原発問題を考える



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

児玉龍彦


放射線の健康への影響について、日心会MLで激しい討論がなされました。
たいへん示唆に富んだ内容の高いものとなっていると思いますので、ご紹介します。

ボクは、基本的に日本の経済繁栄、国民生活の向上のために、原発は必要、との立場をとっていますが、同時に原発が危険なものであり、これに対する危機対策、危機管理について、施設の安全対策の実施のみならず、軍の出動も含めた包括的な絶対安全対策が必要であるという立場をとっています。

さらに原発問題が実にくだらない政争の具や選挙のための道具に使われるのは我慢非ないものを感じています。

日心会MLにおける以下の議論は、そうした問題点の本質を実にわかりやすくまとめられたものだと思います。

より多くの方に、この議論を読んでいただき、原発問題の本質について、ひとりでも多くの方にご理解をいただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~
【投稿者:Kさん】
原発事故による放射線の健康への影響と政府の対応のお粗末について児玉龍彦 (東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)が参考人として説明をされています。是非ご覧下さい。


【投稿者:Sさん】
これは見てました。
こちらでも再掲有難うございます。

Cs-137、134の健康被害については、今まで疫学的にはっきりした報告が上がっていませんでした。チェルノブイリを経てようやく統計的な結果がまとまり始めています。
何十年も掛けて疫学データを収集し、ようやく低線量被曝による遺伝子レベル、分子生物学的なレベルで生体への影響を明らかにできるときが来たのです。

原子力は第三世界に中心をシフトする可能性が高く、それに伴う事故の頻発も払拭できません。
また原子力先進国でも事故への対応や事故後の評価基準の見直しは重要です。
アイソトープ医療も長寿化による癌の増加によってますます重要性を増すことでしょう。

願わくば、ここにイデオロギー闘争や政治的思惑が投影されることなく、純粋にサイエンスの領域として研究が進みますように。
ホルミシス効果のように政争の具にされる結果を招いてはなりません。


【投稿者:Kさん】
Sさん。早速のコメントありがとうございます。

今、ラドンの危険性がようやく認識されてきているようです。
ラドンとはラドン温泉のラドンですが、これは花崗岩に多く含まれます。

西洋は石造りの建物が多いことなどもあり、日本よりもこれに晒される危険が大きい。
このため、あちらではいち早くラドンの規制に乗り出したようです。
日本ではほとんどの家が木製ですから、この辺の心配は余りありません。

ただ、ラドンは肺がんの原因の1割2割を占めているといいますから、今後はマスコミにも取り上げられるようになると思います。


【投稿者:Dさん】
以下のような酷評もあります。
私はこれに同意します。

児玉龍彦教授はお笑い芸人かもしれない
http://blog.livedoor.jp/giranbarekanjya/archives/51257085.html

一瞬に出る熱量と3年間の発生熱量を比較する意味が分かりません。
原爆は制御できませんが、原発は出力を制御することが可能です。

原発を原爆のように爆発させることは理論的に出来ません。
このような粗雑な理論で比較し福島原発の危険性を強調するのは何らかの意図があるとしか思えません。
推測ですが反原発、脱原発派に担がれているのでしょう。


「低量放射能はかえって健康にいい」という理論もあります。
そして紫外線も活性酸素も遺伝子を切断してガンを発生させます。
しかしガンの治療でも言われている通り、人間の免疫は遺伝子の切断を修復してガンを死滅させて健康にする力があります。

児玉龍彦氏や反原発派の理論では、放射能を浴びたらすぐに遺伝子が切断されてガンになり死にいたると言っているようなものです。

人間がもつ免疫能力への信頼などないのです。
人間本来の免疫力への信頼がないから、ガンになったら手術、抗がん剤、放射線による治療でしかガンは治せないと言って、多くのガン患者を死に至らしめているのです。

放射線によるガン発生は人間の免疫力を高めることによって克服できる。
そのような考え方がないので、放射線→ガン→死、は避け得ないものとして断定して、放射線への恐怖をまき散らしているのです。

ガン細胞は日々体内で生まれています。
しかしそれは人間の免疫細胞が殺傷しています。
放射線によって生まれたガン細胞も同じです。
免疫細胞が日々殺してくれています。

紫外線や活性酸素によるガン発生も免疫細胞が阻止してくれています。
ガン治療と同じように、ガンに対する恐怖と同じように目に見えない放射線への恐怖感を与えて、かえってその恐怖感で免疫を下げさせているのが、児玉氏などを筆頭とする癌研究者や左翼反原発派です。

左翼反原発派が拡散しているこのようなビデオはこのMLでは不向きです。
稲博士や高田純教授のような「低量放射能は健康にかえって良い」理論こそ、左翼の原発反対・国家解体勢力に対抗できるものです。

1960年代から中共の原爆実験から日本へ降り注いだ放射能を含んだ死の灰によって日本で大量の子どものガンが発生したでしょうか?
そのような事実はなかった。

そのような事実は無視して放射能の危険を拡散するものは日本に恐怖感を与える菅と同罪の連中です。
そのことを十分に思慮に入れて放射能問題に取り組んでください。


投稿者:Kさん
Dさん。ありがとうございます。
放射線ホルミシスというのは、昔から東洋でも西洋でも行われていました。
これは薬草などと同じで人間の経験による知恵だと思います。

ラドンにつきましても、疫学的調査ではかえってがんの発生が少ないということも言われています。
つまり現状は、放射線は人間の健康にとって悪いという者と、逆に良いという者の両者が対立していて、国民の間に非常に混乱をもたらしているのだと思います。

ただし、仮に放射線が人間の健康に良いとしても、だから原発は事故を起こしても良いということにはならないし、被災地の人たちにどんどん放射線を浴びなさいということにはならないはずです。

もちろん、これは誇張した表現ですが、わたしが思うのは、放射線が健康に良いということを声高に叫んだとしても、今の状況では被災者の皆さんの耳には届かないであろうし、逆に非常におかしな論理のすり替え(原発容認への)と思われかねません。

わたしは、原発は、今回のような事故をおこせば放射能の危険もあって大変に危険なものではあるけれども、一方では経済の繁栄、国民の暮らしのために欠くことのできないものであるから、みなで真摯に安全の確立に取り組んでいこうとすることがベターなやり方であると考えます。

わたし自身は、原発に絡めて放射線は健康に良いと主張することには反対です(それが科学的に証明されることは期待しますが、今のこの状況で一番心配されているであろう被災地の方を説得できないばかりか、反発を招くことも大いにありえると思うからです)。

またわたしは、今回の放射線の問題と右左は関係のないこと、決して関係付けしてはいけないことであると考えています。

保守であっても原発反対を唱えても良いのです。
ここは保守の会だから、原発反対を言ってはならないなんていう論理は通用しません。

確か、どなただったかが仰っていた竹田さんは、日本の先祖伝来の地を放射能で汚してはいけない、という主張をされているのではなかったですか。
わたしは、この方のお考えには同感を覚えますが、それでもやはり原発は稼動させなければならないと考えています。

原発を稼動させないことによる問題の方が原発稼動による問題よりも長期的で深刻になると思うからです。


【投稿者:Dさん】
Dです。

私は反原発派の「放射能は恐ろしい」論は、十分に真理に基づいて言っているのはなく日本解体せんがために拡散させている反体制戦略だと思っています。
共産党が反原発の先頭に立っているのがその証拠です。

放射能による恐怖によって日本中を震え上がらせて、体制崩壊を待ち望んでいるとしか思えません。

年間100ミリシーベルト以下なら安全だというのは、暗黙の了解が国際機関でも認められている、と確か青山さんが言っておられたとも思います。
世界に宣告した昔の理論をいまさら変更しては、原子力学者の権威がすたれるということで修正しないのです。

それを真に受けて日本政府も左翼も心理的な恐怖の死の灰を日本中に降り注いでいるのです。

東北の人にも「放射能は恐ろしくない」という正論を知らしめるべきです。
そうでないと、心理的に彼らはガンなどの病気を発生させてしまいます。

原発稼動については、本当に電力が不足しているのか、電力会社への不信感で私は一杯です。
いくらでも代替発電能力はあるのではないかと疑っています。

原発がないとやっていけない、と今も代替発電を怠っていると思っています。

反原発派のように即廃止には同調しませんし、安全が確認できる原発はしばらくは稼動すべきとも考えます。
将来的には脱原発に向かうべきだという意見です。

保守で反原発ならば左翼の反原発デモに日の丸をかかげて参加すればいいのです。
それくらいの覚悟で、反原発の理論を構築すべきです。


【投稿者:Kさん】
Dさん。わたしもあなたも原子力は必要悪であると考えている点で同じだと思います。
それでは、どこが違うかというと、

イ:原子力の問題を保守と革新に結びつけるかどうか
ロ:放射能の危険性をどうとらえるか

この2点であるような気がします。

わたしは、イについて、結びつけて考えると日本の将来への舵取りを誤る危険がある、と考えます。
つまり、このことを単純に俺は保守だから原発に反対してはいけないとか、また逆に俺は革新だから反原発を唱えなければならない、というある種の強迫観念によって判断してはいけないと思うのです。

ロについては、わたしは危険であるとするのが今の時点では正当な判断であると考えます。
これは、工学で言うフェイルセーフの考え方によるものです。

ことは人命、そしてこどもたちの将来に関わることですから、両者、どちらが正しいか分からない場合には安全サイドを選ぶということです。


【投稿者:Dさん】
私は「いけない」とは言っていませんよ。
共産主義者に加担するだけだ、と言っているだけです。
それでもいいなら反原発理論を展開すればいいです。

保守系で女系天皇を支持する人がいますが、彼らは皇統断絶めざす左翼に加担していると思っています。
わざわざ「女系天皇」を標榜して左翼の戦略に乗ることもないでしょう。

これから「放射能は恐ろしい」というウソの理論を信じて、子どもの首にガイガーカウンターを掛けさせて、遊び場所を選ばせて、外出は控えさえて、遊びも家でさせる、という愚行を、彼らが大人になるまで強いるのですか?

子どもの人命が放射能で無慈悲に奪われるという理論を信じるならば、そこまですべきでしょう。
そんなことをする日々が続くならば、この日本を捨てて外国へ移住しようと親は思うでしょう。


そのような目にあわせる日本を憎み、そのようなことを引き起こした祖国日本を恥じる。
孫正義は韓国での講演で「日本は加害者となった」と言ったらしいですが、この言葉は、以前から聞きなれた言葉ですね。

放射能の問題で「自虐史観」が再び蔓延するでしょう。
「こんな国を誇ることはない」
「私たちは被害者で日本国は加害者だ」
と言わせる戦略が進んでいるのです。
そのことを私は危惧しているのですよ。


それと放射能を除去する方法として食物があります。
広島のある病院の院長は「わかめ入りの味噌汁を飲め」と言って、多くの人々を放射能が引き起こす病から救ったということです。

そしてドクダミの汁を毎日バケツ一杯飲んで病気にならなかったという話も聞きました。
免疫の中枢である腸を健康にする発酵食品を日々食することはガンに対する免疫療法として薦められています。

恐ろしいと手をこまねく前に免疫を上げる方法を考えればいいのです。
常に受身に考える愚行はダメです。

またチェルノブイリは大陸にあり、海産物の接収が少ないためにヨウ素不足で子どもたちは甲状腺ガンになりやすかった。
しかし日本では海藻類を日常的に摂取しているのでチェルノブイリと比較することはできないという学者もいます。


放射能を恐ろしい、恐ろしいと恐怖を与える前に、自己防衛として食品による防護対策を講じるべきなのです。
防衛など考えない左翼は常に「戦争は恐ろしい」で恐怖を煽るばかり。
同じように防護対策を考えずに「放射能は恐ろしい」と恐怖を煽る彼らの戦略に乗ってはいけないのです。


【投稿者:Kさん】
Dさんのいろいろな思い、考え方が書かれていることはよく分かります。

世の中にはいろいろな考えの人がたくさんいて、類は友を呼ぶというようにたくさんの、自分達と考えを一にする集団を作っています。
こうして様々なグループや派閥や政党が形成されていくのだと思います。

しかし、同じ集団だからといって、必ずしも個々人の考えや思いが同じであるとは限りません。
もしもそのような集団があったら、クローン人間のようでかえって気持ちが悪いです。

放射能について言えば、わたしたちがここで論争しているようなことは豊富な知識、見識、経験のある科学者たちが喧々諤々の議論を展開させていることのコピーに過ぎないと思います。

大きくは二つに分かれるわけですが、そのいずれも正しいのだと思います。
放射能は危険でもあるし健康に有用なこともある。

矛盾するようですが、このようなことはいくらでも世の中にはあります。
たとえば、ウィルスは病気を起こす嫌われ者ですが、これがなければわたしたちが生まれることも進化することもなかった。

細菌にしてもしかりです。
腸には有用な乳酸菌がいて病原菌の繁殖を防いでくれています。
また、皮膚の常在菌も同じことです。

放射能も同じで、いろいろな核種があり、核種ごとに化学的、物理的性質が違う。これを一括りにするには無理があると思います。

わたしも放射線が健康に寄与することはあると思います。しかし、だからといって、それを被災者の人々に伝えようとは思いません。被災地は今、とてもそんな状況ではありませんし、被災者は耳を傾ける心境ではないでしょう。

放射線が危険ではない、と訴えている人たちの気持ちは分かりますが、余りそれを訴えるのに今はいいタイミングではありません。
間が悪いのです。

今だからこそ訴えるのだと言っても、今までは原発反対論者ほどには根気良く主張してこなかったわけですから、信用されなくともあまり文句は言えない気はします。
なぜ今まで、原発はたとえ爆発しても放射線は健康に良いから、心配はないと訴えてこなかったのでしょう。

医学は未だがんを治すレベルにはありません。これは、生命の仕組みがまだまだ人間の知恵の及ばないところにあるからだと思います。
これは、そのほかの科学にしてもきっと同じことだと思います。

人知が遠く及ばないというのに、放射能は危険だ、いや健康にいいんだ、などと論争していることこそが、わたしにはお笑いのような気がします。


【投稿者:Kさん】
Dさん。上に偉そうなことを書きましたが、わたしは大圓さんの仰ってることは良く理解できます。
被災地の方々の心配を少しでも軽くして上げなければなりません。

そのためには、今のレベルの放射線はそれほど恐れることはないんだよ、ということを知らしめていく活動も必要と思います。
この点、わたしの考えが浅かったと反省しています。

今、孫が自己の利益のために、というより日本を一層衰退させようとの意図の下に、菅とタッグを組もうとしています。
休耕田に太陽光パネルを敷設するなどとんでもないことです。

日本の農業が潰れ、さらに高い電気料金のために企業が海外に出て行ってしまいます。
そのことを知りながら、原発から一気呵成に再生可能エネルギーに移そうとしている。
まさに売国奴の仕業です。

再生可能エネルギーは開発していく必要はありますが、それは原発や大規模火力と併用して初めて可能になる話で、太陽光や風力が主になることは絶対にないのです。
わたしたちは、孫のような男の動向にしっかり目を見張っていなければならないと思います。

~~~~~~~~~~~~~~

下の動画をご覧ください。
チャンネル桜の「韓国・鬱陵島レポート」です。

空港や島での韓国の異常な対応がわかります。
史実をまったく無視して、政府の動員と思い込みだけで、世界中に恥を曝している。
そして熱くなっている彼らには、自分たちの行動が世界中から物笑いになっていることすら気付かない。
異常なできごとです。

しかしそのことを韓国のお笑草とばかり言ってはいられません。
原発問題に関して、いま日本のメディアや、それに煽動された売国左翼、多くの議員さんたち、あるいは消費者が、下の動画のお隣の国と同程度の低次元な論争を繰り返している。

原発は必要なものです。
けれど危険なものでもある。
だからこそ、何十にも安全対策を施すことが求められる。

そしてその安全が崩れ、現実に事故が発生している以上、緊急対策に行わなければならない非常時対策を、政争の具にしてはならない。
あたりまえのことです。

その意味で、民主党の支持者や議員のみなさまも、ぜひ、目を覚ましていただきたいのです。

自分の家の石油ストーブから出火して、自宅が燃えているのです。
まさに火事になっている最中に、石油ストーブではなく、エアコンの方がいいだの、火鉢やコタツにすべきだとの議論はどうでもいい。

いまはとにかく能力のある者に消化を委ね、火を消さなければならない。
潔くお父さん(カン内閣)は、手に持ったバケツを(政権)を置いて、消防員(自民党)に鎮火(政治)を委ねるべきです。

クリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

緊急特集「韓国・鬱陵島レポート」


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

淡海

今やるべき
 原発のことは中野さんの見解(http://www.nicovideo.jp/watch/sm15062392)も参考になると思います。

 でも今やるべきことはやはり復興ですね。私も普段からそれを一番に考え行動しています。
 悪夢の民主政権はまだ続くでしょうし、私たちが頑張りましょう!

湯たんぽ

発電施設事情
原発の賛否に関わらず、発電設備の現状についてお知らせします。
現在、原発が停止しているため、複数の火力発電所で、定期点検の期日を過ぎているにも関わらず、点検が見送られています。
これは、とても危険なことです。ビルに収容された熱交換器は、主に水菅で構成されていますが、劣化した部分が破断すれば水蒸気爆発を起こします。また、蒸気の圧力を受けるタービンの羽根も点検時に損傷が見付かるのが通例です。
特に熱交換器は、高温と水にさらされるため点検時には指で触れただけで赤サビがボロボロと落ちるほど。もう、どこかで事故や異常が見付かっていてもおかしくないのですが、報道を耳にしないのが気になります。
通常は、火力発電所も順次運転を停止して点検するのですが、40年前の休眠火力まで総動員している現状では、運転停止による要所の点検は不可能。いずれ目に見える形での大事故に繋がるのではないかと危惧されてなりません。
そして、定期点検を担う人材は千人以上。点検ができないため失職中です。経済的に追い詰められるばかりで、何の補償もないのですから、すでに人材の散逸が始まっています。熟練した技術を要する部位が多々ありますから、これは危機的な状況です。

電力が足りている状態というのは、点検時期を迎えた発電設備を停止して、必要な補修を行うことができる状態を言います。それができない今は、電力が足りていないのです。
売国政権は、電力を担う人材を散逸させつつ、要所の点検・補修なしにフル稼働させて、火力発電所の設備を破壊。日本の産業壊滅を視野に入れているのではないでしょうか。

過去の公害や薬害の被害を考えると、「やっぱりあのときの判断が間違っていた。」と犠牲者が出てから発覚することが幾たびもありました。放射線による被曝は少ない方がいいのは当たり前。しかし、必要以上の恐怖をあおることで原発に注目させ、ひっそりと火力発電まで葬り去る。

気付いたときには遅いのです。現在の放送局や新聞のように、蝕まれてから気付いても手遅れ。
どうぞ、原子力や風力・太陽光だけでなく、今の主力である火力発電の現状も、ぜひ注視してください。現在は国民の視野から外れ、危機的な状況に陥っていることを認識していただければ幸いです。

ひな菊

ご参考まで
「福島の放射線は心配なく健康被害なし」

「福島20km圏内も必ず人びとが暮らせるようになる。その日は遠くない」と
福島復興に向けて力強いメッセージを記されています。
http://p.tl/Vgsz

明日、放射線防護学の権威・高田純教授講演会

明日8月21日(日)、福島県郡山市にて、放射能防護学の
日本の第一人者である高田純教授をお招きして、
「福島県放射能汚染の実態」をお話しいただきます。

高田教授は6月下旬に福島県内における放射線の計測、並びに、
内部被ばくの調査を行い、政府も発表していない福島県の放射線量の
実情を把握されています。

高田教授の最新刊『福島 嘘と真実─東日本放射線衛生調査
からの報告』では現地調査結果を踏まえ、
「福島の放射線は心配なく健康被害なし」
「福島20km圏内も必ず人びとが暮らせるようになる。その日は遠くない」と
福島復興に向けて力強いメッセージを記されています。
http://p.tl/Vgsz

正しい情報が心と体を守ります。
放射能について心配されている福島県民の皆さまをはじめ、
県外の方も是非ご参加ください!共に、福島の未来を考えてまいりましょう!

■日時:明日8月21日(土)

開場 12:00/開演 13:00/質疑応答 13:50/閉会 14:45

■開催場所:ベルヴィ郡山館4F⇒ http://p.tl/jq8x

講演会チラシ(PDF)⇒ http://p.tl/bFRk

※どなたでもご参加できます。入場料無料。

【高田純教授略歴】

札幌医科大学教授、理学博士。大学院医学研究科放射線防護学、
医療人育成センター物理学教室。放射線防護情報センターを主宰。
放射線防護医療研究会代表世話人。
弘前大学理学部物理学科卒。広島大学大学院理学研究科
(核実験)博士課程前期修了、同課程後期中退。
鐘淵化学工業中央研究所、シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、
京都大学化学研究所、イオン工学研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、
京都大学原子炉実験所を経て、2004年より、現職。
第19期日本学術会議研究連絡委員会委員。鐘淵化学工業技術振興特別賞、
未踏科学技術協会高木賞等を受賞。日本保健物理学会、日本放射線影響学会、
日本放射化学会会員。
著書に『世界の放射線被曝地調査』『中国の核実験─シルクロードで
発生した地表核爆発災害』『お母さんのための放射線防護知識』等多数。

Q9FC

脱 核なら
韓国や中共にも原発やめろと言ってやろう。
中共には、原爆も放棄しろと。
地震がなくても事故は起きるぞ。

藪から坊

千年に一度の・・・・・・・・
 私が思うに
 千年前に10数メートルの津波が来たことがありますので15メートル以上の防波壁に作り変えます・・・・なんて事を言い出した経営者はきっと株主から罷免要求が出されたでしょう。
 なのに近々震度7以上の地震確実に首都圏を襲うのに
潰れそうな古家を強制的に立て替えさせるべきなのに無視するのは何故!!!護岸も10メートルとは云わないがかさ上げするよう都に要求しないのは何故!!!

 まったく彼らのいい加減さに呆れます。

-

日本の構造自体が原発推進
今回の福島原発事故で日本は計り知れない損失を被っている。
世論も原発推進派と反対派で真っ二つに分かれている。
自民、東電、経産省、原発メーカー、ゼネコン、地元自治体、他が原発利権で雁字搦めの現状で「脱原発」は無理であろう。

三四郎

脱原発と外交戦略
南北朝鮮との資金関係が国会で追及されている菅総理、それに擦り寄る孫正義氏。
その孫氏がまさに孫子の兵法で唱えたのが、「日本は加害者になった」と言う意味深い言葉です。
指摘しておかなければならないのは、この前段に隠された、「今までの日本は、原爆の被害者だったが」という前提です。

つまりこの言葉は、日本が世界初の原爆被害国であるという外交カードを無力化し、日本の名誉を傷つけ、日本人から、科学技術への自信と誇りを奪う狙いと同時に、新たな原発被害という利権の獲得を目的にした発言と見て間違いないでしょう。

したがって、国内で、この事故は天災ではなく人災だと騒ぐことは、この利権を狙う諸外国(特定アジア三国)にとっては有利に働き、外交的に日本は自傷を招く事になりかねません。

何故なら、人災であれば日本人およびその政府は、その加害責任を諸外国に負うと云うことになるからです。そして、母国へのアイデンティティが希薄な日本のメディアは例によってセンセーショナルにこれを煽るでしょう。

韓国の稲わらや牛豚からも放射性物質が検出されたと騒ぎになり、北朝鮮や中国も自国の核実験の被害を福島原発の事故にすり替えて日本に請求書を突きつけてくる可能性も検討する必要があるでしょう。そう考えるのが、転ばぬ先の杖、外交センスの高さと云うものです。

南京大虐殺、従軍慰安婦、最近では旧軍による遺棄毒ガス兵器処理の補償問題、これらは、すべて国内の革新勢力(民主党の支持母体の大半)と外国勢力、それに日本の反日メディアがタックを組んで、マッチポンプで生み出してきた政治問題であることは、今や巷間知られるところと成りました。おかげでこれまで日本人がどれだけ被害を蒙って来たか?恐るべきは今やその、国内革新勢力である民主党が政権与党になっている。

これらの強請りに共通しているのは、次の3点。
1.日本及び日本人の名誉や誇りを奪う。
2.その上で日本人に頭を下げさせて所期の目的である賠償を頂く。
3.一度、賠償をせしめたらそれを出来るだけ長くしつこく請求し続ける。

これら懸念される危機への我が国外交及び広報戦略としては、以下4点を挙げたい。
1.今回の地震と津波による福島の原発事故の一番の被害者は日本および日本人である事を確認する。
2.事故はスリーマイルやチェルノブイリと異なり、原子炉運転中の人為ミスによるものではない事をアピールする。
3.今回の事故による放射能被害は限定的であり、外国への影響はあったとしても、過去行われた核実験や広島、長崎の原爆の影響を上回るものではない事を強調する。
4.未曾有の天災が原因とは言え、我が国として、その後の責任を逃れるものではなく、政府として危機克服に全力を挙げて取り組む。
5.日本の科学技術の総力を挙げて、放射能除去に関する多面的研究をおこないその成果を世界に提供する。
以上

甘木

福島を放射線リゾートに
放射線は体に良いと考えておられる方々で資金を集めて、福島の原発近くの土地を買収して放射線リゾートを建設したらいかがでしょうか。
現状では土地はほぼ無価値でしょうから、避難中の地主の方々もお困りでしょう。価値を見出す方が増えれば、地価も上昇するかもしれません。
国としても、過去の路線価のままで固定資産税の課税はできないでしょうから、このままですとあ地域の固定資産税収はゼロになってしまいます。

原発は、冷温停止してしまうと放射線量が少なくなりすぎるので、現状の炉心が圧力容器から漏れ出した状態を保つようにします。原発を中心として、放射線量を調整するためにドーナツ状にリゾート施設を構築します。周囲にはひまわりなんかを植えても良いかもしれません。資金に問題があるのであれば、行政に働きかけて国民宿舎のような施設からはじめても良いでしょうね。
ここに宿泊して免疫力が向上したというような実例を多数公表できれば、海外からの被曝客も集まるようになり、活発に投資されるようになるでしょう。

凡人

中川教授のブログはご存知ですか?
同じく東大ですが、こちらは医学部、中川教授のブログはご存知ですか?
放射能とがんの因果関連、がんの一般的知識等が詳しく解説されています。

http://tnakagawa.exblog.jp/

あほ男爵

No title
>低線量の放射線はマウスへの実験で、ホルミシス効果
>があることを実験結果が示しています。(電力中央研究
>所)また、人体への症例も多数報告されている。

人体へのホルミシス効果で、根拠に足るものはねぇよ。
すべて検証の甘いスタディのみ。
マウスへの効果は、疑問点は残るものの、
まだ信頼に足るものは出ている。

でもね。
どのくらいの量をどのくらい浴びるのか、
なんて制御できんだろ、今は。

放射線で一時的に免疫力が活性化される、
という論もあるわけだ。
それがホルミシス効果と言われるものでは?
と喧々諤々の議論がなされている。

仮にそれが正しいとしても、
一時的に浴びるから良いのであって、
組織の修復も間に合わないくらいに浴び続けたら、
どうなるのかね?
生殖細胞は修復され得るのかね?

馬鹿は、自分の知っていることだけで、
検証せずにものを言う。
それが当たり前になってしまった現代。
いい面もあるが、悪い面が目立つようになってきた。

kyoji

原発に頼るのはもうよそう
原発がなければやってゆけないような脆弱な国家は他国から侵略されなくても早晩滅亡する。エネルギー安全保障への2重3重の備えを怠る国に未来はない。
次は津波・地震以外で原発、廃棄物処理施設でトラブルが起きる可能性が高い。
我々は次世代に責任を持たねばならない。それが保守だ。
原発に頼るのはもうよそう。

吉田

現実
福島原発で10シーベルト以上の放射線量 過去最大

東京電力は1日、福島第1原子力発電所で、毎時10シーベルト以上の放射線量を計測したと発表した。計測したのは1~2号機主排気筒の地面近くにある屋外配管の表面で、これまでに同原発で計測した放射線量では最大となる。事故発生直後に格納容器から排気(ベント)した際に、放射性物質が漏れて配管に付着した可能性があるという。
 同日午後2時半に作業員ががれき撤去作業後に発見し、棒の先に計測機を取り付けて測った。10シーベルトは計測機で測れる上限で、これ以上を測れる計測機は同原発に無いため正確な数値はわからないという。東電は配管の周囲を立ち入り禁止としたうえで、今後鉄板などで遮蔽するとしている。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E2E3E2E0E58DE2E3E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

ひとひら

議論
結論が先にあるよりも良い議論を重ねることで
もみ合い、腑に落ちていくということが
とても大切なことだと考えています。

masa

No title
いつも、勉強させていただいています。
○ 入国・在留手続の窓口業務を外国人がやっているらしがいいの?
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-291.html ○ エアコン消すよりテレビを消す方が節電になる(野村総研) 病院節電させるよりパチンコ・テレビ局でしょ!
○ 露・中・朝の核実験で日本に降りそそいだ核等汚染物質と福島の風評どちらが汚染度高いの、当時の記録ってあるのかな? 

愛信

中学校教科書の公開討論会左翼系教科書五社、出席せず
中学校教科書の公開討論会左翼系教科書五社、出席せず
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2720.html
教科書に嘘や騙しの内容を記載した左翼系出
版社が公開討論会を欠席しているのであるから。
 子供達に正しい歴史教育を行なうためにも、全
国の学校の父兄会は地域の学校にこの左翼系
出版社の教科書を採用しないように要請する運
動を展開しよう。
【教育の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj12.cgi

ps:
危機に瀕する日本: 日韓紛争概説 文化略奪と
歴史歪曲に関する一考察
http://www.youtube.com/watch?v=sW4H2PGj6JU&nofeather=True
Endangered Japan: A Small Survey on the Conflict between Japan and Korea
http://www.youtube.com/watch?v=FaOCQ9AQyP0&nofeather=True

共通一次世代

No title
マスコミがよく使う「安全神話」という言葉は非常に卑怯な言葉だと思います。なぜなら、「安全」に「神話」などあり得ないし、「安全」は多くの人たちの日々努力によって成り立っているからです。

世の中に100%安全なものなどないのは誰もが解っていることですが、その上で、新幹線でも何でも、新しい何かをスタートさせる時に、逆に「100%安全ではありません」などといってスタートすることがあるでしょうか。

マスコミの言う「安全神話」など、「『100%安全でないもの』と最初から分かっているなら、スタートさせるな!」と言っているのと同じです。
しかし、そのとおりにすれば、新しい技術に依るスタートなんて全く出来ませんし、技術革新などもありえません。

マスコミが、「安全だと言って騙した」とか、「安全神話は崩れた」などと煽りまくるのは、明らかにマスコミの「意図」「誘導」があるのです。それは、原子力政策を行って来た自民党を叩くためであることは勿論ですが、日本の技術を封殺して「根こそぎ日本を潰す気だ」ということです。

原発を完全否定するに等しい「脱原発」は、技術までも否定させるものです。

先般、福島で原水禁大会が行なわれ、彼らデモ隊は「ノー・モア・フクシマ」と叫んでいたそうです。
信じられません。福島を「フクシマ」と表すなんて。彼らは原爆と原発をわざとごちゃまぜにしているんです。これはどうしてなのか?
彼らは、日本を咎めるために、日本だけを咎めるためだけに叫んでいるんです。彼らは、まるで、日本が「フクシマ」に原爆を落としたかのように言っているのも同じです。事実そう思わせるのが狙いの1つです。

彼らは、中国や、北朝鮮の核兵器に何ら抗議をしません。そして、広島で8月6日、みなが黙祷するあの8時15分にさえ、「核兵器反対!!」と大声で叫び、ご遺族からも批判を浴びているのです。人の命など彼らにはまったく興味がないのです。彼らが興味が有るのは「日本を潰すこと」。それだけです。

先月、、韓国での国際会議で、原発事故に関して、「日本は犯罪者になった」などと、世界に向けて謝罪をしたという孫正義ソフトバンク社長。孫は韓国の大統領に韓国の原発を絶賛していましたよね。日本では脱原発と言いながら。

彼らの野望は1つ。日本のエネルギーを牛耳り、日本を支配下に置くこと。そして、日本に原子力の技術を捨てさせることです。
同時に、日本人を「犯罪者」に仕立て上げることです。


キチガイに刃物。どんな科学技術でもこの言葉が当てはまります。

日本は地震国で、原発の危険は他の国よりも確かに大きい。でも、それだからこそ2重3重の安全弁を作ってきた。しかし、日本を潰そうとするキチガイがトップとなってしまえば、マニュアルも無視し、一刻一秒を争う時に何もしない。言わば、キチガイに刃物と同じです。

どこの国でもトップがキチガイならば、原発のみならず、新幹線も何でも凶器になる。中国の新幹線。命をおろそかにするトップがいれば事故など簡単に起こってしまう。

生活の向上や安全のために開発された日本の技術は他国にとっては軍事用として魅力的になる。日本のゲームの技術でさえ軍事転用に出来るほどの技術があるといいます。でも日本は軍事用に技術を開発してきたわけではないのです。

日本ほど命を大切にする国はないと思います。それは日本の技術開発が素晴らしい理由でもあります。失われた命を無駄にせず、大切にする国だからこそ、様々な技術が開発されてきたのが日本だと私は思います。

原発は事故が起こってしまった時のリスクと不安が大きく、また、長期に渡るので、安全弁を何重にもしなければいけない。でも日本はそれに真摯に立ち向かう国であると思います。

今のように、ただただ「脱原発」とういう言葉に踊らされるのは非常に危険だと思っています。煽動的な「脱原発」よりも、「減原発」が重要だと考えます。

「脱原発」と言わなければいけない、「脱」でなければ何故か「推進派」とされてしまう。そして「推進」=「命を軽んずる人たち」⇔「核兵器推進」のように一方的に思われる。孫正義の詭弁をも使ったマスコミ誘導はほんとうに危険です。

「技術」というものは、原子力に限らず今の危険を限りなく減らすためにも逆に絶対に捨ててはいけないものだと思います。それは日本人の生命を救う技術でもあるからです。それを捨てさせようとするのが、反日の意図するものだと思います。

北風

さすが左翼新聞です
8月17日 北海道新聞の社説

人権救済法案 権力監視機能なくては

ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/312247.html#list

北風

人権救済法案 権力監視機能なくては
8月17日 北海道新聞の社説

愛信

震災犠牲者の供養も 盛岡・舟っこ流し
震災犠牲者の供養も 盛岡・舟っこ流し
http://www.iwanichi.co.jp/ken/item_25343.html
【関連情報】
北上夜曲歌唱コンクール
http://www.youtube.com/watch?v=X-dUN462zjE&nofeather=True

震災で犠牲に成られた多くの人々のご冥福をお祈りいたします。

詳細は
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

ps:
「1965年韓日協定」無効化国民行動、実践に乗り出す
~準備委員会発足「屈辱的遺産の精算は当然」
http://ameblo.jp/dol-souraku/day-20110817.html

みー

礼節をわきまえた議論
DさんとKさんの議論は、読んでいる側にとって有難いものです。
また、原発推進の立場のねずきちさんが、Kさんのご意見も尊重してくださったことに対しても敬意をはらいます!!
同じ保守ならば、異なる意見であっても聞く耳をもち、お互いの立場の意見の不足を補いながら融合し、より高度なものに進化させていく。

これが日本人独自の文化なのであると、ねずきちさんのブログから学んでおります。

今回の事故を謙虚に反省して、子どもたちに明るい未来をバトンタッチできるように祈っております。

某さん

No title
 わたしは脱原発派ですが、それでも、代替エネルギーを用いての緩やかな脱却を目指すべきであると考えます。
  原発は動かせば核廃棄物が出ますから、使うほど核のゴミは貯まるわけです。しかし動かさなくても冷やさねばならないというリスクはあります。ですから、点検済みの原発を動かし当面は電力を確保するということが正しい選択だと思われます。

 原発は確かに危険ですが動かさずに電力不足の熱中症で死亡する人などをみれば、それこそ無作為のための死とは呼べないでしょうか。

 青山氏の発言によると前回の輪番停電で死者が何人か出たということですが、生命維持装置がなければ生きられない人もいるのですから、安易な原発廃止を唱えることは人殺しと同義になります。

あん

有用であることは危険と表裏一体ということですね。

こだま

No title
低線量の放射線はマウスへの実験で、ホルミシス効果があることを実験結果が示しています。(電力中央研究所)また、人体への症例も多数報告されている。
この事実に触れない学者は、疑ったほうがいいと思います。竹田恒泰氏は、陛下をもちだして原発反対といっていますが、不敬の極みです。かつて、小澤氏発言批判していた人がです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク