前に日英同盟が締結された時、こう言っています。「乞食が御大尽と結婚できて大喜びしているようなものだ。」
明治政府の要人は、イギリスに味方したインディアンがどうなったかを知っていました。
横井小楠や佐久間象山は「イギリスは世界で最も侵略的だから、ロシアと同盟すべきだ」と言っています。当時日本一の碩学ですらそんな認識なのです。

伊藤博文や小村寿太郎の苦悩を理解できず、斜に構えて批判しか出来ない人、今もいっぱいいますよね。
漱石が今生きていたら絶対サヨクに成っていたと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク