影響の輪、関心の輪



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

朝日


ひさびさのブログ更新となります。
とにかくパソコンが壊れてから、なにかと不自由していて、あまり時間もないものだから新しいパソコンのメンテナンスもなかなか進まず、いまだにメルマガの配信もできないでいます。
楽しみにしてくださっている方々には、本当に申し訳なく思っています。
共通一次世代さんをはじめ、毎日、貴重なコメントをいただき、たいへんありがたく、厚く御礼申し上げます。

さて、ひさびさの更新にあたり、歴史とはあまり関係がないお話なのですが、日頃思っていることを少し書いてみたいと思います。

実は、昔、サラリーマンだった頃のことですが、ボクのいた会社はたいへんな研修好きな会社で、現職の間、実にさまざまな研修を受けさせていただきました。
その中で、これだけは研修を受けてみて本当によかったと思えた研修がありました。
それが「目的を達成する7つの習慣」という研修です。

「7つの習慣」は本にもなっていて、その本のカバーに写真が載っている米国人のスキナー先生から直接、研修を受けさせていただきました。
「7つの習慣」は、全米でもたいへんなブームを巻き起こした研修で、たしかに本当に勉強になった。

その中で、今日はひとつだけ「影響の輪と関心の輪」について、述べさせていただきたいと思います。

以下のお話は、
http://www.franklinplanner.co.jp/learning/monthly7habits/m7h_05.htmlから転載させていただきました。

まずはご一読されてみてください。

~~~~~~~~~~~~~
わたしたちが日々直面する問題、課題やチャンスは、健康や子供、職場での問題、金利、株、国際情勢、天気など多岐に渡っています。
今挙げた例を見ると、まったくわたしたちの手に負えないものもあれば、どうにかなりそうなものもあるということがわかります。

ここでは「影響の輪」と「関心の輪」という2つの輪について学びます。
下のモデル図をご覧ください。
まず内側の輪が「影響の輪」と呼ばれる、あなたがコントロールできるものが入る輪です。
外側の輪が「関心の輪」と呼ばれる、あなたがコントロールできないものが入る輪です。

影響の輪関心の輪


自分でコントロールできないことばかりを心配してほとんどの時間を過ごしたら、ますますどうしようもない気分になります。
自分でコントロールできることに目を向けると、実際どうにかすることができるし、心も穏やかになります。
 
反応的な人は、ネガティブなエネルギーを発生させ、影響の及ぼすことのできる事柄をおろそかにするので、影響の輪は次第に小さくなります。
影響できることが減ってしまうと、他人の欠点や周りの環境などばかりが気になり、関心の輪が大きくなっていきます。

主体的な人は、努力と時間を影響の輪に向け、自らが影響できる事柄を集中して行おうとします。
影響の輪に集中すればするほど、自分が行ったことが回りに影響を与えるので、関心の輪が小さくなり、影響の輪が大きくなっていきます。
つまり、影響の輪にエネルギーを集中できる人こそが、主体性を高めることができるのです。

ここで関心の輪に集中するのをやめ、影響の輪に集中したことで全く違う結果を生み出したスティーブン・R・コヴィー博士のエピソードを紹介しましょう。

====================
数年間にわたり、私はとても強引な性格の社長が率いる組織のコンサルタントをしたことがあった。
その社長は業界動向を予測する能力が高かった。
彼には天才的な能力、知力、想像力があった。
そして社員の誰もがそれを認めていた。
しかし、彼の経営スタイルは非常に独裁的なもので、部下をまるで判断力のない使い走りのように扱っていた。
従業員に対する口調も「これをしろ、あれをしろ、あれを取って来い、俺が全部決めるから」という口調だった。

その結果、周りの経営幹部全員を敵に回すはめになった。
幹部らは廊下に集まると、彼の陰口を言うようになった。
その言い方はとても巧妙でまるで会社の状況を改善しようとしているかのような口ぶりだった。
しかし、結局のところは延々と悪口を言い続け、社長の弱点や欠点をあげつらい、自分たちの責任を回避しているだけに過ぎなかった。

しかしそうした経営幹部の中でひとりだけ主体的な人物がいた。
彼は感情ではなく価値観に基づいて行動していた。
彼は率先力を発揮し、言われる前から先を予見し、社長の気持ちを読もうとしていた。
社長の状況や立場を理解するように努めた。
彼は社長の弱点を認識してはいたが、それを批判するのではなく、それを補うようにしていた。
部下たちに社長の管理スタイルなどの影響を感じさせないように努めた。
そして社長の長所を生かすように努力した。

彼は自分の影響の輪に集中した。
彼も使い走りにされていたが、求められた以上のことをするようにしていた。
社長のニーズをうまく汲み取り、社長の考えを理解し、社長に報告を上げるときは、要求された情報だけでなく、社長のニーズにあった分析とその分析に基づく提案、あるいは意見もあわせて提出するようにした。

ある日私は、コンサルタントとして社長と話していた時、社長が次のように言い出した。

「先生、この人物はすごいんですよ。要求した情報を出すだけでなく、私がまさに必要としているほかの情報も提供してくれる。そのうえ、私の一番心配している事例の分析も行っている。そして、提案もまとめているんですよ。それは実に分析とあっているし、その分析はデータと一致している。彼の担当部署については何の心配もしなくていい。これはなんとも楽な気持ちですよ」

次の会議で他の経営幹部に対する社長の口調は、「あれやれ、これやれ」といういつもの口調であった。
しかし、この人物に対してだけは、「君の意見はどうだね」という言い方に変わっていた。

つまり、彼の影響の輪が広がっていたのである。

社長のこの言葉が、会社の中にかなりの騒ぎを引き起こした。
反応的な経営幹部たちはまた廊下に集まると、今度はこの主体的な人物の悪口を言い始めた。

ところが、この人物は彼らに対しても主体的だった。
徐々に彼らに対しても、彼の影響の輪が広がり始めた。
やがてその組織の中で、この人物の賛成と参加を得なければ、社長も含めて誰も重要な決定を下せないほどに、彼の影響の輪が拡大した。

しかし、社長はこのことを脅威に感じる必要は無かった。
なぜなら、この人物の強みは社長の弱点を補うものだったからである。
2人の強さを活かしあい、相互に補完しあうチームを形成したのだった。

この人物の成功は、周りの状況に依存するものではなかった。
他の経営幹部たちも全く同じ状況だった。
しかし、その状況に対して、彼は違う反応を選択した。

影響の輪に集中することで違う結果を生み出したのである。
============
~~~~~~~~~~~~

引用文をご一読いただいて、みなさまにはいろいろな感想を持たれたことを思います。

やや繰り返しになりますが、整理すると、
「影響の輪」=自分で直接影響できること。
「関心の輪」=関心はあるが、自分では影響できないこと(天気や株価など)
ちなみに、関心の輪のさらに外側は「自分では影響することができず、関心もない世界」となります。

政治問題に例をとると、たとえば一般人の私たちには、政治的決定事項や各種法案について、多大な関心があったとしても、多くの場合、政治家ではない私たちひとりひとりには、それに対して直接の影響力を行使することができません。
個人ができることは、残念ながら選挙の際の「一票」だけです。
要するに政治は、多くの場合、関心の輪の事項だ、ということです。

しかし、だからといって売国法案をみすみす見過ごすことはできないし、なんとしてもこれを阻止しなければならない。
ならばどうするか。
ここで影響の輪が登場します。
自分で影響できることをする、ということです。
ブログやMIXI、ツイッターなどで情報の拡散をするもよし、街宣デモに参加してシュプレヒコールをするもよし、自分の所属する団体を経由して抗議文を送るもよし。
やり方、方法はいくらでもあろうかと思います。

幸いボクの場合、日心会という歴史を学び、語り、伝えることを目的とする団体の代表をつとめさせていただいています。
日心会は政治団体ではありませんので、与野党を問わず必要に応じて陳情活動ができます。
歴史の話はおもしろいので、講演会の皆様とも状況に応じて語り合うことができます。
そうした自分でできることを通じて、影響の輪を広げ、売国法案の阻止を図ろうと努めさせていただいています。

何事もそうですが、敵対することばかりが効果的とはいえません。
上司の言動が気に入らないからと、その上司の悪口や陰口をいくらたたいても、何の解決にもならない。
その上司の性格は、その上司のものであって、自分では関心はあっても、影響を及ぼすことができないからです。
ならば、自分の仕事をきちんとやって、自分で影響できることの範囲を広げていく。信頼を勝ち得る。

実は、この影響の輪、関心の輪という概念は、なんのことはない、日本の昔からの教えの中にそのまま存在することです。
「かばちたれるな」、「屁理屈を言うな」、「ならぬことはなりませぬ」
自分の力でどうにもできない天候の悪口や、親の悪口、上席者の悪口を、どれだけ言ってもはじまらないし、何も変わりません。
やるべきことをやる。黙って先を読み、自分でできることをする。
影響の輪に集中するということは、ひとことでいえば、まさに日本流の生き方をするということなのではないかと思います。

テレビやラジオで国会の中継を視聴すると、ほんとうにはらわたが煮えくり返る思いがします。
だからこそ、日本を守ることに目覚めたひとりひとりが、それぞれのポジションや地域で、自分でできる最大限の努力をする。影響できることを見いだし、その輪を広げる。
誰がどうのではなく、ひとりひとりのその努力の積み重ねが、日本を変えるのだと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

災害対策特別委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
7月20日13:00~
災害対策特別委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41152&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
国会で議論されています。
M9の大地震で大規模地盤沈下が発生しています。
しかし、建造物は倒壊していません、この事が東北地方沖地震が自然発生の地震で無い証拠です。
香港のマスコミではこの事件を人口地震と報道しているとの事。

共通一次世代

No title
あ~、やっぱりねずきちさんの「声を聞く」とすごく嬉しいです!
今日も記事も、すごくいろんなコトを考えさせられました。

自分の働く職場を考えるとき、その環境は人が一人代わることでずいぶん雰囲気も変わるものだと思います。「気持ちの持ちよう」を変えてくれる人は確かにいると感じます。

また、自分のような能力の低い人間が職場でなんとかやっていけるのは、辛かった時期も含め、周囲の人のおかげだと感じられることが、なんとかかんとか続けられる理由の1つだと感じます。

影響の輪と関心の輪。
すぐに結びついたのはやっぱりなでしこジャパンでした。彼女たちは、「影響の輪」がすごく大きく占めているのだろうなと。「影響の輪」が大きいってことは、「誰にも責任をなすりつけたりせずに、『自分自身で出来ることを精一杯する』もしくは『やるべきことを絶えずやる』」のだろうなと。
そんな彼女たちの日頃からのものすごい努力に加えて、やっぱり、キャプテンを務める澤選手、佐々木監督という大きな存在が牽引役になったのだろうなと思います。

決して責任逃れをせずに「やるべきことをやる」というのは政治には最も必要なことだと思います。なでしこジャパンと比較することすらおぞましいですが、彼女たちと対極の位置にあるのが今の政権与党です。

やるべきこともせず、責任を逃れることばかりに集中し、今の権力を握るための手段さえ卑怯極まりなかった民主党。

でも政治でも、吐き気のするような今の政権与党と対極にある「信頼すべき政治家」がたくさんいることを知る事が出来たのは自民党が野党になった中で唯一の収穫でもあったと思います。

それまでは、安倍さん、麻生さん、中川さんら、限られた人たちしか判らなかったんです。でも今は違います。自民党が野党になってどれだけ自民党が組織として機能しているか分かります。優秀な人達も非常に多い。思ってた以上に、故郷を思い、国を思う政治家が多い。それが国会中継を見てわかってきました。

今日は仕事が休みだったので、国会中継を見ていましたが、自民が如何に今回の震災で懸命に動いているかよく分かる内容だったと思います。マスコミの刷り込みで、自民党は何もしていないとか、足を引っ張っていると思っている国民に本当に真実を知ってもらいたい、そう願ってやみません。

また今日は、古屋圭司議員が、民主党がいかに「テロリストの党であるかをはっきりと示してくれました。

【2011.07.19 衆議院 予算委員会 古屋圭司 】1/3http://www.youtube.com/watch?v=fR_Jcde-C4E

日本は、この「異常性」を国民が認識しない限り、何もかも根本的な問題は何ら解決しないところまで来たと思います。

マスコミが知らせないなら、自分たちが拡散する。バカにされようが「出来ることはやる」。そんな気持ちです。

日本を守るのは日本人しかいません。

なつみかん

No title
影響の輪、家族レベルで、それすらも難しい現状。
関心の輪は、昔から好奇心旺盛なので、関心はあります。でも、家族にでさえ、影響を及ぼせないのだから、
孤軍奮闘が現実です。でも諦めてはいません。
生きてる限り、頑張ります。なでしこジャパン最高です。
お疲れ様でした。

日本精神が好き

No title
こんにちは。影響の輪、関心の輪については知りませんでしたが、記事を読ませていただき、「逝きし世の面影」の
自由と身分の部分を思い出しました。江戸後期から明治維新のころの日本人はまさに記事にあったようなお互いを助け合う(使用人が主体的に主人を助け仕える)生活をしていたようです。とても素晴らしい姿です。ですがこれはかつての日本の姿です。現在このような生き方をする日本人はどれくらいいるでしょうか。

a6m5

なでしこ中継
陛下もご覧になり侍従を通じて佐々木則夫監督に祝福を送られたとのこと。海外各国メディアの報道も日いづる国(画像のように)の奇跡(又は快挙)等の賞讃。
まるで柔道のように巨人を打ち負かす、しかしそれまでには何年もの努力の積み重ねがあってのこと。讃えることを知らない隣の韓流と違い、中国すらなでしこJAPANの環境が清貧であったことを“おしん”のごとく紹介し賞讃。大韓航空利用自粛撤回を拒否、やるじゃないか外務省、それでこそ主権国家としての証の一つだ。
もともと贅沢な援護もなかったのによく耐え、諦めない。日本人らしい努力と戦いぶりには本当に彼女たちを讃えたいと思いました。日本男児も頑張らねばです。

和田

ねずきちさん…
ブログの更新ありがとうございます。       今日は久しぶりの雨模様ですが毎日暑くてイヤになってしまいますね。    うちの事務所も来客時以外は冷房を止めて窓を網戸にしております。 10月の半ば位まで暑さは続きますが倒れない程度に節電に励みたいと思います。応援クリック!!    失礼致しました。

信解

No title
原発推進の9電力会社役員206人
自民に献金2800万円
やらせメールの九電も157万円
09年
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-16/2011071615_01_1.html

愛信

予算委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
7月19日9:00~
予算委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41145&live=yes&media_type=wb
7月19日12:10~
農林水産委員会審議中継を見ています
URL 未定
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

みー

お久しぶりです♪
やっとブログ更新ですね♪ 良かった~(笑)

私も最近、(『影響の輪』という言葉は知りませんでしたが) 訳の分からぬ政治や原発、地震に振り回されて負のエネルギーにとりこまれずに、自分の身近にある生活を、自分の努力によって充実させ、より楽しく生きることにしよう!!と決めたところでした。

自分では、どうしようもない『関心の輪』に反応し過ぎて、生活が疎かになる道は選ぶつもりはないです!!

自分のできることを、みんなが精一杯日本人らしくしっかり精進すれば、日本はかわるのではないでしょうか。

なでしこジャパン見習って、頑張らなきゃ♪

-

No title
久々のエントリー、よ!待ってました!!

このお話は身の回りでとても多く感じる事でも有ります、思考が内向きって言うのか、外向きっていうのか、まぁ大体グズグズばっかり言ってる奴は楽しくないのがほとんどです、出来る事からやる!出来たらもっとやる!自分で考えてやる!言い訳はしない!(説明はします)この辺で動けば楽しいんですけどね。

ぼちぼちで構いませんので、メルマガもよろしくお願いします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク