今の敵は誰なのかをはっきりしなくてはいけない



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

先日、共通一次世代さんからとても大切なコメントをいただきましたので、本文で、再度掲載させていただきます。

とても大切なことが書かれています。

~~~~~~~~~~~~~~~
投稿者:共通一次世代
タイトル:No title
********************
特例公債法案は被災地のためにも絶対に必要なものです。
しかしこの法案には、子ども手当などばらまき政策の財源も含まれています。

それを自民党が食い下がり、減らそうとしたのは当然です。
そして、9月になれば予算執行を抑制しなければいけない状況に陥るのを防ぐためにも今月が、もうギリギリでした。

報道は絶えず、自民党が邪魔をしている、とか,政局がらみだ、とか言っていますが、それを鵜呑みにさせるのが、マスコミです。

昨日の報道ステーションも、「がれき処理法案」について、さも環境相の立場にある江田五月が頑張って被災地のために進めてきたかのように報道していましたが、実際はどうでしょうか。

がれき処理は一向に進まず、衛生面からも問題が生じていることを江田五月は「がれき処理は進んでおります!」の一点張りで、国が全額補助すべきだという自民党の意見にも頑なに拒否し、動かなかったのは誰であろう江田五月です。

江田が、さも、「よい政治家」のように印象づけるテレ朝。
ほかのテレビ局も勿論同じです。
菅直人と同じく北朝鮮と繋がっていることなど全く伝えないマスコミ。

マスコミが日本を潰すために、まず潰したがっているのは何か?
自民党ですよ。

彼らは自民党の中の良識ある議員をことごとく潰す気でいます。
何度も言いますが、自民党が「砦」です。法治国家である日本では自民党が「砦」です。

今までもとにかく砦となってきたんです。自民党の中にもいる売国奴は数合わせに利用すべきです。
それから公明党と手を切れない自民党を批判する人も多いですが、言わば公明党を押さえ込んでいるのは自民党です。

日本を守る議員を中川さんのようにさせてはいけない。



【地方参政権勝ち取ろう 魯漢圭(広島市)】
http://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=3146
2004-06-30
===========
長い年月を費やして民団は、地方参政権運動を展開してきたが、いまだに実現していない。
残念でならない。参政権は納税の義務を負うわれわれとしては、当然の権利だ。

地方自治体の意見書採択率は47%で、人口比率からすると実に78%にのぼり、もし世論調査をするとしたら、人口比率程度の割合になるのではないかと推測される。このような状況のなかで、国会で立法化されない理由ははっきりしている。

自民党が反対するからだ。政権政党が自民党である限り、恐らくこの問題はクリアできないとみて、運動方針を転換する必要があるのではと思う。

自民党を除く他の政党は賛成しており、公明党もこの問題で頑張っているが、自民党の強い反対に押し切られ、最近は影をひそめている。

そこで、民主党に政権をとってもらい、民主党の政権下でこの問題を解決していただくのが早道だと思う。

民主党のマニフェストにも永住外国人の地方参政権付与については賛成している。昨年11月の衆議院選挙で破れたものの、議席を増やし善戦している。

民主党の政権獲得まであと一歩だ。来る7月11日の参議院選挙がある。地方参政権獲得運動の一環として、民主党を総力をあげて応援しようではないか。

われわれ外国籍の者は、政治献金は公職選挙法に触れるが、投票をお願いすることは違法にはならない。

(2004.6.30 民団新聞)
===========

名前:共通一次世代
タイトル:今の敵は誰なのかをはっきりしなくてはいけない
********************
アメリカの当時の非道は非難すべきですが、アメリカを語るときは、以前にも取り上げてくださった「2つのアメリカ」というものにも絶えず触れなければいけないと思います。
共産主義に取り込まれていた当時のアメリカというものも考慮しなければいけないと思います。

史実を知ることは何より重要だと考えます。その次に重要なのは今現在の敵が誰なのかを明確にすべきだと思います。

下の動画でチャンネル桜の水島さんが仰っていること、すごく重要だと思います。(30分あたりから)

【スクープ!】緊急特集「韓国・鬱陵島レポート」[桜H23/8/8]
http://www.youtube.com/watch?v=SWD81-c3Ys4&nofeather=True

朴正煕政権下の韓国は日本にとって、北朝鮮の「共産主義」との間の「反共」の砦とも言えたこと。自民党に日韓議員連盟に所属している議員が多いのもそのためである。と

朴大統領は日本陸軍士官学校を卒業し、また日本の統治については評価もしている。

=========(WIKIより)
日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な労働力だった自分を学校に行かせてくれた。すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している。
— 金完燮 日韓「禁断の歴史」p.212 小学館 2003年10月
=========


日本統治を知る人たちがほぼいなくなり、後は反日教育を受けた者たちばかり。もともとの国民性も含め、受け入れ難い民族であることを考えなくてはいけないです。

自民党が、朴政権が終わった後に、変わらず甘い対応をしてきたことが今の状態を作ってしまったことはその通りだと思います。

ごく一部、日本を理解できる人がいるとしてもそこからの突破口は無理だと思わざるを得ません。反日政策に対して私たちが辞めろと言っても無駄であり、また、そういうことは、あの朝鮮半島そのものが解決すべきことであって私たち日本がそこに頭を突っ込むことなどできません。

先日の新藤議員、佐藤議員、稲田議員の行動は今までの自民党の甘さを認識し、行動に変えたものと高く評価すべきことだと思います。
韓国は既に北と同じです。

今まで拉致事件が公になった時も、朝鮮学校の生徒を表に出してきて「人権侵害」だなんだとわめきちらし、拉致事件の問題の本質をすり替えていったのは在日朝鮮人であり、マスコミであり、今の政権与党です。彼らは何の反省もしていません。

自民党も甘かったし、国民も甘かった。
朝鮮は台湾の人たちとは全く違う。共生など絶対にできない。

フジテレビの問題も、テレビでは「人権問題」などにねじ曲げられています。
人権問題と絡めてくるのが彼らのやり方です。
彼らは侵略者です。国家主権の問題です。拉致事件もそうです。
そこをはっきりしなければいけないと思います。
民主党がかつてのマニフェストに「国家主権の移譲」という言葉を出していたことを忘れてはならないです。


クリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【スクープ!】緊急特集「韓国・鬱陵島レポート」[桜H23/8/8]


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

共通一次世代

No title
和田さんへ
今、自分が思うことです。

①大事な味方、必要な味方を失うようなことをしない。
②イメージを自ら落とさない。
③今、最も優先させるべきことは何かを考える。
④きっかけがあればそれを最大限に有効活用する。
⑤何のためにするのか原点に帰って考えてみる。

思いつくままに書いてみました。

自分がこうして書いたり、チラシをポスティングして来た原点は「拉致被害者をとにかく返せよ!!」という「怒り」でした。

日本人ならそう思って当然、と思っていたのに、テレビの司会者もコメンテーターも、そして国民の味方だと思って何度か一票を入れていた社会党の政治家も言ってることが異常だった。「日本が悪いことをしたからこうなったのも当たり前だ」とか、「帰国した拉致被害者を北に戻せ」とか・・。
悔しくてたまらなかったです、本当に。

「怒り」が人を動かすと思います。
バラバラだった様々な問題も1つに集約されて来ました。
全てが繋がっている。皆が気付きはじめたと思います。
拡散がスムーズになってきてると感じます。
若い人達は特に。

敵の誘導に引っかかって自爆しないことです。
目覚めた人が急激に増えてきているのですから。焦らないでほしいです。

和田

おはようございます。
≫共通一次世代様
≫瑠璃…←字が出なくて申し訳ありません 様

コメントを頂きありがとうございます。
『行動する保守運動』についてのご意見でしたが、私は在特会のデモ行進や全国大会等に時間の許す限り参加はしておりますが、身分は一メール会員に過ぎず、会の運営に口を挟める立場ではありません…本日桜井誠会長のBlogを閲覧しましたら13~15日の連日の活動についてご報告・動画紹介が掲載されておりました。どうか動画を御覧になられてから桜井会長にコメントして頂けたら…と思います。
私個人としましては不参加ではありますが在特会の友好団体『排害社』の設立一周年記念デモ行進で掲げられたハーケンクロイツ(鉤十字)はやり過ぎであり、その他執行猶予処分を受けた『チーム関西』メンバーの戦列復帰は士業の人間として極めてリスクが高いと思います。(この二件については私から桜井会長に話をしてあります…)

私個人としてはこれ以上、在特会に『警察沙汰』になって欲しくありません。 15日の行動を終えて飲み会に誘われてましたが皆裏表の無い好漢ばかりです。 桜井会長の報告を読んで『覚悟の程』を知りましたので出来る範囲で支援したく思います。
長くなり失礼致しました

愛信

「危機をチャンスに変えろ」 ~G20サミットの舞台裏 高画質
「危機をチャンスに変えろ」 ~G20サミットの舞台裏 高画質
http://www.youtube.com/watch?v=Bb4YROZJcow&nofeather=True
(動画)
詳細は【日本たばこ党宣言】誰が総理大臣をやっても同じ と考えるそこの愚民! この動画をよく見ろ!をカッチとねhttp://kafuka36.blog104.fc2.com/blog-date-20110811.html
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
平成23年8月15日靖国神社にて
一色元海上保安官の靖国神社における集会での挨拶
 
http://ariesgirl.exblog.jp/d2011-08-16/

瑠璃苣

共通一次世代さんに同感
yahoo掲示板2007年の在日の会話は有名ですが、民団新聞にもこういう民主党支持がはっきり書かれてるのですね。
いつも情報ありがとうございます。
私も共通一次世代さんにまったく同感です。(ちなみに私も共通一次世代ですが ^ ^)
日本の問題山積の状況の全てを同時に解決していきたいところだけど、今目の前の問題に集中したほうが道は開けやすいですよね。

それと、和田さんのご発言に対する共通一次世代さんのご意見にも賛成です。
私は昨日、初めて靖国神社に参拝してきて、九段下交差点のデモ?街宣?をちょっと聞いていましたが、なんか拡声器を通した声はグワングワンしてよく聞き取れませんでした。
「在特会」ののぼりを見て、そういえばこんな感じののぼりや文言は今までも、街中で何度か見かけたことがあったような気がするけど、正しい歴史を知らなかった時の以前の私(つい3、4箇月前まで)は、“ヤバい人達だ”と思って(すみません)、目をそらしてましたもん。
日本人は争い事は避けて通りたいと強く思う性格の人が多いですから。それが自分の身にも直接ふりかかってくることだとわかってないうちは。
私よりずっとずっと以前からこの問題に取り組んでらっしゃることには尊敬して止みませんが、“偏った考えをもったおかしな人”と思われてしまっては、この問題をよく知らない多数の日本人に聞く耳を持ってもらえないと思います。(以前の私のように)
戦略、やり方ってすごく大事ですよね。
悔しいけど、そういうとこ、反日側の電通は“プロ”なんですよねぇ。。。ここが難関!

ジャギ様

「嫌なら見なければいいじゃないか!」
 私たちの言論空間は常に、より良き社会をつくるために前進し続けなければなりません。
 嫌なものから目を背ければ、話すことも、意見を述べることもできない「唇寂しい社会」となり、その行き着く先は相手の異見にも耳を傾けない不寛容な社会です。
 現在、こうして政治や歴史、宗教、文化の話をネットで議論できるのは、ねずきちさんのような先覚者が良質なソースを提供してくれるおかげです。
 誰もが過去を振り返れば、言論にタブーがあったことを記憶している筈です。二度と「見ざる、言わざる、聞かざる」の世の中にしてはなりません。

 今月21日(日)のお台場デモに、私はやんごとなき事情で行くことはできませんが、心情的に応援しています。
 そしてこれは、生協運動の娘や孫たちが決起した純然たる消費者運動だと理解しています。
 敵は言論空間を抑圧しているマスメディアです。
 韓流放送云々は些末なことで、本質は政治や主権、歴史などに対する「事実に反する報道、捏造、印象操作、報道しない自由の行使など」腐敗したマスメディアとその周辺に跋扈する似非文化人との戦いなのです。

たまちゅう

No title
ねずきち様、先日は名古屋で初めてお目にかかることができ感激でした。お盆のラッシュに巻き込まれ大変な道中だったとおっしゃっておられましたが、帰路もまた長かったこととお察しします。お忙しい中のご講義ありがとうございました。ようやく「気づいた」ばかりで、これからもっと勉強し、この気付きを広めていかねばと思っています。またお会いし、お話をうかがえることを願っています。

マッチ

甘甘甘から
ズブズブの甘ちゃんから、今は少し成長したと思います。バカとはいえ、民主党に票を入れてしまった自分を反省しています。
そして、同和の正体に今頃気づいた自分にも反省しています。

町工場の親方

昨日感じたこと
昨日は例年のように、午前中、靖国神社に参拝し、日本会議主催の、「第24回戦歿者追悼中央国民集会」、に参加し、中条高徳・英霊にこたえる会会長、三好達・日本会議会長、の挨拶ならびに、講演者の
小野田寛郎、一色正春、佐藤正久、諸氏の講演を聞きました。
皆さん、聞き応えのある立派な挨拶、講演をされ、出席者に強い感銘を与えました。
皆さんそれぞれ、いかに現在の日本がひどい状態に置かれているか、について話されましたが、その中で、私は、90歳になるご高齢の小野田さんが、「もうこんな国でこれ以上生きていたいとは思わない、と悲痛な心中を語られた言葉に打たれました。
一色氏は雑誌、「WILL」、等での文章、座談会により、当初想像したより、思慮のある、優れた人と思いましたが、昨日その講演を聴いて、改めて、日本国民としての、良識、常識豊かな、立派な人物であると、感じました。
最近、優れた本を続けて2冊出された、藤井厳喜氏とともに、「立ち上がれ日本」、もしくは、「創新党」、より立候補して、国会議員になっていただきたいと思いました。

夜はサンケイホールで開催された、

「日本の復興と国防を考える集い」、に、その出席者の顔ぶれより、話を聞いてみたいと考え、出席しました。

二部構成で
第一部は、佐藤守氏と藤岡信勝氏、両氏による、基調講演

第二部はパネルディスカッション
「祖国日本の再建ーー真の復興と国防はどうあるべきかーー」、と題して

パネリスト
特定失踪者問題調査会代表・荒木和博
ノンフィクション作家・河添景子
川村研究所代表・川村純彦
軍時評論家・佐藤守
新しい歴史教科書を作る会会長・藤岡信勝
日本世論の会会長・三輪和雄

コーディネーター
日本兵法研究会会長・家村和幸

の諸氏により行われました。きたちょ

内容豊富、聞き応えのある、パネルディスカッシヨンで、得るところの多いものでしたが、私にとり強烈なインパクトを与えたことを一つ、ご紹介いたします。
誰だったか、発言者は忘れましたが。

『何の罪も無い、学校帰り途中の、中学生、横田めぐみさんはじめ、暴力または詐欺によって北朝鮮に拉致され、小泉訪朝にともない、帰国した、ほんのわずかの日本人を除き、痛切な望郷の思いの中、帰国することもかなわず、四十年からの年月を北朝鮮で暮らし、またはその間亡くなった人たちと、日本の肉親のことを思うと言葉も無い。一方、日航機よど号をハイジャックして、北朝鮮に渡った、田宮高麿と、石岡亨さん、松本薫さんを拉致し、日本の警察から指名手配されている、森順子との間に生まれ、北朝鮮の特殊学校にて、徹底した日本共産化の工作員教育を受けた森大志が、のうのうと日本に帰国し、、極左政党、《市民の党》、の地方議員候補として、東京近郊の市議会議員選挙に立候補した。そのような、左翼革命を目論む政党に2億からの巨額の資金を与えたのが、現・民主党、管総理である。わが国はここまで異常な国である』

私が管・民主党と並び、激しい怒りを感じるのは、産経新聞以外、そのような事実を報道しようとしない、(ごく一部を除き)、日本のマスメディアに対してです。

NHK、と「朝日」、は日本人のメディアでなどではなく、日本国民の、《敵》、てある、と断言せざるを得ません。

共通一次世代

No title
ねずきちさん、ありがとうございます。恐縮です。

イシコウさん、
私も考えてみました。
一番わかり易いのは、「奴隷」として扱われること、「搾取」されること。、これが人権侵害だと思います。

日本は、他国民を奴隷にしたこともありませんし、搾取したこともありません。
逆に戦後、日本は、捏造と脅しによって、「搾取」され続け、今や、マスコミも乗っ取られて、侵略者によって「奴隷化」されつつあると・・。


和田さんへ、
>掛け声が恐いだの・・・

私も、動画で様子を見てそう思いました。
まだ日本は完全に目覚めてなんかいないんです。
まるでヤクザのような「極端な怒声」はすぐに「街宣右翼」と結び付けられてしまいます。「あちら」の思う壺です。

フジテレビの問題もそうですが、もっと反日連中の異常さを世間に知らしめることのほうが大事だと考えます。

在特会の櫻井さんの声はとても聴きやすく、内容もわかりやすいです。説得力ありますし。

相手にただ、ヤクザのような怒声を浴びせて周りが引くようなことをしなくても、連中の「異常さ、汚さ」を見せつけながら、もっともっと国民に伝えて欲しいです。

「実況」でいいと思います。勿論、「日本が嫌なら帰れ!」「出て行け!」はどんどん言っていいと思います。

けっして、在特会を否定しているのではありません。
せっかくデモをするのです。それが存分に有効になる方法を考えれば、「綺麗事」もある程度必要です。
長いこと活動されている方々に偉そうに申し訳ないですが、「周りが引く」ことよりも「周りが同調するような方向へと仕向ける」ことが今はとても大事だと思います。

反日連中のデモは見るだけで「キチガイ」だと誰もが思います。フジテレビも同じで、自分たちでは暴走を止められない。何が異常に見えるか彼らはわかっていないんですよ。そういうものはもっともっと「見世物」にしてやればいいと思います。それに対して冷静に批判すれば一番効き目があると思います。

韓国に行った佐藤議員ら3人の行動は、「あちら」の異常さを際立たせてくれました。

勝手なことを言って申し訳ありません。
裾野を拡げる為です。日本を守る為です。どうかご一考して頂ければと思います。

and

No title
報道の類の実情はネットで集約したものを見るためか異常さに吐き気がします。原因は偏った報道で、その偏った報道は誰がしているのか、させているのか、何故するのか、理由が明らかになった以上、黙って見過ごすわけにはいかず、対処すべき方向もはっきりしました。
ではどこに任せるか、と言うと、自分は自民党に将来を安心して託すことが出来ません。国民は与えられた条件の中からしか選ぶことが出来ないので、妥協して政策に不満はあるが政権をとりそうだから自民か、政権はとれないが安心して支持できるたちあがれ日本か。妥協すべきか信念を通すべきか、自分にとって次の選挙はかなり重い選挙になりそうです。

和田

反日極左・反天連の赤色デモ行進粉砕!!
おはようございます。 昨日は九段下交差点において在特会の皆さんと共に『反天皇制運動連絡会』約200人の反日デモ行進を参加者約500、観客約700人で粉砕してやりました。 在特会の道路の対面には大日本愛国党の皆さんやりそな銀行側にはmy日本のノボリも立ち、壮観でした。 今年はチャンネル桜は反天連には抗議の声を上げず非常に残念でした…。
水島社長の『綺麗事思考』には本当に困った物です…。
私もチャンネル桜のデモ行進に参加する時は水島社長の顔を潰さない様にしておりますがやれ旭日旗が野蛮だの、掛け声が恐いだの、『お公家さん保守』のやっかみは勘弁して欲しいと思います…。
九段下界隈の商店街に反天連のデモをやらせるなと署名活動をしていたそうですがそんな物に法的拘束力はありません。
反日極左が法に則りデモ行進をするならばこちらも法に従い抗議活動を展開するまでです。
今回の迎撃活動でmy日本のノボリを見た時は嬉しかったです。
彼らは新宿でチラシ配布をよくしておりますが暑さに負けずに頑張って欲しいと思います。
今日は声が枯れてしまったので丸一日休養ですが明日は横須賀の三笠公園近くに住む弟夫婦を訪ねたいと思います。
長文失礼致しました。

イシコウ

No title
すぎやまこういち先生が「日本軍対反日軍の戦いだ」と以前仰ってました、人権についても日本人は正しく理解しなければ、歴史同様、知らないが為にやられてしまいます、人権とはいかなるものか?簡単に理解できる言葉はないでしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク