【拡散希望】「無条件降伏」という国際的な詐欺とそれに騙され続ける日本



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

無条件降伏


史実を世界に発信する会の事務局長茂木さんから、素晴らしい一文をいただきましたのでご紹介します。

日本を見直すよい機会になればと思います。

~~~~~~~~~~~~
「無条件降伏」という国際的な詐欺とそれに騙され続ける日本
史実を世界に発信する会 茂木弘道

1945年7月26日に米英支が発したポツダム宣言を受諾して日本は降伏した。
宣言は、13項目からなるが、第5項で、

「われらの条件は以下の如し。われらは右条件より離脱すること無かるべし」とあり、以下8項目の条件が掲げられている。
明らかに「有条件降伏」であり、その第13項に「全日本国軍隊の無条件降伏」がある。

「軍隊の無条件降伏」と「国家の無条件降伏」が全く異なることは言うまでもない。
国際法の常識である。

従って、7月30日に開催されたアメリカ国務省の国務長官スタッフ会議では、それ以前にアメリカが考えていた「国家の無条件降伏」と7月26日の宣言とはどのように違うか、検討された覚書でこの違いについて検討している。

そこで明確にこう述べている。
「この宣言は、日本国および日本国政府に対して降伏条件を提示した文章であって、受諾されれば国際法の一般準則によって解釈さるべき国際協定となるであろう。」

更に「この宣言は、無条件降伏が「全日本国軍隊」にのみ適用されると解している。」と当然のことながら書かれているのである。

マッカーサーですら、このくらいの国際法の常識を持っていたので、送られてきた「降伏後の対日初期方針」に疑問を感じ、9月3日マーシャル参謀長あて手紙を送っている。

「特に内示された指令は、いくつかの点において降伏文書とポツダム宣言に規定されている諸原則を著しく逸脱していると思われるので、小官は所見を貴官に上申しておかなければならないと感じるのである。」

直ちにトルーマン大統領から、これに答える指令が9月6日付で送られてきた。
「我々と日本の関係は、契約的基礎の上に立っているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。」

要するに、ポツダム宣言以前の無条件降伏でいくのだ、と開き直ったわけである。
それは間違っていることを分かっていながら、「軍隊を武装解除」してしまえば、何を言っても通るとばかり、正しく国際的な背信詐欺行為を堂々と行ったのである。

これを受けて占領軍民間検閲支隊長フーバー大佐は、日本の報道関係者に、
「マッカーサー元帥は、連合国はいかなる意味でも、日本を対等と見做していないことを明瞭に理解するよう欲している。…最高司令官は日本政府に命令する…交渉するのではない」と強圧的宣言を行い、「言論、宗教及思想の自由は尊重さるべし」と言う宣言の規定を、踏みにじって、徹底的な検閲、さらには史上例を見ない焚書まで行ったのである。

しかも、憲法まで検閲下で変えさせられたにもかかわらず、「無条件降伏」論にやられてしまった日本人は、これに対するまともな反論を行う事が出来ずにここまで来てしまった。

負けたのだから仕方がないといつまでも思っていたのでは駄目だ。
「無条件降伏」などということは詐欺であり、不当なことである、という認識なしには、敗戦克服、日本再生はないということである。
(2011、8、5)
~~~~~~~~~~~~

この一文について、茂木さんは次のように述べられています。

~~~~~~~~~~~~
宣言に述べられていたことは、勝者敗者双方を拘束する「双務協定」ということになります。
ですから、いかに勝者といえどもそこに述べられていたことを逸脱して「勝手」なことはできないという事です。

しかし、一旦日本軍の武装解除をした占領軍は、この規定を公然と無視してやりたい放題の国際法違反を重ねました。「言論、思想信条の自由はこれを尊重さるべし」と書かれているのに、徹底的な検閲と表現思想の取り締まりを行いました。

神道指令、地理歴史教育停止、教科書書き換え、そして憲法の押し付け、すべてポツダム宣言違反、国際法違反でした。
たんにハーグ協定違反といった部分的なものではありません。

ようするに、ポツダム宣言を発してさも国際法を尊重するかのように見せかけたアメリカは、日本の軍事力がなくなった途端、それを完全に反古にするするという国際的な大詐偽・背信行為を行ったという事です。

この事実を明確に認識し、これに対する正義の怒りを持つことなくして、敗戦思想からの脱却、日本再生はあり得ないと考え一文を書いた次第です。
~~~~~~~~~~~~

ボクもまったく同感です。

日本は無条件降伏という詐術から目を覚ますべきと思う方、
クリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

日本は「無条件降伏」をしたのか?!高森明勅


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

GHQ期は日本が連合国との戦争の継続を降伏文書の制限下で強いられていた期間です。
連合国の戦争目的は降伏文書の制限下で許容される手段を用いて、日本を国家消滅させる事、日本側の戦争目的はポツダム宣言の前提である、日本人の自主独立の民族主権国家の存続です。

ポツダム宣言第八項で日本が主権を維持することは明言されています。
八 …日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

十 吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ又ハ國民トシテ滅亡セシメントスルノ意圖ヲ有スルモノニ非ザルモ

奴隷ではない自由身分とは、自主独立主権国家の国体=constitution=憲法により人権を保障される福利を得る、自主独立主権国家の国体=constitution=憲法を持つ国民の身分です。

ポツダム宣言、降伏文書の制限下で継続する日本と連合国の戦争目的は、日本人の自主独立の民族主権国家の国体=constitution=憲法な消滅ではないという事です。

改憲強要も改憲も違法とは見做せません。戦争中の自主独立主権国家の主権が優勢な敵国により制約されるのは当たり前。戦争中の国家が戦争の状況に対処する為に改憲をしてもおかしくはありません。日本国領域内の諸地点を占領され、占領されていない部分は降伏文書の制限下での戦争の戦場です。全土が占領下での違法な改憲強要や改憲ではありません。

連合国による改憲承認により、日本人の自主独立民族主権国家の存続は確定的になります。連合国の戦争目的は、米軍が戦後の日本人との同盟を意識するようになり、他は日本の憲法が憲法の原理通りに機能しないようにすることに変化し分裂します。

日本国憲法前文にも書かれているように、国政の福利の享受者を国家を構成する国民とする国体が「人類普遍の」憲法の原理です。
大日本帝国憲法は御告文、発布勅語、上諭より歴代天皇以来の代々の臣民の慶福の為の憲法です。
日本国憲法は、天皇を国と国民統合の象徴とすることを総意とすることにより一つの民族である国民が「われらとわれらの子孫のために」確定した憲法です。

改正前も改正後も、法的主権者である国政の福利の享受者は国民です。

憲法や憲法の下にある法の全ての条々が、国民が福利を得るための条規として解釈され運用されなければ、憲法の原理は国政に浸透しません。その典型が憲法の原理である国民の福利を度外視した九条解釈です。

一有権者

No title
私達日本人は今国難に対してどのような解決をして行かなくてはならないのか。?

歴史捏造を信じ込まされて、ここまで国益や日本国民の暮しの安全が脅かされてきているのにいまだ中韓の歴史捏造をそのまま鵜呑みにしていることは大変危険であると思います。

過日も横浜市教委の教科書選定後の教委に対する批難はかなりのものがあると聞いております。
批難する連中は在日や日本人でありながら日本嫌いな人達でしょうが、これらを放置しておく事がまともな国を取り戻せない原因の一つでしょう。批難の焦点は「戦争の美化」だそうですが、解釈をわざわざ捻じ曲げているとしか
思えません。彼らがよく使う手段ですね。
教科書の内容も選択外の会社の教科書は比べてみるとかなり中韓の主張に寄ったものが散見されます。
しっかりした歴史観を持つ為の選択をした関係各所にはこれら反日団体の言われなき批難から救うことも必要でしょう。

さて米国をはじめとする連合国側の歴史をそのまま受け入れるわけには行きませんが、戦後65年以上たち今の日本のたち位置と日本と周辺国の情勢を考えれば米国他欧州、南アジア~東南アジア諸国との連携や同盟を深化させ特定アジア3カ国の日本の主権侵害、侵犯行為を阻止して行かなくてはいけません。よくよく考えた上で何が日本国の国益と日本国民の安全保障を確保できるのか冷静にならなくてはならないと思います。

この時期はどうしても先の大戦に纏わる話が番組になりますが、反米英的、反日本的な番組構成が多いように思われるしデモ活動を行う左翼団体も見られるが、では戦後行ってきている中共、南北朝鮮の主権侵害行為や他国での非道な行いを同じように糾弾しデモを行う左翼団体は見たことも聞いたこともない。

明らかに日米同盟に楔をうち離反させ中共、南北朝鮮の都合の良いように日本を壊そうとする売国団体であろうことがよく判る。

先の戦争での連合軍側の日本軍兵士に対する残虐な仕打ちも調べれば判ります。
「リメンバーパールーハーバー」と言うならば「ノーモア、ヒロシマ、ナガサキ」ではなく「リメンバーヒロシマ、ナガサキ」と思うことも別に構わないとも思います。

しかし相互理解をすすめず今現在全アジア地域や世界の国との軋轢を何も考えず自国の権益と覇権拡大のみにまい進する中国そして困った時だけ援助を無心するような韓国とは心して付き合わなければなりません。

日本人と考えが同じと思っていてはいけない。

そのような国の出身者を利するだけの人権救済保護法案、社民党がだした外国人住民基本法案などは
絶対阻止し、このような売国法案をだす議員のバッジを外させなくては日本の未来はありません。

ありがとう

無条件降伏について
実は?無条件降伏″という思想は、世界的にみてアメリカと日本にしか存在しません。世界では、戦争と同時平行で外交交渉を進め、ある程度、勝敗の目処がついた段階で降伏条件について話し合うというのが常識です。実際、日露戦争の時がまさにそうでしたが、当時の日本人の大多数は敗戦国のロシアが色々な要求を突き付けてくることに反発していました。 何故、日米両国にだけ、こんな変な思想があるのかというと、アメリカの場合、先住民(所謂インディアン)との戦いから生まれた習慣(当時の一般的アメリカ人にとっては日本人もインディアンも、基本的には同じ異民族の有色人種です)によるもので、日本の場合は、外国との戦争というものに対する圧倒的な経験不足からくる無知によるものでしょう。

あ~ぁ

騙されてた一人です。
人工震災説は前から知ってた。あの外国の大津波も人工ってささやかれてたし。
でも、この国際法違反の内容は知らなかった。こういうブログ記事がなければ一生騙され続けていただろう。

志士

1944年人工地震攻撃
NHK深夜放送の封印された大地震の東南海地震、波形が地下核実験のそれであり、米軍のB29からまいたチラシが 地震の次は… 当時アメリカはニュージーランド沖で30mの人工津波実験に成功しており、この津波で中島飛行機、三菱重工の軍用飛行機工場が大被害を受けている。あの米軍チラシは人工地震を示唆しており、今回の311も原子力発電所事故←なぜ国内原子力発電は全てイスラエルマグナ社が安全管理するのか??なぜ電力不足か? 答えは基軸ドル死守ではないのか?

志士

この内容は 映画 プライドでの 極東軍事裁判の、裁く権利は無いという、日本側弁護団の動議として提出シーンにも出てきますね。

きゃんころ

No title
ブログに転載させていただきます。

いつも目が覚める文章をありがとうございます。

愛信

津波、その瞬間 写真特集
津波、その瞬間 写真特集
http://www.jiji.com/jc/d4?p=flo100&d=d4_quake

【関連情報】
【村上誠一郎(自由民主党・無所属の会)】
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41204&media_type=wb&lang=j&spkid=19644&time=01:52:49.2
【東北震災の真相】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csthss.cgi 
押し寄せる津波は池からあふれ出る水のように
地盤の沈下で勢いよく流入する海水。 
地球が生まれてから10番目以内の大きな地震な
ら津波は怒涛の如く押し寄せるはずである。 
又建物は倒壊しないし、津波は第2波がない事や
高波が押し寄せてないので窪地には海水が残り
引き波がない。 
この事から今回の東北地方太平洋沖地震及び津
波が人工的に造られたもである事が判る。 
津波は何処で発生してどちらへ広がっていったの
か、池の水を板で押したような一方方向の波には
自然の猛威が感じられない。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

愛信

韓直人内閣による放射性物質放出の国際犯罪が追求されています。
第177回国会審議中継
8月10日9:00~
決算行政監視委員会審議中継を見ています
韓直人内閣による放射性物質放出の国際犯罪が追求されています。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41204&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

ヤルタ・ポツダム体制=戦後レジーム
日本は無条件降伏した、というマスコミ・日教組による刷り込みから始まる戦後日本に蔓延する虚飾を完全に打破すべし

◆戦後レジームの正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/610.html

「戦後レジームからの脱却」を掲げた安倍総理が、マスコミから前代未聞の猛バッシングを受けて潰された原因を改めて理解しましょう。

南州

No title
今怖いのは・・・マスコミ!特にウジテレビ!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク