東京スカイツリーと法隆寺五重塔



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

東京スカイツリー
東京スカイツリー


第二東京タワーといえば、ご存知、東京都墨田区押上に建設中の東京スカイツリーです。
もうだいぶできあがってきていて、いまは最後の塔の先端部分の建設中です。

先日仕事で、近くを通ったのですが、いやはや、でかい! 高い!

この東京スカイツリーは、全高(尖塔高)634m(634は武蔵にひっかけた高さなのだそうです)、軒高(塔本体の屋上の高さ)495mは、キエフのテレビタワー(385m)を上回って世界第1位。
現存する電波塔としてはKVLY-TV塔の628.8mを上回って世界第1位。
人工の建造物としてはブルジュ・ハリファの828mに次ぐ世界第2位。
建築物としての高さも470.97mで、横浜ランドマークタワーの296.33mを上回って日本一なのだそうです。

近くに行ってみて驚くのは、東京タワーのような末広がり型の塔ではないことです。
東京タワーは、裾の広がった三角錐型ですが、東京スカイツリーは、まるごと「塔」です。
ワイヤーケーブルで、四方から倒れないように支えているわけでもないし、裾を広げて安定した形状にしているわけでもない。

ただ、「塔」です。
そのまんま、空に向かって、スッとそびえたっている。

こんなものが地盤の悪い東京(関東はローム層で地盤が弱い)で、しかも付近にこれでもかというくらビルや民家が密集しているところに建築してしまうんですから、驚きです。

そもそも日本は地震大国なのです。
ただでさえ、高層建築は耐震構造で相当補強しないと建設できないのに、そういう悪環境下で世界一のタワーを建設してしまうというのだから、すごい。

「塔」といえば、実は日本にある五重塔は、世界最古だ、というのも有名な話です。

五重塔は、全国あちこちにありますが、世界最古の木造五重塔が、実は日本製です。
どの塔かというと、法隆寺の五重塔です。

法隆寺五重塔
法隆寺五重塔


この塔は、世界遺産にも登録され、日本では国宝とされています。
建造されたのは推古天皇15(607)年とされていますから、なんといまから1400年も昔のことです。

一般に、五重塔は、インドからChina、朝鮮を経由して日本に伝来したと言われていますが、なるほど仏教そのものはそういう経緯で日本に渡来したけれど、果たして五重塔のような建築物までもそうであったかは、実ははなはだ疑問なのです。

なぜかというと、たとえば韓国にある俗離山の法往寺捌相殿は、韓国最古の木造五重塔だけれど、成立したのは1626年です。
Chinaの山西省にある仏宮寺釈迦塔は、China最古の八角塔だけれど、これができたのは西暦1056年です。

つまり、日本にある法隆寺の五重塔は、韓国最古のものより約1000年古く、Chinaのそれより400年も古い。

もちろん一説によれば、Chinaにおいては、それ以前に玄奘三蔵の時代からなる古刹の塔がいくつもあったとされているけれど、それが本当にあったかどうかは、実は定かでない。
あったかもしれないけれど、同じ民族同士で殺しあいばかりを繰り返してきたChinaでは、そうした古い塔は、とっくの昔に焼失し、跡形もなくなっています。
要するに、本当にあったかどうかは、疑わしいとさえいえる。

加えて、Chinaや朝鮮半島にある塔と、日本の塔では、その建築技法がまるで異なるのです。

どういうことかというと、Chinaや朝鮮にある塔が、単なる三階建て、あるいは五階建ての建造物であるのに対し、日本の五重塔は、耐震性を強化するために、内部には軒を支えるためにものすごく複雑な木組みがなされています。

下の写真は、Chinaで遼代の1056年に建てられた山西省の釈迦塔だけれど、上にある法隆寺の五重塔と、見比べてみてください。

すぐに気がつくことですが、屋根の軒の張り出し方がまるで違います。
Chinaの塔は、軒の張り出しがほとんどないのに対し、日本のそれは、軒が外に大きく張り出しています。
(要するに屋根の長さがまるで違う)

Chinaの山西省にある仏宮寺釈迦塔
山西省にある仏宮寺釈迦塔


このことについて、法隆寺の宮大工棟梁で、最後の宮大工と称された故・西岡常一(にしおかつねかず)さんが、次のように述べています。

~~~~~~~~~~~
大陸から日本に入ってきた当初は、やはり軒が浅かったと思いますな。
大陸からの技術を鵜呑みにせんと、湿気が多く、雨のよく降る日本の風土に合わせ、こういう軒の深い構造を考えたんですな。
しかも、徐々にやったんやなくて、その時いっぺんに直してるんです。
~~~~~~~~~~~

法隆寺五重塔の屋根の構造の断面図が、下の図なのですが、見ておわかりいただけるように、屋根にかかる重量を、たくさんの垂木(たるき)で建物の内へ内へと持ち送って支えています。
簡単に言ったら、てこの原理で屋根を支えているわけです。

そして軒先には、アールをつけ、軒が上に向かって反り返るように作ってある。
そしてこの反りが、何百年、何千年という時間の経過とともに、だんだんにまっすぐになっていく、というところまで計算して、建物が建てられているのです。

軒の組み方


しかも屋根の構造の特徴はそれだけではない。

この屋根には瓦が乗っているのですが、その瓦は、屋根の木材の上に、土をひいて、その上に乗せられています。
これは、屋根そのものを重くすることで、釘を使わないで建てられた建物の各部材の密着性を高めて耐震力を強化するというだけでなく、万一火災が発生したときに、この土が下の階に崩れ落ちて沈火の役割を担うように設計されているのです。

これだけの構造物が作られたのは、いまから1400年も前のことです。
その建物が、いまだに残っている。
鉄筋コンクリートの建造物ですら、耐用年数は100年と言われているのです。
それを、奈良時代に建立し、21世紀になった今でも、往年の姿をとどめている。

これは、すごいことです。
木造なのに、1400年も立派に建っている。

それだけじゃないのです。
私たちの感覚だと、木造建物というのは、のこぎりで木を切って、カンナで削って、ノミで穴をうがち、鉄でできた釘を使って建築するというのが、常識です。

ところが、法隆寺の五重塔が建造された時代には、そのノコギリも、カンナも、ノミも、鉄の釘もなかった時代なのです。

どうやったかというと、ヤリカンナという、ヤリのさきっちょみたいに切っ先の尖った道具を使い、これで木目に沿って木を切り、あるいは木を削った。

そうするとどうなるかというと、これまた宮大工、西岡常一棟梁の言葉が残っています。

~~~~~~~~~~~~
ヤリガンナで削ったものと今の電気ガンナで削った木を、雨の中にさらしてみなはれ、一週間もせんと、電気カンナで削った木はカビが生えてきますわ。
顕微鏡で見たら、回転で木の繊維を千切ってケバだっているんですな。
そこから水がいくらでも染み込むわけや。
ヤリガンナやったらそんなことおへん。
水がスカッと切れて、はじいてしまうんですな。
~~~~~~~~~~~~

もちろん、寸法切りではないですから、材料の木材それぞれごとに、大きさ、サイズが微妙に違う。
その違いをひとつひとつ吟味して組み合わせて、あの荘厳な法隆寺の五重塔を築いているのです。

これがいまから1400年前の、世界に類例のない、日本人の知恵です。

やっぱり、日本人て、すごいです。

宮大工の挑戦VOL4 伝統建築の保護


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

こみく

No title
スカイツリーの近所に住んでいます。最近、風の強い日に、
ツリーから発する騒音に近所の人は悩んでいるそうです。
鉄骨がしなるんでしょうか? この鉄骨、経費を惜しんで韓国にしたという噂を聞きました。本当だったら、怖いです。

あがさクリスマス

天空に輝く東京スカイツリー
天空に
輝くやツリー
未来へと
のぼる日本の
シンボルとなれ

一首を詠んで称えたい! あがさクリスマスより

歴史にうとい物です

No title
はじめまして。
つい5日程前に、NHKの聖徳太子がしたことの中で、大阪の四天王寺を百済からきた3人の大工が作って、その後法隆寺の五重の塔をその人たちが作ったと放映されていましたよ。その3人の内の末裔が金剛組となって、今に至るといっていました。
少し前なら鵜呑みですが、韓国が捏造嘘を平気でつく民族と最近知ったし、NHKが捏造TV局なのもしったので、本当なのかな?と思っていました。
そこにこの記事だったのでコメントさせていただきました。
本当のところはどうなのですか?あまり歴史が詳しくなくて。
また最近フランスで見つかった能の最古のフィルムで”金剛~”という役者だったのですが、それも韓国系と言い出すのではないかと危惧しています。どうなんでしょうか?
すみません。くだらない質問で。

小倉っ子

正方形で建つ五重の塔は耐震力が特上と聞きます。屋根の形なら、方形、寄せ棟、切り妻、入り母屋、方流れの順で耐震力が有るそうです。1300年前にこんな木造建築を造った日本の先祖には脱帽ですね。金剛という日本最古の会社も関わってたのかな?

愛信

菅直人首相は、米国債100兆円分放棄のサインができず、
菅直人首相は、米国債100兆円分放棄のサインができず、
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/d/20110808

 元福田政権と同じ理由で民主党韓直人内閣が終焉、
反日売国民主党では国民に信頼されている天皇陛下の
采配を戴く事は望めず。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

愛信

広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」
広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」
http://www.youtube.com/watch?v=3UXtyqdGgmI& ;nofeather=True
(動画)
【OurPlanet-TV】【緊急報告】
広瀬隆/広河隆一 「福島原発で何が起こっているか?
現地報告と『原発震災』の真実」より転載
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/926
反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽して来た東北
地方太平洋沖地震及び福島第一原発爆発の
真実、正に被爆地の様相を映し出している映像
を見て貴方には何が見えますか。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

774RR

No title
五重塔、地震、スカイツリー、ときたら“心柱”か?と思っていました。(^^ゞ
先日NHKで、スカイツリーの話をやっていましたね。3/11の地震も、なんとか乗り越えて作業した話は興味深かった。

ありがとう

築22年の木造家屋
平成築の木造家屋なんてまだまだ新しいと思います。
それなのに、現代の建物は20年過ぎると価値が無くなる
といわれています。(ノ_・。)

(^_^;) まあ、そのおかげで安く買えたんだけどね

(・o・) まだまだ大切に使うつもりである

あすか

初めまして
今話題のスカイツリーですね

テレビでは見たことがあるものの、
実際に見たら迫力が違うんでしょうね

今私が一番行ってみたいスポットです

愛信

総理大臣の市民の党への献金問題を追求
開会日 : 2011年8月8日(月)
会議名 : 予算委員会

古屋圭司(自由民主党・無所属の会)  10時 52分  29分
総理大臣の市民の党への献金問題を追求
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41198&media_type=wb&lang=j&spkid=19601&time=01:59:00.1

創価学会公明党が賛成に回ったために強行採決は
回避されて来週になりました。8月5日の本会議(衆)
は流会になりました。
konotarogomame (河野太郎)
http://mobile.twitter.com/konotarogomame
週明けの国会審議です。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

日本人

No title
金剛建築会社という仏閣専門の建築会社が現存する日本最古の建築会社で朝鮮系と聞いたことがあります。外来の建築術に日本流に工夫を加えて独自の技術を開発していったのでしょう。

朝鮮も遊牧民族の王朝が変わっており、その度に戦乱となり、遺跡仏閣は破壊消失してしまったのでしょう。それでも朝鮮が日本に文化を教えたと居丈高な主張を繰り返し大声で叫んでおり、うっとうしい限りです。何も知らない日本人は韓国人に騙されてしまいます。

マサハル

スギとヒノキ
いつも勉強させて頂いています。

当時の大工さん達が凄い所は一杯あるのですが、1つ材質の部分で、『ヒノキ』を使用している事が法隆寺の長寿に関わっています。

そして、柱はもともと地から生えていた向きに使用される事で、その特性を最大限に生かされています。

ところが、現在は森林荒廃が進み、当時の様な立派な木材は日本に希有のものです。

当時の宮大工さんですら現在の木では、もう一度法隆寺は建てられないでしょう。

林業だけでは無いのですが、「つくる」仕事への誇りとやり甲斐を復活させる事が出来るのは「徳育」であり、日本の心を伝える事しか無いと思います。

ねずきちさんのブログが未来の「創造大国日本」に繋がるキッカケの1つになれば良いのにな~。

太郎

No title
日本人の優秀な所が出ていると思います。

この様な精神・技術を継承しなければなりませんね。

今年の奈良は、賑っているようです。

みー

日本の美
共通一次さんのコメント読んで、奈良に行きたくなってしまいました♪
いつか、ご案内していただけたら…と思います。

日本の美、美しい世界を巡りたいです!!

共通一次世代

No title
「ヤリガンナで削ったものと今の電気ガンナで削った木の違い」に驚き!

法隆寺の五重塔はほんとうに美しいですね。日本の技術のみならず、「美的感覚」も素晴らしいと感じます。

自分は以前、一年ほど奈良にも住んでいて、よく奈良公園界隈を通っていたので、塔では、興福寺の五重塔が一番好きです。どこから見ても周囲の景色に馴染んで絵になるんですよね。近くから見ても遠くから見ても。

で、一番好きな建物は二月堂で、二月堂に上がって望む景色が奈良の景色の中で一番好きです。
そこから見える東大寺の屋根も素晴らしいです。

また、久し振りに行きたくなりました。

愛信

予算委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
創価学会公明党が賛成に回ったために強行採決は
回避されて来週になりました。8月5日の本会議(衆)
は流会になりました。

8月8日9:00~
予算委員会審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41198&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

イシコウ

No title
宮大工になりたかったんですよね~小僧の頃。

しっかし、大昔から技術大国日本ですね、外国に「ふふん!どうよ!」って自慢したくなります。

今日は広島に原爆を落とされた日、家族で黙祷を捧げました、二度と繰り返させはしませんと・・

和田

おはようございます。
先日上野のお客さんの所へ出向いた後に浅草まで散歩がてら足を運びましたが浅草寺の境内からも東京スカイツリーが見えました。 もうじき完成だそうですが、展望台に上がってみたいですね(笑)。 仏教伝来の件ですが中国では歴代王朝の相次ぐ戦乱の中で建築物は焼け落ち、韓国では高麗は仏教を重んじましたが次の李氏朝鮮では儒教が用いられたので仏教は抑圧されてしまいました。
ですからあまり発展する事は出来ませんでした。 印度で生まれた仏教が中国・朝鮮半島を経由して日本に渡ってきましたが、それを鵜呑みにせず『日本的』に改良した鎌倉仏教各派というのは信仰心を別にしても面白い物だと思います。今日も『応援クリック』!!
終戦記念日は朝一番に靖国神社をお参りしてその後千鳥が淵戦没者墓苑の日蓮宗主催の『慰霊法要』に参列したいと思います。
今年は反天連のふざけたデモ行進がなければよいのですが…。
長くなり大変失礼しました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク