人権救済法案は人権に名を借りた日本人差別の法案



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

人権救済法案の危険を訴えるチラシ
人権救済法案の危険を訴えるチラシ


東京近代史研究所代表の落合道夫さんが、人権擁護法案について一文を書いてくださいました。

落合氏は、平成20年度アパ歴史懸賞論文で、田母神空将が例の論文で受賞された際に、一緒に社会人優秀賞を受賞された方です。

このときの論文は【真の近現代史観】というもので、非常に内容の濃い、素晴らしいもので、当ブログでもその全文を紹介させていただきました。
【真の近現代史観】→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1058.html

今日ご紹介するのは、その落合氏による、人権擁護法案に関する論文です。
ぜひ、みなさまにお読みいただければと思います。

~~~~~~~~~~~~
「悪い人権は憲法違反」
東京近代史研究所 代表落合道夫      

またゾロ始まった「エセ」人権擁護法案の危険性に愛国者から警報が上がっている。
これは日本人がよく知らない人権概念を悪用した詐欺である。
その手口は「羊頭を掲げて狗肉を売る」だましである。

そこで「人権により人権(日本国民の権利)が侵害される」カラクリと国民の抵抗方法を知っておきたい。
理解のポイントは国籍にある。

人権概念は、18世紀に仏のルソーがキリスト教の天国からヒントを得て作った政治的願望だ。
宗教概念が源だから万人向けであり無国籍思想だ。

しかし19世紀にナポレオンが国民国家を作ると、人権は憲法に規定され具体的な国民の権利となった。
だからいわゆる人権は憲法に保障される国民の権利部分と外人の願望部分に分かれた。

現代の国家はすべて国民国家であるから、国民の権利部分は有効だが、外人の部分は無効である。
無国籍の権利を認めれば、国家主権を侵犯する内政干渉に使われ、簡単に外国人や外国政府の支配下に組み込まれてしまうからだ。
これは欧米始め世界中の常識だ。

今回の菅政府の詐欺は、この無効部分を有効にして外国人に日本人を人権名目で支配させようとするカラクリだ。

人権には良い人権と悪い人権がある。
良い人権とは憲法に基づく国民の権利である。
悪い人権とは外国人の日本人を支配する権利である。

日本国における日本人の権利は憲法の規定以外にないからこの詐欺工作には憲法擁護の基本に立って反対しよう。
もし強引に制定しても憲法違反だから無効である。
即法律の無効訴訟と大国民抗議運動を起こそう。

そのためにもこの人権区分の正しい理解をひろめ、人権概念のあいまい性を悪用して日本人に投げられた侵略のワナを打ち破ろう。

「エセ人権」法は、悪の正体がばれた左翼政権が権力維持のために行う定番の国民弾圧政策である。

日本は米軍がいなければ、この先ポルポトの大虐殺が待っている。
まさかと思うが油断大敵だ。

日本が地獄に変わるのに5年は要らないと亡命ウイグル人が警告を発していた。

左翼は驚くような暴政をやってのける。
これは周辺国家の悲惨な歴史を見ても明らかだ。

国民抵抗運動のキーワード:
「憲法違反」
「良い人権、悪い人権」
「子供が危ない、悪人権」
「連帯抵抗、エセ人権反対国民運動」
等がある。

立ち上がろう。
~~~~~~~~~~~~

誰かが悪いことをしたとします。
それも強盗殺人とか強姦殺人、死体遺棄、あるいは銃の乱射事件等です。

犯人は当然警察に逮捕してもらわなきゃなんない。
また、そうした事件が身近で起こり、あるいはその犯人が近くにいたら、誰だって嫌です。
当然、警戒します。

そのあたりまえの警戒を差別だ、人権侵害だといって、まったく別の議論にすり替えてきたのが、在日コリアンです。

詳細は↓に書かせていただきました。
「在日朝鮮人は「警戒」を「差別」にすり替える」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-526.html

このたびの人権救済法案は、こうした世界中の平穏な暮らしを求める人々にとって、ごくあたりまえの「警戒」を、人権侵害であると問題視するという、実にとんでもない法案です。

問題は、現在衆議院では、このとんでもない法案を提出しようとする議員、政党が、過半数の議席を持っているということです。
参院で否決しても、再び衆議院に差し戻され、そこで議決されたら立派にこれが法律として施行されてしまうということです。

ですから人権救済法案は、なにがなんでも与党、内閣に「提出させない」ことが重要なのです。
万が一にも法案が提出されたら、私たちの国は、平穏な未来を失います。

クリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

人権に名を借りた日本人差別


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

いるか

No title
人権救済法案について、事実に反した誇張と煽る目的ではないかと疑われる反対動画などがネット上で話題になっているのを拝見しました。
彼らは、現在の人権擁護制度の仕組み・現場における救済措置の現状などは一切無視して、
「在日外国人」「令状なしの家宅捜索」「言論弾圧」などのキーワードを繰り返し主張しています(どれも根拠はありません)。
どんな意図で安易な反対動画等を作成して世に問いたいのかは不明ですが、ネットでの伝播が勢い激しく、新聞・テレビなどでの情報がほとんどないために詳細が見えにくいことから、流言飛語ばかりが先行し、不確かなまま、受けての皆様が誤った認識をする可能性も高く、返って国民の『真実を知る権利』を侵害している事になりかねません。悲しい事です。

以前、爆笑問題さんが自身のNHKの番組の中でうわさやデマの論理を取り上げていました。
まずは、番組に出演された松田美佐さん(中央大学文学部教授・専門分野コミュニケーション/メディア論)
の書かれたデマやうわさの対処法について以下のサイトを紹介します。
災害が継続する中でのうわさ・風評被害(上)(http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/research/20110519.htm
災害が継続する中でのうわさ・風評被害(下)(http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/research/20110616.htm

私は、人権救済法案反対の動画を作成された素材そのものをデマと断定します。おおよそ、デマは流す人に何らかの意図(多くは、悪意)があって、流されるものとされるもので、人々の不安心理に付けこむ効果が非常に高いとされます。
そのデマにどう対処したらよいでしょうか?
うわさの対処法ともに言える事は正しい情報提供で対抗するしかないそうです。
震災後も政府・自治体や専門家等が風評被害対策に頑張っていましたが、デマやうわさは、その情報自身に悪意や不安などの人々の感情も載せて、世に伝播するものですから対応は難しいものです。

今回の人権救済法案について、前回、私の意見を述べさせてもらいました。
当然、反発する方々もいましたが、大半の方々は正しい情報を求められている方々で、もっと詳細な情報提供を頂きたいとの要望がありましたので追加意見を書かせてもらいます。

まず、法案反対されている方々は、自身が一番関心の高い人権問題のみに特化して過剰反応なさっておられますが、人権問題の対象とされる課題は広範囲にわたります。主要課題だけを最後に挙げますが16項目あります(そんなにあるのかと私もびっくりです)。

人権擁護の仕事は、人権相談と人権啓発です。
人権相談とその後の人権救済措置についての概要は前回、お話し致しました。
人権相談では、差別的取扱い・暴行・虐待・いじめ・いやがらせ・プライバシー侵害・セクハラ・パワハラなどで日常生活に支障をきたして悩んでいる方々が相談にみえられます。
相談件数は、年間28万件(平成22年)です。
その内で人権侵犯事件として処理されている件数は、年間2万2000件(平成22年)です。
では、救済措置でどのように対処しているかというと、
2万2000件の内、2万件は、救済措置の一番最初の援助(被害の救済・予防のための法律上の助言や関係する機関への紹介)で終わっているのが現状です。人権侵害事案は間口が広く(主要16項目)、どこに相談したらいいのかも判らず、法律的知識や対処法の知識のない相談者が大半ですので、まずは法務局の人権相談窓口へ来ていただいて悩みを聴取したうえで、専門機関で対処したほうが適切な事案がほとんどです。
そして、残り2000件の内、1500件は人権侵害事実が不明確だったり相談者の思い込みだった事案です。
最後に残った500件ですが、相手方との話し合いを仲介したり、被害の救済のために実効的な対応が出来る者に対し必要な措置を取るよう求めたり(例えば、相手方の学校・職場など)、相手方に対して人権侵害をやめるよう注意をする対応で終えています(調整・要請・説示)。

よって、勧告・通告・告発と言った措置はゼロ件です。
このように人権侵害について被害者と加害者が面識があり、調査の結果、侵害事実が認定されて初めて、救済措置となるので、言論弾圧や令状なしの家宅捜索などの事態にはなりえないでしょう。

では何故、新たな法案が必要なのでしょう?
それは、先に述べた相手方に対して人権侵害をやめるよう注意をしても、その場では判りましたと取り繕いながら、延々と侵害をやめない悪質な方々が存在する事なのです。
だったら、被害者は警察や裁判所へ行けばいいじゃんと思うかもしれませんが、被害者の立場としてそこまで大事にしたくない心理もありますし、警察や裁判所でも門前払いされるような事案でも当事者にしてみれば、人権侵害にあたる(人権救済機関の立場でも人権侵害事実ありと認定)グレーゾーンの事案は現実に存在するのです。厄介です!
【そのグレーゾーンで暗躍しているのが暴力団だったりするのです。】
そこを国として、または社会として放置していてよいのでしょうか?
そういった数字にも表れないグレーな部分にも救済の手を伸ばしたいとの必要性から人権救済法案が10年以上前から議論されているのです。

次に人権擁護委員について。
現在、14000人居て2万人に増員する必要性が判らないとの指摘ですが、
人権擁護委員の全てが法務局職員と同様のフルタイム勤務ではありません。
法務局の人権擁護課に詰めて常勤で相談業務にあたっている方は全体の1割程度で、一日5時間勤務ほどです。
そのほかの方は、週2~3回相談業務を行ったり、人権啓発活動で地域のスーパーや小学校へ出向いたり、自治体役場や各種施設で相談業務を行ったりしています。
人権擁護委員は民間のボランティアとして国が業務を委託しているので、各人権擁護委員の生活実態に合わせて、行う業務の形態もいろいろなんです。
又、彼らにに活動の実費(交通費や啓発活動のためのビラや小道具などの経費)しか支給はありません。

人権相談一件あたりの相談時間はどのくらいかご存知ですか?
電話だったり、メールだったり、面談だったり様々ですが、電話・対面での相談時間は5~10分で終わるものではありません。
平気で2~3時間、半日だったり一日相談を受ける事もザラです(一人の相談者にですよ)。相談する人の立場からすれば切実ですから、相談者の思いを時間で切る事はしません。それで年間28万件ですよ。
ですから常に人手が足りているとは言いづらいのが現場の意見でしょう。

最後に人権救済のための基本法は日本には存在しないのはご存じでしょうか?
国が人権相談や人権救済措置を行うのは法務省設置法の中で所掌事務として規定されているから行っているだけなのです。
そして、人権擁護委員や法務局職員は、省令である人権侵犯事件調査処理規程
に基づいて事務を行います。
戦後からず~とそうやって来たのです。
最後にも書かせてもらっている人権主要課題のそれぞれに対応した権利向上の為の法律はあるでしょう(男女雇用機会均等法など)。

諸外国でも、1965年、国連総会で「人種差別撤廃条約」が採択され、各国で法整備が進められています。
たとえばデンマークでは、差別行為の助長行為(プロパガンダ)それ自体が犯罪になるよう、刑法が改正されています。スウェーデンでもメディアでの差別助長が規制され、さらに人種差別に根ざした犯罪は刑法で「悪質犯」と規定される改正が行われました(情状酌量に影響が出るわけです)。
第2次世界大戦中、ナチズムのもと大量のユダヤ人虐殺を行ったドイツでは、このようなナチズム思想を公共の場で是認する行為などだけをもって、「5年以下の自由刑(懲役または禁固)もしくは罰金刑」に科すことを定めています。
「人種のるつぼ」アメリカでも、1964年いわゆる「公民権法」が制定され、人種や性別についての差別行為を禁止し、違反者に対する刑罰を規定しました。

それでも、日本では人権救済の為の法律は、今まで成立できていません。
今後、社会がより成熟し、グローバル社会が進むのは間違いありません。
そんな中で私たち一人ひとりが人権侵害の当事者になりうる可能性も出てくるでしょう。そうした時、人権救済機関が我々の権利を守る砦の一つとして機能してくれれば存在してくれればと願います。

①女性
今でも,「女だから…。」などと言う人がいます。女性というだけで社会参加や就職の機会が奪われることはあってはなりません。また,女性を,パートナーからの暴力,性的な嫌がらせ,ストーカーなどから守る必要があります。

②子ども
「いじめ」を苦に自殺,親の養育放棄で乳幼児が衰弱死,体罰で中学生が重傷,児童ポルノをインターネットで販売した男性を逮捕…。
子どもが被害者である報道の一部ですが,このように痛ましい事案があとを絶ちません。子どもも一人の人間として最大限に尊重され,守られなければなりません。

③高齢者
介護の際に虐待を受けた,詐欺商法で被害を受けたなどの事案が発生しています。
豊かな知識と経験を基にまだまだ社会に貢献したい,地域の人たちと交流し,趣味を楽しみたい…。 高齢者が生き生きと暮らせる社会の実現を目指して,高齢者についての理解を深め,高齢者を大切にする心を育てる必要があります。

④障害のある人
障害のある人が車いすでの乗車を拒否されたり,アパートの入居を断られる事案が発生しています。障害のある人に対する理解や配慮は十分でしょうか。

⑤同和問題
「あの人は同和地区出身だから…。」などと言われて,結婚を妨げられたり,就職で不公平に扱われたりするなどの事案があとを絶ちません。同和問題の解決に向けて,差別意識の解消のための取組などが必要です。

⑥アイヌの人々
アイヌの人々に対する理解が十分ではないため,就職や結婚などにおいて偏見や差別が依然として存在しています。アイヌの人々に対する理解と認識を深める必要があります。

⑦外国人
外国人であることを理由に,アパートへの入居や公衆浴場での入浴を拒否されるという事案が生じています。外国人の生活習慣等を理解・尊重し,偏見や差別をなくしていく必要があります

⑧HIV感染者・ハンセン病患者等
平成15年11月,熊本県内のホテルにおいて,ハンセン病療養所入所者に対する宿泊拒否事件が発生しました。患者・回復者の方々などが偏見や差別に苦しむことがないよう,感染症に対する正しい知識と理解が必要です。

⑨刑を終えて出所した人
刑を終えて出所した人などに対する就職差別等が発生しています。
これらの人の社会復帰のためには,本人の強い更生意欲と併せて,周りの人々の理解と協力が必要です。

⑩犯罪被害者等
犯罪被害者やその家族は,直接的な被害のほかに,いわれのないうわさや中傷により傷つけられたり,プライバシーが侵害されたりするなどの二次的な被害を受けることがあります。犯罪被害者とその家族の人権に配慮することが必要です。

⑪インターネットによる人権侵害
インターネット上においては,匿名による書き込みが可能なことを悪用して,個人の名誉やプライバシーを侵害するなどの種々の人権問題が起きています。インターネットを正しく使用し,人権侵害をなくすことが必要です。

⑫ホームレス
ホームレスとなった人々に対して,嫌がらせや暴行を加える事案が発生しています。ホームレスの人権に配慮するとともに,地域社会の理解と協力が必要です。

⑬性的指向
「男性が男性を,女性が女性を好きになる」ことに対しては,根強い偏見や差別があり,苦しんでいる人々がいます。性的指向を理由とする偏見や差別をなくし,理解を深めることが必要です。

⑭性同一性障害者
からだの性とこころの性との食い違いに悩みながら,周囲の心ない好奇の目にさらされたりして苦しんでいる人々がいます。性同一性障害を理由とする偏見や差別をなくし,理解を深めることが必要です。

⑮北朝鮮当局によって拉致された被害者等
⑯人身取引(トラフィッキング)

-

自民党に多大な期待を抱くのは間違いです。
「民主党よりは少しマシ」な程度です。
支持政党無しの日本国民の不幸はまだまだ続きます。

ゆき

こんにちは
みなさんいろいろ書いてくれてありがとうございます。ちょっと私、頭がパニックになってました。
またわからない事があったら聞きますね

でもどうしても自民が賛成に回る事が腹立ってしょうがありません(一部を除いて)でも私はまだ諦めてはいませんよ!
自民の売国はどっか行ってほしいです

一読者さん
私も後でやってみます。教えてくれてありがとうございます
アンテナさん
「スパイ防止法」の成立はそうやって阻止されたんですね…よくわかりました。

甘木

廃案
>ただ私が聞きたいのは一回廃案になったものが何故出てくるのか、しかも名前まで変えて...こんな事ってありなんですか?

ありますよ。
廃案というのは、たとえば国会の会期中に採決ができず継続審議とならなかったような場合に発生します。特に国会で否決された、と言うわけではありません。期限切れ廃案で、再提出された法案と言うのはいくつもあります。
また、野党が審議を引き延ばして法案を廃案に追い込むのもよくある国会戦術です。

アンテナ

ゆき さんへ
>ただ私が聞きたいのは一回廃案になったものが何故出てくるのか、しかも名前まで変えて...こんな事ってありなんですか?

ゆきさん何故なのか、気を落ち着け集中して、私のコメントを読み返してください。

日本にはスパイ防止法はありません、それも何故か?
中枢に忍び込んだスパイが「スパイ防止法」成立を阻止してきた!

一読者

ゆきさんへ
最初のご質問ですが、その署名サイトは確か携帯のアドレスでは、署名出来なかったと思います。パソコンのメールアドレスをご使用下さい。私もやりました。

-

民主党にも頼るべきでは?
民主党の賛成議員の中には法案の危険性をよくわからず、幹部に言われるまま賛成している人が結構いると思います。
保守系政党だけでなく、民主党議員にも拡散すべきだと思います。
保守系だけだと数で負けちゃうでしょ。

-

自民党にも人権侵害救済法の賛成者はいますが民主党や公明党はほとんどが賛成者です 何人かいる賛成者を上げつらってほとんど全員賛成の民主党や公明党を批判しないのはおかしいですよ

ゆき

アンテナさん
こんばんわ。
私が聞いたところによると「人権擁護法案が廃案」になったから次に出てきたのが「人権救済擁護法案」と聞きました。(間違えてたらごめんなさい)これを聞いた時に「ゾンビのようだな」と思いました。ただ私が聞きたいのは一回廃案になったものが何故出てくるのか、しかも名前まで変えて…こんな事ってありなんですか?それと「自民の一部が反対してる」と言うのは聞きましたが何故一部だけなのか?自民党って保守ですよね?こういう薄気味悪い法案を聞いた時も「自民は反対してくれる」と安心してたんです。だけど蓋を開けてみると「賛成が多い」て意味がわからない。
友達もネット見てますからこんな法案、ぜっ~たい反対!!なんです。私の親はネットしてませんが「民主はダメ!反日売国だし日本を潰す」と言うのはずっ~~~と言ってました。私以上にいろいろ動いてます。だから私の周りやその周りは大丈夫なんですが…どぅなんでしょ?

ゆき

アンテナさん
共通一次世代さん
こんにちは。うちの親も「自民もバカはいるけど民主よりは遥かに良い」と言います。でも再生エネルギーや外国人~や人権擁護~とかを反対しない自民は信用できません!一部議員らが賛成してるならともかく…。お金や女を渡されたのかな?と疑いたくもあります。私は自民の「西田先生」が再生エネルギーや外国人~や人権擁護~を国会で言ってほしかったのですが、自民が賛成多数だから言わないのかと考えました。何かみんなみせかけの政治家ばかりでゾッーとします

共通一次世代

No title
「人権」という言葉を盾にして、国家主権を脅かす侵略者を、従来の「法律」から解放するために、更には、侵略者に抵抗する国民に対して「新たな法律」によって逮捕、制圧することが出来る。人権救済法案は、本当に恐ろしい法案であるということが判ります。

少し話が離れますが、今のフジテレビを始めとする韓国のゴリ押しを見るにつけ、また、先般の「ジャパンエキスポ2011」における韓国の日本文化侵略を見ていると、麻生さんが総理の時に「メディア芸術総合センター」を民主党とマスコミが一緒になって「国営漫画喫茶」「アニメの殿堂」などと散々こき下ろし、潰したことは、韓国に多大な利を与え、日本は国益を大きく損ねたと改めて思います。

『【架空TV】 <緊急放送> 韓国が日本を侵略中! 』http://www.youtube.com/watch?v=xal56oA8uT4&feature=related

あの時、麻生さんを叩きに叩いたのは、テレビに出ていた殆ど全ての人間です。勿論、池上彰もです。

当時、アニメに関わる人達が「メディア芸術総合センター」をどのように捉えていたか。↓

【アニメーターの屋根裏ブログ:・国立メディア芸術総合センターについて】
http://yaneuranikki.blogspot.com/2009/05/blog-post_23.html
【アニメーターの屋根裏ブログ: メディア芸術総合センター関連】http://yaneuranikki.blogspot.com/2009/07/blog-post_05.html

そしてあの時、テレビにも頻繁に出演し、麻生さんを背後から撃ち続けたのは誰かということも見てきました。

【河野太郎議員が総理になったら外国人参政権実現してくれるんでょうか? - Yahoo!知恵袋】http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153185216

=========(以下抜粋)
素晴らしき外国人参政権賛成してて規制仕分け(行政刷新会議)を実現してる河野太郎議員が総理になった場合、外国人参政権は可決し成立するんでしょうか?

(補足) 売国奴谷垣議員は極悪極まりないネット右翼だけの味方です!
河野太郎議員こそ日本住民(もちろん在日外国人含む)達の素晴らしい味方でありスターです!

==========

↑「日本住民」という表現に違和感を覚えるのは私だけでしょうか・・。

【河野太郎 「日本国籍を簡単に取得できるようにします!」 】
http://www.youtube.com/watch?v=9mI9_l5YBgk

私には河野議員を信頼などできません。
上のコメントで、ゆきさんが、「自民党って売国党なのですか?」と聞かれていますが、自民党にも信頼できない議員はいます。

私は、自民党の悪い面ばかりをマスコミ同様強調するのは、自民党の真っ当な議員を潰すことにもなりかねないので、マスコミが伝えない「日本のために懸命に動く自民党議員」を伝えたいと思っていますが、例えば,普段、外国人参政権反対という意見を一応出していながら、総裁になった途端に党議拘束を外し、「外国人参政権賛成」に回す可能性があるかも知れない議員を信頼する訳にはいかないです。

テレビに非常に重宝される議員はとにかく信頼はできません。河野議員はそれが余りにも度が過ぎています。

野中広務も完全な売国奴ですが、案の定、引退後、テレビに重宝されています。テレビ側、言わば売国側の人間だったということをはっきり言えると思います。

しかし、今日の参議院を見ても、自民党の議員は日本を守る砦であることには間違いありません。
法治国家であり、国民性を考えても、クーデターを起こすなど有り得ない日本では自民党が砦です。現実として、自民党がずっと危険法案を阻止してきたのです。

自民党は「団体」の声だけでなく、私たち普通の国民の声を聞くようになっと思います。自分たちも自民党の良い政策、活動に対して、ちゃんと「よかった」と評価を伝えることが重要だと思います。

かつては「拉致問題は票にならない」、その方向へとマスコミが誘導し、自民党議員もそれに流されたと思います。でも、普通の国民が何に危機感を持っているか、何に眼を向けるようになっているか、それを実感として議員さんに感じさせることが真の方向へと向かわせると思います。

大切なモノは何か。東北の津波は多くの方が犠牲になってしまいましたが、「私たちは日本人だ。」それを強く思ったのはあの津波だったと思います。
関西に住んで、知り合いがいるわけではないけれど、でも、東北があんなことになってしまった時、どんなに悲しかったことか。国民みんな泣いたと思います。
我がことのように思ったんですよ。遠く離れてても。
同じ日本人だからですよ・・・。誰もが何とかしなければ!と思ったはずです。「可哀想」でなく「何とかしなければ」という思いです。

民主党は「何とかしなければ」という思いは全くなかった。
口蹄疫の時もそうです。
でも自民党にはありました。日本人の政党だからです。

日本人を守れるのは日本人だけです。

会社員

ぜひチラシのPDF版を
ねずきち様、はじめまして。
いつもは拝読するだけですが、思い切ってコメントします。

冒頭のチラシのPDF版をアップしていただくか、入手先の紹介をしていただけないでしょうか?

出回っているどんなチラシより分かりやすく目を引きます。
どうしても、ポスティング等でネットをしない方々にも危険性を知らせたいのです。
今のjpeg版では、印刷すると文字がつぶれてしまいます…。

ネットで情報を得ている層は、ある程度危機を認識しています。
問題は、ネットをしないTV新聞層です。
そういう方々には紙媒体で知らせるしかありません。

どうか、ご一考の程、よろしくお願いいたします。

ひとひら

人権
人権はまず、国籍のある、または元なる国において
認められることが大事であると思います。


togyo

民主党の失敗とは
今週の文春で池上彰氏の「民主党「失敗」の研究」を読みました。
デタラメな政治主導で震災に対応できない、財源なきマニフェストなど解説されていますが、人権救済法案等の裏法案について全く触れていません。
これがジャーナリズムとして世間に受け入れられていることが辛い。
民主党は権欲のために反日組織や在日外国人と手を組み、世間には表の4K無償化を餌に、裏法案の実現を目指す。
これが民主党の正体であり、池上氏曰く政権交代を焦ったことが失敗ではなく、正体を知らないことが失敗のはずです。
この記事は「私たちの失敗」として締められてますが、現実を報道できないジャーナリズムの失敗をさて置くことは許されません。

憂国の主婦

危機的状態
初めまして。
毎日、嘆願を閣僚や法務委員会にFAXしています。
今までと違い、発表されていますので、国会に出された段階で
成立する可能性が高いと思います。自民にも賛成者がいますので。
ここまで来ると、デモ・街宣集会・ビラ(分りやすい)をしないと、
無理かもしれません。
陳情されている団体もありますので、多角面から阻止しないと。
本当に、日本に対する背信行為です。
民主である限り、しつこく攻めてくるはずです。

ゆき

はじめまして、いつも拝見しています。ところで教えて頂きたいのですが、「外国人参政権」「人権擁護法案」の反対署名をネットでしてますが、櫻井よしこさん(?)の反対署名はネットでしたのですが、高岡そうすけさんが「反対署名よろ」と書いたネットの「署名TV」の方ができないんですけど…私の携帯だけなのかな?と思ったのですが友達のもできなくて…できないです。「署名TV」をやってアノ法案の反対の場所をクリックしても、署名する所が見当たらないんですけど…どうしたら良いんでしょうか?
後、自民党って売国党なのですか?

やさき歯科

No title
ねずきち さん

いつも貴重な情報ありがとうございます。人権侵害救済法案(日本人弾圧法案)に関しては私も自身のTwitterなどを通じて反対の意思表明をしております。これが閣議決定されたら外国人参政権にも繋がるのは必至なので、いろいろご意見はあろうかと思われますが、(外国人参政権に反対している)国民新党と現職閣僚である同党の自見大臣に閣議決定における署名拒否のお願いの声を届けることが効果的かと思われます。
先週、私が自見大臣宛に送った内容を参考に貼り付けさせてもらいます。
-----------------------------------
宮崎市に在住の矢崎と申します。先日、江田法相が人権救済機関の方針発表をしました。人権侵害救済法案のための動きであることは素人目からしても明らかです。もしこの法案が通ってしまうと次は外国人参政権に繋がり日本は終わってしまいます。近いうちに人権侵害救済法案に関する閣議決定の話が出るかと思いますが、日本の将来のために本格保守である国民新党の自見先生にはこの閣議決定の署名拒否をし、悪法成立の阻止をして頂きたくお願い申し上げる次第です。今ネット上ではこの法案に反対する署名活動も行われています(http://p.tl/7aOL)が、反響が大きくものすごいアクセスとなっています。
ここで先生が体を張ってこの悪法成立を阻止して頂ければ、それはすぐにネットユーザーの知るところとなり先生の次期選挙における勝利を、そして日本を救った男として後生に名を残すことを意味します。今この悪法を阻止して日本を救えるのは国民新党、そして現閣僚である自見先生以外にはいません。日本の将来のために何卒宜しくお願い申し上げます。我が国の伝統と誇りが失われませんように...。
------------------------------------
自分たちに出来ることをしっかりやっていく事が重要だと思います。

国民新党HP http://p.tl/muVE
自見大臣HP http://p.tl/iX8P

TAKE

No title
売国法案の横綱です。
こんなのが実行されたら日本は地獄になります。
外国人>日本人女性>日本人男性
おそらくはこんな序列になり、外国人に対して日本人は奴隷か死を選ぶ事しか許されなくなるでしょう。
実際には殺されなかったとしても、差別主義者とゆうレッテルで社会的には殺されるでしょうから。

ネットでの反応を見ていると参議院で野党が過半数を持っているからなのか「どうせ否決される」と楽観的な考えの人もけっこう存在しますが、公明党や自民党でも賛成の人がいるので提出されたら確実に通ると私は考えています。
ネットでの拡散は必要ではありますが、それだけではどうしようもありません。
チラシ配りやデモ参加等、現実に行動しましょう。

nanashi

外国人市営住宅入居問題「日本語の日常会話ができる者」などの入居条件の削除を要請
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク