日本人はみんなどこかでつながっている



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

郡司成忠
郡司成忠


昔、江戸に「のっそり十兵衛」という大工さんがいました。
口は下手だし、無愛想。けれど大工の腕は超がつくほど一流です。

その十兵衛さんのもとに、ある日、谷中のお寺さんが五重塔を建立するという話が飛び込みます。

一生に一度、あるかないかの大仕事です。
十兵衛は、是非ともその仕事を自分の手でやり遂げたいと願い、お寺の上人さんに会いに行きます。

ところが、ここに困った問題が起こります。
すでに五重塔の建立は、日頃から寺の普請を請け負っている川越の源太という大工に、すでに話を通してあるのです。

源太は、風格もあり人望もあり、しかも一流の大工です。
十兵衛にとっても兄弟子にあたり、日頃からなにかと世話にもなっている。

十兵衛にしてみれば、源太を裏切ることはできない。
さりとて五重塔の仕事は、なんとしても自分の手でやり遂げてみたい。
この葛藤の中で、十兵衛の妻のお浪も、真剣に悩み苦しみます。

一方、お寺の上人さんも、十兵衛の持参した五重塔の模型をみて、その見事な腕前にぞっこん惚れ込んでしまう。
技術も塔の建立への情熱も、源太、十兵衛とも、両方ともとびきりの一流です。

そこで上人さんは、ある日、寺に源太を呼び、どちらが仕事をするか、二人で話し合って決めるように話します。

人を容れる難しさと、それゆえの尊さを伝えようとする上人の思いやりを感じた源太は、十兵衛の家を訪ねます。
そして職人の欲も、自分への不義理への怒りも捨て、「十兵衛、一緒に作ろう!」と提案します。

お浪は涙を流して源太に感謝した。
けれど、十兵衛は無愛想にその提案を断ってしまいます。
そればかりか、せっかく源太さんが来てくれて一緒にやろうと申し出てくれているのに、あんたのその態度は何ですか、と問いつめるお浪に、十兵衛は、「うるさい!だまれ!」と大声を張り上げて、奥に引っ込んでしまう始末。
十兵衛にとっては、自分が作るか、作らないかの、どちらかしかなかったのです。

さて、このお話しの続きはどうなるか。

五重塔は、完成します。
そして嵐がきてもびくともしなかった。
果たしてその建立をしたのは十兵衛だったのか、源太だったのか。

続きが気になるところですが、実はこの物語、幸田露伴の書いた「五重塔」という小説の前半部分のあらすじです。

幸田露伴といえば、明治中期から昭和初期にかけて数々の名作を産み出した小説家で、帝国学士院会員。帝国芸術院会員であり、第一回文化勲章の受章者、娘の幸田文も随筆家・小説家として有名な人です。

生まれは慶応3(1867)年で、江戸の下谷三枚橋横町といいますからいまの東京都台東区です。

上に、名を成忠(しげただ)という7つ年上の兄貴がいます。
この兄貴は幼いころに郡司家に養子に行ったので、名は郡司成忠(ぐんじしげただ)といいます。

実は、この兄貴の郡司成忠が、日本の海軍軍人としてはじめて千島列島に渡り、その開拓をした人なのです。

彼はあらゆる艱難辛苦を乗り越えて、千島列島最北端の占守島(シュムシュ島)にまで入植し、そこで測量と漁場の開拓を行った。
おかげで日露戦争に勝った日本は、ロシアから千島列島を日本領土とし、この占守島では、大東亜戦争終演後にせめて来たソ連との間に大戦闘が起こって、結果として北海道が戦後も同じ日本国領土として温存されています。

日本という国は、いろいろな人がいろいろなところでつながり、歴史を織りなしてきた国です。
そしていまを生きる私たちは、その日本の一員として、この日本を未来へと差し渡し、継続させる使命を帯びている。

たとえ我が身になにがあっても、日本を守らなくてはならない、日本を失ってはならないと、ボクは思うのです。

参考《占守島の戦い》
北海道を守りぬいた男たち・・・占守島-1
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-671.html

北海道を守りぬいた男たち・・・占守島-2
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-672.html

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

サムライ魂 ~占守島の士魂部隊~ 1/6


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

転載

フジテレビは内部で戦っています。

ホリエモン買収対応で、ソフトバンク系SBIに助けてもらったので、チョンコグループが
経営側でチカラを出してきましたが、報道部はサンケイ新聞とともに、大手各社と違い
チョンコグループに喧嘩を売って戦っています。

どうかみなさんの応援で助けて下さい。
チョンコグループはしつこさとえげつなさには、正攻法では戦えないです。

テレビ側が言うのはおかしですが、ネットで話を盛り上げて助けて下さい。
盛り上がれば多くの芸能時の人の耳にも入り、さらに話が大きくなると思います。

日本中のメディアが危険な状態です。

terag3

日本人は皆どこかで繋がっています。
仰る通り、このタイトル通り日本人は皆、どこかで繋がっていてその元を辿ればほとんどの人が天皇家に繋がっているという話を聞いたことがあります。この話の続きを期待しています。

甘木

問題は
>電気は蓄えることが可能
昔から蓄電池はありますけどね。問題は容量です。
夜間に原発で発電されてしまう電力を蓄えるためには揚水発電所くらいしかありません。ロスが結構あるようですが。

>嘘つきに政治をやらせてはならない。 安全宣言も信用出来ない
政治家はみんなうそつきです。原発は地震が来ても安全ってずっと聞かされてますからね。

>被災地からの放射性ゴミが全国にバラまかれて焼却されようとしています。各自治体の焼却炉にはフィルターも備わっていたに所があります。
ひまわりなんかに吸収させて持ち出すと効果的ですね。


愛信

【隠された原発事故の真実です。許せない菅政権。】
【隠された原発事故の真実です。許せない菅政権。】
【関連情報】
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究セン
ター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)  10時 00分  16分
日本民族存亡の危機を訴える参考人陳述の恐怖を
確り確認しよう。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41163&media_type=wb&lang=j&spkid=21080&time=01:07:01.4

嘘つきに政治をやらせてはいけません。 
安全宣言も信用できない。 
日本人社会の破壊者反日売国政権民主党韓直人及び
反日売国テレビ局・マスコミの企んでいることは
日本民族の殲滅です。 
今からでも遅くありません、この国日本を守る戦いに
立ち上がりましょう。 今こそ1億2000万人日本民族の
存亡の危機を迎えています。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね


札幌の住人

売国奴・北海道新聞
中国北京周辺で活動する北海道関係者が交流を深める「北海道ゆかりの会」が27日北京市内で開かれ、北海道新聞社の村田社長や道内出身の企業経営者ら約40人が主席して北海道の魅力を中国にどうアピールするかなどについて話し合ったそうです。

村田社長は冒頭のあいさつで「北海道と中国の経済交流は深まっている。今後の課題は相互の民間感情の改善だ。日中関係の進展のため、メディアとして尽力したい」

どれだけ中国によって日本が貶められてきた事でしょう。
もう民間感情の改善などありえません。
日本人はそこまで愚かではない!

中国は「日本という国は、どんなに酷い目に合わされても微笑めば近寄ってくる国」と言ってます。

自分達の目先の利益しか見ていない「アホ」が日本を駄目にしているのです・・・・・・・・・そうじゃないですか、北海道新聞さん。

ちひろ

No title
私も。

イシコウ

No title
話の続きが気になる・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク